【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

【詐欺多発?】クラウドワークスの発送作業の案件は要注意!詐欺案件の手口とは?

クラウドワークス

「クラウドワークスの発送作業の案件で商品を支払させられそうになっている!」

「クラウドワークスの発送作業の案件は詐欺?」

「検品と発送だけで高報酬が貰えるって本当?」

この記事を読まれているあなたは、こんな風に思われているかもしれません。

 

商品の発送作業を代行する案件は、比較的簡単にできるので在宅ワークとしても人気のジャンルです。

しかし、詐欺被害も多く、案件の契約をした後で困っている人も少なくありません。

 

そこで今回はクラウドワークスの発送作業の案件や注意点、クラウドワークス規約について再度徹底的に調べました。

当記事で紹介する内容は下記の通りです。

  • クラウドワークスの発送作業案件は詐欺が多い?解説!
  • 怪しい発送作業案件の見分け方とは?
  • 詐欺にあった時のクラウドワークス上での対処法とは?

 

クラウドワークスで発送作業の案件を受注してトラブルが起きている方や、発送作業をしたいと考えている方は是非、最後までお読みください。

気持ちよく仕事をする上で助けになると、幸いです。

 

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

クラウドワークスの発送作業案件は詐欺が多い

クラウドワークス上で発送作業の案件をトラブルなく行うために、クラウドワークスのルールを知っておくことが大切です。

クラウドワークスの発送作業に関する現実や、違反事項は下記にまとめました。

  • 発送作業はクラウドワークスの規約違反ではない
  • 代理購入をするのは規約違反
  • クラウドワークスにある発送作業案件には詐欺案件も多い

 

クラウドワークス案件のカテゴリには「発送作業」「梱包・袋詰め・箱詰め」があり、荷物発送代行の案件が数多く載せられています。

詐欺の案件には「簡単作業」「高報酬」のような魅力的なワードを使って、女性や初心者の人をターゲットにしているものが多いのも事実です。

 

中には巧みにワーカーに代行購入をさせようとするクライアントもいますが、クラウドワークスでは、代行購入が禁止されています。

当サービスでは、購入代行のような受注者様に一時的にでも金銭的な負担が発生するようなお仕事や、外部サービスの利用規約で禁止されているような「初回限定商品」や「抽選商品」の購入を代行するお仕事を禁止しております。
以下のような内容を発見した場合、お手数ですがPCサイトの仕事詳細画面にある「この仕事を通報する」より事務局までお知らせください。

・簡単なアンケートなどを固定報酬制のお仕事で契約し、回答後に別の案件を紹介するなどと外部サービス上での連絡に誘導し、購入代行を依頼する
・商品代金を支払うので指定された商品を注文・購入してほしい
・商品はコンビニ払い(後払い)で注文してもらい、発送先(お届け先)をクライアントの住所にして欲しい
・一世帯一回限りの商品を注文したいので、名前を貸して欲しい
・海外のショップにて商品を購入して日本に送ってほしい
・ECサイトにアカウントを作って指定商品を購入してほしい
・数量限定商品の購入のため、自分の代わりに並んで欲しい など

商品を自腹で購入しクライアントへ発送するも商品代金を支払ってもらえない。
100円などの少ない金額で仮払いをおこない「契約したから安心」と思わせ、商品を受け取ると連絡が取れなくなる。
外部サービスで禁止されている行為を依頼するなど、トラブルが非常に多い内容となっておりますので、このような依頼をされても受注、了承しないようにしてください。

引用:クラウドワークス

ワーカーが自腹を切って、クライアントのために何かの商品を購入する行為は禁止されていますので案件を受注しないようにしましょう。

もちろん全ての案件が詐欺ではありませんが、過去には発送作業の案件で詐欺の被害を被った方も少なくありません。

 

当項目では、クラウドワークス内で起こりがちな詐欺案件について、下記のことを詳しく解説します。

  • 発送作業の詐欺とはどのような手口か?
  • 支払い義務は商品受取人にある!

 

発送作業の詐欺とはどのような手口か?

発送作業の詐欺に多い手口は、代理購入を誘導するという内容です。

具体的な詐欺の手口を、下記にまとめました。

  1. 実際に仕事の説明をする段階まで、代理購入については伏せておくというパターン(代理購入という名目ではクラウドワークスの規約違反になる為)
  2. 応募内容にも「代理購入」とは記載されていない場合が多く、「発送業務」という名目で案件募集がされている
  3. 契約後に直接連絡を取る為の連絡先と住所、氏名を聞かれる
  4. 自宅に商品が送られてきて代理購入をさせられる
  5. 契約数の案件をこなすと、報酬をもらえる

 

ちなみに契約前の直接連絡のやり取りは規約違反ですが、契約後であれば規約違反にはなりません。

問題は、クラウドワークスで禁止事項になっている代理購入をすることです。

 

 

 

クラウドワークスでありがちなサプリメントの代理購入で例を、下記に紹介します(サプリAとします)。

  1. サプリAの初回限定セットが契約後に自宅に届く
  2. この初回限定セットは通常1000円の商品が、初回のみ500円で購入できるというような通常よりも安く購入できるものが送られてくるものが多い
  3. サンプルがいくつか送られてきて、その中に少しだけ初回限定セットが入っているというパターンもある
  4. 商品の料金支払い書は商品と一緒に梱包されているので、まとめて配送する
  5. 商品の検品をしてから、指定された住所へ送る

上記のように作業を10個などまとめて行い、報酬が貰えるという案件が多いようです。

 

支払い義務は商品受取人にある

代理購入案件が詐欺案件になりがちな大きな問題点は「商品の支払い義務が誰にあるのか」という点です。

先ほどのサプリAの例をもう一度考えましょう。

  • サプリA支払い書の宛先:配送先住所、氏名である受取人になっています
  • 支払い用紙:商品と一緒に、指定住所へ送っているので自分の手元にはありません
  • クライアントが支払いをしない場合:支払い義務は受取人であるあなたになります

 

商品を受け取った時点で、宛先人に支払い義務が発生します。

もしクライアントが支払わなければ商品を販売している企業は、当然ながら受取人に支払いを請求するのです。

 

クラウドワークスで発生しがちな詐欺案件や注意点は、下記の通りです。

代理購入を依頼している案件の中には、代金や報酬を支払わない悪質なクライアントもいる

クライアントが商品の金額を払わずに、案件を受注した相手に商品のお金を払わせる問題も珍しくありません。

 

なぜこのような詐欺をするのか

商品代と報酬をクライアントきっちりと支払っている場合でも、クライアントが労せず得をしている場合があります。

その理由として最も多いのは、アフィリエイトの不正報酬受給です。

 

アフェリエイトの不正報酬受給について、簡単に紹介します。

  • 「成功報酬型広告」という仕組みのビジネス形態
  • 商品を紹介して販売する事で報酬が貰える

 

アフィリエイトビジネスでは、ブログで商品を紹介するのが一般的です。

ブログを見た人が商品を購入すると、ブログを書いている人に報酬がASP(アフィリエイトサービス会社)から支払われます。

 

以下の条件で利益がどれぐらい出るかを、下記にまとめました。

・1件でアフィリエイトの報酬が2000円
・クラウドワークスで1件500円、月に10件以上という条件で募集
・商品代は500円
1件2000円のアフィリエイト収入×10件の依頼=2万円
商品代500円+1件500円の報酬×10件分=1万円アフィリエイト収入合計ー(商品代+クラウドワークス報酬)=利益1万

 

上記のように1人に頼むだけで月に1万円の利益が発生します。

これを10人に依頼できると、10万円もの大金になるのです。

 

怪しい案件の見分け方

詐欺の案件に巻き込まれないようにするには、怪しい案件を見分ける方法を知れば大丈夫です。

 

怪しい案件を見分ける方法を、下記にまとめました。

  • 応募要項を確認する
  • クライアントの評価を確認する

当項目では、案件を見分けるには、何を見れば良いのかを具体的に解説します。

 

応募要項を確認する

案件の応募要項や応募してからのやり取りの中で、以下に該当する場合は要注意です。

・一時的にでもワーカーがお金を支払う事になる
・詳しい説明の前にメールなどの外部ツールでやり取りをする
・外部のサイトへ誘導される
・住所、氏名などの個人情報を聞かれる
・「高単価」「初心者限定」などの煽り文句を使っている

上記の場合は、先ほどご紹介したようなトラブルになる可能性があるので注意しましょう。

 

不明点は質問をして、契約する前に不明瞭な部分は聞いておくことも、忘れないでください。

通常のクライアントであれば、質問にはきちんと応えてくれくれるので判断の基準にもなります。

 

クライアントの評価を確認する

クライアントに関する評価を確認し、信用できるクライアントかどうかをチェックするのも大切です。

クラウドワークスではメンバーとクライアント両方に、評価を付けるシステムを導入しています。

 

特にクラウドワークスの仕事は顔の見えない状態で仕事を受注することが多いため、クライアントの評価は非常に重要です。

実績が多数あり、クライアントの評価が良い場合は問題ありません。

逆に実績があまりなく、過去の評価が悪いクライアントは契約を見送った方が無難です。

 

具体的に怪しいと疑った方がいい評価の一例を、下記にまとめました。

  • 途中で契約を終了するワーカーが多い
  • 完了後の評価が悪い
  • コメント欄にトラブルについて書かれている

上記のように詐欺に近いような事を繰り返していると、途中で契約を終了するメンバーや完了後の評価が悪い事が多くなります。

 

案件に応募するクライアントについて確認したい点は、下記の通りです。

  • クライアントの評価を確認して過去にトラブルがなかったか?
  • クライアントの企業名やサイトURLなどをチェックしてどんな会社が見てみる

実際にインターネットで検索をかけて、信用できそうなクライアントなのか確認しましょう。

 

そもそも発送作業とは?

  • そもそも発送作業って何?
  • と考えることはありませんか?

発送作業は、クライアントの代わりに商品や荷物を発送する仕事のことです。

 

クラウドワークス上で実際にありがちな案件を、下記に紹介します。

  • 自社の商品をお客様に発送する
  • クライアントが買い付けた商品を指定先に発送する

 

上記のように、ワーカーは商品を購入することなく商品や荷物を指定先届ける仕事です。

荷物を誰かに送る作業は、誰でもしたことがありますよね?

特別なスキルが必要ないので、特にクラウドワークス初心者に人気のジャンルの1つです。

 

クラウドワークス初心者に人気のジャンルに関する記事は、下記も参考にされてください。

 

詐欺にあった時の対応方法

どんなに気をつけてたとしても、絶対に詐欺案件に引っかからないとは限りません。

  • え!今まさに代理購入をさせられそうなんだけどどうしたらいい?
  • いいと思って仕事を受注したけど、変なクライアントだった!

上記のように悩むこともあるのではないでしょうか?

 

実際に契約を進めていく段階で、代理購入をしてしまった場合にできる、具体的な対処法は下記の通りです。

  • できるだけ早く契約をキャンセルする
  • 荷物の受け取りを拒否する
  • クラウドワークスに報告する

 

言葉巧みに代理購入案件に巻き込まれてしまう事案も、実際に過去にありました。

荷物を受けとる段階で気づいてしまった時に、即座に対応できるように対処方法も覚えておきましょう。

 

できるだけ早く契約キャンセル

クラウドワークスでの契約状態が「業務」まで進んでしまっていても、契約の途中終了リクエストをクライアントに送る事ができます。

途中終了リクエストを、利用してできるだけ早く契約をキャンセルしましょう。

 

途中終了リクエストの、具体的な方法がクラウドワークスのホームーページに載せられていました。

固定報酬制の場合、クライアントに連絡を取られた上で、契約詳細画面の右側にある、契約の「途中終了リクエスト」お送りください。
クライアントの方が同意された時点で、契約が解除(キャンセル)になります。

※契約を「途中終了」されますと、契約自体がキャンセルになるため、仮払いされた金銭は全額クライアントに返金されます。
※作業分だけ報酬を支払った上で契約解除をする場合は、コチラ

引用:クラウドワークス

 

終了リクエストを送る理由をクライアントに送る際の、例文を下記に紹介します。

採用していただいたのに申し訳ありませんが、こちらの都合で辞退します

 

 

クライアントとしてもクラウドワークス運営を巻き込むようなトラブルにはしたくありませんので、リクエストを素直に受け取る場合が高いでしょう。

途中終了リクエストをした場合は、ワーカー側に報酬が振り込まれませんが、詐欺に合う危険を考えると契約を終了する方が安全です。

 

  • クライアントからメンバーに対する評価は低くなるかもしれない
  • 今後の自分の仕事に影響があるのでは?

上記のように心配になるかもしれませんが、今後そのような案件を取り扱わなければ1回ぐらいは問題ないでしょう。

 

荷物の受け取り拒否をする

契約キャンセルリクエストを送ってった後は、荷物配達時に受取拒否をしましょう。

配送してくれた業者の人に「受け取り拒否をお願いします」と伝えるだけで配送元へ商品が返されます。

 

受取拒否をする重要性は、下記の通りです。

荷物を受け取ってしまうと、その時点で受取人に支払い義務が発生する

受取拒否は詐欺まがいの案件から、身を守る最後の砦といえるでしょう。

 

クラウドワークス運営に報告

もし荷物を受け取って受取代行をしてしまった場合は、クラウドワークス運営に報告しましょう。

クラウドワークスの報告方法は、下記の通りです。

  1. 契約画面の中央右部にある「違反報告する」をクリックして内容を記載して送信する
  2. 「アフィリエイト目的の仕事」というチェック項目があるのでそれを選択して、詳しい概要を入力する

 

クラウドワークス運営に報告するメリットは、下記の通りです。

  • 同じような手口のクライアントが減る
  • 被害を未然に防げる

報告することで、みんなが気持ちよくクラウドワークスを利用する環境が整いやすくなります。

 

詐欺ではない案件もある

全ての発送作業案件が詐欺という訳ではなく、優良なクライアントの案件もあります。

安全なクライアントの見分け方を知っておくことも、大切です。

 

当項目では、安全なクライアントの見分け方や注意点について下記のことを紹介します。

  • どのような案件は安全なのか?
  • 発送作業の案件において理解しておきたい注意点とは?

 

どのような案件は安全なのか

安全な案件の一例は、下記の通りです。

・自社商品の梱包、発送代行
・すでに購入した商品の梱包、発送代行

 

クラウドワークスには、下記の案件も多数出展しています。

  • ネットショッピングを立ち上げているので発送を手伝ってほしい
  • ネットで売れた(自社の)商品を梱包、発送してほしい
  • 自社の拡大に伴い、商品の梱包、発送を請け負ってほしい
  • クライアントが買い付けた商品を、梱包、発送してほしい

 

上記のように自社のネットショッピングの商品を梱包、発送する場合はクライアント側の商品です。

クライアントが既に買付をおこなった商品を代わりに発送するのも「代行購入」に当たらないので、問題ありません。

 

発送作業の案件について理解しておきたい注意点とは?

クラウドワークスのルール違反をしておらず、詐欺でもない案件であった場合でも、発送作業の案件を受注する前に理解しておきたい注意点があります。

注意点とは、下記の通りです。

住所、氏名などの個人情報を伝える必要がある!

 

通常クラウドワークスで仕事をする場合、自分の住所や本名を含む個人情報をクライアントに知らせる必要はありません。

しかし、発送作業の案件ではクライアントがワーカーに荷物を送る手配をする必要があるため個人情報を知らせる必要があります。

リスクがある事には変わりないので、応募する前によく考えることが必要です。

 

クラウドワークスで実際にあったトラブルとは?

残念ながらクラウドワークスの利用者の中には、詐欺案件を受注してトラブルに巻き込まれてしまった人も少なくありません。

 

質問箱に乗せられていた具体的な例を、下記の通りです。

契約後、私の自宅に商品が届くため、住所と氏名を教えてほしいと言われて、先方に教えました。
そして、届く商品リストをメッセージで送ってきました。

内容はサプリメントや健康ドリンクばかりです。
物によってはサンプルのものもありますが、サンプルではなく購入品で支払い用紙も同梱されています。
支払い用紙は先方が まとめて支払うので、商品と一緒に送って欲しい、とのことです。
発送に関しては、届いた商品と支払い用紙を「着払い」にて先方に送る、ということです。

引用:クラウドワークス

契約のキャンセル、クラウドワークスへ報告をするなどの処置をとって問題を解決しています。

誠実に仕事を発注しているクライアントも多い中、上記のような案件があるのは悲しいことです。

 

クラウドワークス以外の発送作業についての注意

ご紹介したような発送作業に関する危険な案件は、クラウドワークスだけの問題ではありません。

他のクラウドソーシングサイトでも同じようなトラブルになる可能性があるのです。

 

当項目では、クラウドワークス以外のクラウドソーシングである下記について紹介します。

  • ランサーズの購入代行について
  • Bizseekの購入代行について

 

ランサーズの購入代行について

ランサーズはクラウドワークスと同様に、日本で大手のクラウドソーシングで多くの人が利用しています。

ランサーズ内の購入代行の案件の一例を、下記にまとめました。

ネットでお買い物代行を募集しております

・1アイテム 1000円 (出来れば5件一気に5000円)
・作業を開始してからスムーズにいけば大体1時間位です(時給5000円相当)
・代金が発生する場合は事前に振り込みます

 

ランサーズでもクラウドワークスと似たように、クライアントの評価で見極める事ができるでしょう。

ランサーズで、怪しい案件を見極める時のコツは「発注率」をチェックすることです。

 

発注率が低い場合:「提案してもクライアントが発注しない」可能性が高い

評価と合わせて口コミの内容もチェックすると、どのように評価が低いのかも合わせて確認できます。

 

Bizseekの発送作業について

Bizseekも人気のクラウドソーシングですが、以下のような購入代行の案件が存在します。

インターネットでのお買い物代行

・ネットでこちらが指定する商品を購入していただき商品が揃いましたら指定先へ配送いただきます
・1回目は10商品で5000円の報酬です
・問題がなければ引き続き契約も可能です
・商品は全て後払いのものですので、伝票ごと送っていただきます

クラウドワークスよりも、かなりオープンに募集しています。

 

Bizseekではチェックするポイントはクライアントの「依頼数」「実績数」「評価」を見ることです。

依頼数と実績数の差が広い場合は、案件が多いけど誰も受けていないことが考えられる

「実績が少ない」か「評価が低い」クライアントの案件は、信頼が低い事になります。

 

まとめ

今回はクラウドワークスの発送作業の案件についてご紹介しました。

今回の内容をまとめると、下記のようになります。

 

・発送作業案件にが詐欺のようなものが多い
・怪しい案件はクライアントの評価を見る
・受けてしまった時は早く身を引く

もちろん発送作業の案件は悪いものばかりではなく、家に居ながらにして在宅ワークができるので人気のジャンルです。

しかし、当記事で紹介したように案件を利用して詐欺案件を発注しようとするクライアントも少なくありません。

クライアントの手口を知り、安全な案件を見極めることが大切です。

 

関連記事は、下記を参考にされてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました