クラウドソーシングはどれくらい稼げるか?初心者が10万円稼ぐ方法

クラウドソーシング

「クラウドソーシングで本当に稼いでいる人はいるの?」

「クラウドソーシングでは稼げない気がして不安」

「クラウドソーシングは初心者でも稼げるの?」

 

クラウドソーシングは会社と違い、オフィスで働いている人と話すことがありませんので、他人がどれほど稼いでいるかを知ることはできませんね。

 

そこで、当記事では、

  • 実際にクラウドソーシングではどれくらい稼げるのか?

上記のテーマで解説してきますので、ぜひ参考にしてください。

 

クラウドソーシングでいくら稼げる?

クラウドソーシングで稼げる報酬はピンキリで、お仕事の内容によっても異なります。

例えば以下のようなお仕事の場合

 

  • ブログ記事の執筆、1記事400文字で200円
  • WEBサイトのバナー制作は、一件2000円

 

単価が低い案件を1ヶ月間で受注するのと、高い案件を受注するのとでは、最終的に稼げる金額が異なります。

 

自分の持っている技術や資格、スキル、経験などによって、報酬の大きい案件を受けられるので、自分の実績次第で稼げる金額は決められると考えておきましょう

 

初心者でも月収1万~6万円稼げる案件を3つ紹介

実績が何もなくても、月に1万円〜6万円稼げる案件は次の3つです。

 

  • 「文字起こし」の平均月収は2万円
  • 「データ入力」の平均月収は3万円
  • 「ブログライター」の平均月収は6万円

上記それぞれの案件について解説します。

「文字起こし」の平均月収は2万円

文字起こしは、音声や動画などから、言葉を文章にしていくお仕事です。

インタービューの動画や、セミナーの音声などを文章にしていきます。

 

平均月収 2万円(月に4件〜6件受注した場合)
一件の報酬 3,000円〜6,000円ほど

 

例えば、1分100円の場合は、1時間で6000円になります。

ただし、6,000円の案件は一般的に高単価案件です。

 

高額案件は人気が高いので、必ず受注できると限りません。

多くは1分100円以下(報酬は3,000円〜6,000円の間)なので、2万円稼ぐためには一日数件をこなす必要があります。

 

慣れてくれば一日にこなせる案件の数を増やせるので、受注した案件の数によって報酬が上がると考えると良いでしょう。

 

「データ入力」の平均月収は3万円

データ入力は、クライアントから顧客情報のリストや、アンケートを集計したデータなどを渡されて、所定の形式でエクセルやワードに打ち込んでいくお仕事です。

 

平均月収 3万円(月に4件〜6件受注した場合)
一件の報酬(固定報酬制の場合) 5,000円〜10,000円

 

1件のデータを入力した場合の作業単価は5円〜100円で、おおよそ1,000件こなしていくのが一般的です。

3万円稼ぐためには、月に4件〜6件の案件をこなす必要があります。

 

また、データ入力の報酬制は2種類から選べます。

  • 固定報酬制
  • 時間単価制

 

固定報酬制は、入力したデータを納品したときに、報酬が発生する制度です。

時間単価制は、タイムカードを押して、働いた時間に対して報酬が発生します。

 

はじめのうちは報酬の割に作業が大変だと感じられますが、案件をこなしていくうちに作業スピードが上がりますので、同じ報酬でも簡単に思えてきます。

 

ちなみに時間単価制の時給の平均は、800円~1,200円ほどです。

 

「ブログライター」の平均月収は6万円

ブログライターは、「こういう記事を執筆してほしい」とクライアントが提示した内容に沿って、ブログの記事を執筆していくお仕事です。

 

平均月収 6万円
一件の報酬(1記事) 1,000円〜4,000円

 

一般的には1文字0.5円〜1.5円というように、文字単価と呼ばれる方法で報酬が決まります。

 

例えば、1文字0.5円の文字単価で、2,000文字の場合は、1,000円の報酬です。

しかし、クラウドソーシングでは1文字0.1円の文字単価で、2,000文字の案件が多く掲載されています。

 

同じ2000文字の記事を執筆しても、文字単価が0.1円だと200円の報酬にしかなりませんので、できるだけ文字単価は高いほうが良いでしょう。

 

クラウドソーシングで月収10万円の稼ぎ方を解説

初心者の人でも1万~6万円を稼ぐことは可能ですが、10万円を稼ぐとなると、ある程度のお仕事をこなす必要があります。

 

これから紹介する、いくつかのポイントを押さえておけば、より効率的に稼せげるでしょう。

以下4つの方法を紹介します。

 

  • 本業と副業の時間配分を整理しよう
  • 時給や1件の単価について考えよう
  • スキルが無いならライティングから始めよう
  • デザインのスキルがあればコンペ形式に挑戦しよう

 

順番に解説していきます。

 

本業と副業の時間配分を整理する

一日の中で、副業に当てられる時間を計算しておくと、効率的に行動できるようになります。

 

例えば、本業が19時に終わり、深夜0時には就寝するとしましょう。

一日に割り当てられる時間は5時間ですね。

 

クラウドソーシングで月収10万円の場合は、10万円を20日で割わったら日給5,000円分のお仕事をすることになります。

  • 5,000円のお仕事を5時間かければ、時給1,000円
  • 5,000円のお仕事を1時間で終わらせれば、時給5,000円

 

上記のように、副業に当てられる時間の中で、早く作業をこなせれば時給は上ると計算できますね。

 

逆に、作業に当てる時間が長ければ長いほど、時給は減っていきます。

しかも、月収10万円を稼ぐどころか、一般的なアルバイトより非効率で、安い給料になるかもしれません。

 

本業と副業の時間配分を考えると、効率的に作業をすることへ意識が向きやすくなるので、おすすめです。

 

時給や単価が高いお仕事を選ぶ

10万円を稼ぐことを目標にした場合は、本業と副業の時間配分が大切であることを解説しました。

さらに付け加えると、一度に受ける案件の報酬が高いほど、効率的に稼げます。

 

次の項目では、時給や単価が高いお仕事について解説していきます。

 

ライティングの時給は1,000円〜5,000円

ライティングの1案件を時給に換算したときに、目指したい金額は1,000円〜5,000円です。

 

報酬が1,000円の場合の時給を計算してみましょう。

例えば、1案件1,000文字で文字単価1.0円の案件を受けたところを想像してください。

 

文字単価が1.0円で、1,000文字の記事を作成すれば報酬は1,000円です。

一時間で納品できれば、時給1,000円ですね。

 

ライティングは文字単価で報酬を決めていることが多いので、できるだけ高い文字単価の案件を選べば、時給1,000円〜5,000円を目指すことも可能です。

 

月収10万円稼ぐために時給5,000円でお仕事すれば、たったの20時間しか働かなくてよい計算になります。

 

ライティングは、できるだけ大きい文字単価の案件を受けましょう

 

バナー、アイコン作成の時給は1,000円〜5,000円

バナーやアイコンなどを1案件5,000円で受注したとします。

単純に計算すると、5時間かければ時給1,000円で、1時間で納品できれば、時給5,000円です。

 

月収10万円を稼ぐことが目標であれば、20案件こなす必要があります。

 

WEB制作案件の時給は2,500円〜1万円

WEB制作系の案件を、1案件50,000円を受注するとしましょう。

(ワードプレスの立ち上げからデザインまで含める場合)

 

50時間かけると時給1,000円で、

5時間で納品できれば時給10,000円になります。

 

10万円稼ぐには、50,000円の案件を2回受注すれば達成できます。

 

更に詳しいWEB制作の相場については以下の記事が参考になります。

初心者が10万円を目指すならライティングがおすすめ

ライティングの報酬は、1案件1,000円〜3,000円で、おおよそ1案件1000文字〜3000文字から受注できます。

文字を執筆することが慣れてくれば、1,000文字〜3,000文字は1時間程度で終えられます。

 

3000文字の案件を4件こなせば、一日12,000円も稼ぐことが可能です。

 

クラウドソーシングでライターがおすすめの理由は、以下記事で詳しく紹介しています。

デザイナーはコンペ形式の案件で10万円稼ごう

デザイナーであれば、コンペ形式の案件を中心に受注していけば、毎月10万円稼げます。

コンペ形式はクライアントがたくさんの応募の中から1つの提案を選ぶ形式です。

 

選ばれないと報酬は貰えませんが、選ばれた場合は3万円〜5万円の報酬が発生します。

 

5万円の案件が2回採用されればその時点で月収10万円は達成可能です。

3万円の案件は3回で、ほぼ達成できます。

 

クラウドソーシングで10万円稼ぐ際の注意点

10万円稼ぐ際に場合に注意しておくべきなのは、手数料です。

 

大手クラウドソーシングのランサーズでは10万円以下の報酬につき20%が手数料として引かれます。

10万円以上の報酬は10%の手数料なので、90,000円稼いだ場合は20%の手数料です。

 

10万円を目標にしているなら、必ず10万円以上を稼ぐ気持ちでないと、想定外に損をする場合があるので、注意しておきましょう。

 

初心者は副業で月収15万〜20万稼ぐことは可能?

副業で月収10万円は嬉しい金額ですが、将来クラウドソーシングで本業を考えているなら、副業のうちに最低でも15万円以上は目指したいですよね

 

しかし副業で月収10万円以上は正直難しいのが現実です。

 

理由について解説します。

 

初心者が副業で15万円以上稼ぐことは正直難しい

  • 単価が高いほど専門的な知識を要求される
  • 高額案件の募集枠がすぐにうまる
  • クライアントは初心者より、経験者へ依頼したいと考える

以上の理由から、初心者のうちは高額な案件を受けるのが難しいと考えましょう。

 

高額な案件を受注しないで、安い案件をたくさんこなせば15万円を達成できるかもしれませんが

1,000円の案件を150件こなせば達成できる計算で、1案件を1時間で作業したと考えても150時間は必要ですので、かなり大変ではないでしょうか。

 

月収15万円を目指すならフリーランスを本業にするか、スキルや経験がついてきたら挑戦してみることをおすすめします。

 

クラウドソーシングとアルバイトを比較

クラウドソーシングとアルバイトとでは報酬発生のタイミングが異なります。

 

アルバイト 勤務時間が決められてるので作業量にかかわらず、一定の給料が支払われます。
クラウドソーシング 期限内に作業を完了していれば、どれだけ早く終わらせても報酬は同じです。

上記のように報酬制が違うのでどちらを選んだほうが良いのか迷うかもしれません。

 

他にもクラウドソーシングとアルバイトの違いについて比較していきますので、ぜひ参考にしてください。

 

クラウドソーシングは通勤時間を節約できる

クラウドソーシングでお仕事をする場合は、基本的にパソコンがあればお仕事が始められるので、持っていれば自宅でもお仕事ができます。

アルバイトの場合は、勤務先が決まっていて、店舗まで移動しないとお仕事ができません。

 

クラウドソーシングに移動時間はありませんので、通勤時間を節約できると考えられますね。

 

アルバイトは時給制なので報酬は確実に支払われる

アルバイトのメリットは、作業の量にかかわらず報酬が確実に支払われることです。

例えば、飲食店で働いていて、全くお客さんが見えないときでも、同じ給料が発生します。

 

一方クラウドソーシングでは、1案件2,000円のお仕事をゆっくりこなしてしまい、いつの間にか4時間たっていて時給で計算すると500円になっていた。ということもあります。

 

アルバイトの方が、時間によって報酬が決まるので、確実性がありますね。

 

クラウドソーシングはスキルに応じて報酬が上がる

クラウドソージング基本的に出来高制なので、仕事をした分だけ収入が入ります。

 

例えばライティングのお仕事で1記事1,000円のお仕事を受注した場合は、1記事を10分で執筆しても1000円ですし、1時間で執筆しても1000円です。

 

1000円の案件を1時間で1記事しか場合は1000円の報酬で、10記事も執筆できれば10,000円の報酬になります。

また、作業の速さだけでなく、難しい案件を受注することでも報酬を上げられます。

 

自分のスキルや実力か高くなるにつれて、稼せげる金額も高くなるので、クラウドソージングのほうが、アルバイトよりやりがいを感じるかもしれません。

 

クラウドソーシングで多く稼ぐためのコツを紹介

具体的な手段は解説しませんが、どんなお仕事でもすぐに試せる稼ぎ方のコツを2点紹介します。

 

はじめは月収1万円を目標にする

最初は月収1万円を目指しましょう。

初心者が10万円など大きい金額を目標にしてはいけない理由は、思ったように稼げず挫折してしまうからです。

 

月収1万円は平日1時間お仕事をすれば、現実的に稼げる金額なので、初心者でも達成できます。

 

初めから大きく稼ぐと考えず、まずは確実に月収1万円を達成できるようにしましょう。

 

目標は一週間1万円を目指す

月収1万円が達成できたら、次に一週間で1万円を目標にしましょう。

月収1万円を稼げるようになると、1万円を稼ぐための作業量が必然的に理解できますね。

 

作業効率を高めたり、案件数を増やしたりすれば、1週間で1万円を達成することも可能です。

 

例えば、下記のように作業効率を上げてみましょう。

  • いままで、5日かかっていた作業を2日で終了させる
  • さらに5日で2件の案件をこなしてみる

 

作業効率を上げるだけで、1ヶ月に受注できる案件の数が変わってきます。

高単価の案件を受注するより先に、まず1週間1万円を目指すことをおすすめします。

 

クラウドソーシングで実際に稼いでいる人の感想・実体験

実際に稼いでいる人の声を聞けば、クラウドソーシングでもしっかり稼げることが理解できると思います。

 

次の項目から、実際にクラウドソーシングで稼いでいる人の感想や、実体験をまとめましたので紹介していきます。

 

初めてお仕事を受注した人の実体験

以下はツイッターで見つけた実体験です。

なかなか、現実味のあるツイートなので、参考になりますね。

 

https://twitter.com/shinya_kumatter/status/1150539206952804352

 

筆者もはじめて1,000円の報酬が発生したときは、会社の初任給を貰えたときくらいニヤけてたと思います。

 

 

初心者の主婦ライターさんの場合

初心者の主婦のライターさんが、一日にこなした作業を公開しているので紹介します。

 

午前中2時間

生命保険に関する記事(600文字程度)・・・140円×2件

家電に関する記事(500文字程度)・・・180円

テーマ自由の記事(300文字程度)・・・50円×2件

ダイエットに関する記事(500文字程度)・・・100円

午後30分

美容に関する記事(600文字程度)・・・110円

夜1時間半

ペットに関する記事(250文字程度)・・・35円×4件

寝不足についての記事(500文字程度)・・・120円

ムダ毛処理についての記事(400文字程度)・・・100円

(参考:ランサーズの実際の収入報告

 

一日に稼いだ報酬を合計すると1,130円になります。

実際はテレビを見ながらや、スキマ時間を使っての作業だったようです。

 

一回の報酬が少ないと感じるかもしれませんが、1ヶ月(20日)続けたら2万円稼げる計算ですね。

 

専業ライターさんの場合

専業ライターさんが、副業を始めた月から、専業で働くまでの9ヶ月間の月収を公開しているので、紹介します。

 

2012年9月:5,275円(4,220円)

2012年10月:43,005円(34,404円)

2012年11月:70,036円(61,629円)

2012年12月:140,750円(112,600円)

2013年1月:238,450円(190,760円)

2013年2月:281,100円(224,880円)

2013年3月:274,412円(219,530円)

2013年4月:262,650円(210,120円)

2013年5月:352,300円(281,840円)

※(内は手取り金額)

(参考:ノマド節約術

 

最初は副業としてお仕事を始めて、報酬は1ヶ月で4,220円ほどだったようですが、9ヶ月で、281,840円となり、一般社会人のお給料以上に稼せげるようになってます。

 

まとめ

クラウドソーシングでは稼げる報酬がピンキリで、お仕事によって報酬が変わってきます。

 

初心者でも稼ぎやすいお仕事は以下です。

  • 「文字起こし」の平均月収は2万円
  • 「データ入力」の平均月収は3万円
  • 「ブログライター」の平均月収は6万円

 

目標を立てて、スキルアップしながらお仕事に取り組めば、初心者でも10万円稼ぐことは十分に可能です。

これから大きく稼いでいきたい人は、ぜひ本記事を参考にしてくださいね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました