【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

クラウドワークスの未払いとは?防止策や解決法を解説!

クラウドワークス

「クラウドワークスの未払いって?」
「未払いの対処法はあるの?」
「未払いのようなトラブルに巻き込まれないためにはどうしたらいいの?」

本記事を読まれているあなたは上記のように思われているかもしれません。

 

そこで今回は、クラウドワークスの未払いについて、徹底解説いたしましたのでぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

クラウドワークスの未払いとは?

クラウドワークスには、仮払い制度がありそもそも未払いを防ぐために安心できる制度があります。

しかし、クラウドワークスでは未払いのトラブルがあるのです。

 

そこでまずは、クラウドワークス上の仮払い制度の仕組みを踏まえながら、どうしてクラウドワークスで未払いのようなトラブルが起きるのか例を挙げながら解説していきたいと思います。

 

クラウドワークスの仮払い制度

クラウドワークスには仮払い制度があります。

未払いのトラブルに巻き込まれないためにも、仮払い制度の仕組みをきちんと理解しておきましょう。

 

仮払い制度の仕組み
・受注者、クライアントお互いに契約の同意をする
・クライアントが仮払をする
・仮払いが確認出来たら、受注者は仕事を始める
・受注者が納品する
・クライアントが納品物を確認し検収する
・検収が完了すると、受注者に報酬が支払われる

 

仮払い制度は、受注者とクライアントお互いにとって安心できる嬉しい制度になっているのです。

未払いのトラブルにならないようにしっかりと仕組みを理解して、契約をした際には注意をするようにしましょう!

 

クラウドワークスでどうして未払いになるのか

では、仮払い制度があるのに未払いになるのでしょうか。

未払いが起きる理由は、

  • 契約画面に進まないまま、ただのトーク上で納品してしまう
  • 検収されずに連絡が途絶える
  • 問題ない納品物なのに却下される
  • クラウドワークス内での報酬の出金の仕方が分からない

などがあります。

 

こういった意図的に未払いにされる案件を地雷案件といいます。

クラウドワークスには、こういった地雷案件があるので踏まないように注意することも必要になっていきます。

 

クラウドワークスンの出金方法

クラウドワークスでの報酬の出金方式は、3つあります

 

また、クラウドワークスの振り込み日は、月に2回あり、

  • 15日締め、月末振り込み
  • 月末締め、翌月15日振り込み

になります。

 

クラウドワークスの出金方式

随時出金方式・・・初期設定の形式です。締め日までに1.000円以上の報酬未出金額になっていたら、自動的に次回の振り込み日に支払わる形式

50.000円以上出金方式・・・締め日までに50.000円以上の報酬未金額になっていたら、自動的に次回の振り込み日に支払われる方式。50.000円以内の場合は、振り込まれずに繰り越される。

キャリーオーバー式・・・報酬未出金の金額に関わらずに、報酬が支払われずに繰り越しになる方式。出金したい場合は、上記のどちらかの方式を選択する必要がある。

クラウドワークスの未報酬には、トラブルだけではなく出金できていない可能性もあります。
クラウドワークスの自分の出金方式の設定を見直してみましょう。

 

クラウドワークスの未払いトラブル例

クラウドワークスで実際にあった、未払いトラブル例をご紹介します。

 

記事を7月から11月にかけて20本程度執筆しましたが、いまだに一度も振り込みが
ありません。再三、振り込みの確認をしておりますが、回答がない状態が続いております。
とりあえず、誠意ある回答を期待して、もうしばらくペンディングしたいと思います。しかし、だんまりの対応であれば、今後の警鐘の意味でも次のステージを考慮しているところです。

引用元:クラウドワークス みんなのお仕事相談所

こういったように、振り込みをなく連絡が途絶えてしまうというパターンも少なくありません。

 

また、クラウドワークスのサイト上でみんなのお仕事相談所という利用している方同士のコミュニティがあり、受注者も発注者も相談することが出来ます。

相談は、実際に経験したことがあったり知識があるほかの利用者が回答してくれます。

 

みんなのお仕事相談所は、閲覧だけでも可能です。

実際に起きているトラブルや悩みを見ておくだけでもトラブルの予防になります。

何度か目を通しておきましょう。

 

上記の未払いのトラブル例のほかにもいくつかトラブル例をご紹介します。

 

CWタイムカードを使用した時給型の未払いトラブル例

クラウドワークスには、時間単位の報酬の契約形式があります。

時給制の場合は、CWタイムカードというクラウドワークス専用のアプリケーションを使用して仕事の取引を進めています。

 

下記のトラブルの問題点は

  • 仮払いがされていないままの納品
  • クライアントの支払いがだらしない
  • 外部チャットアプリの急なアカウント削除
  • 記載されていた連絡先を連絡が取れない

 

クラウドワークスで契約し、CWタイムカードで時給でイベントサイトの更新作業等を行う仕事をしていました。業務連絡はLINE WORKSで行っていました。

最初の一週間は仮払いの後の作業で支払いに問題なかったのですが、次の週から仮払いされない状態になり、後日払っていただいていました。それも2月後半から支払いが滞ってしまって、「週ごとの締めではなく月末締めで支払います」との連絡がきました。

作業は毎日更新しなければならない内容でしたのでその言葉を信じて仮払いのないまま続けていましたが、3月10日で作業中止の連絡が入り、3月30日からLINE WORKSのアカウントも削除されてしまい連絡が取れなくなってしまいました。

作業報酬の件で連絡を取りたいのですが、記載されていた電話番号やメールに問い合わせても返事がありません。

こうしたケースはどのように対応したら報酬を支払ってもらえるのでしょうか?

引用元:クラウドワークス みんなのお仕事相談所

 

クラウドワークスでは、外部でのやり取りをすること自体は、利用規約に反していません。

しかし、こういった急なアカウント削除のようなトラブルになる可能性も十分にあります。

特に、契約前のクラウドワークス以外での連絡先の交換は、クラウドワークス事務局でも注意を呼び掛けています。

注意を払いながら、契約を進めていきましょう。

 

クラウドワークスでの未払い対処法

実際に未払いに遭ってしまったときの対処法を解説します。

 

今後のためにも、しっかりと対処しておく必要があります。

 

違反報告をする

クラウドワークスには、利用規約やガイドラインが定まっていて、クラウドワークスの事務局が管理をしてくれています。

クラウドワークスを利用していて、利用規約やガイドラインに反することに遭遇した場合、違反報告といってクラウドワークス事務局に通報する制度があります。

違反報告をすると、クラウドワークス事務局が利用規約に沿って適切な処理をしてくれます。

 

 

違反報告について
・クラウドワークスには、利用規約やガイドラインが定まっている
・クラウドワークス内でトラブルが起きた際は、違反報告としてクラウドワークス事務局に通報する
・トラブルや問題をクラウドワークス事務局は、利用規約に沿って適切に処理してくれる

消費者センターに連絡をする

クラウドワークス事務局に違反報告をしても対処しきれなかった場合、消費者センターに連絡をします。

 

消費者センターとは
消費生活で悪質商法など困ったことを相談したりすることが出来ます。
問題の対処法やアドバイスをもらうことが出来ます。
金銭面が関わる問題やトラブルは、専門知識のあるところでアドバイスをもらうことも大切なことです。
なかなか問題が解決しない場合は、消費者センターに連絡をしてアドバイスをもらってみましょう。

未払いをする地雷案件を踏まないようにするためには

paper-03

では、未払いをするような地雷案件を踏まないためにはどうすればいいのでしょうか。

 

クラウドワークスには、契約をしてしまう前に地雷案件を見極められるポイントが注意をするポイントがいくつかあるのでご紹介していきます。

 

仕事詳細、クライアントの情報で見極める

仕事に応募をする前に、しっかりと仕事の詳細とクライアントの情報を確認する必要があります。

仕事の詳細やプロフィールにも地雷案件の特徴があります。頭に入れておくようにしましょう。

 

地雷案件の仕事詳細の特徴

  • 仕事詳細が明確でない
    (納品期限や仕事内容、仕事の数、金額が明確になっているものを選ぶようにする)
  • プロフィールの評価が3.5以下

また、契約を終えた受注者からのコメントが来ているか確認してみましょう。

 

契約する前の注意点

仕事に応募し、クライアントと契約に進むまでのトークが始まります。

契約するまでのメッセージのやり取りでも地雷案件を見極めていきましょう。

 

契約するまでのメッセージのやり取りでの見極めるポイント

  • 仕事内容をきちんと伝えられているか
  • 報酬に対してきちんとした詳細が決まっているか(ライター案件の場合、1記事単価や1文字単価がしっかりと決まっているか)
  • 報酬がないテストライティングなどはないか
  • 商品紹介などの場合、商品を購入させられないか
  • 契約画面に進んでいないのに、納品物を求められないか

などがあります。

こういったクライアントとは契約してしまう前に契約を断るようにしましょう。

 

納品後の注意点

納品が終わり、クライアントの検収を待ちます。

しかし、未払いの地雷案件の場合、この段階で様子が変わっていきます。

 

未払いの地雷案件の納品後は、

  • 連絡が急に途絶える
  • 連絡は来るけどなかなか検収されない
  • 問題の無い納品物に理不尽な理由を付けて却下してくる

などがあります。

連絡が急に途絶えてしまった場合は、まずは1週間様子を見て帰ってこなければ確認の連絡を入れるようにしてみましょう

それでも連絡がない場合、クラウドワークス事務局に違反報告をするようにしてみましょう。

 

仮払いを確認してから仕事を始める

地雷案件のクライアントでも、仮払いを確認してから仕事を始めればトラブルに遭うこともありません。

仕事を受注する場合は、仮払いが完了しているか確認してから仕事を始めましょう。

仮払いの完了は、クラウドワークスから通知でお知らせが来ます。

 

また、契約の画面内でも仮払いが完了していない場合、「仮払いが完了していません。仕事を始めないでください」と表示がされています。

 

未払いのトラブルは、自分自身が気を付けることが出来れば、トラブルに巻き込まれずに防ぐことが出来ます。

もちろん、意図的な未払いのような地雷案件は良くありませんが、受注者の方も注意しましょう。

 

未払いは金銭面の関わる大きな問題

未払いのようなトラブルは、金銭面が関わってくる大きな問題です。

また、自分の大切な時間と労力も使っています。

 

未払い問題はあってはならないトラブルです。

トラブルに遭ってしまった際は、きちんと対処していくようにしましょう。

 

まとめ

クラウドワークスの未払いについてのまとめ

・クラウドワークスには、仮払い制度がある
・未払いの主なトラブルは、契約画面に進めないままの納品や納品後の却下や連絡が途絶えるなど
・未払いに遭ったら、クラウドワークス事務局に違反報告をする
・違反報告でトラブルが解決しない場合は、消費者センターに相談をする
・未払いに合わないためにも契約前から地雷案件を見極める
・未払いは、自分の時間、労力、金銭面の関わる大きな問題としてきちんと対処をする
になります。

 

クラウドワークスで未払いのようなトラブルに遭わないように気を付けるのはもちろんですが、未払いのトラブルに遭った際にはきちんと対処し、より安全にクラウドワークスを利用していきましょう。
クラウドワークスの未払いについてぜひ、参考にしていただけたら嬉しいです。

 

 

 


>>詳しくは画像をクリック!


・クラウドソーシングサイトに登録したけどぜんぜん稼げない・・・
・月に5万円でもいいから副業で稼げたらいいのに・・・
・在宅で大きな金額を稼げるようになりたいけどそどうしたらいいのか・・・
・怪しい副業などではなくて、堅実に稼ぐ方法を知りたい・・・
・副収入を得て、もっと生活を楽にしたい・・・

もしかしたらあなたは、このようなことで悩んでいませんか?

 

もしクラウドソーシングサイトなどの副業でしっかりと稼ぎたいのであれば、
「スキル」をしっかりと身につけることで解決します。

 

そして、そのスキルを身につけるための講座を無料で行っています。

 

お金に縛られないストレスフリーな毎日を手にしてみませんか?

→【今だけ受講無料!】副業で堅実に月5万円稼ぐための講義の詳細はこちら

 

クラウドワークス
あかりをフォローする
クラウドソーシングのやさしい教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました