【決定版】クラウドソーシングを利用するメリットを徹底解説!

クラウドソーシング

クラウドソーシングを使うか悩んでいる。

クラウドソーシングを利用するメリットやデメリットが知りたい。

このような悩みを抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

そこで今回は、

  • クラウドソーシングのメリットとデメリットを解説
  • クラウドソーシングを利用している人の悩み

これらの情報を、記事にまとめていきたいと思います。

ぜひ最後までご覧ください!

クラウドソーシングのメリット・デメリット【受注者側】

それでは、クラウドソーシングを利用するメリットについて解説していきたいと思います。

クラウドソーシングがどのようなサービスなのか知らないという方は、下の補足情報をご覧ください!

クラウドソーシングについて簡単にまとめております。

 

クラウドソーシングは、インターネット上で業務を委託するという新しい仕事形態です。
群衆のCrowdと業務委託のSourcingが組み合わさって出来ました。クラウドソーシングの仕事の具体例としては、プログラミング・ライティング・翻訳・データ入力などが挙げられます。
国内では、「クラウドワークス」「ランサーズ」「ココナラ」「シュフティ」などが有名です。

クラウドソーシングの受注者側のメリットについて

仕事の受注者側のメリットを調査してみたところ、全部で4つのメリットが見つかりました。

それぞれについて解説していきたいと思います。

仕事を自由に選択することが出来る

クラウドソーシングには、様々な種類の仕事があります。

例えば、業界大手の「ランサーズ」というクラウドソーシングでは、全部で9種類の仕事ジャンルがあり、それがさらに細分化されているほどです。

 

様々な仕事形態の中から、自身に合った仕事を自由に選択できるということが、メリットだと言えます。

前職の経験を活かした仕事や、完全初心者からでも始められるようなものなど、幅広い選択肢があるということが特徴として挙げられます。

時間や場所に縛られずに働くことが可能

明日は朝9時に出社して、

12時から〇〇会社と打ち合わせだぁ。

クラウドソーシングなら、

もっと自由な働き方が出来ますよ!

クラウドソーシングには、在宅ワークが可能な仕事が多いという特徴があります。

そのため、完全在宅で仕事を行っていくことも十分可能であると言えますよ!

 

これまで企業に所属していた方は、打ち合わせが何度もあったり、営業のために交通機関を使用しなければならないということを経験されたのではないでしょうか?

そうした煩わしさは、クラウドソーシングには一切ありません。

 

時間や場所に縛られることなく、自分のライフスタイルに合わせて仕事が出来るというメリットがあります!

近年では、クラウドソーシングのためにコワーキングスペースを利用している方も多いみたいですよ!

新たなスキルを獲得することが出来る

クラウドソーシングに掲載されている仕事は、一般的な仕事とは異なるようなものが多いです。

 

例えば、ブログの記事作成の仕事や、プログラミングを使用したサイト作成など、主に情報を扱う仕事となります。

もしも、そうした仕事に関わってこなかった方からすれば、新たなスキルを身に付けることが出来ると言えるでしょう。

 

実際にクラウドソーシングには、初心者向けの案件も数多く掲載されています。

また、仕事をするうえで、しっかりとしたマニュアルを準備している発注者も多いという印象です。

そのため、仕事を進めていく中で、スキルを上達させられることが、大きなメリットだと言えますね。

クラウドソーシングは副業に最適なサービス

副業ってなかなか大変そうだよね。

クラウドソーシングは、

副業におすすめですよ!!

クラウドソーシングは副業に最適なサービスであるというメリットがあります。

 

・スキマ時間でコツコツ稼ぐことが出来る
・短時間で完了できるような仕事も多い
・自身のスキルを活かすことが出来れば高収入を見込める
・完全初心者でも始められる仕事ジャンルも多い

クラウドソーシングは、以上のような特徴を持っています。

このような特徴を持っていることから、副業に最適なサービスだと言えますね!

もし、手軽な副業を始めたいという方は、ぜひクラウドソーシングを利用してみてください!

クラウドソーシングの受注者側のデメリットについて

次は、仕事の受注者側から見たデメリットを解説していきます。

調査してみたところ、全部で6つのデメリットが見つかりました。

クラウドソーシングは案件の相場が安い

 

案件を検索してみたけれど、

低単価な案件ばっかりだった、、、

 

クラウドソーシングは、案件の相場が安いということが分かりました。

 

クラウドソーシングには、もちろん高単価な案件も掲載されています。

しかし、割合としては低単価な案件の方が多いという印象です。

 

そのため、専業として高収入を稼ぐためには、専門的なスキルを身に付けるか、相当な量の仕事をこなす必要があると言えます。

コミュニケーション不足に陥ってしまう

クラウドソーシングの仕事は、基本的に一人で行う場合が多いです。

また、在宅で仕事をするという方も多いと言えるでしょう。

 

そのため、人との接点がなくなることで、コミュニケーションが不足してしまうというデメリットが挙げられます。

もちろん、クライアントとの連絡を取る機会もあるとは思いますが、基本的にはチャットツールを使用することが多いです。

 

クラウドソーシングを使ってフリーランスで働く人たちの交流会もありますが、そうした会に参加しない限り、人脈を広げることは難しいと言えますね。

クラウドソーシングは競争が多い

仕事に応募したけど、また契約できなかったよ。

クラウドソーシングは、

競争率がとても高い仕事なのかも、、

 

クラウドソーシングで安定した収入を得るためには、クライアントと長期的に契約を行う必要があります。

また、案件もなるべく高単価な条件で契約したいと考えますよね。

 

そうした案件には、たくさんの人が募集を行います。

そのため、必然的に案件に対する競争が多くなると言えるでしょう。

クラウドソーシングでは、契約を取ることが難しく、安定した収入を得られない可能性があるというデメリットが生まれます。

悪質なクライアントと契約してしまうかもしれない

 

契約者の個人情報を抜き取ってやろう。

 

クラウドソーシングで契約を結ぶ際に、実際に会って話をするということはほとんどありません。

契約前に対面で会うことを、禁止しているクラウドソーシングもあります。

 

そのため、契約をしてからクライアントが悪質であると気づく場合があります。

クラウドソーシングでクライアントと契約する際は、以下の点に十分注意をしましょう。

 

  • 事前にクライアントの評価をチェック
  • クライアントが本人確認済みかをチェック

 

初心者の頃はタスクやコンペで疲弊してしまう

クラウドソーシング初心者の頃は、実績を積むという作業が必要となります。

そのため、タスク作業で数をこなしすぎたり、コンペ方式で当選しないなどして、疲弊してしまうかもしれません。

クラウドソーシングには、基本的に3つの仕事形式があります。
①プロジェクト方式:クライアントと長期的に契約する方式
②コンペ方式:他のユーザーと成果物を競い合う方式
③タスク方式:クラウドソーシング上で、誰でもすぐに始められる方式

タスクやコンペ方式で疲弊しないためには、低単価なプロジェクト案件に応募することをおすすめします。

低単価な案件だと、競争率も少なく、初心者でも容易に案件を獲得することが出来ますよ!

クラウドソーシングは外部からの信頼を得にくい

クラウドソーシングは、比較的新しい仕事形式です。

そのため、外部からの信頼を得られないことがあります。

 

例えば、クラウドソーシングを専業で行っていた方が転職をする場合、社会的な信頼を獲得できない可能性があります。

また、クラウドソーシングで得たスキルを活かせるような仕事ですと、転職の幅は非常に狭まってしまいますよね。

 

そのため、いきなり専業としてクラウドソーシングを始めることは、あまりおすすめしません。

副業としてある程度稼げるようになってから独立するという形が望ましいですね。

クラウドソーシングを始める際は、今後のキャリアや転職に要注意!

クラウドソーシングのメリット・デメリット【発注者側】

次はクラウドソーシングのメリットとデメリットを、仕事の発注者側の視点で解説していきたいと思います。

クラウドソーシングで仕事を発注したいと考えている方はもちろん、仕事の受注者も知っておいて損はない内容です!

クラウドソーシングの発注者側のメリットについて

仕事の発注者側のメリットを調査してみたところ、全部で2つのメリットが見つかりました。

それぞれについて解説していきたいと思います。

コストを抑えることが出来る

クラウドソーシングを発注者として利用している方の多くは、コストを抑えられるからだと言えます。

 

通常、会社や個人で作業を外注する場合は、業務委託会社に依頼をすることになると思います。

そうした場合、手数料や依頼料など、金銭面で大きな打撃を受けることになりかねません。

 

しかし、クラウドソーシングでは、手数料をなるべく抑えながら仕事を外注することが出来ます

クラウドソーシングにおける手数料は、基本的に仕事の受注者が負担する場合が多いです。

また、報酬に関しても、自身の裁量で決定することが可能な場合が多いです。

そのため、業者に依頼するよりもコストを削減できることが、メリットとして挙げられます!

仕事の効率を上げることが可能

明後日までにエクセルの資料を完成させないと。

でも、社内で手が空いている人はいないなぁ。

そんな時にクラウドソーシングは非常に便利ですよ!

クラウドソーシングでは、データ入力や資料作成など、作業の代行を行うことが可能です。

そのため、仕事の効率を上げたいという方には、おすすめのサービスとなっています。

 

特に、会社での仕事が忙しい方にはうってつけですよ!

実際に大手企業でも、クラウドソーシングを導入しているという事例があります。

 

クラウドソーシングを導入している会社の事例

・エン・ジャパン株式会社(人材業界)
・KDDI株式会社(IT・通信業界)
・株式会社日立製作所(学術・研究分野)
・パナソニック株式会社(メーカー)
・株式会社東急百貨店(卸売・小売)

会社の業務の一部を、クラウドソーシングに代行するという働き方は、徐々に浸透してきているということが分かりました。

クラウドソーシングの発注者側のデメリットについて

次は、仕事の発注者側から見たデメリットを解説していきます。

調査してみたところ、こちらも2つのデメリットが見つかりました。

情報のセキュリティに不安が残る

クラウドソーシングで作業を外注することになると、会社や個人事業で扱っているデータを、第三者に渡すことになります。

そこから、情報が漏洩してしまうという危険性があるというデメリットが見つかりました。

 

もちろん、サービス上で情報の漏洩を禁止しているサービスがほとんどだと思います。

しかし、完全に安全であるとは、言い難いことが懸念点です。

情報の漏洩が怖いという方は、事前に案件の契約書を作成するなどして、柔軟に対応をしましょう!

成果物のレベルが低い場合がある

仕事の受注者側のデメリットでも述べたように、発注者が相手を選ぶ際も人を見極めにくいというデメリットがあります。

そのため、成果物を納品してもらった際に、目標のレベルとは程遠いというケースが度々起こりかねません。

 

実際にツイッターを検索しても、このような意見が載せられていました。

成果物に対して高いレベルを要求する場合は、業者に依頼する方が無難だと言えますね。

クラウドソーシングで働いている人の悩み

ここまでは、仕事の受注者と発注者で分けて、それぞれのメリットやデメリットを説明してきました。

最後に、クラウドソーシングで働いている人が抱えている悩みを、いくつか取り上げて解説していきたいと思います!

クラウドソーシングの収入だけで食べていける?

クラウドソーシングを専業で始めたいと思っている方は、

クラウドソーシングだけで、食べていけるの?

という悩みを抱えていらっしゃるのではないでしょうか?

 

結論から申し上げますと、クラウドソーシングだけで食べていくことは可能です。

ただ、そのレベルまで収益を上げるためには、相当な努力と時間が必要だと言えます。

2018年にランサーズが行った調査によると、クラウドワーカーの年収は平均186万円、月額に直すと15万5千円であるということが分かっています。

実際にクラウドソーシングだけを使って、月収30万円を稼いでいるという方もいますよ!

クラウドソーシングで働く際の保険や確定申告ついて

クラウドソーシングで働くことは、個人事業に該当します。

そのため、専業で働いている場合は、国民健康保険や国民年金を、自身で支払う必要があるので注意しましょう。

 

また、専業や副業問わず、クラウドソーシングでの収入に確定申告が必要な場合があります。

クラウドソーシングにおける確定申告の対象は以下の通りです。

確定申告が必要なケース
①副業で年間20万円以上の所得を得た場合
②専業で年間38万円以上の所得を得た場合

確定申告については、以下の記事で詳しく解説しておりますので、ぜひご覧下さい。

クラウドソーシングで仕事が無いという方に向けて

クラウドソーシングに登録したけれど仕事が無い。

どの仕事から始めればいいか全然わからない。

クラウドソーシングを始めたばかりの人が、このような悩みを抱えていることをよく見かけます。

 

そうした方のために、初心者でもおすすめの仕事をいくつかピックアップしました!

初心者におすすめの仕事

・WEBライター:圧倒的オススメ、PCとタイピングさえできれば始められる
・データ入力:誰でもできる作業であるため、手を付けやすい
・翻訳:語学スキルがある人には最適の仕事

もし、プログラミングやデザインなどのスキルを持っている方であれば、その方面で仕事を探してみるといいでしょう。

補足:おすすめのクラウドソーシング4選

最後に、クラウドソーシングをぜひ利用したいと感じた方のために、おすすめのクラウドソーシングを4つ紹介させた頂きたいと思います。

国内には80種類以上のクラウドソーシングがあることはご存知でしたか?

その中でも、特におすすめのクラウドソーシングは以下の通りです!

 

クラウドワークス:業界最大の案件掲載数、ユーザー数と取引額でNo.1の実績
ランサーズ:副業での満足度No.1、豊富な仕事ジャンルを掲載
ココナラ:知識・スキル・経験を活かしやすいクラウドソーシング
サグーワークス:ライティングに特化したクラウドソーシング

各サービスに特徴がありますが、どれも優良なサービスばかりです。

登録は基本的に無料ですので、掲載しているリンクから、ぜひアクセスしてみてください!

まとめ

今回はクラウドソーシングにおけるメリットとデメリットをまとめてきました。

 

もちろんクラウドソーシングには様々なメリットやデメリットがあります。

しかし、どんなサービスにもメリットやデメリットはありますよね?

そのため、利用する価値は十分にあるのではないかと思います。

 

特に、副業を始めたいという受注者や、なるべくコストを抑えながら仕事を外注したいという発注者には、非常におすすめのサービスとなっています。

本サイトでは、様々なクラウドソーシングに関連した記事を公開しておりますので、ぜひ他の記事も参考に読んでみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました