【暴露!!】気になるシュフティの平均収入はどれくらい?稼げない?

シュフティ

「シュフティって稼げるの?」
「シュフティで平均どのくらい稼げる?」

この記事を読まれているあなたは、こんなふうに思われているかもしれません。

 

そこで今回は、気になるシュフティの平均収入、シュフティでの高単価を狙う稼ぎ方などを徹底解説いたしましたので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

気になるシュフティでの平均月収入を暴露!

「シュフティを始めたいけど稼げるのかな?」
「どうせ稼げるのは一部の人だけでしょ?」
「でもお金がほしいから気になるー」

と考えている方は多いのではないでしょうか?

 

稼いでいるのはスキルを持ってるとか、
知識があるとか、
そういう一部の人たちだけだよね。

 

その疑問を解決すべく、シュフティで稼がれている人の平均収入を調べてみました。

結論から言うと、仕事の選び方で報酬は変わってきます。

 

10代Aさん:シュフティでの平均月収入5,000円〜10、000円

 

Aさんのシュフティでの平均収入は、5,000円〜10,000円です。

 

シュフティでの稼ぎやすさはどうですか?

 

シュフティには、タスクのほかにクライアント様と直接やり取りをして仕事を進めていくプロジェクト方式というものがあり、プロジェクトの場合は報酬が高単価で、場合によっては継続的に続けて言うことができるため、不確定なタスクや他社サイトに比べて稼ぎやすく、安定して稼ぐことができます。

 

気になるキーワードが出てきました。
プロジェクトの案件が高単価。
場合によっては「継続」できる。
興味深いですね。

 

シュフティでの仕事については、以下のように話しています。

シュフティには、自分の時間にあった仕事ができるというスタイルがあります。
案件もプロジェクト方式ならば、クライアント様と納期を相談して、自分のペースで進めることができますし、案件も豊富にあります。
長期的に稼ぎたいのであれば、シュフティがおすすめです。

 

相談によっては自分のペースでできるのはいいよね。
主婦の方だと、時間に縛られなくていいかも!

 

40代Bさん:シュフティでの平均月収入5,000円〜10,000円

 

続いてBさんですが、こちらもシュフティでの平均収入が5,000円〜10,000円。

募集件数が圧倒的に多い。 自分の状況に応じた内容や難易度の仕事が選べるので、
スキルの必要ない募集も多く、好きなジャンルの仕事を探して受注しやすい。
タスクだと、見積もりなど不要で手軽にできるものもあるので、初心者にも手が出しやすい。

 

稼ぐことは大事だけど、難易度が高いものを選んでしまうと
精神的にも厳しいですね。
でも、自分にあったレベルの仕事を選んでいけば、
より稼げる可能性も増しますね。

 

それはありますね!
好きなこと、できることなら仕事もはかどります。

 

やりとりや仕事を選ぶ上で、経験や判断も必要だが、まずは募集件数と手軽に受注できるということで、クラウドワーキングをはじめてみたい人にはおすすめできると思う。

特別なスキルがなくても、受注できる案件があるので、自分の勉強や経験として登録するにはいいと思う。

 

特別なスキルがいらないというのは、ハードルが低くて
いいですね。
あとは仕事をやりながら自分の経験値をあげたり、
必要に応じて勉強していけば、
将来的には高単価の仕事をバンバン受注できるかも?

 

40代Cさん:シュフティでの平均月収入3,000円〜5,000円

 

続きました、今度はCさんの例です。
シュフティでの月収入は3,000円〜5,000円。

 

案件が見つけやすい(カテゴリ分けが分かりやすい) 案件が多く、
かつ自分が行いやすい作業が登録されている クライアントとの連絡がとりやすく、
行き違いが生じにくい。
現在でも、1年以上やり取りが続いているクライアントがあり、安定して作業ができるのは助かる。

 

クライアントに信頼してもらえると、
継続的に仕事がもらえるというのは嬉しいですね。

 

案件も多く、各所で紹介されている数も多いので、まず登録しておいて間違いは無いサイトといえる。
特に迷惑メール等で困ることもないので、クライドソーシングを手掛けたいなら
最初に登録しておくことをお勧めしたい。

 

他のクラウドソーシングの敷居が高いと感じている人は、
初心者向けのシュフティから初めてみるのがいいですね。

 

20代Dさん:シュフティでの月収入5,000円〜10,000円

 

4人目の方は、シュフティでの月収入5,000円〜10,000円のDさん。

 

タスク作業が多く初めてでもすぐに作業ができるので稼ぎやすいと思います。
ただプロジェクトになると見積りを出して発注されないと仕事自体ができないのが難点です。
私自身も初めたばかりの頃は見積りをだしても中々発注までいかないので仕事を獲得するのが大変でした。 でもトータルで見た時には毎日新しい仕事が追加されていくので、稼ぎやすいと思います。

 

新しく案件がどんどん追加されていくのはいいと思う。
毎日チェックしなきゃ!!

 

初めての方でもすぐに行えるタスク作業が多くあり、誰でも稼ぐことができるのでとてもオススメです。
プロジェクト作業は発注されるまで最初は大変かもしれないですが、毎日新しい仕事が追加されるし、色々な作業内容があるので、必ず自分にあった作業を見つけることができると思います。

 

プロジェクト案件もそうですが、どの仕事を例にとても最初は慣れるまで
大変ですよね。でも逆に、慣れたら「簡単」ということです。
まずはやって乗り越えていく感じですね!

 

他にもシュフティでの平均月収入を調べてみましたが、1,000円以下の人も見受けられました。
でも、1,000円以下の方達は満足しているんですよね。

 

全くの初心者でも500円でも1,000円近くでも稼げたというのは、大きな成功体験になっていると思います。
この初心者の方達の稼ぎがこれから楽しみです。

 

気になるシュフティのメリット・デメリット

気になるシュフティのメリット・デメリットをまとめてみました。
特にデメリットは気になりますよね。

 

シュフティのメリット

 

<シュフティのメリットまとめ>

・スキル、知識がなくても始められる
・自分にあった仕事を選ぶことができる
・自分にあった時間帯で仕事ができる
・プロジェクト案件は高単価
・クライアントに気に入ってもらえると継続して仕事がもらえる
・案件が多い
・クライアントとの連絡が取りやすい

 

スキル、知識がなくても始められ、自分に都合の良い時間帯で仕事ができるというのは、主婦の方にとっては気軽に始めやすいということです。

 

小さなお子さんがいると幼稚園のお迎え、普段の家事などは避けては通れない時間帯ですからね。

 

それを考えると、自分のライフスタイルにあった仕事ができるというのは嬉しいことです。

 

気になるシュフティのデメリット

 

シュフティのメリットは、スキルがなくても始められる案件があるので初心者には向いています。

 

メリットはなんとなく分かってきたけど、
デメリットはあるのかな?
気になるなー。

 

デメリットは気になるところですよね。
ここでは口コミをまとめてみました。

 

20代
やりがいを感じるまでにはいかず、続けにくいと思う。
がっつり稼ぐというにはシュフティだけでは難しいと感じた。
スキルがある人も、それを生かせる案件はあまり多くないため、他のサイトの方がいいと思う。
40代
短期間、家でどうしても少しでもいいから稼ぎたい人には勧めたい。
でも長期的な収入源としては、時間と労力の割りには見返りが無いのですすめられない。
自分でブログを運営しているとか、Facebookに頻繁に記事を投稿するとか、
その分野が得意な方には効率の良い方法だと思います。
しかし、大抵においては報酬の設定が低すぎると思います。
案件があまり多くなくそもそも仕事を取り付けるのが難しい。
まれに高報酬の案件もあるが、全体的には低額の案件が多く、あまり稼げない。
スキルがある人も、それを生かせる案件は他のサイトよりあまり多くなく、
稼ぐにはあまり向かないと感じた。
1日仕事に応募しても結局1件も当たらず、低額のタスク案件を重ねても数が限られている為、
結局1000円程度にしかならなかった。

 

まとめると、

・単価が安い
・案件が少ない
・仕事の確定までの時間が長い

 

シュフティはスキルがいらない、初心者でも簡単に始められるクラウドソーシングです。
なので単価は他のクラウドソーシングに比べると、仕事の種類、単価などが少ないです。
スキルを持っている方は、クラウドソーシングなどの方がいいと思います。

 

でも、初心者の方にとって、シュフティは誰でも簡単に始められるので、シュフティで「稼ぐ」と言う成功体験を感じ取ることができます。
慣れたきたら、クラウドワークスなどにも登録してみるといいですね。

 

例えばライティングを例にとると、
初心者だと知っていて「育てよう」としているクライアントもいるので
今後、もっと稼ぎたいのであればクラウドワークスなども視野に入れておくと
いいと思います。

メリットもあるけどデメリットもありますよね。
ちなみに、その中でも稼ぎやすい案件ってありますか?

次は気になる、シュフティの中でも稼ぎやすいと言われる案件を紹介します。

 

シュフティで稼ぐには?おすすめ案件を紹介!

シュフティをやるなら、やっぱり稼ぎたいですよね。
少しでも額が大きいと嬉しいことですし。

シュフティでの高単価の案件は「データ入力」です。

 

データ入力は稼げる

 

シュフティのデータ入力は、他のクラウドソーシングと比較しても意外と単価が高い方なんですよ。

 

例えば、以下のような案件がヒットしました。

タスクタイプの案件とは額が違う!

 

他には、

僕もできそう!
800円でも嬉しい。

 

 

1万以上の案件もあるんだね!

 

パッと検索しただけも、データ入力ですと上記のように単価が高めの設定になっています。

 

しかし、人気があるだけにすぐに募集停止となってしまうので、普段からこまめなチェックが必要です。

 

データ入力の他に、ライティングの仕事に興味があるんですが
どうですか?

 

では、続いてシュフティでのライティングについても解説していきますね。
読み進めて下さい。

 

シュフティでライティングはどうなの?力をつけるその方法とは?

稼ぎやす案件として「データ入力」の解説をしてきました。
その時に「ライティングはどうか?」と気になった方もいるはず。

 

結論から言うと、初心者歓迎と言うような案件は厳しいのが現状です。

 

でも、だからと言って「諦めろ」とは言いません。
文章を書くのが好きな人にとっては、例え単価が安くても数をこなせば報酬も積み重なります。
簡単な感想などの案件もありますしね。

 

ライティング力を身につけて稼いでいきたいと言う方には、例えば、クラウドワークスなどは、最初は単価が30円とかかなり低いです。

 

しかし、ライターとして育てようとしてくれるクライアントがいらっしゃいます。
記事の書き方をマニュアル、もっと親切だと添削もしてくれます。
このように「育ててくれる」クライアントの下で学ぶと力がつきますよ。

 

最初は大変かもしれませんが、慣れてきたら知識がつき当然ライティング力も徐々についてきます。

 

一度身につけた力は裏切りません!!

 

身につけた知識を使って、シュフティでも高単価の案件に応募できます。
このような考え方もありですね。
応募する際の「アピールポイント」にもなります。

 

 

ちなみにまだまだ先の話だけど、確定申告が気になるんですけど。
特に主婦の方は、旦那さんの収入もありますし、
気にされているようです。

 

 

次は気になる確定申告について解説しますね。

 

シュフティでの気になる確定申告の話

主婦の方は特に気になるところだと思います。
働いて報酬をもらうわけですら、、、、。
先に基本的なことは頭に入れておくといいと思います。

 

確定申告する必要がありますか?

シュフティの事務局では、以下のような対応です。

お住まいの自治体によって申告の必要/不要の判断が異なりますので、
まずは、担当税務管の方へご確認いただきますようお願いいたします。

※事務局による確定申告の要不要の判断は行っておりません。ご了承ください。

 

参考:シュフティ「確定申告する必要はありますか?」より(一部抜粋)

 

税務署で確認して下さいというスタンスです。
それぞれの状況によって確かに異なりますしね。
確かに税務署に行って、担当者の方に確認をするのが一番です。

 

続いて以下のように回答しています。

確定申告に必要な書類について
シュフティ上のお仕事は、クライアントさまとワーカーさま二者間による
業務委託契約の取引となっております。給料明細や源泉徴収票、支払調書など、確定申告の際に必要な書類につきましては、
直接クライアントさまへご相談いただきますようお願いいたします。
こちらにつきましても、事務局による作成や発行は行っておりませんのでご了承ください。
参考:シュフティ「確定申告する必要はありますか?」より(一部抜粋)

業務委託契約とは?

 

◯業務委託契約
「業務委託契約」とは、自社の業務を外部に委託する契約です。日本の民法には「業務委託契約」という言葉はなく、正確には「請負契約」「委任/準委任契約」といいます。
業務委託契約では、業務を委託する企業(委託者)から引き受ける側(受託者)への指揮命令権は発生しません。
外部で行うべき業務が対象ですが、委託企業とは雇用契約を結ばずに業務を行います。

 

参考:ナレッジソサエティ「1-1.働き方の違い「契約形態」について」より(一部抜粋)

 

普通、会社と雇用契約を結んでいると、確定申告や保険料の支払いなどは大抵の場合は会社でやってくれます。
しかし、業務委託の場合は、それらの管理・支払いは自分で行わなければなりません。

 

シュフティでの仕事は、業務委託契約だと言うことですね。
ここまで理解しました。

シュフティで確定申告が必要な場合とは?

 

確定申告が必要な場合は、以下の2つの場合になります。

 

・給与所得+シュフティでの年間の所得が20万円以上の場合
・収入源がシュフティのみで年間の所得が38万以上の場合

 

1.給与所得者の人:シュフティの年間所得が20万円以上ある場合

 

給与所得者でありながら、シュフティでの1年間の所得が20万以上場合です。

 

給与所得者って、会社で働いているとか、
パートやアルバイトの人も給与をもらってますよね。
そういう人たちのことですか?

 

そんなイメージですね。

 

雇用主から給与をもらっている人が、シュフティでの年間所得が20万円以上ある場合は確定申告が必要になります。
しかし、シュフティでの年間所得が20万円未満であれば必要ありません。

 

2.収入源がシュフティのみの人:年間所得が38万円以上ある場合

 

2つ目は、収入源がシュフティのみの場合です。

 

収入源がシュフティのみで、年間所得が38万円以上ある場合は確定申告が必要になります。
しかし、シュフティーでの年間所得が38万円未満の場合は、確定申告の必要はありません。

 

シュフティで仕事を探す方法

 

シュフティで仕事を探す前に、シュフティでは2種類の仕事依頼タイプがあることを理解して下さい。

・タスクタイプ
・プロジェクトタイプ

 

やっと気になってた「プロジェクトタイプ」出てきた!

シュフティのタスクタイプの仕事とは?

 

タスクタイプの仕事は、

タスクタイプの特徴

  • 応募不要!ワーカーさまはすぐにお仕事スタート可能
  • スキマ時間でできる
  • 依頼したい案件を登録したら、後は納品を待つだけ
  • 出来上がった納品に「承認」「非承認」のジャッジをするだけ
  • データ収集やアンケート回答など、短期間で沢山の納品物を集めたい
  • ワーカーさまに個別で細かい作業指示の必要なし

参考:シュフティ「お仕事の依頼タイプについて」より(一部抜粋)

 

タスクタイプは、応募不要ですぐ仕事が開始できると言うお手軽さがあります。
クライアントとのやり取りが不要で、初心者の方が仕事の雰囲気を掴むにはハードルが低いのやりやすいです。

 

シュフティのプロジェクトタイプとは?

 

高単価の仕事を狙えるプロジェクトタイプの仕事とは、

 

プロジェクトタイプの特徴

  • ワーカーさまは応募をする
  • クライアントさまは、応募内容とスキルや実績を見て、発注するワーカーさまを決められる
  • ワーカーさまとクライアントさま間でシュフティ上で個別連絡が取り合える
  • 納品物に修正依頼をかけられる
  • 報酬額や作業内容、納期などをワーカーさま、クライアントさま間で話し合って決められる
    参考:シュフティ「お仕事の依頼タイプについて」より(一部抜粋)

 

プロジェクトタイプの仕事は、タスクタイプと違い応募が必要です。
クライアントとの仕事の詳細などやり取りが必要になります。

 

仕事をすることで信頼を得ることができれば、継続して使ってもらえる可能性もあるのでやりがいはありますね。

 

まとめると、仕事依頼形式は、

・すぐ仕事ができるタスクタイプ
・クライアントとのやり取りが必要なプロジェクトタイプ

の2つがあるということです。

 

シュフティの仕事の探し方

 

2つの仕事依頼のどちらを受けるか決まったら、いよいよ仕事を探します。
まずは、興味のあるものをクリックして、どんな仕事があるのか検索して下さい。

 

シュフティの画面上にある「仕事を探す」を選択します。
すると左側に検索画面が表示されます。

 

 

継続して仕事を希望する方は、「継続発注」を選択したり、人気のタグのところでは興味のあるタグを選択すると案件が右側に表示されます。

 

例えば初心者の方でしたら
♯初心者歓迎が気になりますよね。

さらにカテゴリーを見てみると7つに分かれています。
興味のあるところを選択することもできます。

 

例えば、「事務作業」のカテゴリーをクリックすると、上記のようにさらに仕事の詳細を見ることができます。

 

最初は色々と興味の分野を検索してみて下さいね。

 

続いて、安全性について解説していきます。
読み進めて下さい。

 

シュフティの安全性は大丈夫?

 

ネットでのやり取りになるので、個人情報の扱いは気になりますよね。
シュフティの登録の際に名前、住所などの個人情報を登録することになります。

 

 

上記のように、名前、住所の詳細など「情報公開はされません」ので安心して下さい。

 

また、シュフティではユーザー間のトラブル防止のため、ワーカーの特定情報を確認することを遠慮するようにしてもらっています。
参考:シュフティ「ワーカーの個人情報・外部サービスのアカウント情報を確認したい」より

 

しかし、仕事の受注後の個人情報をどこまで教えるかは、本人次第となっているので注意が必要です。

 


ワーカー様>ご不安に思われる場合
個人情報をお伝えいただくかはご自身でのご判断となります。
万が一、ご不安に思われる場合は、お仕事へのご応募はお控えいただくことをおすすめします。

シュフティでは、クライアントさまが発注操作を行われますと取引契約が成立する仕組みとなっております。
発注されない状態で作業を開始するよう指示された場合は、
クライアントさまへ、まずは発注操作を行っていただくようお伝え下さい。
※ご対応いただけないクライアントさまがいらっしゃる場合は、事務局までご連絡ください。

参考:シュフティ「ワーカーの個人情報・外部サービスのアカウント情報を確認したい」より

 

シュフティの事務局でも話しているように、個人情報を聞きかれるなど、不安に感じた案件は引き受けないのが一番です。

 

最初から最後まで不安なままだと
仕事にも集中できないですし、
それよりも他の仕事を探す方が精神的にもいいです。

 

他にも外部サイトに誘導するなど悪質な件もあります。

シュフティでは、発注前に個人情報をお尋ねすることを禁止しています。
また、外部サイトへの個人情報入力やユーザー登録を誘引する事を禁止しております。
事務局にて上記を特別に許可することはありません。

 

参考:シュフティ「規約違反のお仕事への勧誘行為にご注意ください」より(一部抜粋)

 

繰り返しますが、不安だなと感じる案件は引き受けないのが一番です。
また、発注前に個人情報を聞こうとする案件は、シュフティでは禁止です。

 

シュフティは正しく使えば安全ですので、色々な案件を探してみて下さいね。

 

まとめ:気になるシュフティの平均収入はどれくらい?

シュフティの平均収入ですが、1,000円以下、5,000円以上、10、000円と、引き受ける案件によって変わってきます。

 

中でも、データ入力は淡々とこなす仕事ですが、案件を見てみると単価は高めに設定している感じです。
なのですごく人気があってすぐ募集停止になってしまいますが、こまめにチェックしているといい案件に出会えるのでチェックしてみて下さい。

 

慣れていたら稼ぎをアップさせるのは、他のクラウドソーシングも視野に入れてみてはどうでしょうか?

 

気になるシュフティの平均収入についての話でした。

 

シュフティでの報酬の仕組みなど、報酬に関することをまとめた記事はこちらです。

【最初に知っておきたい】気になるシュフティの報酬について徹底調査
「シュフティの報酬ってどうなの?」 「シュフティの報酬について知りたい」 と思われているクライアント、ワーカーさんが多いのではないでしょうか? ということで、今回はクライアント、ワーカーさん向けに、 ・シュフティの報...

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました