【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

クラウドソーシングで本名は必要?開始時の名前について徹底解説!

クラウドソーシング

「クラウドソーシングに登録したいけど本名を使うのが怖い。」
「クラウドソーシングでは、本名とペンネームどちらを使用したら良いの?」
なんて考えている方はいらっしゃいませんか?

こちらの記事では、クラウドソーシングにおいての本名の必要性や、本名とペンネームどちらを使用するべきかについて、徹底的に解説します。

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

クラウドソーシングで本名は原則必要ない!

「両手で名刺を渡すビジネスマン」の写真

実はクラウドソーシングにおいて、本名は、必ずしも必要とは言えません。  

ただ、本名を入力しなければならない場面や、クライアントに本名を問われる場面が少なからず存在します。  

  こちらの項目では、それらの状況や、本名をクライアントに本名を公開しない方法について、詳しく解説していきます。  

クラウドソーシング登録時本名は必要?偽名を使うとどうなるの?

クラウドソーシングでは、初回登録時に本名・ユーザー名・表示名を登録する必要があります。  

 

ちなみにユーザー名とは、半角英数字を使ったユーザーを識別するためのIDのことを指します。  

例えるのであれば、メールアドレスや学校の学籍番号のようなものと言えるでしょう。  

また、表示名とは、クラウドソーシング上で表示される自分の名前のことを指します。  

  

 ユーザー名や表示名については、ペンネームでも全く問題はありません。  

  しかし、初回登録時の本名記入欄に、偽名やハンドルネームを入力したらどうなるのでしょうか?  

  結論から言うと本名入力欄に偽名を入力してしまうと、報酬を受け取ることができなってしまいます。  

なぜなら、報酬を受け取る際に登録できる口座は、初回登録時に登録した本名と名義が一致しないと使用することができないからです。  

 

  これは受注者側に限った話であるため、クラウドソーシングでは発注しかしないという方であれば、問題はありません。  

  ただ、クラウドソーシングを受注専門で使用したい方や、受注と発注どちらもする可能性がある方は、初回登録時の本名記入欄に、必ず本名を記入しましょう。  

  

クラウドソーシング登録時に入力した本名は誰かに公開されるの?

クラウドソーシングで受注を行う場合は、初回登録時には、必ず本名の記入が必要です。

 

  しかし、  

「会社に内緒で副業をしているため、本名が公開されたら困る。」  

「ネットで本名を入力するのに、抵抗がある。」  という方も多いのではないでしょうか。  

 

クラウドソーシング登録時に入力した本名は、誰かに公開されてしまうのでしょうか?  

  答えは、NOです。  

 

それでは、なぜクラウドソーシングにおいて、最初に本名を入力しなければならないのでしょうか?

それは、「本人かどうか」や「クラウドソーシング登録主と口座の名義人が一致しているか?」という確認のために本名が必要だからです。

 

そのため、不用意に誰かに公開される訳ではありません  

 

  実際にランサーズやクラウドワークスのマイページから、自分の登録情報を確認してみると、非公開になっています。

クラウドソーシングでクライアントに本名を教える必要はあるの?

「クラウドソーシングで、クライアントに直接本名や住所を聞かれた。」  

なんて経験をした方はいませんか?  

上記の場面において、本名や住所を教えるべきなのでしょうか?  

  結論から言うと、教える必要はありません。 

  

実際、クラウドソーシングにおいて、クライアントに本名を開示しなければならないのは、

  ・受注者がクライアントに源泉徴収をしてもらう場合  

・クライアントと秘密保持契約(NDA)を結ぶ場合

  の2つの状況のみです。  

  

ちなみに秘密保持契約(NDA)とは、クライアントの企業秘密を受注者が、他の人や他社にばらしたり自ら悪用したりせず、きちんと秘密を守ります。」という契約です。  

  また、前述した2つの状況になった際、クライアントと受注者の間にクラウドソーシング運営会社が仲介として入ります。

そして、受注者に情報を開示して良いか確認を取った上で、運営会社経由でクライアントに個人情報が開示されます。  

 

  そのため、原則として契約成立前に、クライアントと直接個人情報をやり取りする必要はありません。  

  それでは、なぜ契約が成立していないのにも関わらず、受注者に直個人情報の開示を求めてくるのでしょうか?  

  それは、悪質なクライアントが受注者の個人情報を抜き取ろうとしているという可能性が高いです。  

  

実際、受注の個人情報を抜き取ることを目的としている悪質なクライアントは存在します。

そして、「なぜ、個人情報が必要なのですか?」と聞くと、一切連絡が帰ってこないなんてことも起こっています。  

  そのため、契約前クライアントに本名の開示を求められても教える必要はありません。  

もしも、しつこく聞かれてしまった場合は契約を辞退するのが賢明でしょう。

クラウドソーシングにおいて本名とペンネームどちらを使うべき?

「疑問に感じるポイント」の写真[モデル:大川竜弥]

「クラウドソーシングの表示名を本名にするかを迷っている。」なんて方はいらっしゃいませんか?  

こちらの項目では、クラウドソーシングで本名やペンネームのメリット・デメリットや、本名を使わずにクライアントの信頼を高める方法などについて詳しく解説していきます。

本名とペンネームのメリット・デメリット

まず、クラウドソーシングで、本名を使用する主なメリットとして、  

・クラウドソーシングサイトにおいて、検索上位に表示されやすくなる。

・クライアントからの信頼を得られやすい。

  というものがあげられます。

  

  実際にランサーズは、本人の顔写真と本名を使用しているアカウントを、検索上位に表示されやすくする(実績やプロフィール充実度によって変動あり)と公言しています。  

  また、「本名を開示することによって、受注者はより責任感を持って仕事をしてくれるのではないか。」と考えるクライアントも多いです。  

 

そのため、本名を使用することによって、そのようなクライアントからの信頼を得やすくなるでしょう。  

  さらに、本名でクラウドソーシングを行うと、日常生活で自分の記事を読んだ人に出会い、仕事を受注できるなんてことがあるのもメリットの一つです。  

 

   次に、本名を使用する主なデメリットとして、  

 ・個人情報が特定されてしまう危険性がある。  

・評価が落ちた際、信頼を取り戻すことが難しい。

  ということがあげられます。  

 

  まず、本名で活動することで、住所や個人情報が簡単に特定できてしまいます。  

なぜなら、実名で検索すると、SNSや顔写真、所属していた会社や学校の情報がすぐに出てきてしまうからです。

 

そのため、副業禁止の会社に内緒でクラウドソーシングを利用しているという方や、個人情報流出が怖いという方は、本名を使用しない方が良いでしょう。  

  また、本名で活動中に納期が遅れてしまったり、大きな失敗をしてクライアントの信頼を損なってしまった際、信頼を取り戻したり、やり直したりするのが難しいです。  

 

なぜなら、クライアントが「あの人には、仕事を頼まない方が良い。」という情報を同業他所に拡散し、同業他社も仕事を依頼するのを辞めてしまう恐れがあるからです。  

  その際、もしもペンネームや本人画像で無いプロフィールを使用していたら、新しく名前や画像を変えて再スタートすることが可能です。

しかし、本名や本人画像を使用している場合は、それすらも難しいでしょう。  

  

  クラウドソーシングでペンネームを使用するメリットとして、

 

・自分の個人情報を守ることができる。 

・仕事の幅が広がる

  ということがあげられます。  

 

  まず、クラウドソーシングでペンネームを使用すると、個人情報漏洩や悪用などのリスクから身を守ることができます。  

また、副業禁止の会社で働いている方は、会社に副業でクラウドソーシングをしていることがバレにくくなるでしょう。  

  

そのため、友人や会社にクラウドソーシングをしていることを内緒にしたいという方や、ネットに個人情報を掲載したくない方は、ペンネームを利用するのがおすすめです。

 

  また、受注する仕事の幅が広がるのもペンネームを使用するメリットと言えます。  

なぜなら、ペンネームを使用することによって、アダルトコンテンツや宗教や思想を扱った仕事など、実名では受けづらい依頼も、気兼ねなく受注することができるからです。  

  

従って、幅広い仕事を受注したい方は、ペンネームを使用すると良いでしょう。

  

クラウドソーシングでペンネームを使用するデメリットとして、  

  

・クライアントからの信用を得にくい  。

・他の受注者とも差別化が図りづらい 

  ということがあげられます。  

 

 

  クライアントの中には、「顔も名前も分からない相手に、仕事を頼むのは怖い。」という方が一定数存在します。

そして、そのようなクライアントからの信用が得にくいのが、クラウドソーシングで、ペンネームを使用するデメリットと言えるでしょう。  

 

  しかし、名前よりも実績を見て判断するクライアントや、実名やペンネームに関係なく仕事を依頼するクライアントが増えているのも事実です。  

実際、ランサーズで、クライアントから高評価を得ていて、報酬が上位20%以内に入っている受注者がなることのできる「認定ランサー」の半数以上がペンネームを使用しています。

 

  また、現在多くの受注者がペンネームを使用しているため、受注の応募者が多数いる際、クライアントの印象に残りにくいのもペンネームのデメリットと言えます。  

  ただ、ペンネームを使用しながら、本名を使用している際と同じ位にクライアントの信頼を高め、印象に残る方法が存在します。  

 

次の項目では、その方法について詳しくご紹介いたします。  

クラウドソーシングで本名を使わずにクライアントの信頼を高めるには?

クラウドソーシングで本名を使用すせずに、信頼を高めるには  

・プロフィール画像を設定する  

・本名のようなペンネームを利用する。

  

  上記の2点を実行すれば良いです。  

  

  まず、プロフィール写真は、自分の写真、または似顔絵を設定するのが良いでしょう。  

なぜなら、それによって本名を使用していなくても、クライアントに自分がどのような人間かを伝えることができるからです。  

 

  また、プロフィール画像を設定していない受注者は、クライアントに  

  ・クラウドソーシングに慣れていない初心者  

・どのような人物か分かりにくいため、信用しづらい

  

  というような印象を持たれてしまい、受注に繋がりにくいのが実情です。  

 

  従って、本名を使用しないのあれば、プロフィール画像で個性をアピールするのが重要です。  

  

ちなみに、  

「プロフィール画像に顔写真を設定するのは抵抗があるし、似顔絵も上手く書けない。」  

と言う方は、自分の特技やスキルを出品できることで有名なクラウドソーシングサイト、「ココナラ」で、似顔絵やアイコンを発注することが可能ですよ。  

 

予算は3000円~が相場のため、誰でも気軽に発注するころが可能です。  

ココナラでプロフィール画像を発注するならこちらをチェック→https://coconala.com/categories/191

  

  また、クラウドソーシングでペンネームを使用する際は、「浜田佳子」というような姓と名がセットになったペンネームを使用のもおすすめです。  

なぜなら、ぺンネームは「まみ」のような名前のみの方や、「asaka hamada」というようなローマ字表記の方が圧倒的に多いため、応募者が多数いる案件で、クライアントの目に留まりやすいからです。  

  

 従って以上の2点を実践することによって、ペンネームを使用する際のデメリットを克服し、本名並みの信頼を得ることができるでしょう。  

クラウドソーシング上の名前の変更は可能なの?名前変更時の注意点

クラウドソーシングを利用している方の中には、  

「本名で登録していたが、ペンネームに変更したい。」  

「深く考えずにつけてしまったペンネームに後悔している。」  

なんて方もいらっしゃるでしょう。  

 

  それでは、クラウドソーシングの名前を後から変更することはできるのでしょうか?  

  結論から言うと、表示名は、マイページのプロフィール編集から、簡単に変えることができます。  

 

  ただ、注意点として、継続依頼を受けている場合、クライアントを混乱させてしまうということがあげられます。  

  例えば今まで、「山田太郎」という名前で取り引きしていた方の名前が、急に「高橋和夫」変わってしまったら、驚きますよね?

 

そのため、もしもやむを得ない理由で名前を変更する場合は、クライアントに一声掛けておく必要があります。  

契約書でペンネームを使用することは可能?

ペンネームを使用して活動する際、契約書のサインにペンネームを使用することは可能なのでしょうか?  

  答えは、「契約によっては使用できる」です。  

 

  法律上では、本名ではなくても、個人を特定できる名前であればサインとして使用することが可能とされています。  

そのため領収書や明細書等の宛名には、ペンネームを使用することが可能です。  

 

  しかし、銀行口座を開設する際や住宅ローンの契約書には、ペンネームを使用することはできません。  

なぜなら、これらの場合は、本人確認書類と契約者名が一致しなければ、契約を結ぶことができないからです。  

 

  ただ、銀行口座開設に関しては、開業届を出す際、屋号をペンネームにしてしまえば、ペンネームでの口座開設をすることができます。  

  以上の理由から、クラウドソーシングでは、本名よりもペンネームを使用することをおすすめします。  

クラウドソーシングのプロフィール作成について徹底解説!

「アフター5、パソコン教室に通う新入社員」の写真[モデル:大川竜弥 Lala]

クラウドソーシングでプロフィール情報を入力する際、沢山の個人情報を入力しなければません。  

 

しかし、  

・どの個人情報が必須なのか?  

・どの情報が不特定多数の人に公開されてしまうのか?  

  以上の2点が分からず困っている方が多いのではないでしょうか。  

 

  下記の項目では、プロフィール情報を入力する際の必ず入力しなければならない情報や、注意点について詳しく解説します。

名前、住所、生年月日など本人確認に必要な情報は適確に記入 

まず、クラウドソーシング登録時に本名や住所、生年月日を入力する際は、必ず正しく記入を行って下さい。  

 

なぜなら、ここで正しい情報を入力しないと  

・報酬振込先の口座を設定する際に、口座名義人と入力した名前が異なっていたら、報酬が振り込まれない 。

・登録情報に虚偽があると発覚した場合は、最悪クラウドソーシングへの登録を取り消されてしまう。  

 

  という危険があるからです。  

 

  ただ、最初に入力した本名や住所、生年月日は、本人の許可無く第三者に公開されることは無いので、個人情報を入力することに抵抗がある方も安心して入力して下さい。  

クラウドソーシングにおいて電話認証は必須ではない!

クラウドソーシングに登録する際、電話番号認証という項目が存在します。  

しかし、これは必ずしも行う必要はありません 

 

  ただ、電話番号認証を行うことによって、クライアントの信頼を高めることができます。  

実際、大手クラウドソーシング運営会社ランサーズでは、電話番号認証を行うと電話番号認証確認済みのマークがプロフィールに表示されます。  

 

  また、電話認証を行ったからと言って、クライアントに電話番号が公開されることはありません 

 

ちなみに、ランサーズには、サイト内に通話機能がついているため、電話番号をクライアントに教えなくても、通話することが可能です。  

公開情報による身バレに注意!素性を隠すプロフィール作成方法  

基本的に、クラウドソーシング上に入力した個人情報が公開されることはありません。  

しかし、住んでいる都道府県や年齢、性別は公開されてしまうため、そこから身バレしてしまう恐れがあります。  

  従って、どうしても身バレしたくないという方は、  

・本名と全く関係ないペンネームを使用する  

・プロフィール画像を自分にあまり似顔絵にする  

 

という工夫を行いましょう。  

 

  ちなみに、プロフィール画像は著作権侵害を行わないものであれば、基本的にどんなものを使用しても大丈夫なので、後ろめたく思う必要はありません。  

まとめ

「会議の資料をまとめる会社員」の写真[モデル:鈴木秀]

今回は、クラウドソーシングで本名は本当に必要かについて徹底的に解説しました。  

 ・クラウドソーシングで本名は原則必要ない。  

・ペンネームを使用しても、仕事に影響は無い。  

・基本情報の住所や名前、生年月日は正しく入力する必要がある。  

  

 

  以上の理由から、クラウドソーシングにおいて、本名は必要ないと言えるでしょう。  

  今からクラウドソーシングを始める方は、ぜひ参考にして下さい。  

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました