【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

クラウドワークスの契約前の面談は原則規約違反!!

クラウドワークス

せっかくいい仕事を受注しそうだけど、契約前の面談を求められる事になった。

「クライアントとの契約前の面談を求められているけど怖い」
「lineやスカイプなどでまずは面談させて欲しいと言われたけどいいの?」

この記事を読まれているあなたはどうしたらいいのと悩んでいるかと思われます。

そこで、今回はクラウドワークスにおける契約前の面談を求められた時や規則などについて分かりやすく解説していますので、参考にしてみてください。

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

クラウドワークスの契約前の直接連絡は禁止されている


「仕事の詳細を直接会う事やSNSなどを通じてやりとりしましょう」とクライアントから連絡をもらう事になったけど、これはいいの?という疑問はよくあるかと思います。

 

クラウドワークスではクライアントと「直接契約をすることは認められていない」というのが基本ルールとなっております。しかし、面談がどうしても仕事の関係上やサービス外でのやりとりに関して必要なこととする場合には「クラウドワークスの事務局へ事前に連絡をする」というのが決められたルールになります。

 

仕事を受ける側とすれば、この面談によって受注することができると思えば、会っておきたいと思いがちですが、そうでなくとも良い仕事はたくさんあります。仕事の進め方や詳細のところでより良くスムーズに行うためにはとても大事な事で、ルールから外れて受注した場合に起こったトラブルは誰も助けてはくれません。

 

契約前に遠慮なく直接の面談を行う場合にはクラウドワークスが行っている人材マッチングサービスのビズマッチを通じてであれば全く問題ありません。プロのエージェントが仲を取り持つので、安心して事前の面談に臨むことが出来ます。

 

従って、クラウドワークスの契約前の面談に関しては次の手順に沿う事でトラブルや規則を破ることを防ぎます。

・契約前の面談が必要な場合はクラウドワークスに事前に連絡を行う
・ビズマッチ・エージェントを通じてクライアントとの面談を組んでもらう

以上、ドキドキの契約前の面談ではありますが、より良い仕事の受発注を行うのであれば、上記のルールを守ることが鉄則!!

スカイプでのやり取りが苦手という方に

契約前の面談はスカイプなどを通じても禁止されているということですが、受注後に「仕事のやりとりはスカイプで行います」という案件を見かけませんか?

スカイプでのやり取りは苦手なので避けたいという人は先にその案件を断るか、その他の代用案で可能かどうかを確認してみる余地はあります。

 

スカイプを使うのが嫌な理由としては次の内容が挙げられます

・Skypeはビデオ通話など顔を見せて会話をしなければならない
・いつでも監視されている感覚に陥る
・有料の通話サービスなので費用がかかる
・カメラやマイクなどの機材を取り揃えるのが嫌だ

というようにスカイプは昔から利用されている通話サービスなので、今から顔を晒して準備をする事がとても負担になると思われがちですが、実はそうでもないのです。

スカイプ自体は秘匿性の高い通話チャットアプリですので、こちらは特に顔を見せることもなく、カメラやマイクなどの機材も必要ありません。

チャットのみを行う事も可能ですので、リアルタイムで仕事のやり取りをスムーズに行う連絡としてはとても有効性が高いと言えます。

 

クライアント目線からすれば、より良く仕事の進捗や意図から外れていた場合に修正するのにとても有効な手段としてスカイプはとても使える。

スカイプサービスは有料のサービスではありますが、その仕事を受ける期間が短期間であれば1ヶ月間無料サービスもありますので、費用をかけずに利用する事ができます。

 

ただし、それでもスカイプのサービスを避けてクライアントとの仕事のやりとりを行う場合には、メールでも可能なのかを問い合わせをします。

スカイプなどのサービスを利用して仕事をやりとりするクライアントは案件進捗と品質を求めている人ばかりですので、メールでの対応で気つけるのは“タイムリーかつ品質”の重要性を守るということです。

チャットワークのやり取りを誘導された

「仕事のやりとりをチャットワークで行わないといけない」とクライアントから求められたという人も多いかと思います。

契約前のチャットワーク面談はNGですが、契約後のチャットワークを通じてのやりとりはクラウドワークス内でも当たり前に行われています。

 

仕事のやりとりをスムーズに行うビジネスチャットアプリとしてチャットワークは22万の企業や登録者数も270万近くのユーザーが使っています。

こちらはフリーメールなどのメールアドレスを持っていれば登録と利用は出来ますので、秘匿性も高く仕事のやりとりに関しても問題はありません。

 

しかし、注意したいのがクラウドワークス外で仕事条件の交渉や支払いに関してのやりとりを匂わす内容が出た場合にはクラウドワークスのステータスを使う事を確認します。

クラウドワークスの仮払いと納品ステータスの進捗を守るという事は報酬を確実に受取るための大事な行程管理なのでとても重要!!

こちらを疎かにしてチャットワークのみでやりとりを行ったら「クライアントから報酬を受け取れなくなった」というトラブルを招きかねないのです。

 

従ってチャットワークのサービスはとても双方にとって活用のしやすいサービスでもあるのですが、クラウドワークスを疎かにして単独でやりとりする事はリスクがあります。

ここでは必ずクラウドワークス「仮払いと納品」のステータスをやりとりする事を前提として、細かい作業確認のみでチャットワークを利用しましょう。

クラウドワークスが提供しているビズマッチとは?

クラウドワークスは「仕事を依頼する者」と「仕事をしたい人」との要件をピタリと合わせるビジネスマッチングサービスを行っています。

クラウドワークスでは匿名での仕事のやりとりが気兼ねなく出来るサービスで、双方の間にプロのエージェントが案件のマッチングを行ってくれるのです。

 

契約前の面談が唯一堂々と行える手段であって、ビズマッチ自体はクライアント側のメリットがとても大きい!!

クライアントの本来の仕事は別にあるのが基本なので、本来の受注するフリーランスのワーカーを探している時間が無いのが実情です。

また、受注後の案件管理も行わないといけないので、出来ればワーカーを自分自身で探すというのはとても大きな負担!!

 

その手間を大きく省ける事や自分の代わりに品質のいいフリーランスのワーカーを探し求める事が可能とするプロが全部請け負ってくれるサービス。

人材を探すプロが細かくワーカーのスキルや経歴を探し当てるので、自分の視野よりも何倍も広く探し求める事が可能です

このエージェントによって登録の浅いワーカーにとっても好条件の案件がオファーされる事もあるのです。

 

クラウドワークスに登録してから「いきなりクラウドワークスから仕事のオファーがあった」という人も少なくはないと思われます。

いきなり、直接クライアントからオファーが来るよりもクラウドワークスよりコーディネートされる方が抵抗なく受け入れられませんか?

そのため、ビズマッチからの連絡があった場合はまずその案件を優先に検討してみる価値がある。

ビズマッチエージェントって何をやるの?

ビズマッチのエージェントは仕事を依頼するクライアントと仕事を求めるワーカーを繋ぐ人です。180万人もいるワーカーの情報を精査して、複数のフリーランスのワーカーと直接面談まで行ってクライアントと結びつける役目。

 

フリーランスのワーカー側は特に登録などを行うわけではありませんが、ワーカー側にとっては好条件の案件に辿り着くための仕事をしているのです。世に転職サイトや人材紹介会社は沢山ありますが、ビズマッチはそのクラウド版と言えます。

 

好条件な案件を持つクライアントと仕事に適した最適なワーカーとのスケジュールを調整します。面談微調整から仕事の依頼までを全て仲介してくれるだけでなく、報酬の支払い管理も行われます。

ビズマッチなら仕事の受注がしやすい?

クラウドワークスで自分が応募するのとビズマッチを通じて案件を受注するのはどちらの方が可能性あるのかと言うとビズマッチの方が高いのです。

ビズマッチ自体はクライアント側に発生する有料のマッチングサービスですが、費用対効果はとても高いと高評価を得ています。

 

ビズマッチはクライアント側にとってベストなワーカーを目の前に揃えてくれるので、納期や仕事の進捗での不安が大きく解消!!

ワーカーにとってもベストな案件を提供してくれることもあって、お互いにWin×Winの関係となります。

 

クライアントは自分の求める条件を提示しているので、その条件に当てはまるワーカーが目の前に来ます。

これはクラウドワークスとの信頼性によって成り立っているので、ワーカーにとっても採用の可能性のある案件と思ってもいいです。

 

ワーカーにとっても何十件と応募をしても契約に辿り着けないという高スキルの人もたくさん埋もれています。

ビズマッチはそのコミュニケーションや面談力という表面的な事以外の経歴やスキルなども探し出してくれているので、ビズマッチを通じた仕事は受注しやすい!!

しかし、ビズマッチはそのコミュニケーションや面談力という表面的な事以外の経歴やスキルなども探し出してくれているので、ビズマッチを通じた仕事は受注しやすいと言えます。

発注者とのメールを通じた直接連絡は従った方が良いのか?

仕事交渉については基本的にクラウドワークス内での「気軽な相談」から「応募」などを通じて行います。

やりとりの中でメールでの直接連絡を希望される場合にはトラブルを避けるためクラウドワークス内で行う事が良いかと思われます。

クラウドワークス外での直接交渉ややり取りに関しては原則禁止ですので、ワーカーにとっても不利なことも多いので差し控える。

 

特に契約前の直接メール連絡とクラウドワークスでの報酬支払いは関連付けられてないために避けるべきです。

また、受注後の直接のメールやり取りにおいてもクラウドワークスの仮払いや納品などのステータスを無視したやりとりもワーカー側にとって不利になります。

 

案件を受注した後においては直接のメールやり取りは構いませんが、報酬の支払いはクラウドワークスよりされるために、必ず納品まで忘れずに!!

クライアントは検品を完了させて報酬支払いが決定するため、直接メールをしている人は納品を忘れないようにします。

常駐案件の募集は禁止されています

クラウドワークスで「クライアントから常駐の指示があった」という場合は法令違反となる可能性がとても高いため禁止されています。

このような案件や注文があった場合には引き受ける事は絶対に控えなければなりません。

クラウドワークスの契約は「業務委託契約」となっているため、常駐や特定の人に具体的な指示を行う場合は「直接雇用」の契約となってしまいます。

これはクラウドワークスでは行ってはいけない契約となるため、クライアントもワーカーのどちらもこの内容に抵触してはいけないのです。

 

元々クラウドワークスはクライアントとフリーランスのワーカー双方にとって仕事のしやすい形態となっているため常駐にする必要が無いのです。

もし、常駐に近い案件や半常駐などの条件を提示された場合にはクラウドワークスへ相談する事をおすすめします。

クラウドワークスでは半常駐もなく完全フリーランス

クラウドワークスには常駐案件や半常駐などの中途半端な案件を提示する事は控えるよう明確にされているため、その判断が取れないものがあったら速やかにクラウドワークスへ相談。

 

クラウドワークスは完全フリーランスのワーカーが行えるための案件となっているため、勤務地や常駐するための条件を提示されることはありません。

常駐などの案件自体の取り扱いや常駐雇用を希望する場合にはランサーズで探す事が出来ます。

 

今では新型コロナウィルスの脅威によって在宅ワークやテレワークなどが求められているため、完全フリーランスで仕事が受注出来るクラウドワークスの登録が急増しています。

クラウドワークスでリスク回避のための注意すべき点

クラウドワークスでは完全フリーランスで仕事を受注できるメリットがあるため、副業として兼業する人が急増!!

ただし、目に見えない相手とのやりとりとなるため、報酬が必ずもらえるのかという不安を残します。

しかし、この不安はクラウドワークスにおいて契約前に直接面談やクラウドワークス外での直接交渉を行っている人に目立ちます。

 

基本的にリスクを回避するためにクラウドワークス内においての応募から納品までの行程を確実に行う事がリスク回避の道と言えます。

また、受注後の直接面談は行って構いませんが、必ずクラウドワークス内での行程管理を怠らないようにします。それを守れば避けるべきリスクは降りかかりませんので安心できます。

 

また、基本的に本人確認無きクライアントや実績の無いクライアントの応募は差し控える事も大事なリスク回避となります。

まとめ

クラウドワークスを始めた人が心配する契約前の面談においてはビズマッチ以外では行わないようにする事が基本。

仕方ない事情があり契約前の面談が必要な場合はクラウドワークスに事前に問い合わせを行います。

 

しかし、SNSや通話サービスを利用した直接面談は受注後に双方がやりとりするにあたっては仕事効率において必要な面もあります。

従ってお互いに仕事の品質を高めるためには事前に確認して行うと効率化が図れる!!

 

またリスクを極力回避しつつ好条件の案件に巡り合うためにはビズマッチはとても有効です。

ビズマッチエージェントを通じたマッチングにて受注する事は好条件の案件だけでなく、良い仕事の受注率も高いという点も見逃せないところです。

 

 


>>詳しくは画像をクリック!


・クラウドソーシングサイトに登録したけどぜんぜん稼げない・・・
・月に5万円でもいいから副業で稼げたらいいのに・・・
・在宅で大きな金額を稼げるようになりたいけどそどうしたらいいのか・・・
・怪しい副業などではなくて、堅実に稼ぐ方法を知りたい・・・
・副収入を得て、もっと生活を楽にしたい・・・

もしかしたらあなたは、このようなことで悩んでいませんか?

 

もしクラウドソーシングサイトなどの副業でしっかりと稼ぎたいのであれば、
「スキル」をしっかりと身につけることで解決します。

 

そして、そのスキルを身につけるための講座を無料で行っています。

 

お金に縛られないストレスフリーな毎日を手にしてみませんか?

→【今だけ受講無料!】副業で堅実に月5万円稼ぐための講義の詳細はこちら

 

クラウドワークス
daimamaをフォローする
クラウドソーシングのやさしい教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました