【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

クラウドソーシングは副業禁止の会社勤めでも大丈夫?バレない方法!

クラウドソーシング

「副業禁止の会社に勤めている場合でもクラウドソーシングはできるの?」

「副業におすすめのクラウドソーシングでの稼ぎ方が知りたい」

「クラウドソーシングで副業していることがバレないようにする方法はある?」

 

この記事をご覧になっているということは、上記のような疑問を抱えているのではないでしょうか?

 

そこで今回は、副業禁止でもクラウドソーシングで稼げるのか気になっている方向けに、副業についてやバレない対策について解説していきます。

是非参考にしていただけると幸いです。

 

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

副業が禁止でもクラウドソーシングはできる?

副業が禁止の企業でもクラウドソーシングを利用した副業は可能なのでしょうか?

以下で詳しく解説していきます。

 

副業の可否は会社の規定による

会社の規定・ルールによって決められているので、勤めている企業次第だと言えます。

 

副業の可否は、法律で定められているわけではありません。

むしろ、会社員の副業は近年推奨されつつあります

(ソース:厚生労働省「副業・兼業の促進に関するガイドライン」

 

しかし、副業禁止の会社はまだまだ多いのが現状です。

2018年10月時点での株式会社リクルートによる調査では、実に71.2%の企業が副業を禁止しています。

 

(画像引用:リクルート調査)

政府が副業を推奨しているのにも関わらず、企業はなぜ副業を禁止し続けるのでしょうか?

 

なぜ企業は副業を禁止する?

企業が会社員の副業を禁止し続ける理由としては、以下の3点が考えられます。

 

  • 情報漏洩のリスク
  • 本業への支障の可能性
  • 企業への世間的な信用問題に関わる可能性

 

以下で詳しく解説していきます。

 

情報漏洩のリスク

会社員が同業種で勤務している場合、ライバル社・外部への情報漏洩が懸念されます。

自社の機密情報を世間や他企業に流されてしまっては、様々な面で不利になってしまうでしょう。

 

本業への支障の可能性

また、副業で忙しいことを理由にした欠勤・遅刻・体調不良・実績不調を回避するため、という理由もあり得ます。

実際、兼業・掛け持ちをしている人は勤務時間も長く、覚えることや作業量も倍になってしまうので疲れやすいです。

 

副業を理由に本業を疎かにしてしまわれては困るため、副業を禁止している会社が多い!

 

しっかりと自分でマネジメントできるから大丈夫!と思っている方でも、自己管理は案外難しいものです。

 

企業への世間的な信用問題に関わる可能性

加えて、副業の種類によっては企業の信用問題に影響する可能性があります。

 

アダルトチャットレディなどの風俗系は特に危険です。

チャットレディは顔出しが基本なので、身バレをした時に「この人は○○という会社で勤務している」という情報が流出してしまう可能性があります。

 

クラウドソーシングは健全な職種であり、顔出しも滅多に必要ないのでそこまで心配いらない!

 

副業がバレるとどうなる?

副業が禁止の会社に勤めているのにも関わらず副業をして、それがバレた際に課せられる罰則・懲戒処分は以下のようなものが挙げられます。

 

  • 警告・戒告
  • 減給(数ヶ月間︎)
  • 出勤停止・自宅待機命令
  • 降格処分
  • 懲戒解雇

 

警告だけで済めばまだマシな方ですが、数ヶ月間の減給や出勤停止となるとかなり痛手です。

最悪の場合解雇されてしまう、と考えると副業禁止の場合は副業をしない方が無難、ということがわかりますね。

 

公務員の副業は違法なので注意!

地方公務員法では、以下のように定められています。

 

地方公務員法第38条

職員は、任命権者の許可を受けなければ、営利を目的とする私企業を営むことを目的とする会社その他の団体の役員その他人事委員会規則(人事委員会を置かない地方公共団体においては、地方公共団体の規則)で定める地位を兼ね、若しくは自ら営利を目的とする私企業を営み、又は報酬を得ていかなる事業若しくは事務にも従事してはならない

(引用:)

 

国家公務員の場合も同様なので注意しましょう。

 

2018年6月、NPOやNGOなどの公益的活動に限り公務員による副業が解禁!

 

また、上記の場合は「原則」なので、地域や副業の種類によっては許可されている場合もあります。

許可が必要な業種の場合のみ、「自営兼業承認申請書」の提出が必須なので覚えておきましょう。

 

クラウドソーシングで副業していることがバレてしまう理由とは?

クラウドソーシングで副業していることがバレてしまう理由としては、2つの理由が考えられます。

以下の2点に気をつけていればバレることはほとんどないので、是非覚えておきましょう。

 

理由1:住民税増額の通知が会社に行く

住民税は、前年度の所得によって決定します。

収入が増えると必然的に住民税も増えますが、これはクラウドソーシングでの副業の場合も同様です。

 

クラウドソーシングでの報酬:発注者が支払う金額(契約金額+税)-サービス利用料(おおよそ2割)

 

自分の口座に報酬が振り込まれた時点では、住民税はまだ引かれていません。

そのため、毎年2〜3月に行われる確定申告をしなければならないのですが、確定申告をすると年間所得が増えてしまいます

 

その年間所得が増えたことによって住民税も増えるので、勤め先の経理などが社員の住民税の確認をした際にバレてしまうのです。

 

また、確定申告については後述していくので是非参考にしてみてください。

 

理由2:人伝てにバレる

クラウドソーシングでの副業について仲の良い同僚などに話してしまい、それが人伝てにバレてしまう、ということも考えられます。

もし職場の休憩室などで話した場合、それを他人に盗み聞きされる可能性があるのです。

 

また、外で話した・SNSや電話で話した場合でも、その同僚が上司などに報告してしまう場合もあり得ます。

 

本人に悪気はなくても、副業が禁止されていることを知らずに話してしまうケースも!

 

そのような事態になると友情に亀裂が入りますし、自分が懲戒処分を受けることにも繋がるでしょう。

 

補足:マイナンバーではバレないので心配無用!

また、過去に「マイナンバーで副業がバレる」という情報が流れたことがありますが、それは勘違いなので心配ありません

 

確かに、マイナンバーの提出を求める企業は年々増加傾向にありますが、副業などの管理をするためではありません。

 

あくまでも、政府が国民の就業状況や収入を把握するためのもの!

 

国に副業していることがバレたところで、勤務先に通知などは行かないので安心してください。

 

クラウドソーシングでの副業がバレない方法はあるの?

副業をしていることがバレないようにする方法は、3つ考えられます。

上記で解説した副業バレをしてしまう理由の対処法も含まれているので、副業をしたい方は必見です。

 

対処法1:年間所得を20万円以内に抑える

兼業の場合、所得税の確定申告をしなければならないのは年間所得が20万円以上の場合のみになります。

 

所得=収入-経費(仕事をする上で必要な出費)のこと!

 

そのため、クラウドソーシングでの年間所得を20万円以内に抑えれば、確定申告をする必要はありません

確定申告をしなければ住民税が上がることもないので、会社にバレない、というわけです。

 

対処法2:住民税の支払い方法を変更

住民税の支払い方法は、特別徴税と普通徴税の2種類存在します。

 

特別徴税とは?:給与から天引きされること

普通徴税とは?:自分で支払うこと

 

通常、会社員は特別徴税になっていますが、普通徴税に変更するとクラウドソーシングで得た所得分の住民税を自分で支払うことが可能です。

 

会社の経理が管理できる住民税は会社で得ている収入の分だけなので、バレません。

 

対処法3:どれだけ仲の良い人にも話さない

上記で解説したような人伝てにバレてしまう、ということを避けるためにも、職場の人間に話すのは厳禁です。

 

直接話すのはもちろん、SNSなどで話すのもやめた方が無難だと言えます。

どうしても誰かに聞いて欲しい場合は、職場外の友人や家族に留めておきましょう

 

クラウドソーシングで副業する際の注意点

クラウドソーシングで副業する場合の注意点がいくつか存在します。

仕事を開始する前に覚えておくと必ず役に立つので、要チェックです。

 

年間所得20万円以上の場合は確定申告が必要

上記で解説したように、兼業の場合クラウドソーシングでの年間所得が20万円を超えた時点で確定申告が必要になります。

また、この際の所得とは収入から経費を引いたものを指すので、収入が年間20万円以上でも、経費を計算後20万円以下にできれば大丈夫です。

 

確定申告と聞くと「難しそうだし面倒…」と思われる方も多いと思いますが、申告をしないのは脱税になるので危険です。

 

延滞税・無申告加算税などの罰則を受ける可能性がある!

 

確定申告の方法・必要書類・経費の振り分け方などについては以下の記事で解説しているので、是非覗いてみてください。

 

 

補足:住民税の確定申告と所得税の確定申告は別物!

この「年間所得20万円以上」というのは所得税の場合のみで、住民税の確定申告は金額に関わらず必要なので忘れないようにしましょう。

 

所得税の確定申告は税務署で行いますが、住民税の確定申告は各市区町村の役場で行います。

詳しくは自分が住んでいる自治体のHPを参照してください。

 

扶養に入っている人は注意

両親や配偶者の扶養に入っている方は、年間所得に注意して稼がなければなりません

よく「○○万円の壁」という言葉を耳にすると思いますが、そのボーダーラインの種類は税制上の扶養と社会保険上の扶養に分かれます。

 

また、以下の金額は全て本業と副業を合わせた分なので、現在の本業の収入を計算しつつ、副業でいくらまで稼げるのか計算していきましょう。

 

年間所得が103万円以上になると扶養から外れてしまうので、可能であれば103万円以内に収めよう!

 

学生さんの場合は以下で解説しているので、是非参考にどうぞ。

 

 

税制上の扶養

  • 100万円を超えると住民税が発生
  • 103万円を超えると所得税が発生
  • 150万円を超えると配偶者特別控除満額(38万円)が受けられなくなる
  • 201万円を超えると配偶者特別控除が一切受けられなくなる

 

例えば、本業の方で月に8万円稼いでいる主婦さんがいたとすると、年間所得は96万円になります。

 

この時点では住民税も所得税も発生しておらず、旦那さんの扶養に入っている状態!

 

しかし、クラウドソーシングで副業を始めて、年間で20万円稼いだ場合、年間所得は116万円です。

そうすると住民税と所得税が発生するのに加え、旦那さんの扶養からも外れてしまうので旦那さんの収入も減ってしまうのです。

 

社会保険上の扶養

  • 106万円を超えると自身の勤務先での保険加入義務が生じる
  • 130万円を超えると扶養者が加入している社会保険から外れる

 

加えて、106万円を超えると社会保険の加入が必要になってくるので、社会保険料もかかってきてしまいます

新たに保険に加入する際の手続きも面倒なので、極力106万円以下に抑えた方が良いでしょう。

 

悪質なクライアントの見極め方を知る

クラウドソーシングサイトは運営が存在するため、SNSでのフリーランスなどと比べると安全性はかなり高いと言えます。

しかし、それでも報酬未払い・連絡放置・一方的な契約終了などを行う悪質なクライアント(発注者)は存在するのが現状です。

 

そんな悪質なクライアントに遭遇しないために、クライアントの見極めポイントを覚えておきましょう。

 

  • 5段階評価中4.5以上
  • 受注者からの口コミ
  • 発注実績10件以上
  • プロフィール記入済み
  • 本人確認書類提出ずみ

 

評価が4.5以下の発注者の場合、過去に何かトラブルを起こしてしまった可能性が高いと言えます。

また、実際に業務を受注した人からの口コミも参考にしていきましょう。

 

無理をしない

冒頭でも解説したように、副業の場合は勤務時間・作業量が多くなるため自己管理が難しい、と言われています。

 

日々の自分の体調管理はもちろん、本業の方の業務が疎かにならないように努力しよう!

 

加えて、業務を受注したものの本業が忙しくて納期に間に合わなかった、というのは厳禁です。

発注者に迷惑がかかってしまいますし、悪い評価を付けられると自分の仕事にも影響してしまうので、自分の仕事量はきちんと調節しましょう。

 

クラウドソーシングで安定して稼げるようになったら、本業をやめてクラウドソーシングだけで生活していくのも良いかもしれませんね。

 

 

副業におすすめ!クラウドソーシングの稼げる業種公開!

副業となるとあまり多くの時間を一度に割けないため、受注できる業種が限られてきてしまいます。

 

もし、自身の本業がエンジニアやデザイナーなどであれば、同じ業種をクラウドソーシングで受注することも可能です。

しかし、全く違う業種を選んでみる、ということも気分転換になって楽しいですし、新たなスキルの習得にも繋がるので是非検討してみてください。

 

以下では、比較的短時間の稼働でも支障が出ない、稼げる業種を2つ紹介していきます。

 

タスク系・簡単作業

簡単作業とは、いわゆるアンケート回答・体験談入力・データ入力・文字起こし、などのタスク系のお仕事です。

 

タスクとは?:業務形態の一つ。交渉なしで誰でも応募可能で、初心者の方に人気。誰でもできる内容が故に、報酬は低い。

 

特にスキルは必要なく、パソコンと静かな環境さえあれば誰でもできてしまいます。

他の業種と比べると報酬は低めですが、短時間で気軽に働けるので副業としてクラウドソーシングをしている方におすすめです。

 

タスク案件だけで本当に稼げるのか、という点については以下の記事で詳しく解説しているので、興味のある方は是非チェックしてみてください。

 

 

ライティング・記事作成

ライティング案件とは、ブログ記事執筆やWebコンテンツ作成のお仕事のことを指します。

上記の簡単作業に比べると難易度は若干高めですが、特に専門的な知識や技術は必要ないので、誰でも挑戦可能です。

 

ライティング案件の報酬形態は、文字単価と記事単価の2つ存在します。

 

文字単価=1文字何円、記事単価=1記事何円

 

記事内容や長さによっても変わりますが、文字単価の相場は初心者0.1〜0.3円、経験者0.5〜1円、プロ1円〜です。

もしある程度の経験を積んで文字単価1円に到達後、1記事5,000文字の記事を1ヶ月に10記事執筆したら、月収は5万円になります。

 

ライティングの初心者歓迎案件は、ライティング技術を学びながら稼げるので効率が良くおすすめです。

 

副業の範囲で稼ぐ!クラウドソーシングの始め方伝授

クラウドソーシングは、開始当初から安定して稼げるわけではありません。

おおよそ2〜3ヶ月の時を経て安定した収入を稼げるようになるので、即金性に期待はしないようにしましょう。

 

その2〜3ヶ月間は一体何をしているのか、ということについて以下で解説していきます。

以下の効率的な手順に沿って仕事を始めると、収入が安定するまでの期間が短くなるのでおすすめです。

 

①会員登録、プロフィール設定

まずは、登録するサイトを見つけて会員登録をしていきましょう。

ほとんどのクラウドソーシングサイトが登録料は無料としているので、気になるサイト数件に登録しても構いません。

 

プロフィール項目設定の際は、極力多くの項目を埋められるよう努力してください。

本人確認書類の提出を促されたら、必須じゃなくとも提出することをおすすめします。

 

仕事を受注する際の信頼度UPに繋がる!

 

また、自由記入欄には、簡単な自己紹介や週の稼働時間・得意な仕事・仕事に対しての意気込みなどを記載すると尚良いでしょう。

 

②タスク案件で評価と実績溜め

無事会員登録とプロフィール設定が済んだら、実際に案件をみていきます。

 

しかし、この時点ではまだ評価や実績が0なので、お目当ての仕事は受注できない状態です。

 

クラウドソーシングサイトでの信頼=評価数+実績数+本人確認書類!

 

上記で解説したような、交渉なしで誰でも受注できるタスク案件で評価と実績を溜めていきましょう。

 

受注実績が20件以上、評価も5段階中4.5以上が20件以上溜まったら充分だと言えます。

 

③徐々にお目当ての案件へ移行

評価と実績が20件ずつ貯められたら、自分が受注したいと思っている業種に応募していきましょう。

最初は低単価の、求められているレベルが低いもので構いません。

 

初心者歓迎、と書かれた案件がおすすめ!

 

その業種に慣れてきたら、徐々に高単価の案件や・継続発注ありの案件に応募していきます。

万が一落ちてしまったら、またタスク案件に戻って評価と実績溜めに勤しみましょう。

 

副業禁止でも安全に利用できるクラウドソーシングサイト3選

仕事をする上で、クラウドソーシングサイト選びは非常に重要です。

今回紹介する3サイトは知名度と安全度ともに高く、初心者の方にもおすすめできます。

 

これから仕事を始める方は必読です!

 

クラウドワークス

(画像引用:クラウドワークス 公式サイト

国内利用者数NO.1を誇る大人気サイトです。

業種数・案件数・登録企業数ともに業界TOPクラスで、仮払い制度などが設けられており安全度が高い点も評価できます。

 

数あるクラウドソーシングサイトの中でも相場は高めですが、唯一サービス利用料が2割と高いのが残念です。

サービス利用料がもったいない!と感じる方は、SNSでの受注も並行して行うと良いかもしれません。

 

 

クラウドワークス 公式サイトはこちら

 

ランサーズ

(画像引用:ランサーズ 公式サイト

国内で一番最初に立ち上げられたサイトだと言われています。

利用者数・登録企業数ともにクラウドワークスと同等で、案件数も多いので仕事探しがしやすいです。

 

官公庁などの政府機関や数々の大手企業も利用しているため、運営の信頼度は非常に高い!

 

稀にネット工作などの噂が流れていますが、ランサーズ側が被害者のパターンが多いそうです。

詳しくは以下の記事をチェックしてみてください。

 

 

ランサーズ 公式サイトはこちら

 

サグーワークス

(画像引用:サグーワークス 公式サイト

上記2サイトと異なり、ライティング案件専門のサイトです。

 

総ライター数は27万人と、非常に人気なサービス!

 

文字単価や記事単価の相場は、クラウドワークスと比較すると若干低めですが、初心者の方にとっては充分だと言えます。

 

また、サグーワークスには独自のランク制度が設けられているため、モチベーション維持がしやすく稼ぎやすい、という点も挙げられます。

以下の記事でプラチナテストについて解説しているので、興味のある方は是非覗いてみてください。

 

 

サグーワークス 公式サイトはこちら

 

まとめ

まずは、クラウドソーシングを始める前に、副業禁止の会社かを確認しましょう。

 

もし副業NGであれば、上記で解説したようなトラブルを防ぐためにも仕事をしないのが安全です。

どうしてもやりたい場合は自己責任になってしまいますが、住民税の徴税方法を変更するか、年間所得を20万円以内に抑えるようにしましょう。

 

また、事前に確定申告や扶養についても知っておくことが大切です。

気になる方は、この機会に是非今回紹介したおすすめのサイトに登録してみてはいかがでしょうか?

 

 


>>詳しくは画像をクリック!


・クラウドソーシングサイトに登録したけどぜんぜん稼げない・・・
・月に5万円でもいいから副業で稼げたらいいのに・・・
・在宅で大きな金額を稼げるようになりたいけどそどうしたらいいのか・・・
・怪しい副業などではなくて、堅実に稼ぐ方法を知りたい・・・
・副収入を得て、もっと生活を楽にしたい・・・

もしかしたらあなたは、このようなことで悩んでいませんか?

 

もしクラウドソーシングサイトなどの副業でしっかりと稼ぎたいのであれば、
「スキル」をしっかりと身につけることで解決します。

 

そして、そのスキルを身につけるための講座を無料で行っています。

 

お金に縛られないストレスフリーな毎日を手にしてみませんか?

→【今だけ受講無料!】副業で堅実に月5万円稼ぐための講義の詳細はこちら

 

クラウドソーシング
chico1129をフォローする
クラウドソーシングのやさしい教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました