【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

初心者必見!クラウドソーシングで稼ぐために必要なスキルは?

クラウドソーシング

「クラウドソーシングサイトで副業を始めたいけど自分でもできるかな?」

「スキルがなくても稼げるのかな?」

「初心者にもおすすめの仕事を知りたい」

この記事をご覧になっている方はこのような心配をされているのでは無いでしょうか?

 

そこで今回はクラウドソーシングサイトで稼げるようになるために必要なスキルや、初心者さんに是非知って欲しい稼ぐためのコツや案件の見極め方などについて解説していきたいと思います。

是非参考にしていただけると幸いです。

 

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

クラウドソーシングで稼ぐために必要なスキルは?業種別に解説!

一概にクラウドソーシングサイトで稼ぐために必要なスキル、と言っても業種によってかなり違います

今回は3つの業種例を用意してそれぞれ必要なスキルと、このような方におすすめできるよ、という要素を書き出してみました。

 

こんな人におすすめ!業種例1:ライティング系

名前の通り、何かを「書く」お仕事です。

このようなブログの記事を作成する「ライティング」はもちろん、録音された音声を聞いてそれを文字に起こす「テープ起こし」や「翻訳」などが挙げられます。

それぞれ詳しくみていきましょう。

 

ライティングのスキル必要度は★★★☆☆

ライティングには「文章力」やある程度の「タイピングスキル」が必要ですし、高単価の案件だと「SEO知識必須」などの項目が設定されている場合もあります。

 

「SEO」とは?Search Engine Optimization で、検索エンジン最適化の略語!何かを検索したときに上位に表示させるための知識

 

初心者さんは慣れるまで長い記事を書くのが苦痛に感じたりすることもあるかもしれませんが、一度習得してしまえば比較的楽に進められる仕事です。

ライティングには「文字単価」というものがあり、最初は0.1円〜0.3円前後が妥当なところでしょう。

徐々に高単価の案件を受注できるようになってくると0.5円〜1.0円、プロレベルになると2〜10円を目指すことも可能です。

 

文字単価0.2円の場合、2,000文字の記事で400円、5000文字の記事で1,000円

文字単価1円の場合、2,000文字の記事で2,000円、5,000文字の記事で5,000円!

 

文字単価が0.8円違うだけで5,000文字の記事の場合4,000円も差が出てしまいました。ライティングの仕事において文字単価がどれだけ重要か一目瞭然です。

お仕事を頑張っていくにつれ文字単価が着々と上がっていくところを見ると、自分のスキルが視認化されているようでとても気持ちいいと感じるでしょう。

 

テープ起こしのスキル必要度は★☆☆☆☆

テープ起こしは副業として始める人も多い人気案件です。

このお仕事は「ブラインドタッチ」や何かを同時に処理する能力が必要でしょう。

作業効率を考えると音声をこまめに停止していちいちキーボードを見ながら打ち込む、というのはおすすめできません。

 

また、単価も100円〜高くても1,000円前後が相場なので稼げる率はかなり低いです。

長い間パソコンを使っていてタイピングだけは自信がある!という人であれば一度挑戦してみてもいいかもしれません。

 

翻訳のスキル必要度は★★★★★

翻訳は言わずもがな「語学スキル」が必須です。

海外留学を経験されていたり、何か語学の資格を持っているとかなり有利に仕事が進められると思います。

案件ごとに「○○何級以上」や「○○何点以上」などと指定があるところも多いので実際に案件を見て確認してみましょう。

 

 

こんな人におすすめ!業種例2:IT系

IT系の中でも細かく分類することは可能ですが、その中でも頻繁に募集されているのが「Web制作」や「アプリ開発」といったものでしょう。

 

Web制作・プログラミングのスキル必要度は★★★★★

クラウドソーシングサイトの募集カテゴリーの中でも一位二位を争うほどに専門知識・スキルの必要度が高い職種です。

以下のようなプログラミング言語の習得が必須なのに加え、案件の獲得のしづらさも初心者さんにはおすすめし難い理由です。

 

  • HTML/CSS
  • JavaScript/jQuery
  • PHP
  • WordPress

 

実績がないとクライアント側もどのようなサイトを作ってくれる人なのか想像ができないため依頼がしづらい、ということです。

しかし難易度に比例して報酬もかなり高めの設定になっています。

10,000円〜100,000円以上も狙えるのでプログラミングスクールに通われていた方などにおすすめです。

 

こんな人におすすめ!業種例3:デザイン系

デザイン系といえばずばり、「ロゴ作成」や「写真撮影」などが挙げられるでしょう。

 

ロゴ作成のスキル必要度は★★★☆☆

ロゴやイラスト作成のお仕事にはデザインの知識が必要不可欠です。

デザイン系は「コンペ形式」で募集されることが圧倒的に多いので、最終的に採用されるのは1人だけ。

どれだけ技術が秀でていても「依頼者に気に入られるかどうかが勝負」ということです。

 

クラウドソーシングサイトには、
①プロジェクト方式(複数人の募集が多い)
コンペ方式(名前の通り優勝者は1人だけ)
③タスク方式(数10人〜数100人規模の低単価のものが多い)

 

またタスク形式やプロジェクト形式と違い最終的に報酬が支払われるのは「1人だけ」という点もポイントです。

その報酬は案件によって10,000円〜100,000円とかなり高額ですが、その分プロジェクト方式と比較すると落とされてしまう可能性も高くなります

競合に勝つためには相当な努力とスキル、そしてたまに運が必要になるでしょう。

 

写真撮影のスキル必要度は★★☆☆☆

特に専門知識や技術は必要ないですが単価が高ければ高いほど求められているクオリティも高いです。

写真撮影で稼いで行くとなると、機材センス加工技術3つは必須でしょう。

センスは勉強できるものではないので仕方ありませんが、カメラの技術の習得や構図などの勉強はしておくと良いでしょう。

 

クラウドソーシングはスキルがなくても大丈夫?

上記でクラウドソーシングサイトで稼ぐためのスキルについてお話ししましたが、最初はどれも持ち合わせていない方が多いでしょう。

今クラウドソーシングで何十万、何百万と稼いでいる人でも最初はみんなスキル0の状態なので心配無用です。

 

最低限必要なスキルさえ持っていれば誰でも稼げる

もちろん稼ぐために必要なスキルを勉強できる場所はたくさんありますし、可能であればある程度身につけてから募集することが望ましいでしょう。

しかし、以下の2項目さえ守れていれば誰でも稼げるようになることは可能です。

 

社会人として最低限のビジネスマナー

ビジネスマナーと言われてもパッと思い浮かばないかもしれませんが、これを守れない人はクラウドソーシングで稼げるようになることは難しいでしょう。

 

  • 連絡はマメに
  • わからないことがあったらまず自分で調べる
  • 丁寧な言葉遣いで
  • 納期はきちんと守る
  • コピペや盗作など著作権侵害に値する行為は絶対NG!

 

社会人として、というより人間として当たり前のことばかりです。

このような社会人としてのモラルが足りないとクライアントからの信頼も失いますし、悪い評価をつけられてしまうとその後の仕事が進めにくくなります。

ネット上であれど立派な仕事ですし、一社会人として仕事を任されているという意識を持つことが大切でしょう。

 

パソコンは必須!スマホだと稼ぐのは難しい

最近スマホのみで稼げる!という宣伝の副業が増えていますが、クラウドソーシングサイトで本気で稼ぎたいのであればパソコンは必須。

ライティングやプログラミングなどといったタイピングが必要な案件ではスマホのみでは不十分です。

できないこともないですが作業効率やスピードも悪くなるので案件の取得率も低くなるでしょう。

 

最近は10,000円〜30,000円程度の安めのパソコンもあるので、持っていない方はこの機会に購入することを強くおすすめします

 

 

未経験でも挑戦しやすい案件の特徴BEST3

スキル0、実績0、経験0でも取れる案件は多数ありますが、3つの特徴があるのでそれを参考にしてみてください。

闇雲に応募しているだけだと却下され続けてしまうはずなので、いつまで経っても未経験のままです。

お仕事が順調に進まないとモチベーションの低下にもつながってしまうので注意して下さい。

 

  • 未経験者OK!や初心者歓迎!という表記がある
  • 低単価
  • 続けられそうで比較的簡単な業務内容

 

  • プロ求む、経験者求む、という表記がある
  • 高単価
  • 自分には難しすぎる内容

 

この3点を抑えられれば未経験の状態でもある程度の案件を獲得することは可能でしょう。

また、初心者さんがお仕事を始めるときに重要なポイントを下記で紹介しているので合わせてご覧ください。

 

クラウドソーシングサイトって本当に稼げるの?

「未経験者やスキル0の方でも稼げる、とはいってもたかがお小遣い程度では?」

「実際に望んでいるほどは稼げないだろうなぁ」

とお思いの方もいらっしゃると思いますが、そんなことは決してありません

 

実際に私もそう思っていた時期がありましたが、あるコツを掴んでからは収入が一気に急成長していき、気づいたときには目標金額をとっくに超えていました。

怪しく聞こえるかもしれませんが全て事実であり、誰にでも可能なことなので試してみる価値は充分にあると思います。

 

初心者さん必見!誰でも稼げるようになるコツ

果たしてそのコツとは一体何なのでしょうか?

以下の手順を守ってお仕事を開始すればすぐ軌道に乗ること間違いなしです。

 

プロフィールを徹底させる(プラスになることはなんでも書く!)

②低単価の案件をたくさんこなして☆5評価をたくさん溜める(☆が低いと意味がないので簡単な案件でOK

③評価がある程度溜まってきたらいくつか「継続依頼」の案件に応募する

④落ちてしまったら①に戻って繰り返し

⑤やっと案件獲得成功!その案件を真面目に最後までやり通す!

⑥いい評価がもらえて次の案件も継続してもらえる

⑦その案件に慣れてきたらその仕事で学べたことや実績をプロフィールに書き足してから少しだけ高単価の仕事に応募する

⑧落ちてしまっても収入は安定しているので安心!①②⑦の繰り返し

 

少しわかりにくいかもしれないのでもっと簡潔に説明すると、

評価の点数の高さ+受注実績の数+プロフィール/ポートフォリオ(実績)=稼げる

ということです!

 

最初は収入はほとんど発生しませんが、一度継続依頼の案件を獲得できれば軌道に乗るのは早いです。

クライアントは「この人なら真面目に仕事をしてくれるか」をみるときに評価点数や実績の数、プロフィールの充実さに着目します。

ゆえに、その3つさえ伸ばしてしまえば案件を獲得できるチャンスは勝手に舞い込んでくるといっても過言ではありません。

そして応募して落ちてしまった時はその3つを改善する、というルーティンを作っておくと更に良いでしょう。

 

クラウドソーシング高収入業種ランキングTOP3!

最初は収入は見込めなくとも一度軌道に乗ってしまえば簡単に稼げるようになる、ということがお分かり頂けたと思います。

では、数ある業種カテゴリがあるクラウドソーシングの中でも1番稼げる可能性があるのはどのような仕事なのでしょうか?

 

3位:ライティング・翻訳

最初の方で説明した通り、ライティング系の業種には文字単価というものが存在します。

その文字単価が高くなればなるほど1度に稼げる金額も上がる、ということです。

 

そして、「珍しい専門知識や高度な技術が必要な記事作成」や、「主要語以外の他言語翻訳」では文字単価を10円近くまで上げることも可能です。

5,000文字執筆すれば50,000円、10,000文字執筆で100,000円になります。

内容にもよりますが5,000文字程度であれば1日でかけてしまうライターさんが多いと思うので日給50,000円!凄まじいです。

 

これほどの収入を目指すには相当なスキルが必要ですし、ここまでの高単価案件を募集している方は滅多にいませんがあり得ない話ではありません。

 

2位:イラスト・ロゴ作成

プロのイラストレーターの方であれば一度の案件で100,000円〜200,000円ほど稼ぐことも可能でしょう。

会社のロゴ作成」や「商品のラベルイラスト作成」など、企業関連の案件が高単価で募集されやすいです。

 

コンペ形式での募集が多いイラスト系の業務は、まさに「一攫千金」という言葉が当てはまると思います。

収入の不安定さでは他の業種に負けてしまいますが、自分の個性やスキルを最大限に生かした仕事場と言えるでしょう。

 

1位:Webデザイナー・エンジニア

クラウドソーシングサイトで最も募集金額が高い案件といえばこのようなIT系業務でしょう。

専門知識や技術の必要度も高く、非常に難しい案件ですが需要はかなり高いです。

 

「フリマサイトの制作」や「マッチングアプリの開発」などの案件は報酬が100万円越えもしばしば。

クラウドソーシングサイト利用者の収入ランキングには年収1,400万円超えを誇るWebデザイナーもいるのだとか。

本当なのかはわかりませんが、実在するのであれば相当熟練されたスキルをお持ちの方だろうと想像できます。

 

 

おすすめできないお仕事はある?失敗しないための注意点は?

高収入を望める業種とは反対に、どう頑張っても稼げない業種、というのは存在するのでしょうか?

せっかくクラウドソーシングを始めるのであれば誰しも稼げるようになりたいと思うので、そのために避けるべき案件の特徴を挙げていきたいと思います。

 

続けても自分のスキルアップに繋がらない案件は極力避ける

スキルアップに繋がらない、とは具体的にどのようなことなのでしょうか?

上記の「誰でも稼げ得るようになるコツ」で紹介したように最初の頃はタスク案件をいくつもこなしていかなければなりませんが、ずっとそのままというわけではありません。

いずれはライティングやプログラミング等の高単価案件を目指せる業種に移っていかなければ永遠に低単価のままなのです。

 

そしてそのタスク案件、いわゆる「簡単作業」と呼ばれる以下の2つのような案件は実績が溜められ次第すぐにやめた方が良いでしょう。

 

稼げない業種1:口コミ、体験談入力

誰でも簡単にできるタスク案件の一つで、初心者さんにとても人気があります。

200文字〜500文字程度の執筆で終わるので隙間時間のお小遣いには適していますが、1件100円程度が相場のためどれだけ継続しても稼げるようにはならないでしょう。

最初の頃の評価や案件数稼ぎのために使うには最適な業種です。

 

稼げない業種2:データ入力、文字起こし

こちらも上と同様、多数の初心者さんが応募するタスク案件です。

口コミや体験談入力よりは報酬も高く必要とされるスキル熟練度も若干上がりますが、所詮は誰にでもできる簡単作業に過ぎません。

 

また、いくら続けていても自分のスキルにならないので継続する価値がないのです。

同じくらい低単価だとしてもライティング技術を教えてくれる案件に応募する方が余程良いでしょう。

 

 

悪質なクライアントには気をつけて!

また、クラウドソーシングサイトの中には悪質なクライアントさんもいるので注意が必要です。

以下のような特徴に当てはまるクライアントさんが発注されている案件は少し様子を見た方が良いでしょう。

 

特徴1:プロフィールが空欄
特徴2:本人確認されていない
特徴3:実績や評価が登録されていない
特徴4:評価が☆4以下
特徴4:相場を大きく下回る単価

 

もちろん該当する方全てが悪質、というわけではありません。

受注者と同じく発注者にも初心者はいるので、そのクラウドソーシングサイトに登録したばかりの方であれば実績や評価が登録されていないのも頷けるでしょう。

 

しかし評価数が多いのに星の数が少ないなどの不審な点がある場合は口コミを見て判断しましょう。

通常であればクライアントさんのプロフィール欄で過去の受注者さんのコメントを見ることが可能です。

 

また、トライアルやお試しと称して作業をさせ無報酬や低単価で契約を終了させる、などの悪質な手口を使う人もいるので注意して下さい!

 

初心者さんにおすすめのクラウドソーシングサイト5選!

初心者さんがクラウドソーシングを始める時はクライアントさんの見極め方や仕事開始の手順、案件の選び方が非常に大切ですが、クラウドソーシングサイト選びも欠かせません。

初心者さん向けの安全で使いやすいクラウドソーシングサービスをそれぞれ特徴とともにまとめてみたのでぜひ参考にしてみてください。

 

①クラウドワークス

(画像:クラウドワークスHP

国内最大のクラウドソーシングサイトなので、クラウドソーシングで稼ぎたいな、副業をしたいなと思ったことがある方であれば一度は目にしたことがあるでしょう。

何よりも特徴的なのが受注者・発注者ともにサービス登録者数がとても多く、毎日新しい案件がいくつも追加されていくほどの案件の多さです。

また、案件の種類(業種)も200種類以上あるので自分が好きなお仕事を選ぶことができます。

 

 

クラウドワークス 公式サイトはこちら

 

②ランサーズ

(画像:ランサーズHP

日本国内で1番最初に立ち上げられたクラウドソーシングサイトです。

受注者・発注者ともに数はクラウドワークスとそこまで変わりありませんが、唯一違う点といえばランサーズの方が大手企業が多いことです。

まれに官公庁などの政府機関も利用しているのでランサーズの会社自体の信頼度は高いと言えるでしょう。

 

しかしランサーズアプリ(iOS版)の評価は☆1.3とかなり低め。以下のようなレビューがとても多いのでアプリは使わない方がいいかもしれません。

 

『機能が悪すぎる』

たくさんの方々が指摘してる通り、このアプリは使いものになりません。

特に、メッセージが来ても通知してくれず、初めての契約機会を逃しました。

通知機能が全く機能しないので、四六時中携帯をチェックしないといけないので不便すぎます。

仕事がたくさんあってランサーズ自体は非常に良いサイトなのに、いつも携帯を見てチェックしないといけないとなるとほかの仕事に支障が出るので、恐らくもうランサーズ自体の利用は辞めると思います。

大変残念なアプリです。

引用:App Store レビュー(2020/04/16)

 

 

ランサーズ 公式サイトはこちら

 

③Yahoo!クラウドソーシング

(画像:Yahoo!クラウドソーシングHP

上記二つのクラウドソーシングサイトとは少し違い、「タスク」が多く募集されているサイトです。

もちろんプロジェクト形式で継続的に依頼されているクライアントの方もいらっしゃいますが、クラウドワークスやランサーズと比べると少ないでしょう。

 

また、特徴的な点がTポイントやPayPayボーナスで収入がもらえる、という点です。

クラウドソーシングはあくまでもお小遣い稼ぎの範疇にとどめたい、という方には最適なサイトでしょう。

 

 

Yahoo!クラウドソーシング 公式サイトはこちら

 

④スキルクラウド

(画像:スキルクラウドHP

2018年に開始されたばかりのサービスです。

受注者・発注者ともに多くはありませんが、ライバルが少ないという点では初心者さんにとってありがたいかもしれません。

また、このクラウドソーシングサイトの最も特徴的なところといえば取引の形態が3つに分けられていることでしょう。

 

①専用ルーム
②対面型サービス
③教室型サービス

 

①の専用ルームは一般的なクラウドソーシングサイトと同じようにメッセージやファイル等のやり取りを含み、WEB上で完結するものです。

②の対面型サービスは文字通り実際に発注者・受注者と会い、対面でサービスを受けるものなので、実技系に多いです。

③の教室型サービスは②と同じく実際に会いますが、それがグループ規模になったものです。

指定された時間、場所をもとに複数人で集まってサービスを受けられるので講義系に多いでしょう。

 

このようにサービス形態が分けられていることにより、対面で実技を提供することができる、というのは嬉しいポイントだと思います。

 

 

スキルクラウド 公式サイトはこちら

 

⑤ココナラ

(画像:ココナラHP

スキルクラウドと同じく、スキルマーケット方式のクラウドソーシングサイトです。

 

スキルマーケット方式とは?:自分のスキルに値段をつけて売ること。

 

特に自慢できるようなことではなくでも大丈夫です。

自信がなくてもどこかで誰かが自分のスキルを必要としてくれていると信じて応募してみましょう。

デザイン系だけでなく占いや悩み相談、アドバイスといったカテゴリーもあるので誰でも挑戦できそうです。

 

 

ココナラ 公式サイトはこちら

 

まとめ

スキル0、実績0、経験0の初心者さんでもクラウドソーシングサイトで稼ぐことは可能です。

以下のポイントが今回の記事の重要な点です。

 

  • 最初は誰でも初心者
  • スキルがなくても仕事をしながら磨いていけば大丈夫!
  • 仕事の始め方や案件の選び方を参考に進める

 

一度軌道に乗ってしまえば収入もそこまで不安定にはなりませんし、好きな環境で好きな時に稼げてしまうクラウドソーシング

今後ネット社会が発展していくにつれ需要や供給もどんどん増えていくでしょう。

 

気になった方はこの機会に是非挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

 


>>詳しくは画像をクリック!


・クラウドソーシングサイトに登録したけどぜんぜん稼げない・・・
・月に5万円でもいいから副業で稼げたらいいのに・・・
・在宅で大きな金額を稼げるようになりたいけどそどうしたらいいのか・・・
・怪しい副業などではなくて、堅実に稼ぐ方法を知りたい・・・
・副収入を得て、もっと生活を楽にしたい・・・

もしかしたらあなたは、このようなことで悩んでいませんか?

 

もしクラウドソーシングサイトなどの副業でしっかりと稼ぎたいのであれば、
「スキル」をしっかりと身につけることで解決します。

 

そして、そのスキルを身につけるための講座を無料で行っています。

 

お金に縛られないストレスフリーな毎日を手にしてみませんか?

→【今だけ受講無料!】副業で堅実に月5万円稼ぐための講義の詳細はこちら

 

クラウドソーシング
chico1129をフォローする
クラウドソーシングのやさしい教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました