クラウドワークスを安心して使うための3つの注意点を徹底解説!

クラウドワークス

クラウドワークスならPC1台で、環境や時間に縛られず自由にお金を稼ぐことが可能です。

しかし「本当にクラウドワークスは安心して使えるの?」と不安を抱く方も多いはず。

 

報酬のトラブルなどがあったら嫌ですよね・・・

 

そこでこの記事では、クラウドワークスを安心して利用するための注意点をご紹介します。

これさえ抑えておけば、安心安全にクラウドワークスを利用することができるでしょう。

さらにクラウドワークスの悪い評判や、メリット・デメリットも解説していきます。

クラウドワークス初心者の方や、気になっているという方は参考にしてみてくださいね。

クラウドワークスを安心して使うための3つの注意点

結論から言ってしまうと、クラウドワークスを安心して利用するために抑えるべき注意点は以下の3つです。

  • クライアントの情報
  • 仮払いされるまで作業をはじめない
  • 著作権に注意する

この3つさえ守れば、詐欺の被害にあったりトラブルに巻き込まれたり損をしたりすることはまずありません。

ではそれぞれ詳しく見ていきましょう。

クライアントの情報を事前にチェック

クラウドワークスで仕事を受注するにあたり、必ずチェックしなければならないのが発注元である「クライアント」の情報です。

クラウドワークスでは、仕事終了後にクライアントとワーカーが双方を評価できる仕組みを導入しています。

つまり悪質な仕事を発注しているクライアントには低評価が集まるのです。

評価が高いクライアントからのみ案件を受けるようにすれば、詐欺にあったり大きな損をする心配はありません。

仮払いされるまで作業をはじめない

「言われたとおりに仕事をしたのに報酬を払ってもらえない!」

そんなトラブルを回避するのが「仮払い」という仕組み。

ワーカーが仕事をはじめる前に、クライアントはシステム側に報酬金額を預ける義務があります。

つまりクラウドワークスを介してお金のやり取りを行えば、報酬の未払いを防止することができるのです。

 

ただし、注意すべきポイントはここから。

仮払いされる前に成果を納品すると報酬を持ち逃げされてしまう可能性があります。

最悪の事態を防ぐためにも「仮払いを確認後に作業開始」は徹底しましょう。

著作権違反に注意する

外部の人や企業が公開している文章・画像を無断使用することは著作権侵害にあたります。

それを知らずに、あるいは依頼されたからと、著作権違反の仕事を行うワーカーが稀にいます。

しかしどのような事情があろうと著作権の侵害は紛れもない犯罪行為。

犯罪に加担しないためにも「ネットの情報をむやみに転用しない」という点に注意しましょう。

もし著作権違反の案件に遭遇した場合でも、サポートに問い合わせれば対応してもらえるので安心です。

クラウドワークスの悪い評判について考察

ネットで意外と目に入るのがクラウドワークスの悪い評判。

しかしよく見てみると根拠のない内容や、知識不足からくる誤解も含まれており、すべてを鵜呑みにするのは問題です。

本記事ではそのような悪い評判のうち下記2つを考察していきましょう。

  • 単価が安すぎる
  • 専門的な知識やスキルがないと稼げない

実はこの2つの評判に関しては「部分的にはその通り」とも言えるのです。

しかし少し工夫をすることで十分に解決できる可能性があります。

知らずに損をしないためにもぜひチェックしてみてください。

クラウドワークスは単価が安すぎる?

悪い評判の一つが「単価が安すぎる」というもの。

たしかにクラウドワークスの仕事のなかには、時給換算で数円にしかならないものも多くあります。

それらの記事のほとんどは「タスク形式」と呼ばれる仕事ジャンル。

タスク形式は誰でもできるアンケートや簡単な記事作成がメインです。

クライアントへの提案も必要ないため、最も手軽に仕事ができるジャンルだと言えるでしょう。

その反面、報酬金額は30円や5円などとにかく安いです。

一方で「プロジェクト形式」というジャンルなら、良い条件の仕事が豊富にあります。

報酬もタスク形式とは比較にならないくらい高額。

そのためクラウドワークスでは、基本的にプロジェクト形式の仕事を受けていくべきです。

「これ以下の条件では受けない」という最低ラインを決めておけば、時間と労力を搾取されることはありません。

クラウドワークスは専門知識・スキルがないと稼げない?

悪い評判のもう一つが「専門知識やスキルがないと稼げない」というものです。

この評判に関しても「部分的には正解」と言えるでしょう。

プロジェクト形式の仕事をするためには、越えなければならないハードルが存在します。

それが応募人数の壁。

クライアントは予算に応じて、「何人と契約します」という人数制限を定めているのです。

ワーカーは自身の経歴や実績、案件への提案などをアピールして採用を勝ち取ります。

もちろん専門的な知識・スキルがあれば採用確率は高まるでしょう。

ただし、クライアントが重視するポイントはそれだけではありません。

クラウドワークスでは双方の顔が見えない状況で仕事を進めていきます。

クライアントにとってもワーカーが「信頼できる相手かどうか」は最も気になるポイントでしょう。

重要になってくるのは先述した「評価」です。

一つ一つの仕事に誠意をもって取り組めば高い評価を獲得できます。

そのため知識やスキルがないのならまずは質より量で勝負するのも一つです。

実績を積んで信頼を得られれば、必要なものはあとからついてくるでしょう。

クラウドワークスのメリットとは?

仮払いや評価システムのほかにも、クラウドワークスには様々なメリットがあります。

例えば、クラウドワークスは業界最大手なので案件数がとにかく豊富。

ふつうはお目にかかれないレアな案件もあり実績づくりに最適です。

ユーザー数も多いため、ちょっとした疑問はネットで検索すると過去のQ&Aが見つかります。

知りたい答えが見つからない場合はサポートに問い合わせれば問題なし。

知識ゼロの状態ではじめても安心して利用することができるでしょう。

クラウドワークスのデメリットとは?

もちろんクラウドワークスにもデメリットは存在します。

代表的なものは以下の2つです。

  • 手数料が5〜20%と高い
  • 低評価をつけられると信用ダウン

最初のデメリットがシステムの手数料。

 

「5〜20%は高い!」と感じる方も多いでしょう。

とはいえ、この手数料は同じく大手のランサーズと同じ価格設定です。

 

クラウドワークスを使わず個人で仕事をする場合には、人脈形成からはじまり、契約書・請求書の作成など種々の手間がかかります。

契約内容が曖昧だと、搾取されたり報酬が支払われない可能性もあるでしょう。

手間賃と安心料を払っていると考えれば、手数料は致し方ないのかもしれません。

さて、もう一つのデメリットがクライアントからの低評価。

 

1度ついた評価は実績として残り続け、当然ですが消すことはできません。

あまり評価が低くなると好条件の案件が受けられなくなるので注意が必要です。

 

ただし誠実に仕事に取り組めば低評価がつくことは滅多にありません。

プロ意識があるなら心配するほどのことではないでしょう。

クラウドワークスの登録方法を3ステップで解説!

ここまで読んで「クラウドワークスをはじめてみようかな?」と思った方のために、クラウドワークスの登録方法を簡単に解説していきます。

手順はとても簡単な3ステップ。

【登録手順】

  1.  画面右上の「働きたい方はこちら」から「会員登録して仕事を始める」を押下
  2. メールアドレスを入力して届いたメールのURLをクリック
  3. 必要な情報を入力して「会員登録を実行する」で登録完了!

下記のクラウドワークスHPから登録をしましょう。

クラウドソーシングは日本最大級の「クラウドワークス」
日本最大級のクラウドソーシング、クラウドワークス。実績のあるプロに依頼できるから安心クオリティーでどこよりも早くリーズナブル!ホームページ作成、アプリ・ウェブ開発やロゴ・チラシ作成、ライティング、データ入力まで、幅広い仕事に対応!

 

さらに経歴やプロフィール画像の設定、本人確認などを行うことで、採用されやすいプロフィールがつくれます。

とはいえ初心者のうちはこだわりすぎず、まずはお仕事に慣れていくのが良いでしょう。

 

何事もまずは小さくはじめて着実にステップアップするのが上達のコツです。
まとめ
以上、クラウドワークスを安心して使うための情報について述べてきました。

最初は不安や心配も多いでしょう。

 

しかし「案ずるより産むが易し」という言葉もある通り、はじめてみれば慣れるのはあっという間です。

記事の内容を参考にして、ぜひ環境や時間に縛られずにお仕事を楽しんでみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました