【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

クラウドソーシングのライティングで効率よく稼ぐコツは?Webライターで稼いだ体験談

クラウドソーシング

ライティングで効率よく稼ぐコツがわからない!

webライターはどんな仕事をするの?

初心者でもライターとして稼ぐことはできるの?

この記事を読まれているあなたはこんなふうに思ってはいませんか!?

 

今回は「ライティングで効率よく稼ぐコツ」、「初心者でもできる仕事選び」、「ライティングの仕事」などについて解説していきます。

少しでも参考にしてください。

 

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

 ライティングで効率よく稼ぐコツとは?

ライティングで効率よく稼ぐには5つのコツがあります。
初心者でクラウドソーシングの仕事をする人は、知っておいて損はありません。
知っておくことで将来ライターになりたい人はライティングのコツをわかりやすく解説します。

 

下記5つについて説明します。

  • 地道に案件をこなす
  • 依頼者の信頼を得て実績をとる
  • 仕事の依頼を増やしすぎると稼げない
  • 自分の得意ジャンルをみつける
  • ライティングの平均相場を知る

 

地道に案件をこなす

初めてクラウドソーシングなどで仕事をするときは、簡単な案件や初心者歓迎の記事作成などがあります。

記事単価は安いですが、案件をたくさんこなして実績を積み重ねることが大事です。

地道に案件をこなす理由は、実績評価がないと仕事がこない、安心して依頼者がお仕事を依頼することができないからです。

 

まずは、テスト記事がある案件や初心者でもできる案件、得意なジャンルを探して応募してみることをおすすめします。

 

依頼者の信頼を得て実績をとる

ライターで自分に合っている依頼者と出会えたらその方からの案件を継続して受注することをおすすめします。

なぜなら、依頼者との信頼関係が築けていると、継続して仕事を受注することができ、単発で仕事をするよりも稼ぐことができます。

 

依頼者は初めて仕事をするライターよりスキルや性格などを理解しているライターさんの方が依頼しやすいですが、継続して仕事を契約してくれる人の方が、新規で仕事を始めるより気持ちが楽です。

何か仕事をするうえで困ったことがあれば相談もしやすいので、継続して仕事を依頼してくれる案件に応募しましょう。

継続して依頼を受けているうちに単価を上げる相談もできます。

 

仕事の依頼を増やしすぎると稼げない

仕事を受注するクライアントを増やしすぎると稼ぎにくくなります。

稼ぎにくくなる理由は、案件を増やし過ぎてしまうと評価が分散して単価が上がりにくくなり、自分ができる要領をオーバーしてしまうからです。

 

副業で同時に仕事をするときは、2~3件くらいにしましょう。

限られた時間の中で自分が必要以上に無理しない仕事量が大切です。

 

まだ始めたばかりのときは、コツがわかるまで1件契約していましたが、ライティングになれてきたら2件~3件契約を結んでも仕事をこなせるかよく考える必要があります。

子育てや家の事情で作業ができないときもあるため、パソコンで作業できる時間を決めましょう。

 

もし、契約した案件の仕事ができないときは、契約を辞退する、納期を伸ばしてもらうなど依頼者に相談することをおすすめします。

 

3件以上の案件を同時に増やしてしまうと、日中や夜中寝ないで仕事をすることになる可能性があります。睡眠不足で倒れないように注意が必要。

 

毎日同じような案件をしていると新規で案件をしたい気持ちになりますが、今継続している仕事をこなして実績評価につなげましょう。

 

得意ジャンルの案件に応募する

今までしたことがないジャンルや知識がない案件について、記事をまとめると慣れないうちは2時間以上かかる可能性があります。

また、ライティングの仕事を初めてするときは、自分が得意なジャンルの案件に応募しましょう。


自分が好きな分野は、今までの経験と知識があるためライティングスキルがなくても、早く記事を書き上げることができ実績評価を積み重ねることで自信がつきます。

ライティングになれてきたら興味がある案件に応募すると、今まで知らなかったことを理解でき知識を深めることができます。

 

ライティングに慣れてきたら今まで興味がなかったジャンルなどに挑戦して知識を深めていきましょう。

SEOを理解する

SEOのことに関して理解をすることでWebライターとしての価値が高まるだけではなく自信もつきます。

SEOは、Googleの検索結果で一番上に表示させるためです。

 

ネットで検索すると様々な企業が記事を書いていますが、ライバル会社に負けないようにひとつでも多くの記事を書くことが大切です。

 

Web記事の多くは、検索結果で上位表示させることでアクセスを増やすと広告費で稼ぐビジネスモデルをしている人が多いです。

 

上位表示させるスキルを理解しているライターは、依頼者に信頼されやすく、継続的に仕事を依頼してくれます。

 

ライティングの平均相場を知る

ライティングの平均相場を知っておくことで、単価が安い案件の仕事には応募しません。

平均相場を知ることで、今自分がしている案件やこれから仕事を受注しようとしているときに文字単価を確認できるからです。

 

「ライティングの相場」
文字単価の目安
0.01円〜0.2円 絶対受けてはいけない
0.3円〜0.8円 初心者向け
0.8円〜1.0円 初心者向け
1.0円〜1.5円 初心者、中級者向け
1.5円〜2.0円 中級者向け
2.0円〜3.5円 中級者、上級者向け

 

ライティングの相場がそれぞれ分かれているため、応募するときは単価を確認しましょう。

 

「単価が安い案件」
初心者で知識がなくても時間があれば執筆できます。

・ネット上で書かれた記事をまとめる作業
・元の記事を自分の言葉で書き直すリライト記事

「単価が標準」
文章力や聞く力、構成力を学べば執筆できる

・実際に体験した記事を書く。
・相手の話をきいて記事を執筆する。

「単価が高い案件」
専門知識や個性、アイデア、スキルを使って執筆できる

・スマホのカメラ、デジカメなどで撮影したキレイな写真も一緒に納品する記事
・調査の上で書かれた専門的な記事
・自分で考えて書いた小説など。

など様々な案件がありますが自分のスキルや今のレベルにあった案件に応募しましょう。

 

ライティングを執筆するときに注意すること

クラウドソーシングでライティングの仕事をするときに注意することがあり、将来ライターとして仕事をしたいと考えている人は知っておく必要があります。

下記7つについて説明します。

  • 信頼できる案件か見極める
  • 単価が安い案件ばかり受けない
  • 3ヶ月以上は仕事を続ける
  • 案件などで知った情報は漏らさない
  • 納期までに仕事をする
  • こまめに依頼者と連絡をする
  • 初心者でも応募できる案件があるか

 

信頼できる案件か見極める

受注しようとしている案件が信頼できるか見極める必要があります。

信頼できる案件か見極める理由は、報酬が相場よりも低単価、報酬がないテスト記事を書かせる、依頼者の評価が4.5以下になってないかなどを確認する必要があるからです。

 

まれに、発注実績が0件の依頼者と契約して詐欺にあった、他のサイトへ誘導されたなどの被害にあわないようにするためです。

 

案件実績がない依頼者でも報酬を支払ってくれる人もいるため見極めが必要!

安心して仕事を受けることができるのは、評価実績がある依頼者と契約を結ぶようにしましょう。

 

単価が安い案件ばかり受けない

初めて仕事をするうちはなれないため単価が安い案件を受けてもいいですが、執筆に慣れてきたら相場より安い案件を受注しないようにしましょう。

単価が安い案件ばかり受けない理由は、安い案件ばかり受注していると自分が思っている以上に稼ぐことができないからです。

 

最初は高い単価な案件が気になると思いますが、最初は単価が安くても諦めずに実績評価を積み重ねましょう。単価は継続して案件をしている依頼者と交渉で単価を上げる方が効率が良いです。

 

単価交渉をするときは、こまめにクライアントと連絡を取り合い事前に信頼関係を作っておく必要があります。

単価交渉で文字単価が倍になることもあるので、3ヶ月くらい継続して仕事をしているなら、単価をアップする交渉をしてみましょう。

 

3ヶ月以上は仕事を続ける

契約した仕事は最低3ヶ月以上継続する必要があります。

3ヶ月仕事を続ける理由は、初めてライターの仕事をすると覚えることが多く、マニュアルを読んで理解するまでに時間がかかるから

 

テストライティングは、受けても落ちる可能性があり、せっかく長い時間かけて記事を執筆したのが無駄になってしまいます。テスト記事を書かなくても契約してくれる依頼者を探し、ライティングの知識を教えながら添削してくれる案件もあるため探してみましょう。

 

私も初心者でテスト記事の案件に応募しましたが、実績評価が1件もない案件は受かりにくいです。
テスト記事に落ちてもがっかりしないで記事を書く練習と思えば割り切れます。

 

実績評価があってライティングの基礎を教えながら報酬が受けとれる案件に応募しましょう。

案件などで知った情報は漏らさない

案件を受けるときに知った情報マニュアルや納品した記事は使わない。

案件で知った情報を漏らさない理由は、プライバシーに反してしまうため、マニュアルなどは第三者に公開してはいけないから。

 

また、記事作成のマニュアルなどは確認したら消去するなど対策をする。

ネット上でのやり取りですが、案件を受けるときに注意事項を確認した上で依頼を受けるようにしましょう。

 

納期までに仕事をする

Webライターとして仕事を受けたら納期に遅れない。

納期までに仕事をする理由は、初めての仕事でも納期までに記事を仕上げることは、社会人としてのマナーだからです。

 

信頼していた相手に裏切られるようなことがあると、契約がなくなる可能性もあるため必ず納期までに記事を執筆しましょう。

 

ただ、体調が悪い、事情があって納品できないときは連絡しましょう。

 

こまめに依頼者と連絡をとる

仕事に応募するときは、お互いの顔がみえない状態でやりとりをするため、案件に応募して仕事が決まったらわからないことや疑問に思っていることなどを依頼者に連絡しましょう。

こまめに依頼者と連絡をとる理由は、仕事を受注するときはネットを通して連絡をするため、お互いに顔がみえない状態でするため、こまめに連絡をとった方が信頼関係を築くことができるからです。

 

連絡がこないとメールを読んだのか確認ができない、記事を納品していないのに突然連絡がとれないなど、依頼者が困ってしまうため音信不通は避けましょう。

 

初心者でも応募できる案件があるか?

初心者でも応募できる案件はありますが、初心者で主婦でも作業ができる子育て、家事などの記事に挑戦してみましょう。

初心者でも応募できる理由は、ライティングの仕事が初めてでも気軽に仕事ができるように「初心者歓迎」という依頼もあります。

 

最初は誰でもなれない作業に戸惑うことはあり、毎日コツコツ記事を書くことでパソコン操作に慣れてきたら自分が得意とするジャンルに挑戦してみてはどうでしょうか?

子育て中でなかなか子供を預けて仕事ができないときは、自宅でパソコンがあればできるクラウドワークス、ランサーズなどのクラウドソーシングで登録するだけでお仕事ができます。

 

記事を書く仕事が苦手な人は、アンケートに答える、商品の口コミをまとめるなど、簡単な文章を書く案件もあります。

パソコンで記事を書くことに慣れて、わかりやすい言葉で誤字脱字がないように気をつけましょう。

 

初心者がライティングスピードを上げる7つのコツ

ライティングのスピードが上達するためには地道な努力が必要ですが、7つのポイントを知れば記事を書くスピードが早くなる可能性があります。

下記7つについて説明します。

  • 書ける記事を調べて案件をする
  • ライターの評価
  • 実績評価は最新情報
  • 連絡がスムーズにできる
  • 文章を書く前に見出しを考える
  • 仕事の時間を決める
  • 記事を書いたら見直す

書ける記事を調べて案件をこなす

発注数は多いほど信用できます。
発注数が多いときは、クラウドソーシングの仕組み、やりとりや進捗もスムーズに進めることができます。

受注している仕事が多いと、どんなジャンルでも調べて記事を書く癖がつき、記事を納品するペースがあがります。

 

クラウドソーシングを初めてするときは、慣れたクライアントにリードしてもらう形で仕事を進めてもらいましょう。

 

新しいアカウントや発注数が少ない依頼者は避けましょう。

 

まだ評価がない依頼者は、ライターさんとのやりとりでトラブルがあり、低い評価をつけられた可能性があります。

 

「実績評価がない依頼者と連絡したできごと」
実績評価がなくて新規で登録している依頼者で、簡単に誰でも作業ができます!という案件があり応募してみると、ラインに登録してくださいと連絡がきました。
ラインに登録してみると別な依頼者のほかに、別な人に話を3時間ほどきいたあとに初回でお金を払ってくださいと言われました。変な話だったのでネットで調べてみると、被害にあった人や勧誘された話だったので驚きました。
クラウドソーシングを通してチームの勧誘をしている人が多いので、実績評価が0件の案件には応募しないようにしましょう。

実績評価がなくても真剣に記事を執筆してくれる人を募集している案件もあるため、どんな仕事をするのか詳しいことをきいておくようにしましょう。

 

同じ案件でも、新しいクライアントとしてアカウントを登録している可能性が高いです。
発注数が少なく評価がついていないときは、単価が高くても様子を見ましょう。

 

ライターの評価

クラウドソーシングはお互いに評価する仕組みになので、過去の評価数とコメントを確認して仕事を受けましょう。

ライターの実績評価は、仕事を依頼する人、仕事を受注する人がお互いに評価を確認できるから

実績評価がついていると仕事を依頼しやすく、安心して仕事をすることができます。

 

低評価がついている理由
  • 依頼者側に問題があった
  • ライター側に問題があった
  • ライターとクライアントとの相性が合わなかった
  • 連絡がスムーズにとれなかった

 

高評価の中に1つだけ低い評価があるときは、ライター側に何か問題があった可能性有り!低評価をつけたライターのプロフィールを確認しましょう。

 

実績評価は最新の情報

実績評価が0件であっても案件を受注中で評価がついていないこともあります。

また、依頼者の評価情報がずっと更新されていないときは、担当者が変わっている可能性があるため連絡をとる必要があります。

実績評価が更新されていないと、仕事を安心して受注することはできない、利用していないなど不安感が増すため最新の実績評価をアップしている依頼者と契約を結びましょう。

 

実績評価が高いほうが安心して仕事に応募することはできますが、依頼者の情報や今までどんな仕事を契約してきたのかなどで判断することも大切です。

 

たまに情報が更新されずに高い評価がついた依頼者がいますが、新しい評価なのかを確認しましょう。

 

連絡がスムーズにできる

仕事を依頼してきた人とメッセージでやり取りするときは、連絡をとりあうことが大切です。

契約に同意したあとも疑問や都合が悪くなったなどの理由で、契約を解除するときも連絡をしないでそのまま放置していると低評価される可能性があるからです。

 

契約に同意してしまってから、依頼者が怪しい、連絡がスムーズにできないなどがあると契約を解除しなくてはいけません。

契約する前に仕事ができるかよく考えてから連絡をしましょう。

 

トラブルが起きたときに低い評価をつけられてしまう可能性があるため、メールのやりとりで違和感を感じる依頼者とは取引しないほうが無難です。

文章を書く前に見出しから考える

書きたいことが整理できていないときは、記事を書くスピードを上げたいなら見出しを先に考えましょう。

見出しを先に考えることで、何を書いたらいいのか要点がわかりやすく書いてあるためスムーズに執筆ができます。

 

見出しから考えるときは、ネットで調べてどんな記事がアップされているのかを確認して、見出しを決めていきましょう。

見出しを考えたあとは、一度プレビュー画面に変えて、誤字脱字がないか確認しましょう。

読んでいて悩みが解決できそうな記事なのかを確認してから記事を納品。

 

仕事の時間を決める

記事を書く時間を決めることが大切です。

自宅や静かな場所などで記事を書くときは、午前中や午後に仕事をする時間を決めておくことで集中して作業をすることができるから。

 

自宅で作業するときはなかなか作業が進まなくてダラダラすることもあるため、記事を執筆する時間は決めておきましょう。

WEBライターの仕事を初めてしたときは、自分の書きたい内容を頭の中で整理できないことが多く、1記事書き終わるまで時間がかかります。

 

最初は記事を執筆するのに時間がかかりますが、記事をたくさん書いていくうちにどのくらい時間があれば記事を書くことができるのかコツがわかってきます。

最後まで諦めずに記事を執筆することが大事です。

 

記事を書き終わったら見直す

最後まで記事を書き終えたら、記事の内容に間違いがないか、誤字脱字がないか、言葉づかいなどを確認しましょう。

何回も確認しても間違えることはありますが、記事を書いたあとは記事を見直す習慣をつけるようにしましょう。

 

最初は記事を納品期限までに書くように努力して、間に合わないときは連絡しましょう。

 

記事を確認するときには、ライティングの便利なツールはあるので、ネットで調べて使ってみましょう。

 

未経験者におすすめしたいライティングの仕事内容

クラウドソーシングで仕事を始める前に必要な物や未経験者におすすめのクラウドソーシングやライティングの種類などについて説明します。

 

始める前に必要なもの

パソコン、ネット環境を準備しましょう。

パソコンやネット環境があれば、自宅や外出先でも持ち運びができ、記事を執筆したいときに作業ができるから。

 

パソコンが1台あれば自宅やカフェなどで気軽に作業ができますが、パソコンを開く時間がなくてスマホで作業をすると効率が悪いです。

スマホは便利ですが、記事を書くときに画面が小さく不便なのでパソコンがあると効率よく作業ができるのでおすすめです。

 

未経験者におすすめしたいクラウドソーシングサイト

ネットで副業と調べれば、様々なクラウドソーシングがでてきます。

最近ではCMでもよくみかける会社もあります。

会員数が多いクラウドソーシングについて説明します。

 

クラウドワークス

引用:クラウドワークス

2012年からサービスが始まったクラウドワークスは、会員数が200万人以上登録している有名な副業サイトです。

仕事内容はアンケート、記事作成、デザインなど様々あるため、パソコンを使って得意なジャンルがあるなら応募してみましょう。

 

クラウドワークスを詳しく知りたい人は、関連のサイトをのせてありますのでクリックしてみてください。

 

クラウドワークス公式サイトはこちら

 

サグーワークス

引用:サグーワークス

将来ライターとして活動したい人におすすめのクラウドソーシングです。

会員登録をすることで、お仕事を自由に選べて、ライティングのスキルがなくて応募することができます。

 

自宅にいながら仕事ができるため、スキマ時間に記事作成が得意な人におすすめです。

詳しいことを知りたい人は、下記のサイトをクリックしてください。

 

ランサーズ

引用:ランサーズ

利用した人の満足度がNo.1で、安心して仕事に応募することができるサイトです。

困ったことがあれば24時間365日サポート窓口があるため安心して作業ができます。

 

優秀で実績評価がたくさんあるライターさんがいるため、初心者でも登録したら仕事を始めることができます。

興味がある人は関連性があるサイトをクリックしてみてください。

 

ランサーズの公式サイトはこちら

 

未経験でもできるライティングの仕事や種類

ライティング仕事の種類やクラウドソーシングの中で未経験者でも仕事ができるライティングについて紹介します。

  • Webライター
  • シナリオライター
  • 旅行ライター
  • コピーライター
  • 美容ライター
  • スポーツライター

 

Webライター

Webサイト上の文章を書く人は、Webライターは検索エンジンなどを意識したライティングが求められます。

Webライターは幅広い内容のWebライティングを行いますが、さまざまなジャンルの文章を執筆します。

文章を書くことができる人なら誰にでもできる仕事ですが、好奇心旺盛の姿勢が必要です。

 

シナリオライター

スマホゲームやYouTubeの動画の台本作成などが多く、人とは違う発想力が大切です。

例えばゲーム用シナリオは発想をまとめる構成力が必要で、動画用のシナリオを作るなら人を楽しませたい気持ちが必要です。

 

旅行ライター

旅行に関する記事を書くライターです。自分が旅先で出会ったものや人について執筆します。

webサイトだけではなく雑誌やパンフレットなどの紙媒体の仕事も多く、自分で撮影した写真を使うこともあります。

 

コピーライター

チラシや看板などにインパクトがあるタイトルを決めることです。

コピーライターの仕事は一人ではできないため、お互いに色々とアイデアを出しあって作っていきます。

 

美容ライター 

美容や洋服などに関する仕事内容を記事作成します。

以前アパレル会社に勤めていた人、デパートで化粧品コーナーを担当していたなどの経験があると記事が書きやすいです。

 

スポーツライター

雑誌やWebなどさまざまで、観戦した大会や試合のレポートを書いたり、選手へ直接インタビューしたことを書いたりします

また、スポーツの知識やスポーツ観戦が好きな人、スポーツをしていた人におすすめです。

 

Webライティングメリット、デメリット

ライターはパソコンとネット環境さえあればできる仕事で、働く場所を選ばなくても自分の好きな場所で作業ができます。

納期を守れば働く時間も自由なので、仕事量を調整しやすく、本業の忙しさに合わせて受注量を減らす止めることができます。

 

メリット

下記4つについて説明します。

  • 知識が増える
  • 未経験者でも始められる
  • ライティングスキルが上がる
  • 自分が得意なジャンルが増える

 

知識が増える

ライターは、知識や今まで体験したことを文章として書きます。

知識は知っているだけでは何も役に立たないので、実際に書くことで知識を自分の物になります。

さまざまな案件をこなしていくと自然と幅広い知識が身についていきます。

 

未経験者でも始められる

最新は本業があっても休みや空き時間に、クラウドソーシングに登録したら未経験者でもライター業を簡単に始めることができます。

文章を書くことが苦手な人には難しいですが、文章作成が好きな人にはおすすめの仕事です。

ライティングの内容は、自分で選ぶことができるため、最初は自分が好きなジャンルや知識を持っている案件からチャレンジしましょう。

 

ライティングスキルが上がる

文章を書くことは誰でもできますが、分かりやすく伝わりやすい文章を書くのは簡単なことではありません。

ライティングスキルは記事作成だけでなく、ビジネスシーンでも多く使われています。

ライティングに関するスキルがあれば、企画書や取引先へのメール文章を質のいい記事を提出することで、会社での評価が高くなる可能性も!

 

自分が得意なジャンルが増える

今まで挑戦したことがないジャンルの記事を書くと時間はかかります。

知らないことはネットで、調べるため今まで知らなかったことを勉強することができます。

今までの見方や知識の幅が広がり記事作成の幅が広がります。

 

デメリット

下記4つについて説明します。

  • ライバルが多い
  • 最初は単価が安い
  • 仕事とプライベートな時間の切り替えが難しい
  • 小さい子供が家にいると集中してできない

 

ライバルが多い

Webライティングのメリットは未経験者でも始めやすいですが、ライバルも多いです。

他のライターさんに負けないようにライティングスキルを磨くことが大切です。

  • 自分で取材して記事を書けるようになる
  • SEOの知識を身につける

などがありますが、SEOの知識を理解することで、スキルアップにつながります。

 

最初は単価が安い

Webライティングを始めたては単価が安いです。

実績が少ない時期は、文字単価が1円以下はよくあり、0.6円から始めると1,000文字書いても600円だけしか報酬がありません。

最初は実績のために単価が安くても、ライティングになれてきたら単価が高い案件に応募しましょう。

ただし、単価があまりにも安すぎる案件は避けましょう。

クラウドソーシングは、文字単価が0.1円の仕事が多く、1記事3,000文字書いたとしても300円しか稼げないとがっかりします。

たくさん報酬を稼ぎたいなら安すぎる案件には応募しないようにしましょう。

 

仕事とプライベートの切り替えが難しい

ライター業はパソコンさえあればすることができます。

趣味など自由時間にパソコンを使う人は多いです。

プライベートと仕事の切り替えが難しく、ダラダラ作業をしてしまうこともあるかと思います。

自宅でパソコンに集中できる部屋を作る、集中する時間をしっかり決めて切り替えを上手くする必要があります。

 

小さい子供がいると集中してできない

専業主婦で小さい子どもが家にいると、子どもがお昼寝していない、起きている時間などは、なかなか作業に集中することができません。

まだ手がかかる赤ちゃんが家にいるときは、作業があまりできないため昼間作業をするのは難しくなります。

 

クラウドソーシングのwebライターで稼いだ体験談

体験談1  2ヶ月で10万円稼いだ女性

1ヶ月は4万円くらいで、2ヶ月目に10万円を超えましたが、1日中ライティングをしている人ははたくさん稼いでいます。

初めから20万円以上稼ぐ人はごく一部の人です。

ただ、やる気と地道に記事を執筆していたら未経験者でも簡単に収入を得ることができます。

 

体験談2  8ヶ月で10万円稼いだ女性

体験談:小学生がいる専業主婦で昼間はパートで働きながら副業をしています。

月収10万円を達成したのは在宅ワークを始めて8ヵ月目で達成したようです。

月収5万円をこえてからはパートの出勤日を少しずつ減らして、月収10万円の頃になるとパートを辞めて在宅ワークのみで収入をえていたようです。

月収10万円を達成したときは、文字単価は1.5円で、同じ文字単価でも収入が2倍になったのは、依頼の数が増え、案件をこなすスピードが上がったことです。

「依頼の仕事が増えた」
Webライターのお仕事にはさまざまなジャンルの案件があり、美容や医療、ビジネスや住宅・不動産など、いただいた依頼は選り好みせずできる限り挑戦していたようです。

 

まとめ

ライティングで稼ぐコツは

  • 書ける記事を調べて案件をする
  • ライターの評価
  • 実績評価は最新情報
  • 連絡がスムーズにできる
  • 文章を書く前に見出しを考える
  • 仕事の時間を決める
  • 記事を書いたら見直す

などを習慣づけることで、記事を書いているうちにライティングスピードが上がります。

ライティングの記事単価も知っておく必要があります。

文字単価の目安
0.01円〜0.2円 絶対受けてはいけない
0.3円〜0.8円 初心者向け
0.8円〜1.0円 初心者向け
1.0円〜1.5円 初心者、中級者向け
1.5円〜2.0円 中級者向け
2.0円〜3.5円 中級者、上級者向け

初心者でもライティングの仕事はできますが、依頼者の実績評価を確認した上で仕事に応募することをおすすめします。

 

 

 


>>詳しくは画像をクリック!


・クラウドソーシングサイトに登録したけどぜんぜん稼げない・・・
・月に5万円でもいいから副業で稼げたらいいのに・・・
・在宅で大きな金額を稼げるようになりたいけどそどうしたらいいのか・・・
・怪しい副業などではなくて、堅実に稼ぐ方法を知りたい・・・
・副収入を得て、もっと生活を楽にしたい・・・

もしかしたらあなたは、このようなことで悩んでいませんか?

 

もしクラウドソーシングサイトなどの副業でしっかりと稼ぎたいのであれば、
「スキル」をしっかりと身につけることで解決します。

 

そして、そのスキルを身につけるための講座を無料で行っています。

 

お金に縛られないストレスフリーな毎日を手にしてみませんか?

→【今だけ受講無料!】副業で堅実に月5万円稼ぐための講義の詳細はこちら

 

クラウドソーシング
shonan01をフォローする
クラウドソーシングのやさしい教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました