【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

ココナラの動画編集!外注の相場から依頼の流れ、注意点を徹底解説!

ココナラ

「ココナラの動画編集の相場ってどれくらい?」

「ココナラで動画編集を外注したいんだけど……」

「ココナラの動画制作で稼ぎたい!」

上記のようにお考えではないでしょうか。

 

当記事では、ココナラの動画編集の相場など動画編集の外注について徹底解説していきます。

 

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

ココナラの動画編集の相場とは?

ココナラの動画編集を外注したいけど、相場がわからないといった疑問があると思います。

まずは動画編集の相場について解説していきましょう。

 

YouTube動画なら1本数千円が相場

YouTube動画の場合は、数分〜十数分が一般的な長さです。

結論から先にいうと、YouTube動画の場合、1本数千円がココナラでの相場です。

 

安いものですと1000円前後からサービスが発注されていて、場合によっては5000円以上のものもあります。

基本的には値段が高くなるにつれて動画のクオリティも高くなりますので、予算と要相談です。

 

ちなみにYouTube動画の編集はごく簡単で、テロップ入れとカットが中心となります。

動画編集の初心者も多くサービスを発注しており、素人のスキルアップ、実績集めに利用されていることも多いので、クオリティにムラがある点には注意しましょう。

 

出品者の善し悪しを見極める方法は、評価と実績の確認です。

ココナラは、出品者のページから過去の取引の評価と実績を確認できます。

実績があまりにも少ない場合や、評価がよくない場合は取引を控えておいた方が無難でしょう。

 

結婚式ムービーは数千円〜数万円

YouTubeのような短い動画ではなく、十分以上の長い動画の場合、もうすこし予算が必要です。

特に結婚式ムービ(余興など)は最低数千円から数万円くらいの予算を準備してください。

 

というのも、カットやテロップ以外にも、インサートやBGMなどの編集、複数の素材を組み合わせるなど、レベルの高い編集が求められるため、単価が高くなるのです。

 

納期もYouTube動画が2、3日なのに比べて、結婚式ムービーは1、2週間はみておいた方が良いでしょう。

結婚式の直前に依頼するのではなく、余裕を持って依頼をするようにしてください。

 

cmは数千円〜10万円以上

中には個人でcmが必要という場合もあるでしょう。

cmの場合は、予算にばらつきがあり、最低数千円〜10万円以上の予算が必要です。

 

なぜ予算にばらつきがあるのかといいますと、cmは短い時間で様々な情報を伝える必要があり、動画編集の凝り具合で報酬が大きく変わるから。

 

例えば、カットやテロップだけの編集で3時間で完成するcmなら数千円の報酬でも可能です。

一方、様々なエフェクトを入れた、オシャレかつ視聴者に訴求するハイクオリティなcmを作ろうとすると、2週間以上の期間がかかることもザラ。

2週間以上の制作期間で数千円では動画クリエイターがやっていけないので、10万円以上の報酬を必要とする、といった流れです。

 

どれだけのクオリティのcmを要求するのかによって予算は変動しますので、ご注意ください。

 

個人経営のお店が利用するような本格的なcmが手に入るのは、10万円前後からだと覚えておくと良いでしょう。

学生が学園祭などで利用するcmなら数千円〜数万円程度でも十分です。

 

ココナラでYouTubeや結婚式の動画編集を外注するときの流れを解説

次は動画をココナラに発注する際の流れについて解説をしていきます。

ココナラで動画編集を外注したいけど、いまいち順序がわからないといった場合は、ぜひ参考にしてみてください。

 

ココナラで動画編集を外注する際の流れは主に下記のような流れです。

  1. 作りたい動画のイメージを考える
  2. ココナラで動画クリエイターを探す
  3. ココナラで相談してみる
  4. 実際にサービスを購入する
  5. 動画制作のすり合わせを行いながら作品の完成を待つ
  6. 完成した動画を確認して取引を完了する
  7. 相手を評価する

 

作りたい動画のイメージを考える

まずは動画のイメージを固めましょう。

どういう動画を制作してもらいたいかによって、予算も依頼も変わってきます。

 

YouTubeに投稿する動画なのか、それとも結婚式の余興に使う動画なのか、あるいはcmなのかという大雑把なジャンルを決めることはもちろん重要です。

また、詳細な動画のジャンル、たとえばYouTubeなら、エンタメ系の動画なのか、教育コンテンツなのかといった事柄も大切。

 

動画編集を発注する前に、動画のイメージをしっかり固めておくようにしましょう。

くれぐれも適当に依頼をすることのないように。
適当な依頼は、ココナラ出品者の時間をいたずらに奪ってしまい、低評価に繋がります。
今後の依頼にも支障が出ますので、絶対に辞めましょう。

 

ココナラで動画クリエイターを探す

次はココナラで動画のクリエイターを探しましょう。

ココナラはサービスでの検索もできますし、出品者を検索することもできます。

 

あなたのイメージした動画の制作に一番近いクリエイターを探しましょう。

このとき、予算とクオリティのバランスに注意してください。

 

いくら高品質でイメージ通りの動画を作ってくれそうな人でも予算を大幅にオーバーしていては依頼できませんし、逆もまたしかりです。

支払える予算内で、ハイクオリティの動画を制作してくれる人を探すようにしましょう。

 

ココナラで相談してみる

実際にクリエイターの方にめぼしをつけたら、購入する前に相談をしてみましょう。

相談は下記のような画面から行えます。

 

「見積もり・カスタマイズの相談をする」から相談を行い、予算や動画内容を相談し、より具体的なイメージを掴みんでください。

上記のような相談のステップをしない購入者が多いのですが、失敗のもとです。

 

しっかり相談して、購入者と出品者のイメージのずれがないようにすることが、円満な取引の絶対条件。

絶対に見切り発車でサービスを購入することのないよう、注意しましょう。

 

実際にサービスを購入する

相談を行い、問題がないと判断できたら、サービスの購入を進めます。

「購入画面に進む」をクリックし、各種情報を入力して決済を完了しましょう。

 

このとき、クーポンなどの利用ができる場合がありますので、忘れず利用してください。

少しでもお得に決済できた方が良いでしょうから。

 

購入ができたら、非公開のトークルームが開かれますので、より詳細なすり合わせはトークルームで行いましょう。

 

動画制作のすり合わせを行いながら作品の完成を待つ

トークルームにて、制作や編集を依頼したい動画をすり合わせ、動画の完成を待ちましょう。

出品者によっては、リテイクを何回まで無料などのサービスをしている人もいますし、追加オプションでリテイクをしてくれる人もいます。

 

出品者のスタンスに合わせて、動画の完成を目指しましょう。

注意点として、出品者が定めていない範疇の仕事を依頼しないようにしてください。
例えば、何度もリテイクを繰り返し要求したり、時間のかかる編集を相談せず要求するなどの行為は注意が必要です。

 

あまりにも悪質なリテイクや要望をしていると、取引の途中終了や、低評価の原因となります。

一度でも低評価がつくと、今後依頼をすることが難しくなる場合がありますので気をつけましょう。

 

ココナラはあくまで個人間の取引です。

購入者として「お客様は神様」の精神で取引することのないように注意してください。

 

完成した動画を確認して取引を完了する

完成した動画を確認して、問題がなければ取引を完了しましょう。

出品者に動画に満足した旨、感謝の言葉を添えて、取引の終了を伝えてください。

 

その後、ココナラ独自のシステムの「正式な回答」が出品者から出されます。

正式な回答をもって、取引の完了です。

 

トークルームがクローズされますので、質問や疑問がある場合は、正式な回答が送られる前に済ませておいてください。

 

相手を評価する

正式な回答が送られた後、相手の評価を行いましょう。

評価はココナラをはじめとしたクラウドソーシングサイトで非常に重要な要素です。

 

評価を確認して、依頼をするかどうかを決めるユーザーが多い現状、評価の善し悪しは死活問題。

そのため、評価を適当につけるのは絶対に辞めましょう。

 

問題がなかった、滞りなく取引が進んだのであれば、その旨を具体的に記載してあげてください。

良い評価は、出品者の励みになります。

 

一方、問題があった、取引がうまくいかなかった場合は適切な評価をしましょう。

このとき、適当に良い評価を下すと、他の購入者が同じ失敗をすることに繋がります。

 

サービスを購入する際は、出品者の評価と実績を確認する癖をつけましょう。
評価と実績を見ればどういう出品者かおおよそ判断することが可能です。

 

ココナラで動画編集を外注する際の注意点

ココナラで動画編集を依頼、外注する際にはいくつか注意点が存在します。

下記項目には必ず気を配り、サービスを購入する前に検討しましょう。

  • 予算とクオリティのバランスに注意
  • 出品者の評価と実績は必ず確認すること
  • イメージが固まっていない段階でサービスを購入してはいけない

 

予算とクオリティのバランスに注意

予算とクオリティのバランスには要注意です。

金額が高くなればなるほど、クオリティの高い動画を納品してもらえる可能性が高いのは事実です。

ただし、駆け出しで相場をわかっていない出品者もいるので、高額なら必ずハイクオリティというわけではありません。

 

しかし、予算がいくらでもあるというわけではないのが実情でしょう。

例えば毎日投稿するYouTubeの動画に1本10万円もかけてはいられません。

逆に、友人の結婚式の余興ムービーを数千円で依頼して低クオリティの動画が出来上がっても、がっかりです。

 

つまりは、支払えるお金と、動画のクオリティのバランスこそ最も気をつけなければならないポイントなのです。

ちなみに、購入前に出品者の作成した動画を見せてもらうことで、ある程度は動画のクオリティを確認できます。

 

サービスの購入前に「過去に作成した動画を拝見させていただいてもよろしいでしょうか?」と一言相談するだけでも、失敗は一気に減りますのでおすすめです。

 

出品者の評価と実績は必ず確認すること

出品者の評価と実績は必ず確認しましょう。

なぜならココナラでの振る舞いや過去の取引の結果の全てが、評価と実績に現れるからです。

 

丁寧でコスパの良い仕事をする出品者に対しては、当然高評価が数多くつきますし、コスパの悪い(値段の割りにクオリティが低い)仕事をする出品者に対しては低評価がつきます。

 

また、稀なケースではありますが、利用規約に違反する行為や違法行為を行うユーザーには数多くの低評価がつく傾向にあります。

上記のことから、評価と実績を確認すれば、悪質なユーザーとの取引を回避できる可能性は高まります。

 

イメージが固まっていない段階でサービスを購入してはいけない

また、イメージが固まっていない段階でサービスを購入しないように注意しましょう。

依頼したい動画が曖昧だと、出品者も仕事をしにくいからです。

 

適切な金額を支払っても、イメージが固まっていないと、希望する動画が完成することはまずありません。

どういったイメージで動画を作って欲しいかをしっかり固めてから依頼するようにしてください。

 

できれば参考になる動画を実際に見せる、あるいは絵コンテのようなものを作って見せるといった方法で具体的なイメージを伝えましょう。

 

以上、ココナラの動画編集を外注する際の注意点でした。

動画編集を外注する際は上記の点をしっかり押さえて外注を行いましょう。

 

まとめ

 

以上、ココナラで動画編集の依頼をする場合の解説でした。

動画編集の相場は下記です。

  • YouTube動画なら1本数千円が相場
  • 結婚式ムービーは数千円〜数万円
  • cmは数千円〜10万円以上

 

また、動画編集を依頼するときは次のような流れです。

  • 作りたい動画のイメージを考える
  • ココナラで動画クリエイターを探す
  • ココナラで相談してみる
  • 実際にサービスを購入する
  • 動画制作のすり合わせを行いながら作品の完成を待つ
  • 完成した動画を確認して取引を完了する
  • 相手を評価する

 

相場や流れをしっかり理解して、適切に動画編集を依頼しましょう。

動画を利用したマーケティングや広告収益などが期待できますので。

 

 

 


>>詳しくは画像をクリック!


・クラウドソーシングサイトに登録したけどぜんぜん稼げない・・・
・月に5万円でもいいから副業で稼げたらいいのに・・・
・在宅で大きな金額を稼げるようになりたいけどそどうしたらいいのか・・・
・怪しい副業などではなくて、堅実に稼ぐ方法を知りたい・・・
・副収入を得て、もっと生活を楽にしたい・・・

もしかしたらあなたは、このようなことで悩んでいませんか?

 

もしクラウドソーシングサイトなどの副業でしっかりと稼ぎたいのであれば、
「スキル」をしっかりと身につけることで解決します。

 

そして、そのスキルを身につけるための講座を無料で行っています。

 

お金に縛られないストレスフリーな毎日を手にしてみませんか?

→【今だけ受講無料!】副業で堅実に月5万円稼ぐための講義の詳細はこちら

 

ココナラ
miyatakuをフォローする
クラウドソーシングのやさしい教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました