【最初に知っておきたい】気になるシュフティの報酬について徹底調査

シュフティ

「シュフティの報酬ってどうなの?」
「シュフティの報酬について知りたい」
と思われているクライアント、ワーカーさんが多いのではないでしょうか?

 

ということで、今回はクライアント、ワーカーさん向けに、

・シュフティの報酬
・シュフティでの報酬以外の手数料
・取引の流れ

などについて解説していきたいと思います。

 

ぜひ最後まで読んでみて下さい!

 

シュフティでの報酬支払い方法:振込申請手続きについて(クライアント編)

クラウドワークス、ランサーズなどは知られていますが、
意外と多いのがシェフティでの報酬の振込の仕方は?と
思われているクライアントが多くいらっしゃいます。

 

そこで、以下の3点について解説していきますね。

・シュフティの報酬支払い方法
・知っておきたい前払いと後払い
・ワーカーさんが集まりやすい
シュフティ推奨単価

 

シェフティの報酬支払い方法

振り込みを希望する場合は、サイト上の「報酬履歴」より「振り込み申請」を行います。

 

【振り込み申請が可能な条件】
・現在の報酬額(返金額)が605円以上ある
・報酬受け取り口座のご登録が済んでいる参考:シュフティ「振込申請をする」(ワーカー向けより)一部抜粋

 

ここで注意をしてもらいたいのが、2点だけです。
・報酬額が605円以上
・口座登録が済んでいること

 

条件が満たされないといくら申請しようとしても、
申請ボタンが表示されませんので、気をつけて下さい。

 

振込が完了すると、上記のような画面に切り替わるので、
これで報酬の振込は完了となります。

 

ちなみに振込申請はキャンセルすることは
できますか?

条件を満たせばキャンセルはできるので、
安心して下さい!

 

一度行った振り込み申請は、申請時の期限内であればキャンセルが可能です。
キャンセル期限内であれば、申請後のボタンが「振り込み申請をキャンセルする」となっていますので、ご希望の場合はそちらをクリックすれば申請キャンセルが完了します。※キャンセル後の再申請ももちろん可能です。
※キャンセル期限を過ぎますとキャンセルできません。

このように申請期限が表示されるので、
期限内の申請であれば「キャンセル」は可能です。

 

シュフティで報酬額の2つの決済方法:前払いと後払いとは?

シュフティでの支払い方法には「前払い」と「後払い」の2つの決済方法があります。

 

<前払いとは?>
仕事の発注ごとに、予算を支払うことです。(シュフティへの仮払い)
トラブル防止のため、支払いが確認できない場合、ワーカーへの仕事の依頼はできません。

 

なるほど、ワーカーさんにきちんと報酬が支払われるように
前もってお金を入れておくということですね。

 

万が一、予算が余ったらどうなの?
お金は戻らないの?

 

お金は戻ります。

 

残高を返金対象にするには「仕事の終了」操作が必要となります。
【仕事の終了】は、お仕事内のすべてのワーカーさんとの取引が完了されないと
行えないので注意して下さい。
※「仕事の終了」後は募集再開できません。

 

確かにシェフティのいう通りだよね。
まだワーカーさんとの仕事中に、
勝手に終了できるとなったらおかしいしね。

操作の仕方は、
「仕事の終了」操作は該当するお仕事ページの左側にある「募集期間の変更・終了」をクリックします。

そして、表示されるページの「仕事を終了する」を選択してから、
「変更する」ボタンをクリックして下さい。

詳しくは、シュフティ「お仕事に入金したご予算の返金方法について」で確認もできます。

 

返金の際は、

・返金額合計が605円以上ある

・返金先口座のご登録が済んでいる
ことを確認して下さいね。

 

大きくない額なら、
余ったお金は別の仕事に使えるのかな?

 

使用することができません。

 

使用することができません。
(有料オプションの購入にも充てられません)

余った予算は、仕事終了後に 返金対象額として処理され、
出金設定に沿ってご返金(指定口座へお振込み)いたします。

 

返金までの流れは以下をご参照ください。
お仕事に入金したご予算の返金方法について

なお、お取引中止が成立し、残高に移動されたご予算は、そのお仕事内であれば発注時に自動的に充てられます。
※残高のご予算を充てるには、そのお取引の中止が成立している必要がございます。
※取引中止依頼中の場合、ご予算を充てる事ができません。

参考:シェフティ「余った残高(予算)は別の仕事に使えますか?」より

 

 

続いて、「後払い」ですが、「法人」として登録されたクライアントのみが
利用可能となっています。

後払いは、「法人」として登録されたクライアントだけが利用可能となります。
ワーカーへの報酬の支払いや有料オプションの購入など、
当月の利用分をシュフティが一時立て替えることができます。
「月末締め・翌月末払い」で一括のお支払いを行うことができます。

 

信用があるからこそできることだよね。

なので、法人登録をしているのであれば、
状況に応じて2つの支払い方法を選択できます。

 

報酬額に迷わないシュフティ推奨単価

 

報酬額はやはり高い方が、ワーカーさんは集まり安いですよね。
しかし、発注するクライアント側にも当然予算というものがありますし、
参考までにシュフティの推奨単価について解説していきます。

 

「これくらいの単価に設定すると応募が集まりやすい」と言われる単価設定ということで、
シュフティで紹介しています。
報酬を決める際の参考にしてみて下さい。

 

事務作業

・データ入力  2円 (1項目あたり)
 例)名刺1枚の10項目をコピー&ペーストで入力する場合は
   2円×10項目 = 20円となります。
データ収集 4円 (1項目あたり)
 指定条件を収集し、指定フォーマットにコピペで入力する場合
・アンケート
 選択式回答 5円/1設問
 選択式回答(複数選択含む)
└ 記述式回答 0.4円/字
 指定文字数でのフリー入力による回答

 

・ 商品登録・発送関連
項目コピペ登録 10円/1項目あたり
  指定項目(商品名、商品番号、価格、在庫数 など)をコピペで登録する場合
画像アップロード 3円/枚
  指定されたサイトで画像をダウンロード・アップロードする場合
画像加工・編集 40円/枚
  正方形にトリミング、白抜きを行う場合
└ 商品説明文作成 0.4円/字
  指定された商品の説明文を作成する場合(リライトも含む)
※100字での商品説明分作成の場合は40円となります。
└ 商品情報の翻訳 5円/1商品あたり
  翻訳サイトでを用いた直訳
検品/汚れチェック 30
  届いた商品の内容確認・汚れてる場合は清掃
 └ 梱包・発送 70円/件
  商品を梱包し発送を行う
※資材・発送費についてはワーカーさまの負担はいただけません。
└ ユーザー対応 30円/1回答
  出品した商品に関する問い合わせ対応、購入者対応

 

・商品リサーチ
└ 指定URL/指定商品を条件に従って検索 20円/件
  リサーチの成功/失敗にかかわらず、作業を行った件数ごとのお支払が必要です
└ 指定した対象がヒットしたら 上記単価に加え +40円/件
  成功報酬型のみでのお支払はトラブルのもととなりますのでお断りしております

 

ライティング関連の推奨単価もあります。
こちらも報酬を決める際の参考にどうぞ!

■ 体験談 0.4円/字
   自身の体験を基に作成する文章
■ リライト 0.4円/字
   既存の文章をルールに従い書き直す作業
■ 自由テーマの執筆 0.4円/字
   「ざっくばらん」「日常のことを書いてください」といった自由なテーマでの依頼
■ レポート・説明文作成(専門性高め) 1円/字
   ・専門的知識(有資格者のみ書ける)を伴う文章
・報告書、レポート形式のお堅めな文章
■ テーマに沿って調べて書く 1円/字
   クライアントが指定するテーマに沿い、ワーカーが調査(リサーチ)して作成する文章

 

※参考:シュフティカテゴリごとの単価の推奨単価についてよより(一部抜粋)

 

 

シュフティ報酬支払い方法:申請手続きについて(ワーカー編)

ワーカーさん向けに、シュフティでの報酬支払い方法など、
詳しく解説していきます。
最初に知っておくと後で迷わないので読み進めて下さい。

 

シュフティでの報酬支払い方法

振り込みを希望する場合は、サイト上にある「報酬履歴」より「振り込み申請」を行います。

以下の2つの条件を満たすと報酬が振り込まれます。

【振り込み申請が可能な条件】
・現在の報酬額(返金額)が605円以上ある
・報酬受け取り口座のご登録が済んでいる

上記2つの条件を満たしていない場合は、振り込みする際の申請ボタンは表示されません。

 

 

しかし、条件が満たされていないと以下のような表示になりますので
注意して下さいね。

 

ちなみに、

スマートフォンでも申請ができます。

ログイン後、画面右上の「報酬」をタップし、『報酬履歴』を開いて下さい。

 

 

報酬の出金期限はあるのか?

 

クラウドワークスなどでは、出金期限がありますが、
シュフティでは出金期限はないので、ご自身のタイミングで申請するとができます。

 

出金期限がないのは助かります。
ある程度報酬が貯まるまで申請しなくてもいいので。

まとまった額で申請しが方が、
ほしいも物を買えますしね。
そういう意味でも楽しみがります。

お金を振り込んでもらうにも
また振込手数料がたくさんかかるだろうし、、、。

振込手数料に関しては、後ほど詳しく解説します。

 

シュフティで得た報酬の確認の仕方

 

いくつかの案件を受けているうちに、報酬がいくらになったかな?
と気になるのではないでしょうか?

シュフティでは「報酬履歴」より報酬を確認することができます。

シュフティログイン後、画面の右上にある報酬履歴ボタンをクリックすると
現在得た報酬額が確認できます。

 

さらに履歴画面の「すべて」「振り込み待ち」「振り込み処理中」「振り込み申請」の内容で
報酬履歴内容の詳細もわかります。

 

画面のステータスを見ると、
・振込待ちなのか
・振込処理中なのか
・振込申請なのか

も確認できるようになっています。

 

いつ振り込まれるの?シュフティ振込スケジュール

出金申請はしたけど、いつ振り込まれるの?と疑問に思う方も多いはず。

出金申請したから大丈夫だと思うけど、
いつになるか?わかれば、おろしに行けるよね。

振込申請の期限は毎週火曜日になりよりスピーディーに!

振り込み申請の期限は、毎週火曜日 朝6時59分までとなります。
今までは月に3回のみの出金タイミングでしたが、2018年11月26日に
変更となり、毎週申請ができることになりました。

 

振り込み申請期限は『 毎週火曜日の AM6時59分 まで 』となります。
申請期限を過ぎますと、次回分の振り込み申請対象として処理されます。

 

口座振込も最短1営業日中に!

 

出金申請が毎週になり、口座への振込も早くなりました。


ゆうちょ銀行以外の金融機関をご登録の場合、
「申請期限」より1~2営業日以内にお振り込みが行われます!

 

ゆうちょだとどのくらいかかるんですか?

ゆうちょ銀行は「申請期限」より3~4営業日以内の振り込みになります。

できるだけスピーディーに出金したい人は、ゆうちょ銀行以外に口座を作ると良いですね。

 

気になるシェフティ手数料の話

 

多くのワーカーさんにとっては、手数料の話が気になりますよね。
「単価が低いのに手数料をさらに引かれたら、、、」という声も聞こえてきます。

 

結論からいうと、
手数料とシステム利用料が報酬より引かれます。

銀行振込手数料が引かれます

シュフティでは銀行振込手数料が、一律550円かかります。

 

オススメの銀行口座から引き落としで、
安くなるってことはないの?

残念ながら一律550円なんです。

注意事項なのですが、口座情報を間違って登録すると、
当然引き落としができません。
その際に、組戻し手数料として55円が引かれてしまいます。

 


口座情報に誤りがあり、
振り込みが失敗した時に発生します。

 

登録する際の口座情報は、
しっかり確認してから登録して下さいね!

気をつけます!

手数料以外にシステム利用料がかかる

振込手数料の550円だけでもワーカーさんにとっては結構な額なのですが、
シュフティのシステム利用料も引かれます。

報酬額の10%です。

 

例えば報酬が1,000円だった場合は、
1,000円ー(1,000×0.1)
=1,000円ー100
=900

 

システム利用料が100円で
受け取りの報酬は900円ですね!

このシステムがあるから簡単に仕事を探すことができるので、
システム利用料はどうしてもかかってしまいますよね。

普通仕事を探すなら、履歴書、面接などがありますし、
それを考えるとシステム利用料はかかっても仕方がないですね。

シュフティでの仕事は、初心者でもできる仕事があるので、
検索して興味のある仕事を見つけてみて下さい。

 

報酬から引かれるのはイタイけど仕方ないなー。
じゃあ報酬を上げる方法とかありますか?

そうですよね。
報酬がたくさんあったら、、、と考えちゃいますよね。
次は報酬を上げるためのコツを解説していきます!

 

シュフティで報酬を上げるためのコツ

稼いで行く上で、少しでも報酬が上がると嬉しいですよね。
結論から言うと、シュフティで報酬を得るには「データ入力」がオススメです。

 

シュフティは高単価の「データ入力」を狙う!

 

「データ入力」と言うと、他のクラウドソーシングではあまり単価が高くないんですよね。
しかし、シュフティの案件を見ていると、他と比べると「高単価」と言う感じがします。

 

データ入力は、スキルを必要としないので、取り組みやすいと思います。
ただ、単純作業と言う面から合う合わないはあるかもしれません。

 

しかし、主婦の方は基本的に仕事に熱心な方が多いので、
報酬を考えた時に一度やってみるといいですね。
「私、スキルも知識もないし」と言う方には、オススメです。

 

単純作業が苦手だとかは、
やってみないとわからなですし、、、。
一度やってみて、それから判断しても遅くないですよ!

それはありますね!
やってみないと自分に合う合わないはわからない。
頭で考えるだけじゃ何も始まらないですよね。

 

クライアントから「継続」のお話があったら嬉しくなりますね。

 

ちなみに気になる案件ですが、例えば

こちらの仕事内容は、新規営業用リスト作成です。
スキルも必要なしとあります。
さらに「継続発注もあり」となっているので、信頼を得ることができたら
次のチャンスもありですよね。

 

 

こちらの案件は、企業名、住所、企業サイトトップURL、電話番号の入力業務。
こちらもスキル不要です。

 

おいしい案件ですね。
でも人気はありますよね、、、。

 

データ入力案件は人気があるのは確かです。
応募もたくさんあります。
なので、普段から時間があればシュフティで検索してみて下さいね。

いい案件があったらどんどん応募してみて下さい!

 

シュフティ発注の流れ〜クライアント編

シュフティでは仕事の流れは、
・プロジェクトタイプ
・タスクタイプ
の2つの取引の流れがあります。

 

==================
プロジェクトタイプの取り引きの流れ
==================

1、仕事を登録します
2、応募内容を承認します
3、納品物を検収して、支払いをする。
4、評価する

 

このような流れで取引をしていきます。

もし案件の中で、「またこのワーカーさんにお願いしたい」という場合は、
継続発注もできます。

 

クライアント側としたら、
良いワーカーさんと出会えたら
また仕事をお願いしたいと思いますよね。

※継続発注に関しての詳細はこちら

 

話を戻して、次は、

============
タスクタイプの取引の流れ
============

1、仕事を登録する
2、納品物を検収して、支払いをする

 

タスク形式の場合は、プロジェクト形式と違って簡単な流れです。
納品されたものを検収して支払うだけです。

 

シュフティ仕事の取引の流れ〜ワーカー編

プロジェクトタイプとタスクタイプの2つのお仕事があります。
それぞれの仕事の取引の流れを解説しますね。

===============
プロジェクトタイプの取引の流れ
===============

1、仕事を探す。
2、応募する。
3、作業する。
4、納品・請求する
5、評価する
6、報酬を出金する

 

この画面になったら受注が成立です。
あとはクライアントの指示でお仕事を開始していくことになります。

注意点としては、発注される前に作業を開始しないで下さい。
見積もりが承認される前に仕事を始めてしまうと、報酬を受け取れない場合があるので
注意が必要です。

 

初心者向きのシュフティのメリット・デメリットとは?

シュフティは、家事の合間でもできる簡単な仕事が多いので主婦の方でも
気軽にお仕事をすることができます。

 

額は他のクラウドソーシングに比べると高単価の案件は少ないですが、
家事の合間で仕事ができて、
ちょっとしたお小遣いが手に入る
と考えたらワクワクしませんか?

 

確かに何もしないとお金は入ってこないしね。
ちなみにどのくらい稼げるんだろうね?

 

ではシュフティのメリット、デメリットについて解説していきます。

 

シュフティのデメリット

口コミを集めて見ました。

やりがいを感じるまでにはいかず、続けにくいと思う。
がっつり稼ぐというにはシュフティだけでは難しいと感じた。
スキルがある人も、それを生かせる案件はあまり多くないため、
他のサイトの方がいいと思う。

 

案件があまり多くなく、そもそも仕事を取り付けるのが難しい。
まれに高報酬の案件もあるが、全体的には低額の案件が多く、あまり稼げない。
スキルがある人も、それを生かせる案件は他のサイトよりあまり多くなく、
稼ぐにはあまり向かないと感じた。
1日仕事に応募しても結局1件も当たらず、低額のタスク案件を重ねても数が限られている為、
結局1000円程度にしかならなかった。

 

地味な作業しかない案件もあって、やりがいを感じにくいと思う。
大きな企業やベンチャーからの案件は少なく、
フリマ運営の個人経営者がほとんどを占めている印象を受けた。
案件が少ないので実績も積み上げにくく、やりがいを感じにくいと思う。

 

 

デメリットをまとめてみると、3つくらいに集約されますね。

・単価が安い
・案件が少ない
・仕事の確定までの時間が長い

 

単価に関しては、スキルがなくても自宅で家事の合間に簡単にできることを
考えると、単価が安くなってしまいますね。

 

また、他のクラウドソーシングに比べて案件が少ないのは残念です。
シフティで簡単な案件をこなして、慣れてきたいら他のクラウドソーシングに
挑戦してみるというのもありですね。

 

仕事確定までの待ち時間ですが、
すぐに報酬が欲しい人には向いていないかもしれません。
シュフティではここがもう少し早く改善できるといいのですが、、、。

 

シュフティのメリット

 

デメリットがある一方、メリットもあります。

 

案件も多く、各所で紹介されている数も多いので、
まず登録しておいて間違いは無いサイトといえる。
特に迷惑メール等で困ることもないので、クライドソーシングを手掛けたいなら
最初に登録しておくことをお勧めしたい

 

案件が見つけやすい(カテゴリ分けが分かりやすい)
案件が多く、かつ自分が行いやすい作業が登録されている クライアントとの連絡がとりやすく、
行き違いが生じにくい 現在でも、1年以上やり取りが続いているクライアントがあり、
安定して作業ができるのは助かる。

 

クラウド作業は自分の時間に自由がきくので、
自分の生活スタイルには合っているように思える。

 

シュフティでのメリットまとめると、

・スキルがなくても始められる案件が豊富
・家事の合間に仕事ができる
・クライアントと連絡が取りやすいので問題も生じにくい

 

一番のメリットは、スキルがなくてもできるということです。
初めてクラウドソーシングをやられる方には、ハードルが低いので取り組みやすいと思います。

 

また、主婦の方は「よく時間がある」とか言われてますが、
家事には結構時間を取られるんですよね。
その点、シュフティは隙間時間でもできるのでやりやすいと思います。
慣れてきたら、シュフティ以外のクラウドソーシングにも登録してみるとういう考えもあります。

 

シュフティはクライアントとの連絡も取りやすいので安心できますね。
クライアントに気に入られると、継続の案件もあるのでやりがいもあります。
継続をお願いされると嬉しいですよね。

 

まとめ:気になるシュフティの報酬徹底調査

シュフティでの報酬について、支払い方法、手数料、システム利用料など解説してきました。

クラアント向けには、
・振込申請手続き
・発注の流れ

ワーカーさんには、
・報酬の申請手続き
・振込スケジュール
・気になる手数料、システム利用料

などの話をしてきました。

 

シュフティはシステムの使いやすさはもちろん、家事の合間でもできる仕事がありますので、
検索してみて、自分の都合のいい時間と比較しながらお仕事をして下さいね。

 

またシュフティは初心者向きですので、
慣れてきたら他のクラウドソーシングも視野に入れてみるのもありですよ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました