【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

サグーワークスの仕事の単価はどれくらい?安いって本当?徹底解説!

サグーワークス

サグーワークスの仕事の単価はどれくらいなのか?」という疑問を持たれている方は多いのではないでしょうか?

ということで今回は

  • サグーワークスで募集されている仕事の単価について
  • 他のクラウドソーシングと比べるとサグーワークスが単価が安いというのは本当なのか
  • サグーワークスで高単価の仕事ができるプラチナライターになるにはどうすれば良いか

などを解説していきたいと思います。

ぜひ最後まで読んでみてください!

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

サグーワークスの仕事の単価はどれくらい?安いのは本当?

ここではまず、サグーワークスの仕事の単価が安いといわれるのはなぜか、サグーワークスでの仕事の種類による単価の違いについて説明していきたいと思います。

サグーワークスの仕事の単価が安いといわれるのはなぜ?

サグーワークスの仕事の単価が安いといわれるのはサグーワークスの仕事のほとんどがwebライティングであることが関係しています。webライティングの仕事のほとんどが、インターネットを中心にすでにある情報を、再構成、加筆したものがほとんどです。インターネットに膨大な情報がある今の時代は、突出した専門知識がなくても、webライティングの仕事をすることが可能です。

サグーワークスのは登録ライターが多く、価格競争が激しい!

また、サグーワークスには、すでに20万人以上の人がライターとして登録しています。ライターの数が多いのでライターにそこまで希少価値がありません

たくさんライターが登録されているのを見ると、クライアントとしては、「多少安い金額でも引き受ける人がいるだろう」という考え方になります。実際サグーワークスは低価格で高品質な記事が受けることを売りにしています。

サグーワークスでは仕事の種類によっては単価が高いものもある

サグーワークスの仕事はほとんどがwebライティングで、単価が安いと説明しましたが、サグーワークスでは仕事が3種類に分類されており、分類ごとに単価が大きく違います

サグーワークスの3つの仕事の分類は下の通りです。

    1. サグーライティング(執筆)
    2. サグーチェック(校閲)
    3. サグーリサーチ(アンケート)

執筆内容で単価が違うサグーライティング

サグーワークスで募集されている仕事の中でもほとんどを占めるのはこのサグーライティングです。主に記事作成の仕事になります。与えられた課題に沿って、記事を執筆します。ひたすら文字を打っていく仕事になります。根気や粘り強さが必要です。

サグーワークスの中では一番案件数が多いはサグーライティングです。

気になる文字単価ですが0.1円から0.9円の依頼が7割くらいを占めています。たくさん仕事をこなして、ランクを上げることで、文字単価1円以上の仕事に挑戦しやすくなります。

サグーワークスでは1pt=1円で換算されるので、1文字当たりのポイントを見ることで文字単価を調べることが出来ます。

また、プラチナライターテストに合格することで、文字単価は1円以上になります。プラチナライターテストについては後程解説します。

他のクラウドソーシングサイトと違うところは、事前に執筆する内容、見出しが指定されていることが多いという点です。言い方を変えれば、クライアントからの指定事項が多いということになります。サグーライティングではすべての仕事に語尾、文法などが指定されています。

ここで気を付けたいのはプラチナライター以外は、非承認になると報酬が入らないということです。非承認になる理由は、ルールの見落としや、日本語の文法がおかしいことなどがほとんどです。

ルールを守らないとせっかく書いた記事が非承認になるので注意しましょう!
非承認になってしまうと報酬が入ってこないだけでなく、実績やランクにも影響します。記事を執筆する前にルールをしっかり確認しましょう。しかし、非承認になった場合でも修正点を指摘してくれることがあります。修正点には自分の弱点などが現れます。次の仕事に修正点を生かしましょう。

単価が安い分取り組みやすいサグーリサーチ

次にサグーリサーチについて解説します。サグーリサーチは簡単なアンケートに答える仕事が募集されています。答えた結果は、様々な企業のマーケティングデータとして利用されます。サグーライティングやサグーチェックと違い、作業に専門知識やスキルが必要ありません。

マーケティングデータとして使用するため、たくさんの人にアンケートに答えてもらう必要があります。対象人数が多く、知識やスキルが必要ないので、一人当たりの単価が少なくなります。

アンケートに答えるだけなので、専門知識やスキルが必要なく、まとまった時間がなくても作業をすることが可能です。

サグーリサーチは確かに単価は小さいですが、移動時間や休憩時間などのスキマ時間に取り組むことが出来ます。また、簡単に取り組むことができ、サグーライティングと違って非承認になることがほとんどないので始めの実績づくりに最適です。

まずはサグーリサーチに挑戦し、実績を作り、副業に慣れましょう。

一番単価の高いサグーチェック

サグーワークスで募集されている仕事の中で、最も専門知識が必要になるのがこのサグーチェックです。その分、サグーワークスの3つの分類の中で最も高単価です。また、案件によって単価に大きな差があります。

主な仕事は他のライターさんが執筆した記事の校閲、編集です。仕事のする人の信頼性が必要とされます。なので、個人情報や専門情報を登録をしなければ応募することができません。

サグーチェックのお仕事に参加するには個人情報や専門情報を登録する必要があります。
誤字脱字だけでなく、文法表現やデータ、歴史的史実が正しいかどうかのチェックを行います。サグーワークスでの信用を担う仕事である分、高収入が期待できます。インターネットで情報収集するだけではなく、書籍などの一次データを調査する必要がある場合があります。
記事執筆だけでなくたくさんの仕事をする必要があるのがサグーチェックの特徴です。サグーチェックの主な仕事は以下の通りです。
    1. 誤字脱字、文法のチェック(校正)
    2. 情報が正しいかどうかの確認
    3. 他の記事のコピペでないかの確認
見かけの時間は高収入ですが、校閲に必要な情報収集も値段に含まれています。なので、自分が詳しい分野であれば、間違っている部分などをすぐに見つけることができ、短時間で終わらせることが出来ます。裏を返せば、自分が全く知らない分野の校閲を担当すると、情報収集に時間がかかってしまいます。
自分の専門ではない分野の仕事を担当すると、返って時間がかかり時間単価は小さくなります!
サグーチェックは、案件数がサグーワークスの中でも最も少ない仕事です。ですので、なかなか自分にあった分野の仕事が見つからないかもしれません。自分にあった仕事を探すのに時間をかけすぎないようにしましょう。
また、サグーチェックで記事をチェックする視点は記事を執筆するときにも役に立ちます。サグーライティングをするうえで、サグーチェックにも挑戦してみるのもいいかもしれません。
サグーチェックのスキルはサグーライティングでも役に立つ!

文字単価だけに注目するとかえって手間がかかるかも

サグーワークスでは文字単価に注目すればよいと先ほど説明しました。しかし文字単価だけに注目するとかえって手間がかかることがあります。自分が全く知識のない分野の場合や、あまりに文字数が多すぎる場合などは情報収集に時間がかかりすぎる場合があります

以下に示すような案件は注意が必要です。

    1. 情報収集に時間がかかりそうな案件
    2. ペルソナ(記事を読む対象)が自分とかけ離れている案件
    3. 記事執筆のルールが明らかに多すぎる案件

自分にあったペルソナや分野を選んで、効率よく仕事を進めていきたいですね!

今後サグーワークスなどのWEBライティングの単価が下がるのは本当か?

「サグーワークスの単価が安くなった」や「最近webライティングの単価そのものが下がった」という口コミが見られることがあります。

コロナウイルスの影響で休業、在宅勤務が増えています。それにより、市場価格を知らずに仕事を引き受ける初心者や、在宅ワーカーそのものが増えていることが原因であると考えられます。

単価の低い仕事を受けてしまうことは、自分の市場価値を落とすことにつながります

どれだけ仕事がなくても、あまりにわりに合わない仕事は引き受けないようにしましょう。

しかし、2019年、はじめてインターネットの広告費がテレビを上回りました。また、コロナウイルスの影響でテレビの番組、広告も作りにくくなっています。WEBライティングのおおもとの収入源のほとんどは記事に付随する広告費です。長いスパンで見ればWEBライティングの市場は拡大し、単価も上がっていく可能性はあります

また、近年の働き方改革の流れで、給与所得者だけでなく、個人事業主やフリーランスの給与補償も手厚くなってきています。

サグーワークスの仕事そのものの単価だけではなく、国などの手当てにも注目していく必要があります。

サグーワークスと他のクラウドソーシングと比較すると単価はどうなのか?

 

ここではサグーワークスの仕事の単価と、他のクラウドソーシングを比較していきたいと思います。

クラウドソーシングごとに相場は違う

サグーワークスは他のクラウドソーシングとは違うWEBライティング専門のクラウドソーシングです。サグーワークスの他には、クラウドワークス、ランサーズなどのクラウドソーシングがあります。

クラウドワークスはライティングの他にもソフト開発や動画編集など様々な仕事があります。その分報酬も大きな幅があります。ライティングの仕事の単価は0.1円から0.9円の依頼が8割とライティングではサグーワークスの方が適していることがわかります。

ランサーズは専門知識を要する時給制の開発系の仕事が多めです。ライティングの仕事でもSEO対策や情報収集など時間を要するものが多く募集されています。その分単価も0.5円から1円のものが多く募集されているのが現状です。

サグーワークスはチェックや交渉を代行してくれる

ここで注目したいのは、サグーワークスは執筆した文章のチェックやクライアントとの交渉を運営が代行してくれるということです。他のクラウドソーシングではまずは数時間から数日間、クライアントと連絡を取りあう必要があります。しかしサグーワークスではクライアントとの交渉までが終わった仕事が表示されるのですぐに仕事に取り組むことが出来ます

同じ単価の仕事ではチェックや交渉がない分、サグーワークスがお勧め!

サグーワークスでポイントを換金するときの手数料は安いの?

サグーワークスではポイントをドットマネーを経由して換金するときの手数料はかかりません。クラウドワークスとランサーズでは20%の手数料が発生します。ですのでサグーワークスとほかのクラウドソーシングで単価を比較するときは、手数料分を加味しましょう!

サグーワークスでは手数料がかからない!

サグーワークスで効率よく稼ぐためのポイント

ここではサグーワークスで効率よく稼ぐためのポイントを紹介していきます。

執筆数やポイント数でのボーナスを狙う

サグーワークスでは通常の報酬に加えて、執筆ボーナスとランキングボーナスをもらうことが可能です。たくさん仕事に取り組めば、ランクに応じて単価が上がりボーナスももらえるのでとてもうれしいですね!

ランキングボーナスは、プラチナランクの10位以上で3000ポイント、5位で5000ポイントという風にランクと順位で決まります。プラチナランクのボーナスは以下の通りです。

執筆数によるボーナスポイントは、50記事で200ポイント、100記事で500ポイントです。

執筆数によるボーナスポイントはキャンペーンでさらに増えることがあります!

ドットマネーのプレミア、キャンペーンを併用する

サグーワークスでのお仕事が終わると、お金ではなくポイントがもらえます。そのポイントは、現金以外にも以下のものに換金することが可能です。そしてドットマネーを経由して換金をするので一部のポイントにはプレミアがつきます

    1. アマゾンギフト券 1%のプレミア
    2. iTunes 2%のプレミア
    3. nanaco point
    4. waon point

ドットマネーを経由して換金するにはその都度マイページからの申請が必要です。

サグーワークスの報酬を換金するにはその都度申請が必要!

申請から一週間から10日後に換金されます。せっかくたくさん稼いだのに、申請を忘れてしまっては元も子もありません。

単価が高めの一球入魂タスクに取り組む

一球入魂タスクとは何度も投稿することができる通常のタスクとは違い、1記事目の投稿が承認されないと、2記事目以降が投稿できないタスク案件のことをいいます。1記事目の投稿が非承認になると、その案件の投稿ができなくなります。

このような条件がある分、2記事目以降の単価は高めです。

またランクを上げることで1記事目の審査が免除されることがあります。ランクを上げる方法については次の見出しで解説しています。

たくさん記事を書いてランクやグレードを上げる

サグーワークスではランクを上げることで、単価が上がる仕事があります。サグーワークスのランクを上げる方法は、「一球入魂タスクの承認率を上げること」と「プラチナライターテストに合格すること」の二つです。特にプラチナライターテストに合格すると、プラチナライター限定の高単価の募集に応募することが可能になります。

プラチナライターになると一定期間ごとの文字単価一円以上の仕事が保証されます。

各グレードの条件と特典は以下の通りです。

一球入魂タスクの審査が免除されるだけではなく報酬が最大一律20%アップするというのはとても大きな得点ですね。

サグーワークスで高単価の仕事を得るためにはプラチナライターに!

ここではサグーワークスで高単価の仕事を受けるためには必須のプラチナライターについて解説したいと思います。

サグーワークスのプラチナライターの仕事の単価はどれくらい?

サグーワークスのプラチナライターは文字単価1円以上のプラチナ案件に応募することが可能です。また、一球入魂タスクの報酬が20%アップします。プラチナライターテストに合格すれば、単価が上がり、月収20万円も可能です。

プラチナライターになると、単価が高い募集に応募できるだけでなく、記事は非承認にならず、修正依頼がくるので効率よくスキルを上げながら稼ぐことが可能です。

サグーワークスのプラチナライターテストは難しい?合格するには?

それではプラチナライターテストではどのような問題が出題されるのでしょうか。プラチナライターテストではサグーライティングと同じ形式でルールに沿って、記事を執筆するというテストが行われます。ほかにも、段落のタイトルやストーリーを考える問題が出題されたとの声もあります。

サグーワークスのプラチナライターテストは難しく、合格率は1%という話も耳にします。しかし「ライター未経験でも合格できた」「サグーワークスをはじめて1カ月で合格できた」との声もあります。

プラチナライターテストは何回でも挑戦できるので心配せずに挑戦してみましょう!

プラチナライターテストには回答期限、受ける回数の制限などが設定されていないので、自分のタイミングでチャレンジすることが可能です。プラチナライターテストに合格すれば単価がぐっとアップします。もし不合格だった場合もスキルを上げて再チャレンジしましょう

サグーワークスでのプラチナライターテストに合格するには以下のポイントに注意しましょう。

    1. その記事を読む対象とされる人(ペルソナ)にあった文章にする。
    2. 記事を執筆するうえでのルール(語尾など)をしっかり確認する。
    3. 記事全体のストーリーを統一させる。

まとめ

ここまでのまとめをしたいと思います。

    1. サグーワークスでは様々な仕事が募集されており、必要とされる知識やスキルで単価が異なる。
    2. サグーワークスでの単価は他のクラウドソーシングに比べると安めだが、手数料やクライアントとの交渉の手間がない分効率よく稼げることもある。
    3. 一球入魂タスクへの挑戦、プラチナライターテストでの合格、ボーナスやキャンペーンの活用高収入が期待できる。

サグーワークには他のクラウドソーシングとは違う単価の特徴があることがわかっていただけましたでしょうか。様々なシステムを生かして高収入を目指しましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 


>>詳しくは画像をクリック!


・クラウドソーシングサイトに登録したけどぜんぜん稼げない・・・
・月に5万円でもいいから副業で稼げたらいいのに・・・
・在宅で大きな金額を稼げるようになりたいけどそどうしたらいいのか・・・
・怪しい副業などではなくて、堅実に稼ぐ方法を知りたい・・・
・副収入を得て、もっと生活を楽にしたい・・・

もしかしたらあなたは、このようなことで悩んでいませんか?

 

もしクラウドソーシングサイトなどの副業でしっかりと稼ぎたいのであれば、
「スキル」をしっかりと身につけることで解決します。

 

そして、そのスキルを身につけるための講座を無料で行っています。

 

お金に縛られないストレスフリーな毎日を手にしてみませんか?

→【今だけ受講無料!】副業で堅実に月5万円稼ぐための講義の詳細はこちら

 

サグーワークス
koikeをフォローする
クラウドソーシングのやさしい教科書

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました