クラウドソーシングがライター初心者におすすめの理由を徹底解説!

クラウドソーシング

副業でライターの仕事を始めたい。

クラウドソーシングでライターの仕事をするのって、実際どうなの?

このような悩みを抱えている方も、多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、

  • クラウドソーシングがライター初心者におすすの理由
  • おすすめのクラウドソーシング3選
  • クラウドソーシングでのライターの始め方

これらの情報を記事にまとめていきたいと思います。

ぜひ最後までご覧ください!

クラウドソーシングがライター初心者におすすめの理由

これから、クラウドソーシングを使用して、ライターの仕事がしたいと考えている方も多いと思います。

クラウドソーシングとは、インターネット上で企業や個人が、自由に仕事を発注できるようなサービスのことです。

ライターの仕事は、ブログの記事作成やセールスライティングなどを行います。

仕事を獲得する方法としては、主に以下のような方法が挙げられます。

  • クラウドソーシングを利用する
  • SNSを利用する(主にツイッターを使用)
  • アルバイトや正社員として、直接雇用される
  • WEBメディアに直接応募する

 

この中でも、ライター初心者にとって、クラウドソーシングを利用することは非常に有効だと言えます。

その理由を解説していきますね!

理由①:登録するだけで未経験でも仕事を始められる

クラウドソーシングは、誰でも簡単に登録することが出来ます。

登録するだけで、未経験であったとしても、すぐに仕事への応募が可能という点が、おすすめの理由です!

 

SNSで応募をする場合は、一定数のフォロワーがいないと信頼獲得が難しいですよね。

また、実際に企業に応募する場合は、面接などの手順を踏まなければなりません。

しかしクラウドソーシングでは、そうした面倒な手順を一切省くことが出来ます。

そのため初心者には、非常におすすめだと言えますね。

 

登録には簡単な個人情報を入力すればOKなので、長くても10分以内には登録をすることが出来ますよ!

理由②:クラウドソーシングには初心者用の案件が多い

これからライターを始めようと考えている方のほとんどは、記事を作成した経験が無いと思います。

そんな状態で、いきなり1万字の記事を書けと言われても、中々難しいですよね。

 

クラウドソーシングには、案件の幅が広いという特徴があります。

・低単価な案件から高単価な案件まで
・初心者用の案件から経験者向け(プロ)の案件まで

そのため、初心者でも安心して、仕事を始めることが可能となります!

理由③:ライターとしての基礎スキルを学ぶことが可能

クラウドソーシングでは、ライターとしての基礎スキルを学ぶことが出来ます。

ライターに必要なスキルは以下のようなものです。

 

SEOライティングに対する知識(検索結果で上位表示させる技術)
読みやすい文章にするための文章力
記事の構成を考案する力

クラウドソーシングの案件には、ほとんどの場合、文章作成のマニュアルが用意されています

また、良心的なクライアントであれば、文章の添削を行ってくれる場合も。

そのため、自身のライターとしてのスキルを、着実にアップさせることが可能です!

ライター初心者におすすめのクラウドソーシング3選

初心者ライターには、クラウドソーシングがおすすめだということを解説してきました。

クラウドソーシングは、国内だけでも80種類以上のサービスがあります。

ライターとして仕事を始める場合、どれを利用すればいいかわからないですよね。

 

そこで、初心者ライターにおすすめのクラウドソーシングを3つピックアップして解説していきたいと思います!

オススメ①:クラウドワークス

1つ目のおすすめはクラウドワークスです。

クラウドワークスは、取引額とユーザー数で国内シェアNo.1を獲得しています。

案件の掲載数も300万件と、業界内でも非常に多いので、ご自身に合った案件を探すことが出来ますよ!

 

クラウドワークスにはもちろんライターとしての案件も数多く掲載されています。

調べてみたところ、2225件の案件が掲載されていました。(2020年5月現在)

初心者向けの案件も多いため、非常におすすめのサービスだと言えますね!

オススメ②:ランサーズ

2つ目のおすすめはランサーズです。

ランサーズは副業サービスとして満足度No.1を獲得しているクラウドソーシングとなります。

 

1つ目に紹介したクラウドワークスと比較すると、ライターとしての案件数は少ない

という印象です。

しかし、高単価な案件も数多く掲載されていますよ!

 

また、ランサーズには「認定ランサー」という独自の評価制度があり、仕事を継続することで様々なメリットが生まれます。

そのため、これから継続してライターの仕事をしていきたいという方に、おすすめのサービスです!

オススメ③:サグーワークス

3つ目のおすすめはサグーワークスです。

これまでに紹介した2つのクラウドソーシングでは、ライティングの他にも様々な仕事を取り扱っています。

しかしサグーワークスでは、ライティングの仕事を専門にしているという特徴があります。

 

そのため、ライティングを専門的に扱っているサービスを利用したい方には、非常におすすめなサービスです。

500文字以下の案件も多いため、初心者であっても仕事を始めやすいサービスだと言えますよ!

クラウドソーシングでライター初心者が仕事を始める方法

実際にクラウドソーシングで仕事を始めたいという方のために、どのような手順で仕事を始めればいいか解説していきたいと思います。

 

クラウドソーシングでライターとしての仕事を始めるためには、3つのステップが必要です。

①クラウドソーシングに登録
②案件を獲得するために、クライアントへ提案する
③契約を締結し、業務を開始

それぞれのステップに分けて、解説を進めていきたいと思います。

クラウドソーシングに登録する

まずは、クラウドソーシングに登録をするところから始めましょう。

先ほどおすすめしたクラウドソーシングに登録しておけば大丈夫ですよ!

 

クラウドソーシングに登録する際には、個人情報などと同時に自己PR(自己紹介)を記載しなければならない場合が多いです。

この自己PRが非常に重要となっています。

なぜなら、クライアントが確認する情報となっているからです。

 

自己PRには以下のような要素を盛り込むようにしましょう。

・これまでの自身の経歴(職歴やアルバイト歴)
・趣味など精通しているジャンル
・仕事に対する意気込み

特に、仕事に対する意気込みは重要な要素だと言えます。

  • 週に何時間ライティングに時間を割くことが出来るのか
  • 納期を必ず守ると提言する
  • 連絡は〇〇時間以内に返す

これらの情報が記載されていると、クライアントも安心して仕事を任せることが出来ます。

 

もしも具体的な記載方法が分からない場合は、他のユーザーの自己PRを確認してましょう!

案件を獲得するために、クライアントへ提案する

クラウドソーシングへの登録が完了すれば、実際に仕事を獲得していくことになります。

クラウドソーシングには、様々な仕事形式があります。
今回は、プロジェクト方式での仕事(クライアントと長期的に契約を結ぶ仕事)へ応募する場合の説明です。

クラウドソーシングで仕事を獲得するためには、クライアントに対して提案を行う必要があります。

いわば、アルバイトに応募する際の履歴書のようなものだと考えてください。

その提案を見たクライアントが、あなたの条件を見て、採用するか決めるという仕組みになります。

 

提案には具体的に以下のような情報を記載します。

・経歴や自己PR
・これまでの実績や執筆記事
・仕事の条件について

大前提として、仕事の募集要項の中に、提案に必要な情報が掲載されている場合は、その内容に従って提案文を作成してください。

 

提案文に関して、初心者がネックとなってしまうのは実績がゼロの状態から始めることになるということです。

この対処法としては、タスク案件で実績を作ったり、Google Documentなどでサンプル記事を作成してみることをおすすめします。

タスク案件とは、クラウドソーシング上ですぐに始められるような仕事です。

契約を締結し、業務を開始

提案が承認されて契約を獲得することが出来れば、ライターとしての仕事を始めることとなります。

その際に注意しなければならなことは、クライアントとの信頼関係を構築するということです。

 

クライアントとの信頼関係を構築するために必要なこと

・納期を必ず守る
・クライアントからの連絡に、しっかりと対応する
・不明点があれば、迷わずに連絡をする

信頼関係を構築するためには、このような基本的な行動が大切となります。

クライアントとの信頼が構築できないと、契約を継続してもらえなかったり、低評価を付けられることに繋がってしまいます。

クライアントと良好な関係を継続していくことを心掛けてください!

クラウドソーシングでライター初心者が稼げるようになるコツ

ライターとして活動していく方法を具体的に解説しました。

ライターとして仕事をしていく以上、早く初心者を脱出して稼げるようになりたいですよね!

 

そこで、クラウドソーシングでライター初心者が稼げるようになるコツを伝授していきたいと思います。

 

稼げるようになるためには、高単価な案件を受注する必要があります!

ライター初心者こそ低単価な案件がおすすめ

クラウドソーシングのライターの仕事で高単価な案件を受注するために、まずは低単価な案件をこなしていく必要があります。

ライター初心者が低単価な案件を受注するメリットはたくさんありますよ!

 

ライター初心者が低単価な案件をこなすメリット

  • 実績を積むことが出来る
  • 低単価な案件は競合が少なく、契約を獲得しやすい
  • 確実にスキルアップすることが可能
  • 契約を継続することで、単価アップを見込める

 

最初から高単価な案件を獲得することは非常に難しいため、実績を積むためにも低単価な案件をこなしていくことが、コツとして挙げられます。

高単価な案件にも積極的に応募する

先ほど低単価な案件をこなしていく必要があるということを説明しました。

しかし、高単価な案件に積極的に応募していくことも、一つのコツです。

 

ライターが全く未経験であったとしても、高単価な案件に採用されることがあります。

その理由として、自身の経験や知識が買われる可能性があるからです。

 

例えば、前職で銀行に勤めていた場合は、金融系の記事作成に活かすことが可能ですよね。

また、趣味で旅行に頻繁に行く方であれば、旅行関係の記事を専門性を持って執筆できます。

 

つまり、自分の専門ジャンルであれば、高単価の案件であっても初心者の状態で十分に戦えるということです。

機会損失を防ぐためにも、積極的に応募をしていきましょう!

価格交渉にチャレンジしてみる

クライアントのもとである程度継続的に仕事を行った場合は、価格交渉をしてみることもおすすめです。

価格交渉とは、クライアントに対して記事単価や文字単価をアップしてもらうために、交渉することを指します。

もちろん、価格交渉をすることなく報酬をアップしてもらえる形が理想的です。

しかし、以下の場合は価格交渉を行ってもいいと言えるでしょう。

 

・クライアントに対して長期的に貢献している場合(目安1カ月~3カ月程度)
・自身のスキルと報酬が見合わないと感じた場合
・クライアントと十分な信頼関係が構築できている場合
・現在の案件よりも好条件な案件へと、乗り換えるか悩んでいる場合

価格交渉に失敗してしまうと、クライアントからの信頼を失いかねません。

もしも価格交渉を行う場合は、慎重に行うことをおすすめします。

ライター初心者が知っておくべき知識

クラウドソーシングでライターを始めようと考えている方に向けて、知っておいて損がない知識をお伝えしていきたいと思います。

クラウドソーシングにおける文字単価の相場

クラウドソーシングには低単価な案件から高単価な案件まで、幅が広いということを解説しました。

単価の幅が広いと言っても、具体的にどの程度の金額かわかりにくいですよね。

ライティングの報酬は、一般的に文字単価という形で表されます。
文字単価は1文字当たりの報酬です。

具体的に低単価が何円かということを定義することは出来ません。

しかし、経験やデータをもとに定義してみましたので、参考程度にご覧ください。

 

ライター初心者にとっての単価相場

低単価(文字単価0.3円~0.9円)
理由:1円以下の案件から競合が少ないから
   時給に換算すると、通常のアルバイトかそれ以下

高単価(文字単価1円以上)
理由:案件を獲得する倍率が高いから
   時給に換算すると、一般的なアルバイトよりも稼げるから

ライターの仕事は最初が稼げないことがつらい

ライターの仕事は、楽をして稼げるというわけではありません。

もちろん辛いことがたくさんあるということを知っておく必要があります。

 

https://twitter.com/naomi0236/status/1254254941536833536

ライターの仕事を辞めてしまう人の多くは、ライターが稼げないという理由を持っていました。

ライターとして、初月から収益を上げることは、非常に難しいという現状があります。

 

しかし、その下積みの時期を乗り越えることで、最終的に高額の報酬を獲得することが可能となりますよ!

そのため、ライターを始めてから最初の3カ月が非常に重要だと言えます!

ライターについて勉強するためにおすすめの本

ライターとしてのスキルを身に付けるためには、実際に業務に携わるほかに、書籍で勉強をするという方法があります。

そこで、ライターとしての勉強をする際におすすめの本を、2つ紹介していきますね!

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—

画像参照元:Amazon

まず1冊目は、「沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—」という本です。

 

こちらの本の作者は、京都府のWEBプランニングチームで、WEBコンテンツのプロデュースやマーケティングに携わられていました。

この本を読むだけで、WEBライティングについて学べるだけでなく、SEOについての知識も身に付けることが出来ます。

 

内容は漫画形式のようになっているため、初心者でもわかりやすい内容となっていますよ。

この一冊を読んでおけば大丈夫だと言えるでしょう。

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング

画像参照元;Amazon

2つ目のおすすめは、「新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング」という本です。

先ほどの書籍がWEBライティングの教科書であるとするならば、こちらの本は文章作成の教科書だと言えます。

 

「ナタリー」というサイトの記者に対して、実際に使用されているトレーニング方式を、この本で学ぶことが出来ます。

記事をどれだけ読みやすくできるのか、そうした視点が数多く盛り込まれた一冊です。

クラウドソーシングと同時にブログを開設してみよう

クラウドソーシングでライターの仕事を始めると同時に、ブログを始めることも非常におすすめだと言えます。

 

自分のブログを持つことによって、様々なメリットを得られますよ!

  • 文章を書く経験になる
  • 作成したブログ記事を実績として提示できる
  • 上手くいけば収益化も可能

 

ただし、ブログを開設する場合、初期費用が掛かってしまうことがあるので、注意が必要です。

補足:WEBライターの養成講座や教材について

現在、インターネットが発達したことにより、ライターになるためのノウハウを簡単に学ぶことが出来ます。

その一つに、WEBライターの養成講座を受けたり、教材を有料で購入という方法があります。

 

もちろん、それらの方法も有効だと言えますが、それ以上に実戦経験を積むことが重要です。

なぜなら、実際に記事を書くことによって、技術は身につくからです。

 

まずは低単価な案件など、手に付けられる仕事を始めてみて、どうしても実力が身につかないと感じた場合に利用してみることをおすすめします。

まとめ

 

今回は、クラウドソーシングとライター初心者ということをテーマに、記事をまとめてきました。

 

・クラウドソーシングは、ライター初心者に非常におすすめ
・クラウドソーシングでは、コツコツと実績を積むことが重要
・クライアントとの信頼関係を大切にしましょう
・ライティングは実践することで上達する

ライター初心者にとってクラウドソーシングは非常におすすめのサービスです。

クラウドソーシングで仕事を進めるだけで、報酬を獲得できるだけでなくスキルアップも可能となります。

ライターという仕事は、参入障壁が薄く初心者にとっても大変おすすめです。

もしも、ライターとしての仕事を始めるか悩んでいる方がいれば、ぜひチャレンジしてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました