【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

クラウドソーシングの平均月収はいくら?ワーカーの実態を徹底解説 !

クラウドソーシング

「クラウドソーシングの平均月収はいくらなの?」

「クラウドソーシングは稼げないって本当?」

「クラウドソーシングで月収を上げる方法を知りたい!」

なんて考えている方はいらっしゃいませんか?

 

今回は、クラウドソーシングの平均月収や実態、月収の上げ方について徹底的に解説致します。

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

クラウドソーシングの平均月収はどれくらい?

「歩合制でよくある給料の格差」の写真

「クラウドソーシングを始めたいけど、どのくらい稼げるか分からないから、始めるのを躊躇している。」

なんて方は、いらっしゃいませんか?

下記項目では、クラウドソーシングの平均月収について詳しく説明致します。

クラウドソーシングの平均月収はいくら?

株式会社マイナビの調べによると、クラウドソーシングの全体の平均月収は、約45650円です

フリーターの平均月収は約13万円、正社員の平均月収は約35万円であるのと比べるかなり低いです。

 

上記の数字を見て

「クラウドソーシングは稼げないのではないか。」

と判断してしまう人も多いのではないでしょうか。

なぜ、クラウドソーシングの月収はこんなにも低いのでしょう?

 

次の項目では、その理由について解説していきます。

 

クラウドソーシングの平均月収を信用しすぎてはダメ!

クラウドソーシングの平均月収が低い理由として、以下の2点があげられます。

・実力のある人はクラウドソーシングを介さず、クライアントと直接契約を結んでいる。

・クラウドソーシングに登録したものの、実際に仕事をしていない人が多い。

 

クラウドソーシングを介して仕事を受注すると、売り上げの約20%を手数料として支払わなくてはなりません

上記の理由から、多くの収益を得ている人は、クラウドソーシングを通さずにクライアントと直接契約を結んでいることが多いのです。

 

しかし、一度クラウドソーシングを介して契約を結んだクライアントと直接契約を結ぶのは、規約違反となってしまいます。

 

なぜなら、クラウドソーシング運営会社は、クライアントと受注者の契約を仲介する代わりに、手数料を貰うことで経営が成り立っているからです。

 

従って、もしも直接契約を結んでしまったのが運営会社にバレてしまった場合、下記のようなペナルティがあります。

クラウドワークスの場合

・本来の手数料相当額か100万円、額の多い方の金額を違約金をして支払わなくてはならない

ランサーズの場合

・弁護士費用や謝罪広告費用などを含む損害賠償金を支払わなくてはならない

・損害賠償金とは別に、本来の手数料の2倍の金額または100万円の内、金額の大きい方を支払わなくてはならない

 

つまり、1度運営会社を通して契約を結んだクライアントと直接契約を結んだ場合は、最低でも100万円の違約金を運営会社に支払わなくてはならないのです。

 

それでは、どうして運営会社を介さずに直接契約を結んでいる方が多いのでしょうか?

実は、直接契約を結んでいる人は以下のような手順を踏んでいるからなんです。

 

①クラウドソーシングを通して仕事を得て実績を積む

②実績を見た別のクライアントから、SNSやメールを通して受注者に直接オファーが来る

 

つまり、クラウドソーシングを直接契約のオファーが来るまでの、実績を積む場所として利用している人が多いのも平均月収が低い要因の一つなのです。

 

また、クラウドソーシングに登録しても、仕事をせずにアカウントを放置する人が後を絶ちません

上記のようなアカウントが多いことも、クラウドソーシングの平均月収を下げる要因となっています。

 

クラウドソーシング業種別収入について解説

下記がフリーランスの平均年収と、クラウドワークスで、20万円以上の月収を得ている業種ランキングです。

フリーランスの業種別平均年収

  • ライター 300~500万円
  • WEB制作 300~400万円
  • デザイナー 700~800万円
  • ITエンジニア700~1200万円

 

クラウドソーシングで月収20万円以上稼いでいる業種ランキング

  1. ITエンジニア 38.3%
  2. WEB制作 27.2%
  3. デザイナー 23.7%
  4. ライター 3.6%

 

 

上記のデータから、ITエンジニアが最も高収入を得やすいことが分かります。

なぜなら、ITエンジニアは、現在慢性的な人手不足のため、クラウドソーシングを通して、仕事を外注する企業が多く、需要が高いからです。

 

ちなみに、ITエンジニアとは、簡単に言うとコンピューターやWEBで使用するシステムを作る人のことを言います。

具体的な仕事内容として、アプリの作成やサーバーの構成などがあげられます。

 

また、専門スキルが必要なWEB制作やデザイナーも高収入を得ることが可能です。

なぜなら、専門的なスキルや知識を要する仕事は、外注する企業が多いからです。

ただ、WEBサイトのデザインを行うWEB制作は、近年の競争激化により、収入が減少傾向にあるので、注意が必要です。

 

誰でも始められることで有名なライターは3.6%と、クラウドソーシングのみで20万円以上の収益を得ている人はほんの一握りなのが、上の数字から分かります。

しかし、ライターはクラウドソーシングで実績を積んでから、クライアントと直接契約を結んで仕事を受注し、高収入を得る事も可能です。

従って、一概に稼げないという訳ではありません。

 

クラウドソーシングのみで生計を立てることは可能?

クラウドソーシングのみで、生計を立てることは可能なのでしょうか?

答えはYESです。

実際クラウドソーシングのみで、生計を立てている人は100人以上存在し、中には年収1000万円以上なんて人もいます。

従って、クラウドソーシングをうまく使えば、それだけで生計を立てて自由気ままに生活することも、夢ではないですよ。

低収入クラウドワーカーの実態について徹底解説!

「月末までの生活費に頭を悩ます浪費癖のある男性」の写真[モデル:藤沢篤]

「クラウドソーシングは儲からない。」

「クラウドソーシングを続けているが収入が上がらない。」

なんて、考えている方はいらっしゃいませんか?

 

下記項目では、

・低収入クラウドワーカーの実態

・クラウドソーシングが儲からないと言われている理由

について詳しく解説していきます。

半数以上のクラウドワーカーの月収が5万円以下の理由は?

半数以上のクラウドワーカーの月収が5万円以下の理由は、副業やお小遣い稼ぎとしてクラウドソーシングを利用している人が多いからです。

クラウドワークスの調査によると、クラウドソーシングを利用している人の内、28%が専業主婦(夫)、27%が正社員・契約社員・派遣社員であることが明らかになっています。

 

つまり、本業や家事の合間の副業やお小遣い稼ぎとして、クラウドソーシングを利用している人が半数以上存在するのです。

上記の理由から、半数以上のクラウドワーカーの月収が5万円以下であると言えます。

 

クラウドソーシングが儲からないと言われるのはなぜ?

クラウドソーシングが儲からないと言われる理由として、下記のような理由があげられます。

・相場を大幅に下回る報酬の案件が多い

・手間がかかり、時給換算すると一般のアルバイトやパートの時給を大幅に下回る案件が多い

 

クラウドソーシング上には、相場を大幅に下回る案件が数多く存在します。

例えば、記事作成の文字単価の相場は、0.5円~5円とされています。

しかし、クラウドワークスやランサーズで記事作成の仕事を検索すると、文字単価が0.5円以下、酷いものは0.01円なんて案件が約半数を占めているのです。

 

また報酬が相場内だとしても、手間や時間がかかり、時給換算すると通常のアルバイトやパートの時給を下回ってしまう案件も数多く存在します。

 

例えば、2000文字の記事作成依頼を2000円の報酬金額で得たとします。

しかし、クライアントには

①文章を執筆するだけで2000円の報酬

②文章執筆、画像選定、URLの挿入、ワードプレス入稿、文字装飾全て含めて2000円

 

という2種類のパターンが存在します。

①のようなパターンであると、初心者でも2時間程度で仕事が完了するため、時給は

2000円÷2時間=1000円という計算になります。

 

しかし、②のようなパターンであると、4時間程度の時間を要するため、

2000円÷4時間=500円

という計算になり時給換算すると、かなり低い報酬となってしまいます。

 

上記のような実態から、クラウドソーシングは儲からないと言われています。

 

しかし、報酬の低い案件や手間のかかる案件は、完全に悪いとは言い切れません。

なぜなら、報酬が低い案件や時間のかかる案件には、下記のようなメリットが存在するからです。

報酬が低い案件は、スキルが無くても受注でき、競争率が低いものが多い

・納品したもののクオリティが高ければ、報酬をアップした上で継続依頼してくれるクライアントも存在する

・手間のかかる案件はスキルアップや実績に繋がり、次回から高単価な依頼を受注しやすい

 

 

つまり、クラウドソーシングは一見儲からないように見えますが、

① 報酬の低い案件や手間のかかる案件を受注して実績を積む

② ①で積んだ実績を元に高単価な案件を受注する

 

上記のような、手順を踏むことで高収入を得ることができるのです。

つまり、儲からないという人は、①の段階しか踏んでいない人と言えるでしょう。

低収入のクラウドワーカーの特徴

専業でクラウドワーカーをしている人の中にも、月収5万円以下の低収入なワーカーが存在します。

しかし、彼らには下記のような特徴があげられます。

高単価な案件が受注できていない

・継続依頼が少ない

 

 

クラウドソーシングで高輸入を得るには、高単価な案件を受注する必要があります。

なぜなら、低単価な案件を数多く得たとしても、高収入は望めないからです。

 

高単価の案件は、単価が高い分専門性の高いスキルを持ち合わせていたり、熱意を持って仕事をする人でない限り、受注することはできません。

しかし、高単価の案件が受注できない人は、スキルが無く提案文に具体性が無いという欠点を抱えている人が多いです。

なぜなら、クライアントは、受注者が高クオリティな仕事をしてくれるからこそ、高い報酬を支払うからです。

 

例えば自らがクライアントの立場であるとして、下記のような2人の受注者から仕事を依頼する人を選ぶとします。

・提案分がプロフィールをまとめただけのコピペ文の人

・具体的にどのようなスキルがあり、どんな風に仕事をこなしてくれるか書かれている人

 

どちらの依頼者を選びますか?

絶対に後者を選びますよね。

 

また、継続した依頼が無い限りは、高収入は望めません。

なぜなら、継続依頼を受けられた場合、提案文を作成する時間や手間を省くことができるからです。

従って、高単価な案件であったとしても、継続依頼に繋がらないものばかりを受注していたら、高収入を得る事は難しいでしょう。

 

クラウドソーシングで高収入を得る方法は?

「宝くじで当選した金額に税金はかかるのでしょうか?」の写真

 

「クラウドソーシングで収入を上げるにはどうしたら良いの?」

「スキル無し初心者がクラウドソーシングで稼ぐことは可能なの?」

なんて悩んでいる方も多いでしょう。

下記の項目では、クラウドソーシングで収入を上げる方法について、解説していきます。

クラウドソーシングで収入を上げる方法について解説!

クラウドソーシングで収入を上げるために下記の方法があげられます。

・専門的なスキルを身に着け実績を積む

・納期内に納品する

・クライアントの要望に沿った仕事をする

 

 

専門的なスキルを身に着けて実績を積むことで、高単価な案件を受注しやすくなります。

なぜなら、高単価な案件は、特定のスキルを持っており、実績のある人でないと依頼しないというものが多いからです。

さらに、専門的なスキルを身に着けている人は少ないため、他の受注者との差別化にも繋がるでしょう。

実際、自分が誰かに仕事を依頼するのであれば、ある程度スキルや実績がある人の方が、安心して仕事を依頼することができますよね。

 

また、納期内に依頼された仕事の納品を完了することや、クライアントの要望通りに仕事をすることも、収入アップに繋がります。

なぜなら、クライアントの信頼を得る事で、高評価獲得や継続依頼に繋がるからです。

 

実際、ランサーズで安心して仕事を任せられる人にのみ与えられる「認定ランサー」の称号を得るには、評価が4.8以上(最大5)であることが必要です。

 

ちなみに「認定ランサー」の称号を得ると、受注率や直接依頼が増加するというメリットがありますよ。

 

スキル無し初心者が収入を上げやすい業種は?

スキル無し初心者が収入を上げやすい業種は、「ライター」です。

なぜなら、ライターは、最低限の日本語能力さえあれば、スキル無しの初心者でも仕事を受注しやすく、実績を積むと単価アップに繋がるからです。

 

ただ、スキル無しの初心者が受注できる案件は、かなり低単価なのが実情と言えるでしょう。

しかし、低単価な案件でも懸命も数をこなし実績を積み重ねていくことで、徐々に文字単価は上がっていきますよ。

上記の理由から、スキル無し初心者にはライターがおすすめと言えます。

 

また、初心者ライターが手っ取り早く収入を上げるために、ワードプレスの入稿方法やSEOの知識を身に着けることも有効です

 

ワードプレスとは、ホームページ作成ソフトのことを指し、多くの依頼者はこのソフトを使用したホームページに掲載するための記事を募集しています。

しかし、文章を作成することができても、ワードプレスの入稿まですることができるライターは少ないのが実情です。

従って、ワードプレスの操作スキルを身に着けることで、他の受注者との差別化や単価アップに繋げることができます。

 

次に、SEOとは、Search Engine Optimizationの略であり、検索エンジン最適化のことを指します。

分かりやすく言うと、作成したウェブサイトを検索結果上位に表示させるための方法です。

SEOの知識を身に着けて記事を作成すると、検索結果上位に記事が掲載され、結果的に記事単価アップに繋げることができるでしょう。

 

 

クラウドワーカー必見!節税して手取りをアップさせる方法!

クラウドソーシングは、誰でも気軽に始めることができますが、収入が上がれば上がるほど払わなくてはならない税金が増えるのも事実です。

しかし、下記の2点を実行すれば、大幅に節税することが可能です。

 

  • 青色申告の複式簿記を利用する
  • 経費の見直しを行う

 

 

青色申告とは、お金の動きや、動いた原因を記入する「複式簿記」を利用して確定申告を行うことです。

この方法で確定申告を行うと、最大65万円の控除を受けることができます

分かりやすく言うと、所得額から65万円を差し引いた金額から、支払うべき所得税を算定することができるということです。

 

ちなみに、複式簿記の知識が無い方でも「やよい青色申告オンライン」や「会計freee」などの会計ソフトを使用することで、簡単に記帳を行うことができますよ。

 

ただ、青色申告を行うためには開業してから2か月以内、または青色申告する年の3月15日までに、「青色申告承認申請書」を提出する必要があります。

 

 

また、クラウドソーシングでは、「本来経費として計上できるものを見落とし、多く税金を払ってしまった。」なんてことも多いです。

見落としやすい経費として以下のようなものがあげられます。

 

  • カフェで作業や打ち合わせをした際の飲食代
  • 会計ソフト利用料
  • 家賃
  • 水道光熱費

 

基本的に、事業や売り上げに関連しているものは、経費としての計上が可能です。

そのため、経費を見直すことで、結果的に支払わなくてはならない税金を減らすことができます

 

しかし、家賃や水道光熱費は、全額経費として計上することはできません。

なぜなら、24時間365日家で仕事をする訳では無いからです。

 

 

主婦(夫)でも月収20万円以上稼ぐことは可能?

「子育てや家事が忙しくパートに出られないから、クラウドソーシングを始めた。」

という方も多いです。

それでは、そんな方でもクラウドソーシングで、月収20万円以上稼ぐことは可能なのでしょうか?

 

答えは「YES」です。

 

実際に、ランサーズには子育てをしながら月30~40万円も稼いでいるシングルマザーの方もいらっしゃいます。

 

従って、「子育てや家事をしながら、収益を得たい!」という主婦(夫)の方は、ぜひクラウドソーシングを始めてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

 

今回は、クラウドソーシングの平均月収や月収の上げ方について、徹底的に解説致しました。

 

・クラウドソーシングの平均月収は当てにならない

・工夫をすれば、クラウドソーシングだけで生計が立てられる

・スキル無し初心者でもクラウドソーシングで稼ぐことができる

 

以上の点から、どんな人でもクラウドソーシングのみで生計を立てられるほどの月収を得られる可能性があると言えます。

今から、クラウドソーシングを始めようと考えている方は、ぜひ参考にして下さい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました