【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

シュフティとクラウドワークスの違いと共通点を比較!おすすめは?

クラウドワークス

シュフティとクラウドワークスの違いって何?

シュフティとクラウドワークスって結局一緒でしょ?

シュフティとクラウドワークスならどっちがおすすめなの?

 

この記事を読まれているあなたはこんな疑問を持っているのではないでしょうか?

 

そこで今回は、シュフティとクラウドワークスの共通点や違い、どちらがおすすめなのかなどについて徹底解説しました!

 

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

シュフティとクラウドワークスの共通点

シュフティとクラウドワークスは、どちらもインターネット上で仕事の検索から報酬受け取りまでできるクラウドソーシングサイトです。

この2つのサイトには共通点が多くあります。

 

シュフティとクラウドワークスの共通点について解説します。

 

仕事を簡単に見つけられる

クラウドソーシングサイトを利用しない場合、SNSやウェブ検索をして案件を探さなければいけません。

しかし、シュフティやクラウドワークスのようなクラウドソーシングサイトを利用することで簡単に仕事を見つけることができます。

 

また、シュフティとクラウドワークスは大手クラウドソーシングサイトなので案件数が豊富です。

それぞれに強みなどはありますが、仕事が簡単に見つけられるという点では共通点と言えるでしょう。

 

シュフティ とクラウドワークスに登録をしておけば「仕事が見つからない」ということはありえません。

 

仮払い制度が設けられていて安心

シュフティとクラウドワークスの共通点として仮払い制度が設けられていることも挙げられます。

仮払い制度とは、ワーカーが仕事をしたのにも関わらず報酬が受け取れないということを無くす為に作られた制度です。

 

クライアントがサイトに報酬の支払いをしておき、納品と検収をした時点で報酬がワーカーに支払われます。

もし、ワーカーと途中で連絡が取れなくなった場合には仮払い金が返金されるのでクライアントにとっても安心です。

 

この仮払い制度があることによってワーカーとクライアントの双方が気持ちよく仕事ができるようになっています。

 

報酬の受け取り方

クラウドソーシングサイトによっては、銀行振込以外に対応しているサイトもあります。

しかし、シュフティとクラウドワークスでは銀行振込でのみ受け取りが可能です。

 

銀行口座が必要になるのでまだ持っていない人は開設をしておきましょう。

特にクラウドワークスを利用するなら楽天銀行がとてもお得です。

 

 

シュフティとクラウドワークスの評判・口コミを比較

シュフティとクラウドワークスはどちらも大手クラウドソーシングサイトです。

大手であるので良い口コミ・評判もあれば悪い評判・口コミもあります。

 

シュフティとクラウドワークス両方の評判・口コミをご紹介するので参考にしてみてください。

 

良い評判・口コミ

シュフティとクラウドワークスは、どちらも大手クラウドソーシングサイトです。

その為、良い評判・口コミが沢山あります。

 

シュフティとクラウドワークスそれぞれの良い評判・口コミについてご紹介します。

 

シュフティ

シュフティについての良い評判・口コミには以下のようなことが挙げられています。

  • ジャンルがとても多いので、単純作業、面白そうなもの、スキルの必要なもの、経験の活かせそうなもの、自分の得意な分野、などを考慮して、好きな仕事を選べる。
  • 案件も多く、各所で紹介されている数も多いので、まず登録しておいて間違いは無いサイトといえる。
  • 案件が見つけやすい(カテゴリ分けが分かりやすい) 案件が多く、かつ自分が行いやすい作業が登録されている クライアントとの連絡がとりやすく、行き違いが生じにくい

引用:みんなの在宅ワーク・お小遣い稼ぎ

 

良い評判・口コミの中で特に多かったのが案件が多くて見つけやすいという意見です。

シュフティは、主婦向けのクラウドソーシングサービスなので簡単な案件が多く掲載されています。

 

特殊なスキルがなくても受注できる案件が多くあるのが魅力です。

また、隙間時間を有効活用して稼ぐことができるタスク形式の案件も多く掲載されています。

 

忙しい中で稼ぎたい人にはシュフティがおすすめです。

 

クラウドワークス

クラウドワークスの良い評判・口コミは以下のようなことがいわれています。

  • 自分のスキルを活かして稼ぐにはちょうど良いし、案件の数が多いので必ず毎日できる案件が見つかるので初心者も始めやすい。
  • 自分の好きな時間、場所で働けるのは大変働きやすい。周りがどんな環境であろうと、自分さえ良ければ誰にも迷惑をかけずに働ける。
  • クラウドソーシングの中で一番見やすく、仕事も探しやすい。仕事数も多いので本当にオススメです

引用:みんなの在宅ワーク・お小遣い稼ぎ

クラウドワークスにおいても仕事の数が豊富で探しやすいという意見が多くありました。

 

クラウドワークスは、シュフティと比べるとスキルや経験を活かして稼ぐことができる案件が豊富に掲載されています。

希少性のあるスキルや経験であるならばすぐに大きく稼ぐことができるでしょう。

 

クラウドワークスは、これから大きく稼ぎたいと考えている人におすすめです。

 

悪い評判・口コミ

シュフティとクラウドワークスの良い評判・口コミについてご紹介しました。

しかし、どちらのサイトにも悪い評判・口コミがあります。

 

シュフティとクラウドワークスの悪い評判・口コミについてご紹介します。

 

シュフティ

シュフティの悪い評判・口コミは以下のようなことが挙げられています。

  • がっつり稼ぐというにはシュフティだけでは難しいと感じた。
  • 長期的な収入源としては、時間と労力の割りには見返りが無いのですすめられない。
  • 基本的に賃金がお安いお仕事のほうが多いので、がんばれる人にはおすすめという感じです。

引用:みんなの在宅ワーク・お小遣い稼ぎ

ガッツリと稼ぎたい人にはおすすめできないクラウドソーシングサイトという意見です。

 

先ほども紹介した通り、シュフティは主婦をターゲットにしています。

そのため、簡単な仕事が多く掲載されているので比較的単価は低めです。

 

しかし、シュフティには仕事をしたらすぐに報酬が発生するタスク形式の案件が豊富です。

他のサイトよりも単価の高い案件も掲載されているので、忙しい人にとってはとてもありがたいクラウドソーシングサイトでしょう。

 

クラウドワークス

クラウドワークスの悪い評判・口コミでは以下のようなことが挙げられています。

  • 何にもスキルがないと、選べる仕事が限られています。
  • 簡単に稼げるかというと、やはり普通にバイトしたほうが稼げると思います。
  • 特に秀でたスキルの無い人間は、外でバイトでもしたほうが効率が良いです。

引用:みんなの在宅ワーク・お小遣い稼ぎ

 

スキルがない人は稼ぐことができないという意見が多くありました。

クラウドワークスは、特殊なスキルや知識を持っていると大きく稼ぐことができる案件が豊富です。

 

単価の高い案件は、スキルや知識が必要ですが最初は単価の低い案件をこなして少しずつ単価を上げることはできます。

すぐに大きな金額を稼ぐのは難しいですが、スキルを身につけていくことで大きな金額を稼げるようになります。

 

何もスキルがないのならば、初心者向けの案件に応募して報酬を受け取りながらスキルを身に付け、少しずつ単価を上げていく使い方がおすすめです。

 

シュフティとクラウドワークスの違いを徹底比較

シュフティとクラウドワークスは、どちらもクラウドソーシングサイトです。

しかし、それぞれに強みや特徴があり多少の違いがあります。

 

シュフティとクラウドワークスの違いについて解説するので参考にしてみてください。

案件数の違い

シュフティとクラウドワークスには、案件数だけを見ても違いがあります。

クラウドワークスの方が案件数は多いですが、シュフティの方がタスク形式の案件が豊富です。

 

それぞれの案件数について解説していきます。

シュフティ

案件数だけを見るとクラウドワークスの方が案件数が豊富です。

シュフティだけだと案件がなかなか見つからないということもあるでしょう。

 

しかし、タスク形式はクラウドワークスよりもシュフティの方が単価が高い傾向にあります。

クラウドワークスでは5円のアンケートが多い中、シュフティでは100円を超える案件も豊富です。

 

これから継続案件を受けたいのならクラウドワークス、短期的な報酬が欲しいのならシュフティがおすすめです。

 

クラウドワークス

クラウドワークスの案件数は、クラウドソーシングサイトの中でもトップクラスです。

特にクライアントとワーカーが契約をして仕事を進めるプロジェクト形式の案件が沢山あります。

 

案件数が多い分、怪しい案件や怪しいクライアントが一定数存在しているのです。

そのため、どうしてもクラウドワークスは様々な媒体で「やばい」と言われています。

 

他の記事でもクラウドワークスの評判について紹介しているので参考にしてみてください。

 

 

仕事形式の違い

シュフティとクラウドワークスでは、掲載されている仕事形式に違いが多少あります。

違いがあるだけでなくそれぞれに強みがあるのです。

 

そこでシュフティとクラウドワークスの掲載されている仕事形式の違いについてご紹介します。

 

シュフティ

シュフティに掲載されている案件の仕事形式は以下の通りです。

  • タスク形式:仕事をしてすぐに報酬がもらえる。単価は安い
  • プロジェクト形式:クライアントと契約して成果物を納品してから報酬がもらえる。単価は高い

 

プロジェクト形式の案件は、成果物の作成までに時間がかかってしまう分単価が高くなります。

 

シュフティは、主婦をターゲットにしたクラウドソーシングサイトなので時間のかからないタスク形式の案件が豊富です。

豊富なだけでなく、他のサイトと比べて比較的単価が高い案件も見かけます。

 

シュフティは、隙間時間などを有効活用して報酬を稼ぎたい人におすすめのクラウドソーシングサイトです。

 

クラウドワークス

クラウドワークスに掲載されている仕事形式は以下の通りです。

  • タスク形式:仕事をしてすぐに報酬がもらえる形式
  • プロジェクト形式(固定報酬制)成果物に対して報酬が支払われる形式
  • プロジェクト形式(時間単価制)仕事をした時間によって報酬が支払われる形式
  • コンペ形式:集まったものから選ばれた人が報酬をもらえる形式

クラウドワークスには4種類の仕事形式があります。

また、プロジェクト形式は2種類に分かれており時間単価制はアルバイトのように仕事をした分だけ報酬が支払われる形式です。

 

様々な仕事形式があるのであなたの理想や生活に合わせて案件を選択することができます。

クラウドワークスは、4種類ある仕事形式の中でもプロジェクト案件の掲載が多いのが強みです。

 

プロジェクト案件に強みがあるということは、大きく稼げる可能性が高いということになります。

これからクラウドソーシングサイトで稼ぎたい人は、クラウドワークスの登録は必須です。

 

手数料の違い

クラウドソーシングサイトを利用する時には手数料が発生します。

シュフティとクラウドワークスでも手数料が発生するのですが、金額などについて違いがあります。

 

そこで、シュフティとクラウドワークスの手数料の違いについて解説するので見比べてみてください。

 

シュフティ

シュフティでは以下の手数料が発生します。

  • システム利用料:報酬額の10%
  • 振込手数料:報酬を銀行に振り込む際に540円

 

シュフティでは、報酬額に関わらず報酬額の1割がシステム利用料として自動で引き落とされます。

システム利用料は、シュフティの運営費のようなものなので引かれるのは仕方がないことです。

 

振込手数料についても銀行口座に振り込んでもらう際に必要な手数料なのでこちらも諦めるしかありません。

これらの手数料は確定申告の際に経費として計上できるので節税になるということは覚えておきましょう。

 

 

クラウドワークス

クラウドワークスでは、以下の手数料が発生します。

  • システム手数料:5%〜20%(報酬額により異なる)
  • 振込手数料:楽天銀行100円、楽天銀行以外500円

 

クラウドワークスではシステム利用料が一定ではなく、報酬額に応じて変動していきます。

画像引用元:クラウドワークス

 

1件の報酬に対してシステム利用料が発生します。

10件の案件を合算して報酬額が20万円を超えたとしても1件毎にシステム手数料が発生するのを覚えておきましょう。

 

また、クラウドワークスでも報酬を銀行に振り込んでもらう際に手数料が発生します。

この振込手数料は、楽天銀行だと100円、その他の銀行だと500円と400円もの差があるので楽天銀行を登録するのがおすすめです。

 

振込手数料は、報酬を受け取る毎に発生するので積もってしまうととてももったいないです。

稼いだ報酬をできるだけ多く受け取るためにも楽天銀行を開設しておきましょう。

 

 

検収の期日

シュフティとクラウドワークスにあるプロジェクト形式では成果物を納品して検収をしてもらうことで報酬を受け取れます。

しかし、検収がなかなかされないという事案もごく稀に発生しているのです。

 

シュフティとクラウドワークスでは、このようなトラブルへの対処法の違いがあるのでご紹介します。

 

シュフティ

シュフティでは、成果物を納品して14日が返答期限として設けられています。

納品から14日をすぎると自動的に報酬が支払われるように設定されているのです。

 

納品したのに関わらず、14日も返答がないということは通常ではあり得ません。

トラブルを回避するためにもシュフティでは14日という期限を設けているのです。

 

納品して返信がなくても14日経てば報酬が払われるのでワーカーは安心ですね。

 

クラウドワークス

クラウドワークスでは、納品してからの返信期限は設けられていません。

しかし、なかなか検修されない場合は事務局へ報告することで事務局からクライアントへ催促をしてくれます。

 

催促に応じない場合は、事務局が代わりに検修を行なって報酬が支払われます。

シュフティとは違い、納品して検収されない時はワーカーが動かなければ報酬が支払われません。

 

ワーカーは、返事がない時には14日を目安に事務局に報告しましょう。

 

初心者におすすめなのはシュフティとクラウドワークスどっち?

先ほども紹介した通り、シュフティとクラウドワークスでは共通点と相違点があります。

どちらが初心者おすすめなのか気になる人もいるのではないでしょうか。

 

結論からいうと、目的と生活リズムに応じて使い分けるのがおすすめです。

 

シュフティは、タスク形式が豊富に掲載されているので隙間時間を有効活用して稼ぐことができます。

一方、クラウドワークスではプロジェクト形式の案件が豊富なので本格的に稼いでいきたい人におすすめです。

 

これからクラウドソーシングサイトを利用して稼ごうと思っているのならどちらも登録しておきましょう。

タスク形式はシュフティ、プロジェクト形式はクラウドワークスと使い分けることで効率よく報酬を稼ぐことができます。

 

上手く併用できれば短期的にも長期的にも稼げるようになりますよ。

 

まとめ

以上、シュフテとクラウドワークスの共通点と相違点について解説しました。

共通点としては以下のことが挙げられます。

  • 仕事を簡単に見つけられる
  • 仮払い制度が設けられている
  • 報酬の受け取りは銀行振込のみ

 

また、相違点も表にまとめました。

クラウドワークス シュフティ
案件数 最多の掲載数 少ないがタスク案件に強い
仕事形式 タスク形式
プロジェクト形式(固定報酬制)
プロジェクト形式(時間単価制)
コンペ形式
タスク形式
プロジェクト形式
システム利用料 5%~20%(報酬により異なる) 金額に限らず10%
振込手数料 楽天銀行:100円、それ以外500円 銀行に関わらず540円
研修の期日 事務局へ報告 納品から14日

 

シュフティとクラウドワークスのどちらも強みと弱みがあります。

どちらを使おうか迷っている人は、両方登録して併用するのがおすすめです。

 

上手く併用することで効率よく稼ぐことができるので、どちらも使ってみてください。

 

 


>>詳しくは画像をクリック!


・クラウドソーシングサイトに登録したけどぜんぜん稼げない・・・
・月に5万円でもいいから副業で稼げたらいいのに・・・
・在宅で大きな金額を稼げるようになりたいけどそどうしたらいいのか・・・
・怪しい副業などではなくて、堅実に稼ぐ方法を知りたい・・・
・副収入を得て、もっと生活を楽にしたい・・・

もしかしたらあなたは、このようなことで悩んでいませんか?

 

もしクラウドソーシングサイトなどの副業でしっかりと稼ぎたいのであれば、
「スキル」をしっかりと身につけることで解決します。

 

そして、そのスキルを身につけるための講座を無料で行っています。

 

お金に縛られないストレスフリーな毎日を手にしてみませんか?

→【今だけ受講無料!】副業で堅実に月5万円稼ぐための講義の詳細はこちら

 

クラウドワークス シュフティ
idaをフォローする
クラウドソーシングのやさしい教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました