【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

サグーワークスの案件少ない問題!がっつり稼ぐための方法を徹底解説

サグーワークス

「サグーワークスの案件が少ない!」

上記のようにお悩みではありませんか?

 

そこで当記事ではサグーワークスに関する口コミを紹介し、案件が少ない時の対処法についてご紹介していきます。

ぜひサグーワークスで働く際の参考にしてみてください。

 

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

サグーワークスの案件が少ない!口コミも紹介!

サグーワークスについての口コミを否定的な意見、好意的な意見の両方をご紹介していきます。

両者の意見を参考にサグーワークスの利用を考えてみてください。

 

サグーワークスの案件について悪い口コミ

サグーワークスの案件数に関して、否定的な口コミを集めました。

 

 

上記の方は、サグーワークスのプラチナライターになったにもかかわらずタスクや専属オファーが少ないという意見です。

プラチナライターとは?:難関の試験を突破した人だけがなれる、サグーワークス最高峰のライター。
高額報酬を得られるタスクや専属案件を受けられる。

 

サグーワークスの案件数はタイミングによって変化することが多いので、上記のように案件が少ないという状況に陥りやすいようです。

 

 

サグーワークスの案件が極端に少ないという意見です。

確かにサグーワークスの案件数は、クラウドワークスやランサーズに比べると少ない印象です。

 

サグーワークスのホームページを確認したところ、1529記事の発注がありました(2020年6月時点)。

一方クラウドワークスでは2587件の仕事の発注があります。

しかもクラウドワークスの場合、1件で多数の記事を発注することもあるので、圧倒的に仕事の量が異なることがわかると思います。

 

ただし、サグーワークスはメリットとして、クライアントワーク(クライアントとの条件交渉)が存在しませんので、悪質なクライアントと仕事をしてしまう可能性は極端に低いのです。

クライアントワークがないサグーワークスを選ぶか、案件が多いクラウドわークスなどを選ぶかは個人によるところでしょう。

 

サグーワークスの案件数が少なくなってきたという意見です。

サグーワークスの案件数は上下することが多いので、根気よくサイトを確認して、案件が増えた段階で仕事を受注するようにしましょう。

 

サグーワークスの案件について良い口コミ

次はサグーワークスに関する、好意的な口コミです。

 

Twitter

 

サグーワークスで仕事が多数募集されているという口コミです。

プラチナライターテストについても言及されていますね。

プラチナライターになれば、文字単価1円以上の案件を受けることができ、一気に稼ぐことができるようになります。

 

 

サグーワークス、クラウドワークスなどを利用することで、在宅ワークで稼げるという意見です。

単価はあまり高くありませんが、暇を潰すには最適なものではないでしょうか。

もちろん、本気でやれば専業で稼ぐことも可能です。

 

https://twitter.com/takuya_tweet/status/1194093547651305473

 

月5万円稼げたという意見です。

5万円は、副業やお小遣いとしてはかなり魅力的な数字ですよね。

サグーワークスを適切に利用すれば月5万円くらいは、そこまで難しい数字ではありません。

 

サグーワークスの案件が少ない時はどうすれば良い?

サグーワークスの案件が少ないことは事実です。

ではどうすればいいのか。

ここでは、サグーワークスの案件が少ない時の対処法をご紹介していきます。

 

対処法は主に下記の3つ。

  • 他のクラウドソーシングサイトで営業をかけておく
  • スキルを磨く
  • プラチナライターテストを受ける

 

他のクラウドソーシングサイトで営業をかけておく

まずは他のクラウドソーシングサイトで営業や提案をしていくことです。

サグーワークスにこだわる必要性はあまりありません。

 

クラウドソーシングサイトはそれぞれサイトごとの特徴があります。

 

他のサイトを利用して、仕事がない時は別サイトで仕事の準備をしておきましょう。

サグーワークスと他のサイトを両立することで、仕事の切れ間をなくすことが可能です。

 

スキルを磨く

他のサイトで仕事をするのと合わせて、スキルを磨きましょう

例えば日本語の基礎的な使い方であったり、コピーライティングの勉強、SEOの勉強などです。

 

仕事がない間はボーッとしておくのは時間がもったいないと思いませんか?

時間がある時こそ、仕事がきた時に最高のパフォーマンスができるよう、準備をしておくべきなのです。

 

タイピングスピードを上げるには寿司打を利用してもいいですし、他にもできることはたくさんあります。

ぜひ時間のある時にスキルアップを図りましょう。

 

プラチナライターテストを受ける

3つ目はプラチナライターテストを受験すること。

サグーワークスで稼ぐには、プラチナライターテストに合格するのが必須事項です。

プラチナライターになれば、専属案件と呼ばれるあなただけしか執筆できない仕事のオファーも来るようになります。

 

プラチナライターテストは難関です(合格率1%という説もあります)が、何度もチャレンジが可能ですので、時間を見つけては挑戦しましょう。

 

さらに、プラチナライターテストを受けることで、テストに関するフィードバックを受けることができます。

スキルアップの足掛かりになるので、積極的に試験を受けて、スキルアップしてください。

 

サグーワークスのメリット・デメリットは?

サグーワークスのメリット・デメリットも合わせてご紹介しておきましょう。

まずはメリットからご紹介いたします。

 

メリット

サグーワークスのメリットは下記です。

  • クライアントとの条件交渉が必要ない
  • 明確なランク制度でモチベーションを維持できる
  • プラチナライターになれば高単価案件を受けられる

 

クライアントとの条件交渉が必要ない

まずはクライアントとの条件交渉がないという点です。

サグーワークスはスタッフが仲介に入ることで、クライアントとの条件交渉や契約の手順をスキップすることができます。

 

いわゆるクライアントワークは他のクラウドソーシングサイトでは当然の業務ですが、トラブルの元でもあります。
クライアントが報酬を払ってくれないことや、条件と違う指示を出してくるなど、様々なトラブルがあるのです。

 

サグーワークスはスタッフが仲介して仕事を振ってくれますので、執筆に集中できます。

ライターとして働きたいという人にとっては最適なサイトではないでしょうか。

 

明確なランク制度でモチベーションを維持できる

また、明確なライターランク制度(レギュラー・ゴールド・プラチナ)があるため、モチベーションの維持が容易です。

ライターランクがあることで、上を目指すやる気が出ますし、何より報酬が上がっていくことが嬉しいポイントでしょう。

 

ライターランクの上げ方は、基本は一球入魂タスクの通過率と承認率で決定されます。

一球入魂の通過率と承認率が上がって、60%を越えればレギュラーCからレギュラーBになることができるのです。

 

ただしプラチナライターの場合は承認率や通過率ではなく、試験に合格するかどうかで決定されます。

ちなみに合格率1%とも言われるプラチナライターテストですが、一発で合格する人もいますので、ある程度スキルがあると自負しているのであれば、受験をおすすめします。

 

ランクが上がれば、一球入魂の報酬がアップしたり、非承認がなくなったり、プラチナ案件に参加が可能になったりと様々なメリットがありますので、ぜひ上のランクやグレードを目指しましょう。

 

プラチナライターになれば高単価案件を受けられる

ランクで紹介しましたが、プラチナライターになれば高単価案件を受けられるというメリットもあります。

プラチナライターは専用のタスクと専属案件の2種類が存在し、どちらも受けることができます。

 

ただし、専属案件はオファーが来た人のみが執筆でき、難度がかなり高いものです。
その代わり、報酬はタスクの倍くらいに設定されています。

 

大きく稼ぐなら専属案件は避けては通れないでしょう。

タスクでは制限時間があるのに比べて、専属案件であれば10記事を10日以内といった納期の設定なので、余裕を持った執筆が可能です。

 

仕事のスケジュールを組みやすくなり、さらに単価も高いので、稼ぐには専属案件はやはり狙い目でしょう。

 

デメリット

一方でサグーワークスのデメリットをご紹介していきます。

下記の3つが挙げれらます。

  • 案件が少ない
  • プラチナライターテストが難しい
  • サグーワークスが仲介するため報酬が本来より少なく設定される

 

案件が少ない

まずは案件の少なさです。

上記で散々説明してきましたように、サグーワークスは案件が少ないサイト。

 

プラチナになっても案件が少なく稼ぎにくいという人もいます。

案件が少なく稼ぎにくいと感じたら、他のサイトを利用しましょう。

 

サグーワークスのプラチナライターテストに合格できるレベルであれば、大抵のサイトで活躍できるはずです。

ただし、注意点として、サグーワークスの投稿システムに慣れているとワードプレスやGoogleドキュメントの利用が難しい場合があります。
なるべく個人でブログを触ってみたり、ドキュメントを利用してみたりしておきましょう。

 

プラチナライターテストが難しい

次はプラチナライターテストが難しいという点。

誰でも合格できるものではありません。

 

何度も挑戦できるとはいえ、何度受験しても試験に落ちる人もいるようなものなので、こだわりすぎるのもよくないでしょう。

 

どうしてもプラチナライターテストに合格できない場合は、サグーワークスの利用自体を諦めるという選択肢もありです。相性がありますからね。

 

サグーワークスで稼げなくても、ランサーズやクラウドワークスで稼ぐことは十分可能です。

 

サグーワークスが仲介するため報酬が本来より少なく設定される

また、報酬が少ないという点も注意です。

サグーワークスは仲介でスタッフが入りますので、本来クライアントが払った報酬の半分以上が仲介手数料として取られているという説もあります(厳密には非公開なので不明)。

 

他のクラウドソーシングサイトでは、クライアントが支払う金額の約20%が手数料として取られるのですが、サグーワークスはそれ以上取られている可能性が高いのです。

品質に見合わないレベルを要求されるといった不満も出てくるでしょう。

 

やはりサグーワークスの利用は相性があります。

自分に合っていると思えればサグーワークスを利用し、合わないと思った場合は早々に撤退するのも戦略です。

 

サグーワークスで稼ぐポイント!

サグーワークスで稼ぐポイントをご紹介します

下記3つの項目を押さえておきましょう。

  • プラチナライターになる
  • 非承認にならないようにする
  • タイピングを早く正確にする

 

プラチナライターになる

なんといってもプラチナライターになるのが、サグーワークスで稼ぐ前提条件です。

報酬額も2倍以上になることもあります。

 

難しい試験を突破するだけの価値はありますので、ぜひ挑戦しましょう。

サグーワークスの試験の攻略法をまとめた記事はこちらです。

 

一番重要なことだけ述べておきますと、投稿マニュアルの熟読をしてください。

投稿マニュアルはサグーワークスが提示している、ある種の答えなので、押さえておかないと合格は不可能です。

しっかり投稿マニュアルを読んで、テストに反映しましょう。

 

非承認にならないようにする

次は非承認について。

サグーワークスには非承認があります。

 

非承認とは、ルールに沿わない記事を納品した場合、承認ができず報酬を払わないといった仕組みです。

非承認になる理由は投稿マニュアルのルールを無視していること、あるいは文章の内容が相応しくないなどもあります。

 

また、基本的な事柄で、長文の文章になったとき主張が一貫せず、文章が捻れていくのも非承認の原因です。

長文案件は書くのが難しいので、短めの文章で承認されるようになってから挑戦することをおすすめします。

 

ちなみに、プラチナライターになれば非承認がなくなり、修正依頼が来るようになるのです。
非承認がなくなれば報酬が確約されるので、やはりプラチナライターになるのが前提の仕組みといえるでしょう。

 

タイピングを速く正確にする

タイピングを速く正確にするのも基本事項です。

制限時間のある案件が多いサグーワークスでは、タイピングスピードがかなり重要になります。

どれだけ正確に速くタイピングできるかが収益の基本です。

 

また記事を速く書くコツとして、先に構成を練っておくのも重要

文章をだらだら書くとどうしても時間がかかってしまいますが、構成があれば、サクサク記事をかけます。

 

構成をさくっと作り、そこに文章を放り込むといったイメージで記事を書きましょう。

 

サグーワークス以外で案件が豊富なクラウドソーシングサイトは?

最後にサグーワークスがどうしても合わない場合に、おすすめのクラウドソーシングサイトを2つご紹介します。

下記の2つです。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ

 

クラウドワークス

引用:クラウドワークス

クラウドワークスは案件数が豊富なクラウドソーシングサイトです。

案件の豊富さで仕事を選びたいのであればクラウドワークスを利用しましょう。

 

ただし、案件が多いということは地雷案件も多いので注意が必要です。

地雷案件とは?:異常な低単価であったり、違法・規約違反の仕事

 

地雷案件の中には購入代行や代理購入などの案件もあります。

絶対にかかわらないように注意してください。

 

ランサーズ

引用:ランサーズ

次に紹介するのはランサーズです。

ランサーズはクラウドソーシング業界の老舗です。

 

案件数はクラウドワークスに劣りますが、認定ランサーという仕組みが便利でおすすめ

認定ランサーとは、ランサーズで活躍する精鋭のワーカーということを公式に認めてもらうというもの。

 

ちなみにクラウドワークスにもプロクラウドワーカーという仕組みがありますが、ハードルが高くなかなか現実的ではありません。
認定ランサーを目指した方が良いでしょう。

 

認定ランサーについては下記の記事をご覧ください!

 

まとめ

以上、サグーワークスの案件が少ないという問題についての内容でした。

結論をおさらいすると、確かにサグーワークスは案件が少ない時があります

 

案件が少ない時は、下記の対応をしましょう。

  • 他のクラウドソーシングサイトで営業をかけておく
  • スキルを磨く
  • プラチナライターテストを受ける

 

上記の対応をして、案件が少ない時を耐え忍びましょう。

もしそれでも案件が足りないという場合は、クラウドワークスやランサーズに軸足を移動させ、仕事を獲得すれば効率的に稼げます。

 

 

 


>>詳しくは画像をクリック!


・クラウドソーシングサイトに登録したけどぜんぜん稼げない・・・
・月に5万円でもいいから副業で稼げたらいいのに・・・
・在宅で大きな金額を稼げるようになりたいけどそどうしたらいいのか・・・
・怪しい副業などではなくて、堅実に稼ぐ方法を知りたい・・・
・副収入を得て、もっと生活を楽にしたい・・・

もしかしたらあなたは、このようなことで悩んでいませんか?

 

もしクラウドソーシングサイトなどの副業でしっかりと稼ぎたいのであれば、
「スキル」をしっかりと身につけることで解決します。

 

そして、そのスキルを身につけるための講座を無料で行っています。

 

お金に縛られないストレスフリーな毎日を手にしてみませんか?

→【今だけ受講無料!】副業で堅実に月5万円稼ぐための講義の詳細はこちら

 

サグーワークス
miyatakuをフォローする
クラウドソーシングのやさしい教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました