【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

【低い?】クラウドワークスのテープ起こしの相場は1分200円?単価やコツを解説!

クラウドワークス

「クラウドワークスのテープ起こしの相場は?」

「テープ起こしの仕事の単価を知りたい!」

「初心者でもクラウドワークスでテープ起こしができる?」

と考えることはありませんか?

 

クラウドワークスで効率の良い仕事のジャンルを探す時に、テープ起こしの相場が気になることもありますよね。

そこで、今回はクラウドワークスでおすすめのテープ起こしの相場とどのようにして仕事を進めていくのかなどについて徹底的に調べました。

 

当記事で紹介することは下記の通りです。

  • クラウドワークスのテープ起こしの相場はいくらか?
  • 初心者がクラウドワークスのテープ起こしをする時に準備するものは?
  • クラウドワークスでテープ起こしを成功させるコツは?

 

テープ起こしの相場について知りたい方や、テープ起こしのコツを知りたい方はぜひ最後までお読みください。

在宅ワークでテープ起こしの相場をするイメージができると、幸いです。

 

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

クラウドワークスのテープ起こしの相場は音源データ1分で200円!

クラウドワークスで募集しているテープ起こしの報酬の相場は、音声データの時間は1分あたり200円前後です。

とはいえ1分あたり、200円と言われてもイメージがつきにくいのではないでしょうか?

 

テープ起こしの相場についての情報を、簡単にまとめました。

【1時間あたりの音声データをテープ起こしにすることを仮定した場合】

  • 1時間あたりの音声データをテープ起こしすると約12000円になる
  • 1時間の音声データを起こす場合、初心者であればこの作業時間は10時間ほどかかる
  • プロや経験者は1時間の音声データに2〜3時間の時間が必要

【クラウドワークスで募集している仕事のパターンとは?】

  • 時間単位で単価が決められている
  • 文字数で単価が決められている

1分あたり200円が相場の場合、1時間の音源に対して12000円の単価になりますが、初心者が1時間の音源を文字に起こすのに10時間ほど必要です。

 

当項目では、クラウドワークスでのテープ起こしの相場についてさらに下記のことを紹介します。

  • テープ起こしの実案件や単価とは?
  • テープ起こしの熟練者の相場は1時間あたり12000円?
  • テープ起こしで相場が高いジャンルとは?

 

テープ起こしの実案件や単価とは?

クラウドワークスで募集しているテープ起こし時間や値段は、音声データの内容によって異なります。

クラウドワークスに載せられているテープ起こしの実案件を下記にまとめました。

【案件内容】

  • インタビューのテープ起こし30分:単価相談
  • インタビューのテープ起こし120分:5000〜10000円
  • 文字起こしとテロップ入れ76分:1万6000円
  • 3分の文字起こし:500円
  • 10分程度の文字起こし:1本2000円

【渡される音源の形式例】

  • mp3
  • WMA
  • m4a

【よくある納品の形式】

  • Word

 

上記のように、インタビューを文字起こし、テロップ入れのための文字起こしなどがあることがわかります。

10分の短時間の仕事から、3時間も要する案件まで幅広く取り扱われています。

初心者は単価が低くても時間が短いものから慣れていくのがいいでしょう。

 

熟練者だと1時間の音源を12000円以上で受注するのが相場

テープ起こしや文字起こしを専業にしているフリーランスのライターをリライターと呼び、1時間の音源を12,000円で受注できるようになります。

案件の内容や納期が急なものであったら、1時間の音源を15,000円で受注するのも不可能ではありません。

 

熟練者が受注している案件例や条件を、下記にまとめました。

  • 1時間のテープ起こしを2、3日で行う
  • 2時間のテープ起こしを1週間の納期で行う
  • 熟練者は整文や要約、テロップ入れまでできる:1時間のテープ起こしを20000円で受注できる

 

熟練者はテンポ良くテープ起こしを行い、効率的に報酬を得ています。

テープ起こしで高額を得るためにはテープ起こしだけでなく、整文要約、テロップ入れなどさらなるスキルも必要です。

 

テープ起こしで単価の高いジャンルとは?

単価が高いジャンルは、医療分野です。

医療分野のテープ起こしに関する情報を、下記にまとめました。

【単価が高い理由】

  • 専門用語が多い
  • ある程度の医療知識や聞き取り能力が必要

【相場】

  • 一般相場の倍になることも珍しくない

 

上記のように、医療分野のテープ起こしには、専門知識や経験が必要なので必然的に単価が高くなるのです。

熟練者はこの医療分野のテープ起こしに絞っている場合が多く、効率的に収入を得ています。

テープ起こしにもさまざまなジャンルがありますが、単価の高いジャンルに絞って仕事をすると効率的に稼げるでしょう。

 

「テープ起こしで稼げるのか?」については、下記を参考にされてください。

 

 

クラウドワークスでテープ起こしの初心者が成功するコツ5つとは?

テープ起こしで大切なの「聴く力」と「タイピング」を正確に行う事です。

テープ起こしを始めるのに、特別な資格や初期投資は必要ありません。

クラウドワークス利用の初心者や、在宅ワークを始めたばかりの人がチャレンジしやすいジャンルだと言えるでしょう。

 

当項目では、クラウドワークスでのテープ起こしを成功させるためのコツについて、下記のことを紹介します。

  • テープ起こしに必要なものとは?
  • 音声入力ソフトを利用する!
  • シャドーニングをマスターする
  • タイピングスキルは必須!
  • テープ起こしの注意点とは?

 

テープ起こしに必要なものとは?

初心者が今から始めるために揃えておくと良いのは、下記の3つです。

  • パソコン
  • スマホ
  • イヤホンマイク

 

スマホ(またはパソコン)で音声を聞きながら、パソコンに文字を起こします。

性能の良いイヤホンがあれると、音声入力ができたり、場所を気にせずに作業ができたりするので便利です。

 

音声入力ソフトを利用する

効率的にテープ起こしをするのに便利な方法は、音声入力ソフトを積極的に利用することです。

音声入力を利用してテープ起こしをする方法について、下記にまとめました。

【音声入力ソフトを利用する手順】

  1. 音声を認識させる
  2. 音声を聞きながら再度文章をチェックする
  3. おかしな変換になっている文章を変更する

 

音声入力ソフトは、ある程度の文章を打ち込んでくれるので作業を早く済ませられるので便利です。

しかし、音声入力をする時には、下記のことに気をつけましょう。

  • 情報が漏れる可能性のあるオンラインの音声入力サイトは要注意
  • 必ずチェックが必要

 

情報が漏れることを考えると、オンラインソフトを使うのは危険ですので、情報が漏れないソフトを利用することが大切です。

音声入力ソフトだけに頼ると、変換が間違っている可能性が高いことも覚えておきましょう。

音声入力ソフトはあくまでサブ的なツールとして使い、最終的には自分でチェックすることが大切です。

 

シャドーニングをマスターする

テープ起こしの熟練者の多くは、シャドーニングをマスターすることが効果的だと感じています。

シャドーニングは外国語を勉強する時に効果的な方法だと言われていますが、テープ起こしにも効果的な方法です。

シャドーニングの手順は、下記の通りです。

  1. イヤホンマイク(もしくはヘッドホン)を聞きながら音声データを聞く
  2. 音声の内容を自分も復唱する
  3. 復唱しながらパソコンにタイピングする
  4. 具切りの良いところでストップして、2、3の手順を繰り返す

 

テープ起こしの熟練者が、シャドーニングが効果的だと感じている理由を、下記にまとめました。

・音声入力ソフトを使って、テープ起こしの音声を直接返還するのは難しい
・音声入力は改行や記号などの変換が出来ない
・音声入力ソフトの技術でも必ずタイピングの入力が必要

すぐにマスターする事は至難の業ですが、一旦マスターするなら効果的にテープ起こしをできるようになり、高単価の案件を受注できます。

 

タイピングスキルは必須!

テープ起こしに欠かせないスキルは、タイピングスキルです。

必要なタイピングスキルの一例を、下記にまとめました。

  • 正確にタイピングするスキル
  • タイピングのスピード
  • ブラインドタッチ(キーボードを見ないでタイピングするスキル)

 

タイピングのスキルが高ければ高いほど、テープ起こしのスピードが上がります。

初心者でタイピングスキルがない場合は、音声入力ソフトを兼用しながら練習する方法をとれるでしょう。

 

タイピングスキルをアップさせるのに効果的なサイトは、腕試しレベルチェックです。

自分のタイピングスキルについても把握できますし、自分のタイピングの癖が分かります。

腕試しレベルチェックへ行く

 

テープ起こしをする時の注意点とは?

テープ起こしをする時に絶対に注意したい点は、下記の通りです。

情報が漏れないように注意する

 

テープ起こしに限ったことではありませんが、クラウドワークスで作業をする時にクライアントの作業内容の情報が漏れないように徹底した注意を払いましょう。

特に、音声入力ソフトを使う時には、情報が漏れないことを徹底することが大切です。

 

テープ起こしのプロに!素起こし&ケバ取り&整文とは?

クオリティの高いテープ起こしをするために知っていると良い3つの専門用語は、下記の通りです。

  • ケバ取り
  • 整文
  • 素起こし

当項目では、クオリティの高いテープ起こしをするためのコツについて紹介します。

 

まずは素起こしをしっかりと!

素起こしとは、音声をそのままそっくりと入力することです。

人は会話をする時に「えっと〜」「え〜」などの言葉を挟みながら、会話をしますよね。

まずは、聞き取った文章をそっくり入力でき量になることが大切です。

 

素起こしができるようになるメリットを、下記にまとめました。

  • 「素起こしをして欲しい」という案件も多い
  • 素起こし案件は、時間勝負であることが多く高案件の確率が高い

特に講演会やライブの場合だと、会話の内容をそのままにする素起こしが求められます。

有名人や著名人の講演会などは発する音声をそのままにしておくことで、個性や間を大事にするため素起こしが活きるからです。

 

ケバ取りは基本!文章にならない言葉をカット!

テープ起こし作業の中で必ず必要となり、テープ起こしの基本となるのは「ケバ取り」の行程です。

ケバ取りの定義やメリットを下記にまとめました。

【ケバとは?】

  • 音声データの内容で人の会話に含まれる「えー」「うーん」などの文字に起こすために不必要な発生を「ケバ」と言う

【ケバ取りとは?】

  • 「えー」「うーん」など、文章に必要でない言葉を削る作業のこと

【ケバ取りをするメリットとは?】

  • 会話のケバを取る事で文字に起こすと綺麗な文章になるため、原稿としては圧倒的に見やすくなる。
  • ケバ取りの作業はテープ起こしで必須の作業ともいえる

 

ケバ取り自体のスキルは、初心者でも難しくありません。

ただし、ケバ取りを完璧に行うと音声データ内の演者の会話に個性が失われてしまう欠点があるので、バランスに注意が必要です。

 

整文が出来れば一人前

整文は、ケバ取りした文章を読みやすく分かりやすい文章に整えることです。

人間なので、インタビューなどは、時として言い間違えをしたり意味の分からない言葉になってしまったりするのは仕方がありません。

整文をすることで、誰でも理解でき、スッキリとした文章をクライアントに提出できます。

 

整文をすることのメリットや使い道について下記にまとめました。

【整文でありがちな案件とは】

  • クライアントが納品された文章をそのまま、書籍化、ネット搭載等したい時
  • 専門的な分野のテープ起こしに整文案件があることが多い

【整文ができるメリットとは?】

  • 手間がかかるので高単価が取りやすい
  • 整文ができるといえば、一人前だと思われやすい。

特にテープ起こしで生計を立てていくのであれば整文までのスキルを会得できるようになって高単価案件を取れるようにしましょう。

 

クラウドワークスでテープ起こしをするメリットとは?

そもそもクラウドワークスでテープ起こしをするメリットってあるのだろうか?

と考えることはありませんか?

 

クラウドワークスでテープ起こしをするメリットを、下記にまとめました。

  • 初期費用がかからな
  • クラウドワークスには好条件の案件が転がっている可能性がある!

当項目では、クラウドワークでテープ起こしをするメリットについて、紹介します。

 

初期費用がかからない

テープ起こしの仕事は、初期費用などもかからないので初心者が取り組みやすい分野であることは大きなメリットだと言えます。

先ほども紹介した通り、テープ起こしに必要なものは次の3つです。

  • パソコン
  • スマホ
  • イヤホン

 

在宅ワークを始めたばかりの時は、次のことが理由で初期投資をしたくない人も少なくありません。

  • 在宅ワークが自分に向いているかわからない
  • 仕事を続ける自信がない

テープ起こしは初期投資が少ないので、チャレンジしやすいジャンルです。

 

クラウドワークスには好条件の案件が転がっている可能性がある!

クラウドワークスは、好条件の案件が転がっている可能性があるのもメリットです。

クラウドワークに好条件の案件があると言える理由を、下記にまとめました。

【クライアントから見たテープ起こしの現実】

  • テープ起こしの仕事を専門業者に頼むと高額することも少なくない
  • クラウドワークスで依頼し、テープ起こしにかかる費用を抑えたい会社も多い

【ワーカーから見たテープ起こしの現実】

  • 初心者でもチャレンジしやすい
  • コツを掴めば効率的に稼ぎやすい
  • 特別な資格は必要としない

 

上記のように、テープ起こし専門の業者に頼みたくないクライアントが、クラウドワークスを利用することもあります。

テープ起こしのコツを掴み、好条件の案件を上手に見つけるなら高収入を得るのも夢ではありません。

フリーランスとしても外注業者としても活躍できるので、人気のフリーランスの仕事と言われています。

 

【クライアント向け】クラウドワークスでテープ起こし外注する場合の相場

今からクラウドワークスを通じて外注する場合の相場は下記の通りです。

  • 1分あたり200円が相場
  • 納期にゆとりがあれば1分あたり100円で仕事を発注する事もできる

 

案件の内容によりますが、充分な納期期日を持たせる事が出来るのであればクラウドワークスでの外注は使えます。

 

クライアントがクラウドワークスを使うメリットは、下記の通りです。

専門業者に頼むのに比べて安く依頼できる

テープ起こし業者に依頼する相場よりも半分の価格で依頼する事が出来るため、クラウドワークスが狙い目と言えるでしょう。

 

クラウドワークスに発注した仕事内容は大丈夫?

業者と違って仕上がりの精度は大丈夫なのか?

と心配することはありませんか?

 

結論から言うと、整文が含まれていないものであれば問題ありません。

  • 整文を頼む場合はある程度の文章要約スキルや内容を理解する知識も必要
  • ケバ取りや素起こしの内容であれば、専門的なスキルは必要ない

上記のようにケバ取りや素起こしの場合、出来るだけ単価が安く発注できるところだと安心できます。

 

分刻みで見積もりが取れる

「案件の発注する時どのように金額を設定したら良いのだろう?」と思うことはありませんか?

クラウドワークスの発注は、次の通りそれほど難しくありません。

  • クラウドワークスでは1円からの見積もりが自由にできる
  • 分当たりだけでなく文字起こしの単価に合わせても設定が自由
  • 納期や内容ごとに分けて見積もりや指示を行いやすい
  • 継続的な案件依頼の契約もできる

 

上記のように、発注したい内容に合わせて見積もりができます。

クラウドワークス内での注文がしやすい事も、クライアントから選ばれている理由と言えるでしょう。

最初は単発で発注し、ワーカーの仕事の出来具合を見て仕事の継続を決めているクライアントも少なくありません。

 

専門度が高い案件はマニュアルで簡単に対応ができるようにする!

クライアントとしては、きちんとしたクオリティで納品してほしいですよね。

テープ起こしの仕事を外注し、成功させるためクライアントとしてできることを下記にまとめました。

  • マニュアルを作る
  • セキリティを重視した秘密保持の契約を交わす
  • 専門分野の場合用語集を用意する
  • ワーカーと頻繁に連絡を取る

 

誰が見ても理解できるシンプルなマニュアルや指示書を用意しておくなら、トラブルが少なくなりがちです。

医療用のデータ、法律関係のデータなど、専門性が高く専門用語も多いジャンルだと、用語集を作ることで対応できます。

 

発注前にコミュニケーションをするのはもちろんですが、発注後もワーカーと頻繁に連絡をとりましょう。

途中でコミュニケーションを欠かさないことで、大きなミスや勘違いが起きるのを防ぎやすくなります。

 

まとめ

クラウドワークスでの、テープ起こしの案件の相場について再度まとめました。

  • 音源1分あたりで200円
  • 専門的な知識が必要なジャンルは相場が高い
  • 特に医療系のテープ起こしの相場は高い

 

クラウドワークスの初心者がテープ起こしをするメリットを、再度紹介します。

  • 初期費用がかからな
  • クラウドワークスには好条件の案件が転がっている可能性がある!

 

テープ起こしは、初期費用がかからずに特別な資格も必要ないので初心者が取り組みやすいジャンルです。

コツを掴み、テープ起こしのスピードが速くなると効率的に稼げるようになります。

「在宅ワークを始めたいけどスキルがないから何からしたら良いかわからない」人は特に、一度チャレンジしてみるのも良いですね。

 

関連記事も参考にされてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました