【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

【知らないと損】クラウドワークスでPayPalの支払いは可能?直接取引は大丈夫?

クラウドワークス

「クラウドワークスでPayPalの支払いはできる?」

「クラウドワークスでPayPalの支払い方法はどうする?」

「クラウドワーカーとPayPalで直接取引はできる?」

と考えることはありませんか?

 

日本だけでなく世界ともつながれ、手続きも簡単なPayPalはとても便利ですよね。

「クラウドワークスでもPayPalを利用できたらいいのに……」と考えている利用者は少なくありません。

 

そこで、今回はクラウドワークスでのPayPalの支払い方法や、利用するメリットについて徹底的に調べました。

当記事で紹介する内容は下記の通りです。

  • クラウドワークスでのPayPalの支払いは可能なのか
  • クラウドワークスでの直接入金について
  • クラウドワークスでのPayPalを導入するメリットとデメリットとは?

 

クラウドワークスでPayPalを利用したいと考えている方はもちろん、PayPalを利用するメリットがいまいちよく分からない方もぜひ最後までお読みください。

自分の状況に合わせて、クラウドワークスの活用方法の幅が広がると幸いです。

 

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

クラウドワークスでPayPal支払いは可能

結論から言うとクラウドワークスでお仕事を依頼するときは、PayPalでの支払いが可能です。

当項目では、クラウドワークスをPayPalを使用して支払いをする方法について、下記のことを紹介します。

  • クラウドワークスではPayPalを始めとした様ざまな支払い方法が選べる
  • クラウドワークスでの具体的な支払いの流れとは?
  • PayPalで支払っても契約が中断されたときには返金が可能!

 

クラウドワークスではPayPalを始めとした様ざまな支払方法が選べる

クラウドワークスでは、PayPalはもちろんのこと様ざまな方法で支払いが可能です。

クラウドワークスでの主な支払方法を、下記にまとめました。

  • PayPalでの決済
  • クレジットカード
  • 銀行振込
  • 請求書払い

 

上記のように異なる支払い方法がありますので、会社の会計方式などに合わせた支払方法を選べます。

会社や発注者の都合に合わせて支払い方法を選べるのは、嬉しいポイントですね。

 

クラウドワークスでの具体的な支払の流れとは?

クラウドワークスでの具体的な支払の流れを、下記にまとめました。

  1. 値段を決めて仕事を依頼する
  2. ワーカーが応募をする
  3. 金額などの条件交渉を行う
  4. 条件に同意後、契約を行う
  5. 仮払いを行う
  6. 作業が行われ、納品される
  7. 納品内容を検収する
  8. 検収後、報酬がワーカーに振り込まれる
  9. 評価を入力する

支払いを行うタイミングは、契約後、作業を行われる前の「仮払い」のタイミングです。

 

ワーカーに作業を開始してもらうために、できるだけ早く支払いをしましょう。

万が一、ワーカーが納品してくれない場合は支払った金額は返金されます。

クラウドワークスでは仮払いを行われないと作業が開始されません

 

上記の支払い方法の流れは「プロジェクト形式」の流れです。

「タスク形式」「コンペ形式」の流れは、下記を参考にされてください。

 

PayPalで支払い、契約が中断されたときに返金は可能

PayPalで支払った場合でも、仮払いの後に契約中断に伴う返金は可能です。

何らかの都合で、頼んだ仕事を納品してもらうことなく契約が中断することもありますよね。

 

  • PayPalで支払った後に返金してもらえる?
  • 契約が途中で中断した場合はどうなるの?

PayPalを利用する前に上記のことが、心配になるとしても当然です。

 

PayPalで支払った金額の返金について、下記にまとめました。

  • 返金は銀行振込で行われる
  • 返金用の銀行口座を登録する必要がある
返金用の銀行口座を用意したら、クラウドワークスの発注者メニューから返金用の銀行口座を登録してください。

 

クラウドワークスではワーカーとPayPalの直接取引は禁止!

クラウドワークスではPayPalを利用して、ワーカーに直接入金はできません!

PayPalだけでなく、どの方法でもワーカーに直接入金することは禁止されていることを覚えておきましょう!

 

当項目では、クラウドワークではワーカーに直接入金が禁止されていることについて下記のことをします。

  • クラウドワークスではワーカーに直接入金できない
  • 海外在住者などの例外はPayPalでの入金が許可される可能性がある

 

クラウドワークスではワーカーに直接入金できない

クラウドワークスはワーカーに直接入金できないことに関して、下記の規約があります。

受発注者間で本取引に関する報酬を直接授受することを禁止 します。なお、直接の報酬の授受の有無にかかわらず、クライアントは弊社に第2項所定の報酬の払込みを行う義務があるものとします。(クラウドワークス利用規約 12条第6項)

上記のように、クラウドワークス利用者は、クラウドワークスを介してお金の取引をしなければいけません。

 

クラウドワークスでは、依頼したときに支払った金額から手数料から20%が差し引かれます。

直接取引だと20%の手数料を節約できるのに……

上記のように感じるとしても、無理もありません。

 

しかし、そもそもクラウドワークスを利用する大きなメリットは、金銭トラブルを避けることです。

直接契約はトラブルになる可能性があるので、やめましょう。

 

海外在住者などの例外はPayPalでの入金が許可される可能性がある

クラウドワークスでは基本、報酬の振り込みは、日本国内への銀行口座のみです。

しかし、例外として海外在住者などの例外はPayPalでの入金が許可される場合があります

 

クライアントがクラウドワークスを介して翻訳や、海外のブランド商品の受け取りなど海外在住者にお仕事を頼むこともあるでしょう。

海外在住者との取引の場合、PayPalの入金をする可能性も否定できません。

海外在住者が応募してきた場合、支払い方法がどうなっているか確認ましょう

 

クラウドワークスでの支払いにPayPalを導入するメリットは?

そもそもわざわざPayPalを使うのにどんなメリットがあるの?

と感じることはありませんか?

 

クラウドワークスでの支払いにPayPalを導入するメリットは、下記の通りです。

  • PayPalは銀行口座より少ない審査で導入できる
  • PayPalは決算処理が簡単にできる
  • 入金の対応が素早くできる

当項目では、クラウドワークスの支払いにPayPalを利用するメリットについて紹介します。

 

PayPalは銀行口座より少ない審査で導入できる

PayPalは銀行口座の利用より、少ない審査で導入できるメリットがあります。

銀行口座やクレジットカードを作る場合、多くの審査があります。

 

起業したばかりのベンチャー企業など、実績が少ない企業の場合、銀行口座を作ることは簡単ではありません。

PayPalは起業したばかりや、実績の少ない企業でも利用することが可能です。

 

PayPalは決済処理が簡単にできる

PayPalは、決算処理が簡単にできるメリットもあります。

PayPalと銀行振込、クレジットカード振込での決算処理の違いについて下記にまとめました。

【PayPalでクラウドワークスに入金を行った場合】

  • 自動でシステムが入金の確認をする
  • ミスが起きにくい

【銀行振込&クレジットカード振込の場合】

  • クラウドワークスの担当者が確認を行う
  • ミスが起きる可能性もある

 

銀行振り込みの場合は、しっかり振り込みが行われたのか確認をしなければなりません。

PayPalの場合は手続き後すぐにシステムに反映されるので、確認の必要がなく決済処理が簡単にできます

 

入金の対応が素早くできる

先ほど説明した通り、PayPalはシステムが即時に確認をしてくれるので素早く入金ができるのも大きなメリットです。

素早く入金手続きができるメリットを、下記にまとめました。

  • 銀行振り込みの場合、休日などに振り込みが行われない場合もある
  • 仮払いが行われないと、作業が開始されない

 

上記のように、ワーカーに早く作業をしてもらいたい場合はPayPalの使用がおすすめです。

PayPalのシステムは、クラウドワークスのシステムをスムーズに利用するのに向いています。

 

クラウドワークスでの支払いにPayPalを導入するデメリットは?

クラウドワークス上でPayPalを使用するにあたって、デメリットを理解しておくことで問題が起きたときに対処しやすくなります。

 

クラウドワークスでPayPalを利用するデメリットは、下記の通りです。

  • 不具合が発生することもある
  • 月末支払いに対応していない

当項目では、クラウドワークスの支払いにPayPalを導入するデメリットについて説明します。

 

不具合が発生することがある

稀なこととはいえPayPalを利用するときに通信環境や、サーバのトラブルなど、不具合が発生する可能性も否定できません。

PayPalのサーバー自体に問題が起こったり、利用者の通信環境が悪かったりすることでサービスを利用できない可能性を頭に入れておきましょう。

 

万が一問題が起こったときには、以下の方法で対処できます。

  1. PayPalのホームページで不具合情報を確認する
  2. PayPalのお客様サポートから連絡を行う
  3. 自分の残高や設定を確認する

もしもの時のために、銀行振り込みや請求書払い、クレジットカードなど他の支払い手段を用意しておくのも大切です。

 

月末支払いに対応していない

PayPalは、月末支払いに対応していません。

クラウドワークスでPayPalでの支払いを選択した場合、契約後、作業開始前に支払いをする必要があります。

 

もしも、手元にすぐお金が用意できない場合や、何度も仕事頼む場合は不便です。

上記の場合、下記の月末にまとめて支払う請求書払いを利用しましょう。

【請求書払いとは?】

  • 請求書払いはPaidというサービスで行われる
  • 請求書は、支払いが確定した月の月末締め、翌月末払いになる

 

請求書払いの手順を、下記にまとめました。

  1. 毎月末に、支払金額が適用される
  2. 紙媒体は翌月10日頃に郵送され、電子版は月初3営業日目にPaidの管理画面から確認することが可能
  3. 請求書が届いた月末までに、振り込みを行う

利用者の状況に合わせて、対応しましょう。

 

クラウドワークスでトラブルがあった場合どこに問い合わせればいい?

実際にトラブルに遭った時や、PayPalの利用にあたって下記の質問が生じることはありませんか?

クラウドワークスでPayPalの決済ができないトラブルがあった場合、どこに問い合わせればよいのだろう?

 

実際にトラブルに遭ったときに、どこに問い合わせを入れたらいいのか分からず焦りますよね。

PayPalで決算ができない場合は、クラウドワークス運営ではなく直接PayPalに問い合わせるようにしましょう。

 

PayPalで決済ができない場合、以下のような問題が発生している場合があります。

  • PayPalの残高の不足
  • PayPalの設定の問題
  • 一時的な障害

PayPalに問い合わせる前に確認してから、問い合わせるようにしましょう。

 

クラウドワークスで起きたトラブルに関する基本的な内容を、下記にまとめました。

  • 請求書払い(Paid)のトラブルの場合も、運営ではなくPaidのサポートデスクに連絡を入れる
  • その他のトラブルは基本、クラウドワークス運営に問い合わせを行う

PayPalに関するトラブルはPayPalに問い合わせを入れますが、基本的にはクラウドワークスでトラブルの相談にのってくれます。

 

クラウドワークス運営への問い合わせに関する詳細は、下記の通りです。

  • 問い合わせフォームから行う
  • 「よくある質問」から解決方法を確認することで解決できる場合も多い

 

クラウドワークスへの問い合わせについての詳細は、以下の記事に掲載しています。

 

まとめ

クラウドワークス上でのPayPalの使用に関する情報を、再度まとめました。

  • クラウドワークスの支払いにPayPalを利用することが可能
  • PayPalは導入が簡単で、支払いも素早い
  • 月末支払いや、トラブルに対応するため他の支払い手段も用意しておくと便利

 

PayPalを利用することで仮払いがスムーズに行え、ワーカーに早く作業を行ってもらいやすくなります。

PayPalのメリット&デメリットを考慮し自分にとってよりぴったりな方法で、クラウドワークスを上手に活用しましょう。

 

クラウドワークスの発注に関する基本的な情報を知りたい方は、下記の記事を参考にされてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました