【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

【詐欺行為】クラウドワークスの購入代行は危険!実態や対策を徹底解説!

クラウドワークス

「クラウドワークスの購入代行案件って安全なの?」

「クラウドワークスの購入代行はどんな案件?」

「クラウドワークスの購入代行が危険って本当?」

と、悩むことはありませんか?

 

購入代行の案件は単価が高いように感じ簡単そうなので、チャレンジしたくなることもありますよね。

しかし、クラウドワークスでは購入案件の仕事のトラブルが絶えません。

 

そこで今回は、クラウドワークスの購入代行案件の危険性や実態、詳細な対策まで徹底的に調べました。

当記事で紹介する内容は下記の通りです。

  • クラウドワークスの購入代行案件は危険!
  • クラウドワークスで購入代行案件を受けたときの対処法
  • クラウドワークス規定違反行為とは?

 

クラウドワークスの初心者はもちろん、購入代行案件で悩みがある場合はぜひ最後までお読みください。

購入代行の危険性を理解し、トラブルを回避しながらクラウドワークスをする助けになるでしょう。

 

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

  1. クラウドワークスの購入代行案件は危険!
    1. 購入代行はクラウドワークスの利用規約違反である
    2. そもそも購入代行とは?解説!
    3. クラウドワークスの購入代行ってどういう仕組み?
    4. 購入代行案件は詐欺の可能性も高い!
    5. 購入代行を言い換えた案件(代理購入、着払い、梱包、送付など)にも注意!
  2. クラウドワークスで購入代行の案件を受けてしまった場合の対処法
    1. 1:契約を途中終了する
    2. 2:クラウドワークスの運営事務局に通報する
    3. 3:可能であれば返品対応をする
  3. クラウドワークスの購入代行以外の規約違反案件とは?
    1. マルチ・MLMなどネットワークビジネスに関する案件
    2. 外部のサイトの利用規約に抵触する案件
    3. 外部のサイトへの登録などが必須の案件
  4. クラウドワークスで購入代行の怪しいスカウトを拒否する方法とは?
    1. 基本は無視でOK
    2. 気になるならブロック機能を利用する
  5. クラウドワークスを通さない契約には要注意!
    1. クラウドワークスでは契約前の直接連絡は規約違反
    2. クラウドワークス外で契約をしたり金銭の授受をしたりするのも規約違反
  6. クラウドワークスで質問があるときはどうしたらいい?
    1. よくある質問を利用する
    2. クラウドワークスのカンタンご利用ガイドを利用する
    3. みんなのお仕事相談所を利用する
    4. 最終手段は問い合わせ
  7. 補足:ビズシーク(Bizseek)の買い物代行案件についても注意!
  8. まとめ

クラウドワークスの購入代行案件は危険!

結論から申しますと、クラウドワークスの購入代行案件は危険です。

購入案件を受注すると場合によっては詐欺被害にあう場合や、逆に詐欺に加担してしまう可能性もあります。

 

当項目では、クラウドワークスの購入代行案件について、下記のことをまとめました。

  • 購入代行はクラウドワークスの利用規則違反である
  • そもそも購入代行とは?
  • クラウドワークスの購入代行の仕組みを解説
  • 購入代行は詐欺案件の可能性も高い
  • 購入代行の言い換えにも要注意!

 

購入代行はクラウドワークスの利用規約違反である

まず前提として、購入代行案件がクラウドワークスの利用規約違反ですので、やってはいけません。

クラウドワークスは下記のように明記しています。

本サービスの利用者が、以下に定める行為を行うことを禁止します。
(中略)
(16) 報酬確定前に商品・サービス等の購入が必要な業務を依頼する行為、または業務を開始する行為。

引用:クラウドワークス利用規約

 

上記の規定にもはっきり書かれている通り、クラウドワークスでは購入代行を禁止しているのです。

【購入代行は禁止行為】

  • クラウドワークスでは報酬が確定する前に、受注者がお金を支払ってはいけない
  • 詐欺案件かどうかにかかりなく禁止行為

購入代行がどういう内容であるかとか、詐欺かどうかとか関係なく禁止されているので、関わらないようにしましょう。

 

そもそも購入代行とは?解説!

「そもそも購入代行ってどういうものなの?」と考えることはありませんか?

購入代行のことを知らなければ、知らずに受注してしまう可能性も否定できません。

 

購入代行について、下記にまとめました。

【購入代行とは?】

  • クライアントの代わりに商品を購入すること
  • 一般的な購入代行では、商品を購入した後、商品と支払い用紙を合わせてクライアントに送付し1件で数百円の報酬を得られる

上記のように、一時的とはいえクライアントのためにワーカーがお金を支払うことが購入代行です。

 

クラウドワークスの購入代行ってどういう仕組み?

購入代行は、実に巧妙な仕組みで成り立っています。

 

購入代行には様々な思惑がありますが、下記3つの目的があることがほとんどです。

  1. 単純な詐欺
  2. アフィリエイト報酬の不正取得
  3. 初回限定品などの転売目的

当項目では、購入代行にありがちな3つの目的について詳しく紹介します。

 

単純な詐欺

まずは単純な詐欺とは購入代行案件で商品を購入させるだけさせておいて、報酬を支払わないというパターンです。

 

単純の詐欺について下記にまとめました。

  • クラウドワークスの代行案件一番多いケース
  • クラウドワークスの質問箱にも相談が載せられることが多い

 

ワーカーがクライアントが買った商品の金額をそっくり払わされ、クライアントが逃げてしまうことも珍しくありません。

中には5万円と言う大金を払わされたワーカーもいますので、十分に注意しましょう。

 

アフィリエイト報酬の不正取得

目に見えない購入代行の仕組みとして、アフィリエイト報酬の不正取得の問題もあります。

アフェリエイトとは、商品を紹介して広告費を得る広告業の一種です。

 

アフェリエイト自体は不正ではありませんが、アフェリエイトを利用した不正取得について、下記にまとめました。

  • アフェリエイトをしているクライアントがクラウドワークスを通して、商品の購入をワーカーにさせる行為
  • アフィリエイトサービスプロバイダ(ASP)と呼ばれる、アフィリエイトの仲介業者からも購入代行は禁止されている

 

上記のように大手ASPのA8.netも定めています。

共通禁止行為: 不当な成果発生
広告配信とは無関係又は広告目的・本サービスの趣旨とは異なる成果の発生、その他、ファンコミが不適当と認める手段、方法を用いること。
以下は例示であり、これらに限定されない。
■ユーザーに報酬対象アクションを行うことを強要・嘆願・依頼する行為

引用:A8.net利用規約

報酬対象アクション(アフィリエイトリンクを踏ませるなどの行為)を、依頼してはいけないことになっているのです。

クラウドワークスで報酬発生をさせるような行為も、もれなくA8.netの利用規約違反しています。

 

ちなみに、外部のサイトの利用規約に違反する行為についても、クラウドワークスは禁止していることが載せられていました。

本サービスの利用者が、以下に定める行為を行うことを禁止します。
(中略)
(18) 代理出品等、オークションサービス・フリーマッケットサービス等の運営者が利用規約で禁止する使用方法を助長する業務を依頼する行為、または業務を開始する行為。
(中略)
(22) その他、外部サービスの規約違反などにより当該サービスの運営に影響を及ぼす恐れのある業務を依頼する行為、または業務を開始する行為。

引用:クラウドワークス利用規約

上記のようにしっかりと「禁止」と明記されているので、購入代行はしないようにしてくださいね。

 

初回限定品などの転売目的

クライアントは、転売目的での初回限定品の買い占めを目的として代行購入をすることもあります。

初回限定品の買い占めに関する情報を、下記にまとめました。

  • 初回限定商品は1人1点のみの購入制限がある商品が多い
  • 限定商品を、大量に買い占めるためにクラウドワークスを利用する

 

上記のようにクラウドワークスのワーカーを通して限定商品を買い占め、転売するクライアントも少なくありません。

もちろん、クラウドワークスの利用規約上禁止されている行為です。

 

購入代行案件は詐欺の可能性も高い!

購入代行案件は悪質な案件や詐欺案件の可能性が高く、危険です。

購入代行案件を受注してしまったワーカーからは、下記のような被害が多く起こっています。

  • 詐欺にあってお金を失う
  • 詐欺の片棒を担いでしまう
  • 不要なメルマガやDMが届く
  • 個人情報が盗まれる可能性がある

 

詐欺にあってお金を失う

単純な詐欺目的の購入代行にあってしまった場合、お金を失ってしまいます

購入代行で最も多いのが、購入代行案件での被害です。

 

  • クライアントは後から商品代金を含めた分の報酬を支払うと言ってくる場合が多い
  • クライアントの元に商品が届いてもワーカーへの支払いはない
  • クライアントとは連絡が取れなくなり、泣き寝入り

上記のような損をしないためにも、クラウドワークスをはじめとしたクラウドソーシングサイトでは、お金を先に払う案件は絶対に受けないようにしてください。

 

詐欺の片棒を担いでしまう

詐欺の片棒を担いでしまうという可能性も否定できません。

あなた自身は損をしなかったとしても、他人が損をしているケースも多々あります。

 

例えばアフィリエイト報酬の不正取得に関しても、同様です。

  • 商品を販売している店やメーカーから不正に報酬を取得することになる
  • クライアントはもちろん、受注者も加害者になる

上記のようにクラウドソーシングでお金を稼ぐつもりが、詐欺の片棒を担いでしまっていた、なんてことになりかねません。

 

 

不要なメルマガやDMが届く

代行購入案件を受注すると、不要なメルマガやDMが大量に届く被害もあります。

代行購入案内をすることで、下記の個人情報をクライアントに知られてしまうからです。

  • 住所
  • 電話番号
  • メール
  • クレジットカード番号

 

入手した個人情報を使って不要なメルマガ、DMを送りつけてくることがあります。

不要なメルマガやDMの中には詐欺目的のものが多く、二次被害にあってしまう可能性も否定できません。

 

個人情報が盗まれる可能性がある

ショップに個人情報を盗まれる可能性もあります。

  • クライアントとショップがグルだった場合も考えられる
  • クレジットカードの情報などを抜かれて不正利用される

 

購入代行など、あやしげな案件で個人情報を入力することはしないでください。

購入代行に限らず、個人情報を入力すると時は「信頼に足るショップか?」といったことを常に考える癖をつけるといいでしょう。

 

購入代行を言い換えた案件(代理購入、着払い、梱包、送付など)にも注意!

クラウドワークスには、購入案件を言い換えた案件も多く出回っているので注意しましょう。

例えば、下記の言い回しを使うことがあります。

  • 代理購入
  • 着払い
  • 梱包作業
  • 送付

 

クラウドワークス代行購入を禁止しているため、クライアントも「代行購入」を全面に出してこない場合も少なくありません。

ワーカーが案件を受注するように、たくみに言い回しを変えているのです。

 

場合によっては「全く関係の無いライティングやデータ入力で発注をかけ、結局購入代行だった」ということもありますので気をつけましょう。

ちなみにクライアントの代わりに商品を発送する発送作業は、クラウドワークスで認められているジャンルの仕事です。

 

梱包作業に関する詳しい情報は、下記を参考にされてください。

 

クラウドワークスで購入代行の案件を受けてしまった場合の対処法

「購入代行案件を受けてしまった」「データ入力と書いていたので受注したら購入代行だった」ということもあり得ますよね。

 

代行購入案件を受注してしまった場合は、下記の3つのステップを踏みましょう。

  1. 契約を途中終了する
  2. クラウドワークスの運営事務局に通報する
  3. 可能であれば返品対応する

当項目では、代行購入をキャンセルする3つのステップについて紹介します。

 

1:契約を途中終了する

始めに、契約の途中終了をしましょう。

購入代行はクライアントはもちろん、受注者も利用規約違反となりますので、案件を受けてしまった場合はすぐに途中終了してください。

 

途中終了の方法は、クラウドワークスのホームページに載せられていました。

契約の途中終了をするには、契約詳細画面の中段右側にある「契約途中終了リクエスト」の送信をお願いします。
リクエストに契約相手が同意した時点で、契約が途中終了となります。

契約相手がリクエストに1週間経過しても応じない場合は、自動で契約が途中終了となり、契約相手の評価も低評価が付与されます。

※契約を「途中終了」すると契約自体がキャンセルになるため、仮払いされた金銭は全額クライアントに返金されます。

引用:クラウドワークス

 

契約終了をすることについて、下記にまとめました。

  • 契約途中リクエストボタンを押す
  • 契約終了をすると報酬をもらえない

契約終了をすると報酬は受け取れませんが、悪質案件と関わるのをストップできます。

 

2:クラウドワークスの運営事務局に通報する

クラウドワークスの運営事務所に、クライアントについて通報します。

  • 購入代行やMLMなど、利用規約違反の仕事を発注しているアカウントを追放するシステム
  • クラウドワークスに違反報告をする

 

違反報告の方法について、クラウドワークスのホームページには下記のように記載されていました。

利用規約違反を行っているユーザーやお仕事があった場合、
ユーザーが直接違反行為である旨をクラウドワークスに報告を行うことができるシステムです。
……

ユーザが追加した画像

ユーザが追加した画像

引用:クラウドワークス

 

現在では利用規約違反の仕事が多数発注されており、悪質案件は後を立ちません。

受注者の積極的な通報で、よりよい環境作りを心がけてください。

 

 

3:可能であれば返品対応をする

詐欺行為に関わったかどうか関係なく、可能であれば購入代行で購入した商品はショップに返品しましょう。

  • 購入代行での商品購入はショップを騙す行為であることも多い
  • 経緯を説明した上で商品を返品する

 

特に初回限定の商品や定期購入の案件などは返品が大変ですが、購入代行に関わってしまったこと自体がよく無いことですので覚悟して取り組んでください。

ショップにもできるだけ誠意のある姿勢を、見せましょう。

 

クラウドワークスの購入代行以外の規約違反案件とは?

クラウドワークスには、購入代行以外の利用規約違反案件も存在します。

当項目では、購入代行以外の3つの違反案件についてまとめました。

  • MLM(ネットワークビジネスに関する案件)
  • 外部のサイトの利用規約に抵触する案件
  • 外部のサイトへの登録などが必須の案件

 

マルチ・MLMなどネットワークビジネスに関する案件

マルチ・MLMなどネットワークビジネスに関する案件です。

クラウドワークスは下記のように規約を定めています。

本サービスの利用者が、以下に定める行為を行うことを禁止します。
(中略)
(17) マルチ・ねずみ講・MLMなどの連鎖取引への勧誘が疑われる業務を依頼する行為、または業務を開始する行為。
引用:クラウドワークス利用規約

 

クラウドワークスでは連鎖取引に関する仕事の発注が禁止されていますので、下記のことを徹底してください。

  • 案件の説明を聞いた時点で、連鎖取引に関わる内容かもと思った場合は通報する
  • 契約・業務開始をしない

MTLやマルチ業務には、関わらないようにしましょう。

 

外部のサイトの利用規約に抵触する案件

クラウドワークスでは、外部のサイトの利用規約に抵触する案件も禁止されています。

クラウドワークス規約には下記のことが、記載されていました。

本サービスの利用者が、以下に定める行為を行うことを禁止します。
(中略)
(18) 代理出品等、オークションサービス・フリーマッケットサービス等の運営者が利用規約で禁止する使用方法を助長する業務を依頼する行為、または業務を開始する行為。

引用:クラウドワークス利用規約

 

フリマアプリなどの利用規約に抵触する事柄が禁止されています。

  • メジャーな案件:代理出品
  • クラウドワークス内で完結する仕事を選ぶと間違いない

クラウドワークス内で完結する仕事なら、外部サイトの利用規約に気を使う必要はありません。

 

外部のサイトへの登録などが必須の案件

外部のサイトやメルマガへの登録が必須の案件も注意しましょう。

 

クラウドワークスの利用規約には、以下のように書かれています。

本サービスの利用者が、以下に定める行為を行うことを禁止します。
(中略)
(23) 外部サービスの宣伝や登録、メールマガジンへの登録、アフィリエイトなど、本サービスの趣旨とは異なる目的の業務を依頼する行為、または業務を開始する行為。

引用:クラウドワークス利用規約

 

クライアントから、外部のサイトへの登録を示唆された場合は疑ってかかるようにしましょう。

  • 契約前にLINEやスカイプでの通話を求められる
  • クラウドワークス外で報酬を払おうとする

 

上記のように、外部連絡申請をせずにLINEやスカイプのやりとりを強要される場合は特に注意が必要です。

地雷案件の可能性も、否定できません。

地雷案件とは?:単価が安すぎたり、業務が規約違反といった危険な案件のこと

 

 

クラウドワークスで購入代行の怪しいスカウトを拒否する方法とは?

クラウドワークスで購入代行案件をはじめとした危険な仕事のスカウトが来たら、びっくりしますよね。

「どうしたらいいのだろう」と、慌てることも珍しくありません。

 

当項目では、怪しげなスカウトが来た時の対処法を2つ紹介します。

  • 無視する
  • ブロックする

 

基本は無視でOK

基本は無視で、OKです。

無視しても大丈夫と言える理由を、下記にまとめました。

  • スカウトは不特定多数に送信していることが多い
  • 経歴を見てスカウトを出したとは考えにくい

 

そもそも、購入代行などはスキルを求める仕事ではありませんので、あなたの経歴をみてスカウトを出したとは考えられません。

不特定多数にスカウトを出している以上、相手にする必要もないので無視しましょう。

 

気になるならブロック機能を利用する

「代行購入のスカウトが頻繁に送られてくる」「どうしても気になる」「気分が悪い」と感じることもありますよね。

代行購入のスカウトが気になる場合は、ブロック機能を使いましょう。

 

ブロックしたいユーザー(クライアント)のページに行き、下記のような画面からブロックを行えます。

引用:クラウドワークス

 

ブロックに関する詳細は、下記の通りです。

  • ブロックしたことは相手に通知されない
  • ブロックしたユーザーからのメッセージを拒否できる
  • こちらからもブロックしたユーザーにメッセージを送れない
  • 後でブロックの解除するのは可能

もちろんブロックしたことは相手に通知されませんので、ご安心ください。

 

 

クラウドワークスを通さない契約には要注意!

クラウドワークスで気持ちよく作業をするために、クラウドワークスの危険な案件を回避したいですよね。

 

クラウドワークスで危険な案件を回避するために知っておくと良いことは、下記の通りです。

  • クラウドワークスでは直接やり取りは原則違反
  • クラウドワークス外で契約&金銭のやり取りをするのは違反

当項目では、クラウドワークスでトラブルを回避するために知っておくと良いこと2つを紹介します。

 

クラウドワークスでは契約前の直接連絡は規約違反

まず前提として、クラウドワークスでは契約前の直接連絡は規約違反です。

クラウドワークスの規約では、下記のように記載されています。

当サービスでは、原則として直接連絡は禁止しています。
そのため、契約前・仮払い完了前に、スカイプやLINE、チャットワーク、メールアドレス、電話番号など、
クラウドワークス上のメッセージ機能以外でやりとりを促すことや、クラウドワークス以外の連絡先を教えることはご遠慮ください。

引用:クラウドワークスFAQ

 

しかし、クラウドワークスの契約後、作業をスムーズに進めるためにクラウドワークス以外のツールを使ってやりとりをする必要があるのも事実です。

クラウドワークス以外のサービスでやりとりをする場合、サービス外連絡申請を行います。

 

サービス外連絡申請については、下記の通りです。

「サービス外連絡申請」とは、クラウドワークス外での直接連絡が必要な場合に、事務局に申請する機能です。

当サービスでは、原則メッセージ上でやり取りをおこなっていただいております。
契約前や契約後に連絡先(メールアドレスや電話番号など)を交換したい場合、「サービス外連絡申請」をおこない事務局の承認を得る必要があります。
承認後は、メッセージ上で連絡先を交換していただけます。

申請の条件
・やむを得ない事情で連絡先交換が必要な場合。
(例)契約前の面談を希望している、メッセージ上に添付できない資料がある など。
・ひとつの相談・契約につき、一回のみ申請可能。(クライアント・ワーカーどちらからも申請可能)

引用:クラウドワークス

 

適切な対応をして直接やりとりをするのでない場合は、利用規約を理解していないか無視していることが考えられます。

特に契約前に不必要に外部での連絡を進めてくる場合は、契約をしないようにしましょう。

 

クラウドワークス外で契約をしたり金銭の授受をしたりするのも規約違反

クラウドワークス外での契約をしたり、金銭の授受をしたりすることも禁止されています。

下記の規約をご覧ください。

本サービスの利用者が、以下に定める行為を行うことを禁止します。
(中略)
(26) 弊社を介さない仕事や支払い、および直接取引を想起させる行為。
引用:クラウドワークス利用規約

 

稀にクラウドワークスで契約後に、下記のことを提案してくるクライアントもいます。

  • クラウドワークスは手数料が高いから直接契約をしましょう
  • 直接ペイパルに振り込んでもいいですか?

 

クラウドワークスを利用しながら利用規約を守れないクライアントは、ワーカーにも誠実な態度を示してくれない可能性も否定できません。

上記の提案には、関わらないようにするのがいいでしょう。

 

関連記事も、参考にされてください。

 

クラウドワークスで質問があるときはどうしたらいい?

クラウドワークスで、危険な案件や怪しげな案件があったときは「どこに問い合わせたらいいのかがわからない」と悩むことはありませんか?

 

クラウドワークスで質問がある時の解決方法は、下記の通りです。

  • よくある質問を利用する
  • ご利用ガイドを利用する
  • みんなのお仕事相談所を利用する
  • クラウドワークスの事務所に直接問い合わせる

当項目では、クラウドワークスでトラブルが起きたり、質問をしたいと思ったりした時の解決用法を紹介します。

 

よくある質問を利用する

クラウドワークスのサービスを使用中に質問があるときには、FAQ(よくある質問)を利用しましょう。

FAQには利用者が疑問に思いがちな質問とその回答が書かれています。

 

FAQに挙げられている質問の一例を、下記にまとめました。

  • クライアントと連絡が取れなくなった
  • 契約の途中終了の方法とは?
  • 契約相手とのトラブルを防ぎましょう

基本的な質問はFAQで解説されているので、最初に疑問に思ったことはFAQを確認してください。

 

 

クラウドワークスのカンタンご利用ガイドを利用する

カンタンご利用ガイドは、受注者・クライアント双方について仕事の受発注の流れを解説しているページです。

仕事の流れがわからない時には、カンタンご利用ガイドを利用しましょう。

 

カンタンご利用ガイドに載せられている内容の一部を、下記にまとめました。

  • システム利用料について
  • 仕事の受注方法

上記のように、クラウドワークスの簡単な流れやルールが分かります。

 

クラウドワークスの仕事の流れに関しては、下記の記事を参考にされてください。

 

みんなのお仕事相談所を利用する

みんなのお仕事相談所は、クラウドワークスユーザー同士で疑問を解決するコーナーです。

  • 実際に起こったトラブルの相談
  • 案件に関する相談
  • クラウドワークスのシステムに関する相談

 

上記のように、ワーカー達が実際にどのような問題を持っているのか、他のワーカーはどのように解決したのか分かります。

クラウドワークスで、長年仕事をおこなっている先輩達からの回答を得られるのは大きなメリットでしょう。

 

注意点として、みんなのお仕事相談所はあくまでもユーザー同士での問題解決ですので、クラウドワークス運営事務局が介入することはありません。

クラウドワークスからの正式な回答は得られないのでご注意ください。

 

最終手段は問い合わせ

どうしても問題が解決しないときには、クラウドワークスに直接問い合せましょう。

  • クラウドワークスの運営に問い合わせを行うことで、正式な回答を得られる
  • 問い合わせに対する回答には時間がかかることもある

 

クラウドワークスの事務所に直接問い合わせることで、問題解決ができるケースも少なくありません。

ただし、できるだけ自分の力で問題解決し、問い合わせは最終手段だと思ってください。

 

 

問い合わせに関する記事は下記をご覧ください。

 

補足:ビズシーク(Bizseek)の買い物代行案件についても注意!

出典:Bizseek

ビズシークは、システム手数料が安い人気のクラウドソーシングサイトです。

 

クラウドワークスの購入代行案件について解説してきましたが、最後に補足としてビズシークの買い物代行案件についても紹介します。

 

ビズシークには、購入代行に関する案件が大量に発注されており、下記の通りです。

出典:Bizseek

 

 

もちろん、買い物代行の仕事全てが悪質なものとは限りません。

しかしトラブルに巻き込まれないためには、基本的には関わらない方が良いでしょう。

 

ビズシークで買い物代行をはじめとした怪しげな案件をみた場合は、クライアントの評価を確認できます。

上記の実績が少ない、あるいは評価が悪い場合は危険なクライアントの場合が多いので、注意しましょう。

 

まとめ

購入代行はクラウドワークスでは規約違反です。

絶対に関わらないようにしましょう。

 

万が一、代行購入に関わってしまった場合はすぐに下記の対応をしてください。

  • 契約の途中終了をする
  • クラウドワークスに通報する
  • 必要ならショップに対応する

 

契約前の直接連絡や、クラウドワークス外での契約を持ちかけるクライアントは危険です。

クラウドワークスは基本的に、自己責任で仕事を受注し報酬を得る必要があります。

自分の身は自分で守るために、クラウドワークスの利用規約をしっかりと把握しておくことは需要です。

 

怪しい案件に引っかからないためにできることについては、下記を参考にされてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました