【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

クラウドワークスのデータ入力の月収はいくら?稼ぐコツまで徹底解説

クラウドワークス

「クラウドワークスのデータ入力って月収いくらになるの?」
「クラウドワークスのデータ入力ってどんな仕事?」
「クラウドワークスのデータ入力で稼ぐコツは?」

当記事をご覧になっているあなたは、上記のように思われているかもしれません。

 

そこで当記事では、クラウドワークスのデータ入力の月収から、仕事内容、稼ぐコツまで解説していきます。

データ入力をクラウドワークスで始めてみようと思っている場合は、ぜひ参考にしてみてください!

 

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

  1. クラウドワークスのデータ入力で月収10万円?
    1. データ入力のお仕事の相場は?
    2. データ入力は前提として報酬が低額
    3. 数をこなすことで月収10万円も夢ではない!
  2. クラウドワークスのデータ入力の業務内容を解説!
    1. 電話番号や住所などの入力
    2. ネットショップの情報入力
    3. 体験談やレビューといった短文作成
    4. リサーチ
  3. クラウドワークスのデータ入力の口コミを紹介!
    1. 良い口コミ
    2. 悪い口コミ
  4. クラウドワークスの在宅データ入力のメリット・デメリット
    1. メリット
    2. デメリット
  5. クラウドワークスのデータ入力は主婦や大学生におすすめ?
  6. クラウドワークスのデータ入力で稼ぐコツ6選!
    1. まずはタスクで実績を積み上げる
    2. なるべく高単価の案件に挑戦する
    3. タイピングスピードを上げる
    4. 正確なタイピングを心がける
    5. とにかく数をこなして業務に慣れる
    6. 休憩を適度に挟む
  7. クラウドワークスのデータ入力において避けた方がいい案件
    1. 購入代行や代理購入に関わる案件
    2. 募集時の仕事詳細の内容が雑な案件
    3. 実績がない、または評価が低いクライアントの案件
  8. クラウドワークス以外でデータ入力ができるクラウドソーシングサイト4選!
    1. ランサーズ
    2. シュフティ
    3. ココナラ
    4. Bizseek
  9. 補足:クラウドワークスでおすすめなデータ入力以外の仕事3選
    1. ライティング
    2. プログラマ・エンジニア
  10. 補足:クラウドワークスでの在宅データ入力はスマホでできる?
  11. まとめ

クラウドワークスのデータ入力で月収10万円?

まずはクラウドワークスのデータ入力でどれくらいの月収になるのか?という観点からお話していきましょう。

 

結論から先に述べると月収は1万円〜10万円くらいになります。

結構幅が広いと思われますよね。

 

当然、たくさんの時間をデータ入力に割ける人は高額報酬を得られますが、副業や主婦の方では難しいこともあります。

ではどれくらいの時間労働すればいいのか、という点が気になるところですよね。

 

そこでまずは「データ入力の相場」から解説をしていきます。

 

データ入力のお仕事の相場は?

データ入力の相場は、1文字0.1円〜1.0円程度です。

文字数ではなく、単価で計算する場合、1件10円〜50円ほどでしょう。

 

一般的なタイピングスピードで1日2〜3時間の労働では月に3万円(3万文字〜30万文字)が限界ではないでしょうか。

ですので、平均的なデータ入力の月収は3万円前後になることがほとんど。

 

ただし、より高単価のレビューや体験談といったデータ入力(というよりほぼライティング)に挑戦すれば、3万円以上を稼ぐことも難しくはありません。

 

データ入力は前提として報酬が低額

前提としてデータ入力は低単価の仕事だということをしっかり理解しておいてください。

データ入力と比較されるライティングは仕事の単価が1文字0.5円〜3円程度ですので、明らかな差があるのです。

 

ただし、ライティングになると、専門知識やスキルが必要になってくるので、難度ももちろん高くなります。

データ入力である程度稼ぐことができるようになったら、データ入力を卒業することも視野に入れた方がいいでしょう。

 

ただ、効率を上げることと作業時間の確保ができればデータ入力だけでもそこそこに稼げます。

主婦業や学生のアルバイトとしては十分な額(数万円〜10万円)でしょう。

 

数をこなすことで月収10万円も夢ではない!

ではどういった流れなら月収10万円を稼げるのでしょうか。

試算をしてみましょう。

 

まず1件3分で消化できる単価が30円の案件があったとします。

時給は600円ですので、1日5時間の労働で3000円。

1ヶ月休みなく働けば9万円になります。

土日など休日にもう少し働けば10万円に到達可能でしょう。

 

ただしクラウドワークスにはシステム手数料がかかるので、もう少し働く必要があります。

 

ただ、上記の試算はかなり条件の良い案件ですので、仕事を探したり獲得したりするのは結構大変になります。

毎日データ入力の仕事を検索して、いい案件があったらどんどん提案していきましょう。

 

クラウドワークスのデータ入力の業務内容を解説!

クラウドワークスのデータ入力の月収を知っていただいたところで、データ入力のもっと詳細な業務内容についても解説をしておきます。

 

主に下記のような業務がデータ入力にはあります。

  • 電話番号や住所の入力
  • ネットショップの情報入力
  • 体験談やレビューといた短文作成
  • リサーチ

 

電話番号や住所などの入力

まず古典的なデータ入力といえば電話番号や住所などのデータ入力です。

昔は紙媒体の書類があり、書類の内容をパソコンに打ち込むといった内容がほとんどでした。

 

しかし、現在は紙からデータを入力することはほとんどなくなり、ネットショップなどへの情報入力や簡単な文章作成もデータ入力のはんちゅうになることがほとんど。

 

ですので、データ入力のイメージと異なる仕事が多いのが現状なのです。

これからデータ入力をしたい場合は、上記のような認識で臨んだ方がいいでしょう。

 

ネットショップの情報入力

ネットショップの情報入力は今のクラウドワークスで最もメジャーなデータ入力のお仕事です。

BUYMAやeBayといったサイトの商品情報の入力or商品の仕入れ価格と仕入れ先の調査などがメインで行われています

 

下記のような案件です。

 

上記の案件では1件40円、300件で12000円の報酬を支払ってくれるようです。

画像加工などもすることがあるので、なかなか大変な案件ですが、今のクラウドワークスでは一般的なデータ入力の案件といえるでしょう。

 

体験談やレビューといった短文作成

次に紹介するのは体験談やレビューといった短文作成です。

ほとんどライティングにジャンル分けされることが多い内容ですが、簡単な文章の作成なので、データ入力にカテゴライズされることもしばしば。

 

実際は下記のように発注されていることが多々あります。

 

美容系のジャンルやアプリのレビューなどが多い印象です。

1記事で3500円は執筆にかかる時間にもよりますが、なかなか高額な報酬なので、狙い目といえるでしょう。

 

リサーチ

リサーチもデータ入力のお仕事のはんちゅうです。

Webサイトのリンク切れを調査する仕事や、Amazonの商品情報をリサーチしてまとめる仕事などが発注されています。

 

 

上記の仕事は単発の案件ですので、継続案件にはなりません。

しかし非常に内容としては簡単なので、人気の高い案件です。

 

上記のような人気案件は競争が激しいので、実績を積んでから挑戦した方がいいでしょう。

最初はタスクなどでコツコツ作業をしていくことをおすすめします。

 

クラウドワークスのデータ入力の口コミを紹介!

クラウドワークスのデータ入力って実際どうなの?

という疑問もあるかと思いますので、賛否両論の口コミをご紹介いたします。

 

良い口コミ

良い口コミは小額でも稼げた!という内容についてです。

隙間時間でも稼げるということを実感した方の口コミは下記。

 

https://twitter.com/vw_polo6n/status/1111828095525224448

 

上記のように成果を画像にしてツイートしてもらえると、モチベーションのアップにつながりますよね。

決して高額報酬というわけではありませんが、データ入力はコツコツ一歩一歩が重要ですから。

 

悪い口コミ

悪い口コミに関しては、単価が安すぎるといった意見が挙がりました。

確かに時給数百円がいいところですので、アルバイトより大変かもしれません。

 

 

ただし、データ入力の良いところは完全在宅でコツコツできるところではないでしょうか。

主婦や忙しい学生などで深夜帯などで働くのには最適だといえます。

 

クラウドワークスの在宅データ入力のメリット・デメリット

クラウドワークスのデータ入力についての理解が深まったところで、より詳細にデータ入力について知っていただくために、データ入力のメリット、デメリットをご紹介していきます。

まずはメリットから。

 

メリット

メリットとしては下記の2つが挙げられます。

  • 誰でも簡単に挑戦できる
  • 隙間時間に在宅で稼げる

 

誰でも簡単に挑戦できる

データ入力は誰でも簡単にできるというのが最大のメリットです。

特にスキルや資格が必要というわけでもありませんので、誰でも即戦力になれます。

 

強いていうならタイピングのスキルがあれば、効率よく稼ぐことが可能。

ただ、タイピングもデータ入力を繰り返していれば磨かれますので、そこまで気にする必要はありません。

 

実質必要なスキルが全くないということなので、参入障壁が小さく誰でも挑戦できるのがデータ入力なのです。

 

隙間時間に在宅で稼げる

また、隙間時間かつ在宅で稼げるというのもメリット。

 

忙しい人で、アルバイトをすることはできないという人も、自宅に帰ってきてから3時間といった具合で隙間時間なら使えるという場合にも、データ入力はおすすめです。

さらにデータ入力は在宅で働けますので、わざわざ出勤する必要がありません。

深夜の寝る前に2時間作業をするといった働き方も可能というわけ。

 

デメリット

次はデメリットについてご紹介していきます。

下記のデメリットが挙げられます。

  • 高額報酬を得るのは難しい
  • 悪質な低単価案件が多い

 

高額報酬を得るのは難しい

データ入力は誰でもできる仕事ですので、案件の単価はどうしても安くなってしまいます

仕事に付加価値を付け辛いからですね。

 

ライティングやプログラミングでは時給が1000円を超えることも多くありますが、クラウドワークスのデータ入力ではせいぜい時給500円が良いところでしょう。

もちろん、時給500円でも構わないという場合もあるでしょうが、もっと稼ぎたいのであればデータ入力では限界があります。

 

可能であれば、データ入力で稼ぎつつスキルアップして、ライティングやプログラミングに移行するのがおすすめです。

 

悪質な低単価案件が多い

また、もともと単価が低いのは問題ですが、それ以上に低単価の悪質案件が多いのも現状です。

1件で1時間近くかかる作業に単価が数十円なんてこともザラにあります。

 

上記のような低単価案件は受けないのが基本です。

少しでも作業がキツそうだな、単価が低いなと思ったら契約をしないことをおすすめします。

 

契約を結んでしまった場合で、どうしても契約を途中終了したい場合は下記の記事をご覧ください。

クラウドワークスのデータ入力は主婦や大学生におすすめ?

クラウドワークスのデータ入力は主婦や大学生におすすめできるのか?と言う点について説明をしていきます。

 

結論から述べると、データ入力は主婦や学生に最適な仕事といえるでしょう。

理由としては、忙しくて外に働きにいけない主婦や学生でも、働ける仕組みだから。

 

データ入力において「いつでも働ける」「在宅」というのが重要なポイントです。

主婦や学生は子育てや課題があり、なかなか時間を取れないことが多いでしょうが、隙間時間で働けるデータ入力なら問題ありませんよね。

また、子供の面倒をみなければならない場合などでも、在宅なら働けるはず。

 

上記の理由からクラウドワークスのデータ入力は、主婦や学生におすすめなのです。

 

クラウドワークスのデータ入力で稼ぐコツ6選!

no-recommended-04

クラウドワークスのデータ入力についての理解がかなり深まったと思います。

そこでここからは実践編、データ入力で稼ぐためのコツをご紹介していきましょう。

 

下記6つのコツを解説します。

  • まずはタスクで実績を積み上げる
  • なるべく高単価の案件に挑戦する
  • タイピングスピードを上げる
  • 正確なタイピングを心がける
  • とにかく数をこなして業務に慣れる
  • 休憩を適度に挟む

 

まずはタスクで実績を積み上げる

まずはタスクで実績を積むところから始めましょう。

クラウドワークスにはプロジェクト以外にコンペやタスクといった仕事形式があります。

 

コンペはデータ入力では使用できませんので割愛しますが、タスクは重要です。

タスクは「条件交渉が省略された簡単作業」と定義されます。

 

タスクは仕事をしたいと思ったらすぐに始めることができ、クライアントとの交渉がありません。

そのため誰でもすぐに働くことが可能なのです。

 

タスクの詳細は下記の記事をご覧ください。

 

一方プロジェクトは条件交渉が前提で、初心者にはややハードルが高い形式でして、実績のない初心者はなかなか契約までたどり着けないことがしばしば。

ですから、プロジェクトで採用されないうちは、タスクで実績を積むことをおすすめします。

 

なるべく高単価の案件に挑戦する

タスクで実績を積み、ある程度業務になれてきたら、本格的に高単価の案件に挑戦しましょう。

なぜ高単価の案件に応募する必要があるのか?:データ入力の一般的な案件では時給300円ほどが限界だから。時給500円以上にするには作業量よりも単価が重要になってきます。

その際は、自分がタスクで何を学んできたかをアピールすることが重要です。

 

クライアントはあなたのスキルや実績を元に採用するかどうかの判断をします。

できることはどんどんアピールしていきましょう。

 

高単価の案件はスキルや特殊な経験、知識を必要とされることが多いので、必要があれば勉強をすることをおすすめします。

 

タイピングスピードを上げる

次は基礎であるタイピングスピードを上げるという点。

データ入力はスキルをほとんど必要としない分、基礎的なところで差が生まれます。

 

初心者とベテランの差はほぼタイピングスピードです。

同じ作業でも倍速で終わらせられれば、時給は倍になりますよね。

 

高単価案件に挑戦するのと同時に、1案件を消化するスピードを鍛えるのが得策でしょう。

鍛え方はタイピングゲームなどがおすすめです。

 

ゲームで腕を磨き、実務に活かすようにしてください。

 

正確なタイピングを心がける

また、タイピングの正確性も重要です。

間違った情報であったり、誤字脱字があったりするとリテイク、非承認、最悪の場合は契約の途中終了になりかねません。

 

スピードを意識しすぎて雑になるのもいけないので、クオリティとのバランスを取るようにしましょう。

正確性もゲームでトレーニングすることが可能です。

 

また、納品前にチェックをする癖をつけるのも有効でしょう。

何度も成果物を見返してミスがないか確認してください。

 

とにかく数をこなして業務に慣れる

あとは業務に慣れることです。

最初は1時間かかっていた作業も、最適化することで30分でできるようになることもあるでしょう。

 

慣れることで作業効率が高くなることがほとんどですので、最初にうまくいかなくても諦めないでくださいね。

データ入力などの単純作業で稼げない人は、慣れる前に諦めてしまうことが多いので注意しましょう。

 

休憩を適度に挟む

また、適度に休憩を挟むことも重要です。

人間、連続で集中できる時間には限界があります。

 

1時間に5分など、休憩を取る時間を決めて作業をするようにしてください。

休憩を取った方が効率よく作業が進みますよ。

 

ちなみにおすすめの休憩方法として、ポモドーロテクニックがあります。

ポモドーロテクニックとは?:25分作業→5分休憩→25分作業を繰り返す方法のこと。

 

ポモドーロテクニックを利用して、適度な休憩を挟みながら作業を進めてみましょう。

意外にも効率的で驚くと思いますよ!

 

クラウドワークスのデータ入力において避けた方がいい案件

クラウドワークスのデータ入力で稼ぐコツをご紹介しましたが、中にはどう頑張っても稼げない案件もあります。

そこで、ここではクラウドワークスで働く際、避けた方が良いデータ入力の案件をご紹介しましょう。

 

  • 購入代行や代理購入に関わる案件
  • 募集時の仕事詳細の内容が雑な案件
  • 実績がないまたは評価が低いクライアントの案件

 

購入代行や代理購入に関わる案件

まずは購入代行や代理購入に関わる案件についてです。

購入代行・代理購入とは?:クライアントの代わりに商品を購入し、クライアントに送付するという業務。

 

購入代行はいろいろと危険な理由があるのですが、そもそもクラウドワークスの利用規約で禁止されているので、関わらない方が良いでしょう。

 

本サービスの利用者が、以下に定める行為を行うことを禁止します。
(中略)
(16) 報酬確定前に商品・サービス等の購入が必要な業務を依頼する行為、または業務を開始する行為。

引用:クラウドワークス利用規約

 

上記のように、クラウドワークスでは、報酬確定の前に受注者が金銭を支払うことはNGと明記されています。

 

より詳細に購入代行について知りたい場合は下記の記事をご覧ください。

 

募集時の仕事詳細の内容が雑な案件

また募集時の仕事詳細の内容が雑(またはコピペ)の場合も注意しましょう。

クライアントの丁寧さや誠実さは仕事募集時に判断ができます。

 

仕事の詳細欄が曖昧な場合や、他の仕事詳細をコピペしているクライアントは危険です。

そもそも仕事の募集をする段階で、一番重要な仕事内容を雑に書く時点でまともなクライアントではないことが分かりますよね。

 

中には全く関係ない内容の募集で受注者を釣り、違法行為の仕事を依頼してくるクライアントもいるのです。

非常に悪質ですので、契約は慎重に行いましょう。

 

実績がない、または評価が低いクライアントの案件

最後に紹介するのは実績がない、または評価が著しく低いクライアントの案件についてです。

実績やレビューはクラウドワークスで取引をするときに最重要なポイント。

 

実績がないユーザーや評価が悪いユーザーは過去に何かしらの問題があった可能性があります。

普通のユーザーなら実績が積み重なっていき、相応の評価を受けているはずですから。

 

実績が全くない、または評価が悪いユーザーとの契約は見送るようにしましょう。

 

クラウドワークス以外でデータ入力ができるクラウドソーシングサイト4選!

クラウドワークスのデータ入力について解説をしてきましたが、ここではクラウドワークス以外のクラウドソーシングサイトを4つご紹介します。

 

下記の4つです。

  • ランサーズ
  • シュフティ
  • ココナラ
  • Bizseek

 

1つずつ説明していきますね。

 

ランサーズ

出典:ランサーズ

まずはランサーズです。

ランサーズはクラウドワークスと肩を並べる大規模なクラウドソーシングサイト。

 

クラウドワークスの方が案件は多いのですが、ランサーズの方が高単価案件が多い印象です

より高額の報酬を稼ぎたい場合はランサーズを利用することをおすすめします。

 

ランサーズの公式サイト

 

シュフティ

出典:シュフティ

シュフティは主に女性(主婦の方)をターゲットにしたクラウドソーシングサイトです。

とはいえ、男性が登録することも可能。

 

シュフティのデータ入力案件は比較的高額で、人気があるためすぐに募集停止になってしまいます。

シュフティをメインにするというよりは、サブのクラウドソーシングサイトとして利用した方がいいかもしれません。

 

シュフティのデータ入力については下記の記事をご覧ください。

 

シュフティの公式サイト

ココナラ

出典:ココナラ

ココナラもおすすめのクラウドソーシングサイトです。

 

ココナラの特徴はワーカー、受注者が条件を提示して働くという仕組みがあるという点。

通常は発注者が条件提示するのでココナラは逆ということですね。

 

独特なシステムで人気なココナラですが、データ入力と相性はあまりよくありません。というのも、ココナラではスキル販売が主なので、スキルなしでできるデータ入力の仕事は受注しにくいからです。

 

もしタイピングの才能が非凡など、アピールできるところがあればココナラで出品してみるのもいいでしょう。

ココナラの公式サイト

Bizseek

出典:Bizseek

Bizseekも人気のクラウドソーシングサイトです。

その特徴はなんといってもシステム手数料の安さ。

 

業界で最安値(5%〜10%)ですので、受注者が働きやすい環境となっています。

ただ注意点はクライアントの数が少なく、案件があまりないところでしょうか。

 

Bizseekだけで稼いでいくのは難しいので、サブのサイトとして登録しておくことをおすすめします。

Bizseekの公式サイト

補足:クラウドワークスでおすすめなデータ入力以外の仕事3選

no-recommended-02

クラウドワークスでのデータ入力について解説してきましたが、ここではデータ入力の次のステップとしておすすめの仕事をご紹介いたします。

ぜひ高額報酬を狙うのであれば参考にしてみてください。

 

紹介するのは下記2つです。

  • ライティング
  • プログラマ・エンジニア

 

ライティング

ライティングはデータ入力の延長のような仕事です。

業務内容はブログ記事やメディアの記事、キュレーションサイトなど多岐に渡りますので、あなたの得意なジャンルを選択しましょう。

 

文字単価はデータ入力より相場的に高く、1文字0.5円〜3円ほど(データ入力は0.1円〜1円程度)。

データ入力ではどう頑張っても月収10万円程度が限界ですが、ライターなら20万円も夢ではありません。

 

ライティングの報酬相場については下記の記事をご覧ください。

 

プログラマ・エンジニア

プログラマ・エンジニアは専門知識が必要な高度な仕事です。

知識とスキルが必要な分、報酬も高額。

 

データ入力の3倍以上は稼げるので、データ入力をしながら勉強を進めるのがおすすめです。

半年〜1年ほど勉強すれば実践レベルになる人が多いので、目安としてみてください。

 

補足:クラウドワークスでの在宅データ入力はスマホでできる?

最後に補足解説として、スマホでクラウドワークスのデータ入力はできるのか?という点を説明していきましょう。

 

結論からいうと、スマホでできる仕事はありますが、稼げません

というのもスマホでできる仕事のほとんどが、アンケート回答などの軽作業だから。

 

スマホでできる作業には限界があるので、パソコンを利用するようにしてください。

ただ、パソコンを買うお金がないという場合は、資金をスマホの在宅データ入力で貯めるのはありでしょう。

 

おすすめの流れは

  1. スマホの軽作業で資金を貯める
  2. パソコンを買う
  3. パソコンでデータ入力に慣れる
  4. ライティングやプログラミングの勉強をする
  5. 仕事の軸足をライティングやプログラミングに移す

といったものです。

少しずつレベルアップしていきましょう。

 

まとめ

以上、クラウドワークスのデータ入力の月収についての説明でした。

 

結論をおさらいすると、データ入力の月収は1万円〜10万円程度になります。

しっかり時間をかけたり、タイピングのスピードを上げたりして月収を膨らませましょう。

 

またクラウドワークスのデータ入力で稼ぐコツは下記です。

  • まずはタスクで実績を積み上げる
  • なるべく高単価の案件に挑戦する
  • タイピングスピードを上げる
  • 正確なタイピングを心がける
  • とにかく数をこなして業務に慣れる
  • 休憩を適度に挟む

 

ぜひ上記を実践して、データ入力で稼いでくださいね!

 

 

 


>>詳しくは画像をクリック!


・クラウドソーシングサイトに登録したけどぜんぜん稼げない・・・
・月に5万円でもいいから副業で稼げたらいいのに・・・
・在宅で大きな金額を稼げるようになりたいけどそどうしたらいいのか・・・
・怪しい副業などではなくて、堅実に稼ぐ方法を知りたい・・・
・副収入を得て、もっと生活を楽にしたい・・・

もしかしたらあなたは、このようなことで悩んでいませんか?

 

もしクラウドソーシングサイトなどの副業でしっかりと稼ぎたいのであれば、
「スキル」をしっかりと身につけることで解決します。

 

そして、そのスキルを身につけるための講座を無料で行っています。

 

お金に縛られないストレスフリーな毎日を手にしてみませんか?

→【今だけ受講無料!】副業で堅実に月5万円稼ぐための講義の詳細はこちら

 

クラウドワークス
miyatakuをフォローする
クラウドソーシングのやさしい教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました