【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

【バレる?】クラウドワークスの税務調査!副業で確定申告しないと恐ろしいことに?

クラウドワークス

「クラウドワークスって税務調査関係ないよね」

「副業だから確定申告は気にしなくていい!」

「クラウドワークスだったら税務調査はバレない」

と思って安心していませんか?

 

実はクラウドワークスでお金を稼ぐと、税務調査が来ることはご存じでしたか?

クラウドワークスの仕事が本業でも副業でも、確定申告の義務があるのに申告していないと、残念ながら税務調査が来て問題になる可能性があるのです。

知らないと、恐ろしいことになりかねません。

 

そこで今回は、クラウドワークスで税務調査に引っかかる場合と、それを回避する確定申告のやり方を徹底的に調べました。

当記事で紹介する内容は、下記の通りです。

【この記事でわかること】

  • クラウドワークスで税務調査に引っかかる2つのパターン
  • 税務調査で引っかからないための確定申告のやり方
  • クラウドワークスの確定申告で税金を安くする方法

 

クラウドワークスを使用し始めたばかりの方や、クラウドワークスと税務調査は関係ないと思っていた方はぜひ最後までお読みください。

当記事を通して税務調査についての理解が深まると、幸いです。

 

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

クラウドワークスで税務調査に引っかかる2つのパターン

クラウドワークスの仕事で税務調査に引っかかるのは、以下の2つのパターンです。

  • 副業収入が20万円以上で確定申告をしていない場合
  • クラウドワークスの収入が48万円を超えて確定申告をしていない場合

上記の場合に確定申告をしていないと、数年に一度ある税務調査で税金未納がバレてしまいます。

 

税金未納がバレた場合は起こる問題は、下記の通りです。

多額の税金を納めるように追徴課税されてしまう
源泉徴収がすでにされている収入確定申告する必要はありません。しかし、源泉徴収なしで受け取った収入分についてはしっかり確定申告をする必要があります。

 

追徴課税対象にならないためにも、しっかりと確定申告しましょう。

当項目では務調査に引っかかる2つのパターンについて、詳しく解説していきます。

 

副業収入20万円以上で確定申告をしていない場合について

副業がクラウドワークスで、年間20万円以上の副業収入がある場合は確定申告の義務があります。

副業とは正社員やパートなどの立場で本業をしている人が、副収入を得るために働くことです。

 

副業で確定申告が必要と聞いて、下記のように感じたのではないでしょうか?

  • え!会社が確定申告しているから大丈夫では?
  • 副業で得た収入も確定申告が必要なの?

 

しかし正社員やパートなどの給与所得者でも、クラウドワークスの収入が20万円を超えた場合は、確定申告が必要です。

クラウドワークスの公式サイトには、下記のように載せられていました。

■給与所得者の場合
(クラウドワークス以外に勤務先がある場合)

– 給与所得及び退職所得以外の所得(総収入金額 - 必要経費)の合計額が、
20万円を超える人
– 給与の年間収入金額が2,000万円を超える人

上記のいずれかの条件に該当する場合には、確定申告を行う必要があります。
※詳細については、国税庁ホームページ「給与所得者で確定申告が必要な人」をご確認ください。

引用:クラウドワークス

 

本業の会社で年末調整を行っていても、確定申告をする義務があるので注意してください。

副業収入が20万円以上あるのに確定申告をしていないと、住民税の納付額でバレてしまいます。

 

バレた場合に考えられるデメリットを、下記にまとめました。

  • 最悪の場合、副業禁止の会社だと重い処罰の可能性もある
  • 税務署から副業収入があることを会社に通知される可能性がある
  • 会社の事業とクラウドワークスで行った仕事の事業が競合関係にあった場合は、損害賠償を受ける可能性も否定できない

 

上記のように気軽に副業をしていたつもりでも、とんでもない事態になりかねません。

確定申告に関する法律を理解し、年間20万円以上の副業がある場合は必ず申告しましょう。

 

副業に関する別の関連記事も、お読みください。

 

収入が48万円を超えて確定申告をしていない場合の問題点

給与所得者でない人がクラウドソーシングで48万円以上の収入があった時に、確定申告が必要です。

 

給与所得者でない人とは雇用関係で働いていない人のことで、例えば次の状況が考えられます。

  • フリーランススタイルでクラウドワークスや直接営業を通して働いている人
  • パートの代わりに在宅ワークをするため、クラウドワークスを使用している人

専業主婦の方などクラウドワークスの収入が主の場合は、収入が48万円を超えたら確定申告しなくてはなりません。

 

確定申告に詳しい方は、下記のように感じたのではないでしょうか?

  • え?38万円じゃないの?
  • クラウドワークスには38万円って出てたけど!

 

確かに、クラウドワークスのホームページには下記の記載があります。

■給与所得者ではない場合

所得金額(総収入金額 - 必要経費)の合計額が、
所得控除の合計額を超える場合
所得控除のうち、基礎控除の金額は「38万円」となります。
※所得金額が38万円以下であれば、原則確定申告する必要はありません。

引用:クラウドワークス

クラウドワークス上には上記のように38万円と記されていますが、令和2年以後より基礎控除の金額が48万円へと改正になりました。

 

国税庁のホームページには、下記の内容が載せられていました。

確定申告や年末調整において所得税額の計算をする場合に、総所得金額などから差し引くことができる控除の一つに基礎控除があります。

申告・控除の内容

基礎控除は、納税者本人の合計所得金額に応じてそれぞれ次のとおりとなります。

納税者本人の合計所得金額 控除額
2,400万円以下 48万円
2,400万円超2,450万円以下 32万円
2,450万円超2,500万円以下 16万円
2,500万円超 0円

(注)令和元年分以前の基礎控除の金額は、納税者本人の合計所得金額にかかわらず、一律38万円です。

引用:国税庁

 

上記のように給与所得者でない人は、収入が48万円を超えた場合に確定申告が必要です。

白色申告、青色申告、経費精算で収入が48万円未満になる場合でも、確定申告をする必要があるので、必ず申告しましょう。

 

税務調査で引っかからない確定申告4つの手順

税務調査で引っかからないために、クラウドワークスの確定申告でやるべき手順が4つあります。

  1. 確定申告の義務があるかチェックする
  2. クラウドワークスの売上金額を正確に把握する
  3. クラウドワークスで源泉徴収された金額を把握する
  4. 確定申告の必要書類を用意する

当項目では、上記の4つの手順をそれぞれ順番に解説していきます。

 

1:確定申告の義務があるかチェックする

まずはあなたのクラウドワークスの収入が、確定申告の義務があるかチェックしましょう。

【クラウドワークスが副業の場合】

  • 会社員、アルバイトなど給与所得がある
  • 副業収入が20万円以上ある

会社員、主婦や学生などが、【副業の場合】に当てはまるかと思います。

 

【クラウドワークスが本業の場合】

  • 収入が48万円以上ある

上記の本業というのは、バイトやパートなどを含め、一切給与所得が他にない方です。

専業主婦がパートに行く代わりに、クラウドワークスを利用してパートをしている場合は【クラウドワークスが本業】に当てはまりますね

 

上記の2つのケースに当てはまる人は、確定申告の義務があります。

ただし副業をしていても20万円以下の収入の人や、本業でもクラウドワークスで48万円以上稼いでいなければ何の問題もありません。

 

2:クラウドワークスの売上金額を正確に把握する

二番目のステップはクラウドワークスの売上金額を、正確に把握することです。

売上金額に関する正しい理解と注意点を、下記にまとめました。

クラウドワークス手数料、口座振り込み手数料、源泉徴収料を含めて、クライアントが支払った金額が売上金額です。売上金額とは、実際に口座に振り込まれた金額ではありません(ただし手数料は経費として計算できます)。

 

確定申告のときに、クラウドワークスの売上金額を間違えて計算してしまう事例がよくあります。

間違って口座の振り込み金額を売上金額として計算すると、正しい収入よりも低く申告することになってしまいます。

 

正確に申告しないと税務調査のときに引っかかってしまうので、注意してください。

正確な売上金額は、クラウドワークスで発行できる納品書で確認できます。

 

3:クラウドワークスで源泉徴収された金額を把握する

三番目のステップでは、クラウドワークスで源泉徴収された金額を把握しましょう。

源泉徴収とは、ワーカーが納める所得税を事前にクライアントが徴収して前納することです。

クラウドワークスの仕事では、報酬が支払われるときに源泉徴収をされることがあります。

 

源泉徴収に関する詳細を、下記にまとめました。

  • ワーカーの確定申告のときに、源泉徴収料をいくら前納しているかが重要になる(場合によっては金額が返品されることもある)
  • 源泉徴収額は、クラウドワークスで発行できる支払調書で確認できる

クラウドワークスのマイページににある支払い調書には源泉徴収額が記されていますので、確認しましょう。

 

下記の関連記事もお読みください。

 

4:確定申告の必要書類を用意する

最後のステップは、確定申告の必要書類を用意することです。

クラウドワークスで発行できる納品書と支払調書は、税務調査をされたときに証明できる書類として残しておかなくてはなりません。

 

納品書と支払調書は、クラウドワークスのマイページから以下の手順で発行できます。

  1. 「契約一覧」から発行したい契約を選ぶ
  2. 「帳票メニューを表示する」をクリック
  3. 「納品書」もしくは「支払調書」をクリックして印刷

納品書や支払調書は、しっかりと保管しておきましょう。

 

クラウドワークスの確定申告で税金を安くする2つの方法

クラウドワークスで確定申告をするのは、税務調査に引っかからないためだけではありません。

確定申告をするメリットは、下記の通りです。

上手に申告すれば、税金を安くできる

 

当項目では、確定申告で税金を安くする下記の2つの方法を紹介します。

  1. 経費を申告して節税する
  2. 多めに支払った源泉徴収金額を取り戻す

 

経費を申告して節税する

クラウドワークスの収入は事業所得になるので、経費を申告して損益通算ができます。

経費として代表的なものは、次の3つです。

  • パソコン代
  • 電気代
  • 資料、取材費用
  • クラウドワークスの手数料や振込料金

 

クラウドワークスの作業に使うパソコン、資料代、電気代などは経費として含めやすいので明細書を保管しておきましょう。

クラウドワークスの手数料や振込料金も、経費として申告できます。

 

電気代に関する注意事項は、下記の通りです。

プライベートの電気代と勘案して申告する

電気代の全てを経費とするのではなく、仕事に使用している電気代の割合を自分で決めて申告する必要があります。

 

電気代の計算方法の一例を、下記にまとめました。

毎日8時間仕事をしている場合:電気代の1/3を経費として申告する

もちろん作業時間は人それぞれ違いますので、自分の状況を考えて決めましょう。

 

経費についての詳しい説明は、下記を参考にされてください。

 

多めに支払った源泉徴収金額を取り戻す

確定申告をすれば、多めに支払った源泉徴収金額を取り戻すことができます。

所得が195万円以下の場合は、所得税率が5%ですが、源泉徴収額は売上金額の10.21%です。

この場合、確定申告をすれば、多めに支払った5.21%分の所得税が戻ってきます。

 

確定申告で多めに支払った源泉徴収を取り戻すことの一例を、下記にまとめました。

【例】

年間所得が190万円のうちすべてに源泉徴収をされていた場合:多めに支払った98,990円が戻ってくる

上記の通り確定申告は一見面倒だと思いがちですが、副業やフリーランスをする上でメリットとなることも多いのです。

 

まとめ

クラウドワークスで仕事をしている人で、確定申告をしないと税務調査に引っかかってしまうケースは下記の2つです。

  • 副業収入が20万円以上で確定申告をしていない場合
  • クラウドワークスでの収入が48万円を超えて確定申告をしていない場合

 

クラウドワークスを利用している人が、確定申告をするための手順を再度まとめました。

  1. 確定申告の義務があるかチェックする
  2. クラウドワークスの売上金額を正確に把握する
  3. クラウドワークスで源泉徴収された金額を把握する
  4. 確定申告の必要書類を用意する

 

また確定申告には税務調査での問題を避けるためだけでなく、所得税を安くするメリットもあります。

確定申告の義務がある人は、クラウドワークスで得た収入を正確に申告しましょう。

 

確定申告に関する関連記事は、下記を参考にされてください

コメント

タイトルとURLをコピーしました