【徹底解説】クラウドソーシングでプログラミングの仕事は稼げるの?

クラウドソーシング
Photo of computer screen with program code displayed in classic hacker color. Shallow depth of field places word "lexical" in focus

クラウドソーシングのプログラミングの仕事って稼げるの?

プログラミングの具体的な仕事を知りたい。

このような悩みを抱えている方も、多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、

  • クラウドソーシングのプログラミングの仕事は稼げるのか
  • プログラミング案件の具体的な仕事内容
  • プログラミングにおすすめなクラウドソーシング
  • クラウドソーシング以外でプログラミングを使って稼ぐ方法

これらの情報を、記事にまとめていきたいと思います。

ぜひ最後までご覧ください!

クラウドソーシングでプログラミングの仕事は稼げるのか?

プログラミングの仕事を、クラウドソーシングで始めてみたいと考えている方も多いのではないかでしょうか。

そこで、クラウドソーシングを使ってプログラミングの仕事をする場合、稼ぐことが出来るのかということについて解説していきたいと思います。

スキルさえあれば月20万稼ぐことも可能

結論から申し上げますと、クラウドソーシングでプログラミングの仕事をすることは、稼ぐことが出来ると言えます。

 

クラウドソーシングには、ライティング・翻訳・データ入力など、様々な案件が掲載されています。

その中でもプログラミングを使用する案件は、専門性が高いため、案件の単価が比較的高いという印象です。

 

・元々、プログラミングについて勉強をしていた
・仕事の経験から、プログラミングについて詳しい

そのため、このような方にとっては、非常におすすめな仕事ジャンルとなっています。

 

プログラミング未経験だと、すぐに稼げない

先ほど、プログラミングを経験している方は、クラウドソーシングを使って稼ぐことが出来ると説明しました。

しかし、プログラミングが完全初心者の場合、すぐに稼ぐことは難しいです。

 

データ入力やライティングの仕事⇒すぐに案件を受注できる
プログラミング⇒案件を受注するためには勉強時間が必要

 

クラウドソーシングでプログラミングの案件を受注する場合、まずはプログラミングについて勉強する必要があります。

他のジャンルの仕事ですと、仕事をする中でスキルアップをすることが可能です。

しかし、プログラミングでは、契約する際にある程度のレベルが保証されている必要があります。

そのため、完全初心者の場合は、すぐに稼げないというデメリットがあることは事実です。

プログラミングの案件が大学生におすすめ

クラウドソーシングのプログラミング案件は、大学生に非常におすすめだと言えます。

 

プログラミング案件を大学生におすすめする理由

プログラミングを勉強する時間を確保できる
一般的な時給制のバイトよりも稼げる
就職する際に活かすことが出来る

大学生は、比較的自由な時間を作りやすいのではないかと思います。

そのため、プログラミングを勉強するための時間を十分に確保することが可能です。

 

また、スキルを身に付けることによって、一般的なアルバイトよりもお金を稼げるようになると言えますよ。

学生時代にプログラミングをしている大学生はほとんどいないため、就職活動において有利になる場合も。

このように様々なメリットがあるため、非常におすすめです。

補足:プログラミングで稼ぐために必要な言語

補足として、クラウドソーシングを使ってプログラミングで稼いでいくために、学んでおくべき言語について解説していきたいと思います。

 

WEBサイトの構築:「HTML」「CSS」「Java Script」
バックエンドやCMS:「PHP」「Ruby」「Python」
業務ツール制作:「VBA」「Google Apps Script」
アプリ制作:「Objective-C」「Swift」

ここに掲載させてただいた言語は、非常に使用割合が高いです。

プログラミング完全初心者の場合は、WEBサイトの構築から始めることをおすすめします。

そのため、「HTML」「CSS」「Java Script」、これら3つの言語を学んでみてはいかがでしょうか。

クラウドソーシングにおけるプログラミングの仕事内容

これからプログラミングの仕事を始めようと考えている方にとって、具体的にどのような仕事をすることになるのか、想像しにくいのではないでしょうか。

そこで、クラウドソーシングでプログラミングの仕事をする際の、具体的な仕事内容について解説していきたいと思います。

ホームページ制作

ホームページ制作では、企業や個人事業を行っている方のホームページを作成します。

 

ホームページ制作の特徴としては、初心者でも始めやすいプログラミングの仕事であるということです。

「HTML」「Java Script」について勉強をしておけば、比較的勉強量が少なくてもホームページを作成することが出来ます。

 

報酬としては、数万円のものから、高単価な案件だと10万円以上の報酬が出ることもあるそうですよ。

WEBサイト制作

WEBサイト制作は、企業のWEBサイトや、それに関連したサービスも同時に開発していく仕事です。

 

多くの場合は長期的な契約を交わさなければならないということが、特徴として挙げられます。

しかし、その分単価は高く、一回の契約で10万円以上の報酬を見込めますよ。

 

WEBサイト制作の仕事は、案件によって難易度が大きく異なります。

また、「MySQL」サーバーの知識も必要となるため、初心者には手を付けにくいジャンルです。

ツール制作

ツール制作とは、業務を行っていくうえで必要なツールを制作することで、クライアントの仕事を効率化していくような仕事です。

 

1案件あたり10万円から100万円ほどの報酬を見込むことが出来ます。

また、ツール制作は短期的な契約となることが多いため、少ない時間で収入を得ることが可能です。

 

WEBサイト制作よりは手を付けやすいものの、プログラミングに確かな技術を持っている方でないと、厳しいジャンルとなっています。

コードの修正

コードの修正では、既存で開発されているコードの改善や、バグの修正などを担当します。

 

コードの修正にはそこまで時間がかからない場合が多いので、単価は少し低めの設定となっていることが多いです。

単発での案件が多いですが、長期的に契約をして修正をお願いされることもあります。

 

リファクタリングに関して知識が豊富な方には、ぜひおすすめしたい仕事ジャンルとなっています。

リファクタリングとは、ソフトウェアを維持しながら、内部構造を改善していくことです。

補足:プログラミングの案件は相場に差がある

 

結局プログラミングの案件の、

価格相場がわからないなぁ

 

プログラミングの案件は、専門的なスキルが必要であるため、高単価なものが多いということを説明しました。

しかし、単価の相場をはっきりとお伝えすることは非常に難しいです。

 

プログラミングでは、取り扱う言語や案件の内容によって、仕事の難易度が大きく変化してしまいます。

そのため案件を募集するクライアント次第で、相場は大きく変わってしまうのです。

案件の相場が適切であるかどうかは、仕事を進めていく中で判断するしかないと言えますね。

プログラミングにおすすめなクラウドソーシング4選

プログラミングの仕事を始めるにあたって、どのクラウドソーシングを利用するべきか、悩んでいる方もいらっしゃると思います。

そこで、プログラミングの仕事をするうえで、おすすめのクラウドソーシングを4つ紹介していきますね。

クラウドワークス

1つ目のおすすめは、クラウドワークスというクラウドソーシングです。

クラウドワークスは、日本最大規模の案件数を誇るクラウドソーシングとなります。

 

プログラミングに関しては、システム開発・アプリ開発・ホームページ制作など、幅広い分野で案件が掲載されていました。

報酬に関しても、固定報酬制・時間単価制・クライアントと相談するなど、幅広い選択肢が用意されています。

 

自身が扱うことが出来る言語の案件も必ず見つけることが出来る、おすすめのサービスです。

ランサーズ

2つ目のおすすめは、ランサーズというクラウドソーシングです。

 

ランサーズは副業からの満足度No.1を獲得しています。

そのため、現在エンジニアとして活躍されている方の副業には、最適なサービスだと言えますね。

 

案件数はクラウドワークスには劣りますが、その分高単価な案件やハイレベルな技術が必要な案件が多いという印象です。

もちろん初心者向けの案件もありますので、クラウドワークスと共に登録しておくことをおすすめします。

ココナラ

 

3つ目のおすすめは、ココナラというクラウドソーシングです。

先ほど紹介した2つのクラウドソーシングとは違い、ココナラでは自らのスキルをクライアントに販売することになります。

 

そのため、プログラミングに関する知識がある方や、本業でエンジニアとして活動されていた経験がある方には、非常におすすめなサービスだと言えます。

プログラミングの案件数は少ないですが、自身のスキルを活かすためにも、登録してみてはいかがでしょうか?

クラウディア

4つ目のおすすめは、クラウディアというクラウドソーシングです。

 

クラウディアは、WEB関連の事業を運営されていた会社が、サービスを開始されました。

そのため、WEB開発関連の案件も充実しているということが、特徴として挙げられます。

 

ただし、サービスの規模的にはクラウドワークスやランサーズに劣ってしまいます。

また、案件を完全に受託する形となるので、より高い技術が求められるかもしれません。

プログラミング未経験から月に5万円を稼ぐための手順

プログラマーとしてクラウドソーシングで仕事をするにあたって、なるべく早く稼げるようになるといいですよね。

そこで、未経験からプログラマーとして月5万円を稼げるようになるために、必要なステップを解説していきたいと思います。

STEP①:言語を学習する

まずはプログラミングの言語を学習する必要があります。

学習する言語は、取り組む仕事の種類よって異なるので、今回は3つのおすすめを紹介していきますね。

 

①HPのコーティング:「HTML」「CSS」
②HPの制作:「HTML」「CSS」「Bootstrap」
③Wordpressのコーティング:「HTML」「CSS」「jQuery」「Bootstrap」

学習時間に関しては、一つの言語に対して100時間~150時間かかってしまうということを目安にしてください。

ただし、個人の理解力によっても、時間には大きな差が生じます。

STEP②:ポートフォリオ(実績)を作成する

ある程度プログラミングに対して理解を深めることが出来れば、実際にプログラミングを使ってポートフォリオを作ってみましょう。

 

クラウドソーシングで仕事をするためには、クライアントに対して自身のスキルを提示する必要があります。

その際に、言葉でスキルがあると説得しても、クライアントからは不安に思われしまいますよね。

 

そのため、実際に成果物を制作することで、自身のプログラミングに対するスキルを証明しましょう!

一度ポートフォリオを制作すれば、何度でも使いまわせるためおすすめですよ!

STEP③:仕事に応募する

ポートフォリオを制作することが出来れば、仕事に応募していきましょう。

応募する際は、以下の点に注意が必要です。

 

・自分のスキルと案件で求められているスキルを見極める
・応募要項をよく見る
・はじめは低単価な案件からこなしていく

プログラミングの仕事では、自身のスキルとクライアントから求められている成果物のレベルの間に、ミスマッチが起こってしまう場合があります。

そのため、自身のスキルで賄えるレベルの仕事に応募するようにしましょう。

STEP④:獲得した案件をこなしていく

無事契約することが出来れば、仕事を進めていきましょう。

仕事を進めていく中では、以下の点に注意が必要です。

 

・目の目の仕事に全力で取り組む
・クライアントとの信頼関係を大切にする

クラウドソーシングで大切なのは、クライアントからの信頼と実績数です。

クライアントからの信頼を得ることで、サイト上で高評価を得られます。

その評価が後々の仕事にも影響してきますので、目の前の案件に真摯に取り組みましょう!

クラウドソーシング以外でプログラミングを使って稼ぐ方法

クラウドソーシングは、プログラミングを使って稼ぐための、一つの手段です。

クラウドソーシング以外でも、副業を使って収入を得られる方法がありますので、そちらを解説していきたいと思います。

正社員として会社に勤める

1つ目の方法は、正社員として会社に勤めるという方法です。

こちらの方法が安定性と収益性のバランスが取れているため、最もおすすめの方法だと言えます。

最近では、異業種からプログラマーの転職する方も増えてきていますよ!

 

会社に勤めることで、プログラミングとしてのスキルが身につくだけでなく、確実に収入を得ることが可能です。

また、スキルを身に付けることが出来れば、独立してフリーランスとして働くこともできます。

プログラマーとして働くための土台作りには最適な方法だと言えるのではないでしょうか。

エージェントから紹介してもらう

2つ目の方法は、エージェントに紹介してもらうという方法です。

ある程度、プログラミングに関する技術がある場合は、エージェントから案件を紹介してもらうことも有効だと言えます。

 

おすすめのエージェントサービス

ITプロパートナーズ:フリーランスから副業まで幅広く対応
シューマツワーカー:週末のスキマ時間にできる案件を紹介
Workship:プロフェッショナルな案件が数多く掲載されている

おすすめのエージェントサービスを掲載させて頂きました。

気になる方は、ぜひ利用してみてください!

クラウドソーシングとプログラミングについて知っておくべきこと

最後に、クラウドソーシングについて知っておくべきことがいくつかありますので、紹介していきたいと思います。

クラウドソーシングは手数料が高い

クラウドソーシングは手数料が高いということで知られています。

ここではランサーズを例にして、説明を進めていきますね。

 

①システム手数料:契約料金の最大20%
②振込手数料:一律500円(税抜)

ランサーズでは、2種類の手数料が発生します。

その中でも、システム手数料は非常に高額であるということを覚えておいてください。

もし、2万円の報酬で契約していたとしても、実際に手取りとして得られるのは、16000円です。

このように、システム手数料として大幅に報酬が減らされてしまいます。

 

他のクラウドソーシングでも、割合は異なるものの、必ずシステム手数料が設定されているはずです。

手数料が高いことから、中々稼げないと仰っている方がたくさんいるということを強いておく必要があります。

このシステム手数料が、クラウドソーシング会社の主要利益となります。

プログラミングの学習時間は、言語や能力によって異なる

 

初期投資として、

どれぐらいの時間、勉強すればいいかわからない。

 

プログラミングの仕事を始めるうえで、言語の学習時間が気になるという方もいらっしゃるのではないかと思います。

実際問題、言語の学習時間についても、はっきりとした時間をお伝えすることは難しいです。

 

案件の相場と同じように、学習する言語の種類や、取り組む仕事ジャンルによっても、勉強に費やす時間は大きく変わってしまいます。

ただし目安として、1カ月から3カ月程度は勉強するための期間の目安として設定しておくといいでしょう。

まとめ:クラウドソーシングはプログラミング初心者や副業におすすめ

今回は、クラウドソーシングとプログラミングについて、記事にまとめてきました。

 

・初心者用の案件が充実している
・登録するだけで、誰でも簡単に仕事を始められる。
・スキマ時間で自由に仕事を進めることが可能
・ある程度まとまった収入が見込める

これらの理由から、クラウドソーシングはプログラミング初心者と副業におすすめだと言えます。

 

本業でプログラミングの仕事をする場合は、正社員として会社に勤めたり、エージェントに登録して優良な案件を紹介してらう方がいいと言えるでしょう。

これからプログラミングを始める方や、エンジニアの副業を探している方は、ぜひクラウドソーシングを利用してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました