【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

サグーワークスは電話の問い合わせがない理由とは?在宅ワークのマナーを解説します

サグーワークス

サグーワークスで作業をしている途中でどこに問い合わせたらいいのか分からない!

サグーワークスで必要なマナー&ルールは何を守ればいいの?

サグーワークスなどのクラウドソーシングでトラブルに合わない対処方法は?

 

この記事を読まれているあなたはこんなふうに思ってはいませんか!?

 

そこで今回は、「サグーワークスが電話問い合わせをしていない理由、フリーライターとしてマナー&ルール、サグーワークスなどのクラウドソーシングでトラブルの対処方法」について解説いたしました。

ぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

サグーワークスが電話での問い合わせをしていない理由は!?

サグーワークスが電話での問い合わせをしていない理由について紹介します。

  • 電話よりもメールやチャットワークの方が便利
  • 土日祝日は連絡がとれない

について説明します。

 

電話よりもメールやチャットワークの方が連絡が便利

わからないことや案件の不備を見つけたらサグーワークスにメールやチャットワークで連絡しましょう。

サグーワークスは電話での問い合わせはしていないため、メールアドレスの登録を忘れずに。

 

そのまま記事を書いていても承認されずに投稿できない可能性があるため、時間を無駄にしないために問い合わせしましょう。

お問い合わせの連絡は、メールやチャットワークができ、お互いの時間が合えば、電話のようにスムーズに話を進めることができます。

チャットワークで問い合わせをしたが、何も連絡がこないときはメールをしましょう。

 

土日祝日は連絡がとれない

チャットワークは毎日サグーワークスで働いている人達が確認しています。
チャットワークは便利ですが、土日祝日はサグーワークスが休みなので返事はきません。

平日の夜にチャットワークで連絡をしてもメールがくるのは返ってくるのは、土日祝日が終わってからなので注意が必要!

 

また、サグーワークスの方とのやり取りは対応が丁寧なので、安心してお問い合わせができます。

メールやチャットワークでのやり取りは顔が見えないため丁寧にメッセージを書くことを忘れずにしましょう。

 

サグーワークスでフリーライターとして必要なマナー&ルールは?

サグーワークスで必要なマナー&ルールについて紹介します。

  • ビジネスメールを覚える
  • 連絡がきたらすぐに返信する
  • 言葉遣いに気をつける
  • 依頼を断るときのマナー
  • 納期に間に合わなかったときの対処方法
  • 電話に出れなかったときの対処方法

上記6つについて説明します。

 

ビジネスメールを覚える

webライターの仕事は、ソーシャルサイトを通じて仕事を依頼してもらう、HPやブログを書いてほしいときは会社から直接仕事を依頼されると思います。

また仕事の納期はいつまで、内容はどんな感じで書く、文字数はどのくらい執筆するのかなどを依頼者と打ち合わせをすることが大切です。

依頼者とのやり取りは電話でもできますが、webライターと依頼者が時間を合わせて電話することは難しいです。

電話での連絡は難しいが、チャットワークなどの便利な機能があれば、お互いに都合が良いときにメッセージを送ることができます。

webライターで仕事をするときは、メール連絡はとても大事なもので、継続して仕事を受けるときはメールでコミュニケーションをとりましょう。

「ビジネスメール」を依頼者に送るときは、「こんにちは、元気?」などの友達感覚な言葉は遣わない方がいいです。

 

ビジネスメールの挨拶は、「お世話になっております。」という言葉を遣い、初めてやり取りをする相手には、「はじめてご連絡いたします。○○と申します」や「突然のメールで失礼いたします」といった言葉を遣いましょう。

普段から付き合いのある相手に、「平素よりなにかとお心にかけていただき…」と言った言葉より、「お世話になっております。」といったシンプルな言葉を遣うようにしましょう。

 

連絡がきたらすぐに返信する

フリーライターのお仕事の依頼は、メールで送られてくるため、メールの内容を確認したらお仕事を受ける、受けないか決めるなどのお仕事の依頼メールは、早めに返信することを忘れずに!

早めに返信をしないで何日も考えてから連絡すると、違う人と契約していることが多いため気になる案件ならすぐに連絡をしましょう。

 

返信がないと連絡がとりにくい人と依頼者に思われてしまうため、注意が必要です。

メールはすぐ連絡して、遅くてもそのひにメールを返すことが、フリーライターのマナーです。

 

言葉遣いに気をつける

メールでのやり取りの多い仕事だから言葉の使い方に注意して、何回もやり取りをすると友達に話すような言葉遣いになるのを避ける必要があります。

 

メールでのやり取りは相手の人柄がわかりにくいため、そっけない印象を与えると、メールを読んだ相手が不快な気持ちになる可能性があります。

 

メールの返信内容は必ず文字を打ち込んだ後に読み返してから返信することを忘れずに!

 

依頼を断るときのマナー

メールやチャットツールで仕事の依頼をしたのに、依頼を断るのが嫌でそのまま返信しないのはマナー違反です。

仕事を受けられないときは必ず断りのメールを送り、依頼を受けるときはメールの返信をすぐにしましょう。

またメールの返信をしないでそのまま放置しておくと信頼がなくなる可能性があります。

 

早めにメールの返信をしてお断りしましょう。

 

納期に間に合わなかったときの対処方法

「記事が納期に間に合わない、仕事をもらったができなかった」などがあると思いますが、自己都合で相手に迷惑をかけたときはメールで謝罪をする必要があります。

 

「深く反省しております、謝罪いたします、多大なるご迷惑をおかけして申し訳ありません」といった内容です。

 

謝罪メールは早めに素直に謝ることが大切で、今後納品はいつになるかなどを具体的に提案してみましょう!

 

電話に出れなかったときの対処方法は?

フリーライターのお仕事をしていると、たまにメールではなく電話がかかってくることがあります。

仕事に集中していると電話に気がつかないなど様々な理由があります。

相手からの電話を待たないで自分から折り返し電話をするのがマナーです。

 

迷惑電話が多くて着信拒否をしている人は、電話を自分からかける習慣がないと思います。

仕事先の人から電話があるときは、「留守番電話」に伝言が入っていることが多いためしっかり確認してすぐにかけ直す必要があります。

 

サグーワークスなどのクラウドソーシングで起こるトラブルは?

 

在宅ワークの詐欺に要注意!

クラウドソーシングの詐欺でよくあるのは、登録するために初期費用がかかるのは注意が必要です。

ライターとして文章を書くために、パソコンやソフトを買わせるのは、典型的なパターンですが在宅ワークは無料で利用できます。

サグーワークスなどの会社から登録料や教材費を請求されません。

 

入会金、教材費、紹介料などの費用を請求されたらお金を支払う前に、国民生活センターに相談することをおすすめします。

 

またライティングに関する在宅ワークの仕事は、求人情報サイトや「サグーワークス」のようなクラウドソーシングで探せます。

 

高い報酬をもらうことができるサイトも注意が必要です。

しかし、実績がある登録者数が多いサグーワークスなどのクラウドソーシングでは、登録費用や通信教育の強要などはありません。

記事を書くためにライターが初期費用という形でお金を支払うことは全くありません。

怪しい会社から連絡がきたときは、会社名をネット上で調べてみると悪徳なコメントが見つかる可能性が多いため注意が必要です。

 

少し単価が安くても実績がたくさんあるサグーワークスなどのクラウドソーシングなどを利用しましょう。

私は実績があるクラウドソーシングに登録したが、 初めての仕事だったため何も実績がない依頼者からメールがきていました。

仕事内容はスマホで文字を入力する作業と書いてありましたが、実際は全く知らない人からの講習を2~3時間話をSkypeなどアプリを使ってお話がありました。

また初期費用を支払うだけではなく、そのサイトの商品も購入しなくてはいけないというとんでもない内容だったので断りました。

 

実績があるクラウドソーシングの中でもたまにスマホで簡単に記事が書けますなどで募集をかけているため、注意が必要です!

 

契約内容と違う案件だった?

依頼された仕事は、早めに対応することが大切ですが、案件に取り組みはじめると認識と違うことがあります。

以前したお仕事はブログ記事の依頼でしたが、実際はメルマガに登録してメルマガを読んだ感想をブログ記事にする仕事内容でした。

メルマガの登録は契約してから伝えられた内容だったので、記事作成にとりかかる前に辞退したいと申し出たようです。

お互いの認識の違いは、コミュニケーションが足りなくて起こることなので、仕事内容は細かい部分まで確認してから契約するように心がけましょう。

 

業務委託やそれぞれの業者と個別に契約をするときは特に注意が必要!

 

トラブルに巻き込まれない対策方法は?

サグーワークスなどのクラウドソーシングなどで、トラブルに自分自身が巻き込まれない対策方法について説明します。

 

広告に惑わされない

クラウドソーシングなどのお仕事は、お互いの顔が見えない中で、メールのやり取りをするため詐欺に遭いやすくなるため注意が必要。

また「初心者歓迎、誰でもできる仕事、月収10万円以上かせげます」などの高い収入も怪しい仕事です。

初めて在宅ワークを始めてもできる仕事で、月に10万円以上稼げる仕事はありません。

高額な金額に目がくらんで仕事を安請け合いすると、とんでもない仕事の可能性があります。

 

信頼できるサイトか確認する

ネットで「Webライター、仕事」と調べてみると、たくさんの表示されます。

たくさんの企業を仲介しているクラウドソーシングや企業が会社のライターを直接募集しているクラウドソーシングもあります。

契約をしたあとに完成した記事内容が悪いなどの理由で単価を下げられる、相手と連絡がつながらないこともあるようです。

初めてクラウドソーシングでお仕事をするときは、信用できるサイトなのかを確認してお仕事に応募しましょう。

 

サグーワークスは会社とライターを仲介しているため安心して利用できますよ。

 

報酬が相場より高い

報酬が相場に比べると高く、必ずや絶対儲かりますなどのうたい文句を見たら怪しいとサイトだと疑いましょう。

また、はじめは何の詐欺に合わなくていくつか仕事をこなした後で、突然豹変する業者もいるようです。

急に難しくて困難な仕事の依頼がきて、受注しないと「キャンセル料」を請求する、依頼者が専用のサイトを立ち上げて費用を負担する請求がきても支払わない。

お金を支払ってしまったら全額お金を取り返すのは難しいため、不当な請求をされたら連絡を無視しましょう。

しつこく請求してくるときは国民生活センターなどに相談してみましょう。

実際に自分が被害に遭うまでにいくつかの兆候があるため、怪しいなと思ったら家族や友人などに相談をしてお金を騙しとられないようにすることが大切です。

 

まとめ

サグーワークスで電話でのお問い合わせをしていない理由は、依頼者とライターが時間を合わせて電話をかけることは難しいからです。

サグーワークスは電話よりもメールやチャットワークなどで疑問点をきくことはできます。

サグーワークスなどのクラウドソーシングでの仕事のやり取りはメールで連絡をするためビジネスマナーを知っておく必要があります。

 

・ビジネスメールを覚える
・連絡がきたらすぐに返信する
・言葉遣いに気をつける
・依頼を断るときのマナー
・納期に間に合わなかったときの対処方法
・電話に出れなかったときの対処方法

 

などを心がけてお互いに気持ちよく仕事ができます。

また、クラウドソーシングなどの副業はトラブルに巻き込まれやすいため、怪しい業者との関わりはもたないようにすることが大切です。

安心して仕事をするためにも実績評価が高いサグーワークスなどの会社を利用することをおすすめします!

 

 

 

 


>>詳しくは画像をクリック!


・クラウドソーシングサイトに登録したけどぜんぜん稼げない・・・
・月に5万円でもいいから副業で稼げたらいいのに・・・
・在宅で大きな金額を稼げるようになりたいけどそどうしたらいいのか・・・
・怪しい副業などではなくて、堅実に稼ぐ方法を知りたい・・・
・副収入を得て、もっと生活を楽にしたい・・・

もしかしたらあなたは、このようなことで悩んでいませんか?

 

もしクラウドソーシングサイトなどの副業でしっかりと稼ぎたいのであれば、
「スキル」をしっかりと身につけることで解決します。

 

そして、そのスキルを身につけるための講座を無料で行っています。

 

お金に縛られないストレスフリーな毎日を手にしてみませんか?

→【今だけ受講無料!】副業で堅実に月5万円稼ぐための講義の詳細はこちら

 

サグーワークス
shonan01をフォローする
クラウドソーシングのやさしい教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました