【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

shinobiライティングって稼げないの?稼ぐコツと注意点を解説

Shinobiライティング

「shinobiライティングは稼げないって聞くけど本当?」
「shinobiライティングで稼ぐにはどうしたら良いの?」
「shinobiライティングのメリット/デメリットって?」

この記事を読まれているあなたはこんなふうに思われているかもしれません。

そこで今回は、shinobiライティングが稼げないと言われる理由や、稼ぎ方のコツなどを徹底解説いたしましたのでぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

shinobiライティングが稼げないと言われる理由

Web上でshinobiライティングを検索すると、「稼げない」という意見をよく目にします。

まずは、shinobiライティングが稼げないと言われる理由について見ていきましょう。

shinobiライティングは決して稼げないわけではない

前提として、shinobiライティングは決して稼げないクラウドソーシングサイトではありません。

次からご紹介する以下のような理由で「稼ぎにくい」と言われることがありますが、特徴を理解して正しく利用すれば、一定の報酬を稼ぐことが可能です。

 

shinobiライティングが稼げないと言われる理由
・案件の競争率が高い
・案件掲載数に偏りがある
・文字数が少ない案件があり単価が低く感じる

 

それぞれの理由について解説していきます。

案件の競争率が高い

shinobiライティングは案件競争率が比較的高いクラウドソーシングサイトです。

shinobiライティングの登録ライター数が業界最大規模であることが競争率を高めている要因であると言えるでしょう。

 

特に高額単価の案件や人気ジャンルの案件などは、掲載後すぐに埋まってしまうこともあります。

 

案件の掲載から枠が埋まるまでの時間が短いことからも、体感的にshinobiライティングは案件数が少ないと感じてしまうかもしれません。

案件掲載数に偏りがある

shinobiライティングの案件掲載数は多い時と少ない時で差があります。

3000件を超える案件が掲載されていることもあれば、取り組む案件がほとんど残っていないようなケースもあるでしょう。

 

特に週末から週はじめにかけての期間や、平日の夜間に案件数が少なくなる傾向があるようですね。

 

shinobiライティングで多くの案件掲載がある期間を狙うなら、平日の昼間が良さそうです。

また、クラウドソーシングサイトで一定以上の報酬を目指すなら、shinobiライティング以外のサイトも併せて利用していく方が良いかもしれません。

文字数が少ない案件があり単価が低く感じる

shinobiライティングは、文字数が少ない案件の掲載数が多いという特徴を持つクラウドソーシングサイトです。

初心者の方やまとまった時間を取りにくい方にとっては嬉しい特徴ですが、文字数が少ないことにより案件単価が見かけ上低くなってしまいます。

 

shinobiライティングの文字単価は0.2~0.6円/文字で、他サイトと比較しても平均的な水準です。
ただし、他サイトよりも文字数が少ないので、1つの案件でもらえる報酬は少なくなってしまいます。

 

shinobiライティングで一定以上稼ぐためには、たくさんの案件を効率よくこなしていく必要がありますね。

shinobiライティングで稼ぐための5つのコツ

shinobiライティングで稼ぐための5つのコツをご紹介します。

shinobiライティングで稼ぐには、多くの案件を素早くこなしていく必要があると言えるでしょう。

今回ご紹介するコツは次の5つです。

 

shinobiライティングで稼ぐための5つのコツ
・得意ジャンルの案件を積極的に選ぶ
・同一ジャンルの案件を重点的に攻める
・書きやすい文章の型を作る
・キャンペーンを効果的に利用する
・高額単価案件に挑戦する

 

稼ぎ方のコツについては以下の記事でも詳しく触れているので、是非参考にしてみてくださいね。

 

 

ではそれぞれのコツについて詳しく見ていきましょう。

得意ジャンルの案件を積極的に選ぶ

まず、応募するライティング案件を選択する際には、得意なジャンルの記事を選ぶようにしましょう。

shinobiライティングに掲載されている案件は、細分化された多岐にわたるジャンルの中から選択することになります。

その中から、得意なジャンルのものを選択することをお勧めします。

 

ライティングの仕事は、案件毎にクライアントが指示しているキーワードについて情報を集めて記事を作成します。そこでジャンルを知っているか知らないかでは、作業負荷が段違いです。

 

あまり詳しくない記事を書くことに時間と労力を割いていては、効率良く稼ぐことはできません。

少なくとも、キーワードを見て「何これ?」となるような案件は選ぶべきではないですね。

同一ジャンルの案件を重点的に攻める

複数の記事を短時間で作成するためには、同一ジャンルの記事に応募していくことも非常に有効です。

同一ジャンルの記事であれば、それぞれの記事を作成するにあたって仕入れた情報を活かすことができ、ライティング案件で最も時間がかかる下調べの時間を大幅に短縮できるからです。

 

同じクライアントが同一ジャンルで異なるキーワードの記事作成を依頼するケースがありますが、特に狙い目ですね。

 

同一ジャンルであれば、複数の記事を作成していくうちに、執筆速度が加速していくことでしょう。

書きやすい文章の型を作る

案件の数をこなしていく中で、自身の文章の傾向をしっかりと意識していくことも重要。

採用された記事で、短時間で書き上げることができた記事の構成を押さえておき、自身の文章の型を作り上げていきましょう。

案件毎に文章の構成を考えていては、どうしても余計に時間がかかってしまいます。

 

記事を作成していく中で、書きやすい文章の流れを見つけたら、それを自身の文章の型として、指示されたキーワードをパズル的に埋め込んでいく方法が有効です。

 

全てのキーワードに当てはめられる型を作る必要はありません。

文章の型ができていれば、極論、キーワード前後の文章の微修正だけでも記事の形にすることができます。

 

ただし、全く同じ文章を使うと、shinobiライティングのコピペチェックシステムに検出されて不採用になる可能性があります。
言い回しを工夫するなど、違いを出す必要性がありますね。

キャンペーンを効果的に利用する

shinobiライティングの特徴の一つである、ボーナスポイントがもらえるキャンペーンは積極的に活用していきましょう。

キャンペーン中は次のようなボーナスポイントを得ることができます。

 

キャンペーン中のボーナスポイント例
・5記事採用ごとに100ptプレゼント
・50記事採用ごとに1000ptプレゼント

 

上記の2つのボーナスポイントは同時に適用されます。

 

50記事採用された場合にもらえるボーナスポイントは、
5記事採用ボーナス × 10 = 500pt
50記事採用ボーナス × 1 = 1000pt
合計1500ptです。

 

したがって、キャンペーン中は採用記事数に重点を置いて取り組むことで、案件単価以上の報酬を得ることができます。

高額単価案件に挑戦する

高額単価案件に挑戦することも、稼ぐためには効果的と言えるでしょう。

文字数が多い案件になると、その分案件単価が高くなるため、1つの記事作成で多くのポイントを得ることができます。

ある程度ライティングスキルが身についてきた方にとっては、500文字の記事を10記事書くよりも、5000文字の記事を1記事作成する方が簡単かもしれません。

ただし、shinobiライティングで高額単価案件を狙う際は、競争率の高さに注意が必要です。

 

そもそもshinobiライティングには高額単価の案件がそれほど多くないことに加え、ライター登録数は数あるクラウドサービスの中でも最大級なので、必然的に良い案件の競争率は高くなります。

 

高額単価案件だけを待つのではなく、他の記事を作成しながら掲載案件をこまめにチェックし、見つけたらすかさず応募する、というくらい気持ちの方が良いかもしれませんね。

shinobiライティングで得た報酬の換金方法

次に、shinobiライティングで得た報酬を換金する方法を確認しておきましょう。

shinobiライティングの報酬はポイントで支払われる

shinobiライティングで仕事をした報酬は、「BIZ SAMURAI ポイント」で支払われます。

 

BIZ SAMURAI ポイントとは?
shinobiライティングで書いた記事が採用された際に得られるポイントです。
1pt = 0.5円のレートで、現金やポイントギフトと効果することができます。

 

得られるポイント数は、案件毎に個別に設定されていますので、案件選びの際には確認するようにしましょう。

shinobiライティングでポイントを交換する方法

shinobiライティングで得たBIZ SAMURAI ポイントを交換するには、次のSTEPを順に行なっていく必要があります。

 

shinobiライティングでのポイント交換までのSTEP
STEP 1:BIZ SAMURAI公式ページにアクセス
STEP 2:交換するものを選択(ポイントギフト or 現金)
STEP 3:交換するポイント数を入力して交換申請

 

上記のSTEPに沿って、交換申請していきましょう。

 

交換申請ができるのは1,000ptからです。
1,00optに満たない場合は、交換申請できないので注意しましょう。

 

まずSTEP1では、BIZ SAMURAI公式ページにアクセスしましょう。

 

BIZ SAMURAIポイント交換ページ

 

次にSTEP2では、何と交換するかを選択します。

BIZ SAMURAI ポイントと交換できるのは、次の4つのいずれかです。

 

BIZ SAMURAI ポイントと交換できるもの
・現金
・iTunesギフト
・amazonギフト
・PeXポイントギフト

 

現金に交換するときは「銀行振込で現金に交換する」を選択しましょう。

その他のギフト券等と交換する際は「Amazonギフト券、iTunesギフト、PeXポイントギフトに交換する」を選択します。

 

STEP3では、保有しているポイントから交換したいポイント数を入力し、申請を行いましょう。


 

現金に交換する方が使い勝手も良くてお得な気がするかもしれませんが、実は上記のようなギフトに交換することには次のようなメリットがあります。

 

BIZ SAMURAI ポイントをギフト券に交換するメリット
・交換手数料が無料
・手続き完了後すぐにギフトコードを入手可能
・PeXギフトポイントはマイルに変えることができる

 

現金に交換する場合、登録している銀行口座によっては手数料がかかりますが、ギフト券と交換する際には交換手数料がかかりません。

せっかく稼いだポイントを手数料で無駄にするのは勿体無いですよね。

現金でなければいけないわけではなければ、ギフトポイントへの交換も検討してみてください。

 

また、銀行振込は申請〆日と振込日が決まっていますが、ギフトポイントなら申請後すぐにコードが発行されます。

報酬をすぐに使えるのは嬉しいですね。

 

AmazonギフトやiTunesギフトに比べてご存知の方は少ないかもしれませんが、PeXポイントギフトへの交換もお得です。

 

PeXポイントとは?
株式会社VOYAGE MARKETHINGが運営するポイントサイト「Pex」で使用できるポイントです。
提携先、交換先ともに日本最大級なので使い勝手◎。

 

PeXポイントに交換するメリットはなんと言ってもマイルに交換できるという点でしょう。

マイルを貯めている人には、是非交換を検討することをお勧めします。

shinobiライティングの利用上の注意

shinobiライティングを利用していく上での注意点についても確認しておきましょう。

記事が不採用になった場合の理由は開示されない

shinobiライティングは、案件ごとのルールが定められており、それに従った記事を応募すれば、基本的には採用されます。

ただ、万が一不採用になった場合、なぜ不採用になったのか、ということは一切開示されません

 

他サイトでは、提出した記事に不備があった場合にも依頼者から修正指示があり、修正して再提出することで報酬が発生するケースがあります。
shinobiライティングでは記事の修正はなく、不採用となれば問答無用で報酬無しです。

 

納品前には必ず記事に不備がないかどうかのチェックを徹底するようにしましょう。

 

なお、不採用が続くようだと、記事の作成方法に不備があることが予想されます。

そんなときの対策について以下の記事にまとめているので、気になる方はぜひチェックしてください。

 

 

稼いだ金額によっては確定申告が必要

shinobiライティングに限らず、クラウドソーシングサイトで仕事をして一定以上の報酬が発生すると、確定申告を行う必要があります。

 

確定申告とは
確定申告とは、1年間に稼いだお金に対して、納める義務が生まれる税金額を決める為の手続きのことです。

 

確定申告を行わなければならない金額は、本業でクラウドソーシングを利用した仕事をしている場合と、副業で利用している場合とで異なることについても注意が必要です。

 

本業で利用している場合…年間48万円以上
副業で利用している場合…年間20万円以上

shinobiライティングの他に、クラウドソーシングサイトを利用している場合は、それらの合計額を考慮することになるので注意が必要です。

shinobiライティングの2chでの評判

shinobiライティングの評判についてご紹介していきます。

旧2ch(現5ちゃんねる、以降便宜上2chと記載)では、shinobiライティングの情報を共有できるスレッドが存在しており、利用者のリアルタイムな評価や口コミなどを見ることができます。

なお、サイトの特性上2chでの評価は、他サイトの口コミなどと比べてかなり辛口です。

shinobiライティングの高評価口コミ

まず、2chにおけるshinobiライティングの高評価口コミについて確認していきましょう。

高評価口コミとしては次のようなものがあります。

 

shinobiライティングの高評価口コミ
・案件のジャンルが豊富で、得意なものを選びやすい
・案件数が多い時期は、長期間仕事に困らない

 

ライティング案件に特化したshinobiライティングの特徴の1つが、案件ジャンルの豊富さです。

多種多様なジャンルの案件から、得意なジャンルや興味のあるジャンルを選ぶことで、誰でも簡単に記事を書くことができます。

 

さらに、shinobiライティングは、多い時の案件掲載数は他サイトと比較しても圧倒的と言えるでしょう。

 

紹介文3000件以上あるな
今週の木か金まではなくならなそうだ

引用元:5ちゃんねる shinobiライティング

 

数千件の案件掲載がある場合もあり、1週間は仕事に困らないでしょう。

 

shinobiライティングの低評価口コミ

続いて、shinobiライティングの低評価口コミについて確認していきましょう。

低評価口コミとしては次のようなものが見られます。

 

shinobiライティングの低評価口コミ
・とにかく単価が低くて稼ぎにくい
案件掲載数にムラがある
・案件の競争率が高く、希望の案件に取り組みにくい

 

2chサイトでは、実際の利用者の辛口コメントが多数見られます。

やはり、「稼ぎにくい」と言われる理由がそのまま低評価につながってると言ってよいでしょう。

特に単価が安い点についての低評価が目立ちますね。
ライティング案件の単価は、一般的に文字単価という1文字あたりいくらの報酬になっているかで評価されることが多いです。

繰り返しになりますが、shinobiライティングの文字単価は平均して0.2~0.6円/文字程度です。

それほど低いわけではありませんが、文字数が少ない案件が多いため、単価が低いとの評価になっていますね。

 

また、案件掲載数にムラがある点にも一定の低評価が確認できます。

 

何にしても休み直前にあんまり案件追加されてなよな
もっとあるかと思っていたが残念やな
昔は途中で追加があったけどどうだろうね

引用元:5ちゃんねる shinobiライティング

 

たくさんの案件が掲載されている期間もあれば、案件が枯渇している期間もあるということですね。

 

shinobiライティングは、他サイトと比較してライティング案件数が多い傾向がありますが、掲載される期間にはムラがあるとの評価がある点には注意が必要でしょう。

 

最後に、案件の競争率が高いという点も低評価。
ユーザー数が非常に多いshinobiライティングならではのデメリットとも言えるでしょう。
こまめに掲載案件をチェックし、得意なジャンルの案件などはタイミングよく応募する必要があります。

shinobiライティングの口コミまとめ

上記のようなshinobiライティングの評判をまとめると、shinobiライティングは次のような傾向があるクラウドソーシングサイトであると言えます。

 

shinobiライティングの評判まとめ
・ジャンルが豊富で少ない文字数の案件も多く、初心者でも挑戦しやすい
・単価が安く、案件掲載にムラがある為、必ずしも稼ぎやすいとは言えない
・ユーザー数が多く、案件の競争率が高い

 

shinobiライティングには簡単な案件が多いけれど、高額報酬が狙いにくい傾向があります。

クラウドソーシングサイト利用の初心者の方や、空き時間で小遣い稼ぎをしたい方にはおすすめできそうですが、まとまった収入を求める方には向かない可能性があるかもしれません。

他の大手クラウドソーシングサイトをメインに仕事をしながら、サブでshinobiライティングを利用するというような形も有効でしょう。

 

shinobiライティングのメリット/デメリット

shinobiライティングを利用するメリットとデメリットについても知っておきましょう。

shinobiライティングを利用するメリット

shinobiライティングを利用するメリットとしては次のような点が挙げられます。

 

shinobiライティングを利用するメリット
・ライティング案件に特化しているので案件探しが楽
・キャンペーン中はお得に稼げる

 

shinobiライティングは、他の数あるクラウドソーシングサイトの中でも、ライティング案件だけに特化したサイトです。

したがって、動画制作やWebデザインなどの他の案件の中からライティング案件を探すような手間を省くことができますね。

記事作成などのライティング案件にのみ挑戦したい人にとっては大きなメリットです。

 

また、ボーナスポイントが獲得できるキャンペーンが開催されることもshinobiライティングを利用する上での大きなメリットと言えるでしょう。

キャンペーン中は、文字数にこだわらず可能な限り多くの案件をこなすことで、お得に稼ぐことができますよ。

shinobiライティングを利用するデメリット

shinobiライティングを利用する上でのデメリットは、ここまでの話と重複する部分が多いですが、以下のようなものが挙げられます。

 

shinobiライティングを利用するデメリット
・案件競争率が高い
・案件単価が低い

 

競争率の高さと案件単価の低さはどうしても付きまといます。

稼ぎ方のコツでご紹介したように、いかに効率よく多くの案件をこなしていけるかが、稼げるかどうかの鍵を握ることになるでしょう。

shinobiライティングとサグーワークスとの比較

サグーワークスというクラウドソーシングサイトも、shinobiライティングと同様にライティング案件に特化したサイトです。

ここではshinobiライティングとサグーワークスの比較を行っていきます。

案件数で選ぶならshinobiライティング

shinobiライティングは業界屈指のライター数であるため、案件掲載数もそれに伴って多いサイトです。

サグーワークスと比較すると、shinobiライティングの方が案件掲載数は多い傾向にあります。

 

shinobiライティングは案件掲載数にばらつきがある点についてご紹介しましたが、サグーワークスも実情はそれほど変わりません。
二つのサイトを併せて利用すれば、その影響を小さくすることができますよ。

 

案件数が多いサイトが良ければshinobiライティングを使っていくことをおすすめします。

より高みを目指すならサグーワークス

shinobiライティングとは異なり、サグーワークスでは「プラチナライター」という高額単価案件に挑戦できるようになる資格制度が存在します。

テストに合格しなければ得られない資格ですが、優先的に高額単価案件に取り組むことができるようになるため、ライティングスキルを磨きながら稼いでいきたい人にはおすすめです。

 

サグーワークスには、他にもランクアップ制度があり、承認率などで自動的にランクが上がっていきます。
ランクが上がるとボーナスポイントなどを得ることができるようになります。

 

このように、自身のレベルアップを肌で感じながら仕事を進めたい人にはサグーワークスもおすすめのサイトですよ。

さいごに

今回はshinobiライティングが稼げないと言われる理由と、稼ぐためのコツを中心にお話ししてきました。

shinobiライティングが稼げないと言われる理由や次の3つです。

 

shinobiライティングが稼げないと言われる理由
・案件の競争率が高い
・案件掲載数に偏りがある
・文字数が少ない案件があり単価が低く感じる

 

そして上記のような理由を理解した上で、稼ぐためのコツとして次の5つをお伝えしました。

 

 

shinobiライティングで稼ぐための5つのコツ
・得意ジャンルの案件を積極的に選ぶ
・同一ジャンルの案件を重点的に攻める
・書きやすい文章の型を作る
・キャンペーンを効果的に利用する
・高額単価案件に挑戦する

 

shinobiライティングで稼ぐには、数を多くこなすことが大切です。

上記の5つのコツを駆使して、是非高額報酬を狙ってみてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 


>>詳しくは画像をクリック!


・クラウドソーシングサイトに登録したけどぜんぜん稼げない・・・
・月に5万円でもいいから副業で稼げたらいいのに・・・
・在宅で大きな金額を稼げるようになりたいけどそどうしたらいいのか・・・
・怪しい副業などではなくて、堅実に稼ぐ方法を知りたい・・・
・副収入を得て、もっと生活を楽にしたい・・・

もしかしたらあなたは、このようなことで悩んでいませんか?

 

もしクラウドソーシングサイトなどの副業でしっかりと稼ぎたいのであれば、
「スキル」をしっかりと身につけることで解決します。

 

そして、そのスキルを身につけるための講座を無料で行っています。

 

お金に縛られないストレスフリーな毎日を手にしてみませんか?

→【今だけ受講無料!】副業で堅実に月5万円稼ぐための講義の詳細はこちら

 

Shinobiライティング
tommyをフォローする
クラウドソーシングのやさしい教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました