ランサーズの単価の相場について!全種類の仕事を徹底解説!

ランサーズ

ランサーズの単価の相場が知りたい。

在宅ワークでなるべく高単価な仕事を受注したい。

このような悩みを抱えている方も多いのではないかと思います。

そこで今回は、

・ランサーズの単価の相場を徹底的に解説
・初心者に低単価な案件がおすすめな理由
・在宅ワークで高単価な仕事を受注する秘訣

これらの情報を記事にまとめていきたいと思います。

ぜひ最後までご覧ください!

  1.  ランサーズの単価の相場をまとめてみた
    1. ランサーズのコンサルティングの単価
    2. ランサーズの事務・コンサル・専門職の単価
    3. ランサーズのシステム開発・運用の単価
    4. ランサーズのライティング・ネーミングの単価
    5. ランサーズのデザイン制作の単価
    6. ランサーズの写真・動画・ナレーションの単価
    7. ランサーズのWEB制作・WEBデザインの単価
    8. ランサーズの翻訳・通訳の単価
    9. ランサーズのタスク・作業の単価
    10. 補足:初心者の単価相場について
  2. 初心者在宅ワーカーでも高単価な案件を狙えるジャンル
    1. ランサーズ初心者にはデータ入力がおすすめ
    2. ランサーズはライター募集が豊富
    3. ランサーズで副業をするならイラストの仕事がおすすめ
    4. 補足:ランサーズ完全初心者は1カ月間できることをやってみよう!
    5. 補足:ランサーズでライターとして単価をアップするには
  3. ランサーズの単価が低いと言われてる理由
    1. タスク・作業の案件を受注しているから
    2. クライアントに初心者が多いから
  4. ランサーズ初心者に低単価な仕事がおすすめである理由
    1. 競争率が低いため、簡単に受注可能だから
    2. ランサーズで実績を増やすことができる
    3. 確実にスキルを身に付けることができる
  5. ランサーズの在宅ワークで高単価な案件を獲得するためには
    1. 高単価な案件は直接スカウトに多い
    2. 直接スカウトにはスキルと実績が必要
    3. 高単価案件を見逃さない
  6. ランサーズの単価交渉について
    1. 単価交渉を行う際の注意点
    2. 単価交渉なしで報酬アップを目指そう!
  7. ランサーズの単価について知っておくべきこと
    1. 報酬単価の手数料について
    2. ランサーズには地雷案件が多い
    3. ランサーズでの提案金額の設定について
  8. まとめ

 ランサーズの単価の相場をまとめてみた

ランサーズには様々な種類の仕事があります。

それらの報酬の相場がどれくらいになるか、気になりますよね。

そこで、ランサーズに掲載されている仕事について、単価の相場をまとめていきたいと思います。

ランサーズのコンサルティングの単価

コンサルティングとは、起業の支援を行ったり、ビジネスをする上での集客アドバイスを行うなど、顧客の悩みを解決する仕事となります。

過去にコンサルティングの経験が必要な場合も多いので、一件当たりの単価は非常に高いということが分かりました。

コンサルティングの仕事の単価

経営戦略コンサルティング:150,000円~300,000円
Web・ITコンサルティング:100,000円~200,000円
キャリア・人材コンサルティング:50,000円~100,000円

ランサーズの事務・コンサル・専門職の単価

こちらの仕事は、業務の上で必要な資料を作成したり、データ入力などの事務作業を行う仕事です。

事務・コンサル・専門職の仕事の単価

パワーポイント作成:30,000円~100,000円(10枚あたり)
エクセル作成:30,000円~50,000円

ランサーズのシステム開発・運用の単価

システム開発には、サーバーの移転やアプリ開発など、専門的な知識を利用した幅広い種類の仕事があります。

そのため単価についても、仕事の種類によって変わってくるという印象です。

システム開発・運用の仕事の単価

Webシステム開発・プログラミング:3,500円~7,000円(1時間あたり)
ソフトウェア・業務システム開発:20,000円~800,000円
Excelマクロ作成・VBA開発:3,000円~200,000円
サーバー・ネットワーク構築:30,000円~100,000円
データベース設計・構築:300,000円~800,000円
iPhone・iPadアプリ開発:300,000円~2,000,000円
Windowsアプリケーション開発:70,000円~300,000円
システム管理・保守・運用:3,500円~7,000円(1時間あたり)
テスト・デバック・検証・評価:2,000円~400,000円

ランサーズのライティング・ネーミングの単価

ライティングでは、ブログの記事作成や、メールマガジンの作成など、文章を執筆する仕事です。

ライティング・ネーミングの仕事の単価

記事作成・ブログ記事・体験談:0.5円~5.0円(1文字あたり)
DM・メルマガ作成・制作代行:20,000円~40,000円
シナリオ・脚本・小説作成:5,000円~50,000円(1話あたり)
インタビュー・取材:2.0円~5.0円(1文字当たり)
ネーミング・名前募集:30,000円~60,000円
リライト・校正・編集:10,000円~50,000円(1記事あたり)

ランサーズのデザイン制作の単価

デザイン制作では、ロゴの制作やチラシの作成など、イラストに関わる仕事を行います。

そのためデザインやイラストに対する、専門的な知識が必要となります。

デザイン制作の仕事の単価

ロゴ作成:20,000円~85,000円(1作品あたり)
イラスト制作:30,000円~50,000円(1作品当たり)
キャラクターデザイン・募集:30,000円~50,000円(1作品当たり)
LINEスタンプ作成:20,000円~85,000円(3ポーズあたり)
チラシ作成・フライヤーデザイン:62,500円~106,500円(両面一枚で)
名刺作成:10,000円~50,000円

ランサーズの写真・動画・ナレーションの単価

こちらの仕事ジャンルでは、YouTubeの動画編集や動画のナレーション作業を行います。

近年、動画ジャンルの需要が高まっているため、高単価な案件も多くなっています。

写真・動画・ナレーションの仕事の単価

動画作成・映像制作・動画素材:50,000円~500,000円(1本あたり)
写真撮影:5,000円~20,000円(1時間あたり)
画像加工・写真編集・画像素材:100~5,000円(1枚あたり)
漫画制作・絵本製作:10,000円~25,000円(1ページあたり)
作曲・音源・BGM制作:5,000円~50,000円
声優・ナレーション・音声素材:5,000~30,000円(1分~3分あたり)

ランサーズのWEB制作・WEBデザインの単価

こちらのジャンルでは、ホームページの制作やデザインなど、WEB上のコンテンツに関する仕事を行います。

WEB制作・WEBデザインの仕事の単価

ホームページ作成:50,000円~400,000円(1ページ~10ページあたり)
WEBデザイン:150,000円~200,000円(6ページあたり)
HTML・CSSコーディング:5,000円~100,000円
ランディングページ制作:50,000円~100,000円(1ページあたり)
CMS構築・WordPress制作・導入:50,000円~200,000円(10ページまで)
バナー作成:5,000円~40,000円(1個あたり)
ECサイト運営代行:1,500円~3,000円(1時間あたり)
Webサイト運営・保守・HP更新:1,500円~3,000円(1時間あたり)

ランサーズの翻訳・通訳の単価

英語・中国語・韓国語など、外国語の翻訳を行う仕事です。

翻訳・通訳の仕事の単価

英語翻訳・英文翻訳:5.0円~8.0円(1ワードあたり)
中国語翻訳:2.0円~6.0円(1文字あたり)
韓国語翻訳:4.0円~6.0円(1文字あたり)

ランサーズのタスク・作業の単価

タスク作業では、データの収集やアンケートなど、誰でも容易に出来る仕事を行います。

そのため、単価は比較的低めに設定されています。

タスク・作業の仕事の単価

データ収集・入力・リスト作成:1,000円~10,000円(100件あたり)
テープ起こし・文字起こし:90円~260円(1分あたり)
レビュー・クチコミ:50~200円(1レビューあたり)
モニター・アンケート・質問:10円~3000円(1回答あたり)
データ調査・分析・統計:500円~3,000円(100件あたり)
チケット・出品・予約代行:100円~1,000円(1商品あたり)

補足:初心者の単価相場について

それぞれの仕事の単価相場についてまとめてきました。

しかしここで初心者が注意しなければならないことがあります。

それは、実際の価格相場を理解することが非常に重要だということです。

ただし、各ジャンルごとで初心者の相場が何円であるという線引きは、はっきりされていないということが現実です。

仕事に提案をしたり、実際に業務を進めていく中で、自身で相場感を理解することが、非常に重要となってきます。

初心者在宅ワーカーでも高単価な案件を狙えるジャンル

これからランサーズで仕事を始めようと考えている方にとって、取り組む仕事のジャンルの選定はとても重要ですよね。

そこで、初心者でも高単価な案件を狙えるジャンルをお伝えしたいと思います。

ランサーズ初心者にはデータ入力がおすすめ

ランサーズ完全初心者の方や、スキルが全くないという人におすすめな仕事が、データ入力です。

データ入力は、WordやExcelなどの操作と、基本的なPCスキルさえあれば、業務を行うことが可能です。

また、テープ起こしなどの仕事だと、自身のタイピングスキルが向上するというメリットもあります。

単純な作業ではありながらも、タスク方式の仕事よりも高単価なものが多いため、非常におすすめだと言えますね。

ランサーズはライター募集が豊富

初心者におすすめの仕事に、WEBライターという仕事があります。

WEBライターは、ネット上に掲載されているブログ記事の執筆を行う仕事です。

この仕事も、必要最低限のタイピングスキルとインターネット環境があれば、誰でも挑戦することが可能となっています。

また、ランサーズには、初心者向けから上級者向けまで、幅広い案件が掲載されています。

スキルを身に付けることで、すぐに高単価な案件にも挑戦できるため、おすすめできる仕事ジャンルです!

ランサーズで副業をするならイラストの仕事がおすすめ

ランサーズで副業を始めたいと考えている方で、デザインに興味がある人には、イラストの仕事がおすすめです。

イラストの作成には専門的なスキルが必要であるため、高単価な案件も多いです。

また、何よりもイラストを楽しんで制作できるため、継続できるメリットがありますね。

もしも興味があれば、イラストの仕事を始めてみてはいかがでしょうか?

補足:ランサーズ完全初心者は1カ月間できることをやってみよう!

ランサーズ完全初心者の方にとって、1カ月目から大きく稼ぐということは、非常に難しいです。

そのため、始めてから1カ月間は、自身にできる限りの努力をしてみることをおすすめします。

1か月目にできる限りの努力をするだけでも、それ以降稼ぎやすくなるかに大きく影響しますよ!

ランサーズ1カ月目で具体的にできること

・プロジェクト案件に応募し続ける
・個人的にポートフォリオを制作する
・タスク案件をこなして実績を作り続ける
・プロフィール欄の見直し
・より良い提案文を制作する

補足:ランサーズでライターとして単価をアップするには

ランサーズで仕事を始める方の多くは、ライターとして活動を進めていくのではないかと思います。

そんな方のために、ランサーズで単価をアップするためのコツをお伝えしたいと思います。

単価をアップするためのコツは、大きく分けて3つあります。

①とにかく案件をこなし、実績を増やす
②ライター初心者でも、プロジェクト案件に応募し続ける
③クライアントとの信頼関係を構築する
これらの3つのコツには、もちろん意味があります。
①:高単価な案件を受注しやすくなるというメリット
②:高単価な案件の受注確立を少しでもアップするという目的
③:クライアントからの単価アップを狙う(単価交渉など)

これらのコツを理解することで、ライターとしての単価をアップできること、間違いなしです!

ランサーズの単価が低いと言われてる理由

ランサーズには様々な単価の案件が掲載されているということが分かりました。

その一方で、ランサーズは低単価な案件が多いという意見が多いです。

なぜランサーズの単価が低いと言われているのか、その理由をまとめていきたいと思います。

タスク・作業の案件を受注しているから

ランサーズで初めて仕事を受注する方の多くは、タスク方式の仕事を受注しているのではないかと思います。

タスク方式の仕事は、誰でもできるような単純なものが多いです。

そのため、単価が非常に低いという認識をランサーズに抱いてしまいます。

ランサーズには、もちろん低単価な案件も掲載されていますが、高単価な案件も多いということを理解する必要があります。

クライアントに初心者が多いから

誰でも手軽に仕事を受注できるということが、ランサーズを利用するメリットの一つだと思います。

そのため、クライアント側の視点に立ってみると、ランサーズは手軽に仕事を発注できるというメリットがあることになります。

ランサーに初心者が多いように、クライアントにももちろん初心者は多いです。

つまり、各仕事の単価の相場が分からないクライアントが、適切でない価格で仕事を募集している場合がります。

そのため、掲載されている案件の単価が低くなり、結果として全体的なイメージが悪くなってしまうということが考えられます。

ランサーズ初心者に低単価な仕事がおすすめである理由

ランサーズを始めたら、誰でもすぐに稼ぎたいと考える人がほとんどですよね。

そんな初心者の方にこそ、低単価な案件がおすすめです。

なぜ、初心者が低単価な案件を受注するべきか、お伝えしたいと思います。

競争率が低いため、簡単に受注可能だから

ランサーのほとんどは、高単価な案件に応募をすると思います。

そのため、低単価な案件には、応募が集まりにくいという特徴があります。

そのため、プロジェクト方式やコンペ方式の仕事であったとしても、完全初心者で当選することも可能です。

低単価な案件は競合する相手が少ないため、初心者の方は積極的に応募をしてみましょう!

ランサーズで実績を増やすことができる

低単価な案件をこなすことによって、実績を増やすことができます。

実績が増えることによって、様々なメリットを得られます。

・提案が通りやすくなる
・クライアントからの直接スカウトを受けやすい
・実績数だけで、クライアントからの信頼を獲得できる

低単価な案件を受注して、実績を増やすことをおすすめします!

確実にスキルを身に付けることができる

低単価な案件であっても、クライアント側がしっかりとしたマニュアルを用意してくれている場合がほとんどです。

なぜなら、クライアントも報酬を支払う以上は、しっかりと仕事をしてほしいと考えているからです。

そのため、収入を得ながらスキルを身に付けることができるというメリットがあります。

スキルは書籍などで学ぶ方法もありますが、それでは限界があります。

実際に業務を行う中で学ぶことが、スキルを身に付ける一番の近道ですね!

ランサーズの在宅ワークで高単価な案件を獲得するためには

ランサーズの在宅ワークで、高単価な案件を獲得したいと考えている方も多いのではないでしょうか。

そこで、高単価な案件を獲得するためのコツをここでお伝えしたいと思います。

高単価な案件は直接スカウトに多い

こちらのツイートでは、ランサーズで月収50万円を獲得した吉見夏美について紹介されています。

ランサーズだけで50万円を稼ぐなんて、どうすればいいの?

このように考える方も多いのではないでしょうか?

ランサーズで高単価な仕事は、クライアントからの直接スカウトに多いという傾向があります 。

そのため、ランサーズで収入をアップするためには、直接スカウトを狙う必要があるということです。

直接スカウトにはスキルと実績が必要

クライアントから直接スカウトを得るためには、2つの要素が必要です。

それはスキルと実績です。

特に実績はプロフィール欄に数字で表れるため、スカウトをもらえるかに大きく影響してきます。

実績を増やすためには、低単価な仕事であったとしても、数をこなしていく必要があります。

数をこなしていく中でスキルも身につくため、一石二鳥だと言えますね!

高単価案件を見逃さない

ランサーズには、通常の募集であったとしても、高単価な案件が数多く存在しています。

それらの高単価案件を見逃さないようにすることも、非常に重要です。

もちろん、契約している目の前の仕事に集中することも、非常に重要だと言えます。

しかしそれ以上に、契約の機会を作り続けることも重要です。

常に案件を検索することで、高単価な案件をも逃さないようにしましょう!

ランサーズの単価交渉について

ランサーズで報酬をアップする方法の一つに、単価交渉があります。

単価交渉を行うことで、1回あたりの報酬を確実にアップすることが出来ます。

ランサーズの単価交渉について、まとめていきたいと思います。

単価交渉を行う際の注意点

単価交渉を行いたい場合は、契約をする際に、クライアントに対して直接その旨を伝えましょう。

その際に注意するべきことがあります。

単価交渉をする際の注意点

・できる限り謙虚にお願いする
・クライアントに長期的に貢献している
・報酬をアップするだけのスキルを身に付けている

単価交渉をする際に一番気を付けなければならないことは、クライアントからの信頼を失わないようにするということです。

これまで業務に貢献していたとしても、無責任な交渉をしてしまうと、その信頼関係が崩れてしまいかねません。

自身のスキルが報酬に見合わないと感じた場合や、長期的にクライアントに貢献していると感じた場合だけ、単価交渉を行うことをおすすめします。

単価交渉なしで報酬アップを目指そう!

単価交渉をせずに、クライアントからスキルを認めてもらうことで報酬を上げてらうという形が理想的です。

その理想を現実にするためには、目の前の仕事に、全力で取り組み続けるということが重要になってきます。

より高いレベルの成果物を提出することで、クライアントからの評価が高くなるだけでなく、ランサーズのプロフィールに表示される評価も高くなります。

ランサーズの単価について知っておくべきこと

それでは最後に、ランサーズの単価について、知っておくべき知識を共有していきたいと思います。

報酬単価の手数料について

ランサーズには、募集の段階で、あらかじめ単価が決まっている案件があります。

例えば、ライティングの案件ですと、「1記事あたり1500円」などの記載があるかと思います。

この場合、手数料が単価の中に含まれるのか気になりますよね。

システム手数料は、クライアントとランサーが契約した際の金額に適用されます。

そのため、募集の段階では、一概に手数料がどうなるか断定することはできません。

契約する前に、クライアントと入念な相談を行いましょう!

ランサーズには地雷案件が多い

ランサーズには地雷案件が多いということが分かっています。

地雷案件とは、あからさまに低単価な仕事や、悪質なクライアントが掲載している案件の事を指します。

地雷案件に関して、インターネット上には、このような意見も載せられていました。

地雷案件を避けるためには、以下の対応が必要です。

・契約する前に、クライアントの評価を確認する
・仕事ジャンルごとの報酬相場を理解する
・クライアントが本人確認済みがチェックする
地雷案件に契約してしまうと、トラブルに巻き込まれる可能性もあるので、注意が必要です。

ランサーズでの提案金額の設定について

提案金額をどのように記載すればいいかわからないという方も多いと思います。

提案金額の書き方について、具体的な例を挙げながら、述べていきたいと思います。

契約金額設定の具体例

例えば、応募条件に以下のような内容が記載されていたとしましょう。
例)「記事数5本、1文字あたり1円、1記事あたり3000文字以上希望」

この場合、契約時の金額は、
1円(文字単価)×3000(文字数)×5(記事本数)=15,000円となります。
そのため、提案金額は15,000円となります。

このように、クライアントの応募条件をもとに、提案金額を計算しましょう。

提案金額に不備があれば、クライアントから連絡があると思います!

まとめ

今回は、ランサーズの単価について記事にまとめてきました。

・ランサーズには高単価な案件も存在する
・高単価な案件を獲得するためには、直接スカウトがおすすめ
・機会があれば単価交渉をしてみよう!

ランサーズには様々な単価の仕事があるということを知っていただけましたでしょうか?

ランサーズは単価が低いから中々稼ぐことが出来ない、という声はよく聞きます。

しかしその認識は、間違いであると断言できます!

ランサーズでは、正しく努力をすることで、確実に単価をアップすることが出来ますよ!

この記事に書いてあることを参考に、皆さんがより良い仕事と巡り合えるといいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました