【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

【知らなきゃクビ?】クラウドワークスの副業はバレる?徹底解説!

クラウドワークス

「クラウドワークスでの副業がバレるって本当?!」

上記のような不安を抱えていませんか?

 

当記事では、下記の事柄について解説していきます。

  • クラウドワークスの副業は本当にバレるのか?
  • クラウドワークスの副業がバレるとどうなる?
  • クラウドワークスの副業がバレないための裏技とは?

 

クラウドワークスで副業を検討している場合はぜひ参考にしてください!

 

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

クラウドワークスの副業は会社にバレるのか?

まず、クラウドワークスの副業が会社にバレるのか?という点について、結論から述べると、対策をしなければバレるのが現状です。

一方で対策をしっかり講じていればバレないことが多いのも事実

 

しかし疑問に思いませんか?

そもそも副業がバレるのかどうかをビクビクしながら生活することって意味があるのか、なぜ副業が禁止されているのか、といった事柄について理不尽だと思うこともあるでしょう。

 

そこで次項では「クラウドワークスの副業ってそもそも法律違反なの?」という点について解説をしていきたいと思います。

 

そもそもクラウドワークスの副業は法律違反なのか?

クラウドワークスの副業が禁止されている理由について下記の3つの事柄を説明していきましょう。

  • 公務員以外は法律違反ではない
  • なぜ会社で副業が禁止されているのか?
  • 副業が会社にバレた時はどうなる?

 

公務員以外は法律違反ではない

まずは公務員以外は副業をしても法律違反にならないということを説明しておきます。

公務員は法律で下記のように定められており、副業をすることは原則できません。

 

国家公務員の場合

国家公務員法第103条
職員は、商業、工業又は金融業その他営利を目的とする私企業(以下営利企業という。)を営むことを目的とする会社その他の団体の役員、顧問若しくは評議員の職を兼ね、又は自ら営利企業を営んではならない。

国家公務員法第104条
職員が報酬を得て、営利企業以外の事業の団体の役員、顧問若しくは評議員の職を兼ね、その他いかなる事業に従事し、若しくは事務を行うにも、内閣総理大臣及びその職員の所轄庁の長の許可を要する。

 

地方公務員の場合

地方公務員法第38条
第38条 職員は、任命権者の許可を受けなければ、営利を目的とする私企業を営むことを目的とする会社その他の団体の役員その他人事委員会規則(人事委員会を置かない地方公共団体においては、地方公共団体の規則)で定める地位を兼ね、若しくは自ら営利を目的とする私企業を営み、又は報酬を得ていかなる事業若しくは事務にも従事してはならない

 

上記の法律では許可を受ければ、公務員でも副業(兼業)ができるように思えますが、さらに副業を制限する裏付けの法律が存在します。

  • 信用失墜行為の禁止(国家公務員法第99条)
  • 守秘義務(国家公務員法第100条)
  • 職務専念の義務(国家公務員法第101条)

 

上記の法律から公務員の副業はかなり厳しく取り締まられており、ごく一部の例外以外は制限されているということですね。

 

一方で公務員以外の一般的な会社員の副業を取り締まる法律は特に存在せず、就業規則にて禁止されているだけです。

つまり副業を無断でしても法律に違反するわけではないので安心してください。

 

なぜ会社では副業が禁止されているのか?

ではなぜ会社で副業が禁止されているのかについて説明をしていきます。

会社ごとに副業を禁止する理由はそれぞれですが、主に下記3つの項目が挙げられるでしょう。

  • 副業をすることで本業に支障をきたす可能性があるから
  • 副業をすることで、会社の信用を落としたり、秘密が漏れたりする可能性があるから
  • 会社員は会社に生活を含む全てで奉仕するべきという古い習慣があるから

 

上記の理由で会社での副業が禁止されていることは多いのですが、法的な拘束力は特にありません。

副業をしたからといって、事件になったり逮捕されたりといったことはないので安心してください。

 

ただし、だからといって無防備に副業禁止の会社で副業をしては危険。

 

副業が会社にバレた時はどうなる?

次は、副業が会社にバレたらどうなるのか?という点について解説をしていきましょう。

会社での副業がバレると下記のような処分が下ることがあります。

  • 給料が減らされる減給
  • 自宅待機中に調査が行われる出勤停止
  • 口頭での注意の訓戒や戒告
  • 役職者の場合は降格処分
  • またはいわゆるクビの解雇

 

以上のような処分が会社の規模や考え方、会社員の評価や立場などから下されることになるでしょう。

口頭での注意で済むならまだしも、最悪のケースですとクビになるというわけ。

 

副業で収入を増やそうとした結果、クビになって収入がなくなるなんてことは、あってはならないことですよね。

上記をまとめると、リスクを冒さないために副業をしないという判断をするのか、あるいはしっかり対策を講じて副業を行うのかの二択となります。

 

クラウドワークスでいくら稼いだら確定申告が必要?

そして副業がバレるのかどうかで重要な要素は確定申告です。

確定申告をすることで、あなたの収入が明るみに出るため、副業が会社にバレやすくなります。

 

では「確定申告しなければ良いじゃん」と思うかもしれませんが、確定申告をしないと、「逋脱」という罪に問われるのです。

最悪の場合は下記のような罰則を課せられることになります。

5年以下の懲役、または500万円以下の罰金

 

かなり重大なペナルティですよね。

副業を会社にバレないようにするために法律に抵触してしまっては、元も子もありません。

確定申告をせずに放置することは副業を隠すどころか、罪に問われた上で会社をクビになる可能性もあるので、おすすめできないことです。

 

確定申告はきちんとするようにしましょう。

 

そもそも確定申告とは?

で、そもそも確定申告ってどういうものなの?という点も気になることかと思います。

確定申告は1年間に稼いだお金を国に申告し、納税するといったもの。

納税は国民の義務ですので、必ず必要になれば確定申告を行うようにしましょう。

 

副業なら20万円以上、本業なら38万円以上の所得なら申告が必要

確定申告が必要になるのにはある程度の条件が存在します。

その条件は下記です。

  • 副業所得が20万円を超えた場合
  • 専業としての所得が38万円を超えた場合

 

上記の条件を満たす場合は確定申告を必ず行うようにしてください。

税務調査なるものもあるので、確定申告をしないと大変なことになりますよ。

 

収入と所得の違いとは?

ちなみに補足ですが、収入と所得の違いについても説明しておきましょう。

 

収入は給与や売り上げなど利益をまとめたものを指します。

一方所得は、収入から必要経費を引いて残った額です。

住民税などの計算はこの所得を利用します。

(収入)-(必要経費)=(所得)ということ。

 

ちなみに確定申告は、所得が20万円以上(あるいは38万円以上)の場合に義務が生じます。

ですから、必要経費を差し引いた上で所得が20万円(または38万円)を超えない場合は確定申告の必要はありません。

 

会社にクラウドワークスの副業がバレない裏技

確定申告をすると副業がバレる可能性が高くなるということを説明しましたが、会社に副業がバレないようにする裏技って気になりますよね。

ここでは4つの技をご紹介します。

  1. 所得を20万円以下に抑える
  2. 誰にも副業をしていることを話さない
  3. 住民税を普通徴収にする
  4. 確定申告をしっかりと行う

 

1つずつ説明していきましょう。

 

所得を20万円以下に抑える

まずは年間の所得を20万円以下に抑えて、確定申告の必要性をなくすという方法です。

最も副業バレの可能性が低い方法ですので、そこまで大金の副業報酬が必要無い場合は所得を抑えるのがおすすめ。

 

所得が20万円以下ですので、収入が20万円を超えたとしても必要経費を引いて20万円を下回ると、確定申告の必要はなくなります。

ただし、どこまでが必要経費なのかの判断は難しいところですので、税理士などに相談するのが安全でしょう。

 

誰にも副業をしていることを話さない

誰にも副業をしていることを話さないのも重要です。

せっかく色々な対策を講じているにも関わらず、自分でバラしてしまっては意味がありません。

一番重要な対策は、副業をしていることをあらゆる人から隠すこと。

 

例えば飲みの席などでポロっと口を滑らせてしまって、副業が上司にバレるなんてこともありえます。

いくら稼いだからといって調子に乗らず気を引き締めていきましょう。

 

住民税を普通徴収にする

住民税を自分で納めるのがサラリーマンにとっては、かなり効果的な対策です。

 

通常、住民税は会社が納めてくれる「特別徴収」という形になっています。

特別徴収ですと、増えた所得に応じて会社での徴収額が増え、他の社員より多い住民税を支払うということから、副業がバレるといったことが多々あるのです。

 

そこで、住民税を自分で納める「普通徴収」にすると、住民税の額から副業がバレる可能性はある程度低くなります。

自分で納税する手間は増えますが、副業が会社にバレるリスクと天秤にかけて考えると、手間が多少増えても自分で納税するべきでしょう。

 

ちなみに普通徴収にする方法は、確定申告を行う際、書類の「給与から差引き」ではなく、「自分で納付」を選択するだけです。

 

ただし、「自分で納付」にチェックをした場合でも、役場の方がチェック漏れをしてしまう場合があるので注意してください。

対処法としては、5月の納税通知書がくる前(4月ごろ)に役場に連絡を取り、普通徴収(自分で納付)になっているかを確認するといいでしょう。

 

上記の対応をしておけば、基本的に副業が会社にバレることはありませんので、ご安心ください。

 

確定申告をしっかりと行う

確定申告をしっかり行うのも直接的ではありませんが、重要なポイントです。

というのも、適切に確定申告を行わないと、調査が入ったり場合によっては差し押さえを受けたりするから。

 

給料から未納分の税金を引かれるような状況になったら、会社に確実に副業がバレます。

意図的に確定申告をしない場合は罪に問われる可能性があり、ほぼ確実に会社をクビになるので、注意しましょう。

 

確定申告をすると副業がバレる確率は上がりますが、それでも国民の義務ですので、きちんと申告するようにしてください。

 

補足:一番安心なのは、会社から副業の許可をもらうこと

ただ、ここまで4つの対策をご紹介してきましたが、結局のところ会社から副業の許可をもらうのが一番安全です。

どうしてもバレるリスクをゼロにすることはできませんからね。

 

就業規則をしっかり読み込んで、副業ができそうなら会社にかけあってみてください。

現在では意外と、副業にOKを出してくれる会社も増えていますから。

最初から諦めず、とりあえず聞いてみるだけでもいいので、挑戦してみてください。

 

クラウドワークスの副業バレについての補足事項

さてクラウドワークスの副業がバレるのか?という点について解説してきました。

最後に副業についての補足事項をご紹介しておきます。

 

補足:マイナンバー制度で副業がバレやすくなる?

まずはマイナンバー制度で副業がバレやすくなるのか?という点です。

結論からいうと、まだまだマイナンバーで副業がバレることは少ないのが現状。

 

というのも、会社に自身のマイナンバーを知らせることにはなりますが、会社がマイナンバーを使って、あなたの副業に関する情報を開示することはできないからです。

 

ただ、税務署に関してはマイナンバーを利用することで、あなたの副業について把握しやすくなります。

ですので確定申告を今まで以上に徹底しておかないと、罪に問われる可能性が高くなるのです。

 

会社にバレないようにすることも大切ですが、しっかり確定申告をして納税することを最優先に考えましょう。

適切に申告し、納税した上でどう対処するか?を考えることが大切ということですね。

 

補足:クラウドワークスの所得区分とは?雑所得?

最後にクラウドワークスの所得区分について紹介しておきましょう。

クラウドワークスの所得区分は難しいところですが、基本は雑所得、場合によっては事業所得になります。

 

規模が小さい副業のレベルであれば、雑所得扱いになることがほとんどですが、継続的に所得を得るような大規模な場合は事業所得になるでしょう。

 

ただし、上記の判断は専門家の間でも意見がわかれるポイントです。

所得区分がわからない場合は、専門家の指示を仰いでください。

 

ただ、ポイントとして開業届を出して事業所得として確定申告をする場合は、副業禁止の会社にバレた時に言い逃れが難しいので注意してください。規模がそこまで大きく無い場合は、雑所得として趣味の延長でお金を少し稼いでいる、という表現なら処分が軽く済む可能性もありますよ。

 

 

まとめ

以上、クラウドワークスの副業がバレるのか?という観点からお話してきました。

結論をおさらいすると、クラウドワークスの副業は対策を講じなければバレてしまいます。

そしてバレると最悪クビなどの処分を下されることも。

 

処分を受けないためにも、しっかり対策を行って副業を進めましょう。

対策は下記4つです。

  1. 所得を20万円以下に抑える
  2. 誰にも副業をしていることを話さない
  3. 住民税を普通徴収にする
  4. 確定申告をしっかりと行う

 

とはいえ、一番安心なのは会社に副業の許可を取ることです。

就業規則をしっかり読み込み、副業ができる可能性が少しでもあれば、上司に掛け合ってみましょう。

意外と認められるかもしれませんよ。

 

安心して副業に挑戦し、毎日を少しリッチにしましょう!

 

 

 


>>詳しくは画像をクリック!


・クラウドソーシングサイトに登録したけどぜんぜん稼げない・・・
・月に5万円でもいいから副業で稼げたらいいのに・・・
・在宅で大きな金額を稼げるようになりたいけどそどうしたらいいのか・・・
・怪しい副業などではなくて、堅実に稼ぐ方法を知りたい・・・
・副収入を得て、もっと生活を楽にしたい・・・

もしかしたらあなたは、このようなことで悩んでいませんか?

 

もしクラウドソーシングサイトなどの副業でしっかりと稼ぎたいのであれば、
「スキル」をしっかりと身につけることで解決します。

 

そして、そのスキルを身につけるための講座を無料で行っています。

 

お金に縛られないストレスフリーな毎日を手にしてみませんか?

→【今だけ受講無料!】副業で堅実に月5万円稼ぐための講義の詳細はこちら

 

クラウドワークス
miyatakuをフォローする
クラウドソーシングのやさしい教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました