クラウドワークスのフリーランスとは?始め方から成功のコツまで解説

クラウドワークス

「クラウドワークスのフリーランスってそもそもどういうものなの?」
「クラウドワークスのフリーランスとして稼ぐコツは?」

上記のような疑問をお持ちではないでしょうか。

 

そこで当記事ではクラウドワークスのフリーランスとは?というところから、クラウドワークスでフリーランスとして成功するコツまで解説していきます。

これからクラウドワークスでフリーランスとして活躍したいとお考えの場合は、ぜひ参考にしてみてください。

クラウドワークスのフリーランスとは?

まずはフリーランスとはどういうものか?という観点でお話をしていきましょう。

結論から先にいうと、フリーランスとは「特定の組織に属さず、自身の技術やキャリアを活かして独立している個人事業主や個人の法人」を意味する言葉です。

 

フリーランスと似た言葉に「フリーター」がありますが、フリーターは組織に属して、労働時間に対する対価を得るといった労働形態、つまりはアルバイト雇用の形に該当します。

フリーランスはアルバイト雇用の契約を結ぶことはなく、業務委託契約を結びます。

業務委託契約とは?:自社で対応できない業務を外部の個人や企業に委託するといったもの。雇用関係を結ばないため、仕事を任せる側と請け負う側が対等になる契約の形。

 

フリーランスは仕事の内容自体も自分で決めることができ、仕事の進め方、勤務時間などを自由に設定が可能です。

 

フリーランスの業種については後ほど詳細を説明しますが、プログラマやエンジニア、ライター、編集者、場合によっては歌手などの芸能人も該当します。

ただしクラウドワークスでいうところのフリーランスはライターなどの在宅ワークが基本です。

 

フリーランスは収入が個人の力量に依存するため、収入の幅が非常に大きいのが特徴。

人によってはフリーランスだけでは生活できず、アルバイトを掛け持ちしていることもあります。

 

一方でWebデザイナーやプログラマ、エンジニアなどは高額報酬を得ている人もおり、一概にフリーランスだから収入が少ないとは言えないということです。

 

また、クラウドワークスに限った話をすると、フリーランスのほとんどがオンライン、ネットを介して仕事を受発注しています。

完全な在宅ワークで業務を進めている人も多く、働く場所を選ばないのも特徴の1つといえるでしょう。

 

クラウドワークスのフリーランスのメリットとデメリットを紹介

次はクラウドワークスのフリーランスのメリットとデメリットを解説していきましょう。

フリーランスには様々なメリット・デメリットがありますので、これからフリーランスを検討する場合はぜひ参考にしてみてください。

 

メリット

まずはメリットについて。

メリットは主に下記の事柄です。

  • 時間をコントロールできる
  • 業務の方向性をコントロールできる
  • 人間関係で悩まなくて済む
  • 収入と努力が直結している

 

順を追って説明していきましょう。

 

時間をコントロールできる

時間のコントロールについてです。

フリーランスは勤務時間に応じて報酬をもらう仕組みではないことが多いので、勤務時間を自分でコントロールできます。

クラウドワークスの時間単価制の仕事形式は時給制なので、時間の自由がややありません。クライアントと相談して仕事形式、報酬の形式は設定しましょう。

 

基本的には成果物を納品することで報酬を受け取ります。

そのため、成果物さえ完成させれば休日を取るのも自由ですし、昼から業務を始めるでもかまいません。

 

クラウドワークスのフリーランスは朝起きなければいけない、出勤しなければいけないといった事柄から解放される働き方なのです。

会社員に比べると時間の自由はかなり羨ましいポイントではないでしょうか。

 

業務の方向性をコントロールできる

次は業務の方向性をコントロールできるという点。

フリーランスは自分で仕事を受注していきます。

 

そのため、案件を選べるということ。

受けたくない案件はそもそも受けなければ良いだけなのです。

 

自分で仕事の内容や方向性をコントロールできるのは、フリーランス故の特権でしょう。

会社員は上司からの指示は基本、遵守ですからね。

 

自分のやりたい仕事をこなすことで報酬を受け取れるます。

特にデザインやイラストといった職業の場合、自分の趣味の延長で報酬を得られるので、満足度が高い働き方といえます。

 

人間関係で悩まなくて済む

また、個人で働くフリーランスは人間関係についても悩みが少なくて済みます

上司と部下や同僚という関係が基本的にはありませんから、気を使うこともほとんどないでしょう。

特に上司のパワハラが耐えられない、職場でのセクハラがきついといった人にはフリーランスはおすすめです。

 

クラウドワークスでのフリーランスは、人とのやりとりはネットを挟んだものだけとなります。

基本はチャット、場合によっては通話もしますが、直接人と関わるわけではありませんので、ずいぶんと気が楽になるはず。

 

人間関係で消耗している人はフリーランスを目指してみるのもありでしょう。

 

収入と努力が直結している

また収入と努力が直結するというのも嬉しいポイントです。

固定給ではモチベーションの維持ができない人にはフリーランスはうってつけでしょう。

 

というのも、フリーランスは自分の働きに応じて報酬が増えていくから。

もちろん働かなければ報酬はありませんが、たくさん働けば報酬はその分増えていきます。

 

努力が直接報酬として返ってくるのは、モチベーションの維持に重要だといえるでしょう。

少なくとも会社での毎日がつまらない、とお思いの場合はフリーランス転向を視野に入れてみてください。

 

デメリット

いくつかメリットをご紹介しましたが、フリーランスにはデメリットも存在します。

下記のデメリットをご紹介していきましょう。

  • 収入が不安定
  • 有給休暇が存在しない
  • 確定申告の手間がある
  • 1人で仕事をするので孤独

 

収入が不安定

まずは収入が不安定という事柄について。

フリーランスは努力と同じだけ報酬を受け取れると説明しましたが、努力とは関係なく仕事がなくなることもあります。

 

取引先に「案件の継続が難しいので契約を途中で終了して欲しい」と言われたとき、1社としか契約していなかった場合、収入はゼロになるのです。

いきなり収入がゼロになるのは恐ろしいことですが、全くあり得ないことでもありません。

 

対策としてはいくつもの会社と契約することです。契約する会社の数が多いほど、1社との契約が途切れたときのダメージは少なくて済みます。

 

ただ、業務を増やしすぎるとコントロールが難しくなるので、自分のキャパシティを理解した上で契約するようにしましょう。

 

有給休暇が存在しない

フリーランスは有給休暇が存在しません。

休めばその分収入は減ります。

 

特に病気や怪我になったときに、収入がガクンと減るので、予防が必要です。

対策としては普段から数ヶ月分生きることができる貯金を蓄えておくことや、体調管理をしっかりすることでしょうか。

 

フリーランスは病気や怪我をしている場合ではありませんので、自己管理をしっかり行いましょう。

 

確定申告の手間がある

次は確定申告の手間について。

会社員は会社が全ての手続きを済ませてくれますが、フリーランスは自分で申告、納税する必要があります。

 

面倒ですが、納税は国民の義務ですので、きちんと確定申告を行うようにしましょう。

 

クラウドワークスでの確定申告についての詳細は下記の記事をご覧ください。

 

1人で仕事をするので孤独

またクラウドワークスのフリーランスは1人で仕事を進めることが多いので、孤独を感じやすいというのもデメリットです。

人間関係のわずらわしさがないといったメリットと背中合わせなのが、孤独という欠点

 

仕事終わりに同僚と食事に行ったり、お酒を飲んだりといったことができないのは人によっては辛いと思うこともあるでしょう。

対策としては、仕事以外の関係(友人や先輩、後輩)との時間を多く取ることがおすすめです。

 

最近ではZOOMを利用したリモートでの飲み会なども行えるので、話し相手がいないといった状況で困っている場合は、遠方の友人に声をかけてみてはいかがでしょうか。

 

クラウドワークスのフリーランスの月収は?20万円以上はごくわずか?

クラウドワークスのフリーランスの月収って気になりますよね。

いくらくらい稼いでいる人がいるのか。

 

結論からいうと、月収20万円を超える人はかなり少ないのが現状です。

下記のようにクラウドワークスは発表しています。

引用:クラウドワークス決算発表資料

上記のデータでは、月収20万円を超えるワーカーは111人しかいなかったのです。

約80万人のユーザーがいるにもかかわらず、111人というデータはかなり厳しいもののように感じますよね。

 

ただし、こちらはあくまで2016年のデータです。

今では現状はかなり変わっていることが想定されますし、何よりももっと稼いでいるという声もたくさん見かけます。

 

 

上記の方は月収50万を下回ることがなくなったとのこと。

確かに稼げていない人も大勢いるのは事実ですが、努力とセンスによってはクラウドワークスのフリーランスとして稼げるというのも事実だといえます。

 

クラウドワークスのフリーランスの仕事の詳細とは?

次はクラウドワークスにおけるフリーランスとして、一般的な仕事の詳細をご紹介していきましょう。

今回ご紹介するのは下記の3つの職業です。

  1. ライター
  2. データ入力
  3. プログラマ

 

1つずつ説明していきます。

 

ライター

まずはライターです。

ライターとは主にWebサイトの文章・記事を作成する仕事

 

文字単価と呼ばれ、1文字書いたら◯円といった報酬体系です。

必要なスキルや知識はタイピングとSEO(検索エンジン最適化)、専門分野についてなどが挙げられます。

 

比較的誰でも挑戦できる参入障壁が小さいジャンルなので、フリーランス初心者におすすめ。

単価もスキルがない人は文字単価〜0.5円ほどですが、スキルと知識、資格を身に着けると文字単価3円以上を超える人も少なくありません。

 

 

データ入力

次に紹介するのはデータ入力です。

データ入力は文字通り、データをパソコンに入力していく仕事

中には音声の文字起こしが該当する場合もあります。

 

データ入力に必要なスキルはタイピングのみです。

特に必要な知識等は存在しないため、本当に誰でも挑戦できる仕事といえるでしょう。

 

ただし、誰でもできるということは競争が激しく、報酬がかなり安いというのも特徴です。

フリーランスとしてデータ入力だけで生計を立てるのはかなり厳しいのが現状。

 

データ入力はフリーランスになるための通過点にするといいでしょう。

フリーランスの仕事の流れに慣れたら、ライターやプログラマに転向するといった流れがおすすめです。

 

プログラマ

3つ目にご紹介するのはプログラマ

プログラマはシステムやアプリケーションの開発が主な業務です。

 

クラウドワークスでは比較的高額な案件を扱うことが多く、稼ぐのにはうってつけです。

ただし高レベルなスキルと知識を求められるので、勉強は必須。

 

最低でも半年〜1年は勉強をした方が良いでしょう。

スキルがついたと自信を持って言えるようになってから、仕事を受注するようにしてください。

 

クラウドワークスでフリーランスになる方法・始め方とは?

クラウドワークスでのフリーランスについてはかなり理解していただけたと思います。

そこで、ここからはクラウドワークスでフリーランスになる方法をご紹介していきましょう。

 

といっても、そこまで難しいことをする必要はありません。結論としては、クラウドワークスに登録するだけなので。

 

下記ステップを踏むことでクラウドワークスにおけるフリーランスになることが可能です。

  1. クラウドワークスに新規登録をする
  2. 登録確認のメールからリンクをクリック
  3. 各種設定をする
  4. 仕事のカテゴリを設定
  5. 利用規約と個人情報保護方針に同意

 

1つずつ順を追って説明していきましょう。

 

クラウドワークスに新規登録する

まずは下記ボタンより、クラウドワークスに新規登録しましょう。

クラウドワークスへの登録はこちら

 

クラウドワークスの「無料で会員登録」をクリックしてください。

 

メールアドレスを入力する画面が出てきますので、メールアドレスを入力して「会員登録する(無料)」のボタンをクリック。

すると登録確認のメールが届きます。

 

登録確認のメールからリンクをクリック

メールがクラウドワークスから届いたのを確認し、メールに記載されているリンクをクリックしてください。

リンク先はクラウドワークス登録のページです。

クラウドワークス以外のページが開くようなメールにはお気をつけください。場合によっては詐欺メールの可能性もありますよ。

 

各種設定をする

下記のような画面が表示されますので、必要事項を入力していきます。

 

「必須」と書かれている部分は入力しないと先に進めませんので、お気をつけください。

 

また、ユーザー名については一度登録すると変更できませんので、よく考えて設定しましょう。

詳細については下記の記事をご覧ください。

 

仕事のカテゴリを設定

仕事を受注するを選び、職種を選択します。

この時、受注者かどうかや、職種は自由に後から変更できますので、ご安心ください。

 

何をしたいかが決まっていない場合は、適当なカンタン在宅ワーカーなどを選択しておくと良いでしょう。

もちろん、ライターや ITエンジニアなど決まっている場合は、自分のやりたい仕事に一番近い内容を選択します。

 

利用規約と個人情報保護方針に同意

利用規約個人情報保護方針を確認しましょう。

こちらを読み飛ばす方も多いのですが、しっかり内容を確認しておくに越したことはありません。

後から「見ていないかった」といったことは通用しませんので、注意しましょう。

 

確認ができたらチェックボックスにチェックを入れ、「入力内容を確認する」ボタンを押してください。

内容を確認したら登録が完了です。

 

晴れて1人のクラウドワークスのフリーランスになることができました。

お疲れ様です。

 

補足:仕事を獲得しやすくなるコツとは?

さて、フリーランスになることができましたが、このままでは仕事を獲得することは難しいのが現状です。

ではどうすれば仕事を獲得しやすくなるのか、という点について説明していきます。

 

下記項目について充実、登録をすると受注率が高くなります。

  • 基本情報について
  • メンバー情報の充実
  • スキルの設定
  • キャリア実績の登録
  • 本人確認書類提出

 

順を追って説明していきましょう。

 

基本情報について

まずは基本情報について知っておきましょう。

基本情報では、下記項目は公開されません。

  • 氏名
  • 郵便番号・住所
  • 電話番号

 

上記以外の項目は公開となります。

特に注意して欲しいのが表示名とプロフィール画像について。

 

表示名は設定しないとユーザー名が表示されます。

ユーザー名は変更ができませんし、公開するのが嫌という場合もあるでしょう。

ですから、基本は任意の表示名を設定することをおすすめします。

 

プロフィール画像については、なくても構いませんが、有った方が仕事の受注率が高くなるというデータもあります。

できれば実写の自分の写真を使用しましょう。

 

どうしても抵抗がある場合は後ろ姿でも構いませんし、イラストでも大丈夫です。

とにかく何らかの画像を設定することをおすすめします。

 

メンバー情報の充実

次はメンバー情報の充実についてです。

メンバー情報には必須の項目と任意の項目にわかれていますが、全ての内容を充実させるとスカウトや提案時の採用率がアップします。

 

メンバー情報の項目は下記となっています。

  • 職種(必須)
  • 仕事カテゴリ(必須)
  • ステータス(必須)
  • 稼働可能時間/週(必須)
  • 時間単価(必須)
  • 年齢層、Twitterアカウント、出身地、出身校など(任意)
  • 自己PR(任意)

 

必須の項目はしっかり入力しなければなりませんが、任意の項目も重要です。

特に自己PRは、提案時などにクライアントにアピールすることができる数少ないポイントですので、しっかり入力するようにしましょう。

 

1000字書き込むことができるスペースですが、500文字以上は書くことをおすすめします。

というのも、500文字以上書き込むとスカウトが増えるというデータがあるから。

 

書き込む内容がないという場合は、自分のスキル以外に、仕事で重要視している事柄や、得意分野などを設定しておくと、あなたにあったスカウトが来やすくなります。

 

スキルの設定

スキルの設定もしておきましょう。5段階で自己評価するものです。

スキルは自己評価での入力になりますが、あまり高く見積もるのはやめておくことをおすすめします。

 

スカウトをする人はあなたの自己PRやスキルを見て仕事を依頼してきますが、あまりにもスキルを高く見積もっていると「期待外れだった」という評価を受ける可能性があるからです。

 

スキルを入力する際は自分の評価よりやや低めに見積もっておくべきでしょう。

 

キャリア、実績の登録

キャリア(経歴)、実績の登録です。

クライアントが重要視するポイントなので、しっかり設定しておきましょう。

 

ただし実績を入力する際は、クライアントからの掲載許可をしっかり取るようにしてください。

場合によっては公開を禁止しているクライアントもいますので、注意することをおすすめします。

 

本人確認書類提出

本人確認書類の提出も非常に重要なポイントです。

クラウドワークスでは、登録している人が本人であることを証明するために本人確認書類を提出することを推奨しています。

 

本人確認をしっかり行うことで、契約率が数倍にアップすることも報告されていますので、しっかりと提出しておきましょう。

 

本人確認書類に関する記事は下記をご覧ください。

 

クラウドワークスでのフリーランスとして成功するコツ

no-recommended-02

クラウドワークスのフリーランスになる方法をご紹介してきました。

ここからは、クラウドワークスのフリーランスとして、より成功するためのコツをご紹介していきます。

 

下記3つのコツを紹介していきましょう。

  • プロフィールの充実
  • ポートフォリオの充実
  • 営業や提案をうまく進める

 

プロフィールの充実

プロフィールの充実は先ほども説明しましたが、クライアントが注視するポイントですので、しっかり入力するようにしましょう。

特に、どういったジャンルの仕事が得意か、どういった仕事をしてきたかについてはしっかり更新していくことをおすすめします。

 

プロフィールが空白か、ほとんど記載されていない人をよく見かけますが、かなりの機会損失になっているように感じます。

 

もちろんプロフィールを入力しただけでは仕事は取れませんが、前提としてプロフィールはしっかり入力するようにしましょう。

 

ポートフォリオの充実

ポートフォリオの充実もフリーランスとしては重要なポイントです。

ポートフォリオとは?:いわゆる実績集。自分のできることや実績をまとめたサイトなどを意味する。

 

自分でポートフォリオを作成していく必要があります。

ライターやデザイナー、イラストレータであれば、自分で作成したブログなどを、プログラマやエンジニアであれば試作のサイト、システム、アプリなどをポートフォリオにしましょう。

 

また、ポートフォリオは都度、更新するようにしてください。

どんどん実績を積み上げて行けばスカウトの受注率や提案の成功率も高くなることでしょう。

 

営業や提案をうまく進める

営業や提案をうまく進めるのも重要です。

クラウドワークスで仕事を取るのはスカウト以外には、営業しか選択肢はありません。

 

もちろん、はじめたての初心者にはスカウトがくることもありませんので、営業がメインとなります。

初心者をターゲットとした、悪質な仕事へのスカウトが多いのも現状です。案件の見極めをしっかりと行うようにしましょう。

 

 

営業・提案を行う際は、相手にとってどんなメリットがあるか?を意識するようにしてください。

自分が採用されることが最終目的ですが、何よりもクライアントが得をするような提案文を作成するようにしましょう。

 

クラウドワークスでのフリーランスとしてうまくいかない原因とは?

逆にクラウドワークスのフリーランスとして失敗する原因についてもご紹介しておきましょう。

下記の事柄が考えられます。

  • こまめな連絡を取れない
  • 納期を守らない
  • 低品質な成果物を納品してしまう

 

こまめな連絡を取れない

報告、連絡、相談(いわゆるほうれんそう)ができていない場合は、契約の途中終了につながっていきます。

フリーランスの契約は信頼で全て成り立っています。

 

しかし、連絡がうまく取れない人は信頼することができませんよね。

信頼ができなければ当然契約を継続することもできません。

 

どういった内容でも最優先に連絡を取るようにしましょう。

もちろん言葉遣いなどは注意する必要があります。

 

仕事を始めるとき、仕事を終えるとき、質問があるときなどこまめに連絡を取るようにしてください。

成果物のクオリティと同レベルで、連絡のこまめさは重要です。

 

納期を守らない

納期を守るのもフリーランスの前提条件です。

信頼がフリーランスにおいて重要と説明しましたが、納期も最重要項目の1つ。

 

納期を守れないフリーランスは絶対に成功しません。

逆に言えば、絶対に納期を守るフリーランスはそれだけで価値があるといえます。

 

クラウドワークスで仕事をしていくのであれば、納期の絶対遵守を意識してみてください。

 

低品質な成果物を納品してしまう

ただし、納期を守ることと同レベルで重要なのが、品質です。

成果物の品質が低いと納期を守っていても意味がありません。

 

なるべく高品質の成果物を納期通りに納品することを意識しましょう。

 

もし品質が低いものを納品しなければならない状況になったら、納期の延長ができるかクライアントに相談するようにしてくださいね。

少なくとも、低品質な成果物を納品するよりはマシですから。

 

【甘くない?】クラウドワークスのフリーランスによくある悩みと解決方法

クラウドワークスのフリーランスは色々とメリットがあり魅力的ですが、いくつか悩みがあることも事実です。

フリーランスの主な悩みを3つご紹介していきます。

  • 各種契約を結びにくいという悩み
  • 単価相場と単価アップの悩み
  • 報酬未払いの問題についての悩み

 

各種契約を結びにくいという悩み

まずは賃貸やクレジットカード、ローンなどの契約についての悩みです。

フリーランスは社会的信用が弱く、契約を結びにくいという側面があります。

 

対処法としてはフリーランスになる前にカードを作っておくことや、保険に入っておくことなど事前の対策が必要です。

ただし、フリーランスになってからでも契約が全くできないことはありません。

 

必要な書類を揃えて契約に臨むことで、フリーランスでも賃貸をはじめとした契約を結ぶことは可能です。

 

単価相場と単価アップの悩み

単価についての悩みもあります。

自分の単価相場と、単価アップの悩みについてはフリーランスにつきまとうものでしょう。

 

単価相場については下記の記事をご覧ください。

 

まずは自分の相場を知ること、そしてどうすれば単価を上げられるのかを考えましょう。

基本的にスキルを磨くこと、付加価値を付けることの2つをしていけばあなたの価値は高まっていきます。

 

スキルが高まったら、クライアントに単価の交渉をしていきましょう。

ただし、単価交渉はクライアントと十分な信頼ができてから行うことをおすすめします。

 

クライアントがあなたを手放すくらいなら、報酬を上げた方が良いと判断するようになる段階が交渉のチャンスです。

報酬未払いの問題についての悩み

報酬未払いの問題も重要ですね。

ただし、クラウドワークスには「仮払い」という制度があるので、あまり気にしなくても良いところになります。

 

普通のフリーランスは契約上、様々な帳票を発行して契約を進めていきますが、クラウドワークスでは、基本として帳票発行の義務がなく、システムによって報酬の支払いが約束されています。

その対価として、高額なシステム手数料が設定されているとも言えるのですが…

 

クラウドワークスで報酬未払いとなる状況はほとんどが、仮払い前に業務を開始した場合なので、利用規約に沿って仮払い後に業務をすることを守れば、報酬未払い問題に直面することはないでしょう。

 

補足:フリーランスライフサポートとは?

出典:フリーランスライフサポート

最後にクラウドワークスのフリーランスについての補足情報をご紹介しておきます。

フリーランスになるなら、ぜひ押さえておいて欲しいポイントです。

 

クラウドワークスにはフリーランスライフサポートと呼ばれるサービスがあります。

  • 仕事のサポート
  • スキルアップ支援
  • 福利厚生・ライフサポート

クラウドワークスで毎月3000円以上の報酬を獲得している方限定に対象となるサポートです。

とはいえ、フリーランスとして働いている人なら3000円はかなり低いハードルと言えるでしょう。

 

よりフリーランス生活を充実させることができるので、ぜひ利用してみてください。

まとめ

no-recommended-04

以上、クラウドワークスでのフリーランスについての解説でした。

 

フリーランスとは、「特定の組織に属さず、自身の技術やキャリアを活かして独立している個人事業主や個人の法人」といった定義となります。

 

フリーランスのメリットとデメリットは下記。

<メリット>

  • 時間をコントロールできる
  • 業務の方向性をコントロールできる
  • 人間関係で悩まなくて済む
  • 収入と努力が直結している

<デメリット>

  • 収入が不安定
  • 有給休暇が存在しない
  • 確定申告の手間がある
  • 1人で仕事をするので孤独

 

またフリーランスとして稼ぐコツは下記です。

  • プロフィールの充実
  • ポートフォリオの充実
  • 営業や提案をうまく進める

 

上記の事柄をしっかりおさえて、クラウドワークスのフリーランスとして活躍してくださいね。

月収20万円を超えるのも夢ではありませんよ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました