【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

サグーワークスのプラチナライターテストは難しい!攻略法を徹底解説

サグーワークス

「サグーワークスのプラチナライターテストって難しいの?」
「サグーワークスのプラチナライターになったら、どんなメリットがあるの?」
「サグーワークスのプラチナライターテストに合格するコツは?」

上記のようにお考えではないでしょうか。

 

そこで当記事では、サグーワークスのプラチナライターテストについて深堀して、テスト合格のコツまで徹底解説していきます。

ぜひサグーワークスで活動する際は参考にしてみてください!

 

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

サグーワークスのプラチナライターテストは難しい!合格率1%?!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サグーワークスのプラチナライターテストが難しいのかという疑問に対して、結論から述べますと「難しい」というのが事実です。

一度で合格できた人もいる中、何度もライターテストに落ち続けている人もいますし、テスト内容が難しくて達成できない人も大勢います。

 

少なくともプラチナライターテストは簡単なものではない、ということを知っていただけると幸いです。

しかし、どれくらいプラチナライターテストが難しいのかという点も気になりますよね。

次項では、プラチナライターテストの合格率について解説をしていきましょう。

 

プラチナライターテストの合格率は1%という説がある

プラチナライターが難しいと言われているのには理由があります。

その理由は、サグーワークスの運営会社であるウィルゲートの代表者がインタビューで「合格率は1%」と公言しているから。

 

実際のテスト結果を鑑みると、1%という数字はやや低いようにも感じますが、少なくとも簡単なテストではないことを証明しています。

 

ちなみに、プラチナライターテストは難しいとはいえ、何度も挑戦ができるものです。
また、一発で合格できたという人もいることから、合格を諦めるべき試験であるというわけではありませんので、ご安心を。

 

プラチナライターテストを受ける基準とは?

プラチナライターテストを受ける基準、すなわちどれくらいのスキルや経験を持っていたらテストを受けるべきなのか、という点について解説をしていきます。

 

結論からいうと、下記のレベルに到達したら試験を受けても良いでしょう。

  • 1万文字以上のSEOライティング実績がある
  • ブログではなく、メディアのコラム執筆実績がある
  • サグーワークスの案件を20件以上消化している
  • 指定されたキーワードから、SEOを意識した論理的な記事構成を作成し、執筆した経験がある

 

上記の条件を満たした人はサグーワークスのプラチナライターテストに合格する確率が高いといえます。

プラチナライターテストでは長文の執筆や、構成の作成などの項目が存在し、実際に実務経験がなければ合格は難しいのです。

 

また、サグーワークスには独自の入稿システムが存在し、システムに慣れていないと合格は難しいといえるでしょう。

入稿はシステム以外にも、特定の文章のルール・癖があり、サグーワークスでの執筆の経験があれば合格の確率は上がります。

 

上記の理由から、サグーワークスのプラチナライターテストを受ける際は、各種条件を満たした上で、満を持して試験に挑戦しましょう。

 

もちろん、プラチナライターテストは試験を受けるにおいて必要な条件がないので、誰でも受験が可能。

 

プラチナライターテストは、ライター初心者でも受験すること自体は可能です。

ただし合格できるのかというと話は別。

合格を視野に入れて試験を受けるレベルになってから受験した方が効率的でしょう。

 

サグーワークスのプラチナライターのメリット・デメリットとは?

さて、サグーワークスのプラチナライターが、狭き門だということはわかっていただけたと思います。

ではなぜそこまでしてプラチナライターになる必要があるのか、という点について次は説明していきましょう。

 

メリット

プラチナライターになる上でのメリットは下記です。

  • 文字単価1円以上の高単価案件を受けられる
  • 専属案件のオファーが来る
  • タスクの非承認がなくなり、修正依頼が来るようになる

 

順を追って説明していきましょう。

 

文字単価1円以上の高単価案件を受けられる

プラチナライターになると、プラチナライターしか挑戦できない「文字単価1円以上の高単価案件」が執筆可能です。

レギュラーやゴールドライターでは1円以下の案件しかないわけですから、稼ぐのには限界があります。

 

一方プラチナライターになれば、単価が約倍になるので、報酬額も倍近くになるのです。

報酬が増えることは何よりも嬉しいことのはず。

 

プラチナライターを目指す人のほとんどが、1文字1円以上の案件を求めてテストを受験するわけです。

 

専属案件のオファーが来る

次に紹介するのは「専属案件」について。

専属案件とは、タスクと異なりプラチナライター個人に直接オファーが来る案件です。

 

執筆難度が高い代わりに、報酬額も高額に設定されています。

その単価は2円〜3円程度。

 

クラウドワークスやランサーズで執筆する上で、文字単価3円を達成するのはかなり難しいので、サグーワークスのプラチナライターは非常に魅力的といえるでしょう。

 

また、専属案件は個人にオファーが来るものなので、案件の取り合いにならないのもメリット。
プラチナライターになれば仕事の取り合いから一部、解放されるのです。

 

タスクの非承認がなくなり修正依頼が来るようになる

また、レギュラーやゴールドライターでは、記事が非承認になる可能性が高いのですが、プラチナライターには非承認が存在しません。

非承認の代わりに「修正依頼」が届くようになります。

 

修正をすれば、報酬をもらえるので、プラチナライターになった時点で報酬が安定するようになるのです。

せっかく書いた記事が非承認になってパーになる、なんてことは厳しいことでしょう。

プラチナライターなら、上記のようにならず、安心して記事執筆を行えるということです。

 

サグーワークスのプラチナライターのメリットをまとめますと下記のようになります。

  • 高額案件を受けられる
  • 専属案件のオファーが来る
  • 非承認がなくなる

 

メリットが非常に魅力的ですので、実力があると自負している場合は、速やかにプラチナライターテストを受験しましょう。

 

デメリット

一方、プラチナライターテストのデメリットをご紹介しておきます。

下記2点には注意が必要です。

  • 合格率が低くてキツい
  • サグーワークス独自のシステムに慣れてしまう

 

合格率が低くてキツい

まずは合格率について。

先ほど説明した通り、サグーワークスのプラチナライターテストの合格率は1%と言われています。

 

口コミをみてみると1%ほど厳しくはないようですが、それでも簡単なテストではありません。

それ相応の準備、スキルアップをしておかないと合格は難しいのが事実です。

 

サグーワークス以外にもライティングができるクラウドソーシングサイトは数多くありますので、どうしてもプラチナライターテストに合格できない場合は、こだわるのをやめても良いでしょう。

 

他のクラウドソーシングサイトで実務経験を積みながら、テストを何度も受験することで、合格する確率も上がっていきますので。

 

サグーワークス独自のシステムに慣れてしまう

次に紹介するのは、サグーワークス独自のシステムについてです。

サグーワークスは独自の入稿システムを用意しています。

 

サグーワークスのシステムに慣れれば、入稿が効率的になります。

ただし、サグーワークスの入稿システムは独特であるため、慣れてしまうと他のクラウドソーシングサイトで働く際、若干の違和感が残るようになるのです。

 

サグーワークスだけで稼げる人は問題がないのですが、他のサイトと並行して稼ぎたいとお考えの場合は、独自の入稿システムと適度な距離感を維持する必要があるということ。

 

プラチナライターになるほど、サグーワークスに適応してしまうと、他のサイトを利用するのが難しくなる場合もあります。
適度に他のサイトで記事を執筆することで、ライターとしてどこでも活躍できるスキルが身につきますので、是非検討してみてください。

 

サグーワークスのプラチナライターを目指す上でのデメリットは下記です。

  • 合格率が低くてキツい
  • サグーワークス独自のシステムに慣れてしまう

 

サグーワークスのプラチナライターの攻略法

サグーワークスのプラチナライターテストが厳しいものであること、そしてメリット・デメリットをご紹介してきました。

ここからは、難しいと言われるサグーワークスのプラチナライターテストを合格するための、攻略法をご紹介していきます。

 

今回ご紹介するポイントは下記です。

  • サグーワークス独自の投稿システムに慣れる
  • 投稿マニュアルを熟読する
  • こぶたの鉛筆を熟読する
  • 時間制限がないので、しっかり見直しする
  • クライアントが求める記事を意識する
  • ブログ調ではなくメディアの文章を意識する
  • 結論から述べ、理路整然な文章を書く
  • 細かい文章のルールを押さえておく
  • 情報をしっかり調査し、読者のニーズを熟考する

 

1つずつ説明していきましょう。

 

サグーワークス独自の投稿システムに慣れる

まずはサグーワークスの独自のシステムに慣れるところから始めましょう。

サグーワークスはワードプレスやGoogleドキュメントといった形ではなく、独自のシステムで納品を行います。

 

システムの使い方に慣れておかないと、いざテストを受ける時にうまく執筆ができないという状況に陥りかねません。

プラチナライターになった場合は、サグーワークスにたくさんの記事を納品していくことになりますので、先にシステムに慣れておくのは得策でしょう。

 

投稿システムに慣れるには、レギュラーやゴールドの案件をたくさん消化することをおすすめします。

次に紹介するマニュアルに関しても、実践を積んだ方が身につきやすいので、積極的に記事を書いていってください。

 

ただし、サグーワークスでのシステムに慣れすぎると、他のサイトで執筆する際、違和感を覚えることがあります。
他のサイトで執筆することで、ワードプレスやGoogleドキュメントの使い方も練習しておいた方が良いでしょう。

 

投稿マニュアルを熟読する

次は投稿マニュアルの熟読です。

マニュアルはいわば答えなので、しっかり読み込んで理解しましょう。

投稿マニュアルを読む

 

マニュアルに書いていない事柄で落とされることもありますが、最低限マニュアルは押さえておいてください。

 

マニュアルの重要なポイントはNG事項です。

NG事項に抵触する内容で提出すると、確実に不合格になります。

 

一番最初に紹介されるNG事項は「コピーコンテンツ」です。

要はパクリ、剽窃(ひょうせつ)といった行為。

こちらはライティングをする上で、最もしてはいけない行為です。

 

プラチナライターテストを受ける時だけでなく、記事を書く時は常にオリジナルの文章を意識するようにしましょう。

その他、数多くのNG事項やマニュアルが存在し、読むのが大変かとは思いますが、しっかり熟読してからテストに臨むようにしてください。

 

こぶたの鉛筆を熟読する

「こぶたの鉛筆」と呼ばれる、サグーワークスが運営するサイトも存在し、ライターや編集者向けのコラムが数多く掲載されています。

投稿マニュアルだけでなく、こぶたの鉛筆も読み込むことで、プラチナライターテストの合格率を高めることが可能です。

こぶたの鉛筆を読む

 

こぶたの鉛筆にはライティングのエッセンスはもちろん、編集者やクライアントからの意見や体験談も掲載されています。

ライティングをする時は、クライアントが求める文章を書ける人材が求められるので、こぶたの鉛筆は有益なサイトといえるのです。

 

ライターとしての視点だけでなく、編集者やクライアントの気持ちも汲むことで、よりライターとしてスキルアップができ、テストの合格率もアップすることでしょう。

 

時間制限はないので、しっかり見直しをする

また、プラチナライターテストに限って言えば、制限時間が存在しません

しっかり調べ物をしたり、記事を読み直したりと時間をいくらかけても大丈夫です。

 

Webで検索すると1時間でテストをクリアしたという意見もありますが、あまり気にする必要はありません。
一般的な人が受験した場合、数時間以上かかる内容になっているからです。

 

誤字脱字や、文末表現といった基本的な部分、文章のねじれや改行の多様など見直しで改善できる部分は完璧に消化していきましょう。

早く試験をパスしたからといって、合格率が上がるわけでもありませんので、ゆっくり落ち着いて試験に臨んでください。

 

クライアントが求める記事を意識する

また、Webライター・SEOライターとして記事を執筆する際は「クライアントが何を求めているのか?」を意識しながら文章を書きましょう。

 

クライアントは商品を売りたいのか、集客をしたいのか、知識を読者に提供したいのか、目的により文章の書き方はかなり変わってきます。

クライアントの指示に完璧に応えられるライターこそ優秀なライターと評価されますし、クライアントの意図を読み取れる人がプラチナライターテストに合格できるのです。

 

そのため、試験を受ける際は、出題者が何をしてもらいたいと思って指示を出しているのか?を熟考しながら文章を書いたり、設問に答えたりしましょう。

 

クライアントの意図を読み取る練習をしたい場合は、サグーワークス以外のサイトでトレーニングをした方が効率的です。
サグーワークスはクライアントとのやりとりが省略されているため、勉強ができないから。

 

クライアントの意図を読み取るためには、クラウドワークスなどで、直接クライアントとやりとりをすることをおすすめします。

あくまで勉強が目的ですので、低単価の案件でも受ける価値はあるでしょう。

 

ブログ調ではなくメディアの文章を意識する

次は文章のスタイルについてです。

基本的にサグーワークスでは指示がない限り、ブログ調の文章を嫌います。

ブログ調の文章とは?:「〜ですよね」「〜ませんね」「でした!!」など呼びかけや「!」などを多用した文章。

※ただしコラム調で指示があった場合は対応が必要です。

 

ではどういった文章がサグーワークスに好まれるのか。

結論としてはメディアらしい文章が好まれます。

 

です・ます調や、だ・である調を遵守した文末表現がメディアの文章です。

指示に従って文章を書く必要があるので、です・ます調なのか、だ・である調なのかをしっかり確認して執筆しましょう。

 

結論から述べ、理路整然な文章を書く

結論から述べる、論理的な文章を書くのも重要です。

 

小説と異なり、Webの記事は明確な問題や疑問を抱えて読者は記事を読みにきます。

そのため、記事ではまず結論を先に述べることで読者の悩みを解決する必要があるのです。

基本的には「PREP法」で記事を書きましょう。
結論(Point)→理由(Reason)→具体例(Example)→結論(Point)の順で文章を構成する方法を「PREP法」といいます。
ビジネスシーンで文章を書く時の基本構成です。

 

PREP法に従って文章を構成すると、読了してもらいやすくなります。

ぜひ記事を書く時は意識していみてください。

 

細かい文章のルールを押さえておく

細かい文章のルールをしっかり押さえておきましょう。

例えば、文末表現の連続(「〜です」「〜です」「〜です」など)を避けるといった事柄や、固有名詞を指示がない限りは使わないといったものなどです。

 

文章の細かいルールはほとんどが先ほど紹介した投稿マニュアルに記載されていますので、一度目を通して記憶しておいてください。

なぜ禁止されている項目なのか、を理解しておくと頭に入りやすくなるのでおすすめです。

 

情報をしっかり調査し、読者のニーズを熟考する

情報を集めること、そして読者のニーズに応える記事になるように熟考することが大切です。

記事の信頼性や専門性を高めるためには正確な情報を正しく記載することが重要。

そのためには、たくさんの情報を見比べて、信頼できる情報元から情報を集めて記事に落とし込むことが重要になってきます。

 

また、読者が何を求めているのかもしっかり考える必要があります。

クライアントや出題者の意図を汲み取るのはもちろん重要ですが、何よりも読者のことを考えて文章を書きましょう。

 

読者ファーストな文章を書ければ、プラチナライターテスト合格も夢ではありません。

ちなみにSEOライティングでは読者が検索する際の意図「検索意図」を満たす記事作成が大前提です。
検索意図を読み取るところから、記事執筆を始めましょう。

 

サグーワークスのプラチナライターテストの受験方法と内容

さて、サグーワークスのプラチナライターテストの攻略法をご紹介しました。

次は具体的な受験の方法や試験の内容について解説をしていきます。

 

受験方法

受験方法はかなり簡単です。

まずはサグーワークスに会員登録を行います。

 

その後、プラチナライターの登録フォームへ必要事項を入力。

そしていよいよテストを開始します。

 

テスト後に審査があるので、合否の判定を待ちましょう。

審査は14日ほどかかる場合もありますので、気長に待ってください。

 

以上でプラチナライターテストの受験方法でした。

非常にシンプルですよね。

気軽に受験できるのもプラチナライターテストの良いところといえるでしょう。

 

試験内容

実は試験内容を公開することはサグーワークスの規約上できないようになっています

そのため、厳密に試験内容について解説をすることはできませんが、大まかに3種類の設問があると一般的に言われています(試験内容は都度変わるようなので、一概には言えませんが)

 

  • 箇条書きの内容を文章にする
  • 見出し構成と文章を構成する
  • 記事を実際に執筆する

 

上記のような問題が出されることが多いようです。

試験は結構なボリュームがあるので、焦らずじっくり取り組むようにしましょう。

 

制限時間はないので、とにかく時間をかけて納得のいく回答を作成してください。

 

プラチナライターテストに落ちても諦めないことが重要!

プラチナライターテストは狭き門であると説明してきましたが、落ちても問題ないことを説明しておきます。

プラチナライターテストに不合格判定を受けても落ち込まないでください。

落ち込まなくても良い理由をここでは説明していきます。

 

何度でもチャレンジ可能なので、繰り返し挑戦できる

まず、プラチナライターテストは何度でもチャレンジが可能です。

受験料ももちろん無料です。

 

受かるまで試験を受け続ければ、いつかは合格できるでしょう。

不合格になった時は、不合格の理由をフィードバックしてもらえるので、毎回修正していけば、どんどん質の高い回答を提出できるようになるはずです。

 

現役のプラチナライターの人でも何度もテストに不合格になったという人も大勢いますので、安心してテストに挑戦してください。

 

不合格から学ぶことも多い

また、不合格になったらフィードバックをもらえるため、基本的なライティングスキルを磨くことも可能です。

日本語の正しい使い方から、Webの記事のルール、表現の善し悪しなどを理解できるでしょう。

 

サグーワークスのプラチナライターテストでのフィードバックを受けることにより、ライターとしてスキルアップできます。

もしプラチナライターにはどうしてもなれなかったとしても、他のサイトで記事を執筆する際の手助けになるはず。

 

ぜひライターとしてレベルアップしたいとお考えなら、プラチナライターテストを受験してみてください。

きっと学ぶことが多いでしょうから。

 

補足:サグーワークスには年齢制限がない!親権者の同意があれば未成年でもOK!

crowd-sourcing-trouble-04

最後に、補足として「サグーワークスは年齢制限がない」という点についても述べておきます。

サグーワークスは年齢制限を特段、設けていません。

 

利用規約には下記のように記されています。

第8条(会員の登録)
1.会員への登録を希望する方は、本規約に同意の上、当社が定める手続に従って会員登録のために必要な情報を提供するものとします。なお、会員への登録を希望する方が未成年者の場合、親権者等の法定代理人の同意を得ていることを会員登録の条件とし、未成年者である利用者が本サービスを利用した場合は、親権者等の法定代理人の同意を得たものとみなします。

引用:サグーワークス会員規約

 

簡単にまとめると「未成年でも利用可能ですが、登録した時点で法定代理人の同意を得たものとします」ということ。

「親権者などの同意が前提で未成年でも利用が可能です」というのがサグーワークスの姿勢なのです。

 

未成年でも利用できるクラウドソーシングサイトは限られていますので、サグーワークスはかなり珍しいサイトといえるでしょう。

バイトはできないけど、お金は稼ぎたいという学生にはおすすめです。

 

 

まとめ

以上、サグーワークスのプラチナライターテストが難しい!という悩みに対するお話でした。

結論をまとめますと、確かにプラチナライターテストは合格率1%という説もあるくらいには難しいものです。

 

ただし、何度も受験が可能かつ、毎回フィードバックをもらえるので、何度も受験すれば合格が見えてくるでしょう。

 

また、合格のコツは下記のポイントを押さえておくことです。

  • サグーワークス独自の投稿システムに慣れる
  • 投稿マニュアルを熟読する
  • こぶたの鉛筆を熟読する
  • 時間制限がないので、しっかり見直しする
  • クライアントが求める記事を意識する
  • ブログ調ではなくメディアの文章を意識する
  • 結論から述べ、理路整然な文章を書く
  • 細かい文章のルールを押さえておく
  • 情報をしっかり調査し、読者のニーズを熟考する

 

しっかり基本的な部分は押さえてから、じっくりとプラチナライターテストに臨みましょう。

合格すれば、高単価案件でがっつり稼げますよ!

 

 


>>詳しくは画像をクリック!


・クラウドソーシングサイトに登録したけどぜんぜん稼げない・・・
・月に5万円でもいいから副業で稼げたらいいのに・・・
・在宅で大きな金額を稼げるようになりたいけどそどうしたらいいのか・・・
・怪しい副業などではなくて、堅実に稼ぐ方法を知りたい・・・
・副収入を得て、もっと生活を楽にしたい・・・

もしかしたらあなたは、このようなことで悩んでいませんか?

 

もしクラウドソーシングサイトなどの副業でしっかりと稼ぎたいのであれば、
「スキル」をしっかりと身につけることで解決します。

 

そして、そのスキルを身につけるための講座を無料で行っています。

 

お金に縛られないストレスフリーな毎日を手にしてみませんか?

→【今だけ受講無料!】副業で堅実に月5万円稼ぐための講義の詳細はこちら

 

サグーワークス
miyatakuをフォローする
クラウドソーシングのやさしい教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました