【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

クラウドソーシングに利用料はかかるの?気になる点を徹底解説!

クラウドソーシング

「クラウドソーシングに利用料はかかるの?」

「クラウドソーシングによって利用料は違うの?」

「クラウドソーシングの利用料を節約する方法をあるの?」

などと考えてはいませんか?

今回は、クラウドソーシングの利用料や、利用料の節約方法について徹底解説いたします

 

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

クラウドソーシングには利用料がかかるの?

「生活費がピンチ」の写真[モデル:千歳]

クラウドソーシングを通して仕事を受注すると、必ず利用料がかかります。

下記項目では、クラウドソーシングの利用料について詳しく説明します。

 

クラウドソーシングには利用料がかかる!

クラウドソーシングは、誰でも無料で登録することができます。

しかし、クラウドソーシングを利用して仕事を受注すると、システム利用料と振込手数料を支払わなくてはなりません。

なぜなら、クラウドソーシングは、利用料によってサービスや経営が成り立っているからです。

 

下記項目では、システム利用料と振込手数料について詳しく説明いたします。

 

システム利用料

システム利用料とは、契約が終了しクライアントから報酬を受け取った際に、受注者がクラウドソーシング運営会社に支払うお金です。

簡単に言うと、クライアントと受注者の間に立ってやり取りを手伝った仲介料のようなものです。

 

なぜ、クラウドソーシングにはシステム利用料がかかるのでしょうか?

 

結論から言うと、システム利用料によってクラウドソーシングは、成り立っているからです。

実際、クラウドソーシングは、クライアントや受注者に変わって下記のような仕事を行ってくれています。

 

・トラブルが起こった際のサポート

・受注者と発注者の仲介

・報酬金の管理

・領収書の発行

 

従って、システム利用料は、上記のようなサービスを行ってくれている運営会社への手間賃であるとも言えます。

 

ちなみに、システム利用料の相場は、報酬金の約20%です。

 

振込手数料

振込手数料とは、クラウドソーシングで得た報酬金を受注者の口座に振り込む際の手数料です。

 

ちなみに、振込手数料の相場は1回の振込につき約500円です。

また、多くのクラウドソーシングでは、毎月15日と月末日の2回の振込日が存在します。

 

従って、クラウドソーシングの振込手数料は、1ヶ月に約1000円かかると言えるでしょう。

 

クラウドソーシング別利用料を徹底解説!

クラウドソーシングの利用料は、運営会社によって異なります

下記項目では、クラウドソーシングの利用料と、半月で30万円儲けた際の利用料と手取り額(税込み)をご紹介します。

 

クラウドワークス

下記がクラウドワークスの利用料です。

 

システム利用料

タスク案件 報酬の20%

10万円以下の部分 報酬の20%

10万円以上20万円以下の部分 報酬の10%

20万円以上の部分 報酬の5%

振込手数料 500円(楽天銀行のみ100円)

(システム手数料は税抜きです。)

 

クラウドワークスで半月に30万円儲けた際の利用料は35500円、手取りは261,000円となります。

 

下記が利用料と手取り額の計算式です。

 

システム利用料=+(100,000円×0.2)+(100,000円×0.1)+(100,000円×0.05)

=20,000円+10,000+5000

=35000円

利用料=システム利用料+振込手数料

=35000円+500円

=35500円

 

また、クラウドワークスのシステム利用料は税別のため、手取り額は報酬から利用料と消費税を差し引いた金額になります

 

税金=35,000円×0.1=3,500円

手取り=報酬-利用料-税金

=300,000円-35,500円-3,500円

=261,000円

 

ランサーズ

下記がランサーズの利用料です。

 

システム利用料

10万円以下の部分 報酬の20%

10万円以上20万円以下の部分 報酬の10%

20万円以上の部分 報酬の5%

振込手数料 500円(楽天銀行のみ100円)

※上記数字は税込価格です。

 

ランサーズで半月に30万円も受けた際の利用料は35500円、手取りは264,500円となります。

 

下記が利用料と手取り額の計算式です。

 

システム利用料=+(100,000円×0.2)+(100,000円×0.1)+(100,000円×0.05)

=20,000円+10,000+5000

=35000円

利用料=システム利用料+振込手数料

=35000円+500円

=35500円

 

手取り=報酬-利用料

=300,000円-35,500

=264,500円

 

ココナラ

下記がココナラの利用料です。

 

システム利用料

5万円以下の部分 報酬の25%

5万円以上10万円以下の部分 報酬の20%

10万円以上50万円以下の部分 報酬の15%

50万円以上の部分 報酬の10%

振込手数料 160円(3,000円以上の場合は無料)

※上記システム利用料は、税別です。

 

ココナラで30万円稼いだ場合は、利用料が62,500円 手取りが231,250円となります。

下記が利用料と手取り額の計算式です。

 

システム利用料=50,000円×0.25+250,000円×0.2

=12,500円+50,000円

=62,500円

 

ココナラは、3,000円以上の報酬を振り込む際の振込手数料はかかりません。

 

また、ココナラの場合別途で消費税(10%)がかかるため、手取り額は下記のようになります。

 

消費税=利用料×0.1=62,500円×0.1=6250円

手取り=報酬-利用料-消費税

=231,250円

 

シュフティ

下記がシュフティの利用料です。

 

システム利用料 報酬の10%

振込手数料 550円

※上記の金額は税込みです。

 

シュフティで30万円稼いだ場合の利用料は30,550円、手取りは269,450円となります。

 

システム利用料=300,000円×0.1=30,000円

利用料=システム利用料+振込手数料

=30,000円+550円

=30,550円

 

手取り=300,000円-30,550円

=269,450円

 

Sinobiライティング

 

下記がSinobiライティングの利用料です。

システム利用料 無料

振込手数料(楽天銀行・ジャパネット銀行以外) 150円

(上記は全て税込です。)

Sinobiライティングで30万円儲けた際の利用料は150円、手取りは299,850円となります。

 

Sinobiライティングでは、システム利用料がかかりません。

従って、Sinobiライティングで30万円儲けた場合の利用料は、振込手数料の150円のみとなります。

また、手取りは、300,000円-150円=299850円です。

 

クラウドソーシングの利用料についての疑問を徹底解説!

「考える外国人」の写真[モデル:Max_Ezaki]

クラウドソーシングで仕事を受注した場合は、利用料を支払わなくてはなりません。

しかし、発注者の場合や契約が途中終了した場合はどうなるのでしょうか?

 

下記項目では、上記のようなクラウドソーシングの利用料にまつわる疑問を徹底解説いたします

 

発注者にも利用料はかかるの?

クラウドソーシングで仕事を発注する場合は、基本的に利用料はかかりません。

ただ、案件を受注者の検索結果上位に表示したり、高評価を得ている受注者のみを応募したりする有料オプションには、利用料がかかります

 

実際、ランサーズやクラウドワークスには、下記のような有料オプションが存在します。

 

ランサーズ

ランサーズ公式HPより引用

 

クラウドワークス

 

クラウドワークス公式HPより引用

 

途中で契約を辞退した場合でも利用料はかかるの?

もしもクライアントとトラブルになったり、一身上の都合により契約を途中で辞退したりする場合でも、受注者は利用料を支払わなくてはならないのでしょうか?

結論から言うと、支払わなくて大丈夫です。

 

受注者が支払う利用料は、原則契約が終了して、クライアントから報酬を貰った時点で発生します。

しかし、契約を途中で辞退した場合は、そもそも報酬が発生しないため、利用料を支払う必要は無いのです。

 

クラウドソーシングの利用料は経費として計上できるの?

クラウドソーシングの利用料は、経費として計上することができるのでしょうか?

結論から言うと、計上可能です。

 

なぜなら、クラウドソーシング利用料は、フリーランスを行う上で必要な費用だからです。

経費とは、仕事を行う上で支払わなくてはならない費用のことを指します。

 

従って、利用料は、経費として計上可能と言えます。

 

また、利用料を経費として計上する場合は、「支払手数料」として計上します。

 

例えば、クラウドソーシングで1,000円の報酬を得て、200円を利用料として支払ったとします。

 

そうすると、下記のように仕分けることができます。

ちなみに、売掛金とはお客様からお金をツケ払いされることを指します。

なぜなら、クラウドソーシングは大抵半月に1度、複数のクライアントから貰った報酬を、運営会社がまとめて、受注者の口座に振り込むからです。

 

クラウドソーシングで利用料を節約するには?

「へそくりの隠し場所はブタの貯金箱」の写真[モデル:大川竜弥]売上の約20%を取られてしまうクラウドソーシングの利用料は、かなりの痛手ですよね。

しかし、利用料は工夫をすれば節約することが可能です

 

下記項目では、利用料の節約方法について解説いたします。

利用料が低いクラウドソーシングを利用する

利用料の低いクラウドソーシングを使えば、利用料を節約することができます。

 

具体的な例として、シュフティとSinobiライティングがあげられます。

なぜなら、シュフティはシステム利用料が報酬の10%、Sinobiライティングは無料だからです。

 

実際、ランサーズ、シュフティ、Sinobiライティングの利用料や1万円稼いだ場合の手取り額(税込み)を比べたら下記のようになります。

 

 

上記の表を見ると、Sinobiライティングやシュフティは、ランサーズを利用した時に比べて、

950円~2350円も節約できることがわかります。

 

従って、「利用料をあまりかけずにクラウドソーシングを利用したい!」という方は、Sinobiライティングかシュフティを利用することをおすすめします。

 

振込先銀行を楽天銀行にする

クラウドソーシングの振込先銀行を楽天銀行にすると、

手数料を大幅に節約することができます

なぜなら、クラウドソーシングでは、楽天銀行を利用する方が、振込手数料が安い場合が多いからです。

 

実際クラウドワークスやランサーズは、楽天以外の銀行の振込手数料が500円なのに対し、楽天銀行は100円しかかかりません。

 

また、下記が1年間クラウドソーシングの報酬が口座に振り込まれた際の、銀行別振込手数料です。

楽天銀行 100円×2×12=2400円

楽天銀行以外の銀行 500円×2×12=12000円

 

従って、楽天銀行を振込先口座に設定するだけで、年間9600円もの節約に繋がると言えるでしょう。

 

出金方式をキャリーオーバー方式にする

出勤方式をキャリーオーバー方式にすることも手数料の節約に繋がります

 

キャリーオーバー方式とは、受注者が振込を依頼するまで、報酬金が繰り越すことを指します。

 

多くのクラウドソーシングでは、報酬金を最大180日までキャリーオーバーすることが可能です。

上記の方式に切り替えれば、半月に1度報酬を振り込まれる、自動出金方式よりも最大12分1まで振込手数料を押さえることができるでしょう。

 

下記の表は、6月1日から11月28日までの、キャリーオーバー方式と自動出勤方式の振込手数料比較です。

なお、クラウドソーシングは、ランサーズを利用している場合とします。

 

従って、振込手数料を節約する場合は、出金方式をキャリーオーバー式に切り替えると良いでしょう。

ただ、出金依頼を忘れてしまうと、報酬が受け取れなくなってしまうため、注意が必要です。

高単価な案件を受注する

報酬の低い案件を受注するよりも、高単価な案件を受注する方が利用料を節約することができます。なぜなら、クラウドソーシングの利用料は、1案件の報酬が高いほど、システム利用料の割合が低くなるからです。

 

実際にランサーズで報酬5万円の案件を10個受注するのと、報酬50万円の案件を1個受注した場合のシステム利用料を比べてみましょう。

 

報酬5万円×10案件の利用料

ランサーズでは、報酬10万円以下のシステム利用料は、報酬の20%のため

50000円×0.2×10=50,000円となります。

 

報酬50万円×1案件のシステム利用料

ランサーズでは、10万円以下の部分のシステム利用料は、報酬の20%、10万円~20万円以下の部分は報酬の10%、20万円以上の部分は報酬の5%のシステム利用料がかかります。

従って、システム利用料は

100,000円×0.2+100,000円×0.1+300,000円×0.05=45,000円となります。

 

上記の例では、低単価な案件を複数受注するより、高単価な案件を1つ受注した方がシステム利用料が5,000円も節約できることがわかります

 

従って、高単価な案件を受注した方が利用料を節約できると言えるでしょう。

 

クラウドソーシングで実績を積んで直接依頼を受注する

また、クラウドソーシングで実績を積んで、直接依頼を受注すれば、そもそも利用料はかからないでしょう

なぜなら、直接依頼にはクラウドソーシング運営会社が介入しないからです。

 

ただ、クラウドソーシングを通して取引したクライアントの直接依頼は、絶対に受けないようにしましょう。

なぜなら、運営会社を通さない直接取引は、クラウドソーシングでは禁止されているからです。

実際、運営会社に直接依頼を受注したのがバレた場合は、多額の違約金や損害賠償金、高額な利用料を支払わなくてはならなりません。

 

従って、直接依頼を受ける場合は、クラウドソーシングでの実績を使って、クラウドソーシングを利用していないクライアントに営業をかけましょう。

 

まとめ

今回は、クライアントの利用料について詳しく解説しました。

下記が今回の記事のポイントです。

 

・クラウドソーシングには、原則受注者にのみ、システム利用料と振込手数料がかかる

・利用料は経費として計上できる

・工夫すれば利用料を節約できる

 

クラウドソーシングの利用料が気になる方は、ぜひ参考にしてみて下さいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました