【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

クラウドソーシングで稼ぐ!Webデザイン案件はおすすめできる?

クラウドソーシング

「クラウドソーシングのWebデザイン案件はおすすめ?」

「フリーランスWebデザイナーの平均収入は?」

「Webデザイン案件を受注する上で、必要なスキルや勉強法が知りたい」

 

この記事をご覧になっているということは、上記のような疑問を抱えているのではないでしょうか?

 

そこで今回は、クラウドソーシングのWebデザイン案件について徹底的に解説していきたいと思います。

是非参考にしていただけると幸いです。

 

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

クラウドソーシングのWebデザイン案件は非常におすすめ!

クラウドソーシングのWebデザイン案件は、非常におすすめできます。

以下でおすすめできる理由について解説していくので、興味のある方は是非参考にしてみてください。

 

スキルを要する業種なので、高収入が目指しやすい

Webデザインの案件はIT系の知識と技術があれば、誰でも稼ぐことが可能です。

クラウドソーシングの中ではスキルを要する業種と要さない業種だと、前者のお方が圧倒的に単価が高く、高収入が目指せます。

 

スキルを要する業種=受注できる人が少ないため、競争率が低い

 

同じ稼働時間だったとしても、Webデザインを受注している人とアンケート作業を受注している人ではおおよそ10万円ほどの差があるでしょう。

 

フリーランスWebデザイナーの平均月収は20万円

フリーランスWebデザイナーの平均月収は約20万円だと言われています。

副業としてクラウドソーシングをやっている方でも、月収5万円は到達している方が多いのが現状です。

 

中には月収100万円以上を稼ぐ方も

 

Webデザイン案件で稼いでいる方の多くは、クラウドソーシングサイトとSNSでの受注を併用しています。

クラウドソーシングサイトで実績や評価を貯めてから、より高単価の案件を目指してSNSで営業をする、と言う形が主流です。

 

クラウドソーシングのWebデザイン案件って本当に稼げるの?

クラウドソーシングは本当に稼げるのか、という点は誰しもが気になるところだと思われます。

ずばり、クラウドソーシングのWebデザイン案件で稼ぐことは、IT系のスキルさえあれば誰でも可能です。

 

以下でより詳しく解説していきます。

 

一生フリーランスとして稼ぐことも夢じゃない!

WebデザインなどのIT系案件は受注に特定のスキルを要するため、クラウドソーシングサイトの中でもかなり稼げる業種です。

スキルを要さない業種でガッツリ稼ぐのは至難の技ですが、Webデザインの場合はクラウドソーシング1本で生活することも難しくありません。

 

最初は副業として初めて、収入が安定してから本業に移行する人も多い

 

最初の2ヶ月〜半年間はなかなか安定しませんが、いずれ短時間の稼働でも一定の金額は楽に稼げるようになってきます。

 

 

Webデザイン案件で実際に得られる収入

利用するクラウドソーシングサイトによっても大まかに異なりますが、Webデザイン案件の相場は以下のような形です。

 

【プロジェクト形式の場合の案件相場】

  • トップページデザイン:1ページ50,000円
  • トップページコーディング:1ページ30,000円
  • バナー制作:1作品5,000円

 

コンペ形式の場合は約1.5〜2倍で募集されることが多いと言えます。

 

プロジェクト形式とは?:案件に応募後、採用の連絡が来たら業務を開始する。継続案件が多い。

コンペ形式とは?大会のような形式で、最終的に合格になるのは1人だけ。不合格の場合はタダ働きになってしまうので注意。

 

月に数件獲得できていれば生活できるレベルなので、クラウドソーシングを本業にすることも充分可能ですね。

 

クラウドソーシングのWebデザイン案件で稼ぐコツと受注のポイント!

Webデザインの案件を受注する際のポイントと、稼ぐコツを紹介していきます。

 

  • オリジナルのヒアリングシートを作成
  • 不合格・不採用の理由を考えて次に生かす
  • ポートフォリオを活用
  • 自分の最低時給を決める
  • 受注する際の提案文を作成

 

上記の5点を意識するだけで、案件の受注が格段にしやすくなるはずです。

現在実際にクラウドソーシングサイトを利用しているけど稼げない、という方は是非チェックしてみてください。

 

オリジナルのヒアリングシートを作成

ヒアリングシートとは、発注者への質問とその答えをまとめるリストのようなもののことです。

 

実際に案件を受注してWebデザインを作成する際に必要な情報(条件や指定)をまとめておくと、作成時に便利

 

ヒアリングシートには、以下のような内容を記載しておくとスムーズでしょう。

 

  • 好きな色、雰囲気
  • どのようなイメージのサイトなのか
  • 何か参考にできる既存サイトがあれば
  • 読者層、サイトの意図

 

もしデザイン制作の際にこのような情報があったら便利だな、と思うような項目があれば適宜付け足してみてください。

 

不合格・不採用の理由を考えて次に生かす

案件の募集形式を問わず、もし落とされてしまった場合には落選の理由を考えて、次に生かしていくことが大切です。

 

プロジェクト形式の場合

プロジェクト形式の案件に応募したのに採用されなかった場合は、以下のような理由が考えられます。

 

  • 受注実績の数が足りない
  • 発注者からの評価が低い(★4.5以下)
  • ポートフォリオを提出していない、好みではなかった
  • 充分な営業をしていない

 

受注実績や評価が充分でなかった可能性がある場合は、タスク形式の簡単作業案件などを受注して実績を数件溜めてから再度応募してみましょう。

また、評価が低いことは「仕事の質が悪い」というイメージに繋がってしまい、応募を断られてしまう原因になりがちです。

こまめな連絡を心がける、適当に仕事をしない、などを心がけて★5をキープしていきましょう。

加えて、ポートフォリオを提出していなかった場合は、その発注者の好みに合いそうなポートフォリオを添付して再度交渉をしてください。

 

ポートフォリオとは?:発注者に提示する用の自分の作品例・実績

 

資料がない状態では、「この受注者がどのような作品を作ってくれるのか」という想像ができないため、落とされてしまいやすいです。

 

コンペ形式の場合

コンペ形式の案件で不合格にされてしまった場合の理由としては、以下のような理由が考えられます。

 

  • デザインが好きではなかった、イメージと違った
  • 色使いが悪い、汚くて見辛い
  • コーディングの部分が意識できていない

 

コンペ形式は、実際に発注者が提示している条件に沿ってデザインを作成し、成果物として提出したものを発注者が審査する形式です。

 

実績数や熟練度、技術=有利ではなく、ただ「発注者の好みか」だけで決まる

 

そのため、デザインの制作に取り掛かる前に上記で解説したようなヒアリングシートを活用し、好みの事前調査をすることが必要不可欠だと言えます。

 

ポートフォリオを活用

ポートフォリオはプロジェクト形式の案件に応募する際はもちろん、常日頃からプロフィールに添付しておく形でも活用可能です。

 

プロフィールにポートフォリオがあると案件を依頼されやすくなる

 

ポートフォリオの提示がないと発注者は作品のイメージがしづらく、「本当にこの人にお願いしても大丈夫かな?」と不安になってしまいます。

上記のような不安を取り除き、イメージを膨らませてもらいやすくするのがポートフォリオ、いわゆる実績なのです。

 

自分が持っている技術や知識を全て詰め込むイメージで、渾身の一作を作り上げてみましょう。

 

自分の最低時給を決める

案件の作業効率を落とさないためにも、自分の単価をあらかじめ決めておくことは重要です。

 

しかし、時給とは言ってもWebデザイン制作案件のほとんどが固定報酬制で、時給ではありません。

そのため、時給換算にした際の時給をいくら、と決めておくことが大切です。

 

例:【時給1,000円以上の場合】

1ページ作成するのに5時間かかるから、1ページ5,000円以下の案件は受けない

 

時給の大まかな相場は以下のような形になります。

 

  • 初心者(経験1年未満):時給1,000〜1,500円
  • 中級者(経験1〜2年目):時給1,500〜2,000円
  • 上級者(経験2〜3年目):時給2,000〜4,000円
  • プロ(経験3年目〜):時給4,000円〜

 

利用するクラウドソーシングサイトによっても変わるので、おおよその目安として覚えておきましょう。

 

受注する際の提案文を作成

プロジェクト形式の案件に応募する際はメッセージが必須です。

しかし、メッセージにどのようなことを書けば良いのかわからない!という方向けに、提案文の構成を紹介していきます。

 

  1. 自己紹介
  2. 提案
  3. 付加価値

 

自己紹介

自己紹介は2〜3文に納めて簡潔に書きましょう。

 

はじめまして、○○(できれば本名)と申します。

○年前からWebデザインの勉強を始め、現在は○○(サイト名、活動地域)にてWebデザインの仕事をさせていただいております。

 

信憑性のある情報を書くことが大切です。

 

提案

発注者が求めているものが何なのかを理解し、それに沿った提案をすることが重要になります。

 

ご希望の条件や指定を拝見させていただきましたが、私は○○(得意分野、経験のアピール)を得意としているため、ご要望に沿ったデザインが作成可能です。

常に携帯かパソコンを側に置き、こまめな連絡を心掛けております。

加えて、納品は○日後(最短の日付を書く)には可能です。

 

この人になら仕事を任せても大丈夫だな!」と思ってもらえるような情報を書きましょう。

 

付加価値

自分に案件を依頼することによって発注者が得られるメリットを書いていきます。

 

尚、過去に制作したデザインを数件添付させていただきます。

【発注者の要望にあったポートフォリオをいくつか添付】

 

また、デザインの修正は3回まで無料で対応しているため、ご安心ください。

お忙しい中お手数ですが、ご返信お待ちしております。

 

ポートフォリオで技術面への信頼度を高め、安心要素を作ることで受注につながりやすくなります

 

クラウドソーシングのWebデザイン案件を受注する上で必要なスキルと準備品

クラウドソーシングサイトでWebデザイン案件を受注する際に必要なスキルと、準備しておくべきものについて説明していきます。

これから案件を探して受注する予定の方は必見です。

 

必要なスキル

クラウドソーシングサイトに限らず、Webデザイン制作で稼いでいくためには以下のようなスキルが必須だと言えます。

 

  • Adobe Photoshop, Adobe Illustratorの知識
  • Webデザイン全般についての理解
  • HTML/CSS(構築言語)の理解
  • レスポンシブデザインの知識
  • JavaScript/jQuery(プログラミング言語)の理解

 

上記はデザイン作業だけでなく構築作業も請け負う場合なので、デザイン制作のみの場合は上の3点のみで構いません。

 

レスポンシブデザインとは?:サイト訪問者の使用ブラウザや端末に応じてデザインを変更すること

 

スキルの習得方法・勉強法については後述していくので、興味のある方は是非参考にどうぞ。

 

準備するべきもの

Webデザイン案件を受注する際に必要なものは以下の4点です。

 

  • メインパソコン
  • 確認用のサブパソコン
  • 確認用のスマホ
  • ソフト

 

メインパソコン

デザイン制作で一番多用するパソコンのことです。

多くのWebデザイナーがMacBookProを利用していますが、他のパソコンでも構いません。

 

iMacなどのデスクトップ型でもOK!外で仕事をする場合は持ち運び用にノートパソコンを1台購入しよう

 

確認用のサブパソコン

制作作業はメインパソコンで行い、レスポンシブデザインの確認作業などをサブパソコンで行います

そのため、メインパソコンとは違うタイプのパソコンを選ぶことが必須です。

 

もしメインパソコンがiOSであれば、サブパソコンはWindowsやChromeがおすすめ

 

使用頻度が低く、スペックにこだわる必要がないため、1〜5万円程度の格安パソコンで充分だと言えます。

 

確認用スマホ

サブパソコンと同じく、レスポンシブデザインを確認するために必要です。

新たに購入する必要はなく、普段から利用しているスマホで構いません

 

ソフト

Webデザイン制作案件に必要なソフトは3本存在します。

 

  • Adobe Photoshop(12,936円+税/年)
  • Adobe Illustrator(28,776円+税/年)
  • Adobe Dreamweaver(28,776円+税/年)

 

上記の3点がセットになったAdobe CCの購入がおすすめですが、公式サイトで購入すると72,336円+税/年もかかってしまいます

 

少しでも安く購入したい方はAmazonを利用しましょう。

 

2020年7月25日現在:Adobe CC 12ヶ月版 65,096円

(同年7月3日時点では47,277円で購入可能だったため、時期によって大幅に変わる可能性あり) 購入はこちらから!

 

補足:クラウドソーシングのWebデザイン案件は未経験でも受注できる!

クラウドソーシングサイトのWebデザイン制作案件は、未経験の状態でも受注可能です。

しかし、Webデザインの知識や技術がなくては受注できないので、まずは勉強から始めていかなければなりません。

 

IT系の知識が全くない状態からクラウドソーシングサイトで案件を受注できるようになるまでは、約300時間かかると言われています。

 

1日3時間勉強していれば、3ヶ月で終わる計算

 

途方もない時間のように感じますが、一生稼いでいけるスキルを身につけられる機会なので、諦めずに頑張りましょう。

 

詳しい勉強法は以下の記事で解説しているので、未経験で受注できるようになりたいという方は要チェックです。

 

 

Webデザイン案件の受注におすすめのクラウドソーシングサイト3選

実際にWebデザイン案件が受注できるクラウドソーシングサイトを3選紹介していきます。

 

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • ココナラ 

 

全て登録料は無料なので、どれが良いか悩む、という方は複数のサイトを併用しても構いません。

しかし、あまりにも数が多すぎると実績が分散してしまい非効率的なので、2〜3サイトに留めることをおすすめします。

 

クラウドワークス

(画像引用:クラウドワークス 公式サイト

国内利用者数200万人を誇る大手総合型クラウドソーシングサイトです。

業種数。案件数ともに多く、相場もかなり高いと言われています。

 

また、仮払い制度が設けられており安全度が高い点や、CWコンシェルジュサービスなどの独自の便利機能が利用できる点も嬉しいポイントです。

初心者の方に自信を持っておすすめできるサイトなので、気になる方は是非利用してみてください。

 

 

クラウドワークス 公式サイトはこちら

 

ランサーズ

(画像引用:ランサーズ 公式サイト

上記のクラウドワークスと同等の規模の大手総合型クラウドソーシングサイトです。

国内で一番最初に立ち上げられたと言われているだけあって、利用者数や長年の愛用者が多いと言えます。

 

加えて、政府機関や大手企業も利用しているため、サイトの安全度や運営の信頼度が高い点も評価できます。

一時期ネット工作などが噂されたことがありますが、非常に安全なサイトなので心配無用です。

 

 

ランサーズ 公式サイトはこちら

 

ココナラ

(画像引用:ココナラ  公式サイト

上記2サイトと同じ総合型ですが、スキルマーケット方式という形態で運営されている特殊なサイトです。

 

スキルマーケット方式とは?:自分のスキルを出品し、それを購入してもらってから技術を提供する方式

 

自分で案件を探して応募する必要がないため、営業が面倒だと感じている方や、依頼されるのを待ちたいという方におすすめです。

 

しかし、スキルマーケット方式は通常のサイトよりも競争率が高く、案件が獲得しづらいと言われています。

初心者の方は上記2サイトで実績と評価を溜めてから、ココナラの併用を検討することをおすすめします。

 

 

ココナラ  公式サイトはこちら

 

まとめ

クラウドソーシングのWebデザイン制作案件は、スキルさえあれば誰でも高収入が稼げるため、非常におすすめです。

最初は収入が安定しなくても、2ヶ月〜半年後には月収20万円を突破しているでしょう。

 

Webデザイン制作案件で稼ぐのにはいくつかのコツが必要なので、是非覚えておきましょう。

 

  • オリジナルのヒアリングシートを作成
  • 不合格・不採用の理由を考えて次に生かす
  • ポートフォリオを活用
  • 自分の最低時給を決める
  • 受注する際の提案文を作成

 

案件に応募する際のメッセージが不安な方は、今回紹介したテンプレートを参考にしてみてくださいね。

 

 


>>詳しくは画像をクリック!


・クラウドソーシングサイトに登録したけどぜんぜん稼げない・・・
・月に5万円でもいいから副業で稼げたらいいのに・・・
・在宅で大きな金額を稼げるようになりたいけどそどうしたらいいのか・・・
・怪しい副業などではなくて、堅実に稼ぐ方法を知りたい・・・
・副収入を得て、もっと生活を楽にしたい・・・

もしかしたらあなたは、このようなことで悩んでいませんか?

 

もしクラウドソーシングサイトなどの副業でしっかりと稼ぎたいのであれば、
「スキル」をしっかりと身につけることで解決します。

 

そして、そのスキルを身につけるための講座を無料で行っています。

 

お金に縛られないストレスフリーな毎日を手にしてみませんか?

→【今だけ受講無料!】副業で堅実に月5万円稼ぐための講義の詳細はこちら

 

クラウドソーシング
chico1129をフォローする
クラウドソーシングのやさしい教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました