クラウドワークスのライターの相場は?初心者でも損をしないために!

クラウドワークス

クラウドワークスを始めるにあたって、相場がわからない、もしかして安値で買いたたかれてないか不安になっている方もいると思います。

ここではそんな不安を解消するためにクラウドワークスのライターの相場について解説していきます!

 

また、後半ではクライアント向けに外注相場についても解説します!

 

クラウドワークスでのライターの報酬相場は?

正直なところその記事の専門性などにより単価が上下するのでライターの相場をハッキリと計ることができませんが、そこも踏まえたうえで1文字0.1円~2円という見解があるようです。

 

実際にクラウドワークスでライターの仕事を調べてみると0.1円や0.2円の仕事が多くヒットします。

そこから0.5円以上の仕事はぐっと減り、1円以上の仕事はたまに見つかるかなという感触です。

そして、2円の仕事はしばらく検索を続けていくとやっと見つかるかなというというところでした。

 

ライター報酬の文字単価1円は高いのか?ネットでの評判は?

ズバリ1円は高い案件といえるでしょう。ただし、これはクラウドワークスを始めたばかりの方を基準としています。

個人的には始めたばかりの方が仕事を探すと0.5~0.7円の案件がちょうどよいのかなという印象です。

 

では、ネットでの評判はどうでしょうか?

これについて検索していくと1文字1円は安いとの意見がちらほらと見受けられます。

 

ただし、これは何回か記事を書いてライターとしてのスタートラインに立った方の意見です。

このことについて検索していくと、1円以上を目指すためにはとか1円ライターから脱するためにといったような記事がでてきます。

 

1文字1円はひとつ超えるべきラインとしての共通認識はあるようです。

クラウドワークスでライター報酬を相場以上にあげるコツ

とはいえ、どうせやるなら報酬は高いほうがいいものです!

どうすれば単価を上げることができるでしょうか?

いくつか方法があるので紹介していきましょう。

低単価の仕事から始めて実績を積む

すごく基本的なことですが非常に有効な手段です。

 

単価を上げるには実績を重ね、信頼を得なければなりません。

いきなり初心者が高単価の案件を獲得するのは非常に困難です。

クライアントとしても実績がある人のほうが安心があり、少し高い報酬を出してもよいかなという心理に至ります。

クライアントとの単価交渉をうまく進める

 

クライアントとの交渉も単価を上げるためには重要です。

 

先ほど実績を積むという話をしましたが、ある程度経験を重ね実力がついたなとおもったら、思い切って単価交渉をしてみましょう。

 

ただし、ここで絶対にしてはいけないのは高圧的に交渉を進めることです。

 

あくまで、低姿勢で臨み、クライアントに単価を上げるメリットを示していきましょう。

 

ライティングの基礎知識をつける

案件を検索すればわかりますがクラウドワークスではライティングの仕事が圧倒的に多いです。

そのため基礎知識をつけ、ライティング力の向上は必須です。

 

ライティング力とは文章の質の高さはもちろんのこと、そのスピードも欠かせません。

例えば、1文字0.1円であったとしても1時間に1万文字を書けるようスピードなら時給1,000円になります。

 

1文字2円であったとしても1時間に500文字が書けない内容のものであれば時給1,000円に達しないことになります。

ちなみに、1時間に1万文字というのは1分間に167文字程度、一秒に2文字という計算になります。

 

SEOの知見を深める

SEOの知見を深めることもまた単価を上げるうえで必要です。

検索者や読者のニーズをつかみ、それを記事にしていくことで必然的にクライアントの欲しがる文章が仕上がることになります。

 

どのようなワードで検索するか、何を検索したいかなど読者の視点に立ちライティングをすすめましょう。

専門知識を深める

専門的な記事は単価が高い傾向にあります。

 

自分が得意な分野、学歴、職歴を活かすことでで単価の高い案件をこなすことができます。

専門性というと少し難しいように聞こえますが、自分な好きなことを調べていくこともよいでしょう。

 

普段から好きなことにアンテナを張って知識を集め、記事にできる案件を探してみましょう。

 

ライターとして絶対にNGなポイントとは?

これを読んでいる方の中にはライターとして活動したことない方も多くいると思うので、ライターとしてNGなことを説明していきます。

パクリといった著作権の侵害行為やコピペ

これは最もNGとされる行為です。

法律違反となり最悪の場合訴えられることもあり得ます。

参考にする程度ならかまいませんが、度を超えたものやまるパクリ、コピペは絶対に避けなければなりません。

納期を守らない

これはライターに限ったことではありませんが、納期は必ず守りましょう

自分の能力を見極め、無理そうなときには早めにクライアントと相談しましょう。事後報告などは絶対に避けてください。

文字単価に応じて必要なスキルは変わってくる

単価をあげるためにということを説明しましたが、ここでは文字単価に応じた必要なスキルについて解説していきます。

文字単価が1円未満の場合

この価格帯であると特に必要な専門的な知識やスキルなどはありません

様々な案件が混在しており、未経験歓迎など易しい条件の多いので、初心者の登竜門となる価格帯といえるでしょう。

文字単価が1円以上〜2円未満の場合

この価格帯になるとライターとしての経験や実績、士業とまではいきませんが他の人より少し詳しい知識を持っていることが必要です。

大手メディアや中小企業からの依頼が中心となってきます。

なので最低限の文章能力や検索能力が求められます

文字単価が3円以上の場合

この価格帯になってくると、個人からの依頼は極端に減り、大手メディアや中小企業からの依頼がほとんどです。求められるのは、与えられたテーマからタイトルなどの構成を自分で考え記事を作るスキルです。

 

補足:ライターの仕事の探し方について

クラウドワークスでは日々数えきれないほどの案件が更新されていきます。

その中でライターの仕事を探すには、カテゴリーを絞って検索をかけましょう。

そして、そこからさらにキーワードで絞り込みをし、自分の得意な分野や好きな分野を探し、自分の書きやすいテーマの案件を見つけることに努めれば、効率よく稼げるようになります。

【クライアント向け】Webライターに外注をするときの相場とは?

ここからはクライアント向けにクラウドワークスでの外注の相場を解説していきます。
クライアントの視点からは、できるだけ安い費用で抑えたいということが本音でしょう。

しかし、そこで安易に報酬を安く設定しすぎると見てもらえず応募がこないということになりえます。ではどれくらいでいらいするのがよいでしょうか。

 

基本的には、使える文章を期待するならば1円~2円で設定しましょう。

それ以下の金額になると、日本語のおかしな文章やつじつまの合わない文章が出てくる可能性が高くなり、修正などに時間がとられ余計に手間がかかるということにもなりかねません。

 

3円~8円からは日常的に文章で収入を得ているプロレベルととらえるとよいでしょう。

 

このような基準で外注していくとよいですが、発注する前に類似案件と比べ、低すぎない報酬を設定すると相場で発注することができます。

【クライアント向け】Webライターを外注するときのコストの抑え方

クラウドワークスで発注するということはある程度コストを抑えたいと思っている方が大多数だと思いますので、ここでコストの抑え方を2つ紹介します。

報酬以外のメリットを提示する

報酬以外のメリットと何でしょうか。

例えば納期の期限を長く設定し、主婦の方などに隙間時間でできることをアピールしたり、短時間でできるものを依頼し手軽にできるといったようなことをアピールするなど、好条件であることを提示しましょう。

そうすることで、報酬以外のメリットがあることを提示でき、低単価でライターさんを雇うことができます。

低単価で雇ったライターを育てる

クラウドワークスを始めたばかりの初心者などを育てるのも一つの手段です。

育てるというと難しく感じるかもしれませんが、ライターさんに書いてほしい記事や構成を体系的に捉えて指導していくことで、結果的に費用が抑えられます。

というのも、指導することでライタ―さんが修正が少ないものや希望に沿ったものを提出してくれるようになり、その後の作業が少なくなります

まとめ

ここではクラウドワークスの相場をライター目線メインに解説しました。

 

クラウドワークスでのライターの単価の相場は1文字0.1円~2円です。

その中でも初心者の方は0.5円~0.7円くらいの仕事を探して始めてみましょう。

 

検索していくと1円の案件やまれに2円の案件などが出できます。

これらの単価の高い案件を受注するためには、実績を重ね、専門性やライティング力を高め、クライアントとの交渉を上手にすすめていくことが必要です。

まずは1文字1円を目標にし、よりよいクラウドワークスの活用をしていきましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました