【詐欺行為】クラウドワークスの購入代行は危険!対策まで徹底解説!

クラウドワークス

「クラウドワークスの購入代行案件って安全なの?」

上記のような疑問をお持ちではないでしょうか。

 

当記事では、クラウドワークスの購入代行案件の危険性から、詳細な対策まで徹底解説していきます

購入代行案件で悩みがある場合はぜひ、参考にしてみてください。

  1. クラウドワークスの購入代行案件は危険!
    1. 購入代行は規約違反である
    2. そもそも購入代行とは?
    3. クラウドワークスの購入代行ってどういう仕組み?
    4. 購入代行案件を受けるとどういったことが起こるか?
    5. 代理購入、着払い、梱包、送付などの言い換え案件にも注意!
  2. クラウドワークスで購入代行の案件を受けてしまった場合の対処法
    1. 契約を途中終了する
    2. クラウドワークスの運営事務局に通報する
    3. 可能であれば返品対応をする
  3. クラウドワークスの購入代行以外の規約違反案件とは?
    1. MLMなどのネットワークビジネスに関する案件
    2. 外部のサイトの利用規約に抵触する案件
    3. 外部のサイトへの登録などが必須の案件
  4. クラウドワークスで購入代行などの怪しいスカウトを拒否する方法
    1. 基本は無視でOK
    2. 気になるならブロック機能を利用する
  5. クラウドワークスを通さない契約には要注意!
    1. クラウドワークスでは契約前の直接連絡は規約違反
    2. クラウドワークス外で契約をしたり金銭の授受をしたりするのも規約違反
  6. クラウドワークスで質問があるときはどうしたらいい?
    1. よくある質問を利用する
    2. クラウドワークスのカンタンご利用ガイドを利用する
    3. みんなのお仕事相談所を利用する
    4. 最終手段は問い合わせ
  7. 補足:ビズシーク(Bizseek)の買い物代行案件についても注意!
  8. まとめ

クラウドワークスの購入代行案件は危険!

結論から申しますと、クラウドワークスの購入代行案件は危険です。

後ほど紹介しますが、場合によっては詐欺被害にあう場合や、逆に詐欺に加担してしまう可能性もあります。

 

そうならなように適切な対応が求められるのが購入代行案件。

購入代行について、しっかりと知っておいた方が安全ですよ!

 

購入代行は規約違反である

まず前提として、購入代行案件がクラウドワークスの利用規約違反であることを説明しておきます。

クラウドワークスは下記のように明記しているのです。

本サービスの利用者が、以下に定める行為を行うことを禁止します。
(中略)
(16) 報酬確定前に商品・サービス等の購入が必要な業務を依頼する行為、または業務を開始する行為。

引用:クラウドワークス利用規約

 

クラウドワークスでは報酬が確定する前に、受注者がお金を支払う案件を禁止しているということですね。

上記のことから、どういった内容であろうと購入代行案件は禁止なわけ。

 

購入代行がどういう内容であるかとか、詐欺かどうかとか関係なく禁止されているので、関わらないようにするのが吉です。

 

そもそも購入代行とは?

でも購入代行ってどういうものなの?という疑問もあるかと思いますので、ここからは購入代行の詳細について説明していきましょう。

 

購入代行は、「クライアントの代わりに商品を購入する」といったものです。

一般的な購入代行では、商品を購入した後、商品と支払い用紙を合わせてクライアントに送付するといったことが多く、1件で数百円の報酬を得られます。

 

クラウドワークスの購入代行ってどういう仕組み?

で、なぜ購入代行などという方法を使うのかがわからないと、意味がわからないというか、理解ができませんよね。

購入代行は実に巧妙な仕組みで成り立っているものなのです。

 

購入代行には様々な思惑がありますが、下記3つの目的があることがほとんど。

  1. 単純な詐欺
  2. アフィリエイト報酬の不正取得
  3. 初回限定品などの転売目的

 

1つずつ説明していきましょう。

 

単純な詐欺

まずは単純な詐欺について。

購入代行案件で商品を購入させるだけさせておいて、報酬を支払わないというパターンです。

一番多いケースですので、注意しましょう。

 

ただし、最近の購入代行はより巧妙化していることも多く、報酬は普通に支払ってくれることも多いのが現状。

上記の場合、「自分に損が無いなら購入代行をしてもいいじゃん」と思うかもしれませんが、実際は別の人が被害にあっているだけですので、購入代行には関わらないようにしてください。

 

アフィリエイト報酬の不正取得

一見、わかりにくい購入代行の仕組みとしてアフィリエイト報酬の不正取得も考えられます。

アフィリエイト とは?:商品を紹介して広告費を得る広告業の一種。

 

例えばクライアントがアフィリエイトをしているとして、商品の購入をワーカーにさせるといった行為がアフィリエイト報酬の不正取得です。

アフィリエイトサービスプロバイダ(ASP)と呼ばれる、アフィリエイトの仲介業者からも購入代行のような行為は禁止されています。

 

共通禁止行為: 不当な成果発生
広告配信とは無関係又は広告目的・本サービスの趣旨とは異なる成果の発生、その他、ファンコミが不適当と認める手段、方法を用いること。
以下は例示であり、これらに限定されない。
■ユーザーに報酬対象アクションを行うことを強要・嘆願・依頼する行為
引用:A8.net利用規約

上記のように大手ASPのA8.netも定めています。

報酬対象アクション(アフィリエイトリンクを踏ませるなどの行為)を、依頼してはいけないことになっているのです。

 

クラウドワークスで報酬発生をさせるような行為も、もれなくA8.netの利用規約違反ということ。

ちなみに、外部のサイトの利用規約に違反する行為についても、クラウドワークスは禁止しています。

 

本サービスの利用者が、以下に定める行為を行うことを禁止します。
(中略)
(18) 代理出品等、オークションサービス・フリーマッケットサービス等の運営者が利用規約で禁止する使用方法を助長する業務を依頼する行為、または業務を開始する行為。
(中略)
(22) その他、外部サービスの規約違反などにより当該サービスの運営に影響を及ぼす恐れのある業務を依頼する行為、または業務を開始する行為。
引用:クラウドワークス利用規約

 

上記のようにしっかりと「禁止」と明記されているので、購入代行はしないようにしてくださいね。

 

初回限定品などの転売目的

また、転売目的での初回限定品の買い占めなども購入代行の仕組みです。

1人1点のみの購入制限がある商品などを、大量に買い占めるため、クラウドワークスを利用するといった仕組み。

もちろん、クラウドワークスの利用規約上禁止されている行為です。

 

常識で考えてもあまり褒められる行為ではないことはわかると思いますので、上記のような案件を依頼された時も断るようにしましょう。

 

購入代行の仕組みは大きく3つに分けられます。

  1. 単純な詐欺
  2. アフィリエイト報酬の不正取得
  3. 初回限定品などの転売目的

 

直接的な被害を受注者が被るのは「単純な詐欺」のみですが、いずれも誰かが被害に合うものですので、購入代行には関わらないようにしましょう。

 

購入代行案件を受けるとどういったことが起こるか?

購入代行の仕組みについて理解していただけたと思います。

次は購入代行を受けてしまった場合に起こる出来事について解説していきましょう。

 

下記のような事柄が起こると考えられます。

  • 詐欺にあってお金を失う
  • 詐欺の片棒を担いでしまう
  • 不要なメルマガやDMが届く
  • 個人情報が盗まれる可能性がある

 

詐欺にあってお金を失う

単純な詐欺目的の購入代行にあってしまった場合、お金を失ってしまいます

後から商品代金を含めた分の報酬を支払うと言っておきながら、結局はお金を払ってくれない場合があるのです。

 

その後、クライアントとは連絡が取れなくなり、泣き寝入りといったパターン。

購入代行で最も多い購入代行案件での被害です。

 

上記のような損をしないためにも、クラウドワークスをはじめとしたクラウドソーシングサイトでは、お金を先に払う案件は絶対に受けないようにしてください。

 

詐欺の片棒を担いでしまう

次は詐欺の片棒を担いでしまうという問題。

あなた自身は損をしなかったとしても、他人が損をしているケースも多々あります。

 

例えばアフィリエイト報酬の不正取得に関しても同様です。

商品を販売している店やメーカーから不正に報酬を取得することになるので、立派な詐欺行為といえるでしょう。

 

上記の場合、クライアントは当然ですが、受注者も加害者になってしまいます。

クラウドソーシングでお金を稼ぐつもりが、詐欺の片棒を担いでしまっていた、なんてことになりかねません。

お気をつけください。

 

不要なメルマガやDMが届く

また、個人情報を誰かに渡す以上、不要なメルマガやDMが大量に届くことも考えられます。

また、不要なメルマガやDMの中には詐欺目的のものが多く、二次被害にあってしまう可能性もありますので、注意しましょう。

 

無闇に個人情報を渡すような行為は控えてくださいね。

 

個人情報が盗まれる可能性がある

また、ショップに個人情報を盗まれる可能性もあります。

クライアントとショップがグルだった場合、クレジットカードの情報などを抜かれる場合があるので注意しましょう。

 

購入代行など、あやしげな案件で個人情報を入力することはしないでください。

購入代行に限らず、個人情報を入力すると時は「信頼に足るショップか?」といったことを常に考える癖をつけるといいでしょう。

 

代理購入、着払い、梱包、送付などの言い換え案件にも注意!

また、購入代行は様々な言い回しで購入代行であることを隠してきます。

「代理購入」「着払い」「梱包作業」「送付」などの言い換え表現の案件も危険です。

場合によっては、「全く関係の無いライティングやデータ入力で発注をかけ、結局購入代行だった」ということもありますので、お気をつけください。

 

購入代行は日々、巧妙化してきているので、常に細心の注意を払って案件を見極めましょう。

 

クラウドワークスで購入代行の案件を受けてしまった場合の対処法

購入代行案件を受けてしまった場合はどうすればいいのか?という点も気になるかと思いますので、解説していきます。

 

大きく3つのステップを踏んでください。

  1. 契約を途中終了する
  2. クラウドワークスの運営事務局に通報する
  3. 可能であれば返品対応する

 

契約を途中終了する

まずは契約の途中終了をしましょう。

購入代行はクライアントはもちろん、受注者も利用規約違反となりますので、案件を受けてしまった場合はすぐに途中終了してください。

 

クライアントが悪質な場合は恫喝してくるかもしれませんが、利用規約の条文をメッセージで送り、「対応できないので途中終了をお願いします」という内容で途中終了リクエストを送信しましょう。

 

非常に悪質な場合は報復行為として、低評価を付けられる可能性もありますが、そもそも購入代行案件を受けてしまった方にも責任がありますので、我慢してください。

一度の低評価で、クラウドワークスを利用できなくなるわけではありませんので、安心してください。

 

クラウドワークスの運営事務局に通報する

次は通報です。

クラウドワークスではクライアントを通報することができます。

 

購入代行やMLMなど、利用規約違反の仕事を発注しているアカウントはどんどん通報していきましょう。

現在では利用規約違反の仕事が多数発注されていますが、受注者の積極的な通報でよりよい環境作りを心がけてください。

 

 

可能であれば返品対応をする

詐欺行為に関わったかどうか関係なく、購入代行で購入した商品はショップに返品するようにしましょう。

購入代行での商品購入はショップを騙す行為であることも多いので、経緯を説明した上で商品を返品してください。

 

特に初回限定の商品や定期購入の案件などは返品が大変なこともあるかと思いますが、購入代行に関わってしまったこと自体がよく無いことですので、覚悟して取り組みましょう。

 

クラウドワークスの購入代行以外の規約違反案件とは?

クラウドワークスで購入代行が危険かつ利用規約違反であることを説明しました。

次は購入代行以外の利用規約違反案件について説明していきます。

 

主に下記3つの案件をご紹介しましょう。

  • MLMなどのネットワークビジネスに関する案件
  • 外部のサイトの利用規約に抵触する案件
  • 外部のサイトへの登録などが必須の案件

 

MLMなどのネットワークビジネスに関する案件

まずはMLMなどのネットワークビジネスに関する案件です。

クラウドワークスは下記のように規約を定めています。

本サービスの利用者が、以下に定める行為を行うことを禁止します。
(中略)
(17) マルチ・ねずみ講・MLMなどの連鎖取引への勧誘が疑われる業務を依頼する行為、または業務を開始する行為。
引用:クラウドワークス利用規約

 

クラウドワークスでは連鎖取引に関する仕事の発注が禁止されていますので、ご注意ください。

もしも、案件の説明を聞いた時点で、連鎖取引に関わる内容かもと思った場合は通報をしましょう。

 

そして決して契約・業務開始をしてはいけません。

利用規約には「業務を開始する行為」も禁止事項になっているからです。

 

MLMなどには関わらないのが一番でしょう。

 

外部のサイトの利用規約に抵触する案件

また、外部のサイトの利用規約に抵触する案件も禁止です。

規約には下記のように明記されています。

本サービスの利用者が、以下に定める行為を行うことを禁止します。
(中略)
(18) 代理出品等、オークションサービス・フリーマッケットサービス等の運営者が利用規約で禁止する使用方法を助長する業務を依頼する行為、または業務を開始する行為。
引用:クラウドワークス利用規約

 

主に、フリマアプリなどの利用規約に抵触する事柄が禁止されているということです。

メジャーな案件としては代理出品などですね。

 

クラウドワークス内で完結する仕事なら、こういった事柄に気を使う必要はありませんので、少しでも外部サイトに関わる案件なら注意した方がいいかもしれませんよ。

 

外部のサイトへの登録などが必須の案件

また、外部のサイトやメルマガへの登録が必須の案件も注意しましょう。

利用規約には以下のように書かれています。

本サービスの利用者が、以下に定める行為を行うことを禁止します。
(中略)
(23) 外部サービスの宣伝や登録、メールマガジンへの登録、アフィリエイトなど、本サービスの趣旨とは異なる目的の業務を依頼する行為、または業務を開始する行為。
引用:クラウドワークス利用規約

 

クライアントから、外部のサイトへの登録を示唆された場合は疑ってかかるようにしましょう。

特に契約前にLINEやスカイプでの通話を求められる場合は地雷案件であることが多いので、注意してください。

地雷案件とは?:単価が安すぎたり、業務が規約違反といった危険な案件のこと。

 

クラウドワークスで購入代行などの怪しいスカウトを拒否する方法

クラウドワークスで購入代行案件をはじめとした危険な仕事のスカウトが来た場合どうしたらいいのか、気になりませんか?

そこで、怪しげなスカウトが来た時の対処法をご紹介していきます。

 

大きく2つの対処法がございます。

  • 無視する
  • ブロックする

 

1つずつ説明していきましょう。

 

基本は無視でOK

基本は無視でOKです。

スカウトは不特定多数に送信していることが多いので、あまり気にする必要はありません。

そもそも、購入代行などはスキルを求める仕事ではありませんので、あなたの経歴をみてスカウトを出したといったことはないからです。

 

不特定多数にスカウトを出している以上、相手にする必要もないので、無視していればOKです。

 

気になるならブロック機能を利用する

ただ、どうしても気になる、気分が悪いといったこともあるかと思います。

その際は、ブロック機能を使いましょう。

 

ブロックしたいユーザー(クライアント)のページに行き、下記のような画面からブロックを行えます。

 

ブロックをすると、ブロックしたユーザーからのメッセージを拒否できるだけでなく、こちらからもメッセージを送れなくなります。

 

もちろんブロックしたことは相手に通知されませんので、ご安心ください。

後からブロックを解除することも可能です。

 

クラウドワークスを通さない契約には要注意!

クラウドワークスで購入代行をはじめとした危険な案件があることを紹介してきました。

ここからは、クラウドワークスで危険な案件を回避する方法をご紹介していきます。

 

クラウドワークスでは契約前の直接連絡は規約違反

まず前提として、クラウドワークスでは契約前の直接連絡は規約違反です。

下記のように禁止されています。

当サービスでは、原則として直接連絡は禁止しています。
そのため、契約前・仮払い完了前に、スカイプやLINE、チャットワーク、メールアドレス、電話番号など、
クラウドワークス上のメッセージ機能以外でやりとりを促すことや、クラウドワークス以外の連絡先を教えることはご遠慮ください。
引用:クラウドワークスFAQ

 

ただしこちらは契約前(仮払い前)についてです。

契約後に関してはチャットワークやスカイプを利用した直接連絡を取っても大丈夫。

ただし、直接連絡はあくまで自己責任なので注意。

 

契約前に直接連絡を取ってくるクライアントは、利用規約を理解していないか無視しているので、契約をしないようにしましょう。

 

クラウドワークス外で契約をしたり金銭の授受をしたりするのも規約違反

クラウドワークス外での契約をしたり、金銭の授受も禁止されています。

下記の規約をご覧ください。

本サービスの利用者が、以下に定める行為を行うことを禁止します。
(中略)
(26) 弊社を介さない仕事や支払い、および直接取引を想起させる行為。
引用:クラウドワークス利用規約

 

「クラウドワークスは手数料が高いから、直接契約をしましょう」

といった提案をしてくるクライアントが稀にいますが、こちらも関わらないようにするのが吉です。

 

利用規約も守れないクライアントが契約をしっかり守るとは思えませんからね。

 

クラウドワークスで質問があるときはどうしたらいい?

クラウドワークスで、危険な案件や怪しげな案件があったときは、どこに問い合わせたらいいのかがわからないという場合もあるかと思います。

そこで、ここではクラウドワークスで質問がある時の解決方法をご紹介していきましょう。

 

よくある質問を利用する

まずはFAQ(よくある質問)を利用しましょう。

FAQにはよくある質問とその回答が書かれています。

 

基本的な質問はこちらで解説されているので、最初に疑問に思ったことはFAQを確認してください。

FAQでも解決できない場合は他の方法での解決を検討しましょう。

 

クラウドワークスのカンタンご利用ガイドを利用する

カンタンご利用ガイドは、受注者・クライアント双方について、仕事の受発注の流れを解説しているページです。

仕事の流れがわからないという場合はカンタンご利用ガイドを利用しましょう。

 

また、カンタンご利用ガイドでも流れがわからないという場合は下記の記事をご覧ください。

 

みんなのお仕事相談所を利用する

みんなのお仕事相談所を利用するのも重要。

みんなのお仕事相談所は、クラウドワークスユーザー同士で疑問を解決するというものです。

大抵の質問はみんなのお仕事相談所で解決することができます。

 

ただし注意点として、みんなのお仕事相談所はあくまでもユーザー同士での問題解決ですので、クラウドワークス運営事務局が介入することはありません。

クラウドワークスからの正式な回答は得られないのでご注意ください。

 

最終手段は問い合わせ

最終手段は問い合せです。

クラウドワークスの運営に問い合わせを行うことで、正式な回答を得られます。

ただし、問い合わせは最終手段だと思ってください。

 

基本は相談所やFAQなどを利用して問題を解決しましょう。

どうしても、といった場合は問い合わせを利用するしかありませんが、なるべく利用しないようにしてください。

 

クラウドワークスも多数のユーザーがいますので、回答に時間がかかり、問題解決が遅くなる可能性もあるからです。

できるだけ自分の力で問題解決しましょう。

 

問い合わせに関する記事は下記をご覧ください。

 

補足:ビズシーク(Bizseek)の買い物代行案件についても注意!

出典:Bizseek

 

クラウドワークスの購入代行案件について解説してきましたが、最後に補足としてビズシークの買い物代行案件についてもご紹介しておきます。

ビズシークとは?:システム手数料が安い人気のクラウドソーシングサイト

 

ビズシークには下記のような案件が大量に発注されています。

 

もちろん、買い物代行の仕事全てが悪質なものとは限りませんが、基本的には関わらない方が良いでしょう。

 

ビズシークで買い物代行をはじめとした怪しげな案件をみた場合は、クライアントの評価を確認しましょう。

クライアントのプロフィール画面に飛ぶと、下記のような実績と評価を確認できます。

 

上記の実績が少ない、あるいは評価が悪い場合は危険なクライアントの場合が多いので、注意しましょう。

 

まとめ

以上、クラウドワークスの購入代行についての内容でした。

 

購入代行はクラウドワークスでは規約違反です。

絶対に関わらないようにしましょう。

 

もし関わってしまった場合はすぐに契約の途中終了をし、通報してください。

被害が大きくなる前に食い止めることが重要ですので。

 

また、購入代行以外の危険な案件にも注意しましょう。

契約前の直接連絡や、クラウドワークス外での契約を持ちかけるクライアントは危険です。

 

自分の身は自分で守るようにしてくださいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました