【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

クラウドソーシングのランディングページ(LP)で稼ぐ方法について解説します

クラウドソーシング

ランディングページで稼ぐ方法はあるのか?

ランディングページは初心者でもできるのか?

ランディングページとは何?

上記のような考えで困ってはいませんか?

 

今回は、「クラウドソーシングでランディングページで稼ぐ方法」、「ランディングページを制作するときに必要なポイント」など、ランディングページについて解説していきます。

 

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

クラウドソーシングのランディングページ(LP)で稼ぐポイントとは?

クラウドソーシングのランディングページで稼ぐポイントとは?について紹介します。

 

下記の8つについて説明します。

  • プログラミングを理解している
  • HTML、CSS、JavaScriptが使える
  • イラストレーターや写真のソフトなどが使える
  • クラウドソーシングでランディングページを受注する方法
  • アクセス数を増やす
  • スマホでみられるように対応する
  • SEOと組み合わせてランディングページを強化する
  • ヒートマップを使う

 

プログラミングを理解しているか

プログラミングを理解することで様々なことができるようになり、パソコンに関する仕事で働きたい人におすすめです。

 

・Webアプリ開発:ネットワークから利用できるアプリケーションソフトウェアのこと。
・Webサイト開発:WebアプリケーションのプログラミングやWebシステム、Webソフトウェアの開発する人。
・スマホアプリ開発:スマホで使うアプリを制作する。
・AI開発:人が操作しなくてもAIが自分でできるようになる。
・ゲーム開発:プログラミングを利用してゲームをデザインする人
・システム開発:仕事を効率化させるための仕組みを作成すること。

などを制作することができます。

 

上記で紹介した仕事をしたい人は、プログラミングスクールに通うことをおすすめします。

 

プログラミングでは難しい言葉がでてきますが、意味を知っておくことが大切です。

次は、プログラミングの言葉について説明します。

  • PHP
  • C言語
  • Java言語

 

PHP

PHPは、WebアプリやWebサービスを作るのに適しているプログラミング言語です。

PHPはWebサーバー上で動く言語で、サーバーに保存されているデータを引き出す、サーバー上のデータをもとに認証判定を行う機能を開発するときに使います。

例えば、Webサービスにログインするときに、入力したパスワードやIDが元々登録されている内容と合っているかを判定して、ログイン後の画面に移行する処理はPHPが使われています。

 

C言語

コンピューターのハードウェアを考えながらプログラムを書きます。

そのため、パソコンの仕組みに詳しくないとできない作業です。

しかし、数あるプログラミング言語のなかでも処理速度が「最速レベル」と言われているため、WindowsやMacといったパソコンに内蔵されている機能の開発やいま流行りのクラウド電化製品の開発などに使われているようです。

 

Java言語

2020年に一番使われている言語で、No.1を誇っています。

仕事の案件も山ほどあるということで需要もかなりあります。

「業務システム」、「Webアプリケーション」、「Androidアプリ」と幅広いため難易度が高くなります。

 

HTML、CSS、JavaScriptが使える

HTMLとは:ウェブページを作成するために開発された言語です。

今は、インターネット上で公開されてるウェブページのほとんどがHTMLで作成されています。

 

CSSとは:Webサイトのパーツを装飾するのに使われる言語です。

HTMLで作成したパーツに対して、色や形などデザイン面の装飾を行うことができます。

 

JavaScriptとは:パーツに対して動きを出すことができる言語。

上記のプログラミングを仕組みを理解する必要があります。

 

イラストレーターや写真のソフトが使える

ランディングページ制作に必要なスキルです。

Illustrator(イラストレーター)

元々はグラフィックデザイン専用で作られたソフトで、今はウェブデザインも作れるようになってます。

イラストレーターの操作ができる人は、ランディングページ制作ができます。

 

Photoshop(フォトショップ)

画像編集ソフトで使われることが多いです。

ウェブ用に画像をカットする作業や画像を大きさや明るさなどを変更したいときに、Photoshopを使うと便利です。

ウェブ制作をする人は、Photoshopで作業をしている人が多い。

クラウドソーシングでランディングページを受注する方法

 

「案件を探す方法」

クラウドソーシングでクラウドワークスやランサーズなどで登録して案件を探しましょう。

そして、「仕事を探す」から「コーディング」というキーワードを入れて検索します。

 

 

「売れるサイト」と「売れないサイト」の違いが理解できたら、Webマーケティングの勉強をしましょう。

クラウドソーシングでのLP案件の実績が増えて、Webマーケティングの理解したら仕事の幅を広げていきましょう。

 

Webマーケティングとは:オンラインショップなどのwebサイト、webサービスで、たくさんの消費者を「集客」してサイト上に掲載された商品やサービスなどの購入をさせる活動です。

 

アクセス数を増やす

一日でアクセスの流入量を増やす必要があります。

一日でアクセス数を増やす理由は、一日でたくさんの人がネットなどにアクセスしてくれると、売り上げ貢献につながるから。

 

ランディングページだけではなく、ネットにある様々な情報はアクセスの流入量さえ確保することは大切です。アクセスをアップする方法はたくさんありますが、使いやすくて一般的なツールは「リスティング広告」、「Facebook」や「Twitter」などを利用しましょう。

 

リスティング広告とは:検索したときにユーザーが調べたキーワードに連動して掲載される広告のことです。

 

 

スマホでみられるように対応する

ランディングページは必ずスマホでみられるようにしましょう。
スマホでみられるようにする理由は、手元にスマホしかなくても気軽に検索ができるから。

 

パソコンはスマホと比べて、持ち運びには不向きで机がなくては作業ができません。
スマホは自宅や通勤時間などにいても、自分が使いたいときに気になるキーワードを調べることができる便利な道具です。

 

SEOと組み合わせてランディングページを強化する

一般的なサイトとランディングページの二つを組み合わせると、アクセス数も上がります。

ランディングページとサイトを組み合わせる理由は、ネットは検索して上位の記事を確認することができるが、広告がメインのランディングページはアクセス数が増えないから。

 

ネットを通してアクセス数を増やしたいときは、プロのスキルやテクニックが重要!

 

また、SEO対策に対応したサイトを作ればアクセス数を増やすことができます。

 

ヒートマップを使う

ヒートマップとは、サイトを閲覧した人がどの情報クリックしているのか、どの部分をどれくらい見ているのかを分析することはできるツールです。

ヒートマップを使う利用は、利用することでどんなことに興味があるのか、どこまで読んだのかなど様々なことを分析できランディングページの改善につながるから。

 

ランディングページの中で一番読んでもらいたい部分に関して、読んでいる時間が短いなど、改善すべき場所をヒートマップを使うことでどこを修正したらいいのかを教えてくれる便利なアイテムです。

 

クラウドソーシングでランティングページ(LP)を制作する10のポイント

ランディングページを制作するときは10のポイントがあります。

下記10のポイントについて説明します。

  • 見出しを考える
  • 共感や理解をしてもらう
  • 商品の説明をしてアピール
  • 商品を購入するメリット
  • デザインを考える
  • ユーザーの悩みを取り入れる
  • ライバルと違う点はあるか
  • 大切なことは何度も伝える
  • 申し込みに誘導する
  • 公開してユーザーの反応をみる

 

見出しを考える

何をアピールしたいのか、どんなサイトなのかを分かるようにすることが大切です。
アピールする理由は、見ただけで何の広告かわかりやすく伝えたい内容がはっきりしているから

 

ランディングページの品質やユーザーの悩みを解決できると、 アクセスした人に興味を持ってもらわなければすぐページを閉じてしまうことになるため注意が必要!

 

共感や理解をしてもらえるか

「たくさんのユーザーが興味を持てるランディングページが制作できるのか?」、常にユーザーの気持ちに寄り添い、悩みや問題を言葉で解決します。

悩みを解決する理由は、ランディングページに興味を持ってもらいアクセス数を増やしたいから。

 

ユーザーの気持ちを汲み取り、ユーザーが納得した言葉が書けると興味を持ってくれます。

 

商品の説明をしてアピール

商品説明をすることで購入したいという気持ちにさせることが大切です。
アピールしたい商品に対して、イメージがわきやすいように写真や図を使って説明します。

 

ユーザーが購入したいと思わせる言葉の使い方や納得する説明が必要。

 

商品を購入するメリット

商品やサービスを購入する決断よりも大切なことは、「この商品を購入することでどんな良いことがあるのか」です。

ユーザーは、商品やサービスの説明よりも今よりもっと商品を購入してよかったという気持ちにさせることが対大切です。

 

デザインを考える

デザインはランディングページで一番重要です。

デザインを変えることで相手に与える印象は多いため、ペルソナ設定がおすすめです。

 

ペルソナ設定とは:ユーザーが続きを読みたくなるデザインを作ることができる

 

ランディングページのデザインのポイントは4つあります。

 

・写真などを使い見た目のイメージを伝える
・文字サイズを変えて全体のメリハリをつける
・アピールしたい文章の色や太さを変える
・文字や写真の間隔を調整する
・背景に色や文字を白抜きなどできるツールを使う

 

ユーザーの悩みを取り入れる

少しでもユーザーに興味を持ってもらえるように、気持ちを代弁するような内容を載せます。

気持ちを代弁する理由は、ターゲットにあった内容だと悩みをもった人たちが共感するからです。

 

不安や悩みを書き出し、解決するような内容を載せてインパクトある画像を入れて、ユーザーに訴えかけるような内容を意識することが大切です。

 

ライバルと違う点はあるか

ライバル会社とは違う広告を作るためには全体のバランスを見ながら作成します。

ライバル会社と違う理由は、ほかの会社にはないメリットや購入すると特典がつくなどを取り入れて差をつけることが重要だから。

 

大切なことは何度も伝える

ランディングページは縦に長くなるため、ユーザーに伝えたい内容は写真を変えて再度表示しましょう。

同じことを伝える理由は、このページの中で一番伝えたいことをユーザーに知ってもらう必要があるから。

 

特にファーストビューは、読み進める内に記憶が薄れる可能性があります。

 

ファーストビューとは、Webサイトを訪問したときにユーザーがはじめにみる部分。

 

 申し込みに誘導する

ランディングページを読み終えたらユーザーがページを変える前に、商品を申し込みフォームをしてもらう必要があります。

申し込みしてほしい理由は、申し込みに誘導されて商品を購入してほしいから。

 

お申し込みや電話での問い合わせをしたいときは電話番号を目立つように書きましょう。

 

公開してユーザーの反応をみる

ランディングページを制作したあとは、2~3か月経ってからA/Bテストを行うことをおすすめします。

 

A/Bテストとは:サイトのパフォーマンスを改善させる、WEBマーケティングの方法です。
「テスト方法」
元のページ(A)と変更をしたページ(B)の2つのページを用意します。
2つのランディングページを確認してユーザーの反応が高いかを数値結果で、反応がよかった方を新しいページとして更新します。

 

A/Bテストをすることで、ユーザーの反応に合わせた改善を行うことができるためアクセス数が増えます

 

DLPOのLPOツールは、ランディングページ、トップページ、入力フォームなどでABテストを行うことができます。

 

 

 そもそも、ランディングページ(LP)とは何?

ランディングページについて紹介します。

リスティング広告や広告などのリンクから飛ぶページのことです。
検索キーワードから公式サイトへ飛ばす、広告からの飛び先はランディングページです。

 

下記4つについて説明します。

  • 縦長ランディングページ
  • サイト型ランディングページ
  • ランディングページを製作する理由
  • ランディングページにかかる費用

 

縦長ランディングページ(LP)

1ページで構成されているため縦長ですが、最初から最後まで読むと購入意欲が高まるような作りになっているのが特徴です。

ECサイトの商品購入や新規会員登録の目的で使われることが多く、ホームページより価格が安いため短い期間で制作できる。

 

 

ECサイトとは:電子商取引のことで、インターネット上で商品やサービスの売買ができるサイトのことです。

ランディングは着陸という意味で、ユーザーがランディング(着地)するWEBサイト上のページです。

リスティング広告などのWEB上に表示される広告の飛び先ページとして使われています。

1ページの情報だけなので、検索で上位に上がることはほとんどない。

 

サイト型ランディングページ(LP)

トップページやいくつものページで構成されていて、コーポレートサイトとして使われています。

 

コーポレートサイトとは:会社が公式に運営や管理するサイトのことです。

 

商品点数が多いサイト、会社情報など、企業やサービスを知ってもらうのにおすすめです。

SEO対策で自然と検索上の表示順位を上げていくことができます。

ページ数や内容にもよるが、ランディングページと比べると制作期間が長く料金は高い

 

ランディングページ(LP)を制作する理由

ランディングページを制作する理由について紹介します。

  • ランディングページで制作した方が価格が安い
  • コンバージョンに直結しやすい
  • 商品・商材の特徴を伝えやすい

 

ランディングページで制作した方が価格が安い

ユーザーに対してサイトを最適化して、制作するよりランディングページを制作した方が融通が効きます。

サイトを最適化しない理由は、ランディングページの方が1ページでユーザーに購入してほしい商品を伝えることができるから。

 

コンバージョンに直結しやすい

ターゲットを絞ったユーザーに対して強くアピールできる仕組みがあるから。

ランディングページは、ユーザーに商品への関心を高め、コンバージョンへとつなげることが重要

 

コンバージョン(CV)とは:商品購入・フォームや電話からの問い合わせのほか、資料請求やメルマガ登録といった、ユーザーによる積極的アプローチのことです。

商品・商材の特徴を伝えやすい

長い1ページの中に、ユーザーに伝えたいサービスやメリットがわかるよう工夫して制作されています。

読み進めるにつれてその魅力に引き込まれます。

 

ホームページは、さまざまなページで企業の理念・概要・アクセス・関連製品やブログなど情報がたくさん載っています。

また、細かい情報に意識が分散されるためコンバージョンにつながりません。

 

情報が多すぎるとサイトから他のページへ離脱されるリスクも高くなります。

 

 

ランディングページ(LP)にかかる費用

ランディングページの制作単価は、「1件あたり5〜10万円」です。

 

制作会社や制作会社によって10万円~60万円とピンキリで、分析サービス有無やデザインの品質から違うため見積もりを依頼するのを忘れずに。

 

クラウドソーシングで稼ぐならランティングページ(LP)制作がおすすめな理由は?

クラウドソーシングでランディングページ制作がおすすめな理由について紹介します。

  • 案件が多い
  • 初心者でも制作できる
  • 働きやすく、自由にできる

 

案件が多い

WEBサイトが存在しており、WEBサイトに関連する案件が豊富です。

WEBサイトに関連する案件が多いという事は、その分先ほど説明した「分業化された仕事案件」が豊富にある事になります。

 

案件を担う人が足りないため人手不足な状態で、仕事がなくなることはありません。

 

初心者でも制作できる

クラウドソーシングの案件では、高いクオリティを求めない案件もあります。

HTMLの一部を修正する案件などであれば、HTMLを理解していれば作業ができる。

PC、スマホ、タブレットにも対応しているので文章を入力するだけで大丈夫!

また、スキルはWordやExcel、パワーポイントが少々使える程度のパソコンの基本的なスキルを持っている人であれば、問題なく操作できます。

文書作成ソフトよりも簡単なので文章作成が苦手な人におすすめの案件です。

働きやすく、自由に働ける

クラウドソーシングサービスのメリットは、出ている仕事案件の幅が非常に広く、その中から自由に選択できることです。

 

クラウドソーシングなどの案件を見ると、WEBサイトを自分で一から制作する仕事ばかりではないため自分の今のレベルにあった案件ができます。

 

ランディングページ(LP)のメリット、デメリット

ランディングページのメリット、デメリットについて紹介します。

メリット

下記5つについて説明します。

  • 読者が知りたい情報が記載されている
  • 幅広いユーザーのニーズに対応できる
  • 他のサイトへ離脱が少ない
  • いつでもランディングページをみることができる
  • 質の高いデザインが作れる

 

読者が知りたい情報が記載されている

ユーザーが自分で目的の情報を探す必要が、ランディングページにアクセスした人は、画面を縦にスクロールさせていくだけで必要な情報を得ることができます。

理由は、自然と商品やサービスへの理解度が高くなるため、注文やお問い合わせなどをしてもらえる。

 

ユーザーに必要な情報を与えないと、お問い合わせしてもらえないため、商品やサービスに対する理解を深めて、納得してもらう必要があります。

 

ホームページは、ユーザーが必要な量の情報を取得する前に離脱してしまう可能性が高いため注意。

 

幅広いユーザーのニーズに対応できる

ユーザーが検索しているキーワードに関連して広告を出せるリスティング広告はとても人気がある広告です。

検索キーワードごとにユーザーが持っているニーズはバラバラなので、キーワードそれぞれに合ったページを作る必要があります。

 

他のサイトへ離脱が少ない

内容をわかりやすくまとめてありますが、一般的なサイトのページは親切な作りになっていません。

しかし、わかりやすい構成にすると離脱者が増えるため、ランディングページは1ページですべて情報を伝えられるように作られています。

 

ランディングページは、最終的に目的を達成するために作られているため、インフォメーションを伝えることが重要です。

 

インフォメーションとは:見やすく誰がみてもわかりやすさが売りです。

必要なインフォメーションを順番どおりに伝えられるためうまく誘導できます。

 

いつでもランディングページをみることができる

365日24時間いつでも閲覧することができるため、いつでもコンバージョンを獲得することができます。

 

最初からランディングページを制作すると、料金がかかるが一度作成してしまうと、コンバージョンがとれるようなページだと数を増やしていくことができます。

 

質の高いデザインが作れる

ランディングページは、レイアウトに制限がないため質の高いデザインを制作できます。

理由は画像や図を利用して、文字のサイズも大きいため、ページを開いたら訪問者の目に飛びこんでくるインパクトの強いページになるから。

 

通常のページよりも訪問者に伝える訴求力がはるかに強いので、コンバージョンを獲得できる確率も増えます。

 

デメリット

下記5つについて説明します。

  • 手間や時間がかかる
  • 直帰率が高くなる
  • 制作にお金がかかる
  • 検索ワードに反映されない
  • ランディングページ(LP)を改善する必要がある

 

手間や時間がかかる

売り上げにつながる営業トークは、簡単に作れません。

まず、商品に精通した社員とサイト構築スタッフが、何度も話し合いをして原稿を制作します。

 

ランディングページの原稿を作成するためには、様々なスキルが必要なので、何日も時間をかけて制作します。

 

直帰率が高くなる

ランディングページは、1ページでユーザーに商品を伝えるため興味がない人は離脱しやすい。

 

直帰率とは:訪問者が最初に訪れたぺージだけを見て離脱した割合のことです。

ユーザーをサイトに留めておくために、いろんなリンクを設置して飽きないようなデザインが大切です。

 

制作にお金がかかる

ランディングページは、インパクトがないと効果がありません。

インパクトがないとユーザーが離脱する人が増えるから。

 

また、わかりやすい構成にすることも大切なため、高度なWebデザインの知識と経験がないと制作はできません。

 

デザイン、内容、会社で料金は違うため、ホームページで検索して2~3社に見積もりを頼みましょう。

検索ワードに反映されない

ランディングページは、画像や文字を使うことが多いので、検索エンジンに反映させるのが難しくなります。

画像や文字は見た目にインパクトがあるが、検索エンジンでは認識できない情報量になります。

 

検索エンジンに反映するには、サイトとランディングページを一緒に載せる必要があります。

 

ランディングページ(LP)を改善する必要がある

ページのデメリットを改善して、作り直すことを「最適化」と呼びます。

 

ランディングページ最適化のことを「LPO」と呼びます。

ランディングページとLPOはセットなので、ページを一度制作したあともユーザーの目に留まるような作品を制作する必要があります。

 

LPOの作業を怠けると、ページの短所が改善されないため、コンバージョン率は上昇しにくい。

 

まとめ

ランディングページの記事について紹介してきました。

 

ランディングページで稼ぐために必要なことは、

  • プログラミングを理解している
  • HTML、CSS、JavaScriptが使える
  • イラストレーターや写真のソフトなどが使える
  • クラウドソーシングでランディングページを受注する方法
  • アクセス数を増やす
  • スマホでみられるように対応する
  • SEOと組み合わせてランディングページを強化する
  • ヒートマップを使う

ですが、ランディングページを制作するためにはプログラミングを理解する必要があります。

 

ランディングページを制作するときのポイントは、

  • 見出しを考える
  • 共感や理解をしてもらう
  • 商品の説明をしてアピール
  • 商品を購入するメリット
  • デザインを考える
  • ユーザーの悩みを取り入れる
  • ライバルと違う点はあるか
  • 大切なことは何度も伝える
  • 申し込みに誘導する
  • 公開してユーザーの反応をみる

上記で紹介したことを忘れずに、ランディングページを制作することをおすすめします。

 

 

 

 

 


>>詳しくは画像をクリック!


・クラウドソーシングサイトに登録したけどぜんぜん稼げない・・・
・月に5万円でもいいから副業で稼げたらいいのに・・・
・在宅で大きな金額を稼げるようになりたいけどそどうしたらいいのか・・・
・怪しい副業などではなくて、堅実に稼ぐ方法を知りたい・・・
・副収入を得て、もっと生活を楽にしたい・・・

もしかしたらあなたは、このようなことで悩んでいませんか?

 

もしクラウドソーシングサイトなどの副業でしっかりと稼ぎたいのであれば、
「スキル」をしっかりと身につけることで解決します。

 

そして、そのスキルを身につけるための講座を無料で行っています。

 

お金に縛られないストレスフリーな毎日を手にしてみませんか?

→【今だけ受講無料!】副業で堅実に月5万円稼ぐための講義の詳細はこちら

 

クラウドソーシング
shonan01をフォローする
クラウドソーシングのやさしい教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました