【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

サグーワークスに記事を依頼すると品質は良い?悪い?費用はいくら?

サグーワークス

サグーワークスの記事の品質はどれくらいなのか?」という疑問を持たれている方は多いのではないでしょうか?

ということで今回は

  • サグーワークスの記事の品質について
  • サグーワークスの記事はSEOにも強い
  • サグーワークスに記事を依頼したときの単価

などを解説していきたいと思います。

ぜひ最後まで読んでみてください!

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

サグーワークスの記事は高品質

サグーワークスに依頼した記事は高品質であると言われています。なぜなら、サグーワークスは他のクラウドソーシングにはない記事のチェック体制が整っているからです。そのチェック体制について説明していきます。

サグーワークスの記事が高品質なのはチェック体制が整っているから

サグーワークスの高品質を支えるチェック体制。それは大きく3つに分かれます。

    1. コンテンツの重複チェック
    2. 文章の言葉のチェック
    3. コンテンツ内容のチェック

その3つについて詳しく説明していきます。

コンテンツの重複チェック

記事を依頼する上で、最も気になるコピーアンドペーストや記事の流用。それを防ぐコンテンツの重複チェックがサグーワークスでは厳しく行われています。それによって、記事の流用だけではなく、同一ライターによる似たような記事の投稿も防いでいるのです。コンテンツの重複は検索結果に大きな影響を与えるので非常に助かります。これらのチェックを支えるのはサグーワークスにいままで投稿された記事のデータベースです。また、これらのチェックは自動化された独自のシステムで自動で行われています。

このシステムはコピペの有無だけではなく、他の内容もチェックします。主にここでチェックされるのは次の通りです。

  • 指定されたキーワードを使用しているか
  • 同じ内容が繰り返されていないか
  • 既定の文字数を超えているか
  • コンテンツの重複チェック

文章の言葉のチェック

自動のシステムではわかりにくいライターごとの言葉遣いや独特の言い回し。これらはサグーワークスに属するチェッカーが目視でチェックしています。サグーワークスに在籍しているチェッカーは20名以上。サグーワークスの社内ワーカーと、契約している社外チェッカーのダブルチェック体制がサグーワークスの高品質の記事を支えています

主にここでチェックされる内容は次の通りです。

  • 文法や言い回し
  • 誤字脱字
  • 担当したライターが過去に低品質な投稿をしていないか

コンテンツの内容そのものチェックもある

もちろん、サグーワークスにはコピペ、文法だけでなく、内容そのもののチェックもあります。サグーワークスの内容チェックは3つのレベルに分けられ、別々の人が担当しています。

  • 一般常識レベル
  • web検索が必要なレベル
  • 専門性が必要なレべル

こちらの内容チェックもサグーワークスの社内ライターと、契約した社外ライターが2重にチェックしています。信頼性がありますね。チェックを担当するサグーワークスの社外ライターは、個人情報などを照合した信頼できるライターです。

専門性が必要なレベルのチェックは、追加料金が必要なオプションです。

サグーワークスの記事はSEOにも強い

サグーワークスに記事はSEOに強いと言われています。ここではサグーワークスで行われているSEO対策について説明していきます。

サグーワークスの記事がSEOに強いのはなぜ?

サグーワークスではSEOに強い記事が提供されています。サグーワークスの記事がSEOに強いのは、運営による強力なバックアップがあるからです。

サグーワークスを運営しているウィルゲートはSEOを用いたマーケティングを主に行っている会社です。

サグーワークスのSEO対策は、3つのステップに分けられます。

    1. 想定される検索キーワードの洗い出し
    2. 競合サイトと比較したキーワードの選定
    3. 検索エンジンに評価されやすい記事の企画

SEOを重視したい場合はオーダーメイドプランがお勧め

サグーワークスに記事を依頼する方法は二つあります。内容を詳細に指定するオンライン発注プランと、細かいサポートが受けられるオーダーメイドプランです。細かいSEO対策は、オーダーメイドプランでないと受けることが出来ません。その分オーダーメイドプランは文字単価が高く、最小発注数は決まっています。詳しくは以下の画像で説明しています。

記事数が少ない場合は、発注するためにある程度、SEO対策をする必要があります。

サグーワークスに記事を依頼したときの費用はどれくらい?

ここでは、サグーワークスに記事を依頼するとどれくらいの費用がかかるのか、解説していきます。

事前に記事の内容を決めて発注する場合

事前に記事の内容を決めて発注するオンライン発注プランの場合、文字単価は1円前後です。スキルの高いプラチナライターに頼む場合は3円以上になります。プラチナライターについては後で解説します。例えば、コラムや商品紹介などは500文字前後で記事単価は500円程度、通常の記事1つで2000文字前後で2000円程度です。オンライン発注の場合、以下の事項を決めておく必要があります。

  • 記事の構成
  • 使ってほしいキーワード
  • 記事を執筆する上での注意事項
  • 必要な文字数

サグーワークスのオンライン発注の場合は、サグーワークスの公式ホームページで自動で見積もりが可能です。

記事の内容の提案からしてもらうオーダーメイド発注の場合

ここでは、記事の内容の提案やSEO対策が可能なオーダーメイド発注の場合の場合の費用について説明します。

オーダーメイド発注の場合は合計30万円以上からの発注になります。

少なくとも30万円はかかるということを覚えておきましょう。文字単価はライターのランクに応じて1円から5円以上まで上がります。例えば、以下のような費用が掛かります。

  • 体験に応じた商品コラムの場合は15000円~
  • SEO対策に基づいたインタビュー記事は38000円~
  • 専門家によるコラムは40000円~
  • 法律などのレベルの高い専門家の記事は60000円~

また、オーダーメイド発注の場合はたくさんの有料オプションがあります。オプションの値段は作業量によって変動するので具体的な値段が知りたい場合は見積もりが必要です。依頼することのできるオプションは以下の通りです。

  • 画像素材の提供
  • 1ライターあたりの投稿数の制限
  • 体験談を執筆するライターの性別の指定
  • 審査に合格したエディターによる校閲
  • ライターの年代の指定
  • 参考にした記事やダウンロードした画像のURLの提示
  • 納品のフォーマットの指定
  • ライターへの写真撮影の依頼
  • サーバーへの直接アップロード

多くのオプションがあり、高品質の記事が依頼できることがわかります。

サグーワークスの費用は他のクラウドソーシングと比べると高い?

サグーワークスの費用が他のクラウドソーシングより高いかどうかは気になるところです。一般的にサグーワークスの料金は他のクラウドソーシングより高いと言われています。その理由は、サグーワークスの記事は少なくとも文字単価は0.7円はかかりますが、他のクラウドソーシングには文字単価0.5円以下の案件も多く存在するからです

サグーワークスは他のクラウドソーシングとは違い、ライターとの連絡やチェックを運営が代行してくれたり、文字単価によるライターのスキル保証もあります。

サグーワークスは他のクラウドソーシングよりは費用は高くなりますが、その分記事のチェックやライターとの連絡を代行してもらえます。

サグーワークスの記事の品質はライターのランクで違う

サグーワークスでは他のクラウドソーシングとは違い、ライターがスキルごとにランク分けされています。どのランクのライターに仕事を頼むかで、文字単価が大きく変わってきます。

テストに合格した人だけがなれるプラチナライター

サグーワークスのプラチナライターはオンライン発注でも文字単価は最低3.0円、オーダーメイド発注では最低4.5円かかります。プラチナライターはサグーワークスの中でも最も執筆スキルが高いランクで、専用のテストに合格した人が選ばれています。

サグーワークスのプラチナライターテストで出題されている内容はこの通りです。

  • ルールに沿って記事を執筆する問題
  • 記事の見出しやタイトルを考える問題
  • 記事の流れを考える問題

プラチナライターテストは2~3時間かかる難しいもので、合格率は低いと言われています。しかし「ライター未経験でも合格できた」「サグーワークスをはじめて1カ月で合格できた」との声もあります。サグーワークスのオーダーメイド発注ではトライアル発注が可能なので、そこで品質を確認することも可能です。

オーダーメイド発注でもトライアル発注は合計30万円以上の制限はありません。

ルールをしっかり守ってくれるゴールドライター

プラチナライターの次に文字単価が高いのはゴールドライターです。文字単価はオンライン発注では最低1.5円、オーダーメイド発注では最低2.3円かかります。サグーワークスのゴールドライターは「一球入魂タスク」という執筆ルールを重視する仕事の承認率が80%以上のライターです。

ゴールドライターに依頼すれば、ルールに沿った記事が期待できます。

単価が最も安いレギュラーライター

最後に、一番単価が安いレギュラーライターについて説明します。レギュラーライターの文字単価はオンライン発注では最低0.7円、オーダーメイド発注では最低1.2円です。レギュラーライターには条件がなく心配かもしれません。しかし、レギュラーライターでも注文したルール通りに記事が執筆されているかのチェックがあります。

レギュラーライターでもチェック体制が整っているので最低限の品質は保証されます。

サグーワークスの評判を紹介

ここでは、サグーワークスの評判を紹介します。

ゴールドライターの記事は微修正だけで掲載できるレベルで助かった。
結果的にサイトへの流入が1.5倍に成長した。
支払った金額と、ライターに募集する金額を比較すると、半分くらい手数料で引かれていた。
納品までが1ヶ月近くかかり、値段が高く感じた。
評判を見ると、サグーワークスは記事の品質が高い分、審査が長かったり、料金が高めであることがわかります。

まとめ

ここまでの内容をまとめます。

  • サグーワークスの記事はチェック体制が整っており、品質が高い
  • 料金に応じて、SEO対策やスキルの高いライターに発注することが可能
  • オーダーメイド発注では細かいオプションが指定できる

いかがでしたでしょうか。サグーワークスでは、料金に見合ったサービスが提供されています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 


>>詳しくは画像をクリック!


・クラウドソーシングサイトに登録したけどぜんぜん稼げない・・・
・月に5万円でもいいから副業で稼げたらいいのに・・・
・在宅で大きな金額を稼げるようになりたいけどそどうしたらいいのか・・・
・怪しい副業などではなくて、堅実に稼ぐ方法を知りたい・・・
・副収入を得て、もっと生活を楽にしたい・・・

もしかしたらあなたは、このようなことで悩んでいませんか?

 

もしクラウドソーシングサイトなどの副業でしっかりと稼ぎたいのであれば、
「スキル」をしっかりと身につけることで解決します。

 

そして、そのスキルを身につけるための講座を無料で行っています。

 

お金に縛られないストレスフリーな毎日を手にしてみませんか?

→【今だけ受講無料!】副業で堅実に月5万円稼ぐための講義の詳細はこちら

 

サグーワークス
koikeをフォローする
クラウドソーシングのやさしい教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました