【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

Webライターズバンクの評判とは?特徴や選考合格のコツも紹介!

Webライターズバンク

「Webライターズバンクの評判ってどうなんだろう?」
「Webライターズバンクの選考に合格するには何をすればいいの?」
「Webライターズバンク以外におすすめなサイトって何があるの?」

と思われていらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回はWebライターズバンクの評判についてご紹介していきます。

ぜひ最後までご覧ください!

 

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

Webライターズバンクの評判とは?

Webライターズバンクには良い評判があるのですが今回は3つご紹介いたします。

良い評判とは下記のとおりです。

・ライター一人一人に担当者がつく
・すべての案件にガイドラインとディレクションシートがついてくる
・幅広い案件から選ぶことができる

一つ一つ見ていきましょう。

 

ライター一人一人に担当者がつく

Webライターズバンクではライター一人一人に担当者がつくことが良い評判になっています。

というのもライター一人一人に担当者がつくことによってクライアントとの認識のズレというのが起きにくくなります。

認識のズレが起きにくいことでクライアントとのトラブルが発生しにくいのです。

 

また、ライターは自分のやろうとしていることを担当者に伝えることができます。

伝えることで担当者側でライターのスケジュールを調整してくれるのです。

そのためライターは自分でスケジュール管理をあまりしなくて済みます。

 

もちろん納品数が多いなどの場合担当者と相談して数を減らしたり、逆に増やしたりすることもできます。

上記のようにライターに担当者がつくことがほかのサイトにはあまりなく、良い評判になっているのです。

 

すべての案件にガイドラインとディレクションシートがついてくる

Webライターズバンクでは、すべての案件にガイドラインとディレクションシートという何をするかを指示してくれるシートがついてきます。

ガイドラインとディレクションシートがつくこともクライアントとの認識のズレというのを起きにくくします。

ガイドラインやディレクションシートがもらえることでライターは何をすべきかわかりますから、2つに沿ったことを書けば大丈夫です。

 

幅広い案件から選ぶことができる

Webライターズバンクでは大手メディアと提携した案件や幅広いジャンルの案件が存在します。

副業のライターやプロのライターなどの方が得意なジャンルやレベルに合った案件を用意しています。

上記のように幅広い案件から選ぶことができ、自分のスキルアップにつながっていることも良い評判になっています。

 

そもそもWebライターズバンクって?

Webライターズバンクとは「株式会社ファーストブランド」が運営している会社です。

Webライターズバンクは新聞社やテレビ局などの大手メディアと提携しながらたくさんのWebサービスを運営しています。

また、大手メディアのジャンルや記事テーマが多岐にわたっているため、多くのライターを募集しているのです。

 

Webライターズバンクでは、1回限りではなく長期的に関わりあっていきたいと考えております。

一緒に働くことになったライターの方とは実績を積み上げていき、関わりあっていくなかでさまざまな案件を任せます。

 

そして実績を積み上げていったライターの方には次のステップの案件を用意しています。

ただ、もちろん希望のライターだけで、案件のペースやレベルをWebライターズバンク側の要望だけで進めることはありません。

 

Webライターズバンクが求めていること

ライターに求めていることは、ライティングのスキルは重要視しているようですが、それよりもコミュニケーションを重要視しております。

Webライターズバンクに長く関わっている方はメールや電話のやりとりがきちんとしている方になります。

「Webライターズバンクの評判とは?」でも述べさせていただきましたが、Webライターズバンクではクライアントとライターの認識のズレを極力少なくする仕組みにしているのです。

 

そのためすべての案件にガイドラインやディレクションシートがあります。

ガイドラインやディレクションシートに沿って書いていくことで案件をスムーズにこなしていけます。

 

Webライターズバンクの注目すべき点!

Webライターズバンクでは特徴という注目すべき点があります。

下記の3点になります。

・各ライターに担当者がつく
・幅広くライターを募集している
・低単価であることが少ない

それぞれご紹介していきます。

 

各ライターに担当者がつく

Webライターズバンクでは各ライター一人一人に担当者がつきます。

そのため担当者を通してクライアントと仕事をしていくのです。

担当者に対してやりたい仕事や得意な仕事を提示していくことで、自分の希望通りの案件を受けることが可能です。

 

また、スケジュール管理をあまりしなくて済みます。

というのも担当者の方がライターに対して案件を用意するからです。

 

ライターがやりたい案件を伝えた後、担当者の方がライターに案件を提示します。

ライター側は提示された案件の量が少なかったり、逆に多かったりしたときには要望を伝えれば、要望を聞いてくれます。

 

幅広くライターを募集している

Webライターズバンクでは、フリーライターや副業ライター、プロライターや長期でお付き合いしてくれるライターなどさまざまなライターの募集をしています。

ただ、ライティング経験が一年以上ないとWebライターズバンクに応募することができません。

そのためライター経験が一年未満でWebライターズバンクに応募したい方は一年経過するまで経験を積んで待ちましょう。

 

低単価であることが少ない

Webライターズバンクではライター経験が一年未満の方が応募することができないこともあり、レベルが低すぎる案件というのがあまりありません。

そのため低単価の案件が少ないのです。

 

Webライターズバンクが公式のホームページで提示している案件例によりますと、一記事2,000文字/3,000円~(スキル、納品本数など基準に応じて報酬単価アップ)とあります。

上記のように文字単価が1.5円以上ということがよくあります。

 

Webライターズバンクに登録する方法とは?

Webライターズバンクに登録するには一年以上のライター経験という条件がありますが、一年以上のライター経験以外には特別困るような条件はありません。

以下ではWebライターズバンクに登録するための条件と実際に登録する方法についてそれぞれご紹介します。

 

登録するには1年以上のライター経験が必要

Webライターズバンクに登録するには一年以上ライターとして経験を積んでいないといけません。

また、ほかにWebライターズバンクが求めていることとしては下記のことがあります。

・PCでメールのやり取りができる
・ネットや書籍から情報を集めることができる
・決まった納期を守ることができる
・著作権を侵害しない・守秘義務を守れる

ライター経験が一年以上あり、上記の求めていることに当てはまる方はWebライターズバンクに応募してみてはいかがでしょうか?

 

実際に登録する方法!

実際にWebライターズバンクに登録する方法は以下の通りです。

1、応募する前に募集要項を確認します。
2、応募フォームに必要な情報を記入します。※実績内容によってはテストライティングを受けることがあります
3、Webライターズバンクの選考に通過した方のみ、3営業日以内に連絡が来ます。
4、選考に通過した方に選考通過通知と契約関係に関するメールが来ます。
5、契約書など必要書類が郵送されます。
6、記事案件の執筆を始めます。

上記のようにWebライターズバンクの応募フォームから応募していきます。

Webライターズバンクには選考がありますので選考については次の章をご覧ください。

 

Webライターズバンクの選考に合格するコツ!

Webライターズバンクの選考といっても、テストを全員が受けるわけではありません。

実績の内容によってはテストライティングを受けますが、重要になってくるのは以下の章でも紹介している通り「実績・参考URL」の項目で実績をアピールすることです。

 

「実績・参考URL」の項目で実績をアピールできればテストライティングを受ける必要がなくなります。

そのためにアピールすることが重要なのです。

 

応募フォームの「実績・参考URL」の項目で実績をアピールする

Webライターズバンクの選考に合格するためには応募フォームをしっかり記入していく必要があります。

見出しでも述べている通り、「実績・参考URL」の項目が最も重要です。

 

Webライターズバンクの応募フォームには下記の項目があります。

・お名前
・メールアドレス
・メールアドレス(確認)
・電話番号
・生まれ年
・1週間に働ける時間
・お住まいの地域
・ライターとしての経歴年数
・経歴のある仕事の種類
・経験のあるジャンル
・職務経歴書
・実績・参考URL
・個人情報の取り扱いについて

上記の順番で載っており選考に合格するためにも一つ一つしっかり入力していきましょう。

一番上の「お名前」から「生まれ年」まで、さらに「お住まいの地域」と「ライターとしての経歴年数」ありのままに書いていけば大丈夫です。

 

上から6番目の「1週間に働ける時間」は、多少はアピールにつながりますから、できれば最大の時間を書いたほうが良いでしょう。

下から5番目の「経歴のある仕事の種類」は、紙媒体かWeb媒体に分かれているので、経歴のあるものにチェックを入れましょう。(両方チェック入れられます)

 

「経歴のある仕事」の下の「経歴のあるジャンル」に関しては、法律や建築・不動産、美容など全9種あります。

ジャンルも経験のあるものを選べば大丈夫です。(経験のない方は「上記にはなし」があります)

 

次の「職務経歴書」はファイルで選択する形式になります。

ファイルの種類は「jpg,jpeg,txt,doc,docx,xls,xlsx,pdf」でファイルサイズが「2MB以内」となっております。

そして最も重要なのが「実績・参考URL」の項目なのですが、載せるのは特に自信がある記事や検索結果の上位に表示されている記事を選ぶと良いです。

 

「実績・参考URL」の項目についてのファイル形式とファイルサイズは「職務経歴書」と一緒になります。

最後に「個人情報の取り扱い」を読んでチェックを入れて確認画面に進みます。

 

ポートフォリオを作る

ポートフォリオとは、業界によって意味合いが変わってくるのですが、ライター的意味合いでは実績をアピールする作品集のことを言います。

 

ポートフォリオを作ることによって自分がどれほどの実力があるか、また、どういう人間性があるかを示すことが可能です。

以下ではポートフォリオを作る際のポイントをご紹介いたします。

・得意なジャンルのポートフォリオを作る
・自己紹介文を載せる
・クライアントに合ったコンセプトにする

それぞれ見ていきましょう。

 

得意なジャンルのポートフォリオを作る

自分にとって得意なジャンルを作り、提示することによってクライアントに自分の人間性を見せることができます。

 

得意なジャンルが多い方はたくさんの知識を有していることをアピールできます。

ただ、一つ一つの記事のレベルが低いものになっては本末転倒なので、質の高い記事を執筆していきましょう。

 

あまり得意なジャンルがない方でも専門性をもたせることができればかなり有利に働きます。

クライアントは専門性の高いライターを求めているため、自分の得意なジャンルとクライアントの要望が合致すればお互いにとってプラスに作用します。

 

自己紹介文を載せる

自己紹介文を載せることも自分の人間性を見せるのに役立ちます。

 

自分の経歴やスキルをポートフォリオの最初に書くと良いです。

さらには趣味や特技を書くと良いのですが、長くならないように注意しましょう。

 

クライアントに合ったコンセプトにする

自分よがりな記事を紹介してもクライアントのコンセプトに合ってなければあまり効果の高いものにはなりえないでしょう。

 

また、何の記事をクライアントに紹介するかの選択も重要になってきます。

というのも紹介する記事がいくつかあり、記事の内容が全く違うものだとまとまりのない、何を伝えたいのかわからないポートフォリオになってしまうからです。

 

ライターに必要なスケジュール管理方法!

Webライターズバンクにおいてはあまりスケジュールの管理は必要ないと「Webライターズバンクの評判とは?」で述べましたが、たいていのサイトではスケジュールの管理をする必要があります。

そのためここからはライターに必要なスケジュールの管理方法についてご紹介いたします。

 

ポイントは下記のとおりです。

・作業することをすべてリストアップする
・優先順位を決める
・作業時間を知る
・プライベートと仕事を別々に管理しない

一つ一つ詳しく見ていきましょう。

 

作業することをすべてリストアップする

まずは作業することをすべて書き出します。

抜け漏れがあると後々になって予定を追加し、面倒なことになるかもしれませんから慎重に書き出しましょう。

書く期間に関しては1週間でも1か月でも必要な分だけ書き出してください。

 

優先順位を決める

続いて書き出したことの優先順位を決めていきましょう。

 

優先的にしていくのは、時間のかかるものだったり締め切りが近いものからになります。

時間的に余裕のあるものは後回しになりがちですが、気にかけておきましょう。

というのも一度書いただけでは忘れてしまう可能性もありますから、しっかり「やらなきゃいけないんだ」と肝に銘じておくべきだからです。

 

作業時間を知る

作業時間をある程度知ることによって計画を作りやすくなります。

初めてやる作業に関してはどれほど時間がかかるかわからないものですから、時間を計っておくと良いでしょう。

 

また、計画を作る際には余裕をもって作りましょう。

余裕がないと精神的にも肉体的にも追い込まれてしまうので気を付けるべきです。

 

そして一度やった内容に似ている場合は、前回よりも早く作業を遂行できるようにしましょう。

早く作業を遂行できるようになればより余裕ができますからね。

 

プライベートと仕事を別々に管理しない

スケジュールをプライベートと仕事で分けることはしないほうが良いです。

というのも同じ予定表で管理しないと抜け漏れや同じ時間帯に別々のことをすることになるかもしれないからです。

ダブルブッキングにならないためにもプライベートと仕事は分けることがないようにしましょう。

 

Webライターズバンク以外におすすめなサイト3選!

Webライターズバンクというサイトはあまり有名なサイトではありません。

そのため有名なサイトはどこなの?といった疑問をお持ちだと考えています。

 

そこで以降は有名なおすすめしたいサイトについてご紹介していきます。

ご紹介するサイトは以下の3つです。

・クラウドワークス
・ランサーズ
・Shinobiライティング

それぞれご紹介していきます。

 

クラウドワークス

引用:クラウドワークス

クラウドワークスの運営会社は株式会社クラウドワークスです。

クラウドワークスは業界最大手のクラウドソーシングサイトになっております。

 

最大手であるためさまざまな案件があり、幅広い案件が受けられるという特徴があります。

ただ、案件が多いために単価の低すぎる案件があることも。

クラウドワークスでは案件に通りやすくするためにプロフィールの項目をしっかり記入していくと良いです。

クラウドワークスの公式サイトはこちら

 

ランサーズ

引用:ランサーズ

ランサーズを運営しているのは、ランサーズ株式会社になります。

ランサーズでは認定ランサー制度というものがあり、ランサーズの設けた基準をすべて満たした受注者のことを言います。

返信速度や納品実績、報酬額が基準としてあり、認定ランサーであれば収入が安定しやすいといったメリットがあります。

 

ランサーズでは認定ランサー以外にもレギュラー、ブロンズ、シルバーのランクが存在します。

レギュラーランク以上だと優先的に表示される可能性が高まりますからレギュラーランクをまずは目指しましょう。

ランサーズの公式サイトはこちら

 

Shinobiライティング

引用:Shinobiライティング

Shinobiライティングはライティング特化型のクラウドソーシングサイトになります。

そのため、案件数はクラウドワークスなどと比べると少なくなります。

 

Shinobiライティングでは納品の早さが特徴です。

納品の早さによる「ポイントアップ制度」「ボーナスキャンペーン」があり、納品を早くすることにメリットがあります。

Shinobiライティングの公式サイトはこちら

 

まとめ

今回はWebライターズバンクの評判などについて見てきました。

Webライターズバンクの評判としてはライター一人一人に担当者がつくことやガイドラインやディレクションシートがあることが良い評判になっています。

 

また、Webライターズバンクの注目すべき点は以下の通りです。

・各ライターに担当者がつく
・幅広くライターを募集している
・低単価であることが少ない

本サイトでは、今回の記事以外にも様々なクラウドソーシングに関する記事を公開しております。

気になった方は、ぜひほかの記事もご覧ください!

 

 


>>詳しくは画像をクリック!


・クラウドソーシングサイトに登録したけどぜんぜん稼げない・・・
・月に5万円でもいいから副業で稼げたらいいのに・・・
・在宅で大きな金額を稼げるようになりたいけどそどうしたらいいのか・・・
・怪しい副業などではなくて、堅実に稼ぐ方法を知りたい・・・
・副収入を得て、もっと生活を楽にしたい・・・

もしかしたらあなたは、このようなことで悩んでいませんか?

 

もしクラウドソーシングサイトなどの副業でしっかりと稼ぎたいのであれば、
「スキル」をしっかりと身につけることで解決します。

 

そして、そのスキルを身につけるための講座を無料で行っています。

 

お金に縛られないストレスフリーな毎日を手にしてみませんか?

→【今だけ受講無料!】副業で堅実に月5万円稼ぐための講義の詳細はこちら

 

Webライターズバンク
cloudstrife81117をフォローする
クラウドソーシングのやさしい教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました