【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

【不安】クラウドワークスで働いていると保育園に入れられない?手続き方法も解説!

クラウドワークス

「クラウドワークスで在宅ワークをしている場合、保育園には入れられる?」

「クラウドワークスで仕事をしながら保育園に入れる際の注意点は?」

「クラウドワークス以外で子供を保育園に入れながら働くおすすめの方法は?」

といったお悩みを抱えていませんか?

 

クラウドワークスで在宅ワークをするママは多いですが、子供がいると、なかなか仕事も捗らないでしょう。

できれば子供を保育園に預けたいと思いますよね。

 

当記事では

  • クラウドワークスで在宅ワークをしている人でも保育園の利用は可能!
  • クラウドワークスで働く人が就労証明書を自分で発行する方法
  • 認可保育園が難しければそれ以外の施設も視野に入れよう

といった内容を徹底解説していきます。

 

クラウドワークスで仕事をしながら、子供を保育園に預けたいとお考えの方はぜひ参考にしてください。

最後までお読みいただければ、クラウドワークスで働きながら、子供を保育園に入れるヒントがきっと見つかるはずです。

 

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

クラウドワークスで在宅ワークをしている人でも保育園の利用は可能!

保育園の申し込みの際に、在宅ワークだからと言って不利になることはありません。

 

在宅で仕事をしていると

親が家にいるから面倒見れるでしょ?

と言われてしまわないか心配な方もいらっしゃるでしょう。

 

しかし、保育園の審査で在宅か外で仕事をしているかはさほど関係ありません。

たとえクラウドワークスでの仕事だとしても、各自治体によって定められている指標によって判断されるので心配無用です。

 

各自治体によって多少の違いはありますが、主な指標や方法を下記の項目で見ていきましょう。

  • 親の職業で優先順位が決まる(指数)
  • 認可保育園の申し込みの際は就労証明書が必要
  • クラウドワークスでは就労証明書が発行できない?

 

親の職業で優先順位が決まる(指数)

保育園の申し込みの際は、指標というもので世帯にランクがつけられます。

その指標は両親の職業、障害の有無、親の介護重要度など様々な事柄によって定められたものです。

 

自治体によっても変化するので一概には言えませんが、大まかにまとめると下記の通り。

  • A:外勤(フルタイム)
  • B〜C:外勤(短時間)、内勤(フルタイム)
  • D〜E:内勤(短時間)、通学中
  • F〜G:産休中
  • H:求職中(3ヶ月以内に内定必須)

 

また、たとえば父親がAランクでも、母親がDランクだと世帯の指標はDになります。

平均で計算されると思われがちですが、低い方で決定されてしまうので両親の共働きが必須なのです。

 

認可保育園の申し込みの際は就労証明書が必要

特に認可保育園は審査も厳しく、競争率も非常に高い傾向にあります。

また、働いていることの証明をするために『就労証明書』という書類も必要です。

 

企業に勤務していれば、人事部や総務部ですぐに発行してもらえますが、在宅ワークの場合は違います。

クラウドソーシングなどの仕事は誰とも雇用契約を結んでいない個人事業主の為、発行してくれる人がいないのです。

 

そのため、クラウドワークスなどで在宅ワークをしていると、就労証明書が手に入らず、保育園への入園を諦めてしまう人も少なくありません。

クラウドワークスで仕事をしている人が、どのように手続きをしたらいいのか、下記で解説していきます。

 

クラウドワークスでは就労証明書が発行できない?

上記で述べたように、個人事業主の場合は就労証明書を発行してくれる人がいません

 

しかし、個人事業主=自営業として認められるので、就労証明書を自分で発行することが可能です。

就労証明書を自分で書く方法とそれに伴う注意点、そして就労証明書以外に必要な書類を以下で詳しく解説していきます。

 

クラウドワークスで働く人が就労証明書を自分で発行する方法

自治体によって就労証明書の記入方法や、提出書類はかなり変わるため、まずは役所に直接聞くのがおすすめです。

就労証明書を自分で書く手順は下記の通り。

  1. 開業届を税務署に提出
  2. 就労証明書を書く

 

とても簡単なので、すぐに書くことができるでしょう。

以下で上記の手順について詳しく解説していきます。

 

①開業届を税務署に提出

(画像引用:クラウド会計ソフトfreee

「開業届」は自分が個人事業主(自営業)だということを書式上で正式に証明するための書類です。

 

実際は、開業届がなくても自分で就労証明書を書くことは可能。

しかし、後々本当に自営業をしているのか調査が入った時に危険なので、開業届は提出しておく方が安全でしょう。

 

また夫側の扶養に入っている主婦の方は要注意です。

夫が勤務している会社の健康保険組合によっては、収入に関わらず、開業届を出した時点で扶養から外れてしまう可能性も。

 

一般的に扶養から外れてしまうボーダーラインは

  • 自営業、正社員、アルバイト・パート=年間所得130万以上
  • 業務委託=年間所得48万以上(基礎控除しか適用されないため)

となっています。

 

扶養から外れてしまうのはデメリットしかないので、開業届を提出する前に健康保険組合に直接問い合わせをしましょう。

 

また、開業届は国税庁HPで入手可能です。

コピーして記入後、住まいの管轄税務署宛に郵送するか、直接税務署に行き提出してください。

 

②就労証明書を自分で書く

(画像引用:カオナビ

次に「就労証明書」を自分で作成しましょう。

無事に開業届が提出できたら、あなたは晴れて正式な個人事業主です。

 

上記で説明したように、個人事業主は就労証明書を自分で書くことができます。

「雇用主=自分、雇用者=自分、勤務地=自宅」という形式になるでしょう。

 

また、就労証明書に書く内容は以下のようなものが多いです。

  • 職種、具体的な仕事内容、詳しい実績
  • 就労日数、時間、休み
  • 確定申告済みか未か、国保か扶養か
  • 収入、経費、年収

 

就労証明書は各自治体HPや、役所で入手できます。

書式や書き方、必要な添付書類なども自治体によって変わるので気になる方は問い合わせてみてください。

 

補足:収入の証明が必要な自治体もある

就労証明書はほぼ全ての自治体に共通して必要な書類ですが、就労証明書と一緒に収入の証明ができる書類が必要な自治体もあります。

『収入の証明ができる書類』とは以下のようなものです。

  • 前年度分の確定申告書控え
  • 青色申告承認申請書のコピー
  • 報酬が振り込まれている通帳のコピー

 

自治体によっては収入証明は一切必要ない場合もあります。

(例:神奈川県横浜市の場合は自作の就労証明書のみでOKで、追加で提出する書類は一切ない)

 

また、保育園の審査に収入状況(年収)は関係ないので安心してください。

自営業の方は、勤務時間=収入ではないので、そこまで気にされることはありません。

 

年間所得が0円でも「今年は赤字になってしまった」で通ります。

 

補足:発注者とのやりとりが確認できる資料が必要な自治体もある

また、仕事の成果物や仕事関係者とのメールのスクショを実際に提出しなければならない自治体も存在するそうです。

もちろん、多くの自治体は自己申告の実績で充分だとしているので滅多にありません。

 

とはいえ、万が一必要だった時のために連絡履歴は保存しておきましょう。

 

認可保育園が難しければそれ以外の施設も視野に入れよう

自治体にもよりますが、多くの市区町村では認可保育園以外にも様々な保育施設が用意されています。

今回は保育園についての記事なので、3号認定(満3歳児未満)で利用できるサービスのみの紹介です。

 

主なサービスとしては下記が挙げられます。

  • 無認可保育園
  • 認定こども園(保育利用)
  • 小規模保育事業
  • 家庭的保育事業
  • 自治体の預かり保育幼稚園
  • 一時保育

それぞれデメリットとメリットがありますが、認可保育園以外にも選択肢があると保活への抵抗感が少し軽くなることでしょう。

 

各自治体の役所のこども家庭支援課などの窓口に行くと詳しく説明してくれるので、是非利用してみてください。

施設の違いだけでなく利用料の比較や、現在の世帯指標などから入りやすい保育園選びなどを手伝ってくれますよ。

 

クラウドワークスでの在宅ワーカーでも確定申告は必要?

在宅で仕事をしている方でも確定申告は必要です。

以下で確定申告が必要なケースや方法について、下記の項目で解説していきます。

  • 専業の場合は年間所得48万以上で確定申告が必要!
  • 年間所得130万円を超えると扶養から外れる

 

専業の場合は年間所得48万以上で確定申告が必要!

令和2年に基礎控除額が38万が48万に変更になったため、確定申告が必要なボーダーラインも上がりました。

今年度(2020年1月〜12月)で、在宅ワークのみの方は、年間所得が48万円を超えた時点で確定申告が必要になります。

 

「所得=収入-経費」であり「所得=収入」ではないので注意しましょう。

また、今年度中に在宅ワーク以外に仕事をしていた場合(1年間の中で2カ所以上かた給与を支払われている場合)は年間所得が20万以上で必要になります。

 

これは期間が被っていない(1〜6月はバイト、7〜12月が在宅ワークなど)場合でも適用されるので、勘違いしないよう注意してください。

確定申告の詳しい方法や、青色申告と白色申告の違いについては以下の記事で解説しています。

 

年間所得130万円を超えると扶養から外れる

開業届を提出して個人事業主になった場合は、年間所得130万円未満は扶養内です。

しかし、開業届未提出の場合は業務委託なので、年間所得48万円を超えると配偶者控除と扶養控除から外れてしまいます。

 

開業届を提出済みの人は130万、未提出の人は48万と覚えましょう。

また先述したように開業届を出した時点で扶養から外れてしまう健康保険組合もあるので、提出前に必ず確認してください。

 

クラウドワークス以外にママにおすすめのクラウドソーシングサイトは?

クラウドワークス以外に、ママ在宅ワーカーさんにおすすめできるサイトはあるのでしょうか?

今回は下記の2つ紹介していきます。

  • ママワークス
  • シュフティ

 

ママワークス

(画像引用:ママワークス 公式サイト

ママワークスは名前の通り、育児や家事で忙しいママのことを考え抜いて作られた主婦向けクラウドソーシングサイトです。

スキルや経験がなくてもできる簡単な案件が多いため、大手クラウドソーシングサイトで仕事が獲得できず悩んでいる方におすすめ。

 

また、隙間時間に短時間でできる案件も多いので、家事の合間や子供が保育園にいる間のみなど、柔軟に勤務時間を調節できます。

そして何より、サービス利用料や手数料が一切かからないのも嬉しいポイントです。

 

多くのクラウドソーシングサイトでは利用料を2割程度としているのでかなり大きなメリットだと言えます。

しかし、案件の単価はあまり高くないので、ガッツリ稼ぎたい方はスキルを磨いて大手サイトを利用する方が良いでしょう。

 

気になる方は是非チェックしてみてください!

 

ママワークス 公式サイトはこちら

 

シュフティ

(画像引用:シュフティ  公式サイト

『シュフティ』は長年多くの人に愛され続けているクラウドソーシングサイト

こちらも上記のママワークス同様、スキルや経験がなくても誰でもできる簡単作業が多いです。

 

また、毎日更新される案件数が多いので仕事選びにも困りません。

手数料は10%と、他の大手クラウドソーシングサイトと比べるとかなり安い方だと言えます。

 

しかし、タスク形式の簡単作業が多いが故に「やりがいを感じられない」「続けにくい」といった声もあるそうです。

タスク形式の案件だけでは稼ぐことも難しいので、時間に余裕があれば何か特定のスキルを習得してから始める方が良いでしょう。

 

 

シュフティ 公式サイトはこちら

 

クラウドワークスの中でママにおすすめの業種TOP3!

クラウドワークスで募集されている案件の中でも、忙しいママ達におすすめの業種を3つ紹介していきます。

  • 3位:デザイン製作
  • 2位:簡単作業
  • 1位:ライティング

これからお仕事を始める方は是非参考にしてみてください。

 

3位:デザイン製作

「デザイン制作」はクラウドワークスの案件の中でもかなり高単価な部類です。

1件あたりの平均報酬は1万円〜10万円以上なので一度に手に入る報酬額は大きいですが、コンペ形式で募集されていることが多いため収入が不安定になりがちです。

 

コンペ形式=最終的に1人のみが採用される形式で、競争率が非常に高いという特徴があります。

 

しかし、デザイン系のお仕事は技術ではなく発注者の好みや希望に柔軟に対応するスキルが重要なので、初心者でもプロに勝てる可能性を秘めているのです。

イラスト作成が得意なママさんが挑戦してみる価値は充分にあるでしょう。

 

2位:簡単作業

「簡単作業」は一般的に、データ入力・文字起こし・体験談入力などのタスク作業のことを指します。

スキルがなくても誰でもできる業種のため、特に得意なことがないママさんにもおすすめです。

 

しかし、誰でもできる内容が故に報酬はかなり低いです。

頑張っても月に5万円程度稼げれば良い方でしょう。

 

また、どれだけ続けても自分の糧にならないので長期で継続することは難しいと言われています。

隙間時間にコツコツとお小遣い程度に稼ぎたいママさんにはおすすめです。

 

1位:ライティング

一番のおすすめは「ライティング」のお仕事。

当記事のようなサイトの記事執筆のお仕事ですが、特に難易度の高いスキルは必要ありません。

 

他の業種に比べて初心者向けの案件が多く、報酬は低単価ですがライティングを教えてもらいながら稼ぐことも可能なので効率が良いです。

また、ライティング技術が上がるにつれ、報酬は右肩上がりで伸びていくので達成感を感じやすく、継続しやすいというメリットも。

 

ライティングの案件は文字単価(1文字何円)か記事単価(1記事何円)に分かれますが、初心者のうちは記事単価の方が多いです。

文字単価の相場=初心者0.1〜0.3円、経験者=0.5〜1円、プロ=1円〜

 

隙間時間に少しづつ執筆していくことも可能なので、育児と家事で多忙な方にもおすすめできます。

 

まとめ

クラウドワークスで仕事をしているママ在宅ワーカーでも、子供を保育園に預けることは充分可能です。

普通に企業に勤務している人より用意する書類は少し多いですが、保活に不利になることはないので安心してください。

 

また、必要書類を揃える前にまずや自治体の役所に問い合わせることをおすすめします。

地域や年度によって大きく変わりますし、時には思いがけない情報を手に入れることも可能です。

 

クラウドワークス以外のサイトも利用しつつ、無理をしない範囲でお仕事を頑張っていきましょう。

気になる方はこの機会に是非、今回紹介したサイトでおすすめの業種をはじめてみることをおすすめします。

 

おすすめのクラウドソーシングサイトは下記の記事でも解説していますので、ぜひ参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました