【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

知らないと大損!クラウドソーシングとクラウドファンディングの違い

知らないと大損!クラウドソーシングとクラウドファンディングの違いの画像 クラウドソーシング

「クラウドソーシングとクラウドファンディングの違いって何?」

「クラウドソーシングって何?」

「クラウドファンディングのサイトってどういうものがあるの?」

このような悩みを抱えてご覧になっているのではないかと思います。

 

当記事では、クラウドソーシングとクラウドファンディングの違いについて徹底解説していきます

 

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

クラウドソーシングとクラウドファンディングの違い

クラウドソーシングとクラウドファンディングの違い

クラウドソーシングとクラウドファンディングの違いについて理解するためにクラウドソーシング、クラウドファンディングについて解説します。

 

クラウドソーシングとは

クラウドソーシングはCrowd(群衆)、Outsourcing(外部委託)の造語Crowdsourcingのことで、インターネットを通して世の中の人に仕事を発注したり、仕事を受注することができるサービスです。

一般的には仕事を発注する側をクライアントと呼び、仕事を受注する側をワーカーと呼びます。

 

クライアントでは量的に遂行できない業務や、専門的な業務を遂行できない企業や個人事業者等が活用しており、ワーカーではフリーランスや副業で稼ぎたい方が活用しています。

 

ちなみに、仕事の種類は記事の作成等のライティングから、ロゴの作成等のWebデザイン等のお仕事まで、様々です。

 

クラウドファンディングとは

クラウドファンディングとはCrowd(群衆)とFunding(資金調達)の造語Crowdfundingのことで、インターネットを通して世の中の人に資金を調達したり、恩返しができるサービスです。

一般的にはプロジェクトを開始する起案者側と、資金を調達する支援者側で行われます。

 

起案者側には金融機関から融資を受けることが困難な企業や、個人事業者等が活用しており、支援者側には貢献活動を行ないたい人が活用しています。

 

また、クラウドファンディングには購入型、寄付型、投資型の3つの種類があります。

  • 購入型:商品やサービス開発のプロジェクトがあり、支援者に対して商品やサービスを提供する
  • 寄付型:社会貢献活動や環境貢献活動等のプロジェクトがあり、支援者に対してリターンを求めない
  • 投資型:新規事業やベンチャー企業等のプロジェクトがあり、支援者に対して現金や株式の分配を提供する

 

さらに、投資型にはファンド型、融資型、株式型の3種類があります。

  • ファンド型:プロジェクトを開始する時に基金としてお金を募り、リターンとして配当する
  • 融資型:プロジェクトを開始する時に不足している資金を借り、リターンとして金利を支払う
  • 株式型:個人投資家に未公開株を提供し、資金を募る

 

クラウドソーシングおすすめのサイト

クラウドソーシングおすすめのサイトの画像

クラウドソーシングのサイトは様々です。その中で初心者やスキルのある方等に合うおすすめのサイトを紹介します。

 

今回紹介するのは下記の5つのサイトです。

  • クラウドワークス
  • スキルクラウド
  • ランサーズ
  • ココナラ
  • シュフティ

 

初心者でも始められるクラウドワークス

引用:クラウドワークス

クラウドワークスならPCスキルのない初心者でも仕事を始めることができます。

例えば、アンケートや口コミ投稿等ならPCかスマホさえあれば、お仕事をすることが可能なのでスキルを求められることはありません。

 

また、データ入力の仕事なら既にあるデータを入力していくだけの作業ですので、スキルも要らず、とても簡単に作業ができます。

 

その他、英語翻訳、記事の執筆、システム開発等様々な仕事があるので、慣れてきたら挑戦してみるのも良いのかもしれません。

 

ちなみに、クライアント、ワーカー共に本人確認があるので、トラブルも少なく安心して仕事をすることができます。

 

クラウドワークスの公式サイトはこちら

スキルを活かしたいならスキルクラウド

スキルクラウドの画像

引用:スキルクラウド

自分のスキルに自信がある方にはおすすめです。

特に、英会話やギターのスキルを活かしたいと言った方には嬉しいサイトでしょう。

 

仕事する際には、それらのスキルをスカイプやカフェ等の対面を通して教授することで、お金を稼ぐことができます。

ただ、案件はクラウドワークス程多くないので、本格的に稼ぎたい方はクラウドワークスの方がおすすめです。

 

スキルクラウドの公式サイトはこちら

ライティングとWebデザインの仕事ならランサーズ

ランサーズの画像引用:ランサーズ

ランサーズはブログライティング等のライティングからロゴデザイン、ホームページ作成等のWebデザインのお仕事に特化しています。

案件も多いので、本格的に稼ぎたい方にもおすすめです。

 

ちなみに、基準値に達した方には”認定ランサー”の称号が与えられるので、仕事が決まりやすくなり、更にお金を稼ぐことが可能となります。

 

ランサーズの公式サイトはこちら

1件あたり500円から始められるココナラ

ココナラの画像引用:ココナラ

ココナラは1件あたり500円から始めることができます。

しかし、500円なのでプロ向けの仕事はほとんどなく、簡単な相談や似顔絵の作成等が多いようです。

 

ただ、満足度が高ければ”おひねり”と言う追加報酬が貰える場合があるので、頑張れば稼ぐこともできます。

 

ちなみに、レギュラーランクからプラチナランクまでランクによって高報酬が得られるシステムもあるので、ガッツリと稼ぐこともできます。

 

ココナラの公式サイトはこちらから

主婦におススメなシュフティ

シュフティの画像引用:シュフティ

shuftiは主婦におすすめです。

ブログライティング、データ入力のお仕事だけでなく、シール貼りや宛名書き等の他のクラウドソーシングにはない仕事ができます。

 

ただ、手数料は10%も取られてしまうので、ある程度金額に余裕がなければ仕事ができない点に注意しましょう。

 

shutiには”eラーニング講座”や”ライティング講座”等無料で受けれる講座があるので、無料でスキルアップが望めるところが魅力的です。

 

シュフティの公式サイトはこちらから

クラウドソーシングのメリット・デメリット

クラウドソーシングのメリット・デメリットの画像

クラウドソーシングにはクライアント、ワーカーそれぞれにメリット・デメリットが存在します。それらについて説明します。

 

クライアントにとってのクラウドソーシングのメリット

まず、クライアントのメリットについて説明していきます。

 

説明するのは下記の4つのメリットです。

  • 低コストで業務ができる
  • スキルのある人材を獲得できる
  • より多くのワーカーと契約ができる
  • 長期的に仕事を依頼できる

 

低コストで業務ができる

クラウドソーシングなら給料や社会保険料等、コストが発生しても必要なときに必要な分だけ仕事を依頼できるので、低コストで業務が可能です。

 

特に、給料の末締めは多忙になるので、とても助かります。

 

ちなみに、タスク形式の仕事なら500円~1000円でも可能です。

スキルのある人材を獲得できる

自分のスキルを活かそうとして仕事を探しにきているワーカーもいますので、自分の苦手な仕事で募集をかければスキルのあるワーカーが集まってきます。

 

さらに、その中からプロフィールで実績のあるワーカーを探していけば、プロレベルのスキルを持つワーカーを厳選することが可能です。

 

より多くのワーカーと契約できる

より多くのワーカーと契約できるので、業務を分割でき、効率よく仕事をすることができます。

また、海外にも仕事を依頼することができるので、寝ている間にも業務を完了することができます。

 

よって、時間にも余裕ができ、更に多くのワーカーと契約することが可能です。

 

長期的に仕事を依頼できる

様々な仕事を依頼してワーカーの実績を上げたり、元からプロレベルのワーカーも集まってくるので、長期的に仕事を依頼するにはうってつけの場所です。

 

始めは単に請負として雇っていても、ワーカーの仕事ぶりが好調であれば正社員として雇用することも可能です。

 

永続的に仕事を依頼できるワーカーが見つかれば、探す手間も講師する手間も省けます。

 

クライアントにとってのクラウドソーシングのデメリット

次にクライアントのデメリットについて説明します。

 

説明するのは下記の3つのデメリットです。

  • セキュリティ対策を考えなければならない
  • 信頼度のあるワーカーを判断しなければならない
  • 著作権を考慮しなければならない

 

セキュリティ対策を考えなければならない

クライアントはワーカーに仕事内容の詳細を伝えなければならないので、情報漏洩や悪用されることがあります。

ですので、セキュリティ対策を考えなければなりません。

 

また、クライアントはワーカーの個人情報も取り扱うので、個人情報も保護しなければなりません。

 

信頼度のあるワーカーを判断しなければならない

中には仕事を放棄したり、納期を守らないワーカーもいますので、最後まで仕事を遂行してくれるか信頼度を判断しなければなりません。

しかし、プロフィールや自己紹介の文を見ても判断することは難しいです。

 

そこで、ワーカーの過去の仕事内容、評価をしっかりと確認する必要があります。

 

著作権を考慮しなければならない

クライアントが提案する記事のタイトルや内容が他のサイトと完全に被っていないか、画像の著作権に問題はないか、しっかりと確認する必要があります。

 

画像の著作権はワーカーにフリー素材のサイトを教授することで、著作権の侵害を防ぐことができます。

 

ワーカーにとってのクラウドソーシングのメリット

次にワーカーのメリットについて説明します。

 

説明するのは下記の4つのメリットです。

  • 時間を選べて働ける
  • 場所を選ばずに働ける
  • 自分のスキルを最大限に活かせる
  • 移動せずに働ける

 

時間を選べて働ける

クラウドソーシングは好きな時間に仕事ができるところが魅力的です。

休憩時でも帰宅時でも時間があれば、いつでも仕事を開始することができるので時間に縛られずに仕事ができます。

 

ただし、仕事によっては納期があるので注意しなければなりません。

 

タスク形式の仕事なら空いた時間をうまく使えば、高収入を狙えるかもしれません。

 

場所を選ばずに働ける

PCかスマホさえあれば、通勤中でもカフェでもどこでも仕事をすることが可能です。

 

ただし、ネットワークを使用しなければならないので、通信環境の悪い場所だと仕事をすることが厳しくなります。

 

自分のスキルを最大限に活かせる

クラウドソーシングなら自分の好きな仕事を選べるので、自分のスキルを最大限に活かすことができます。

収入に不満があっても、自分の好きな仕事ならそれ以上の満足感がありますし、スキルが活かせれば高収入も夢ではありません。

 

移動せずに働ける

基本はメールやメッセージでやり取りを行うので、移動することはありません。

ですので、通勤することもなく、交通費がかかることもありません。

 

ただし、仕事内容によっては稀に面会する場合もあるので、移動することもあります。

 

その場合はほとんど仕事内容に記載されているので、確認さえすれば気にする必要はありません。

 

ワーカーにとってのクラウドソーシングのデメリット

次にワーカーのデメリットについて説明します。

 

説明するのは下記の3つのデメリットです。

  • 相場には期待できない
  • クライアントのやり取りがうまくいかないことも
  • 信頼できるクライアントかどうか分からない

 

相場には期待できない

クライアントはできるだけ安価に仕事を依頼したいので、その分相場は安くなります。

ですので、相場には期待できません。

 

そのため、多くの仕事を遂行し、収入を増やす必要があります。

 

クライアントとのやり取りがうまくいかないことも

ほとんどメールやメッセージでやり取りを行うので、うまくコミュニケーションが取れない場合があります。

どうしても文面だけでは全てを伝えることができません。

 

そこで、SkypeやChatwork等を用いて会話をしてみるのも良いでしょう。

 

信用できるクライアントかどうか分からない

面会のないやり取りなので、相手の姿が分かりません。

ですので、信用できるクライアントかどうか判断することができません。

 

途中で仕事が切られたり、報酬を支払わなかったり、悪質なクライアントの場合があります。

 

クラウドファンディングおすすめのサイト

クラウドファンディングおすすめサイトの画像

クラウドファンディングの種類によって、おすすめのサイトがあります。

それらについて紹介します。

 

紹介するのは下記の5つのサイトです。

  • CAMPFIRE(キャンプファイヤー)
  • Readyfor Charity(レディーフォーチャリティ―)
  • OwnersBook(オーナーズブック)
  • セキュリテ
  • FUNDINNO(ファンディーノ)

 

購入型におすすめのサイトはCAMPFIRE(キャンプファイヤー)

CAMPFIRE(キャンプファイヤー)の画像引用:キャンプファイヤー

CAMPFIRE(キャンプファイヤー)は日本最大のクラウドファンディングで有名であり、社会貢献系や地域活性系等様々なプロジェクトを掲載しているサイトです。

UIに優れたサイトデザインになっており、些細な質問にも答えてくれるコミュニティもあります。

 

ユーザーにとても親切なサイトです。

 

CAMPFIRE(キャンプファイヤー)の公式サイトはこちらから

寄付型におすすめのサイトはReadyfor Charity(レディーフォーチャリティ)

Readyfor_Charity(レディーフォーチャリティ)の画像引用:Readyfor Chariy(レディーフォーチャリティ)

Readyfor(レディーフォー)で認定NPO法人、自治体、学校法人等、非営利で活動を行う団体のために開始された、寄付型に特化したサイトです。

寄付金控除を受けたり、集まった資金を寄附として受け取ることができます。

 

利用している団体では、筑波大学等が資金調達を行っており、全国の非営利活動を支援しています。

 

Readyfor Charity(レディーフォーチャリティ)の公式サイトはこちらから

融資型におすすめのサイトはOwnersBook(オーナーズブック)

OwnersBook(オーナーズブック)の画像引用:OwnersBook(オーナーズブック)

OwnersBook(オーナーズブック)は少ない資金で始められる融資型のプラットフォームです。

1万円から始められる不動産向け投資ファンディングであり、不動産取引の活性化を行え、市場の拡大に貢献できます。

 

ちなみに、都心の不動産を中心に投資できる特徴があります。

 

OwnersBookの公式サイトはこちらから

ファンド型におすすめのサイトはセキュリテ

セキュリテの画像引用:セキュリテ

主に復興から飲酒までを取り扱っているサイトがセキュリテです。

他には音楽関係もあり、リターンにCDやグッズ等も貰えます。

 

現在では、新型コロナ感染症対策基金というプロジェクトも実施しています。

 

セキュリテの公式サイトはこちらから

株式型におすすめのサイトはFUNDINNO(ファンディーノ)

FUNDINNO(ファンディーノ)の画像引用:FUNDINNO(ファンディーノ)

FUNDINNOは非上場企業を応援したい投資家と資金調達をしたい非上場企業の統合によって生まれました。

高いリターンを得たい理由で目的する人だけでなく、企業の成長も楽しみたい意志を持つ投資家も集まっているので、株式型クラウドファンディングの真髄を体験できるかもしれません。

 

厳選なる調査によって選ばれた事業者は、1社あたり年間募集金額の上限、1億円未満の資金調達が可能になるサービスを受けれる特徴があります。

 

FUNDINNO(ファンディーノ)

クラウドファンディングのメリット・デメリット

クラウドファンディングのメリット・デメリットの画像

クラウドファンディングのメリット・デメリットについて説明します。

 

メリット

クラウドファンディングのメリットについて説明します。

 

説明するのは下記の2つのメリットです。

  • 事業機会を得ることができる
  • お金からサービスまで様々なリターンがある

 

事業機会を得ることができる

これまで資金が不足していた事業者も資金が供給されることによって、事業機会を得ることができます。

これによって、新たな夢や目的が実現できるようになります。

 

更なる市場の拡大も可能となり、経済も活発化するかもしれません。

 

お金からサービスまで様々なリターンがある

支援される側が資金を受け取れる金銭的リターンがあるだけでなく、支援者側も商品やグッズ等様々なリターンが受けれるのも魅力的です。

 

例えば、購入型ファンディングなら自分の欲しい商品や体験したいサービスを優先的に体験できたり、特別な優遇を受けれたりすることもできます。

 

更に、購入型ではそのプロジェクトが有名になって、受賞されることもありすので、狙ってみるのもいいかもしれません。

デメリット

次に、クラウドファンディングのデメリットについて説明します。

 

説明するのは下記の4つのデメリットです。

  • プロジェクトが失敗する場合もある
  • プロジェクトがキャンセルできない場合もある
  • 出資額を戻すことは不可能
  • 資金が悪用される場合もある

 

プロジェクトが失敗する場合もある

必ずしも資金が集まる訳ではないですし、途中でプロジェクトが台無しになってしまう場合もあります。

ですので、失敗した場合のリスクを考慮しなければなりません。

 

また、資金調達されるまで数ヶ月かかるので、十分に注意しましょう。

 

プロジェクトがキャンセルできない場合もある

資金が集まらなくて、キャンセルしたくなっても取り消すことができない場合があります。

また、基本的に公開したページはWeb上から削除することはできません。

 

例外として、融資型とファンド型は募集期間終了後、株式型は応募期間から定められている期間内であれば、キャンセルできる場合もあります。

 

お問い合わせやよくある質問から入念にチェックしとくようにしましょう。

 

出資額を戻すことは不可能

プロジェクトが台無しになっても、出資額を戻すことはほとんど不可能です。

ですので、お金にも気持ちにもある程度余裕を持って出資するようにしましょう。

 

資金が悪用される場合もある

中にはプロジェクトを偽って、調達した資金が悪用されているかもしれません。

特に、融資型プロジェクトは情報公開が規制されており、詳細情報が分からないので、なおさら注意する必要があります。

 

これらは今後、クラウドファンディングの大きな課題になると思います。

 

まとめ:クラウドソーシングは外部委託・クラウドファンディングは資金調達

まとめ:クラウドソーシングは外部委託・クラウドファンディングは資金調達の画像

クラウドソーシングとクラウドファンディング、どちらもインターネットを通して行うものですが、仕事を外部に委託するか資金調達するかという大きな違いがありました。

特に、最近ではクラウドワークスのcmもやっており、クラウドソーシングについて若干知っていた人も多いと思います。

 

ただ、クラウドソーシングにもスキルに合ったサイトやメリット・デメリット等が多く存在していたことには、驚いたと思います。

また、クラウドファンディングにも様々な種類が存在しており、多くのやり方が存在していました。

 

ですので、どちらもとても楽しめるサービスが充実していると思います。

ただ、利用者側も提供する側も必ずトラブルが発生する可能性はありますので、注意しましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました