【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

【節約】クラウドワークスの振込先口座は楽天銀行がお得?口座変更方法も解説!

クラウドワークス

「クラウドワークスの振込先口座はどこでもいいの?」

「クラウドワークスの振込先口座はどこがお得?」

「クラウドワークスの振込先口座を変更する方法は?」

と悩まれる方は多いのではないでしょうか?

 

手数料がもったいないので、できるだけお得な振込先を設定したいですよね。

実は振込先口座によって、振込手数料を安く抑えることができます。

 

当記事では

  • クラウドワークスのおすすめ振込先口座
  • 他の振込先口座を設定してしまった場合の変更方法
  • クラウドワークスでの節約できる報酬の受け取り方
  • 入金されていない場合の対処法

といった内容を解説していきます。

 

初心者の方はクラウドワークスのお得な振込先口座について、最初に知っておくと後々困ることがありません。

最後までお読みいただければ、よりお得にクラウドワークスを利用できるようになるはずです。

 

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

初心者必見!クラウドワークスの振込先口座はお得な楽天銀行

クラウドワークスの振込先口座は、ぜひ楽天銀行に設定することをおすすめします。

楽天銀行がおすすめの理由について下記の内容を見ていきましょう。

  • 楽天銀行は他銀行に比べて「手数料」が安い
  • 楽天銀行はセキュリティ面も安心

 

楽天銀行は他銀行に比べて「手数料」が安い

楽天銀行は他銀行に比べて「手数料」が安いという特徴があります。

どうして楽天銀行がいいの?
他の口座でもダメなの?

いい質問ですね。楽天銀行以外でも大丈夫です。
ただ、それだと「手数料」がすごくかかってしまうんです。

報酬の振込手数料(楽天銀行税込み100円・他行税込み500円)については、
メンバー(受注者)の方にご負担いただいております。
※そのため、報酬額が1000円以上に満たない場合には、キャリーオーバーを行わせていただいております。
クイック出金をご利用の場合には530円より出金が可能となっております。

           参考:クラウドワークス【共通】振込手数料について(一部抜粋)

楽天銀行の振込手数料が税込100円なのに対し、他銀行は税込500円。

 

手数料にこんなに違いがあるなんて!!

 

たとえば毎月振り込みをしたとしましょう。

楽天銀行が1年で100円×12か月で1,200円なのに対し、他銀行の口座の場合は500円×12か月で6,000円。

 

1年で比較してみると、4,800円もの違いがあることが分かります。

 

他銀行で毎月500円引かれて、1年で6,000円は
でかすぎる!
4,800円も差があるなんて。
4,800円あれば他にほしい物が買えるよね。

そうなんです。
手数料のことを考えるとクラウドワークスでは、
振込先口座として楽天銀行がおすすめなんです。

 

つまりクラウドワークスでの振込先口座としては、手数料が安い楽天銀行がお得ということになります。

 

楽天銀行はセキュリティ面も安心

楽天銀行はネットバンキングなので、セキュリティ面での不安を抱えている方も多いようです。

多くの主婦の方が、ネットバンキングに不安を抱えています。
ウィルス感染とか個人情報流出とか考えると怖いですよね。

 

楽天銀行はセキュリティーの機能がが充実しています。

  • 合言葉認証
  • ワンタイム認証
  • IP制限サービス
  • モバイルアクセス制限

とった4つの機能が特徴です。

 

合言葉認証は、

取引画面にログイン時、お客さまの利用環境や利用状況など、楽天銀行のシステムが追加認証が必要であると判断した場合に表示されます。
あらかじめ設定しておいた質問が表示され、回答することでログインが完了します。

登録済みの合言葉のうち、1つもしくは、2つ表示されます。
画面に従い回答を入力してください。

2011年8月22日以降、合言葉の登録は必須になりました。

参考:楽天銀行「合言葉認証とは」

 

ワンタイム認証は、ワンタイムキーという使い捨てのパスワードを使う方法のこと。

事前に登録したアドレスに送信されたワンタイムキーを入力し、認証します。

 

IP制限サービスは下記のようなサービス。

普段利用するIPアドレスやドメインネームを事前に登録することで、登録済みのIPアドレスからのアクセスのみ取引を可能にし、それ以外のIPアドレスの場合は取引不可にするサービスです。
対象サービスは暗証番号が必要な取引です。

参考:楽天銀行「IP制限サービスとは」

 

登録以外のIPアドレスからアクセス(ログイン)している場合の取引を
制限することで、第三者による悪用や不正取引の被害を防ぐことができます。

 

最後にモバイルアクセス制限は何かと言うと、

携帯電話・スマートフォンなどのモバイル端末からのログイン方法を制限することで、認証を強化することができます。
以下の3種類から選択して設定することができます。

全てのアクセスを許可する
モバイルアクセス制限が解除されていて、どのモバイル端末からもログインが可能な状態です。(初期設定)
クイックログインによるアクセスのみ許可する
クイックログイン設定済の携帯電話やスマートフォンアプリからのみ、ログインが可能な状態です。

  • ※クイックログインとは、携帯電話やスマートフォンアプリ向けのログイン手続きを簡略化するサービスのことです。
  • ※スマートフォンの場合、クイックログイン設定済のアプリからのみログインが可能となります。同じスマートフォン端末でもブラウザ経由のログインは制限されます。
全てのアクセスを禁止する
携帯電話・スマートフォンなどのモバイル端末からは一切ログインができない状態です。

参考:楽天銀行「モバイルアクセス制限とは」

 

モバイルアクセス制限があることによって、モバイルバイキングへのログインを制限できます。

このように楽天銀行は以上のように4つのセキュリティー機能が充実しているので、安心して利用できるのです。

 

 

クラウドワークス口座登録しないで利用できる?

とはいえ、クラウドワークスを始めて利用する方は、まだ銀行口座を登録していないという人も多いでしょう。

そもそも稼げるかどうかも不安なのに、いきなり口座登録をするのは不安もありますよね。

 

僕は初心者で、まだ口座登録をしていません。
クラウドワークスで口座登録していない状態でクライアントに応募したら、
契約は結べるのでしょうか?

要は、クラウドワークスで口座登録しないで
仕事ができるか?ってことですよね。
気になるところですよね。

 

クラウドワークスでは、口座登録しないでも契約に影響は出ません。

報酬はクラウドワークス上でやり取りされるので、契約相手から報酬を受ける手続きができます。

 

口座登録が必要になるのは、クラウドワークス上で管理されている受け取った報酬を、自分の銀行口座へ移動するタイミングです。

 

1,000円以上稼いでから、
口座を登録してもOK!

しかし、いずれは銀行口座を登録することになるので、早めに自分の銀行を登録しておくといいでしょう。

 

 

今からでも間に合う!クラウドワークス振込先口座変更方法

 

しまった!
楽天銀行のこと知らなくて、他の銀行に登録してしまった。
変更できる?

 

楽天銀行のお得さを知らず、他の口座で登録してしまった方もいることでしょう。

クラウドワークスでの振込先口座は変更できるので、安心してください。

 

  • 振込先口座変更方法手順
  • 振込先口座を変更する際の注意事項

それぞれのポイントを具体的に見ていきましょう。

 

振込先口座変更方法手順

振込先口座を変更する方法を、手順通りに解説していきます。

まずは右上の名前の部分をクリックしましょう。

次に「プロフィール編集」をクリックします。

 

すると「振込先口座登録」という項目が、画面上に出てくるはずです。

そこから新しい口座情報を入力しましょう。

 

最後に「口座を更新する」をクリックすれば、変更が完了です。

難しいポイントはないので、初心者でも簡単に変更手続きができますよ。

 

振込先口座を変更する際の注意事項

振込先口座を変更する際の注意点は、次回出金の手続きに間に合わない可能性があるという点です。

画面上に

「次回出金(◯月◯日)は手続きが開始されているため、◯年◯月◯日時点での口座登録に振り込まれます。」

と浮上することがあります。

 

上記の場合は、既に次回出金の手続きが開始されてしまっているということ。

そのため、振込先口座が変更されるのは、次の次の分からということになります。

変更の場合はできるだけ早く口座を登録するようにしましょう。

 

知らなきゃ損!?節約できるクラウドワークス報酬の受け取り方!

手数料を考えると「楽天銀行」がお得だということ解説してきました。

他にクラウドワークスは手数料なども引かれます。

 

いわゆるクラウドワークスを利用する「システム利用料」のことです。

システム手数料についても理解しておくようにしましょう。

 

銀行に振込手数料を払い、さらにシステム利用料かー。
これはイタイ!!

 

これから先、クラウドワークスで案件を引き受けるに当たって
大事なことなので、今のうちに理解しておいて下さいね。

 

下記の項目で解説していきます。

  • クラウドワークスシステム利用料がバカにならない!
  • クラウドワークス3つの出金方式はどれがいい?
  • 注意:クイック出金は急ぎ以外は控えめに!便利な分たくさんの手数料が引かれます

詳しく見ていきましょう。

 

クラウドワークスシステム利用料がバカにならない!

上記はクラウドワークスでのシステム利用料をわかりやすく図にしたものです。

 

また以下のようにクラウドワークスでは「システム利用料」について解説しています。

システム利用料は、メンバー(受注者)から頂いており、
割合は、契約金額(税込)に応じて5~20%と異なっています。

システム利用料の割合
– 「10万円以下」の部分:
契約金額の20%
– 「10万円超20万円以下」の部分:契約金額の10%
– 「20万円超」の部分:契約金額の5%

参考:クラウドワークス「システム利用料について」(一部抜粋)

 

具体例を見ていきましょう。

たとえば、今月は1件20,000円の報酬だけだったとしましょう。

上の表に当てはめると、

10万円以下の報酬となるので、報酬の20%が引かれます。

 

計算式に数字を当てはめてみると、
20,000円-(20,000×0.2)=16,000円

 

システム利用料は20,000円×0.2で4,000円にもなるんですね。
だから実質16,000円の報酬かー

例えば、これが1ヶ月の報酬だとしたら、
毎月引き落とすとなると「振込手数料」がさらに引かれます。

16,000円から楽天銀行なら100円引かれるんだね。
15,900円の報酬かー。

ちなみに楽天銀行以外だったら、15,500円の報酬になるね。
やっぱ、楽天銀行だな。

 

このようにクラウドワークスではシステム利用料も発生することを覚えておきましょう。

 

クラウドワークス3つの出金方式はどれがいい?

 

クラウドワークスには上記のように3つの出金方式があります。

随時出金方式は、毎月15日と末日を締め日として報酬を確定し、1,000円以上の場合に当月末・翌月15日に振り込みを行う方式です。

 

その都度、振込手数料が発生するので、実際に受け取る金額が少なくなります。

50,000円以上出金形式に設定しておくと、報酬額が50,000円以上になるまで出金されません。

 

なるほどー、これなら50,000円以上の報酬が貯まるまで
出金しなくて済むから、手数料の節約になるね。

出金する際には、まとまった額になるので、楽しみもありますよね。
まとまったお金が入るし、何か買おうかな……みたいな。

 

3つ目のキャリーオーバー方式は、次回以降に自動的に出金を繰り延べする方式です。

つまりキャリーオーバー方式や50,000円出金方式の場合だと、報酬の振込回数が減るので手数料が安くなります。

 

特に「50,000円以上の出金方式」にすると

かなりの節約になるはずです。

但し、その際に以下の点に下記の注意が必要になります。

クラウドワークスには報酬の出金期限があるので注意が必要です。当サービスでは、報酬の出金申請期限を報酬支払い確定日から
180日後まで
と定めております。※未出金一覧の「報酬支払い確定日」項目の日付をご確認ください。
支払い確定した報酬は、出金しないまま180日を過ぎると出金できなくなりますのでご注意下さい。申請の期限は、未出金一覧の「報酬支払い確定日」項目に記載されている日付の23:59までに、
下記のいずれかの方法で申請を行っていただきますようお願いいたします。

参考:クラウドワークス「報酬の出金期限はありますか?」より(一部抜粋)

出金期限を過ぎてしまうと、せっかく稼いだお金が引き出せなくなるので注意しましょう。

注意:クイック出金は急ぎ以外は控えめに!便利な分たくさんの手数料が引かれます

クラウドワークスで便利なサービスのひとつが「クイック出金」です。

クイック出金はすぐにお金を引き出すことができるサービスなので、お金が必要な時にすぐにおろすことができます。

 

クイック出金をご利用いただきますと、クラウドワークス上で報酬確定した未出金報酬のうち、報酬振込日が確定していない報酬を3営業日以内に出金することが可能です。
※2020年2月3日 9:00より、クイック出金には、利用料が発生します(出金額の5.0%)

参考:クラウドワークス「早く出金を行いたい場合」(一部抜粋)

 

便利な出金方式なのですが、利用料がかなり高額です。

出金額の5.0%もの利用料がかかります。

 

たとえば20,000円の報酬を引き出したいとしましょう。

計算式にまとめると20,000円×5.0%で1,000円もの手数料が発生することが分かります。

 

振込手数料やシステム利用料もかかることを考えると、かなり痛いですよね。

 

びっくり!
緊急の時以外は利用しません!!

 

危険!手数料を節約するために直接契約はダメ

システム利用料がもったいないので、直接クライアントと契約するケースも。

節約する裏技として、直接契約をするとお得な気がしますよね。

 

しかし、手数料を節約するための直接の契約はやめましょう。

なぜならクライアントとの直接契約は規約違反になるからです。

 

もし直接契約をして、万が一にも報酬のことなどで何か問題があった時は対処できません。

確かに手数料などが高く感じますが、クラウドワークスを利用するとさまざまなトラブルを事前に防ぐことができます。

 

たとえばクラウドワークスには「仮払い制度」があり、報酬を先払いしてもらうことが可能です。

そのため、報酬の未払いトラブルを事前に防ぐことができます。

 

確かに言われてみると、、、、。
相手が見えないだけに「金銭トラブル」は怖いです。

 

高いと思えるシステム利用料は、

  • 報酬の未払いトラブルの防止
  • 業務範囲や単価の交渉のやり取り
  • 自分で契約書を作成する
  • 請求処理を自分でする

などの手間を省けることを考えれば、利用者である私たちにとっては使いやすいサービなのではないでしょうか。

 

クラウドワークスから入金されない?!考えられる5つのこと

報酬が入金されないと、不安になってしまいますよね。

今後こういうこともあるかもしれないで、
入金のタイミングを知っておくと良いですよ。

クラウドワークスの入金のタイミングは、下記の通り。

確定した報酬は、設定されている出金方式に基づき、「15日締め・月末振込」または、「月末締め・翌月15日振込」としてお手続きを行っております。

また、未出金の状態によっては、クイック出金をご利用いただくことも可能です。

報酬の状況や出金方式は「報酬」画面から確認いただけます。
振込予定日に日付が入っているものが、その日付に出金される報酬となっています。

参考:クラウドワークス「報酬が振り込まれるタイミングについて」より(一部抜粋)

 

入金日は

  • 15日締めの月末振込
  • 月末締めの翌月15日振込

です。

 

入金されていない場合には、下記の5つの理由が考えられます。

  1. 1,000円以上稼げていない
  2. 出金方式が随時出金方式ではない
  3. 出金済み一覧に反映されていない
  4. 登録情報を間違えている
  5. 振込日が土日祝日になっている
  6. 他:振込の反映時間が関係している可能性

それぞれの理由を詳しく見ていきましょう。

 

理由1:1,000円以上稼げていない

クラウドワークスでは、1,000円以上稼いでいないと、銀行口座にお金が振り込まれません。

例えば月の報酬の980円ですと1,000円以下となるので、振り込まれないのです。

 

振込手数料もかかりますので、ある程度まとまった金額をおろすのがお得な方法。

まだ報酬が1,000円未満の場合は、もう少し報酬が溜まってから引き出すといいでしょう。

 

理由2:出金方式が随時出金方式ではない

次に考えられるのが「出金方式が随時出金法式ではない」場合です。

もし「50,000円出金方式」「キャリーオーバー方式」に設定していた場合、締め日がきても条件が合うまでは振り込まれません。

 

初期設定では「随時出金方式」になっています。

特に何もいじっていなければ問題ありませんが、一度出金方式を確認してみましょう。

 

理由3:出金済み一覧に反映されていないだけ

「出金済み一覧に反映されていないだけ」の可能性も。

出金がクラウドワークスの管理画面に反映されるまでに、多少のタイムラグが発生します。

 

振込される日の夕方または翌日に管理画面には反映されるはずです。

反映されていないと不安になると思いますが、その場合は1日待って次の日に確認してみて下さい。

 

理由4:登録情報を間違えている

4つ目の理由は「登録情報を間違えている」ことが挙げられます。

振込先口座の登録はあっているでしょうか?

 

自分が思っている口座とは、別の口座を登録してしまっている可能性も考えられます。

今一度、自分の登録している銀行口座の番号、氏名、銀行口座情報などの登録情報を確認してみて下さい。

 

理由5:振込日が土日祝日になっている

「振込日が土日祝日になっている」ので、遅れている可能性もあります。

クラウドワークスの報酬の入金日が、土日祝日、営業日以外の日にかぶってる場合は、入金日がずれることも。

 

会社でも毎月25日が給料日だとしても、振込日は別になりますよね。

クラウドワークスも同じように、入金日の予定がずれる可能性がありますので日をずらして確認してみましょう。

 

他:振込の反映時間が関係している可能性

最後に考えられるのは「振込の反映時間が関係している可能性」です。

楽天銀行は朝に振込金額が反映されるようですが、他の金融機関の場合も朝とは限りません。

 

銀行によって振込の反映時間が決まっているようです。

万が一、通帳に反映されていなかったら、
金融機関にどの時間帯で反映されるのか
聞いてみるのが良いですね。

それが一番良いと思います。
いつ頃反映されるのか?知っておくと安心しますね。

 

まとめ:クラウドワークスの振込先口座は楽天銀行がお得

 

クラウドワークスの振込先口座は楽天銀行がお得です。

手数料も安く抑えられますし、セキュリティ面も充実しているので安心して利用できるでしょう。

 

他の口座で登録してしまっていても、あとから変更することは可能です。

簡単に手続きできますので、楽天銀行をお持ちの方はぜひ振込先口座を楽天銀行にすることをおすすめします。

 

クラウドワークの仕事内容についてはこちらの記事も参考にしてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました