【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

クラウドソーシングで学生がプログラミング!稼ぎ方徹底解説

クラウドソーシング

「クラウドソーシングを始めたいけどおすすめの業種はあるのかな?」

「クラウドソーシングって本当に稼げるのかな?」

「周りの友達がプログラミングで稼いでいるらしいからその方法を知りたい」

この記事をご覧になっている方は、そのような心配をされている学生さんが多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は、なぜ学生さんにプログラミングがおすすめなのか、そして本当に稼げるのか?という点について解説していきたいと思います。

是非参考にしていただけると幸いです。

 

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

クラウドソーシングで学生がプログラミングをすると稼げる!

結論から申し上げると、学生さんでもプログラミングで稼ぐことは可能です

 

実際にプログラミングで稼いでいる学生の方々が多くいらっしゃるので例として挙げさせていただきます。

 

 

Twitter

 

 

学生のうちにプログラミングを学んだ方がいい理由について書かれているのがお分かりいただけると思います。

下記でその理由について詳しく解説していくので是非最後までご覧ください。

 

また、余談ですが近年エンジニアを志す人の割合は増加の傾向にあります

以下は第一生命が毎年実施している「大人になったらなりたいもの」というアンケートですが、「男子小学生部門」では毎年10位以内に入るほどなのだそうです。

ネットやゲームなどが普及してきた近年だからこその結果だと言えるでしょう。

 

第13回 男子児童
順位(前回) 職業 票数
1(2) サッカー選手・監督など 153
2(1) 野球選手・監督など 113
3(3) 医師 78
3(5) 会社員・事務員 78
5(4) ゲーム制作関連 73
6(18) 大工 45
7(7) 建築士 43
8(11) 警察官・警察関連 39
9(14) 料理人・シェフなど 33
10(10) 科学者・研究者 32

引用:日本FP協会 第13回「小学生『夢をかなえる』作文コンクール」応募作品より集計

 

クラウドソーシングでのプログラミングの勉強は学生のうちから始めた方がいい?

学校を卒業してからでも遅くないのでは?と思われる方も多いと思いますが、「学生のうちに」学んでおいた方が絶対にいい理由が3つ存在します。

それは「時間に余裕がある」、「学習能力の差がある」、「実績と経験値が早いうちから貯められる」という点です。

以下で詳しく解説していきます。

 

社会人より時間がある

まず一つ、社会人と学生時代で比較した時に融通の効く時間に差がある、という点です。

就職後、仕事をしながら何かを勉強する時間はなかなか取れないので、学生の頃よりスキルアップが難しくなります。

転職が難しいとされる理由の一つがこの「時間がなく勉強ができない(他の業種に転職できるだけのスキルや知識がない)」という点です。

 

しかし、学生時代は忙しいとはいえど社会人と比べると比較的余裕のある場合が多いでしょう。

学業が疎かにならないように注意しなければなりませんが、学部の課題やサークル活動を終えた隙間時間に勉強することをおすすめします。

 

また、時間にもっと余裕のある方は勉強をしながら同時進行でクラウドソーシングの案件を進めていくのも良いでしょう。

勉強をしながら稼げるのでとても効率が良く、もしバイトをされている方であればそれをやめてさらに勉強の時間に当てることも可能です。

 

「何かを学ぶ」ことに慣れているうちの方が知識が入りやすい

二つ目はまた社会人と学生時代の比較になりますが、社会人になってからだと学習能力が低下している、という点です。

もちろん人にもよりますが、人間は継続しなくなった途端にどんどん忘れてしまう生き物です。

それは勉強した内容だけに限らず、「記憶力」や「集中力」といった勉強する際に欠かせない能力も徐々に失われていきます

 

その為、勉強することに慣れている頭が柔軟なうちに勉強した方が飲み込みも早く、成長速度も著しくなるでしょう。

 

経験と実績を貯められる

最後の三つ目が、学業と同時に就職の時役立つ経験と実績を貯められる、という点です。

 

卒業後どのような道に進もうが、業種や雇用形態関係なく経験と実績は必須でしょう。

エンジニア以外の職種でも資格は役に立ちますし、エンジニアの中でもフリーランスだろうと就職してようと変わりません。

 

上記で解説したように、社会人になってから勉強する時間はないので学生のうちからの積み重ねは非常に大きいです。

少しでも時間に余裕のある学生のうちにできる限りの経験と実績を貯めておくことで、将来何かしら困ることも少なくなるでしょう。

 

クラウドソーシングのプログラミングで稼げるようになるには?

では、クラウドソーシングのプログラミングで稼げるようになるためにはどのようなことをすれば良いのでしょうか?

プログラミングに限らず、何か物事を習得するときは以下の順序で進めると良いと言われています。

 

①基礎を学ぶ
②応用を学ぶ
③実際に使ってみる

 

プログラミングの場合も同様です!

下記で手順をより詳しく説明していきます。

 

稼げるようになるまでの時間は約300時間!

一般的に、稼げるようになるまでの時間はおおよそ300時間と言われています。

300時間と言われてもパッとこないかもしれませんが、一日3時間勉強すれば約3ヶ月とちょっとで終了する計算になります。

準備に3ヶ月もかかるの?!と驚かれたかもしれませんが、「一生物のスキルが3ヶ月で手に入る」と思えば短いものです。

 

途中で挫折してしまうこともあると思いますが、以下の手順に沿ってやっていけば間違いないので是非参考にしてみてください。

 

手順①Progateで勉強(基礎編)

まず、プログラミング意外においても何か勉強を始めるときは基礎から勉強していかなければなりません。

その基礎を勉強するのに最適なのが学習アプリ「Progate

 

イラスト中心の可愛らしいデザインで、学生さんでも抵抗なく学習が進められるでしょう。

 

無料会員:基礎レベルの18レッスンが受講可能。
有料会員:公開中の79レッスン全て受講可能。980円/月

 

最初は無料会員で18レッスン受講してみて、自分にあっている/理解しやすいと思えたところで有料会員になるのがおすすめです。

 

また、プログラミング言語によってコースが分かれていますが、本気でプログラミングを学びたい方には以下の順番が良いでしょう。

 

HTML&CSS→ jQuery→JavaScript→Ruby on Rails5

 

PHPPythonといった他のプログラミング言語もありますが、この順番でこれだけを徹底的に学ぶのが一番効率的です。

そして、このコース順を2,3周やった頃にはプログラミングの基礎知識は完璧な状態になっているでしょう。

 

Progate 公式サイトはこちら

 

手順②プログラミングスクールに通う(実践編)

そして基礎が完璧になった暁には応用編で知識をさらに磨いていかなければなりません

独学だと続けにくい/挫折しやすいので、「プログラミングスクール」に通うことをおすすめします。

名前の通りプログラミングを教えてくれる学校のようなもので、料金やオンラインか通学か、など種類は様々です。

 

今回はその中から口コミが高く初心者さんにおすすめスクール2選を紹介していきたいと思います。

 

TechAcademy

とても有名なプログラミングスクールで、多くのプログラミング勉強中の学生さんが利用されています。

TechAcademyのポイントとしては、以下のような点が挙げられるでしょう。

 

・オンライン完結型
・現役のプロに質問できる
・卒業後もカリキュラム閲覧可能
・プランの料金が良心的

 

また、このTechAcademy一番のポイントとしては「現役プロのメンター(講師)」にすぐに質問できる点です。

独学だとわからないことがあっても聞ける人がおらず、疑問が解消できないまま挫折してしまうことが多いですが、講師がいるのでそのような心配は必要ありません。

 

そして、カリキュラムが卒業後も閲覧可能なのでコース受講期間に終わらなかった部分/復習したい部分があっても可能なのです。

コースは4週間、8週間、12週間、16週間の4つから選べますが、4週間だと短いと感じる人が多いそうです。

卒業後カリキュラムは閲覧できるとはいってもメンターはいなくなってしまうのでじっくりしっかり勉強したいという方は8週間がおすすめでしょう。

 

料金は受講するコース(24種類から選べる!)によって分かれますが、8週間だと100,000円〜200,000円ほどです。

2セット割や3セット割もあるのでお得に学習できます。

学生割引も効くので気になる方は是非公式サイトを一度覗いてみてください。

 

TechAcademy 公式サイトはこちら

 

CodeCamp

上記のTechAcademyと同じくらい知名度の高いオンライン完結型スクールです。

CodeCampのポイントといえば、マンツーマンでレッスンが受講できる、という点でしょう。

また、そのレッスンは年中無休で毎日7:00〜23:40まで開講しているのでどの時間帯でも学習を進めることが可能です。

 

コースは2ヶ月、4ヶ月、6ヶ月と期間が選択可能なので短期から長期まで、自分に合わせて調節することができます。

種類は5つありますが、全て受講し放題の「プレミアムプラスコース」や、必要なもの全てを選択できる「プレミアムコース」もあるので便利でしょう。

 

料金はTechAcademyと比較すると若干高めですが、それでも他のプログラミングスクールと比べると安い方です。

気になる方は是非公式サイトでチェックしてみてください!

 

CodeCamp 公式サイトはこちら

 

手順③自分でサイトを作ってみる(実践編)

基礎と応用が終了したら最後に実践編に移ります。

知識はバッチリでも実際に使えないと意味がないので、アウトプットすることでさらに自分のスキルを磨いていきましょう

 

サイトを立ち上げるもよし、アプリを開発してみるのもよし、自分の得意なことで大丈夫です

そして、その作り上げたものはこの実践編の後、実際に稼いでいく段階でとても役に立ちます。

 

ポートフォリオと言って、自分はこういうものを作れますよ!というアピールをするときに必要な資料になるのです。

自分が今まで学んできたこと全てを出し切って渾身の一作を作り上げてください

プログラミングを使った稼ぎ方4選

基礎編、応用編、実践編、と3つの段階を踏んでやっと一人前になれました。

ここまで約300時間を費やしていることになりますが、この時あなたは既にエンジニアとして稼ぐのに十分な知識と技術を持ち合わせているでしょう。

では、稼ぐ方法とは具体的にどのようなものがあるのでしょうか?

 

人によって活躍の仕方は違いますが、職種に限らず一般的にはこの4つのうちどれかでしょう。

 

・企業に就職
・アルバイトとして働く
・ネット上で仕事をする
・独立して自分で事業を立ち上げる

 

プログラミングの場合、もっと具体的にどのような働き方になるのか解説していきます。

 

エンジニアとして就職

まず一番王道な選択肢としてエンジニアとして企業に就職する、ということが挙げられるでしょう。

 

エンジニアの社会は完全実力主義なので、全てが技術で評価されます。

要するに、実績や経験のない中途採用より実績も経験もある新卒の方が何倍も稼げる、ということです。

 

学生の頃から現役でエンジニアをしていた新卒平均年収700万円
社会人になってから勉強をし始めて中途採用された人の平均年収300万

 

また、以下がエンジニアの平均年収を年度毎、年齢ごとに表しているグラフです。

全職種と比べるとシステムエンジニア(SE)の年収がいかに高いかお分かりいただけると思います。

 

引用:Create Village

 

企業で働いている時点で十分高い年収ですが、これがフリーランスになるとさらに上がります

年収1,000万ごえも狙える世界なのでもっと稼ぎたい、という方はフリーランスを目指すと良いでしょう。

 

プログラミングバイト

企業に勤めているとはいえど雇用形態が違うアルバイトだと時給1,500円ほどに落ちてしまいます。

週40時間、週休2日計算だと月収24万円、年収280万円ほどでしょう。

同じ業務内容でも雇用形態が違うだけで年収はかなり違うので、可能であれば正社員雇用の方がおすすめです。

 

それでも学生さんなどでアルバイトでないといけない、という方も多いと思います。

そのような方々がプログラミングバイトを探すときにおすすめなのがキャリアバイト、という求人サイトです。

3ヶ月以上の長期インターンを専門に扱っている学生さん向けのサイトになっています。

 

キャリアバイト 公式サイトはこちら

 

クラウドソーシング(在宅)

アルバイトではなくとも学生さんが稼ぐ方法はもう一つあります。

それがこのクラウドソーシングサイトで稼ぐ、という選択肢です。

 

プログラミングの案件の多さでいえば「クラウドワークス」や「ランサーズ」という2つのサイトのうちどちらかが良いでしょう。

WEB制作やアプリ開発だと一件1万円台のものから30万円越えのものまでたくさんあります。

 

働く上で必要なスキルは以下のようなものが多いです。

 

・HTML
・CSS
・JavaScript
・WordPress

 

応募の際に実績を提示しなければならない案件が多いと思うので、その際には実践編で作成したポートフォリオを提出しましょう。

 

また、クラウドソーシングサイト上で稼ぐ時のポイントは、同時並行でTwitterなどのSNSをやることです。

常にプログラミングに関連する最新の情報も入ることに加え、まれにSNS上で個別に案件をもらえる可能性があります。

 

そして、特に学生さんに注意していただきたいのが確定申告です。

源泉徴収なしの案件を受注している場合は毎年2月ごろに行われる確定申告をしなければならないので忘れないようにしましょう。

以下のサイトで学生さんの確定申告について詳しく解説しているので参考にしてみてください。

 

 

フリーランス(在宅)

この4つの選択肢の中でもダントツで収入が高いのがこのフリーランスです。

成功した場合は年収1,000万以上も見込めます。

仕事内容としてはオリジナルサービス、アプリの開発WEB制作などが多いですが、人によって様々でしょう。

 

また、成功すれば一番稼げる選択肢ですが、失敗してしまった場合一番稼げない選択肢でもあるので注意が必要です。

一般企業やクラウドソーシング等である程度の実績と経験を積んで、自分の顧客を掴めている人にはとても有効な稼ぎ方でしょう。

 

文系学生でもプログラミングはできる?

この記事を読まれている学生さんの中には、文系と理系の方どちらもいらっしゃると思います。

プログラミング=理系だと思われがちですが、実は文系学生の方でもプログラミングで稼ぐことは可能です。

 

「数学苦手だし…」と諦めてしまう方も多いと思いますが、プログラミングにおいて数学はある程度の知識だけあれば充分です。

数学よりも英語ができた方が有利に勉強を進められるでしょう。

 

また、学部にもよりますが理系より文系の方が時間に融通が効くことが多いと思います。

理系の中でも医学部薬学部などは特に忙しいそうですが、文系はもう少し時間に余裕がある学部が多いでしょう。

その時間を使ってプログラミングを勉強することで、理系学生よりも将来稼げるようになれるかもしれません。

 

まとめ

学生のうちにプログラミングを学ぶことで将来の選択肢が大きく広がる、ということがおわかりいただけたと思います。

エンジニアになりたい方はもちろん、それ以外の就職先を目指している方でも就活の際大いに有利になるでしょう。

 

勉強には膨大な時間がかかりますが、勉強を終えた後には平均の数倍を稼げる職種の選択肢が広がっています。

気になる方はこの機会に是非、今回紹介した勉強の3STEP(基礎、応用、実践)を参考にしながら勉強を進めてみてはいかがでしょうか?

 

 


>>詳しくは画像をクリック!


・クラウドソーシングサイトに登録したけどぜんぜん稼げない・・・
・月に5万円でもいいから副業で稼げたらいいのに・・・
・在宅で大きな金額を稼げるようになりたいけどそどうしたらいいのか・・・
・怪しい副業などではなくて、堅実に稼ぐ方法を知りたい・・・
・副収入を得て、もっと生活を楽にしたい・・・

もしかしたらあなたは、このようなことで悩んでいませんか?

 

もしクラウドソーシングサイトなどの副業でしっかりと稼ぎたいのであれば、
「スキル」をしっかりと身につけることで解決します。

 

そして、そのスキルを身につけるための講座を無料で行っています。

 

お金に縛られないストレスフリーな毎日を手にしてみませんか?

→【今だけ受講無料!】副業で堅実に月5万円稼ぐための講義の詳細はこちら

 

クラウドソーシング
chico1129をフォローする
クラウドソーシングのやさしい教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました