【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

【諦めろ?!】クラウドワークスはゴミ案件がやばすぎる?!対策は?徹底調査!

クラウドワークス

「クラウドワークスってゴミ案件が多すぎる!」

「クラウドワークスのゴミ案件に引っかからないためできる対策は?」

「クラウドワークスのゴミ案件ってそもそも何?」

となんが得ることはありませんか?

 

クラウドワークスでは「ゴミ案件」が多すぎるので、稼げないと悩んでいるワーカーも少なくありません。

一生懸命に作業していても、収入をほとんど得られないとやる気もなくしますよね。

 

そこで、今回はクラウドワークスのゴミ案件について徹底的に調べました。

当記事で紹介する内容は、下記の通りです。

  • そもそもゴミ案件とは何か?
  • ゴミ案件に引っかからないための対策法は?
  • ゴミ案件を利用する方法とは?

 

クラウドワークスでなかなか稼げないと悩んでいる方や、ゴミ案件にいつも苦しんでいる方はぜひ最後までお読みください。

気持ちよくクラウドワークスを利用する助けになると、幸いです。

 

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

クラウドワークスの気になるゴミ案件とは?

クラウドワークスで月収20万とか言うけど、
現状無理だよね。

それってごくごく一部に限られた人だけでしょ!
クラウドワークスは稼げないゴミ案件多すぎ!

気持ちが萎えるわー

クラウドワークスを利用してフリーランスを目指している人にとって、クラウドワークスの案件にゴミ案件が混ざっていることは痛恨の痛手です。

当項目ではクラウドワークスの利用者がゴミ案件と呼んでいる案件や、ゴミ案件に対するクラウドワーカーのについて次のことを紹介します。

  • ゴミ案件の定義とは?
  • ワーカーさんの声を紹介

 

ゴミ案件の定義とは?

クラウドワークスでゴミ案件と言われる案件は、次の通りです。

  • 単価が安すぎるもの
  • 仕事の量が多く単価が安いもの
  • クライアントが信用できない

上記のようにクラウドワークスには「ワーカーを馬鹿にしているのか?」と、目を疑うような安い単価の案件もあります。

 

ゴミ案件と言われるものの具体的な例を、下記にまとめました。

【単価が安すぎるものの例】

  • 単価が0.1円と、あまりにも単価の低いライティング単価が低い
  • システム制作が1万円

【仕事の量が多く単価が安いものの例】

  • 単価が低いのに再提出が異様に多い

【クライアントが信用できないことの例】

  • 契約後に契約外の仕事を次々と要求してくる
  • 連絡が取れなくなる
  • 契約内容が全く違う

 

ゴミ案件に引っかかったワーカーは下記のように感じがちです。

時間かけた割に単価が安くて、
時給に換算すると、やばすぎるわ!

時間をかけて書いた記事なんで「非承認」だからね。
萎えるわー。

システムの制作とかってプロに任せれば高額なはずなのに、
クラウドワークスでは1万とかゴミ案件だわ!

 

上記のように、ゴミ案件に悩んでいるワーカーさん達がクラウドワークスに対して思いがちなことを、まとめました。

1、時間の割には単価が安い
2、システム制作などプロの仕事の単価が安すぎる

「どんなに作業をしても稼げない」「クライアントの要求が非常識」などの問題があると、クラウドワークスに対してネガティブな気持ちを抱いても不思議ではありません。

 

クラウドワークスのゴミ案件の詳細は、下記も参考にされてください。

ワーカーさんの声:時間の割に単価安くてゴミすぎる!時給に換算するとやばすぎる!!

クラウドワークスでゴミと言われている案件例(ライティングの場合)を、下記にまとめました。

・1文字0.1円以下
・1記事2,000文字

 

単価を計算すると、
0,1×2000文字=200
200円の案件になりますね。

大体はキーワードやマニュアルが指定されるんだよね。
だからライバルの記事をチェックして、
それから色々調べて……ようやく記事を書くか!って感じなのさ。

記事を書くまでに、かなりの労力が必要なんだよね。

記事を書くだけじゃなくて、リサーチに時間がかかるわけですね。

上記のように、記事を書くにあたって必要なプロセスを、下記にまとめました。

  • キーワードに沿った記事を書くために検索意図をチェックする
  • SEO対策をする
  • 質の良い記事にするためにいろいろな資料を調べる
  • 実際に記事を書く

単価が安いのに、上記のプロセスを要求してくるクライアントと仕事をしているのであれば、割に会いません。

 

あるワーカーさん(仮にAさんとします)の例を下記にまとめました。

【Aさんの作業時間】

  • 1記事書くのに「記事を書く前に要した時間+記事を書く=4時間弱」と4時間弱を使っている

【Aさんの実際の収入】

  • 2000文字で200円
  • 時給に直すと50円
  • クラウドワークス手数料や振込料金が差し引かれる

 

もともと時給50円で仕事をしているのに関わらず、クラウドワークスの手数料は振込料金がさらに差し引かれるので手元に残っている金額はわずかです。

確かに時給に換算して考えると、一部のクラウドワークス案件がゴミ案件と言われるのも無理もありませんね。

 

50円からさらに手数料も引かれるからね。
余計萎えるわー。

でも、中には「非承認」とかされて却下ってのもあるからなー。
こっちの方は、がっかりだわ!

初心者の方がこの話を聞いたら「クラウドワークスでの仕事は稼げないじゃん!」と、気分が落ち込みますよね。

 

ワーカーさんの声:無理な受注をお願いする無知なクライアント

無理な受注をお願いしてくる無知なクライアントの存在も、少なくありません。

あと呆れるのは、プロに頼むと高額な案件なのに、
システム制作が1万とか5万とか意味わからない!!
普通、もっとかかるでしょ!

お願いするクライアント無知すぎますね。
相場を知らないで、安く済ませようとするこの考え方嫌いです。

 

高度なことをお願いしている割には「単価が安い」「相場を知ってるの?」とワーカーを怒らせるクライアントも少なくありません。

無理な要求をしてくるクライアントの原因として考えられるのは、下記の通りです。

  • クライアント自身にスキルがない
  • クラウドワークスで安く仕事をしようとしている
  • 悪質なクライアント

 

クライアント自信にスキルも知識もないために、常識はずれな金額を提案してきている可能性があります。

中には悪質なクライアントもいて、クラウドワークスの規約を守らなかったり、詐欺案件同然の内容で契約をしてきたりする可能性も否定できません。

悪質なクライアントにひっかるのは嫌ですね

 

クラウドワークスの詐欺案件や悪質のクライアントに関しては、下記を参考にされてください。

 

クラウドワークスのゴミ案件に引っかからないための対策法とは?

スムーズに仕事をするためにも、クラウドワークスのゴミ案件にできるだけ引っかりたくありませんよね。

当項目では、クラウドワークスのゴミ案件に引っかからないためにできる下記の対策3つについて紹介します。

  • それぞれのジャンルの単価を知る
  • クライアントの評価を確認する
  • 案件内容と単価を比べて判断する

 

それぞれのジャンルの単価相場を知る

それぞれのジャンルの単価相場を知ることが、大切です。

ジャンルの単価相場を知っているメリットを、下記にまとめました。

  • ゴミ案件を識別しやすい
  • 効率的に稼ぎやすい

 

クラウドワークス上(もしくはクラウドソーシング上)の相場を知っていることで、ゴミ案件を識別しやすくなるでしょう。

より良い条件の案件を契約でき、効率的に稼げるようになります。

 

クラウドワークス上の相場を知りたい方は、下記の記事を参考にされてください。

 

クライアントの評価を確認する

契約前に、クライアントの評価をチェックすることで対応できます。

具体的にチェックすると良いことは、下記の通りです。

  • クラウドワーカーのコメント
  • 募集実績数
  • 星の数
  • プロジェクト完了率

 

特にいろいろなクラウドワーカーが良いコメントをしている場合や、プロジェクト完了率が高い場合、星の数が多い場合は信用できるクライアントである可能性が高くなります。

反対に、コメントの内容で怪しい箇所がある場合は、契約するのを考えた方がいいでしょう。

 

スキルのある人は案件内容と単価を比べて判断する

スキルのある人は案件を見た際に「おおよその作成時間」「作業プロセス」などの見通しがつくはずです。

案件内容と、単価を比べ「割に合う」と判断した仕事に申し込むことを、おすすめします。

 

スキルがなくクラウドワークス初心者の場合にできることは下記の通りです。

  • 案件をチェックしできそうな案件を見つける
  • まずはクラウドワークスの仕事に慣れる

特にクラウドワークス初心者の場合、高単価だけど「条件が高い案件」は避けることで、ストレスなく仕事ができるでしょう。

 

まずはクラウドワークスに記載されている案件を、時間をかけてゆっくり見て下さい。

クラウドワークスはカテゴリーに分かれていて多種多様の仕事があるので、自分にあった仕事を見つけらますよ。

 

初心者向けの案件に関しては、下記を参考にされてください。

 

クラウドワークスをゴミ案件を効率的に活用するメリットとは?

 

クラウドワーカーから嫌われがちな単価の安いゴミ案件を、効率的に活用するメリットがあるのをご存知でしたか?

確かにゴミ案件は単価が安いですが、まずは仕事に慣れるという視点で見るとやってみる価値はあります。

 

当項目では、クラウドワークスでゴミ案件と懸念されている案件を、あえて受注するメリット2つを下記にまとめました。

  • 実績を積む
  • 自分のプロフィールを充実させる
  • 自分の好きな仕事からトライするのもアリ!

 

ただし、クライアントが悪質なゴミ案件には当てはまりません。

クライアントが悪質な案件とは、関わらないようにしましょう。

 

実績を積む

ゴミ案件でもチャレンジするメリットは、下記の通りです。

  • 「育ててくれる」クライアントの方もいる
  • 安い案件でクラウドワークスに慣れていける

 

特にクラウドワークス初心者で、しかも全くスキルのない人がぶつかりがちな問題を、下記にまとめました。

  • どの作業をどのようにこなして良いのか見当もつかない
  • 条件の良い案件は「経験あり」となっている

 

上記のように何をしたら良いのかわからない場合、まずは安い簡単な案件から実績や経験を積めます。

クライアントの中にはマニュアルを完備していたり、初心者を育ててくれたりするケースも少なくありません。

ゴミ案件を稼ぐ目的ではなく「自分の実績をつける目的」で、利用するなら結果的に効率的に稼げることもあるのです。

 

育ててくれるようなクラアントさんを探して、まずはスキルを勉強するのをおすすめします。

 

仕事をしながら、学べることはメリットが大きですよ。

単価の安い記事を書きながら、記事の書き方やリサーチの方法が分かることもあります。

 

最初は大変でも、やったことは絶対に無駄になりません!

 

自分のプロフィールを充実させる

ゴミ案件でもこなすことで、クラウドワークス内の自分のプロフィールを充実させられるメリットがあります。

  • 実績案件数が増える
  • 星の数やありがとうの数を増やせる
  • 場合によってはコメントをもらえることもある

クラウドワークスの初心者で、スキルが全くない人は、たとえゴミ案件と言われる安い単価の仕事でも数をこなすことで実績数を増やせプロフィールを充実させられるのは大きなメリットです。

 

クラウドワークス内には、プロフィール場面がありプロフィールを見て案件を受注するかどうかを決断するクライアントも少なくありません。

プロフィールが充実していると、条件の良い案件が見つかった時に応募するときに有利です。

 

自分の好きな仕事からトライするのもアリ!

クラウドワークスでのゴミと呼ばれるような案件に対してまとめてきましたが、初心者の方は「できること、興味のあること、好きなこと」から始めてみて下さい。

 

単価が安く多くの人にとってはゴミ案件でも、自分の好きなことや興味のあるジャンルだったらやる気が出る場合も少なくありません。

確かに初めは安いかもしれないけれど、まずは仕事に慣れる意味でもやってみる価値はあります。

 

単価が安くても好きなことをやってみる一例を、下記にまとめました。

  • 旅行好きの人は旅行関連のジャンルの仕事をしてみる
  • ドラマ好きなのでドラマに関する記事を書いてみる

ドラマ好きとか映画好きの人は、
自分の好きなことができるとやる気出ませんか?

10円でも50円でもクラウドワークスで初めて稼ぐことができた感動は、大きいですよね。

 

まずは、登録されている仕事を見ることから始めて下さい

仕事を見る時の流れや注意事項を、下記にまとめました。

【1:クラウドワークスのサイトはカテゴリーに分かれているので、興味のあることを選びましょう】

  1. 次に気になる仕事があったら、詳細を読む。

【2:気になったところがあれば、クライアントにメッセージを送ってみましょう】

メッセージを送らない場合でも「気になるリスト」に登録しておけば、後から確認できます。

 

メッセージもやっぱり丁寧にすることが大事だよね。
とあるワーカーさんが丁寧な挨拶をしたのに、
ひどい対応されたと怒ってました。

いくらネット上でのやり取りとはいえ、仕事ですしね。

ひどい対応をしてくるクライアントは、契約をしない方がいいかもしれませんね。

 

丁寧なやりとりは大事です!
オンライン上でもリアルな時と変わらずにね。

 

まずは、面倒がらずにいろいろな案件を読んだり、クライアントのプロフィールを読んだりするところから始めましょう。

 

まとめ

 

クラウドワークスで「ゴミ案件」に関する定義は下記の通りです。

・単価が安い
・時給に換算すると対価に対して割が合わない
・無知すぎるクライアント

 

しかし、クラウドワークスはゴミだらけではなく、誠意あるクライアントはたくさんいます。

興味のある案件をチェックして、詳細を読みながら楽しく仕事を進めて下さい。

案件をこなして力をつけると高単価の仕事もできるようになりますよ。

 

 

こちらの記事も参考にしてみて下さい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました