【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

【徹底解説】クラウドワークスのWeb制作の相場ってどれくらい?

クラウドワークス

「クラウドワークスでWeb制作の仕事を発注したいけど、相場ってどれくらいだろう?」

「Web制作の仕事をクラウドワークスでやってみたいけど、報酬はどれくらいだろう?」

上記の疑問や悩みを抱いてる方は多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、

・クラウドワークスでWeb制作の相場
・クラウドワークスでWeb制作の仕事を発注する際の注意点
・クラウドワークスでWeb制作の案件を獲得するテクニック

これらについて徹底解説してきたいと思います。

Web制作の仕事を発注したい・仕事をしたいとお考えの方でクラウドワークスを利用する方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

クラウドワークスでのWeb制作の相場ってどれくらい?

クラウドワークスでお仕事を発注したい方や受注したい方は、まず相場がどれくらいか知りたいと考えている方は多いと思います。

そこで今回は、4つのお仕事に分けて相場を解説していきます。

1.ホームページ作成
2.WordPress
3.コーディング
4.Webライティング

ホームページ作成

まず、ホームページ作成について。

ホームページ作成の相場は、基本的に20万~30万円前後です。

 

テンプレートを利用した比較的に素早く手軽に出来る案件だと3万円の案件などもあります。

企業案件で、高いレベルでのオリジナルサイトのWeb制作をする場合は、70~80万円など高額の案件も珍しくありません。
高機能でデザイン性もかなり凝ったものになってくると、100万円を超える案件もあります

WordPress

続いて、WordPressの案件。

 

WordPressは既存のサイトにWordPressを導入する作業や既存サイトのWordPressの改修などの作業が主になります。

簡単なデザインのWordPressは、5000円以下の案件も頻繁にみられます。
高額なものであれば、10000円~50000円の案件が平均的な価格。

 

既存サイトのWordPress改修などの安価な案件から、1からのサイト制作をする高額な案件など幅広い案件があります。

コーディング案件

次は、コーディング案件。

コーディングの案件は、10000円~50000円が相場です。

 

コーディング案件をやっていきたいと考えている方は、HTML,CSS,Java Scriptの3つを学習して基盤を固めましょう。

この3つを学習して、LPやCMSのコーディング案件を獲得しましょう。

Webライティング案件

最後はWebライティングの案件。

 

Webライティングの案件は、1文字0.5円~3円が相場です。

Webライティングは参入障壁が低く、大変競争率が高いため、単価が低い傾向にあります。

 

初心者は基本的に1文字0.5円~1円ですが、スキルを積み上げて単価交渉をしていって、報酬をアップさせましょう。

Web制作の相場まとめ

Web制作に関する仕事の相場を比較してみましょう。

ホームページ作成:20万円~30万円(100万の高額案件も)
WordPress:1万円~5万円
コーディング:1万円~5万円
Webライティング:1文字0.5円~3円
Web制作は、4つの仕事に分けられますが、仕事によって求められるレベルや作業量の違いによって単価が変わってきます。

クラウドワークスでWeb制作の仕事を発注する際の注意点!

クラウドワークスでWeb制作の仕事を発注する際に、トラブルが起きないよう・円滑に仕事が進むための注意すべきことがいくつかあります。

クラウドワークスで外注する際の注意点

クラウドワークスで仕事を発注する際は、仕事の詳細の欄に自分が作ってほしいサイトの概要を出来るだけ具体的に提示しましょう。

 

ワーカーとクライアントとの技量と求めるレベルに食い違いが出てくると、仕事を進めていく上でお互いに不利益が生じてしまいます。

そのため、「どんなデザインにしてほしいか」「サイトの制作完了後にそのサイトの修正を担当するのか否か」など出来るだけ具体的に明記することが大切です。

そうすることによって、ワーカーに敬遠されることなくなり、仕事のレベル感が合う人が提案してくれます。

 

ワーカーの疑問や不安を解消するためにも出来るだけ仕事の概要は詳細に明記しましょう。

クライアントとの値段交渉が必要⁈

正直一括りにWeb制作といっても仕事に求められるスキルのレベルやクライアント・企業の予算によっても、相場はかなり変動してきます。

クライアントとワーカーの価格交渉をして、その仕事の報酬を決めることもあります。

 

Web制作に関するお仕事の相場は求めるレベルによって変わってくるので、不確実です。

発注者は自分の予算をきちんと計算した上で、ワーカーと価格交渉をして適切な価格での発注を心がけましょう。

未経験でもクラウドワークスでWeb制作の案件を獲得するテクニック

未経験でWeb制作のお仕事を獲得したい方は、経験者と勝負するのは難しいですよね。

そこで、未経験でもクラウドワークスでWeb制作の案件を獲得するためのテクニックをご紹介します。

ポートフォリオを制作しよう

まず、Web制作の案件を獲得するために必須なのは、ポートフォリオの制作です。

 

ポートフォリオとは、「自分がどんなことができるのか」の証明するものになります。

クライアントが未経験の人と契約を結ぶか否かは、提案文だけでは判断できません。
人は口ではいくらでもモノを言うことが出来ます。

 

ポートフォリオがなければ、やる気しか伝わりません。
実際に「業務委託をすることになった時に、自分がどんなことをできるのか」具体的なスキルをポートフォリオで証明しましょう。

ポートフォリオを制作することは、人脈アップ・スキルアップにもつながり、Web制作をお仕事にしていく上で必須です。

提案文とプロフィールの充実化

まず、プロフィール文には絶対に「未経験や初心者」などのネガティブなワードを盛り込んではいけません。ポジティブなワードのみを書くようにしてください。

 

また、提案文の書き方で、案件の獲得率は大きく変わってきます。
提案文を書く際に、意識するべきポイントは3つあります。

1.クライアントのニーズの把握
2.自分がクライアントに必要な根拠を提示
3.自分が出来ることの証明(ポートフォリオ)

この3つポイントを具体的に書くことで案件の獲得率がアップします。

 

プロフィールと提案文を充実化させて、案件をバンバン獲得しちゃいましょう!

まとめ

今回はWeb制作の相場や発注する際の注意点、未経験から案件を獲得するテクニックをご紹介しました。

・Web制作の相場は案件によって変わってくる
・発注する際は、出来るだけ具体的に依頼内容を書く
・クライアントとワーカーは互いに単価交渉をするべき
・案件獲得には、ポートフォリオ制作とプロフィール・提案文の充実化が必要
発注者も受注者も今回解説してきたことを意識して、クラウドワークスでのWeb制作に関する仕事に携わってみてはいかがでしょうか。

 

 


>>詳しくは画像をクリック!


・クラウドソーシングサイトに登録したけどぜんぜん稼げない・・・
・月に5万円でもいいから副業で稼げたらいいのに・・・
・在宅で大きな金額を稼げるようになりたいけどそどうしたらいいのか・・・
・怪しい副業などではなくて、堅実に稼ぐ方法を知りたい・・・
・副収入を得て、もっと生活を楽にしたい・・・

もしかしたらあなたは、このようなことで悩んでいませんか?

 

もしクラウドソーシングサイトなどの副業でしっかりと稼ぎたいのであれば、
「スキル」をしっかりと身につけることで解決します。

 

そして、そのスキルを身につけるための講座を無料で行っています。

 

お金に縛られないストレスフリーな毎日を手にしてみませんか?

→【今だけ受講無料!】副業で堅実に月5万円稼ぐための講義の詳細はこちら

 

クラウドワークス
sho1129lhをフォローする
クラウドソーシングのやさしい教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました