【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

クラウドソーシングで日本にいながら海外の仕事ができるシステム!

クラウドソーシング

「日本のクラウドソーシングは、単価が低すぎる」

上記のように不満を持っているのではないでしょうか?

 

海外のクラウドソーシングに目を向けてみることがおすすめです。

この記事では海外のクラウドソーシングについて以下のことを徹底解説します!

  • 海外のクラウドワークスにおすすめな人は?
  • 海外のおすすめのクラウドワークスは?
  • 海外のクラウドソーシングを利用する時の注意点
  • 税金について

 

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

海外のクラウドソーシングはこんな人におすすめ!

クラウドソーシングのシステムが発達するにつれ、リモートの仕事がより簡単に行えるようになりました。

日本だけに限らず、海外の仕事を受注できるのもクラウドソーシングのメリットです!

そのメリットを利用して、海外進出しないてはありません。

 

以下の人たちは海外のクラウドソーシングにトライすることを、考慮に入れてみてもいいかもしれません。

  • 海外とつながっていたい
  • 日本のクルドソーシング価格に不満がある

 

海外とつながっていたい

  • 海外に住んで仕事がしたい
  • 国際的に活躍したい

リモートという自由な立場で仕事をしている人の中には「海外で活躍してみたい!」という夢を一度は持ったことがある人も多いのではないでしょうか?

 

実際には

  • 家族の必要
  • 条件が合わない
  • 良い仕事がない

などの理由から、海外に移住し、仕事をするのは断念しなければならない人も少なくありません。

クラウドソーシングというシステムを通して、家にいながら世界中のクライアントとつながっていられます!

リモートという形で世界から仕事を発注することによって、国際的に活躍することができるのです。

 

日本のクラウドソーシングの単価に不満がある

海外はリモートの歴史が日本より長く定着しています!

国によってはリモートの仕事をしている人にビザを出しているほどに在宅の仕事が定着し、認められているのです。

クラウドソーシングも、もともと欧米から発祥し、多くのクライアントやワーカーが登録しています。

案件の数、ジャンル共に豊富なので、リモートで仕事をしている人にとって働きやすい環境といえるでしょう。

 

海外のクラウドソーシングは単価が高いのも特長です!

例えば初めて海外のクラウドソーシングを利用した人が、とりあえず時給12ドルで、設定したところ、すぐに仕事が決まったという例もあります。

日本で時給12ドル(約1300円)という単位でクラウドソーシング初心者が作業するのは、難しいので、海外のクラウドソーシングのスケールの大きさをイメージできるのではないでしょうか?

 

反対に、日本のクラウドソーシングを利用している人の感想としてよく挙げられるのは

  • 単価が低い
  • 副業ならいいけど本業として稼ぐのは難しい

というものです。

日本のクライアントは、クラウドソーシングを、「安く発注できるアウトソーシングの場」として利用していることが多いのが、その理由として考えられます。

 

もちろん、クラウドソーシングを上手に利用し、本業として生計を立てている人もいるのも事実です。

クラウドソーシング利用者の平均収入価格が5万円となっていることを考えると、日本のクラウドソーシングはまだまだ開発過程にあると言えるでしょう。

 

海外のおすすめクラウドソーシング

海外のクラウドソーシングの中でも、特に多くの人に利用されているおすすめのクラウドソーシングは以下の4つです。

もちろんクラウドソーシングは本当にたくさんあるので、いろいろ試しながら自分にぴったりなところを探して見るのもいいかもしれません。

Upwork

引用:Upwork

Upworkは世界最大級のクラウドソーシングです!

世界中の500万以上クライアントが登録し、2000万人以上のフリーランサーが仕事をしています。

日本のクラウドソーシングと比べものにならないほどの、大きな会社です。

 

Upwarkは総合型クラウドソーシングで、翻訳、ライティング、IT関係、プログラミング、デザイン…など幅広い案件が豊富にあります。

日本人向けの案件も豊富なので、自分にぴったりな仕事が見つかる可能性が高いです。

 

Upworkのシステムは

  • 初心者向け
  • 経験者向け
  • プロ向け

のカテゴリーに分かれていて、Upwork内でスキルアップしていけるシステムになっています。

 

コツコツと仕事をして行き、徐々に実績ができてくると、クライアントからスカウトやオファーが来ることもあるんです。

掛け持ちなどで仕事をやっている人は、Upworkだけで20万円稼げると言われています!

Upwork公式ページ

 

freelancer

引用:freelancer

freelancerは自分のスキルを証明しながら、競争相手と競う形で仕事を獲得していくシステムをとっています。

コニュニケーション能力なども求められるため、海外のクラウドソーシング初心者がいきなり挑戦するのはハードルが高いですが、自分のスキルを発揮できる場であると言えるでしょう。

 

自分のスキルをクライアントに認めてもらうと、さらに条件の良い仕事の発注が来る可能性も秘めています。

freelancer公式ページ

 

 

Amazon Mechanical turk

引用:Amazon Mechanical turk

Amazon Mechanical turkはアメリカのクラウドソーシングで、日本でもお馴染みAmazonが運営しています。

 

会社のコンセプトは、コンピューターだけでは行えない、人としての感性が必要な仕事などまさに「人間だからこそできる仕事」を提供することです。

このコンピュータ社会において、人力でなければ作業できないような案件が多数あるので、面白い案件を見つけて楽しく仕事ができる可能性を秘めています。

Amazon Mechanical turk公式ページ

 

199Jobs

引用:199Jobs

199Jobsはフィリピンのクラウドソーシングです。

使い方がシンプルで、迅速な対応をしてくれることで有名なクラウドソーシングです。

日本のココナラと同じように、自分のスキルを売り買いし、総合型クラウドソーシングなので、ライティング、翻訳、デザイン、IT関係など案件も豊富です。

199Jobsは

  • 案件が5ドルから発注&受注できること
  • シンプルな英語でのコミュニケーションが取れること

という特徴がありますので、海外クラウドソーシングの初心者でも気軽にトライしやすい場所です。

199Jobs公式ページ

 

 

fiver

引用:fiver

fiverはイスラエルのクラウドソーシングです!

日本のココナラのように自分のスキルを売り買いする、クラウドソーシングのフリーマーケットのような場です。

 

fiverの特徴は199Jobsと似ています

  • 案件が5ドルから発注&受注できること
  • シンプルな英語でコミュニケーションが取れること

 

海外のクラウドソーシングを初めて利用する人でも、気負うことなく始めやすい場所だと言えるでしょう。

fiverの公式ページ

 

 

海外のクラウドソーシングを利用する時の注意点

クラウドソーシングの経験者なら言わずと知れたことですが、クラウドソーシングを利用は自己責任で行う必要があります。

ここでは海外のクラウドソーシングを利用する時の注意点を一緒に考えましょう!

 

英語のコミュニケーション

海外のクラウドソーシングのコミュニケーションは英語を使って行います!

ある程度の英語能力や相手とのコニュニケーション能力を持っている必要があるのです。

 

とは言え、クラウドソーシングを利用するのに複雑な英語表現を使いこなす必要はありません。

大抵の場合、シンプルで分かりやすく、一文が短い英語でのコミュニケーションが取れれば十分です。

参考までに、中学生レベルの英語を使いこなすことができれば、海外の人とのコミュニケーションは十分に通用すると言われています。

 

自分で責任を持って仕事をする

日本のクラウドソーシングと同じく、海外のクラウドソーシングを利用する時も自己責任であることを明記しておきましょう!

クライアントの連絡、仕事は全て自分の責任で行う必要があるのです。

 

日本のクラウドソーシングであっても、海外のクラウドソーシング であっても基本それは変わらないので、クラウドソーシングを利用する人はそのことをしっかり頭に入れて仕事をする必要があります。

 

コミュニケーションを密に取ること

日本と海外のクラウドソーシングの違いは、クライアントと密にコミュニケーションを取る必要があることです。

日本では一度案件を発注すると、納品するまでクライアントと連絡を取らないことも珍しくありませんが、海外ではクライアントの要望に沿ったものを作るために、頻繁に連絡を取りながら作業する必要があります。

 

積極的、かつ率直に自分の意見を伝えたり、相手の意図を汲み取ったりするコミュニケーション能力が必要です。

クライアントと密に連絡をとり、相手に信用される仕事をするようにしましょう。

時差がある!

クライアントがアメリカ、ヨーロッパなどに住んでいる場合、日本時間の夜中に仕事が稼働することがあります。

 

自分でコツコツ仕事を仕上げる仕事内容の場合、時差はそれほど気にならないかもしれませんが、積極的なミーティングを行う必要がある仕事の場合、時差を考慮に入れておきましょう。

夜昼逆転してしまい、こんなはずじゃなかった…と言うことになり兼ねません。

海外のクラウドソーシングで避けるべきクライアントとは

日本もそうですが、海外のクラウドソーシングにも、変なクライアントは存在するのです。

変なクライアントと契約してトラブルを避けるために、避けるべきクライアントの特徴について簡単に説明します。

  • あり得ないほどの高額の案件
  • 仕事稼働時間外で連絡を要求される
  • 最初に費用の支払いを求められる

 

あり得ないほどの高額の案件

あり得ないほどの、高額の案件であると、仕事内容がブラックなものだったり、仕事条件が酷いものだったりする可能性が高いです。

酷いクライアントとのやり取りでストレスを抱えるのを避けるためにも、ぱっと見、好条件に見える仕事に引っかからないようにしましょう。

1つの案件に飛びつくのではなく、いろいろな案件をチェックし、相場を理解した上で、契約を結ぶことも大切です。

 

仕事稼働時外でしつこく連絡を取ろうとする

仕事中に密に連絡を取るのは、海外のクラウドソーシングの利用では想定内ですが、仕事稼働以外でも執拗に連絡を取るように求めてくるクライアントは避けた方がいいでしょう。

1つのクライアントに束縛されすぎて、他の仕事ができなくなる可能性もありますし、過剰な仕事の修正や、契約外の仕事内容を要求される可能性もあります。

最初に費用の支払いを求められる

最初に支払いを求めてくるクライアントも避けるようにしましょう!

報酬に対する支払いがない詐欺のクライアントの危険があるからです。

自分が作業したものに対する報酬をちゃんと支払ってくれる誠実なクライアントと取引するようにしましょう。

 

海外のクラウドワークスを利用時の税金について

海外のクラウドソーシングで得た支払いはPayPalが主ですが、海外のクラウドサービスを利用する時に気になるのは、

税金の支払いはどうなっているのか?
という点ではないでしょうか?
ここでは日本で海外のクラウドソーシングを利用する時の、税金について徹底解説します!

日本で課税される

日本に在住し、日本で仕事を行っている以上、日本のクラウドソーシングを利用しても、海外のクラウドソーシングを利用しても税金に対する対応は基本変わりません。

つまり…日本で課税されるということです!

専門用語で「全世界所得課税」と言いますが、日本在住者が日本で仕事をして得た収入は、海外のクラウドソーシングで得た金額も含めて確定申告する必要があります。

 

PayPalでの支払いに関する注意点

PayPalで報酬を得る場合、ドル、ペソ、ユーロなど外貨で支払われる可能性のほうが高いです。

確定申告する時にはこれを、日本円にして申告する必要がありますが、ドルやユーロの貨幣価値って日常的に変動しますよね。

 

どの時点を基準にして円に換算する必要があるのか悩む人も少なくないのではないでしょうか?

簡潔にいうと、PayPalでお金が支払われたその日のルートで換算して申告します!

 

取引を行った正確な日時や、金額をしっかりと記載し、申告の際に間違いがないようにメモしておくことが大切です。

確定申告の際には、円換算の件で指摘を受けることがありますので、指摘を受けた時にきちんと説明できるように正しい資料を準備しておくことも必要になります。

 

海外で課税されている時の対策法

たまに、海外で税金を引かれた状態で、報酬が振り込まれることがありますが、日本で確定申告をすると二重課税が発生してしまいます。

 

二重課税を避けるために外国税額控除」という制度が利用できます!

外国税額控除を利用するためには確定申告の時に、もうすでに税金が引かれていることを証明する明細の添付が必要になります。

しっかりと保管して、分かりやすいようにファイリングしておきましょう。

 

海外に住みながら日本のクラウドソーシングを利用できる!

今までは日本に住みながら、海外のクラウドソーシングを利用することを考えてきましたが、次は、海外でクラウドソーシング を利用する時のことについて考えます。

 

海外在住の人でも気軽にリモートができるのは、クラウドソーシングの大きな利点です!

海外で日本のクラウドソーシングをができるのは、海外で簡単にパートやバイトができない人にとっても大きなメリットですよね。

自分に働きやすい場所を見つけ、仕事をしましょう。

 

税金は日本で払わなくていいケースもある!

海外で日本のクラウドソーシングを利用して仕事をした場合、振り込みは日本の銀行になるケースが多いです。

クラウドソーシング で得た報酬は日本で税金を修めないといけないと思っている人も多いですが、そうとは限りません。

 

結論から言うと、仕事の内容、その人の状況によって大きく変わります。

 

例えば確定申告が必要になるのはこんなケースです

  • 住民票が日本にある場合

住民票が日本にある人は、日本で確定申告をすることが多く、収入額も申告する必要があります。

海外在住の人は源泉徴収を免除できることもある!

反対に日本に住民票がない場合、日本で納税する必要はありません(その場合、在住している国で税金を納めることになります)。

 

特にクラウドソーシングを利用して日本のクライアントと仕事をする場合、クライアントが源泉徴収をした状態で報酬が振り込まれることも珍しくありません。

源泉徴収とは簡単に言うと税金を前払いするシステムのことで法律上クライアント側に行う義務があるからです。

 

海外在住の人は日本で税金を納める必要がなく、在住している国で税金を支払う場合は二重課税になります!

「海外在住のため、源泉徴収をしないでもらいたい」と申し出るようにしましょう。

 

海外ではフリーランスビザを出してくれる国もある!

ヨーロッパはフリーランスに関する理解が深い国が多く、フリーランスビザを出してくれる国もあります!

ビザを出してもらっている以上、その国に税金や市民税を払う必要がありますが、その国のサポートも受けることができますし、日本へ税金を納める必要がありません。

 

フリーランスのビザを出している国は以下の通りです。

  • フランス
  • ドイツ
  • イギリス(条件を満たしている場合のみ、HSMPビザからの切り替えが可能)

国によってそれぞれ、ビザを取得するための条件がありますので、ヨーロッパ在住で、リモートを考えている人は考慮してみるのもいいでしょう。

クラウドソーシングを利用して海外進出できる!

クラウドソーシングは、どこにいても自由に仕事ができるフリーランスのスタイルをサポートしてくれるシステムです。

日本にいながら海外進出したり、海外在住の人が日本のクライアントと仕事をしたりと、どこにいても自分にぴったりな仕事を見つけやすいメリットがあります。

 

どこでも自分らしい仕事をするために、海外のクラウドソーシングの仕組みなどもしっかりと理解し、自己責任で仕事をするようにしましょう。

 

 

 

 

 


>>詳しくは画像をクリック!


・クラウドソーシングサイトに登録したけどぜんぜん稼げない・・・
・月に5万円でもいいから副業で稼げたらいいのに・・・
・在宅で大きな金額を稼げるようになりたいけどそどうしたらいいのか・・・
・怪しい副業などではなくて、堅実に稼ぐ方法を知りたい・・・
・副収入を得て、もっと生活を楽にしたい・・・

もしかしたらあなたは、このようなことで悩んでいませんか?

 

もしクラウドソーシングサイトなどの副業でしっかりと稼ぎたいのであれば、
「スキル」をしっかりと身につけることで解決します。

 

そして、そのスキルを身につけるための講座を無料で行っています。

 

お金に縛られないストレスフリーな毎日を手にしてみませんか?

→【今だけ受講無料!】副業で堅実に月5万円稼ぐための講義の詳細はこちら

 

クラウドソーシング
happyyazuをフォローする
クラウドソーシングのやさしい教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました