【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

クラウドワークスの問題点とは?悪質な依頼者に搾取されない方法

クラウドワークス

「クラウドワークスには問題点がないのか?」

 

と悩まれている方はおおいのではないでしょうか?

 

ということで今回は、

 

・クラウドワークスの問題点

・クラウドワークスには問題点が多数存在するのに、どうして利用者が多いのか?

 

といった部分を重点的に解説していきたいと思います。

ぜひ最後まで読んでみてください!

 

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

クラウドワークスの問題点

何か副収入が欲しい際には、使い勝手のいいクラウドワークスですが、
問題点がいくつかあります。

 

ここでは、主な問題点だと言われている

 

・時間当たりの単価の低さ

・クライアントとのトラブル

・報酬不払い

・不当な要求

・音信不通

・手数料の高さ

・いい案件を見つけにくい

・プロクラウドワーカーになるのが難しい

・違法な案件

・業務連絡が取りにくい

・個人情報を要求されることがある

・契約前に納品を要求されることがある

 

の12こについて詳しく解説していきます。

 

時間当たりの単価の低さ

 

クラウドワークスの案件には、単価の低い案件が沢山あります。

少ない時間で終わるものならまだしも、
中には数時間もかかるのに報酬が数百円しかない 。

なんて案件も存在します。
(時給に換算すると、数百円、数十円しかないということです。)

 

⬇︎酷いものになると、こういう案件もあるようです。

募集要項

報酬:5円/1記事 100円/20記事(システム料込み)
記事の文字数:2000字~/1記事
納品記事数:20記事
納期:目安は1週間で1記事
求める人材:初心者の方。パソコンをお持ちの方

 

ここまで低いとなると、やるのがバカバカしいくらいです。
一体どこの発展途上国ですか?って感じです。
(また、ここから最大で20%が手数料で引かれます。)

 

ただし、これは最初のうちだけで、
沢山の案件をこなし、自分の実力を高めていけば、
徐々に金額の高い案件を受注することも可能です。

 

「どうしてここまで単価の低い仕事が蔓延しているのか?」

その理由ですが、

「低い単価でも仕事を受ける人がいるから」

というものになります。

 

クラウドソーシング市場に労働基準法は反映されないので、

「低単価でもやりたい!」

という人がいれば、その金額でまかり通ってしまいます。

 

何故、低い単価で仕事を受ける人がいるのかというと、
応募者の中に、暇つぶし、お小遣い稼ぎ感覚で仕事をする人もいるからです。

そういった人達は、時給数十円、数百円というブラックな単価で案件を受けてしまいます。(結果、単価の低い仕事が蔓延する)

 

クライアントとのトラブル

 

クラウドワークスを利用するにあたり、
仕事を依頼するクライアントとのトラブルが問題になることがあります。

 

特に問題になっているのが、下記の7つになります。

 

・報酬不払い

・不当な要求

・音信不通

・違法な案件

・業務連絡がしにくい

・個人情報を要求される

・契約前に納品を要求される

 

これらについて、今から解説していきます。

 

報酬不払い

 

ここでいう報酬不払いとは、仕事を納品したのに報酬が支払われないというものです。
(なんとも酷い話しです・・・)

 

その対策として、クラウドワークスでは、
仮払い(エスクロー)システムというものを導入しています。

 

このシステムを利用すると、報酬不払いを避けることができるのですが、
悪質な依頼者はこの対策として、

「他の媒体で連絡を行い、仕事の納品を要求する」

ことで、無報酬で成果物を手に入れようとします。

 

通常、依頼者と受注者はクラウドワークスのチャット内で仕事のやり取りを行うのですが、
LINEやメールアドレスで連絡をするように促し、
成果物をそこで納品して貰おうとするわけです。

 

そこで納品してしまうと、
成果物をタダで騙し取られてしまいます。

 

⬇︎こちらは、クラウドワークスの相談所から転載したものです。

チャットワークに誘導され、仮払い、追加報酬をよく月にと引き延ばされた3か月、金額にして約150000万円の報酬が支払われません。

信頼していたクライアントなのでチャットワークに応じました。クラウドワークス外の取引なのでワーカーサイトの保証もないと思います。

サイトは私の執筆した記事に広告を張って稼いでいると思うと腹が立ちます。ランサーズもクラウドワークスもまともなクライアント様は本当にいるのでしょうか?

あまりにも悪質すぎる・・・

参考URL:https://crowdworks.jp/consultation/threads/9300

これはかなり極端な例かもしれませんが、
現実問題として、こういった事例は沢山存在します。
普段からクラウドワークスのチャットで成果物の納品をすれば問題ありませんが、
気を付けておくべきポイントです。

不当な要求

 

最初の契約には書いていない過剰な要求、
変な言いがかりを付けられ、報酬を貰えない。

このような不当な要求が起こってしまう可能性があります。

 

こういった、不当な要求を避けるためには、
最初に契約内容を確認しておくのがとても大切になります。

最初の契約条件と異なる要求をされたり、
理不尽な言いがかりをされたりしたら、
できないと断ることも大切です。

 

音信不通

 

クラウドワークスを使用する際、
クライアントといきなり連絡が取れなくなってしまうこともあります。

 

納品をした途端に音信不通になってしまうパターンや、
契約をしただけでその後放置、、なんてこともあります。

 

クライアントに音信不通をされてしまうと、
報酬不払いになってしまうので、
注意した方がいいです。

 

対策としては、仮払い(エスクロー)システムを利用していれば大抵は防げるので、
仮払い前に作業を始めることは避けた方がいいです。

 

手数料の高さ

 

クラウドワークスは、手数料がなかなか高いです。

手数料は最大で20%もあります。

 

仮に、1万円の仕事をしたと過程します。
報酬を貰う際に、手数料20%を差し引くと、
8000円になってしまいます。

2000円は手数料に取られてしまうわけです。

 

まあ、手数料が高い分、契約書、請求書をクラウドワークスに丸投げしたり、
案件をくれたりと、悪いことばかりではありません。

 

そのほかにも、仮入金システムで支払いが保証されているので、
クライアントから支払いをされないなんてこともありません。

 

クラウドワークスの報酬を受け取る際の振込手数料は、通常500円ですが、
楽天銀行を振込先にすると100円になります。

いい案件を見つけにくい

 

クラウドワークスは、ランサーズに比べて案件の数がかなり多いですが、
その反面、いい案件を探しにくいという問題点があります。

 

案件の数が多くなるに連れて、質の低い案件が増えてしまいます。
これについてはどうしようもない問題です。

 

ただ、その反面、いい案件の数も増えるため、一長一短だと言えます。

 

検索条件を工夫することにより、この問題点を避けることが可能になります。

「文字単価1円」

「文字単価2円」

などで検索するのがおすすめです。

プロクラウドワーカーになるのが難しい

 

クラウドワークスでは、条件を満たすと優先的にいい案件を貰うことができます。
(条件を満たすと、プロクラウドワーカーという称号を貰えます)

 

大半の条件は、当たり前のことをこなしていれば問題ないですが、
1つだけ厄介な条件が存在します。

 

それは、「報酬ランキング200位以内になる」というものです。

 

ライター部門だと、月収20万年くらいが目安になります。

これがランサーズの場合だと、だいたい月に12万円ほどで認定ランサーになれるので、
厳しめと言えます。

 

違法な案件

 

ごく稀ですが、法律に接触する依頼が募集されることがあります。

中でも多いのが、著作権侵害の案件です。

 

悪質なクライアントだと、他人の画像や文章を無断で使用するように指示してくる場合もあります。

 

このような案件を見つけた場合には、
応募をしないようにした方がいいです。

 

このような不審なクライアントがいた場合、募集要項のページの右側に「改善点を事務局に通知」というボタンがあります。
このボタンを押すと、クラウドワークス運営側に連絡がいき、対処をしてくれます。

業務連絡が取りにくい

 

クラウドワークスの案件は、ネットを使ってメッセージのやり取りをすることにより業務の連絡を行います。

 

ですので、対面で業務連絡をするのに比べて、
相手の意図を上手く読み取れなかったりして、
案件を依頼者の望み通りにこなせない可能性があります。

 

成果物が依頼者の伝えた通りにできなければ、
当然「却下」になってしまうので時間と労力を無駄にしてしまいます。

 

個人情報を要求されることがある

 

募集要項に、「LINE、メールアドレスでやり取りができる方」などと記載されている案件が存在します。

 

円滑に業務連絡をするために連絡する人もいますが、
悪質な人になると、連絡先を情報商材の宣伝に使う人も存在します。

 

契約前に納品を要求されることがある

 

通常、契約を結んでから記事を納品する流れになります。

しかし、悪質なクライアントだと、契約を結ぶまえに、
「テスト記事」などの名目で記事を納品させようとしてきます。

 

「契約を結ぶまえに、どれくらいの実力があるのか知りたいです(^ ^)」

「テスト記事が上手ければ報酬を増額しますよ」

 

などと言い、テスト記事が納品されるとその後、音信不通になってしまうこともあります。

 

クラウドワークスは問題点が多数存在するのに、どうして利用者が多いのか?

ここまで、クラウドワークスの問題点について多数挙げてきました。

しかし、何故かクラウドワークスは、業界No1の人気を誇っています。

 

ここでは、クラウドワークスの利用者が多い理由である

 

・完全在宅で仕事を進めることができる

・案件が多く、初心者でもできる仕事を見つけやすい

・稼いでいる人の実体験を見て、「自分にもできそうだ!」と自信を持てる

・自分で仕事を選ぶことが可能

・実績を積むとスカウトがくる

・エスクロー(仮払い)で安心

 

の6つについて解説していきます。

 

完全在宅で仕事を進めることができる

 

クラウドワークスは、完全在宅で仕事を進めることができます。

 

業務案件の打ち合わせが必要になった際は、
SkypeやLINE、メールなどを使うことが多く、
対面で打ち合わせを行うことはほとんどありません。

 

通勤時間が存在しないため、
その時間を仕事に費やすことができます。

 

また、期限通りに納品物を出せばいいので、
本業で会社員をやる傍、空いた時間を副業に当てることができいます。

 

案件が多く、初心者でもできる仕事を見つけやすい

 

クラウドワークスは、他のクラウドソーシングサービスと比べて案件の数が多いです。

未経験者でも実施可能な案件も多いので、気軽に始めることができます。

 

なので、本業や趣味などを生かした仕事を見つけることも容易になります。
それを利用し、効率的にお金を稼ぐことができるのでおすすめです。

 

すでに持っている知識や経験を活かせる仕事をすることで、
隙間時間などの余った時間で素早くお金を稼ぐことができます。

 

稼いでいる人の実体験を見て、「自分でもできそうだ!」と自信を持てる

 

クラウドワークスの利用者が多い理由の1つとして、
稼いでいる人の実体験を、ネットやSNSで容易に知ることができるというものがあります。

 

・自分の好きな時間、場所で働けるのは大変働きやすい。周りがどんな環境であろうと、自分さえ良ければ誰にも迷惑をかけずに働ける。海外に出ることが多いのですが、海外でもやろうと思えば働けるので大変便利です。

・本来、自分の趣味やスキルにあった仕事でなくても稼げることに重点を置いているため。また違った分野でスキルをのばすこともできるので、自分の自信にもつながり、仕事ができる範囲が広がる。

・自分の能力に合わせて、仕事を選べる点に魅力を感じる。また、仮払が仕事を行う前にされるので、仕事をしたのに料金が払われないというトラブルが発生しない点もおすすめできる理由である。

参考URL:https://zaitaku-worker.info/crowdsourcing/crowdworks/

上記は、ネットの口コミをまとめたものですが、
これらを見ると、自分でも稼げそうだと思えるようなものばかりです。

自分で仕事を選ぶことが可能

 

クラウドワークスでは、当然ながら、自分自身で仕事を選ぶことができます。

記事を書く案件でも、自分の好きなジャンルを選んだりすることが可能です。

 

沢山のジャンルの仕事が登録されているので、
自分が得意なもののみを集中的にこなすことができます。

 

実績を積むとスカウトがくる

 

実績を積んでいくことで、スカウトで好条件の案件がくることがあります。

 

どうしてこのようなことが起こるのかというと、
案件を依頼する側からすると、応募してくるライターがどれくらいの実力があるかが分からないからです。

 

なので、高品質な記事が欲しいクライアントは、上手い記事を書けるライターを探してスカウトします。なので、美味しい案件がスカウトでくるというわけです。

 

エスクロー(仮払い)で安心

 

クラウドワークスでは、エスクロー(仮払い)を導入しているため、

「案件を納品したのに、報酬が振り込まれない・・・」

という自体を回避することができます。

 

クラウドワークスの場合は、クライアントが仮払いしてから、作業を開始するエスクローシステムを導入しています。

 

これにより、案件を納品したら、必ず報酬が振り込まれるというわけです。

 

クラウドワークスで稼ぐには、問題点を克服する必要がある

 

クラウドワークスのデメリットを克服し、お金を稼げるようになるのは簡単です。

 

クラウドワークス初心者の方でも、ここで紹介する方法をちゃんと実践すれば、
2、3ヶ月目には月に数万円を稼ぐことができるようになります。

 

いきなり何十万円も稼ぐことは難しいですが、
5万円程度であれば十分に可能になります。

 

これから、初心者がクラウドワークスで稼ぐために必要な

 

・遠慮せずに、積極的に高額報酬の案件に応募していく

・実績を増やすために単価の低い簡単な仕事も受ける

・クライアントとの連絡手段や時間帯を把握しておく

・手数料を引かれても割に合う仕事かを考える

 

の4つについて解説していきます。

遠慮せずに、積極的に高額報酬の案件に応募していく

 

クラウドワークスには、高額報酬の案件が多数存在します。

 

高額報酬の案件は専門の知識が必要だったり、
プロも多数存在するので、

「初心者の自分なんかにできるのか?」

と抵抗を感じてしまうかもしれません。

 

ですが、クラウドワークスの高額報酬の案件に、
応募資格など存在しないので、積極的に応募してみるのをオススメします。
(意外と応募に通ります。)

 

ただし、自分のスキルが明らかに足りていない場合は注意が必要です。

 

自分のスキル不足が原因で案件をこなせなかった場合、
評価が下がり今後の仕事が受けにくくなってしまいます。

実績を増やすために単価の低い簡単な仕事も受ける

 

クラウドワークスでは、

「実績=信頼」

となっています。

クラウドワークスを始めたばかりだと、実績がないので、
思ったように仕事を受注できないことが多数あります。

 

特に、高額な案件や継続案件だと実績が重要視されているので、
初心者だと門前払いをされてしまうことも・・・

 

なので、最初のうちは実績作りも兼ねて、
単価の低い簡単な仕事をこなしていくのが重要になります。

ここで数を稼ぎ、実績を増やしていくと、
いい評価が増えていき、信頼が出てくるので高額報酬の案件もこなせるようになってきます。

 

クライアントとの連絡手段や時間帯を把握しておく

 

クライアントとの連絡手段や時間帯を把握しておくのも、
クラウドワークスで稼ぐためには大切です。

 

お互いが連絡手段と連絡がつく時間帯を把握しておくことで、
余計なトラブルを避けることができます。

 

クライアントとの連絡手段で安全なのが、
クラウドワークスのチャット機能になります。

これだと、サイト内で起こったトラブルは運営側が対処してくれます。

ただ、サイトのチャット機能では不便だからと、

・LINE

・Skype

・メール

などで連絡をとることもあります。

 

上でも書いたのですが、サイトのチャット機能以外で成果物を納品するのはやめた方がいいです。なぜなら、サイトのチャット機能以外で納品してしまうと、相手が悪質なクライアントだった場合、報酬を払わない可能性があるからです。

手数料を引かれても割に合う仕事かを考える

 

クラウドワークスでは、最大で20%の手数料を引かれてしまいます。

なので、手数料を引かれても割に合う仕事かどうかを見極めることがとても大切です。

 

案件によっては手数料をクライアントが負担してくれるものもあり、
その場合は満額を受け取ることが可能になります。

手数料の負担については、依頼内容を見たり、クライアントに問い合わせてみるといいです。

 

クラウドワークスはこんな人にオススメです

ここまで、クラウドワークスのネガティブな部分について多数取り上げてきました。

ですが、悪いところばかりではありません。

 

クラウドワークスを使い、結構な金額を稼いでいる人がいるのも事実です。

 

では、どんな人に向いているのかというと、
下記の3つに当てはまる人は向いています。

 

・サラリーマン

・スキルが乏しい学生

・子育て中の主婦(主夫)

 

クラウドワークスの案件は、いつでもどこでも取り組めますし、
特殊なスキルが必要な訳でもありません。

ですので、スキル無しの人でも、
案件をこなしていくことが可能です。

 

まとめ

 

ここまで、クラウドワークスについての情報を書いてきました。

 

「クラウドワークスの問題点」

「業界No1の人気の理由、」

「初心者が稼ぐ方法」

「どんな人にオススメできるのか?」

 

などなど、様々なことが分かったと思います。

 

結論としては、

「クラウドワークスは、初心者でも安心してお金を稼ぐことができる」

になります。

 

ただ、注意点として、悪質な依頼者に気をつけるというものがあります。

こういう人に当たってしまうと、
頑張って仕事を納品したのに、
報酬が支払われないなんてことになってしまいます。

 

しかし、クラウドワークスは業界No1のシェアを誇る大手なので、
そこの部分の対策はしっかりとしています。

 

仮払いシステムを導入しているので、
支払いをばっくれられるなんてことはありません。

 

ですので安心して使うことが可能です。

 

この機会に是非とも、クラウドワークスを使ってみてはどうでしょうか!

 

 


>>詳しくは画像をクリック!


・クラウドソーシングサイトに登録したけどぜんぜん稼げない・・・
・月に5万円でもいいから副業で稼げたらいいのに・・・
・在宅で大きな金額を稼げるようになりたいけどそどうしたらいいのか・・・
・怪しい副業などではなくて、堅実に稼ぐ方法を知りたい・・・
・副収入を得て、もっと生活を楽にしたい・・・

もしかしたらあなたは、このようなことで悩んでいませんか?

 

もしクラウドソーシングサイトなどの副業でしっかりと稼ぎたいのであれば、
「スキル」をしっかりと身につけることで解決します。

 

そして、そのスキルを身につけるための講座を無料で行っています。

 

お金に縛られないストレスフリーな毎日を手にしてみませんか?

→【今だけ受講無料!】副業で堅実に月5万円稼ぐための講義の詳細はこちら

 

クラウドワークス
hiromatsuをフォローする
クラウドソーシングのやさしい教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました