【初心者必見】シュフティは稼げるのか?稼ぐための戦術を公開

シュフティ

「シュフティは稼げるの?」
「シュフティで稼ぐためにはどうしたらいい?」

この記事を読まれているあなたはこんなふうに思われているかもしれません。

 

そこで今回は、気になるシュフティの口コミから分かったこと、シュフティで稼ぐための戦術など、徹底解説いたしましたので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

シュフティは稼げるのか?

結論から言うと、ご自身の仕事ができる時間、選ぶ案件によって変わってきます。

 

おすすめは、高単価傾向にあるプロジェクト案件ですね。
さらにクライアントから「信頼」を得ることができれば、継続してお仕事をもらうことも可能となってきます。

 

特に初心者の方は慣れないと思うのでまずは経験を積むことから、つまり実績を作ることから始めることが大事になってきます。

 

 

気になるシュフティの平均収入に関してはこちらの記事をどうぞ

【暴露!!】気になるシュフティの平均収入はどれくらい?稼げない?
「シュフティって稼げるの?」 「シュフティで平均どのくらい稼げる?」 この記事を読まれているあなたは、こんなふうに思われているかもしれません。 そこで今回は、気になるシュフティの平均収入、シュフティでの高単価を狙う稼ぎ...

 

シュフティは稼げるのか?残念な口コミまとめ

気になるシュフティの残念な口コミをまとめてみました。

シュフティは単価が安い

Aさんは単価について話されています。

 

主婦向けということもあり、単価が安い。
同じような作業(ブログ記事作成など)でも、ランサーズなどより20〜50円程安かったりもする。
その代わり、主婦ならではの仕事もあり(インタビューや座談会、モニターなど)、
家事の合間で楽しんでできるものが多く、高額ではないが楽しんで稼ぎやすい。

 

楽しみながら稼ぎやすいというのは、主婦の方にはありがたいことです。
ただ、単価が安いんですね。
さらに他のクラウドソーシングサイト、例えばランサーズと比較しても安いようです。

 

それなら条件の良いランサーズを選ぶな。

シュフティは初心者向けのクラウドソーシングサービスだと思います。
なので、初めてのクラウドソーシングであるなら、ハードルが低くて取り組みやすいと思います。

 

仕事にも慣れてきて長期的な稼ぎを目指すのであれば、他のクラウドソーシングも視野に入れることも可能です。

 

例えばライティングですと、長期的な目線で稼ぎたいと思うのであれば、最初の単価は安すぎますが育ててくれるようなクライアントを探すといいでしょう。
記事の添削をしてくれるような方の元で学ぶのがおすすめです。

 

ちなみに私は何回も添削をしてもらいました。本当にダメダメだったんですよ。
そんな私も今ではクライアントからお声がかかると嬉しいです。
振り返ると、添削の力は大きかったなと思っています。

 

ライティングの力がついてくると、どの分野の記事でも書けるようになりますし、仕事の幅が広がります。
幅が広がると色々な案件も受注できますから、報酬も増えていきますよね。

 

 

ライティングを例に話してきましたが、おすすめは「プロジェクト案件」を取れると良いです。
ただ条件が良い分、すぐ募集停止になってしまうので、常にシュフティで新しい仕事をチェックする必要があります。

 

初めは仕事に慣れるということを考えるのであれば、タスク案件は単価が安いですが、数をこなすことでシュフティで稼げた!ということを体感できますよ。

 

シュフティだけで稼ぐのは難しい

Bさんの口コミです。

 

やりがいを感じるまでにはいかず、続けにくいと思う。
がっつり稼ぐというにはシュフティだけでは難しいと感じた。
スキルがある人も、それを生かせる案件はあまり多くないため、他のサイトの方がいいと思う。

 

先ほどの単価の話と被りますが、シュフティでの仕事に慣れてきたら、他のクラウドソーシングも視野に入れていくと良いと思います。

ただ、クラウドソーシングって初めてで不安!という方には、シュフティは初心者向きと言えます。

 

手数料が引かれて報酬が少なくなる

続いてCさんの「手数料」に関する口コミです。

 

1件の仕事単価が小さいのは内職なので当然だが、換金手数料が高額なので結構な数をこなさないと1円にもならない。
またクライアントとの受発注は直接のやりとりに近い雰囲気があって、仕事内容の難しい・簡単に関わらずストレス・緊張感が付きまとう。
作業の単価に見合わない緊張感だった。
これであれば、アンケートサイトにでも登録したほうがいくらかマシであるし安心感もそちらの方がある。

 

シュフティではお金を換金する際に、振込手数料がかかってしまうんです。
さらにシステム利用料もかかります。

 

引かれることを考えると、Cさんが言うように案件の数をこなす必要がありますね。

 

ちなみに手数料やシステム利用料っていくらですか?

 

・口座振込手数料は一律:550円
・システム利用料:報酬額の10%

 

換金の際にかかるお金の節約術はこちらの記事で解説していますので、どうぞ!

404 NOT FOUND | クラウドソーシングのやさしい教科書
クラウドワークス(Crowd Works)やランサーズなど、クラウドソーシングサイトでの稼ぎ方や疑問点について解説しています。

 

シュフティの良かった口コミまとめ

何事にも良い面と悪い面がありますよね。
シュフティは単価が安い、手数料など気になることはありますが、今度は良い口コミを紹介します。

 

プロジェクト案件は報酬が高い

月収が5、000円〜1万円のDさんです。

シュフティには、タスクのほかにクライアント様と直接やり取りをして仕事を進めていくプロジェクト方式というものがあり、プロジェクトの場合は報酬が高単価で、
場合によっては継続的に続けて言うことができるため、不確定なタスクや他社サイトに比べて稼ぎやすく、安定して稼ぐことができるからです。

 

プロジェクト案件は報酬が高めなので人気があります。
応募しても決まるまでに時間がかるのが難点ですが、決まると良い案件になりますね。

 

また、「継続希望あり」と言う案件でしたら、仕事の終了後に希望を出せば、クライアントから続けて次の仕事をお願いされることもあります。

 

しかし、人気のある案件はすぐに募集停止となってしまうので、まめに仕事をチェックする必要があります。

 

スキルが必要ないから初心者でも始めやすい

次の口コミはEさんです。

 

やりとりや仕事を選ぶ上で、経験や判断も必要だが、まずは募集件数と手軽に受注できるということで、クラウドワーキングをはじめてみたい人にはおすすめできると思う。
特別なスキルがなくても、受注できる案件があるので、自分の勉強や経験として登録するにはいいと思う。

 

スキルがなくてもなくてできる案件があるという気軽さです。

 

クラウドソーシングというと、「スキルを持っていなきゃ」というイメージはありますが、シュフティはターゲットが主婦の方というだけあって気軽に始めることができます。

 

自分のペースで始められる

最後は自分のペースで仕事ができたというFさん。

日々更新されるお仕事の種類も多く、自分のペース・やりたい事に合わせて選ぶ事が出来るので、初心者からベテランの方まで幅広くオススメ出来ると感じたので。

 

主婦の方にとっては、自分のペースでできるというのはありがたいですよね。
普段の生活では、家事、育児は避けることはできない。
子ども達がいない間とか限られてきますしね。

 

プロジェクト案件でも、案件の内容によってはクライアントと相談しながら仕事をするということもできます。

 

シュフティで稼ぐための戦術:高単価の案件とは?

シュフティは他のクラウドソーシングに比べると、「データ入力」案件が高単価の傾向にあるようです。
高単価の案件は人気があるので、仕事の詳細をしっかり読んで自分の状況でできそうと感じたら応募してみて下さい。

 

シュフティで高単価を狙うなら「データ入力」

「データ入力・商品登録」のカテゴリーから検索してみて下さい。

例えば、以下のような案件があります。

 

 

タスク案件と比べると単価が雲泥の差ですね!

単価が高いと皆さん、応募に殺到します。
人気があるのもわかりますよね。

 

ちなみに上記2つの案件は「継続発注あり」とあります。

 

改めて、継続発注(プロジェクト案件で)についてまとめますと、
仕事の納品のタイミングで継続してのお取引を希望する意思表示ができます。
それを受けて、クライアントが継続発注を検討します。

 

 

仕事が認められたら、他の仕事を探さなくていいし、
その仕事に集中して取り組めますね。
「継続発注あり」はチェックしてみます!

 

他にもありますよ。

 

 

こちらはプロジェクト案件のみだね。
でも、報酬額がやっぱり高い。

データ入力は単純作業ですが、コツコツできる人には向いていますね。

 

応募する際は、仕事の詳細をしっかり読んで下さい。
自分ができる時間帯、作業内容などのチェックが大事です。

 

仕事の詳細を丁寧に書いているクライアントは安心して
応募できますね。

雑だと、相手が見えない分、不安だし、胡散臭さも感じるよね。

 

データ入力案件を検索してみて下さいね。

 

ちなみに、ライティングはどうでしょうか?

 

次はシュフティでのライティングについて解説していきます。
読み進めて下さい。

 

シュフティで稼ぐための戦術:ライティングは1文字あたりの単価に注目!

データ入力の他に、シュフティのライティングで稼ぎたいという方もいます。
ライティングの案件を受注する時の「推奨単価」について解説していきます。

 

結論からいうと、1文字あたりの「単価」に注目してみて下さい。

 

シュフティでのライティングの推奨単価を参考にする

ライティングの案件を見ると、1文字あたりの単価が0.1円、0.2円とかなんですよね。

 

仮に1文字あたり0.2円だとしましょう。
2,000文字の記事を書くとすると、

 

2,000×0.2円=400円

 

400円の報酬となります。

 

一生懸命時間をかけた割には、400円かー

 

そこで、シュフティではクライアントが仕事を依頼する際に、これくらいは、、、といいう目安があります。
この推奨単価を参考にしてほしいのです。

 

■ 体験談 0.4円/字
   自身の体験を基に作成する文章

■ リライト 0.4円/字
   既存の文章をルールに従い書き直す作業

■ 自由テーマの執筆 0.4円/字
   「ざっくばらん」「日常のことを書いてください」といった自由なテーマでの依頼

■ レポート・説明文作成(専門性高め) 1円/字
   ・専門的知識(有資格者のみ書ける)を伴う文章
・報告書、レポート形式のお堅めな文章

■ テーマに沿って調べて書く 1円/字
   クライアントが指定するテーマに沿い、ワーカーが調査(リサーチ)して作成する文章

参考:シュフティ「カテゴリごとの単価の推奨単価について」より一部抜粋

 

目安としては、1文字当たり0.4円以上ほしいところです。

 

ブログ記事を作成するライター案件
こちらは、2,000文字で1,500円の報酬でした。

 

この案件は美味しい案件でしょうか?
どう思いますか?

 

計算してみると、
1,500円÷2,000文字=0.75

 

1文字あたり0.75円ですので美味しい案件ということが、単純に数字からわかりますよね。
注:あくまでも数字上です。

 

自分の体験だとは違って「リサーチ」しないと書けないものもありますよね。
そういう時は、書く時間以前に調べる時間もかかりますが、、、。

 

それはありますよね。
ちなみに私は記事を書く際はリサーチに時間をかけています。

 

 

記事を書く以前にリサーチが必要な場合は、クライアントに「リサーチを伴うライティングは単価を上げてもらえませんか?」という交渉があってもいいと思います。

 

 

クライアントによっては、リサーチを伴うようなライティングは、1円以上狙えるかもしれません。
言わないよりは言ってみる価値はあると思います。

 

 

ライティングはやってみたいけど、
他にも在宅ワークでライティングはあるのかな?

 

最後に在宅でできる「ライティング」のクラウドソーシングを参考までに紹介します。
その前にそう少しシュフティで稼ぐための戦術の解説をしますね。

 

シュフティで稼ぐための戦術:アピールしよう

最後の戦術は、自分をアピールしようというものです。

ここでは、

・プロフィールの書き方
・応募メッセージの書き方
・クライアントとの信頼を得るための「本人確認」
・継続して仕事をもらえるように「パートナー申請」

と、4つの話をしていきます。

案件受注のテクニック1〜プロフィールを充実させよう

プロフィールで大切なのは、クライアントに自分の情報を伝えることです。
プロフィールを丁寧に書くことで「信頼」につながります。

 

ネットでもリアルと同様「信頼関係」を築くことは大切です!

次の3つのポイントを意識してプロフィールを作成してみて下さい。

まず1つ目です。

 

<ポイント1:PRの情報はできる限り具体的に書く>

・どういった人柄なのか

・仕事に対してどういった姿勢をアピール
・今までどんな仕事の経験

 

2つ目は、

<ポイント2:経験職種・スキル>

これまでに経験した職種やスキルがあれば、プロフィールページから登録しておきましょう。
仕事に合った経験やスキルがあれば、クライアントも仕事を依頼しやすくなります。

 

最後のポイントは、こちらです。

 

<ポイント3:作業環境の記載>

仕事の約半数は、PCを使った作業がメインになります。
PC環境や利用可能ソフトなどを記載しておくと、発注者にとっては非常に参考になります。

 

パソコン環境をクライアントに事前に話しておくことは必要です。
せっかく仕事を受注することができても、データを見ることができなくて困ってしまったワーカーさんがいました。

 

案件受注のテクニック2〜応募メッセージを丁寧に書く

応募メッセージの書き方も参考にしてみて下さい。
いくらネット上で相手が見えないとはいえ、信頼や安心を得ることは、応募メッセージでも大事になってきます。

 

2つのポイントを話していきますね。

 <ポイント1:応募時のメッセージを丁寧に書く>

・挨拶や冒頭に「担当者様」といった書き出しから始める。
・仕事に対しての意気込みや、過去に類似の経験があれば記入する。
・目安でいいので、大体どれくらいで作業が完了しそうかわかる範囲で日数や時間を記入する。
・大体で良いので作業できる曜日時間帯やパソコン環境、メッセージに返信できる時間帯などを記入する。

 

2つ目は、こちら。

 

<ポイント2:受け答えを大切にする>

基本的にはクライアントとのやりとり、意思の疎通が大切です。
一方的な自己アピールだけで終わるのではなく、仕事の詳細にもしっかり目を通して、
クライアントに返事を書くつもりで、応募メッセージの内容を考えることも大事です。

 

履歴書と同じように自分をアピールすることは大事だし、
目の前にクライアントがいるような気持ちで丁寧に書くことは大事だなと思いました。

そう思います。
いい意味で手間をかける必要性はありますよね。

 

クライアントとの信頼を得るための「本人確認」をしよう

シュフティはインターネット上で仕事のやり取りをします。
クライアント、ワーカー共に基本的に顔が見えません。

 

そこでシュフティでは、お互いの信頼を保証する「本人確認」という制度があります。

 

これはクライアント側のものですが、上記のように「本人確認済み」となっています。

 

これはワーカー側も同じで「本人確認」を済ましておくと、以下のようなメリットが考えられます。

・仕事の承認率が高くなる
・報酬額がアップする
・仕事を紹介してもらえる

 

ちなみにクライアント側も「本人確認」するかしないかで、
応募数が変わってくるという話も聞きました。

 

ちなみにどのように本人確認をするんですか?

 

 

個人の方

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 住民基本台帳カード
  • 障がい者手帳
  • パスポート
  • マイナンバーカード

上記申請書類より「いずれか1点」をご提出いただきますようお願いいたします。

※裏面に記載がある場合、裏面もご提出ください。
※マイナンバーカードをご提出の場合、必ず「マイナンバー」は伏せてご提出ください。
※海外にお住まいの方の本人確認資料は、上記英語表記のもののみ対応いたします。

参考:シュフティ「本人確認を行う」より一部抜粋

 

本人確認をすることで、

  • なりすまし
  • 個人情報の悪用

これらを防ぐことができ、仕事を募集している側のクライアントからの評価も高まります。

 

本人確認は事務局に公的書類を提出することで、シュフティの事務局から「この人の情報は正しいです」とお墨付きをもらえるということです。

 

事務局に提出することで、この人は信頼のおける人ですよって
証明してもらえるんだね。

ワーカー、クライアント共にどのような人に仕事を頼みたいですか?
どのような人から仕事を請け負いたいですか?って考えたら、
やっぱり信頼のおける人からってなりますよね。

 

継続して仕事をもらえるように「パートナー申請」を利用する

 

パートナー申請に関しては、前段の方でもちらっと話していたのですが、改めて解説します。

 

クライアントさまが、継続的にお仕事を依頼したいワーカーさまをパートナーとして申請することができます。
ワーカーさまは自由に承認したり断ることができます。

お仕事がなくても連絡を取り合うことができる

クライアントさまは、パートナーになったワーカーさまと「パートナー連絡ボード」を作成することができます。
パートナー連絡ボードは、いつでも連絡を取り合うことができます。
※報酬の支払い・受け取りはできませんので、ご注意ください。

お仕事の相談、受注がしやすくなります

クライアントさまはお仕事の相談がしやすくなります。
ワーカーさまは相談を受けることで、そのまま受注に繋がるなどお仕事を受けやすくなります。

パートナー限定公開のお仕事が登録できます

クライアントさまはパートナーのみにお仕事を公開することができます。
選ばれたワーカーさまだけが見積り提出をできますので、通常のお仕事よりも受注しやすくな

 

シュフティ「パートナー機能とは」より

 

ちょっと長い文章ですが、これはクライアント向けのものなのですが、クライアントがまた仕事をしたいという時に「パートナー申請」というものがあります。
もちろんワーカーは断ることもできます。

 

 

この依頼を受けると、継続して仕事がもらえますし、単価の交渉もできますよね。

 

 

最後に、先ほどライティングで話していたシュフティ以外のライティングに関してのクラウドソーシングサービスの紹介をします。
読み進めて下さい。

 

シュフティ以外の在宅ワーク:ライティングのクラウドソーシングサービスを紹介

クラウドソーシングサービスは、シュフティ以外にもあります。
シュフティの仕事に慣れてきたら、他のクラウドソーシングサイトも登録してみて下さい。

 

クラウドワークス

 

出典:クラウドワークス

 

日本最大級のクラウドソーシングサービスです。
エンジニアやデザイナーの仕事、ライティングなど多数の仕事があります。

 

ライティングと言っても、

・キャッチフレーズ、コピーライティング
・名前募集
・ブログ記事作成
・レビュー、口コミ
・記事、webコンテンツ作成
・文書作成
・編集、校正、リライト
・セールスコピー、セールスレター

など、全部で11種類の仕事があります。

 

ランサーズ

 

出典:ランサーズ

ランサーズもクラウドワークスと同様、大手のクラウドソーシングサービスです。
こちらもライティング案件は豊富にあります。

 

ランサーズのライティングは大きく分けて、
・ライティング
・ネーミング、コピー
・編集、校正

の3つから仕事を探すことができます。

 

ランサーズのライティングもクラウドワークス同様、かなりの数の案件がありますよ。

 

サグーライティングのプラチナライター

出典:プラチナライター

 

日本の求人サイトでライティングに特化した「サグーワークス」のプラチナライターです。
独自のテストに合格すると「プラチナライター」になることができます。

 

ちなみにプラチナライターになると、こんなメリットが!

<プラチナライターの5つのメリット>

1、高単価の案件に応募できる
2、クライアントとの調整が不要
→サグーワークス運営事務局がまとめて引き受けるので、テストに合格した瞬間から、仕事が可能。
3、自分の予定に合わせて自由に記事を書くことができる。
4、クライアントや運営事務局から指名が来ることもあります。(単価が高め!!)
5、運営事務局の手厚いサポートを受けられる。

 

 

プラチナライター攻略法はこちら

 

Shinobiライティング

出典:Shinobiライティング

 

ライティング専門のクラウドソーシングサービスとなります。
未成年でも登録可能。
shinobiライティングでは体験談・コラム・紹介文などの仕事がメインとなっています。

 

 

しかし、Shinobiライティングは手軽に作業ができるのが利点なのですが、案件が少ないと言う難点があります。

 


プロジェクト案件も少ないですし、いい案件が出たとしてもすぐ埋まってしまうのが残念。
なので日頃から案件のチェックが必要です。

 

まとめ:シュフティは稼げるのか?稼ぐための戦術を公開

まとめると、シュフティは稼げるのか?ということですが、それぞれの仕事にかけられる時間、案件によって稼ぎ方は変わってきます。

 

シュフティで比較的高単価の高単価と言われる案件は「データ入力」です。
他、気になるライティングについても話をしてきました。

 

シュフティでの仕事に慣れてきて、さらに稼ぎたいのであれば他のクラウドソーシングサービスも視野に入れておくこと良いですね。

 

 

当サイトでは、他のクラウドソーシングサーービスについての記事もありますので、気になる方はぜひ「ブクマ」して教科書がわりに読んでみて下さい。

 

クラウドソーシングのやさしい教科書 | クラウドワークス(Crowd Works)やランサーズなど、クラウドソーシングサイトでの稼ぎ方や疑問点について解説しています。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました