【完全初心者向け】ランサーズでの仕事のやり方を徹底解説!

how to ランサーズ

ランサーズに登録はできたけれど、

仕事のやり方を知りたい、、

タスク・プロジェクト?

意味が分からないから教えてほしい、、

この記事は、これからランサーズで仕事を始めたいと考えている人に向けての記事です。

はじめてのクラウドソーシングで、わからないことが多い。

仕事の種類が多くて、どうやって仕事を選べばいいのだろうか。

こうした悩みを抱えている人は多いと思います。

そこで今回は、ランサーズにおける仕事のやり方を徹底解説していきたいと思います。

こんな方におすすめ

  • ランサーズでの仕事のやり方がよくわからない
  • ランサーズ内の単語の意味を知りたい
  • 初心者でも稼げる方法を学びたい

仕事を探す前に理解するべきこと

ランサーズのやり方が分からない人の多くは、

  • 仕事を探すシステムがよくわからない
  • 単語の意味がよくわからない

という悩みを持っているのではないかと思います。

そこでまずは、ランサーズで仕事を探す前に理解するべきことについて、より詳細に解説していきたいと思います。

仕事を獲得するまでの流れ

ランサーズで仕事を獲得するためには、以下の3つのステップが必要です。

  1. 仕事(案件)を探す
  2. 案件に応募する
  3. クライアントと契約を結ぶ

まずはこの流れを理解しましょう。

もちろん案件に応募しても全員が採用となるわけではありません。

仕事を獲得するために大切ことは、自分が持っているスキルやレベルに合わせて仕事を探すということです。

そのために、ランサーズでの仕事の種類や報酬の制度などを、詳しく理解する必要があります。

仕事の方式

ランサーズには、大きく分けて3つの種類の仕事があります。

まずはそれぞれの仕事の特徴を理解することが必要です。

仕事の種類を理解することで、自身がどの仕事に応募すればいいかわかるようになります。

プロジェクト方式

プロジェクト方式とは、クライアントと契約を結ぶことで、中・長期的に業務を行っていくような仕事方式です。

クライアントの依頼内容を自身で達成することができる場合は、クライアントに対して提案を行います。

そして、クライアントから当選を受ければ、契約を結ぶことが出来ます。

提案を受けたクライアントは以下の内容を参考に当選者を検討します。
  • ランサー(仕事受注者)自身の経験やスキル
  • 過去に制作した作品や成果物(ポートフォリオ)
  • クライアントからの評価
  • 提案文の内容

初心者にとっては、実績や評価が少ないため、契約を結ぶまでの難易度が高いという特徴を持っています。

その一方で、他の仕事と比べて高単価な案件も多いため、収入をアップさせるには最適な仕事であると言えます。

コンペ方式
コンペ方式とは、名前の通りライバルユーザーと競争するような形式の仕事となります。
クライアントが仕事をオープンな形で募集し、その募集に対して仕事の受注者が提案をしていきます。
クライアントから最も高い評価を得た人に対して報酬が支払われるという方式です。
コンペ形式の特徴は、仕事の倍率が非常に高いということです。
一件当たりの報酬額は高い場合が多いですが、案件に応募する人が多いことから、当選する確率は減ってしまいます。
また、仕事内容としては、デザインやロゴ制作など、特定の分野に特化したものが多いという印象です。
そのため、安定して稼ぐためには、高いレベルでのスキルが必要です。
タスク方式
タスク方式は、ランサーズ上ですぐに始められるような形式の仕事です。
具体的には、以下のような仕事があります。
  • 感想、レビュー作成
  • アンケートへの回答
  • 簡単な記事制作

このように、スキルを必要とせず、誰でもできるような仕事であるため、初心者にはおすすめの形式です。

その反面、簡単な仕事であることから、ほとんどが低単価の案件であるというデメリットがあります。

仕事のカテゴリ

次に理解するべきことは、仕事のカテゴリについてです。

ランサーズには全部で9つの仕事ジャンルがあります。

それぞれのジャンルが持つ特徴を理解することで、どの仕事に応募するべきか判断することが出来ます。

一つずつ特徴を見ていきましょう。

①コンサルティング

報酬価格帯:50,000~300,000円

対象:上級者向け

経営、WEB、キャリアなど、様々なコンサルティングを行う仕事です。

ビジネスの結果に直結するような案件であるため、専門的な知識を持っている人や、コンサルティング経験者におすすめの案件です。

②事務・コンサル・専門職

報酬価格帯:30,000~50,000円

対象:初心者・中級者向け

データ入力やリスト作成などの簡易的な事務作業、スライドデザインなどの専門的な仕事を行うジャンルです。

このジャンルに関しては、社会人経験のある方にとって、過去に経験したことがある仕事も多いので、応募しやすいジャンルだと言えます。

またデータ入力などは初心者でも行うことが出来る業務であるためおすすめです。

③システム開発
報酬価格帯:2,000円~2,000,000円
対象:中級者・上級者向け
プログラミングなど、専門的な知識を活用することによって、サービスを開発する仕事です。
アプリ開発のジャンルでは、一つの案件で報酬が数百万円単位の依頼があることも。
専門的な知識が必要であるため、初心者には参入障壁が高いジャンルです。
④ライティング・ネーミング記事

報酬価格帯:1,000円~60,000円

対象:初心者向け

ブログ記事のライティングや、商品のネーミングを行う仕事です。

パソコンとインターネット環境さえあれば、誰でも簡単に仕事を始めることが出来ます。

参入障壁も低いため、初心者に非常におすすめしたいジャンルの一つです。

⑤デザイン制作

報酬価格帯:10,000円~106,500円

対象:中級者向け

チラシやロゴの作成、名刺の作成など、デザインに関する仕事です。

こちらは美術に関して専門的な知識がある人におすすめのジャンルです。

デザインした作品の著作権は、全てクライアントに譲渡されます。詳しくは以下の記事をご覧ください。
【知らなきゃ危険!】ランサーズで成果物の著作権は譲渡される!?
制作したイラストの著作権ってどうなるんだろう?? 面倒くさいから、コピペですませよう。 ランサーズを利用している方で、誰しもが疑問に感じること。 それは著...
⑥写真・動画・ナレーション
報酬価格帯:100~500,000円
対象:初心者・中級者向け
Youtubeの動画編集や、画像の加工を行う仕事です。
現在動画配信の需要が高まっているため、案件の募集もかなり増加しています。
書籍などの勉強で仕事ができるレベルまで上達できるので、これから新たにスキルを身に付けて稼ぎたいという人には、おすすめのジャンルです。
⑦WEB制作・WEBデザイン
報酬価格帯:1,500~400,000円
対象:中級者・上級者向け
企業のホームページや、バナー広告を作成する仕事です。
HTMLやデザインに関して、専門的な知識が必要です。
そのため高額な案件も多いことが特徴として挙げられます。
⑧翻訳・通訳
報酬価格帯:文字単価2~8円
対象:初心者・中級者向け
契約書やマニュアルの翻訳を行う仕事です。
行う仕事としては、ライティングと近いですが、語学に関する知識が必要であるため、比較すると単価は高めに設定されています。
留学経験のある人や、専門的な語学スキルを持っている人ならば、すぐに稼ぐことが出来るため、おすすめのジャンルです。
⑨タスク・作業
報酬価格帯:10~10,000円
対象:初心者向け
データ入力やテープ起こしなど、簡単な作業を行う仕事です。
特別なスキルは必要なく、誰でも簡単にできる仕事であるため、初心者にはおすすめのジャンルです。
しかし、単価平均が最も低いというデメリットがあります。
本サイトで、タスク案件のみで何円稼ぐことが出来るか、記事にまとめておりますので是非ご覧ください
ランサーズのタスクのみで月収いくら稼げる?現役ライターが徹底解説
クラウドソーシングサイトのランサーズでは、さまざまな職種の仕事が掲載されていますが、 ランサーズのタスクだけで月収どのくらい稼げるの? ランサーズのタスク形式でどうやったら稼げるようになるの? こんな風に悩んでいる方も...
以上が仕事ジャンルの紹介です。
初心者でも手を付けやすいジャンルは、
④ライティング・ネーミング ⑧翻訳・通訳 ⑨タスク・作業
の三つです。
ぜひ参考にしてみてください。

報酬制度について

ランサーズには3つの報酬制度があります。

応募をする際に大切な要素の一つであるため、理解しておきましょう。

固定報酬制(プロジェクト)
固定報酬制では、仕事の契約時に成果物の報酬をあらかじめ決めるという制度です。
つまり、契約締結時に表示された金額が、契約完了時にそのまま支払われます。
プロジェクト案件の多くは、固定報酬制の形をとっています。
報酬は契約が成立した段階で仮払いされるため、報酬が発生しないというトラブルを防ぐことができる設定になっています。
時間報酬(リモート・常駐)
実際に業務を行った時間に対して成果が支払われるという形式です。
一般的なアルバイトと同じであると考えるとわかりやすいです。
募集には週に何日、何時間勤務しなければならないか記載がされています。
月額報酬(常駐)
一時間当たりの時給が案件に記載されていて、働いた分の給料が1カ月単位で支払われるという形式です。
長期間働くことが前提となっているため、安定して稼ぎたい方におすすめの報酬形式です。

仕事を探す手順

ランサーズ内の仕事について、理解していただけましたでしょうか?

ランサーズの「仕事を探す」ページを見てみると、少し見え方が変わったのではないかと思います。

それでは、実際に仕事を探す手順を説明していきたいと思います。

仕事の方式を決める

まずは、プロジェクト方式、コンペ方式、タスク方式の3つから、自分に合った方式を選定します。

プロジェクト:安定して稼ぎたい人
コンペ方式:専門的なスキルや知識を持っている人
タスク:初心者でも簡単にできる仕事がしたい人

初心者の方へのおすすめは、プロジェクトに応募しながら、タスクの仕事をするという方法です。

この方法には以下のメリットがあります。

①低単価でありながらも、報酬を得られる
実績を積むことが出来る
提案の方法を学べる
④運がよければ、プロジェクト案件に挑戦することが出来る

気になるプロジェクト案件があれば応募し、隙間時間でタスク案件をこなしていきましょう。

仕事ジャンルを決める

先ほど説明した9つのジャンルの中から、応募するジャンルを選定します。

ジャンルの決め方が分からないという人に向けて、具体的な方法を解説していきたいと思います。

選定する場合はなるべく、一つのジャンルだけを選ぶように注意しましょう。
一つのジャンルに特化することで、専門的なスキルを身に付けることが出来るからです。

興味がある・専門的なスキルや知見がある場合

興味がある・専門的なスキルや知見がある場合そのジャンルを選びましょう。
案件を獲得する際に、これまでの実績はもちろん重要ですが、それと同等のレベルでスキルや知識も重視されます。
また、ランサーズでは継続することが、最も効率的に報酬をアップさせる方法です。
そのため、興味があり、継続して学ぶことが出来るジャンルを選びましょう。

②興味がある・専門的なスキルや知見が無い場合

興味がある・専門的なスキルや知見が無い場合は、初心者におすすめの④ライティング・ネーミング ⑧翻訳・通訳 ⑨タスク・作業から選びましょう。
中でもライティングの案件は報酬と難易度を考慮すると、最もおすすめです。

タスク方式ならその場で、プロジェクトやコンペ方式で契約が結ばれれば、仕事を開始できます!

ランサーズで初心者が稼ぐためのコツ

これまでは、ランサーズでの仕事のやり方をお伝えしました。

そこで最後に、初心者でがランサーズで稼ぐためのコツを伝授したいと思います。

プロジェクトへの提案は多すぎるぐらいがちょうど

初心者でプロジェクト案件を獲得できない人の多くは、案件への提案数が少ないという特徴があります。

これは筆者の体験談ですが、ランサーズ初心者のころ、多い日では一日当たり10~15件ほど提案を送っていました。

そんなにいっぱい送って、

契約がいっぱいになってしまったらどうするの?

このように考える人も、もちろん多いと思います。

もしも、全て当選してしまい、自分の手に負えない量になってしまったら、クライアントに正直に伝えて契約をキャンセルしてもらうことが出来ます。

キャンセルする可能性があると考えると心が痛むかもしれませんが、それ以上に応募を続けて、案件獲得のチャンスを作り続けることの方が価値があります。

低単価でもタスク案件をやり続ける

タスク案件は非常に低単価なものばかりです。

時給換算するとアルバイトをする方が稼げる場合ももちろんあります。

こんなことばっかり続けていて

意味はあるのだろうか、、

そう思うことがあっても継続し続けることが重要です。

なぜなら実績は報酬以上に価値があるからです。

みなさんが通販サイトで商品を買うときに、レビューが0件の商品と20件の商品なら、どちらを安心して購入するでしょうか?

答えは後者だと思います。

実績を作り続けることが、プロジェクト案件で当選を獲得するための近道であるということを認識してください。

まとめ

今回の記事では、ランサーズ完全初心者からの仕事のやり方を解説してきました。

ランサーズで仕事を獲得するためには、様々な知識を身に付け、低単価の案件をこなす必要があります。

もちろん、稼げるようになるまでに大変なことも多いと思います。

しかし、仕事を初めて獲得した時や、報酬がもらえたときはその苦労を忘れるほどに大きな達成感を得られると断言します。

ランサーズは未経験でも仕事を受注しやすいサービスです。

ぜひ勇気を出して、今日から新たな一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました