【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

【安すぎ?】クラウドワークス文字単価の相場とは?単価アップする方法も解説!

クラウドワークス

「クラウドワークスの文字単価の相場はどれくらい?」

「クラウドワークスの文字単価を上げる方法が知りたい!」

「文字単価UPについてクライアントに交渉しても大丈夫?」

 

当記事を読まれているあなたは、上記のように思われているのではないでしょうか。

クラウドワークスの文字単価の相場は、報酬にダイレクトに響くので気になりますよね。

そこで今回は、クラウドワークスの文字単価相場についてや、文字単価を上げる方法について解説しました。

 

  • クラウドワークスのライティングは稼げない?文字単価の相場とは?
  • 文字単価別!ライターに求められるスキルとは?
  • クラウドワークスで文字単価を上げる方法とは?
  • 文字単価アップの交渉はしてOK?最適なタイミングとは?
  • 発注者との信頼関係で文字単価アップ!好かれるライターの特徴4選とは?

 

当記事を読んでいただくと、クラウドワークスの文字単価の相場や、ライターとして文字単価を上げていく方法がわかります。

クラウドワークスの文字単価について詳しく知りたい方は、是非最後までお読みください。

 

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

クラウドワークスのライティングは稼げない?文字単価相場について解説!

  • クラウドワークスの文字単価が安すぎるんだけど?
  • クラウドワークスのライティング案件は稼げないの?

上記のような疑問を抱える方も多いはずです。

クラウドワークスのライティング案件は、初心者の場合は文字単価1円以下のものしか受注できない場合がほとんどでしょう。

 

ライティング案件の相場は、案件の専門性や内容やクライアンによって異なるので、一概にいくらとは言えません。

実際にクラウドワークスのお仕事検索で調査したので、下記参考にご覧ください。

 

◆検索条件:カテゴリ:ライティング ブログ記事作成

文字単価 全体に対する案件数の割合
0.1円以下〜0.5円  60%
0.5円〜1円  20%
1円〜1.5円 12%
1.5円以上  0.7%

 

検索結果によると、0.1円〜1円までの案件が全体の80%を占めていることがわかるので、相場は0.1円〜1円になります。

つまりクラウドワークスでは、文字単価1円以上の案件は高額案件と言えるでしょう

 

案件が高額になればなるほど、ライティングスキルや専門知識が必要です。

ライティング初心者が高額案件を取ることは難しいので、初めのうちは実績を積む為に自分のスキルに合った案件をこなすことが大切と言えるでしょう。

 

文字単価別!ライターに求められるスキルを解説

この章では、文字単価別にライターに求められるスキルを解説していきます。

ライターにとって受注した案件の文字単価は、非常に大切だと言えるでしょう。

せっかく一生懸命記事を書いても「時給に換算すると、全く稼げていない……」となれば、ライターを続けていく気力が薄れてしまいますよね。

 

下記にて、文字単価別に必要なライタースキルを解説します。

  • 文字単価0.1円〜1円:初心者でも受注しやすい案件がメイン
  • 文字単価1円〜2円:実績やスキルが必須!
  • 文字単価2円以上:SEOライティングのスキルは必須!

 

文字単価0.1円〜1円:初心者でも受注しやすい案件がメイン

まずは文字単価0.1円〜1円の案件について解説します。

文字単価が1円以下の案件のほとんどが、スキルがない初心者でも受注しやすいと考えて間違いありません。

 

ライティングするジャンルとしては、

  • 趣味
  • 旅行
  • 映画
  • 生活

など、専門知識がなくても執筆できるような案件がほとんどです。

 

「初心者歓迎」で募集している案件も多く、クライアントがマニュアルを完備し、添削を通して基礎から教えてくれる案件も多くあります。

 

文字単価0.1円以下〜1円の案件だと、すぐに思ったような報酬を得ることは難しいですが、

報酬を受け取りながらライティングの勉強ができる

と考えて、前向きに取り組むのが良いでしょう。

 

文字単価1円〜2円:実績やスキルが必須!

文字単価1円〜2円の案件になると以下の4つを求められます。

  • 基本的な日本語能力
  • WordPressへの入稿、画像選定
  • 過去に執筆した記事の提出
  • SEOライティングのスキル

 

文字単価1円〜2円の仕事では、基本的な日本語能力はもちろん、正しい情報をリサーチする力が必要です。

また多くのメディアではWordPressを採用しているため、記事を書くだけでなくWordPress入稿や画像選定ができると、単価が高い案件を受注しやすくなります。

 

また文字単価1円以上の案件を受注できるのは、基本的にはライター経験者です。

応募の際は過去に執筆した記事の提出が場合が必要な場合がほとんどなので、まずは1円以下の案件で実績を積んでから挑戦しましょう。

 

上記に加えてSEOライティングのスキルがあると、文字単価1円以上の案件を受注できる可能性が上がります。

SEOライティングのスキルとは、Googleやyahooなどの検索サイトで【特定のキーワードを検索した時に、上位に表示される記事を作成できるスキル】です

 

例えば「クラウドワークス」と言うキーワードをGoogleで検索したとします。

その際検索結果の上の方に表示されるような記事が書けるスキルのことを、SEOライティングスキルだと覚えておきましょう。

 

どのスキルも自信がないな……

という方でもクラウドワークスのライティング案件では、個人の経験を文章にする案件では高単価のものも一部存在します。

 

  • ダイエット
  • 脱毛
  • 転職

などの経験談は、多少ライティングスキルが基準を満たしていなくても高単価で受注できる場合があるでしょう。

新着案件をこまめにチェックすることをおすすめします。

 

文字単価2円以上:SEOライティングのスキルは必須!

文字単価2円以上の案件では、上記に加えて以下のスキルが求められます。

  • SEOライティングのスキル
  • 専門知識
  • 日本語能力の高さ
  • より多くの読者を惹きつけるライティングのセンス

 

文字単価2円位以上の案件では、SEOライティングのスキルは必須と考えた方が良いでしょう。

今まで執筆してきた記事が、いかに上位に表示されているかも検討材料になると考えられます。

 

文字単価2円以上の案件は、大手企業のコラムサイトや専門サイトの執筆をする場合が一般的です。

上記のようなサイトの執筆は、記事内容の信頼性を重視する為、質の高い情報、正しい日本語で記事を執筆することが必要だと考えましょう。

 

そして文字単価2円以上のレベルになると、記事の質の高さだけでなく専門知識も求められます。

  • 不動産
  • ファイナンシャルプランナー
  • 医師
  • 弁護士

など資格がなければ、案件に応募できない場合も多くあると考えて良いでしょう。

 

文字単価2円以上の案件は、クラウドワークスで受注するのは大変狭き門です。

まずはスキルと実績を積んでクライアントとの信頼関係を築いていくことが、文字単価を上げるのに大切な方法だと覚えておきましょう。

 

クラウドワークスで文字単価を上げる方法を解説!

この章では、クラウドワークスで文字単価を上げる方法について解説します。

いつまでも低単価の案件を受注していては、一生懸命がんばっても報酬額が大幅に上がることはあり得ません。

 

下記を参考に文字単価を上げて、稼げるライターへの一歩を踏み出してみてください。

  • 要チェック!稼ぐためには文字単価だけでなく時給換算しよう!
  • 文字単価が低すぎる案件は契約しない
  • 単価交渉をするよりも高単価案件に切り替える
  • 報酬以上のクオリティで発注者の信頼を得る
  • 自分の得意分野を持っておこう

 

要チェック!稼ぐためには文字単価だけでなく時給換算しよう!

ライティング案件では文字単価で報酬を計算することが多いでしょう。

つい文字単価ばかりに気が向いてしまいますが、時給換算で考える癖をつけると、稼げるライターへ一歩近づくことができますよ。

時給換算について、下記の例で具体的に考えてみましょう。

 

◆1ヶ月の労働時間120時間(1日6時間×週5日×4週間)のAさんとBさんがいるとします。

文字数は同じ5,000字ですが、Aさんは比較的簡単な案件①、Bさんは専門知識が必要な案件②の担当としましょう。

  • Aさん:文字単価は0.2円 1記事:2時間で執筆
  • Bさん:文字単価は0.5円 1記事:8時間で執筆

 

時給の計算方法は、【記事単価÷1記事の執筆時間】です。

文字単価自体はBさんの方が高い案件ですが、下の表を見てわかる通り2人の時給には190円の差があります。

文字単価 文字数 1記事の執筆時間 記事単価 時給
案件①(Aさん) 0.2円 5000字 2時間 1.000円 500円
案件②(Bさん) 0.5円 8時間 2,500円 約310円

 

1ヶ月120時間働いたとすると、Aさんは月収60,000円、Bさんは月収37,200円と、月2万円以上の差が生まれてしまうのです。

執筆できる時間は限られていますし、一つの案件に時間がかかり過ぎるといくら文字単価が高くても稼ぐことはできません。

 

多少文字単価が高くても、下記を受注する際は注意が必要です。

  • 記事執筆だけでなく画像選定などがあり手間がかかる案件
  • 基礎知識がなく調査に時間がかかる案件

高単価案件を受注することも大切ですが、執筆にどれくらい時間がかかるかを考え、効率的に稼げるように工夫していけると良いでしょう。

 

文字単価が低すぎる案件は契約しない

文字単価0.1円など、単価が低すぎる案件を受注することはおすすめしません。

あまりに文字単価が低いと、労力のわりに報酬を得ることができず、ライターとして仕事をすること自体が嫌になってしまうことも考えられます。

 

もし0.1円以下の案件を検討する際は、下記を基準に考えるのがおすすめです。

  • 案件の内容が自分の希望とマッチしているか
  • 自分のスキルアップにつながりそうか
  • 今後単価アップの可能性はあるか
  • クライアントの評価は高いか
  • 案件の内容が複雑すぎないか

また「文字単価は安くて構わないから、とにかく実績を増やしたい」という場合も、単価に捉われずに受注を検討しても良いでしょう。

 

単価交渉をするよりも高単価案件に切り替える

初心者のうちは、単価交渉をするよりも高単価案件に切り替える方が単価アップにつながりやすいと言えます。

初心者のうちは、元々単価が低い案件を受注することがほとんどです。

一定の記事数を納品してから、既存クライアントに単価UPを交渉する方法もありますが、すぐに大幅に増額するのは難しいと考えた方が良いでしょう。

 

文字単価1円までならば、今よりも文字単価が高い新規案件を受注するほうが早いケースが大半です

今までのライター実績を引っ提げて、以前は挑戦できなかった、高い文字単価の仕事を手に入れられる可能性も十分あります。

今一緒に仕事をしているクライアントに交渉することも大切ですが、クラウドワークスの新しい案件に常に目を光らせてチャンスをうかがうのも大切なことです。

 

報酬以上のクオリティで発注者の信頼を得る

ライティング初心者の場合、文字単価の高い案件を手に入れることが厳しいため、報酬が大変低く抑えられる場合がほとんどです。

しかし例え報酬が低い案件でも、常に報酬以上のクオリティの記事を納品できるように努力するのが、将来的にクラウドワークスで文字単価の高い案件を手に入れるための近道です。

 

下記を意識すると、質の高い記事を執筆できるライターに一歩近づきますよ。

  • 読み手(ペルソナ)を意識する
  • 結論から先に書く
  • 信用できるソースから情報を集める

 

常に報酬以上の記事を執筆することで、クライアントの信頼を得ることができ、より条件の良い案件の取得や、単価交渉ができるようになるでしょう。

自分のスキルアップにもつながるので、常に全力で案件に取り組むことが大切です。

 

自分の得意分野を持っておこう

自分の得意分野や専門分野を持つことで、より高単価の案件を手に入れやすくなります。

 

ライティング案件に応募する際は、

  • 自分の好きなこと
  • 経歴に関係のあるジャンル
  • 経験をしてきたこと

から探すのがおすすめです。

 

より説得力のある記事が書けるだけでなく、元々知識がある分野ならば調査に必要な時間は短くてすむので、執筆スピードも早まります。

特に興味がある案件がない場合は、できるだけ色々な案件で経験を積み、自分が得意な分野を確立していきましょう。

 

文字単価アップの交渉はしてOK?最適なタイミングを解説!

この章では、クライアントに対して文字単価アップの交渉をする際の最適なタイミングについて解説していきます。

 

ライターとして継続的に案件をこなしていくうちに、

そろそろ単価アップの相談をしたいけれど、図々しいと思われるかな……?

と悩む瞬間は誰にでも訪れます。

 

しかしスキルアップをしたのなら、見合った報酬を得たいと思うのは当たり前のことです。

単価アップの交渉に最適なタイミングとして下記を解説していきます。

  • 質の高い記事を書けるようになったとき
  • 継続受注でクライアントと信頼関係を得たと感じたとき
  • 文字数が増えるなど、発注者からより高度な依頼があったとき

 

質の高い記事を書けるようになったとき

質の高い記事が納品できるようになったタイミングで、単価アップの交渉をしてみるのもおすすめです。

クラウドワークスでライティング案件を提出した際、最初は大幅に修正されていた記事も、経験を重ねれば少しづつ先方の求めるレベルに近づいていくでしょう。

 

クライアントからの修正が来なくなったならば、あなたの記事に満足している証拠だと考えられるので、思い切って単価アップの交渉をしてみても良いでしょう。

 

もし交渉がうまく行かなくても、

  • どのレベルに達したら、単価アップの交渉が可能か
  • 自分に足りないスキルは何なのか

上記を教えてもらうことで、ライターとしての成長にもつながります。

 

継続受注でクライアントと信頼関係を得たと感じたとき

契約継続依頼を何度ももらっている場合は、思い切って単価アップの交渉をしましょう。

 

クラウドワークスで案件終了後、クライアントがあなたの仕事に満足した場合、契約継続依頼をされることもあります。

何度か契約依頼をしてくるクライアントは、あなたを信頼してくれていると考えて良いでしょう。

 

単価アップ交渉をする場合は、下記を伝えると説得力が増すのでおすすめです。

  • 納品した記事の本数が2桁を超えた
  • 他の案件での実績を増えた
  • 新たにライティングのスキルを身に着けた(画像選定、WordPressへの入稿、SEOライティングなど)

 

より質の高い記事を提供できるようになれば、クライアントにもメリットが多くあります。

まずは自信を持って単価アップの交渉に臨めるように、クライアントに提示できる材料を増やすのがおすすめです。

 

文字数が増えるなど、発注者からより高度な依頼があったとき

同じクライアントの案件を継続的に受注している際に、

  • 文字数を増やしてほしい
  • 画像選定までお願いしたい

など、より高度な依頼をされることがあります。

 

上記場合は文字単価アップの交渉をするチャンスと考え、積極的に交渉しましょう。

逆に業務内容が増えたのに単価交渉をしないと、下記のようなデメリットがあります。

 

  • 業務量と業務時間だけが増えてしまう
  • クライアントから便利に使われる
  • 自分に自信がないライターだと評価される

クライアントの要望に寄り添うことは大切ですが、業務量が増えた分単価を上げてもらうのはライターの権利です。

業務量に応じた正当な価格にしてもらえるように、しっかり交渉しましょう。

 

発注者との信頼関係で文字単価アップ!好かれるライターの特徴4選

この章では、クライアントから好かれるライターの特徴4選をご紹介します。

 

どんなにスキルを磨いても、クライアントからの信頼を勝ち取らないと、継続した案件受注には繋がりません。

逆に多少スキル不足でも、クライアントに信頼してもらえれば、単価アップにつながる可能性は上がりますよ。

 

下記がクライアントに信頼されるライターの特徴ですので、順番にご覧ください。

  • 報告・連絡・相談がこまめにできる人
  • 納期厳守できる人
  • シンプルな文章を書く人
  • 文字数稼ぎではなく濃い内容の記事を書く人

 

報告・連絡・相談がこまめにできる人

報告・連絡・相談をこまめにできるライターは、クライアントに信頼されやすいと言えます。

クラウドワークスは取引が全てオンライン上で完結してしまうため、ビジネスマナーの基本がおろそかになりがちです。

しかし相手の顔が見えないからこそ、報告・連絡・相談をしっかりできるライターは、人として信頼されます。

 

  • 〇日までには1稿目を提出します
  • 緊急の際は携帯電話にご連絡ください
  • 記載方法について相違ないでしょうか

など自分から連絡ができるライターは、一緒に仕事をするクライアントも安心して仕事を任せられるでしょう。

 

納期厳守できる人

納期厳守で仕事ができるライターも、クライアントから信頼を得やすいと言えます。

クラウドワークスを副業として利用している人も多いと思いますが、例え副業でも立派な仕事です。

クライアント側としては、納期を厳守するのはもちろん、納期より早めに提出できるライターになれれば、より多くの信頼を得ることができます。

 

また特に納期についての指示がない場合も、

  • 〇日までに提出できますが、問題ないでしょうか
  • 急ぎの案件でしたら、〇日までなら対応可能です
  • 〇日までに修正指示をいただければ、当日中に対応できます

など、自分から納期を確認する姿勢も大切と言えるでしょう。

 

シンプルな文章を書く人

Webライターとして大切なことは、難しい文章を書けることではなく難しい文章を誰にでもわかりやすく書けることです。

誰にでもわかりやすいシンプルな文章を書くライターは、修正箇所が少なくクライアントに好まれる傾向にあります。

 

具体的には、下記を意識するとシンプルでわかりやすい文章に仕上げることが可能です。

  • 普段使わない漢字をひらがなで記載する
  • 結論を先に書く
  • 1文を短めにする

また書き上げた文章を、自分以外の人にチェックしてもらうのも良いでしょう。

 

文字数稼ぎではなく濃い内容の記事を書く人

文字数稼ぎではなく濃い内容の記事を書くライターは、クライアントからも高い評価を得ることができるでしょう。

ライターとして必要なスキルに「読み手が必要としている情報を記事にする」ことがあります。

決まっている文字数に足りない場合、自分が書きたい内容や補足を多くしてしまう方もいますが、読み手が知りたい情報を凝縮させて読者へ伝えることが何より大切です。

 

また文字数稼ぎは、クライアントからはひと目でわかってしまいます。

このライターは文字数稼ぎが多い

と評価されると次の仕事にもつながりにくくなるので、内容の濃い文章になっているかしっかり確認する癖をつけると良いでしょう。

 

まとめ

文字単価別!ライターに求められるスキルについて、下記解説しました。

  • 文字単価0.1円〜1円:初心者でも受注しやすい案件がメイン
  • 文字単価1円〜2円:実績やスキルが必須!
  • 文字単価2円以上:SEOライティングのスキルは必須!

 

クラウドワークスで文字単価を上げる方法について、下記解説しました。

  • 要チェック!稼ぐためには文字単価だけでなく時給換算しよう!
  • 文字単価が低すぎる案件は契約しない
  • 単価交渉をするよりも高単価案件に切り替える
  • 報酬以上のクオリティで発注者の信頼を得る
  • 自分の得意分野を持っておこう

 

文字単価アップの交渉はしてOKか、最適なタイミングについて下記解説しました。

  • 質の高い記事を書けるようになったとき
  • 継続受注でクライアントと信頼関係を得たと感じたとき
  • 文字数が増えるなど、発注者からより高度な依頼があったとき

 

発注者との信頼関係で文字単価アップ!好かれるライターの特徴については下記を参考にしてください。

  • 報告・連絡・相談がこまめにできる人
  • 納期厳守できる人
  • シンプルな文章を書く人
  • 文字数稼ぎではなく濃い内容の記事を書く人

 

クラウドワークスでライティング案件を受注し始めた当初は、文字単価が上がらないことに頭を抱える方も多いでしょう。

スキルや経験を積みつつ、上手に価格交渉をすることで単価を上げられるように工夫してみてくださいね。

当記事が、クラウドワークスの文字単価の相場や単価アップの方法を知りたい方のお力になれれば幸いです。

 

クラウドワークスの文章作成案件について、価格相場や稼ぐコツを下記でも解説しています。

 

クラウドソーシングの在宅ワークで稼ぐコツについては、下記でも取り上げているので是非ご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました