【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

【不安】クラウドワークスで撮影案件は稼げる?仕事の始め方や注意点も徹底解説!

クラウドワークス

「クラウドワークスの撮影の仕事は稼げるの?」

「クラウドワークスにはどんな撮影案件が掲載されているの?」

「クラウドワークスで撮影の仕事を受注するためには何をしたら良いの?」

といったお悩みを抱えていませんか?

 

いざ撮影の仕事を受注してみたものの

思ったよりも難しい!

と断念してしまうケースもあります。

嫌な気持ちが残るので、できるだけそんな思いはしたくないことでしょう。

 

当記事では

  • クラウドワークスで撮影案件は稼げるの?
  • クラウドワークスで募集されている写真・動画撮影の仕事例
  • クラウドワークスで仕事を受ける前に守るべき3つの条件

と言った内容を徹底解説していきます。

 

クラウドワークスで募集している「撮影」の仕事に興味のある方は、ぜひ参考にしてください。

最後までお読みいただければ、クラウドワークスの撮影の仕事にまつわる疑問の答えが、きっと見つかるはずです。

 

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

クラウドワークスで撮影案件は稼げるの?

実際にクラウドワークスで仕事を受ける際に気になるのが

写真撮影や動画撮影の案件は本当に儲かるのか?

という点でしょう。

 

クラウドワークスの撮影案件の報酬相場は下記の通りです。

  • 写真撮影の案件の相場は2万から7万円
  • 動画撮影の案件の相場は5万から10万円

写真か動画かによっても、報酬が異なってきますので、注意してください。

 

写真撮影の案件の相場は2万から7万円

まず写真撮影案件の相場ですが、2万円~7万円程度です。

写真撮影の報酬は下記のポイントによって、大きく異なってきます。

  • 撮影する人
  • 撮影時間
  • カット数
  • 必要な機材

 

一般的なイベントや結婚式の撮影であれば、おおよそ1時間あたり「1万円〜」が相場です。

たとえば3時間のイベントの撮影をした場合、報酬は3万円前後になります。

 

また写真撮影の場合、撮影後にレタッチ(修正)を追加で依頼されることもあります。

契約前に報酬は「撮影のみの料金」「レタッチ込みの料金か」、しっかりと確認しておくようにしましょう。

 

・写真撮影の報酬は1時間あたり1万円前後
・追加でレタッチ(修正)を依頼されるケースも有り

 

動画撮影の案件の相場は5万から10万円

動画撮影案件の相場は、5万円~10万円程度と写真よりも高いのが一般的です。

写真撮影と同じく、下記の条件によって料金が変わってきます。

  • 撮影する人
  • 撮影時間
  • カメラの台数

 

動画撮影も写真撮影同様、おおよそ1時間あたり「1万円〜」が相場です。

ただ写真撮影よりも、撮影時間が長くなることが多いので、報酬の相場も高くなります。

 

また動画の場合、撮影した映像をもとに編集を依頼されるケースが多いです。

そのため、報酬が動画撮影+動画編集代となっていることもあるため注意しましょう

 

・動画撮影の報酬は1時間あたり1万円前後
・追加で動画編集を依頼されるケースも有り

 

クラウドワークスで募集されている写真・動画撮影の仕事例

クラウドワークスで募集されている写真・動画撮影の案件は多岐にわたっています。

ここでは、代表的な撮影案件の仕事例を4つ紹介していきます。

 

今回、ご紹介するのは次の4つです。

  • ECサイトの商品写真(物撮り)
  • 社内イベントでの撮影
  • ウェディング写真や動画の撮影
  • 画像加工や動画編集

1つずつ確認していきましょう。

 

ECサイトの商品写真(物撮り)

撮影案件の仕事例として、まずはじめに紹介するのは「ECサイトの商品写真(物撮り)」です。

仕事の募集例を見てみましょう。

業務内容:Amazonに掲載用の商品写真の撮影
納品物:背景は白、1800×1500ピクセル
納品数:2枚
報酬:1600円
募集条件:過去に物撮りを経験したことがある方、商品写真用の撮影機材をお持ちの方

 

ECサイトの商品写真は、作業時間も数時間程度で済む傾向にあります。

そのため、短時間で稼ぎたい方にはおすすめの仕事です。

 

社内イベントでの撮影

次に紹介するのは「社内イベントでの撮影」の案件。

具体的には下記のような内容で募集されています。

業務内容:*月*日に開かれる東京都のオフィシャルイベントのスチール撮影(拘束時間4時間)
納品物:1280×960ピクセル以上
納品数:200枚以上
報酬:日当2万5000円(交通費・機材費込み)
募集条件:スチール撮影用の撮影機材をお持ちの方

 

社内イベントでの撮影は拘束時間が半日と長めです。

そのため、一回の仕事でまとまったお金が欲しい方におすすめの案件となっています。

 

ウェディング写真や動画の撮影

3つ目に紹介するのは「ウェディング写真や動画の撮影」の案件です。

たとえば下記のような内容が募集要項となっています。

業務内容:*月*日に開かれる結婚式のスチール撮影(拘束時間3時間)
納品物:RAWデータ
納品数:50枚以上
報酬:日当3万円(交通費・機材費込み)
募集条件:ポートレート/モデル撮影の実績がある方、撮影機材をお持ちの方

 

ウェディング写真や動画の撮影も、まとまったお金が欲しい方におすすめの案件です。

案件によっては事前の打ち合わせが必要なものもありますので注意してください

 

画像加工や動画編集

最後に紹介するのは「画像加工や動画編集」です。

 

画像加工や動画編集で募集されている仕事例をご紹介します。

【画像加工の仕事例】
業務内容:Amazonに掲載用の商品写真の加工
納品数:メイン画像×1枚、サブ画像×6枚の計7枚
報酬:1万円
募集条件:画像加工用のソフトをお持ちの方
【動画編集の仕事例】
業務内容:サイト埋め込み用の動画編集
納品物:30秒〜45秒(ナレーション収録有り)
報酬:6万円(ナレーション代込み)
募集条件:動画編集用のソフトをお持ちの方

 

クラウドワークスでは撮影の仕事だけではなく、上記のような画像加工や編集のみの仕事もあります。

クライアントが用意した素材をもとに行うため、カメラを持っていない方にもおすすめです。

 

クラウドワークスで仕事を受ける前に守るべき3つの条件

ここからは「クラウドワークスで撮影の仕事を受ける前に知っておくべき、最低限の必要な条件」を3つ紹介していきます。

 

今回ご紹介する3つの条件は下記の通りです。

  • 写真撮影に自信がある
  • スケジュール管理ができる
  • 必要な機材を最低限揃えている

どれも大切なことばかりなので、しっかりと理解しておくようにしましょう。

 

写真撮影に自信がある

まずは「写真撮影に自信がある」ことです。

お金をもらっている以上は当然「クオリティの高い写真」を納品する必要があります

 

クラウドワークスは「評価制」です。

そのためクオリティの低い写真を納品し、悪い評価をされた場合、今後の仕事に支障をきたすことがあります。

 

まずは自信をつけるためにも、自分自身が「良い」と思えるくらい撮影の練習をしましょう。

撮影未経験の人は、まず「クオリティの高い写真」を撮れるよう、練習することが大切です。

スケジュール管理ができる

納品物のクオリティと同じくらい大切なのが「スケジュール管理ができる」かどうかでしょう。

クラウドワークスの仕事が副業やお小遣い稼ぎだったとしても、クライアントからしたらプロのカメラマンの仕事を依頼するのと同じです。

 

「約束の時間に遅れる」や「納期を過ぎる」ということは絶対に避けましょう

クライアントとの信頼をなくさないためにも、しっかりとスケジュールは守ることが大切です。

 

「約束の時間」や「納期」は特に意識しましょう。

必要な機材を最低限揃えている

お金をもらって仕事をする以上「必要な機材を最低限揃えている」ことも大切です。

必要な機材が揃っていないと、クオリティの高い写真や動画を撮ることは難しいでしょう。

 

最低限必要なものは、以下になります。

  • デジタル一眼レフカメラ
  • ズームレンズ
  • 単焦点レンズ
  • 三脚
  • ストロボ

 

撮影案件は初期投資がかかりますが、きちんと機材を揃えている方が受注はしやいです。

上記に加え、画像加工や動画編集をする場合は、別でソフトを用意する必要があります

 

おすすめのソフトは下記の3つです。

 

Adobeにはセットプランなども用意されているため、必要なものを購入するようにしましょう。

撮影に必要な機材やソフトは事前に揃えることが大切です。

クラウドワークスでの撮影のお仕事の進め方

ここからは「クラウドワークスでの撮影のお仕事の進め方」について説明していきます。

 

クラウドワークスで仕事を始めるためには、次の3つのステップが必要です。

  • 会員登録をし、プロフィールを記入する
  • 仕事を探す
  • 仕事内容についてクライアントと打ち合わせをする

それぞれのステップについて、1つずつ見ていきましょう。

 

会員登録をし、プロフィールを記入する

引用:クラウドワークス

まずはサイトを利用するために「クラウドワークスの会員登録」から始めていきます。

会員登録は下記から簡単に行えるので、ぜひチェックしてみてください。

クラウドワークスの会員登録はこちら

 

会員登録の方法は下記の通りです。

  • 普段、利用しているメールアドレスで登録をする
  • 確認用のメールが登録したアドレスに届くので、メールに記載されているURLをクリック
  • クラウドワークス内で利用するユーザー名・パスワードを入力
  • 「仕事を受注する」を選択し、同意ボタンをクリックすれば、受注者としての登録は完了

 

会員登録ができたら、次は「プロフィールの記入」をしていきましょう。

プロフィール欄やアイコンは基本すべて埋めるようにしてください。

 

プロフィール欄が空欄であればあるほど、仕事を依頼されにくくなってしまいます。

また自己PR欄には最低限、以下の内容を記入するようにしましょう。

  • 経歴や実績、スキル
  • クラウドワークスでどのような仕事をしたいか?
  • 得意な写真のジャンル
  • 過去の実績
  • 持っている機材
  • 1日の作業可能時間

 

上記の内容を自己PRに盛り込むことで、クライアントにも信頼されやすくなります。

また、これまでに撮影した写真を「ポートフォリオ」に登録をしておくのもおすすめです。

 

写真のクオリティなどがクライアントにも伝わり、依頼されやすくなります。

 

仕事を探す

プロフィール欄の記入ができたら、実際に作業する仕事を探してみましょう

 

 

 

サイト上部の「仕事を探す」をクリックすると、現在募集中の案件が一覧となって表示されます。

「仕事カテゴリ」や「キーワード検索」で絞ると、自分のしたい仕事を効率よく見つけることができるので、自分のできそうな仕事を探してみましょう。

 

仕事内容についてクライアントと打ち合わせをする

やりたい仕事が見つけたら、さっそく応募をしていきます。

応募をする際には、メッセージに以下の内容を書くようにしてください。

  • 自己紹介
  • 職務経験・実績・スキル
  • 報酬について

 

また案件に関して気になることがあれば、契約の前に質問しておくようにしましょう

特に写真撮影の場合は、入念に打ち合わせをする必要があります。

 

たとえば

  • 撮影は何枚程度必要か?
  • 撮影するモノは何か?
  • 機材は何が必要か?
  • 作業時間はどれくらいになるか?
  • 撮影後、画像の加工などは必要か?

といった内容を確認してください。

契約後に「思っていた内容と違った…」といった事がないように、事前に確認しておくようにしましょう。

 

クライアントとワーカーお互いの同意が得られれば、あとは仕事をするだけです。

ぜひ上記で紹介した3つのステップに沿って、クラウドワークスで仕事を始めてみてください。

 

クラウドワークス以外のおすすめサイト

写真撮影や動画撮影で一定の収入を増やすためには「クラウドソーシング」がおすすめです。

ですが、撮影の仕事ができるクラウドソーシングサービスはクラウドワークスだけではありません。

 

ここではクラウドワークス以外のおすすめサイトを3つ紹介していきます。

  • Lancers(ランサーズ)
  • fotowa(フォトワ)
  • Meets More(ミツモア)

これから紹介するサイトの中には「撮影」に特化したものもありますので、ぜひ最後までチェックしてみてください。

 

Lancers(ランサーズ)

引用:Lancers(ランサーズ)

1つ目に紹介するのは「Lancers(ランサーズ)」です。

Lancers(ランサーズ)は、クラウドワークス同様、大手のクラウドソーシングサービスのひとつ。

 

Lancers(ランサーズ)に掲載されている案件数は常時210万件揃っているのが特徴です。

また10年以上運営されているサービスのため安定もしており、過去にはYahoo!JAPANやKDDIなど大手のクライアントとの取引実績もあります

 

撮影だけではなく、画像加工や動画編集などの仕事をしたい方におすすめのサイトです。

 

 

fotowa(フォトワ)

引用:fotowa(フォトワ)

2つ目に紹介するのは「fotowa(フォトワ)」

fotowa(フォトワ)は出張撮影専門のサイトです。

 

fotowa(フォトワ)のカメラマンになるためには2度の審査に合格する必要があります。

ただ審査に合格すれば、自分の好きな時間に効率的に働けたり、撮影に関する案件が揃っているなど、登録するメリットも多いです。

 

報酬は【平日1時間の場合14,157円】【土日祝日1時間の場合17,017円】になります。

人物ポートレートの撮影が得意な方におすすめのサイトといえるでしょう。

 

fotowa(フォトワ)の公式サイトはこちら

 

Meets More(ミツモア)

引用:Meets More(ミツモア)

最後にご紹介するのは「Meets More(ミツモア)」です。

 

Meets Moreは、ビジネスのマッチングサイト

Meets Moreの仕組みを簡単に説明すると、以下の流れになります。

  • クライアントが希望日時や撮影内容、希望予算などを記入して応募する
  • カメラマンが募集内容を見て、予算や条件を書いた見積もりを返信
  • 見積もりを送れるのは先着5名となっており、クライアントは見積もりが来たカメラマンから1人を選択もしくは見送るかを決める
  • 契約→撮影→報酬の支払いという順に進める

 

依頼者はカメラマンを探す手間が省け、カメラマンも営業コストを削減することができます。

Meets Moreはカメラマン登録者数が日本最大級。

 

そのため、撮影に関する仕事の案件数や種類も多く掲載されています。

撮影で稼ぎたいという方にはチェックしていだきたいサイトのひとつです。

 

Meets More(ミツモア)の公式サイトはこちら

 

撮影を仕事にする在宅ワーク・副業5選

撮影を仕事にする在宅ワークは、クラウドソーシングだけではありません。

ここでは、クラウドソーシング以外のカメラを使った在宅ワーク・副業を5つ紹介していきます。

 

今回ご紹介するのは、以下の5つです。

  • カメラやレンズの転売
  • ストックフォトサービスで写真販売
  • 賞金の出るフォトコンテストに応募
  • プロフィール写真撮影
  • YouTube配信やブログ運営でカメラのノウハウを紹介

ぜひ、あなたの持っている撮影テクニックや知識を仕事にもいかしてみてください。

 

カメラやレンズの転売

まずはじめに紹介するのは「カメラやレンズの転売」です。

転売とは、中古店などで安く仕入れたものを、高く売って収入を増やすというもの。

 

カメラやレンズの転売の場合、中古カメラ店やebay、B&Hなどで購入し、ユーザー数の多い「メルカリ」や「ヤフオク」で出品するのがおすすめです。

カメラやレンズは人気も高いため、転売は手堅く収入を増やせる方法といえるでしょう。

 

中古カメラ店や「ebay」「B&H」で購入し、メルカリやヤフオクで出品するのがおすすめです。

 

ストックフォトサービスで写真販売

2つ目に紹介するのは「ストックフォトサービスで写真販売」す。

 

ストックフォトサービスとは、WEB上で写真素材を販売し、売れた枚数分だけ収入になるというサービス

代表的なストックフォトサービスに、次の3つがあります。

売れやすい写真の特徴さえ掴めば、長い期間にわたって安定した収入が見込めます

普段から多く写真を撮っている人は、登録すると思わぬ収入を得る可能性もあるでしょう。

賞金の出るフォトコンテストに応募

3つ目に紹介するのは「賞金の出るフォトコンテストに応募」することです。

写真撮影に自信のある方は「フォトコンテストに応募」してみるのもいいでしょう。

 

コンテストでは入賞すると賞金や景品としてカメラやレンズが贈られることも。

さらに写真家として名前が知られ、撮影依頼が増えることもあるため人気です。

 

フォトコンテストの賞金だけで稼ぐことは難しいものの、チャンスを広げられる可能性もあります。

 

プロフィール写真撮影

4つ目に紹介するのは「プロフィール写真撮影」です。

最近では、SNSのアイコンやマッチングアプリ用のプロフィール写真の需要が高まっています。

 

「プロフィール写真の撮影」を仕事にするには「タイムチケット」というサービスがおすすめです。

タイムチケットとは、あなたの「30分や1時間を売ることができるサービス」のこと。

 

おおよそ30分5,000円前後から取引されており、うまく人気が出れば月十数万円程度稼ぐことができます。

プロフィール写真撮影は、タイムチケットに登録さえすれば、誰でも簡単に始められるので、是非試してみてください。

 

プロフィール画像専門のカメラマンとして、あなたの30分を販売してみましょう。

 

タイムチケット公式サイトはこちら

 

YouTube配信やブログ運営でカメラのノウハウを紹介

最後にご紹介するのは「YouTube配信やブログ運営でカメラのノウハウを紹介」する仕事です。

 

カメラやレンズに詳しい方や画像加工が得意な方は、YouTubeやアフィリエイトブログを始めてみるのもおすすめです。

「カメラの新商品の紹介」「料理の映える撮影の仕方」「Photoshopの基本的な使い方」など、テーマも見つけやすいため、継続して投稿していきましょう。

 

最初は稼げなくても、コツコツと視聴者を増やせば、月数十万以上稼ぐこともできます。

YouTubeやアフィリエイトブログは、初期費用も少なく、成功すれば大金も稼げる点がメリットです。

 

まとめ

 

クラウドワークスの撮影案件の報酬相場は下記の通り。

  • 写真撮影の案件の相場は2万から7万円
  • 動画撮影の案件の相場は5万から10万円

 

クラウドワークスで募集されている写真・動画撮影の案件には下記のようなものがあります。

  • ECサイトの商品写真(物撮り)
  • 社内イベントでの撮影
  • ウェディング写真や動画の撮影
  • 画像加工や動画編集

 

写真撮影や動画撮影は技術や機材が必要ですが、あなた自身のスキルアップにもつながる仕事です。

写真を撮ることが好きな方は、ぜひ腕を磨いて仕事にしてみることをおすすめします。

 

クラウドワークスでは撮影に関する仕事がたくさん募集されていますので、ぜひ積極的に応募してみましょう。

動画撮影については、下記の記事でも紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました