【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

知らなきゃ損!クラウドワークスの書き起こし案件って稼げる?

クラウドワークス

「書き起こし案件やってみたいけど自分にできるかな…」

「書き起こしっていくら稼げるの?」

「どうしたら書き起こしでもっと稼げるの?」

 

この記事を読まれているあなたはこんなふうに思われているかもしれません。

 

そこで今回は、クラウドワークスの書き起こし案件相場など、書き起こしについて徹底解説いたしましたのでぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

超簡単!?クラウドワークスの書き起こし案件って何?

書き起こしとは、クラウドワークスで「テープ起こし・文字起こし」に分類される案件です。

名前の通り、録音された音声を文字に起こす作業です。

 

まずはクラウドワークスの書き起こし案件がどのような仕事なのか、詳しく解説していきます。

 

クラウドワークスの書き起こしってどんな仕事? 

書き起こしとは講演会や会議で録音された音声を文字に書き起こす作業です。


作業は①素起こし、②ケバ取り、③整文の3種類に分かれます。

 

一つずつ簡単に説明しますね。

 

①素起こし

録音された音声を一語一句漏れなく書き起こす作業です。

正確な記録を残す為にする作業なので、勝手に省略してはいけません。

 

えー、あーなど意味のない言葉も漏れなく文字に起こす必要があるので、根気のいる作業です。

 

②ケバ取り

えー、あーなど意味を持たない言葉を取り除く作業です。

取り残しが無いように気をつけます。

 

③整文

話し言葉を書き言葉に直し、文を整える作業です。

語尾をですます調に直したり、ら抜き言葉を訂正します。

 

また、話者が会社名や単語を間違えている場合がある為、調べて正確な情報に訂正します。

 

どの種類の書き起こしを行うかはクライアントによって様々です。

 

上記3種類はきっちりと分かれている訳ではなく、ケバ取りで募集されている案件でも、後から整文を求められることもあります。

 

クラウドワークスの書き起こし案件は未経験でもできる仕事?

クラウドワークスの書き起こし案件はカンタン作業のカテゴリに分類されている通り、未経験でもできる仕事です。

 

ライティングやWebデザインなど他の案件に比べると、特別なスキルもなく気軽に始められます。

日本語能力と根気があれば誰でも始めることが可能です。

 

知らなきゃやばい!書き起こし案件衝撃の真実

書き起こし案件では、「60分4,000円」と言うように音声の長さで報酬が決められます。

初心者の方は、「時給4,000円?高額案件だ!」と勘違いする方も多いです。

 

しかし、60分の録音時間を60分で終えることは不可能なので、そのまま時給にはなりません。

なぜなら、内容を知らない録音を、一回で完璧に聞き取ることはできないからです。

 

平均的に、60分の録音を書き起こすには4時間〜5時間かかるので、時給換算すると1000円くらいです。

 

初心者の場合はもっと時間がかかるので、初めは短い案件で自分がどれくらいかかるか確認することをおすすめします。

 

書き起こし案件に向いてる人

書き起こし案件に向いている人は以下のような人です。

 

・単純作業が好きな人
・集中力がある人
・急ぎ案件に対応できる人

 

書き起こし案件では、数分〜数十分の一つの録音を何十回も聞き、一字一句逃さずに聞き取る必要があります。

 

その為、単純作業が好きで集中力がある人は書き起こし案件向きです。

 

また、数時間〜当日中に納品希望など急ぎの案件も多い為、すぐに対応できる人はクライアントに好まれます。

 

書き起こし案件に向いてない人

書き起こし案件に向いていない人は以下のような人です。

 

・集中力がなく注意散漫な人
・口が軽い人

 

同じ音声を何度も聞くことは、かなりの集中力が必要です。

 

集中力が途切れて誤字脱字が多いと、何度もやり直すことになりますし、クライアントに迷惑がかかってしまいます。

 

また、書き起こし案件では、会議や講演会など企業や個人にとって重要な情報を扱うことが多いです。

書き起こし案件で入手した情報を第三者に話すと、損害賠償請求をされてしまう可能性もあります。

 

常に重要な情報を扱っていると言う自覚を持って書き起こし案件に取り組みましょう。

 

次はみなさん気になる報酬の話です。

クラウドワークスでの書き起こし案件平均報酬額について解説します。

 

激安?クラウドワークスの書き起こし案件の平均報酬は?

クラウドワークスの書き起こし案件の平均報酬は1分100円〜160円程です。


報酬は音声の長さ・仕事内容・納期などによって様々なので、音声60分の報酬は6,000円〜10,000円程度です。

 

書き起こし案件と同じ「カンタン作業」カテゴリのアンケートは、1件数円〜数十円が一般的なので、それに比べたら高収入が見込めますね。

 

ただし、書き起こし案件も案件によっては1分30円〜40円と言う案件もありますので、応募前に必ず募集内容を確認しましょう。

 

書き起こし案件をこなす上で、タイピングスキルを上げることはもちろん必要ですが、少しでも楽をして稼ぎたいですよね。

 

次は、スマホで作業している人も利用できる、書き起こし案件で役に立つツールについて解説します。

 

スマホでもできる!書き起こし案件の救世主「音声入力」機能

パソコンがないから書き起こし案件には応募できないと諦めている人に朗報です!

スマホだけで作業している人も、便利なツールを上手く使えば書き起こし案件が楽になります。

 

そこで今回は、とてもお手軽な「Googleドキュメント」の自動文字起こし機能を紹介します。

 

手順①Googleドキュメントをインストールする

Android      iPhone

手順②アプリを開いた時右下に出てくる+マークを押し、新しいドキュメントを作成する

手順③新しいドキュメンを開いた状態でダブルクリックすると、キーボード上に以下のアイコンが出てくる

手順④マイクに向かって話すと音声が認識されて、自動で文字を起こしてくれる

 

注意点は、録音された音声をそのまま文字に起こすまでの精度は備わっていないことです。

書き起こし案件の音声は、雑音が入っていたり、ぼやけていたりなど人間の耳でも聞きにくいことがあります。

 

残念ながら、Googleドキュメントの音声認識機能はそこまで洗練されていないので、音声をそのまま書き起こすまではできません。

 

そもそも、音声機能が完璧だったら書き起こし案件を人間がする必要はなくなってしまうので、当然と言えば当然ですよね。

 

Googleドキュメントのおすすめの使い方は、「音声をイヤホンで聞き取りながら、聞き取った内容を自分の声でマイクに話しかける」方法です。

 

書き起こし案件では、数千〜数万字と言う文字の入力をしなければいけませんが、音声入力機能を使えば一気に手間を省いて時間も短縮できます。

 

次に、スキルアップしたい人におすすめの「文字技能テスト」について解説します。

 

クラウドワークス書き起こし案件ゲットに有利!文字技能テストって何?

みなさんは【文字起こし技能テスト】と言う試験をご存知ですか?

高額な案件を取りたい場合や、スキルアップをしたい人は必見の資格です。

ライバルと差をつけて、高額報酬をゲットしたい人は挑戦してみてくださいね。

 

文字起こし技能テストって何?

文字起こし技能テストとは、書き起こしのスキルを客観的に証明できる資格です。

試験は合否ではなく、1000点満点のスコア制になっています。

スコア制なので、スコアが高いほど自分のレベルが高いことをクライアントにアピールできます。

 

試験実施は年2回(5月・11月)で、受験料は5,500円です。

次回の試験実施で11回目と、試験の歴史が浅いので文字起こし技能テストを知らない人も多いと思います。

 

知名度はまだ低いですが、書き起こしの実力をアピールできる材料として最適な試験です。

 

公式サイトはこちら

 

文字起こし技能テスト受験のメリット

文字起こし技能テストを受験するメリットは以下2つになります。

 

・自分の実力を知ることができる
・継続的にスキルアップしていることをクライアントにアピールできる

 

試験は合否ではなく1000点満点のスコア制です。

今の自分の実力を明確にすることで、新たな目標が生まれて向上心が増します。

 

また、スコアが上がれば上がる程、常にスキルアップを図っている野心的なワーカーだと判断されて、クライアントの信頼を得ることができますよね。

 

クライアントからの信頼で更にモチベーションがアップし、結果的に高額な案件を得ることが可能です。

 

クラウドワークスで書き起こしの募集条件はどうやって決める?

クラウドワークスの書き起こし案件の報酬はどうやって決めたらいいの?

そんな悩みを持っている人向けに、書き起こし案件募集のポイントなどを解説していきます。

 

クラウドワークス書き起こし案件募集のポイント解説

クラウドワークスで書き起こし案件を発注する際のポイントは以下3つです。

 

ポイント①依頼内容・納期・作業ボリュームを決める
ポイント②注意点は事前にまとめておく
ポイント③データの受け渡し・納品方法を確認する

 

それでは一つずつ解説していきますね。

 

ポイント①依頼内容・納期・作業ボリュームを決める

依頼内容とは、素起こし・ケバ取り・整文の3種類を指します。

 

作業ボリュームに対して納期が短いなど急ぎの場合や、専門知識が必要なことが多い整文は比較的報酬設定が高いです。

 

また、整文は専門知識が必要になるので、初心者の場合クオリティが低くなる可能性があります。

事前にワーカーに専門知識が必要な旨を伝えましょう。

 

ポイント②注意点は事前にまとめておく

書き起こしのルールはクライアントによって様々です。


書き起こす際の細かいルールがないと、納品後に細かい訂正を何度もしなければいけないなど時間がかかってしまいます。

 

以下のような表記ルールは事前に提示しておきましょう。

 

・英数字の表記(算用数字、漢数字、半角全角)の統一
・ですます調、である調
・会話における発言者の名前の表記
・行頭の字下げの要・不要
・表記のゆれをなくす

 

[例]クラウドワークスとCrowdWorks

  • 聞き取れない文章に対する処理

[例]全く聞き取れなかった場合 :

【###@2:37(音声の時間)】

 

[例]不明瞭だった場合 :

【テープ起こし?@2:37(音声の時間)】

  • 動画等のテープ起こしにおける動作の記述法

[例](鞄から名刺を取り出して)初めまして、田中です。

 

出典 https://crowdworks.jp/pages/job-offers-tips/transcription

 

ポイント③データの受け渡し・納品方法を確認

どのようなデバイスで作業しているのか、どのようなネット環境なのかはワーカーによって様々です。

契約後にデータ受け渡しや納品方法で時間がかかってしまうと時間が無駄になります。

 

事前にデータの受け渡し・納品方法は確認しておきましょう。

 

一般的なデータ受け渡し方法は以下2種類です。

 

(ⅰ)メール…データをメール添付する方法です。データ容量が軽い場合に適しています。

(ⅱ)オンラインストレージ…Dropboxなどオンラインストレージにデータをアップロードすることで共有できます。
データ容量が大きい場合でも手軽にできるサービスです。

 

以上のポイント3点を事前に確認しておくと、納期が間に合わない、クオリティが低すぎるなどの問題を防ぐことができます。

 

クラウドワークス書き起こし案件で見積額に困った時は?

クラウドワークスで書き起こし案件を発注する際、作業内容・納期・作業ボリュームで報酬額を決めますが、報酬額の設定をどうするか悩む人が多いです。

 

クラウドワークス書き起こし案件の相場は60分6,000円〜10,000円程ですが、予算に迷った場合は「報酬はメンバーと相談して決める」として募集できます。

 

見積額が決められない場合は、相場に沿った金額で予算5,000円以内など予算を明記した上で、報酬額の決定は予算以内でワーカーと相談して決めましょう。

 

次に、高額報酬を得ることができる書き起こし案件について解説します。

 

高額報酬を得ることができる書き起こし案件2選

書き起こし案件では、スキルや専門知識があれば高額・好条件の仕事をすることが可能です。


高額報酬を得ることができる書き起こし案件以下2選を紹介します。

 

①英語力が必要な案件
②医療系の案件

 

ひとつずつ説明しますね。

 

①英語力が必要な案件

英語力が必要な案件は、日本語と同じ様にインタビューやセミナーなど多岐に渡ります。

英語力が必要な案件の報酬相場は、日本語のみの相場の2倍と言われています。

仕事内容としては大きく分けて以下の4種類です。

 

ケバ取り…umやwellなど意味のない言葉を省いたり、文法的に間違っている箇所を簡単に訂正します。

 

素起こし…一語一句漏らさずに書き起こします。正確な証拠を残したり、セミナーなどの記録を取るための作業です。

 

要約…音声の内容をクライアントの指定文字数以内にまとめます。音声の内容を簡潔にまとめるスキルが必要です。

 

リライト…音声の内容を変更せずに、話し言葉を書き言葉に直したり、正しい文法に訂正します。

 

英語をただ聞き取るだけでなく、正しい文法に訂正するなど高度な英語力が必要です。

英語力に自信がある人はぜひ挑戦してくださいね。

 

②医療系の案件

医療系の案件とは、セミナーやカウンセリングでの専門家の音声を文字に起こします。

医療と言っても分野は幅広く、医学・介護・健康など様々です。

難しい専門用語がたくさん出てくるので、知識がなければ書き起こすことができません。

 

高度な仕事となるため報酬相場は英語案件と同じく、一般的な案件の2倍程です。

 

高額案件を得ることができれば収入アップに繋がります。

収入アップしたい人は、常にスキルを磨き、難しい分野でもこなせる技術を身につけましょう。

 

まとめ:知らなきゃ損!クラウドワークスの書き起こし案件って稼げる?

今回は【クラウドワークスの書き起こし案件】について解説しました。

 

まとめると以下の様になります。

 

・書き起こし案件では、素起こし、ケバ取り、整文と言う3種類の仕事がある
・クラウドワークス書き起こし案件相場は1分100円〜160円
・英語力が必要な案件や医療系の案件は高報酬の可能性が高い
・Googleドキュメントの自動文字起こし機能で、効率的に書き起こし作業ができる
・文字起こし技能テスト受験でスキルアップできる

 

書き起こし案件は未経験でも挑戦できますが、スキルアップもできる仕事です。

書き起こしのスキルを手に入れて、在宅で稼げるチャンスを広げましょう。

 

 

クラウドワークスの口コミが気になる方は、こちらの記事を読んでみてください。

 

 

 


>>詳しくは画像をクリック!


・クラウドソーシングサイトに登録したけどぜんぜん稼げない・・・
・月に5万円でもいいから副業で稼げたらいいのに・・・
・在宅で大きな金額を稼げるようになりたいけどそどうしたらいいのか・・・
・怪しい副業などではなくて、堅実に稼ぐ方法を知りたい・・・
・副収入を得て、もっと生活を楽にしたい・・・

もしかしたらあなたは、このようなことで悩んでいませんか?

 

もしクラウドソーシングサイトなどの副業でしっかりと稼ぎたいのであれば、
「スキル」をしっかりと身につけることで解決します。

 

そして、そのスキルを身につけるための講座を無料で行っています。

 

お金に縛られないストレスフリーな毎日を手にしてみませんか?

→【今だけ受講無料!】副業で堅実に月5万円稼ぐための講義の詳細はこちら

 

クラウドワークス
takebayasiをフォローする
クラウドソーシングのやさしい教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました