【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

クラウドソーシングは発達障害があっても利用可能?気になる点を解説

クラウドソーシング

「発達障害があってもクラウドソーシングは利用できるの?」

「オフィスワークとクラウドソーシングの違いは?」

「発達障害者に向いている仕事が知りたい。」

などと考えてはいませんか?

 

今回は、発達障害を持っている方がクラウドソーシングを利用する際に知っておくべきことや、特性にあった働き方について徹底解説致します。

 

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

クラウドソーシングは発達障害があっても利用できるの?

「考える外国人」の写真[モデル:Max_Ezaki]

発達障害がある方でも、クラウドソーシングを利用することは可能でしょうか?

下記項目では、発達障害を持つ方がクラウドソーシングを利用できるのか、また利用する際のメリットやデメリットについて徹底解説します。

 

クラウドソーシングは発達障害があっても利用可能!

発達障害がある方でも、クラウドソーシングを利用することができます。

なぜなら、クラウドソーシングの利用規約に「障害のある人がクラウドソーシングを利用してはいけない。」と言う記載は、一切存在しないからです。

 

ちなみに、下記がランサーズとクラウドワークスの会員規約です。

ランサーズ

  1. 満18歳以上であること
  2. 日本語を理解し、読み書き出来ること
  3. 本規約に同意すること
  4. 満18歳以上であって未成年である場合は、会員となること及び本規約に従って本サイトを利用することを、会員登録する前に親権者の包括的な同意を得ていること

ランサーズ利用規約より引用

 

クラウドワークス

(1) 満18歳以上であること。
(2) 未成年である場合には法定代理人の包括的な同意を得ていること。
(3) 電子メールアドレスを保有していること。
(4) 既に本サービスの会員となっていないこと。
(5) 本利用規約の全ての条項に同意すること。
(6) 過去、現在又は将来にわたって、暴力団等の反社会的勢力に所属せず、これらのものと関係を有しないこと。

 

つまり、クラウドソーシングは、日本語の読み書きができて、反社会的勢力に関係していない18歳以上の方なら誰でも利用することが可能と言えます。

 

クラウドソーシングは発達障害がある方の社会復帰の足がかりになる!

クラウドソーシングは、発達障害がある方の社会復帰の足がかりにもなるでしょう。

理由として、クラウドソーシングに下記のような特徴があることがあげられます。

 

・自分に合った仕事が探せる

・自分のペースで仕事ができる

・人間関係に悩む必要が無い

 

発達障害のある方は、特性上極端に苦手な業務が存在することや人間関係が原因で社会復帰を躊躇している方も多いでしょう。

しかし、クラウドソーシングであれば、上記のことを避けることができるため、仕事だけに集中することができます。

上記の理由から、クラウドソーシングは発達障害がある方の社会復帰方法として、有効であると言えるでしょう。

 

発達障害を持つ人がクラウドソーシングを利用するメリット

発達障害を持つ人がクラウドソーシングを利用するメリットとして、下記の3つがあげられるでしょう。

 

・人と最低限のコミュニケーションしか取らなくて良い

・仕事を選べる

・仕事量を自分で調整できる

 

人と最低限のコミュニケーションしか取らなくて良い

まず、クラウドソーシングのメリットとして、人とあまり関わらずに済むことがあげられます。

 

理由は、クラウドソーシングは、メッセージやチャットのやりとりのみで仕事が完結することが多いからです。

 

上記の理由から、会社でコミュニケーションが上手く取れず悩んだ方でも、クラウドソーシングは安心して利用できるでしょう。

 

仕事を選べる

自分で好きな仕事を選ぶことができるのも、クラウドソーシングのメリットとしてあげられます。

 

なぜなら、クラウドソーシングは、沢山の案件の中から自分の得意な仕事を選んで、受注することで仕事が始まるからです。

 

発達障害のある方には、特性上、得意な仕事と不得意な仕事が存在します。

しかし、クラウドソーシングを利用すれば、苦手な分野を避け、得意なことを活かしながら仕事を進めることができるでしょう。

 

仕事量を自分で調整できる

クラウドソーシングは、自分で仕事の量を調整することが可能です。

 

何故かというと、クラウドソーシングは自分のキャパシティを考えた上で、仕事を受注することができるからです。
例えば、集中力にムラのある人は、集中力のある時期に沢山仕事を受注し、集中力の無い時期になったら、仕事をあまり受注しないという選択ができます。
また、人よりも丁寧でゆっくり仕事をする方は、自分のペースでこなせる案件数だけに絞って仕事を受注することが可能です。

 

上記の理由から、障害が理由で決められた量の仕事を上手くこなせず悩んでいた方でも、ストレスなく働くことができるでしょう。

発達障害を持つ人がクラウドソーシングを利用するデメリット

発達障害を持つ人がクラウドソーシングを利用するデメリットとして、下記の2つがあげられるでしょう。

 

・収入が安定しない
・就業移行支援事務所の利用ができない場合がある

収入が安定しない

クラウドソーシングのデメリットとして収入が安定しないことがあげられます。

理由として、クラウドソーシングの仕事は、単発の案件を複数受注することで収入が発生することがあげられます

上記の理由から、受注できた案件の数や報酬によって、収入にばらつきがでてしまうと言えるでしょう。

 

しかし、収入が安定しないのは、悪いことばかりではありません。

 

なぜなら、あまり仕事が受注できなかったら収入はすぐに下がってしまいますが、仕事を沢山受注できれば収入は簡単に上がるからです。

 

従って、クラウドソーシングのデメリットとして収入が不安定なことがあげられますが、実は、簡単に収入を増やせるというメリットにも繋がると言えます。

 

就業移行支援事務所の利用ができない場合がある

クラウドソーシングを利用している場合、就業移行支援事務所の利用ができない可能性があります

理由として、クラウドソーシングは、自治内によっては就業と見なされてしまうことがあげられます。

 

ちなみに就業移行支援事務所とは、障害のある方が一般企業に就職するために受けられるサポートやトレーニングのことを指します。

 

また、就業移行支援事務所は、原則就業していない人のみしか利用することができません。

 

上記の理由から、「一般企業で再就職するために支援を受けたい。」と考えている方は、自治体に確認を取ってから、クラウドソーシングを利用することをおすすめします。

 

オフィスワークとクラウドソーシングの違いを徹底解説!

「録音可能なリモート会議でもメモを怠らない会社員の鏡」の写真

 

オフィスワークとクラウドソーシングは、勤務時間や仕事形態、報酬の面で違いがあります。

下記項目では、オフィスワークとクラウドソーシングとクラウドソーシングの違いについて、徹底解説致します。

 

オフィスワークとクラウドソーシングの勤務時間の違いは?

オフィスワークの場合、ほとんどの企業で1日8時間勤務、週休2日制が採用されています

何故かというと、労働基準法で下記のように定められているからです。

 

法定の労働時間、休憩、休日

  • 使用者は、原則として、1日に8時間、1週間に40時間を超えて労働させてはいけません。
  • 使用者は、労働時間が6時間を超える場合は45分以上、8時間を超える場合は1時間以上の休憩を与えなければいけません。
  • 使用者は、少なくとも毎週1日の休日か、4週間を通じて4日以上の休日を与えなければなりません。

厚生労働省HPより引用

 

オフィスワークは、休憩時間や休日が決められているため。規則正しく仕事をこなせるでしょう。

しかし、与えられた仕事が早く終わったり、気分が乗らなかったりしても途中で帰ることはできません。

 

一方、クラウドソーシングの場合は、納期内に仕事ができれば、勤務時間や休みを自由に決めることができます

従って、気分が乗らない時や仕事が速く終わった時は、すぐに仕事を切り上げることが可能です。

また、出社時間が無いため、朝好きな時間に起きて仕事をすることもできるでしょう。

 

しかし、自由度が高い分、休みすぎてしまったり、集中力が持続しにくくなってしまう場合があるので、注意しなくてはなりません。

 

オフィスワークとクラウドソーシングの仕事の違いは?

オフィスワークの場合は、あらかじめ業務内容が決められていたり、上司の人から仕事を振られたりする場合が多いです。

上記の理由から、自分の苦手な業務ややりたくない仕事をしなくてはならない場面も存在します。

また、仕事の一環として電話対応や訪問、出張などもこなす必要があるでしょう。

 

クラウドソーシングの場合は、自分で案件を受注しながら仕事を行うため、毎日の業務は日によって異なります。

家の中でできる仕事が多いため、出張や通勤も存在しません。

さらに、自分で仕事が選べるため、苦手やことややりたくない仕事を避けることができるでしょう。

 

ただ、クラウドソーシングでは、クライアントの案件に応募したり、営業をかけたりしないと仕事をすることができません。

また、通勤や出張が無いため、外出や散歩を心がけない限り、1日中部屋に籠もりきりになってしまうでしょう。

 

オフィスワークとクラウドソーシングの報酬の違いは?

オフィスワークの場合は、基本的に時給制が月給制が採用されています

従って、決められた時間に会社に行き、与えられた仕事を行うだけで安定した給料をもらうことができるでしょう。

ただ、収入が安定している分、昇給するのも難しいと言えるでしょう。

 

クラウドソーシングの場合は、自分で受注した仕事の報酬が自らの給料になります。

ちなみに、報酬は時給制ではなく、固定給制の場合が多いです。

上記の理由から、仕事に2時間かかった場合でも8時間かかった場合でも同じ報酬となります。

 

しかし、クラウドソーシングは税金と利用料を除けば、全て自分の手元に入るため、オフィスワークに比べて、手軽に収入が上げられる可能性が高いでしょう。

 

発達障害を持つ人が向いているクラウドソーシングの働き方は?

「在宅勤務になってもバリバリ働く社員」の写真[モデル:大川竜弥]

発達障害の方がクラウドソーシングを利用する場合は、特性に合わせて仕事を選ぶのがおすすめです。

なぜなら、自分の個性や特性に合わせて仕事を選んだ方が、クラウドソーシングで活躍できる可能性が高いからです。

 

下記項目では、障害の特性別の向いている仕事をご紹介します。

 

ADHDの人が向いている仕事

ADHDの方は、HPのデザインや企業のロゴを作成するデザインの仕事が向いているでしょう

なぜなら、ADHDの人は、直感力や発想力が優れている場合が多いからです。

 

ADHDとは、注意力の欠如や落ち着きの無さ、衝動性が通常の人よりも顕著に表れてしまう人のことを指します。

ADHDの人が仕事に活かせる特性として、下記のものがあげられます。

・1つのことに集中するのが苦手

・思い立ったらすぐに行動してしまう

 

ADHDの人が1つの物事に集中できないのは、他のものにすぐに興味が移ってしまうのことが原因と言われています。

 

例えば、ADHDの人が国語のテストを受けるとします。

すると、テストから外にいる鳥、鳥から黒板横にあるポスターというように次々に興味が移ってしまい、最終的にテストを解き忘れていたということが起こるでしょう。

 

しかし、上記の特性は、言い方を変えると、好奇心旺盛で他の人が気づかないことに素早く気づくことに長けているとも言えます。

従って、上記の特性を上手く活かせば、他の人が思いつかないような発想やアイデアに繋がるでしょう。

 

また、ADHDの人は、思い立ったら周りを見ずにすぐに行動してしまうという特性があります。

上記の特性の例として下記のような事例があげられます。

 

・自分が売れると思った商品周りに相談せずに、大量発注してしまった。

・無意味な会議に飽きて、急に退場してしまった

 

 

しかし、上記の衝動的な行動は、言い換えると直感力や行動力に優れていると言えます。

上記の理由から、ADHDの人が直感力や突飛な発想を活かしてデザインの仕事をすると、活躍できる可能性があると言えます。

 

PDDの人が向いている仕事

PDDの方には、数式や記号を使ってパソコンを操作したり、アプリを作成したりする、プログラミングの仕事がおすすめです。

理由としては、PDDの方は自分の好きなことや興味のあることに対して、並外れた集中力を発揮することがあげられます。

 

PDDとは、通常の人よりもコミュニケーションを取るのが苦手な人のことを指します。

また、PDDの人が仕事に活かせる特性として下記の物があげられます。

 

・興味のあることや好きなことに対して並外れた集中力を発揮する

・法則性のあるものや数字を順序立てて覚えるのが得意

 

上記の理由から、法則に乗っ取って記号や数式を羅列してするプログラミングは、PDDの人に向いていると言えるでしょう。

 

LDの人が向いている仕事

LDの方は、アンケートの集計や音声データの文字起こしを行うデータ入力の仕事が向いているでしょう。

なぜなら、データ入力の仕事の仕事は、ただデータを打ち込むだけなので、苦手な分野がある人でもできるものが多いからです。

 

LDとは、読み書きや計算、人の話を聞く能力の内のいずれかが、通常の人よりも著しく苦手な人のことを指します。

障害の例として、通常の人とほとんど変わらない能力を持っているのに、なぜが計算だけがほとんどできないというものがあげられます。

 

データ入力は、コピーアンドペーストや表計算ソフトを利用しながら行える仕事も多いため、苦手分野があっても活躍できる可能性が高いでしょう。

 

上記の理由から、LDがある人には、データ入力が向いていると言えるでしょう。

 

発達障害者がクラウドソーシングを利用する際知っておくべきこと

「営業成績ナンバーワンのビジネスマン」の写真[モデル:大川竜弥]

発達障害がある方はクラウドソーシングを利用する前に下記のことをチェックしておくと良いでしょう。

 

・障害者専用のクラウドソーシング

・発達障害者の方がクラウドソーシングを利用する際身につけるべきスキル

・クラウドソーシングのみで生計が立てられるか?

・発達障害者でもランサーズやクラウドワークスで活躍することは可能か?

 

障害者専用のクラウドソーシングが存在する!

クラウドソーシングの中には、障害者専門のクラウドソーシングが存在します。

サニーバンク

サニーバンクHPより引用

 

サニーバンクは、障害者でもできる仕事や障害者だからこそできる仕事を受注できるクラウドソーシングです。

主な仕事の例として、ライティングや簡単なプログラミング、イラスト作成などがあげられます。

 

また、専門的なスキルを要する仕事は、無料で講習会や研修を受けられるため、スキルの無い方でも安心して働けるのが魅力です。

 

さらに、仕事を探す際は、仕事内容や条件、外出や講習の有無まで詳しく確認することができるため、自分の特性に合わせて仕事を選びやすいのも魅力と言えるしょう。

 

サニーバンクの公式サイトはこちら

 

 

チャレンジドメイン

チャレンジドメインHPより引用

チャレンジドメインは、障害・スキル・就労意欲の3つを持ち合わせた人が法人から仕事を受注できるクラウドソーシングです。

主な仕事の例として、Web制作やデータ入力、デザインなどがあげられます。

 

また、チャレンジドメインはランサーズと提携しており、ランサーズから仕事紹介や、フリーランス知識やノウハウの提供を受けることも可能です。

発達障害者がクラウドソーシングを利用する際身につけるべきスキル

発達障害者の方がクラウドソーシングを利用する際、身につけるべきスキルとして、ライティングスキルがあげられます。

 

理由として、下記の2つがあげられます。

・ライティングスキルを身につければ、ライターとして活躍できる

・クラウドソーシングで仕事を得るには、魅力的な提案文が必要

 

ライティングスキルは、障害があっても基本的な読み書きさえできれば、簡単に身につけることができます。

また、ライティングスキルを身につければ、ライターとしてクラウドソーシングで活躍することが可能です。

 

ただ、下記のように考えているもいらっしゃるでしょう。

「自分は別の専門スキルを持っている。」

「ライター以外の分野で活躍したい。」

 

実は、ライティングスキルは他の職種を選んだとしても必ず必要なスキルと言えます

なぜなら、クラウドソーシングで仕事を受注するには、クライアントに魅力的な提案文を送り、数多くいる受注希望者の中から選ばれる必要があるからです。

さらに、魅力的な提案文が書けなくては、いくら専門スキルがあったとしても、仕事を受注できない可能性が高いでしょう。

 

例えば、もしも自分がクライアントの立場であった時、下記のような提案文が来たらどちらの提案文を書いた人を採用しますか?

ちなみに、依頼内容は「スマホの使い方について4,000文字程度の記事作成」です。

 

提案文A

初めまして。○○と申します。

今回のご依頼、ぜひ私にお任せいただけませんでしょうか?

私は、iPhoneを3年間利用しており、人に使い方のアドバイスをした経験もあります。

今回の記事は、スマホの使い方がよく分からない人や、スマホ初心者の人が検索することが考えられます。

従って、スマホに対する知識の無い方でもストレス無く読めるような記事を執筆致します。

また、初心者が陥りがちの使い方トラブルや、対処方法についても記載いたします。

ご依頼いただいた場合、記事は3日以内に納品致します。

今回、サンプルとして以前執筆した「初心者向けスマホ使い方ガイド」の記事を添付させていただきました。

どうか、よろしくお願いします。

 

提案分B

○○大学卒業。文章を書くのが好きです。

どんな記事やジャンルでも、上手く書けると思います。

 

 

上記の2つの提案分を見比べたら、もしも後者の法がスキルがあったとしても、提案分Aを書いた人を採用するでしょう。

 

従って、クラウドソーシングで発達障害者の方が活躍するためには、ライティングスキルを身につけると良いでしょう。

 

発達障害者でもクラウドソーシングのみで生計を立てることは可能?

発達障害者の方でもクラウドソーシングのみで生計を立てることは可能なのでしょうか?

結論から言うと可能です。

実際、クラウドソーシングを利用している方の中には、発達障害を持ちながらデザイナーやライターとして、活躍し、生計を立てている方がいらっしゃいます。

 

また、上記の方の多くが、発達障害だからこその特性を活かして仕事をしています。

 

下記が発達障害を持ちながらクラウドソーシングで生計を立てている人の例です。

 

・PDDの特性である、並外れた集中力を活かしデザイナーとして活躍

・LDで計算ができない分、文章力に長けていたため、ライターとして活躍

 

上記の理由から、発達障害の人を持っていても、自分の特性や得意分野を見つけ出し、上手く活かせばクラウドソーシングのみで生計を立てることは可能と言えます。

発達障害者でもランサーズやクラウドワークスで活躍することは可能?

発達障害者でも健常者が利用しているランサーズやクラウドワークスで活躍することは可能です。

なぜなら、上記のクラウドソーシングを障害者が利用してはいけないという決まりは無いからです。

 

クラウドソーシングでは、高クオリティの仕事さえできれば、障害の有無や性別、年齢などは特に問題視されません。

実際、クラウドソーシングには、発達障害や精神疾患が原因で会社を辞めて、クラウドソーシングを利用し始めたという方が数多くいらっしゃいます。

 

また、クラウドワークスやランサーズでは、プロフィール欄や提案文で発達障害であることを明かさなければ、クライアントに障害について知られることはありません。

 

上記の理由から、発達障害がある方でも、健常者と差別されることなくランサーズやクラウドワークスを利用することができるでしょう。

もしも障害を隠してクラウドソーシングで活躍したいのであれば、提案文やプロフィールで障害について明記しなければ良いでしょう。

 

まとめ

今回は、発達障害のある方がクラウドソーシングで活躍できるかについて詳しく解説致しました。

下記が今回の記事のポイントです。

・発達障害があってもクラウドソーシングで活躍できる

・クラウドソーシングでは、発達障害の特性に合わせて仕事が選べる

・発達障害があるからと言ってクラウドソーシング上で差別されることは無い

 

発達障害を持っていてクラウドソーシングの利用を検討している方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました